富士市議会議員 鈴木幸司オフィシャルブログ Powered by Ameba

富士市議会議員 鈴木幸司オフィシャルブログ Powered by Ameba

細野豪志サポーターズクラブ「豪衆会」は新規会員を募集中です。


「ヤン・ウェンリーとかいう奴はずいぶんと偉い奴らしいな。あんたと同姓同名で、大変な差だ」(銀河英雄伝説より)

鏡を見るたびに、ヤンは、いっこうに偉くなさそうな自分自身に皮肉を言う。

まあ、そのあたりがヤンの魅力なんですけれどもね。

「でもお偉いですよ」とすかさずフォローするユリアンも微笑ましい。

===============

先日、テニスをしてたんですが、

隣のコートから転がってきたボールを打ち返してやったら

「オッチャンありがと」と言われた。

ま、中学生辺りから見れば、僕も「立派な」オッチャンだ(泣)

ま、なんにせよ見た目と言うのは大切なもので、

昔、自転車旅行の資金がそこをついて、

飯場に転がり込んで、夜間工事のバイトしてたときのこと。

ガス配管の探傷試験が長引いて、すっかり日が昇ってしまった事があった。

こっちは疲れきっているので、歩道の隅にダンボールひいて寝ていたら、

小学1.2年生くらいの子供の手をひいたお母さんに

「○○ちゃん、お勉強しないと、あんなヒトみたいになっちゃいますよ」

と言われてしまった。

「けっ、勉強なんざ、散々やったけど、こんなヒトになっちゃったんだよ」

・・・いえ、口には出しませんでしたけど。
 

住所不定、無職。
浮浪者とあんまり変わんない。

でも、けっこう気楽で良かった。

仕事はきつかったけど、夜間工事から帰ってきて朝から飲む酒も旨かった。ほんと。

またあんなふうに、あてねー旅に出てみたいなあ。

でも、かみさんが怒るだろうな。ホントにやったら。

(追記)

 本人は夢を追ってるつもりでも、世間から見りゃ立派な「ダメ人間」ですからね。

 親の言うことも聞かず、好きなことばかりしていて、サイクルスポーツの本場欧州を旅して、次はアメリカ横断だ・・・などとバカなことを考えている最中にオヤジが入院したことを知らされました。その時は奈良ユースホステルに住み込みで働いていましたから、家族としてはやっと連絡が取れたということでしょう。

 奈良から富士までは2日で走り抜きました。富士川橋から富士山を見上げたときには、涙が出てきた。

 

 何故だと思います?

 

 誰かが頼りにしてくれる・・・。糸のきれたフーセンみたいにふらふらしていた私にも、帰るところがあるんだ。
 そう気づかされた時、涙が溢れて止まらなかったんです。

腹腔鏡手術は全身麻酔だというので、
地元の富士市立中央病院で行える
局所麻酔下での切開、メッシュプラグ法を選択しました。

実は、昨年の8月に一旦手術が決まったんですが、
当時コロナ禍で不要不急の手術はすべて延期。
議会日程や、解散総選挙の手伝いなども重なり、
この時期まで延びてしまいました。
まずは、

抗原定量検査。
陰性を確認してから1/13の午後に入院。

手術は1/14の9時から11時までかかりました。

僕は麻酔がききにくい体質らしく、
最初メスを入れる時、押しピンで刺されるような痛みがあり、
イタイ、イタイ、ゴメンゴメン・・・とこんな調子で、

途中で何回か麻酔を追加してもらいました。

看護師さんには
「今何をしているか」実況をお願いしました。
自分の体が今どうなっているのか
麻酔がきき始めるとサッパリ判りませんから。
中央病院では、手術室でのBGMをリクエストすることが可能です。
(好きなクラッシクをかけてもらいました)
それでも緊張するよね。
最初は心拍数が100近くまで上がってた。
頑張るのは先生なので、患者さんにはリラックスして欲しいとのこと。
そういえば、最初に自転車のレースに出た時、
やっぱひどくドキドキしたのを思い出します。
(当時はガーミンの心拍計を愛用してました)

15日は読書三昧。
手術の翌日朝には尿道の管(カテーテル?)も取れました。
もう歩いても大丈夫。
(世間ではオミクロン株が猛威を振るっているということで、
この日にはPCR検査も実施されました)
 
楽しみは食事。
どれも美味しかった。
手術した晩の肉じゃが。薄味でしたが、
あれくらいの方が白米には合うんじゃないかな。
気になったのは、牛乳が地元産品じゃなかったこと。
(「富士の国乳業」とか提供して欲しい)

16日の朝食はパンをリクエストしました。

こちらは「富士製パン」!

安定の美味しさ。
(羊羹パン食べたい)

その後回診があって、10時には退院。
 
3泊4日で、
キンドルでダウンロードしたライトノベルを2作品。
(作品名を言っても、ラノベには興味ないよね?)
そして、トーマス・フリードマンの
「フラット化する世界(上巻)」を読みました。
下巻が楽しみです。

 

7月

熱海で土石流災害
東京オリンピック開幕

都議選で自公過半数届かず

 

人災の疑い。背後に「自由同和会」関連会社。

 

五輪自転車競技のボランティアに参加

小山町で独走するアンナ選手を見ました。
ボランティアやって本当に良かった。

 

8月

みずほ銀行今年5回目のシステム障害

米軍撤退・タリバンがアフガニスタン制圧
デルタ株の猛威(COVID19第五波)

 

野戦病院の設置を提案

 

富士市のワクチン接種進む

 

9月

自民党総裁選・岸田総裁誕生
COVID19 第五波収束へ

 

菅首相退陣を8/29の時点で予言

 

本市場大渕線 開通一週間で事故相次ぐ

 

10月

菅内閣総辞職

衆議院解散総選挙で自民党が安定多数

 

10/14の解散を受け、衆議院選挙は10/19告示、10/31投票と決まる。

 

 

11月

第2次岸田内閣発足

将棋界に最年少四冠
大谷メジャーMVP

 

【衆議院選挙2021 静岡5区 結果】

細野豪志(無所属)127,580 当選

吉川たける(自民)   61,337  比例 

小野範和(立憲)     51,965   

千田光(諸派)          5,350

 

 

西川教授と再会

市立高校の定員割れ問題を調べているうちに、以前お世話になった上越教育大学の西川先生とZOOMで再会しました。

 

12月

小長井富士市長、無投票で再選

 

オミクロン株襲来

 

レバンテフジ静岡の報告会に参加

 

 

2021年
1月
一都三県に緊急事態宣言
トランプ支持者が米議会乱入

 

COVID19の「第三波」に見舞われ、日本国内で連日100人を超える死者。

 

そして富士市立中央病院で院内クラスター発生。

 

 国によるDMAT、そして県からのFICT(ふじのくに感染症専門医協働チーム)の協力のもと、乗り切ることに成功。

 以下のFICTの報告「クラスターが発生した病院における感染対策上の課題とその対応策」を読むと、中央病院のおかれた厳しい環境が理解できます。

 

2月

ミャンマーでクーデター
大阪なおみ選手が全豪OP優勝

 

市長はデジタル改革宣言などというが、建設部署のデジタル化は著しく送れているという指摘について回答あり。

工事写真の電子納品が認められました。
静岡県土木工事共通仕様書に準拠していなかった部分も少しづつ改められます。あとは情報共有システムの導入。

 

静岡県内にもワクチン届く。

まずは医療従事者から。

 

3月

河井元法相が議員辞職

東京五輪、式典責任者が辞任

 

富士市の今後の収支見込を「見える化」

 

3/12に一般質問に登壇。「ふじペイの経済効果」「本市場大渕線の開通延期について」質問しました。

 

4月

三度目の緊急事態宣言

松山がメジャー制覇

 

富士市のPR動画が再生回数600万回突破

 

福島原発事故の処理水海洋放出を政府が決定

 

5月

緊急事態、6/20まで延長
CNNで「米国人が平均寿命1年喪失」というニュース

 

富士市の新型コロナワクチンの接種が停滞

国の方針である7月末までの接種完了は困難と市長会見。

 

さざ波発言で内閣参与が辞任

しかし、国立感染症研究所 感染症疫学センターのデータを見ると、日本人の平均寿命はむしろ延びる可能性がある。

 

6月

千葉で集団下校の列にトラック突っ込む

 

菅首相が東京オリンピック開催を決意

首相の決断は正しかった。

 

実は今年からラジオ番組を持ってます

細野豪志衆議院議員の少年時代について聞きました。

そして6月24日、富士市でも聖火リレーが行われました。

さあ、東京オリンピックがやってきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

先月のレバンテフジ静岡の報告会。
二戸代表から、「(株)B-bridgeのヒロ・桝本氏と会った。何故か鈴木さんの話が出たんだけど…」と話しかけられました。

「親友だよ」と答えておいたけど、

桝本社長、今度はアスリート・デュアルキャリアプログラムなるものを始めたらしい。(相変わらず良く解んない)

 

(B-bridgeと桝本氏の紹介は上記サイトから見れます)

  

そうか、
富士市立高校の定員割れ問題。彼に相談してみよう。
キャリア教育って、もっと海外に目を向けてもいい。

 

富士市議会議員
鈴木幸司

 

 

オミクロン株、アフリカ渡航歴ない人から検出…「これまで考えていたより前から」欧州で感染者か
https://www.yomiuri.co.jp/world/20211201-OYT1T50258/

 

 オランダだけでなく、英国やドイツでも同様の事例が出ており、欧州では早い段階から感染が広がっていた可能性が指摘されたオミクロン株。多分、日本にも上陸している。
 

オミクロン株対デルタ株、変異の多さは必ずしも強力さを意味せず
https://www.cnn.co.jp/fringe/35180225.html

 

 感染力がデルタ株以上という「噂」はあるけれど、強毒化については、情報が無い。むしろ弱毒化しているのかもしれない。パンデミックを引き起こしたアルファ株、デルタ株が、いずれオミクロン株に置き換わるにしても、早くとも2月以降だろう。

 デルタ株が報告されたのは2020年の10月だった。それが日本で第5波を引き起こしたのはその一年後。時間はある。

 

 やはり以前、2020年の12月3日に述べたように、これからのコロナ対策は、国や地域を封鎖する「水平分離」から、年代別の「垂直分離」へと戦略を変えるべき。そうしないと経済がもたない。

 変異株への用心から、基礎疾患のある人や高齢者には、命を守る行動をしてもらう。その間、日本経済は「生産年齢人口」で回す。学校も閉鎖しない。
 第6波に備えることは必要だが、必要以上に恐れることはない。

 人類は、いつだってウイルスとの戦いに勝利してきた。

 

「請願者の委員会での発言は感覚的な話にとどまる!」という反対討論に違和感を覚えた。

え?感覚的じゃいけないの?!

逆に言えば、市民が感覚的におかしいと感じたことを受け止めて、それを政策提案にまで昇華させるのが議員の仕事じゃないの?

この随分と上から目線の反対討論と

「請願者は河口付近で実際に活動している人たちで、その証言と要望は重い!」という賛成討論の後、賛成17対反対14という僅差でしたが、請願は無事に採択されました。

自民党静岡県連に新支部設立を静岡県議らが了承。
代表に細野豪志衆議院議員

(静岡新聞@11/24)

同日開かれた議員総会では、
川勝知事に対する不信任案提出断念も決議された。
県議会では圧倒的な力を持つ「自民改革会議」だが、
今回、伝家の宝刀を抜いたり引っ込めたりと、
今後の求心力低下が懸念される。
政治に偶然は無い。
二つの動きは連動していると考えるべき。

 

下の動画は静岡県連入りを報告する細野豪志衆議院議員
(SBSニュース)