fuyusunのfree time

fuyusunのfree time

長唄などの邦楽をこよなく愛する看護師のfuyusunです。
ナースの仮面を脱いだ、fuyusunの日常を綴っています。

こんにちは♪メインブログの「fuyusunのfree time」もアメブロに移転しました。

長唄レポートブログ『花のほかには』 も引き続き宜しくお願いします。・・・と言いつつ、更新が途絶えていてすみません。


私自身の備忘録:『お稽古の記録』






お薦めの演奏会




準備中


久々の看護協会での研修でした。
感染対策を十分にしてリモートでない研修を六月から再開したそうで!緊急事態宣言が延長した時は、リモートになるのではないかと不安でした。やっぱり生公演がいいですね。
今日は看護記録の勉強でした。
看護記録は私達の看護実践の証となるので大切です。色々勉強できました。

母の長唄の元お弟子さん。もう40代をいっていると思いますが、彼が小学校低学年の頃からのお付き合いです。

そうそう、母が引退する上で彼をステップアップさせるために企画した『島の千歳』。唄は私の師匠にご協力をいただいて、小鼓を打ったことが昨日のように思い出されます。

母が師匠業を引退してから、もう四、五年経ちますが、それでもこうして季節のご挨拶をしてくれます、

モッ君のお家は、ずっと昔から家庭農園を趣味でされています。

お母様は日本舞踊のお師匠さん。毎年、伝統芸能の会なるものを催され、数年前、私も仲間を募ってお手伝いさせていただきました。

その際に出されるお弁当が、家庭菜園で作られたお米を始めとしたお野菜類で作ったもの。びっくり仰天だったのを覚えています。

 

モッ君もいつしかご両親と共に家庭菜園を。本業は会社勤めですが、お仕事に行く前や、休日を使ってお野菜の世話をしているようです。

そして、収穫したものをこうして送って下さいます。ありがたい事です。

さっそく母のリクエストで肉じゃがを作りました。

可愛い愛弟子の作った野菜を堪能。

モッ君はとても母に会いたがったいますが、認知的にやや問題を持っている母に会わせていいのか疑問。

母にとっては刺激になって良いのですが。。。

地下鉄車内が海底になっていた。びっくり❢
ディズニーの「あの夏のルカ」という映画の宣伝らしい。

先日、二回のワクチン接種を終えて、きちっと抗体ができているのだろうかという事で抗体検査を病院がしてくれました。

たぶん、医師の研究データなんだと思いますが、無料できちっと調べてもらえてラッキーでした。

 

千葉大学の研究データで、

「お酒を毎日のように飲む人は、飲まない人に比べて抗体が少ない」という事を発表しました。

確かに、毎日のようにお酒を呑んでいる人は、

「八百幾つだったよ」と声を聞きました。けっこう多い・・・。

が、私は・・・毎日7のように晩酌していますが、基準以上どころか2500以上あったらしいです。

「飲み方が足らないのかしら?」と言ったら、

「いい酒を呑んでいるんじゃないですか」と言われて。

いやいや、ぜんぜん違うけど・・・と思いつつ、不思議です。

 

基準値は「0.8以上」あればよいそうです。よって、酒飲みさんの「八百いくつ」でもきちっと効果的な抗体を持っていますよ・・・らしい。

本当??!

まあ、とにもかくにも抗体ができているそうで、感謝感激です。

仕事帰り、駅で和菓子を発見。あわ家惣兵衛というお店のおまんじゅうらしい。

可愛すぎて、すぐに買ってしまいました。

ニャンニャンニャン♪

 

バイアルの隣にあるのは、シーハーと歯をせせる爪楊枝です。バイアルの大きさを感じませんか。

生理食塩水で希釈され、0.3mlずつ注射器に詰められて、六人分のワクチンとなります。

とってもデリケートなワクチン。色々と注意事項があって取り扱いが難しいです。

丁寧に丁寧にスタッフは取り扱っています。

接種後は絶対に接種部位を揉まないでくださいね。ワクチン成分が壊れてしまうのです。

 

当院は、○○区の協力会場となっています。本日は医療従事者の二回目のワクチン接種のお手伝いでしたが、今後は地域の方も入れていくようです。

もうドキドキでした。

看護学校で習った、筋肉注射の部位と若干定義が異なっていておりまして、本当にドキドキなのです。

筋肉注射は、神経障害という副作用のある手技なので、、、本当にドキドキです。

一部の国では、医療従事者じゃない人に適当に打ち方を教えて実施しているところもあって、そのためにそういった国では筋肉注射による障害者が沢山いると聞いています。

日本も、打ち手不足で、医療従事者でも注射とは全く縁のない方々に注射を打たせようという動きがありますが、安全なワクチン接種を望むならあまり範囲を広げない方が良いと思います。

 

基本的に注射で「痛かった」、「痛くなかった」は運です。もちろん手技も関係しますが、どんなにうまい人が注射をしても痛い時は痛いです。

皮膚には、地雷の如く痛点が散らばっています。この痛点は目に見えないので、たまたま痛点にはまれば痛いのです。

でも打ち手としては、なるべん痛点を避けたいのですよね。本当に目に見えれば幸いなのに。

 

予定通りオリンピックをしたいなら、どんどんワクチン接種を進めていくべきです。

なんか、自治体によってスムーズだったり滞っていたり。。。本当に不思議です。

今日は、母の一回目のワクチンの日でした。巷のワクチン接種の様子を勉強いたしました。

何せ土曜日は、巷の訪問看護の事業所とかクリニックの方々のワクチン接種のお手伝いをしなければならないので、、、。

本当に勉強になりました。

 

一回目は大したことがないですよね。母も大したことがなさそうです。

しかし、高齢の患者さんの接種が我が病院では開始しているのですが、二回目の方々の一部は高いお熱を出したりと副反応が出ています。

私は微熱程度で済みましたが・・・、二回目の母が心配です。

が、ワクチンしなくては免疫が得られないので。。。

我が住まいの自治体は一回目が済まないと二回目の予約が取れなくて。。。さっそく本日予約。すんなり取れました。良かった(^_-)-☆

でも、またまた仕事を休まなくちゃ。二回目の副反応はけっこう衝撃的な場合があるので翌日も休みだな。

このワクチンの予約って、高齢者にはハードルがけっこう高い。もっと簡単なシステムになって欲しい。

 

「いろいろ世話になってありがとう。帰りにはお茶でもご馳走する」と言ったくせに、帰りに寄ったドトールでのおやつは自腹だった。

ある意味、認知症は便利だ。その時の気持ちをきちっと表出するけれど、その時の約束を忘れてしまう。でもさ、どうせ認知症だからで相手は「期待しただけバカだった」になるわけよ!本日、何度も「おかげで・・・」と感謝の意を示してもらったが、お礼のご馳走についてはスポッと抜けている。

本日、自腹で食べたドトールのモンブランである。

このモンブランを食べながら、二回目の予約を取りました。

三週間きっかりで取る事ができました。よかった♪

 

 

近所で、ジキタリスの花を見た。この花を見ると、どうしても“心臓の薬”という言葉が脳裏をかすめていく。

『魔女の指ぬき』とか『血の付いた男の指』とか、散々な名前で呼ばれている。

綺麗ですが、花も茎もみんなみんな毒性が強いとか。

しかし、あるとき誰が心不全状態で苦しんでいる時に、誤ってジキタリスを口にしてしまったのでしょう。

そしたら、何故か具合が良く成った。。。そんな感じたんでしょうね。

葉っぱの部分が、所謂心不全のお薬になる。まあ、今は科学的に作っているそうですが、もとをただせばこの植物なのです。

人類は、誤って何かをして得を得る事がたまたまあります。

誰が、腐った小麦粉をこねた塊を焼きますかね。誰が、大豆が腐ったのを食べますかね。けっこう、その偶然が強烈で不思議です。

 

コロナのワクチン二回目を打ってちょうど二週間です。

免疫できているかしら?

我が職場では、抗体検査を無料でしてくれるそうです。たぶん、感染を専門にしていらっしゃるドクターのデータになるのでしょうけれど、ただで調べてくれるのは嬉しい限りです。

しかし、けっこうな辛い副反応があったのに、免疫が付かなかったという結果になったら悲しいです。

ただ、痛くてつらい思いをしただけ?

 

そうそう、コロナのワクチンは筋肉注射ですが、

どうも、筋肉注射の打つ部位が、私たちが看護学校で習ったところと変更になったようです。

上腕は、肩峰より三横指したと習いましたが、いまは「三角筋の中央」なのだそうです。確かに、人によって指の太さは違います。

華奢な方と私のような図太い人出は、かなりの誤差があると思います。

 

日本は、神経障害など筋肉注射による事故が多い事から、なるべく筋肉注射は止めましょうの風潮がある。

欧米でインフルエンザの予防接種というと筋肉注射だそうですが、日本は皮下注射です。とにかく筋注は嫌い。

よって、あまり筋肉注射する機会がないので、いざ実践となると不安になります。

お囃子の世界で例えると、『勧進帳』とか『船弁慶』とか、超大曲だけれど、常々出る曲なので、仕事前にざっと浚えはOK。しかし、普段出ないような曲は意外と不安。超初心者の習う簡単な曲でも、あまり出ない曲は不安です。たぶん、同じ気持ちです。

「打ち手が少ない」これは、大いに関係していると思います。

筋注って、本当に手技的には簡単。しかし、あっと部位を少しずれてしまうと、神経障害とか色々起こるので゛怖いのです。

結局、施行者の責任になりますものね。

 

本当に、今回ワクチンを受けるにあたって、まずは「これで小鼓が打てなくなる」と覚悟しました。別に、小鼓が打てなくても困らないけれどでも・・・て゜もです。今はお休み中の境遇ですが。。。やっぱり、いつかは復帰したいしね。膝がだめなのに・・・それでもいつかはと頑張っている。しかし、腕となったら、絶体絶命です。

関東の梅雨入りは宣言されていませんが、

もうジメジメでパッとしない天気。どう考えても梅雨ですね。

知っている方には齢がばれてしまいますが、私がゼロ歳で初めて経験した梅雨はゴールデンウィーク頃。ずいぶん長くジメジメが続いたようです。今年の梅雨は、その梅雨入りに次いでのスピード突入かもしれません。

 

ワクチン接種二回目を終了しましたが、免疫が付くまでには十日から二週間掛かるとのこと。

まだまだ安心してマスクを外す事ができません。顔に汗疹ができそうです。

 

最近、街行く人はすっかり自粛疲れしていますよね。

先日、マスクをせずにバスに乗り込んだ高齢のご婦人に遭遇。高齢者は重症化しやすいし、ぜひぜひ積極的に感染対策をしていただきたいのですが、、、。防御も然ることながら、ご自身の飛沫で他人に迷惑を掛ける可能性もあるし、どう考えてもこのご婦人の行動は迷惑行為だと思われます。バスの二人掛けに座って読書するノーマスクのご婦人.。普通だったら、そんな危険極まりないご婦人の隣に座りたいとは思いませんよね。しかし、何も気にしない様子で、またまた高齢の女性がその隣に座った。吃驚でしたよ。

バスの二人掛けに座った時、なるべく単独で座りたいと思います。ソーシャルディスタンス!以前は皆がそう思っていた。立っていてもあえて先住者のいる二人掛けに「失礼」と言って座る人もいなかった。なのに、最近は皆さん平気ですよね。

一番嫌なのが、隣に座って話しかけてくる人だ。不織布のマスクをきちっとしている人ならいざ知らず、鼻出しマスクだったり、布マスクの人にこちらを向いて話しかけられたくない。

 

ジメジメして、本当にマスクが息苦しい季節になって・・・

イライラが募るばかりです。

何か楽しい情報はないのかしら?!

高齢者のコロナワクチンの予約が昨日から始まりました。

医療従事者の家族なのでリスクが高い。本当に早めにワクチン接種をして欲しいのです。

緊急事態宣言下でも、テレワークのできない仕事ですから・・・。

皆が皆、感染に気を付けて自己防衛しつつ、他人にも迷惑を掛けないように生活している人ばかりじゃありません。

通勤時、本当に危機を感じる経験を時々します。

 

母はノー天気なんですが、本当に母が感染して濃厚接触者になったら職場に迷惑を掛けるし、

知らないで持ち運んで自分の病院の患者さんやスタッフに感染させてしまったら、本当に大変な事になってしまいます。

母は、手洗いやマスクの重要性が今一つしっかりしていないので、毎日毎日ガミガミいってしまいます。

 

待ちに待った、高齢者のワクチン。

先行した自治体の情報で、頑張らねばいけないと感じて、半日休暇をいただいて、ワクチン予約掛けましたが・・・なんと惨敗の助でした。

八時半くらいから、携帯やパソコンを立ち上げて、すぐに申し込みに到達できるように準備していたのですが、

ものの一分でパンク状態。「一時予約受付を中止しています」なんて言う事になってしまった、

午前中、ずっと頑張ったけれどダメでした。

昨日は研究会があったし、半日出勤って以外と疲れるのよね。

夜に再挑戦という気に慣れず、本日帰宅後に再挑戦・・・。すんなり取れました。が。。。今月枠は終了していて、来月でした。

 

うちの病院も今月後半から土曜後だけですが、高齢者予防接種の会場になりまして、

私も来月にボランティアでお手伝いする日が・・・。

若い子たちの声では、

「コロナにすでに感染している人が来る可能性もあるのに、ボランティアなんてありえない」と不評なんですが・・・。

その前に軽く「いいですよ」とお人よしをしてしまって・・・若手の声を聞いて少し後悔しちゃいました。

うちの病院としては、療養型という特殊な条件の病院で、入院患者さんは非常にリスクの高い方々ばかりが入院しています。

ご家族の面会や業者の出入り、スタッフの日常生活にすごっく神経質にしている病院で、地域協力に少し後ろ向きだったそうですが、地域の医師会からちょっと顰蹙をかって「じゃあ」という感じだったみたいです。

確かに、、、あまり院内に外の空気を持ち込んで欲しくないですね。とっても努力していたのに。。。

しかし、医療は万民のためにあるものですから、仕方がない事ですよね。

 

まあ、とにかくもっと強固なサーバーでお願いします。

というか、高齢者につながらない電話やネットは無理でしょう。はがきで抽選とか・・・その方がよほど効果的だと思いますが。