3号機の全リストと解説 | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
December 04, 2005

3号機の全リストと解説

テーマ:☆目次

【3号機とは】

2号機のゲーム性から若干射幸心を押さえて登場した規定が3号機です。

3号機は1メーカー3機種まで認可を受ける事が出来たのですが、諸般の事情により

全機種が登場する事もなく、4号機へと移行します。


【2号機からの変更点・追加項目】

・小役の集中禁止

・シングルの集中のパンク確率の規制(300分の1以上である事)

・1Gの遊技時間を4秒→4・1秒


ちなみにボーナスゲーム中に期待値方式を初めて採用した機種が3号機で登場していますが

それまでも「期待方式・純増方式」のどちらを採用しても構いませんでした。

単に採用するメーカーがなかっただけなのです。


【3号機全リスト】


オリンピア        バニ-X・O

ニイガタ電子精機   リノ

日活興業        スペースバトル・スペーススペクター

サミー工業       アラジンⅡ・ミスターマジック

高砂電器系       ドリームセブン・ビッグベンハー・ドリームセブンjr・マジカルベンハー

ユニバーサル系    コンチネンタルシリーズ・アメリカーナマグナム

アークテクニコ系   ワイルドキャッツ・セブンボンバー

エーアイ         ハンター・グレートハンター

タイヨー         ミラクルUFO・トライアンフ

パル工業        ペガサス412・ペガサスEXA

尚球社          ミラクル・チャレンジマン7

北電子          スーパーコップ・アポロン

パイオニア        ムサシⅡ

山佐            ホールインワン・スーパープラネット

興進産業         デートライン銀河Ⅱ


未販売機種        アンクルサム・コンチネンタルⅣ・アラジンゴールド


【3号機時代のメーカー相関図】
3号機

現在、細かな提携関係(開発・販売含)を調査中です。

補足や訂正等、気付いた内容がありましたらこちら へコメント頂けると嬉しいです。

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス