大きな犬と小さな平屋暮らし ボサノヴァとキモノと大家業
アラウンド50の私、カティと
還暦の夫スー氏、大型犬BOSSA(ボッサ)の日常ブログです。

犬との生活に適した庭付きの小さな平屋「コサンタ」に住んでます。
二人でプランをつくり、リノベーションしました。

その前に住んでいた家は2つ。どちらも賃貸にして素敵な入居者さんお住い中。

その他に、戸建てを1つ・団地を1つ。
これで5つの不動産を所有し、4つの物件の大家になりました。

また、空き家になった賃貸併用住宅の実家も、
近い将来、兄弟で管理や運営をしていくことになるので、
勉強のために大家さんの会に顔を出すようになりました。

以下、登場する物件の名前とプロフィールです。


◇ グリーンハイツ:結婚二年目で購入した中古マンション(賃貸中)
  ※こちらで取り上げていただいてます。
   
◇ サンタハウス:結婚十年時で購入した立川の戸建て(賃貸→売却)
  ※雑誌LiVES・リライフ・東京人・TV番組ノンストップの取材を受けました。
※募集時のサイトです。

◇ タマゴハウス:最初から投資物件として購入した玉川学園の戸建て(賃貸中)
※募集時のサイトです。

◇ コサンタ:結婚二十年で購入した立川の再建築不可・狭小平屋戸建て(終の棲家?)
※こちらで特集していただいてます。

◇ FUJIMI Vight-sept:築50年、緑豊かな団地の1室
※こちらの記事冒頭で紹介していただいてます。
※こちらの紹介は本当に嬉しい内容です。

☆2018年建物再生のコンテストで入賞しました!

◇ F-アオヤマ:実家(某住宅メーカーの賃貸アパート併用住宅)


建築や不動産好きは、幼少からDNAに深ーく刷り込まれておりました。
夫婦共にリフォーム会社や建築会社で培ったノウハウで、
低属性・七転び人生でも不動産投資・大家業が出来ました。


仕事・趣味・犬のボッサとの日々をブログにしています。

←日刊Sumai の執筆記事は、左、タイプライターのイラストバナーでご覧ください。
  • 19Feb
    • 日刊Sumai クエン酸や重曹、洗剤...粉をふりふりする私のベストアイテムはこちら!

      久々のブログ更新です。ボッサはボッサらしく元気にしています。そして日刊Sumaiも久々に公開です。クエン酸、重曹、洗剤…。粉末をサッと出せるアイテム3つを徹底比較!これ、当初は2つを比較するはずでした。セリアのだしボトルを買いに行ったら調理量ケースなるものも見つけて、2つ買っても200円ですからね。そうしたらなんと、そんなダークホース的存在だった調理量ケースが私の使いやすさナンバーワンになりました。まあ、出来ればキャップは真っ白であってほしかったですが(^_^;)(色違いでは、焦げ茶も出てます)毎日の石けん洗濯でプチストレスだったクエン酸投入,,,それが今では、洗濯槽にシャシャっとふりかける作業、逆にストレス解消になってます〜!!もちろん選択基準はそれぞれだと思いますのでこれを参考にしてもらって、自分のベストを見つけてもらえたら嬉しいです。書きたいことは沢山溜まっていく一方です。がんばって更新しようと思います!

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 04Feb
    • コスプレイヤーに超人気!「みんなの古民家」へ

      節分の前日、よく晴れた土曜日は大事な予定がふたつ。 朝から町田へと、ボッサを乗せ愛車ジムニーのムーくんをとばしました。先ずは、先輩大家さんが農家だった御実家の古民家を有効活用しようとスペース貸しで運営されてる 東京・町田みんなの古民家 へ。さかのぼること3年以上前、こちらのお話を聞いてから、ずっとお伺いしたかった場所でした。築150年超えの茅葺屋根が印象的。茅葺き屋根を全てやり換えるとなると、職人も材料も不足しがちな現代では、莫大な費用がかかるということはよく取沙汰されていますよね。中心にかぶせた金属屋根は、実際はメンテナンス上、やむを得ずの緊急対策だったそうです。ところが出来上がってみると、なかなかどうして、バランス良く・カッコいい屋根になっています。※画像は他からお借りしました伝統的な日本農家の家に、なんか武士の甲冑や兜を被せたみたい。まだ黎明期のスペースマーケットに登録したらコスプレイヤーをはじめとして、撮影やイベントに大人気の場所となりました!  室内外を説明してもらいながら拝見し、たくさんの「ウットリ」や「グッと来る」に出会えました。建具・硝子・金物類が良いです。  1番印象的だったのが、ほぼ古いままで冬の古民家でも生命力や人のいる温度を感じられることでした。こうした建物って、気をつけていないとすぐに草臥れて荒れた空気が漂いがちなんですよね。建物も家具や家電など、置いてるものも、特に統一感を重視してばっちりインテリアコーディネートしてないんだけどそれで良いのだと、つくづく感じました。囲炉裏でいぶされた冷蔵庫!人気スペースとなっても、改善や新しい挑戦をし続けているからそれが場所の「良い気」となっているのだと思います。今後も外装メンテナンスはじめ、管理する上では大変そうでした。足場を組んで、屋根を少しづつ補修しているところでした。興味深かったのは屋根裏です。自宅コサンタハウスもロフトがとても快適な場所になっているのでここをうまくリノベして活用すれば、更に活用が広がりそうです。念願の訪問、ボッサ連れなのに着物で行くという、やや無謀を通してしまい、夫には負担をかけてしまったけど。初回が冬の澄んだ晴天日というのも、また良かった!これから四季折々の様子を拝見していくのが楽しみです。次回は是非、すぐ近くのこちらともセットでゆっくりと行きたいものですが、ボッサ連れでは無理かなあ。。みんなの古民家を再生させた、いしさん、お忙しい中、とても素敵な時間をありがとうございました!

      13
      テーマ:
  • 31Jan
    • 1月5連休の出来事・静岡〜世田谷ボロ市デビュー

      1月最終日に、急ぎ1月の出来事を更新します。連休中の予定の中でも、1番大切な行き先は夫の実家、静岡の菊川へ挨拶に行くことでした。とか言いながらスミマセン、結局は殆どボッサの話になりますので、どうかご容赦を。。まず途中、清水のパーキンエリアで休憩したんですが。観光バスの御一行様が取り囲んで、こんな状態に!(^o^;)そりゃあそうですよね、、、バスから見て置物だと思っていたものが動き出したら、確かめたくなります。皆さん、「初めて見る犬」なんだそうです。順調に東名を走って実家に到着し、東京土産。僅かな時間でしたが義母や義姉と再会。私含め、みな確実に、年が上がっていくことを感じます。さ、帰りのパーキングエリアで簡単にランチ。大好きなソフトクリーム食べる食べる東京へトンボ帰り。でも 大切な寄り道プランがありました。1月15日は、世田谷ボロ市開催日!3年ぶりの参戦です。4時頃に到着。コインパーキングも運良く見つかり、いざ!! ボッサ・ボロ市デビューであります。平日なので、混雑ぶりがマイルドなのは救い。そしてここでも、ボッサは「初めて見る犬」として露店の方達・すれ違う人達・多くの人達から驚かれ、ナデナデや写真と、それは沢山声をかけてもらいました。こんなお洒落な着物美人からも「写真をご一緒」にと。夫は使いやすそうなバッグを安く購入しましたが私の着物を見るのは、グッと我慢。美味しそうな海老の揚げ物を買ったり古道具を見て楽しんだりして、暗くなってきたので退散しましたが、本当は、ここへ来たら必ず足をのばしたい場所がありました。今回は時間切れで残念ながら見送りましたがそれは、尾澤醫院(おざわいいん、Ozawa Clinic)と言います。余裕のある敷地に佇むパニッシュ調の洋館。趣のある素晴らしい建築です!もちろん指定文化財。現在は方斎庵となって、主に撮影スタジオになっています。敷地内には入れるので、行く度にウットリするのがお約束。病院を廃業する時に、解体されるような目に合わなくて本当によかったのですが、この先はわからないですよね。。機会がいつまでもあると思わずに後で行ったら更地や新築だと、愕然としないように、また訪れておこうと思います。そういえば、ボロ市でもう一つ思い出したことがあるんですが以前露店を巡った時、人の波が途切れた場所でボッサのような犬を、しかも2匹連れている人がいました。夫はオールド・イングリッシュ・シープドッグだと思いこんで目を♡にしながら話しかけていましたが、今思うと少し小さかったので、ビアデッドコリーか、ポーリッシュ・ローランド・シープドッグだったのかもしれません。洋館の写真を引っ張り出すためにデータを確認したら ↓ なんと2007年のボロ市でした!! ↓二人共、ここから酷く老けていなくて、ホッ(^_^;)しかも服買わないから、まだ着てるのばっかりいずれにしても、その時には到底叶わない夢だと思っていた大型犬。ずっと前の大型犬にちなんだ様々な過去の思い出がボッサと一緒に過ごす日々に繋がっていくような。。不思議であり、とても感慨深い感覚をおぼえました。

      13
      2
      テーマ:
  • 25Jan
    • やはり冬のお決まり!タートルネック重ねの着物は今年こうなりました

      1月もあと1週間程ですね。今月は新年会の他にあと1回、着物を着ることができました。行き先は代々木の原価ビストロbanという、飲み物がビックリ価格(つまり原価)の気軽なお店だったのでここぞとばかりに、冬に必ずやっている着方でのコーディネートを。襦袢の代わりに、タートルネックを着物の下に着ます!ええ、ハッキリ言って立派な手抜きです...(^_^;)でも!☆着物初心者さん、衣紋が上手く抜けなくても大丈夫。☆衿元の崩れを絶えず気にす必要もない。☆補正でガチガチに体型を作らなくてもOK。☆面倒な半衿付けがいらないので、とにかく思い立ったらすぐに着られる!☆☆なんといっても暖かくて快適です。☆☆ユニクロのモスグリーンのタートルネック(勿論、ヒートテック)に、マルチストライプ柄ポリエステルの、洗えるスリーコイン着物。抹茶色水玉模様の帯を角出しに結び、帯枕が無いので更に楽チンです。形は下手です。もうちょっと、ふっくらとさせたかったのですが。和紙製のバッグも水玉。ファーのティペットも追加。こんなコーディネートだと、殆ど「着物を着ている」感覚が無く和の雰囲気なロングワンピースの気分です。ベレー帽やメガネ、手袋といった小物の組み合わせも楽しめますね。←こういう類のバッグも嫌味なく持てそうな。個性的に冒険しているように見えるかもしれませんがむしろ年配の女性にとって、身体が楽であり肌の露出が減るので、メリットの多い着方ではないでしょうか?割烹着との相性も良いんです♪着物で生活することを憧れてる人って多いですよね。私は、ボッサとの生活なので無理ですがそういう方達にも良いのかなって思います♪お友達がお店で全身写真を撮ってくれました。ご一緒した着物友達は、いかにもお正月らしい小紋で白地にオレンジ色の伊達襟でアクセントを上手に加えていました♡来月は今の所、着物で出掛けられる機会はゼロ。。。しかし、ううむ。。(^_^;) たった今、カレンダーを見ていて、ちょっと、いや、かなり無謀な計画を思い付いてしまいました。果たして実行にうつせるか? 結果は後日に。

      12
      テーマ:
  • 24Jan
    • 1月5連休の出来事・横浜

      成人の日3連休、夫は今年、有給もプラスして5連休を取りました。有給消化にポジティブなホワイト企業で、本当にありがたいと思っています。でも連日予定を入れまくると、疲労が溜まるシニア世代。遠出せず町内会の餅つき大会に参加したり溜まった録画を見たりする日もつくりながら色々なところへも、ボッサと楽しく行ってきました。そのうちの、まず一箇所は、青空眩しい 横浜!去年の暮れ初めて行った本牧シンボルタワーの出張ドッグランが14日にも開催されるというので、お誘いをいたただきOES(オールド・イングリッシュ・シープドッグ)のミニオフ会でした。お天気最高!寒さも穏やか。渋滞もなく、駐車場も待たずに入れて、やっぱり横浜の空気や空間は、東京に無いものがあります。すごく好きです。素敵です。この日、集まったOESは全部で9匹。でもボッサは、どうもこういったドッグランに来るとなぜか皆とうまく遊べません。。。殆ど私達から離れず、みんなの戯れを遠巻きに見るばかり。毎日行っている近所のグランドでは、遊べるのですけど。過去、オフ会で何度か強い子に攻撃されてしまったことが、気の弱いボッサはトラウマになっているんだと思われます。人間の方は、このモフモフ天国にワクワクでしたが。また、合間の情報交換も本当に有意義な時間になっています。何度も書いてることですが、同じ犬種でもそれぞれの性格・体型・顔立ち・毛量毛質毛色が違うのは人間と一緒。集合写真の↑この1枚のみで、ボッサ(右端)の大きさと、うまく溶け込めない性格が如実に現れてちゃってますよね。。約2時間、皆さんと楽しんだ後は、シンボルタワー周辺で、誰もいない場所を見つけました。実はデジカメを新調してまして、スペックが以前のよりも格段に上がったため、マクロやズームの効果も確認できました。16時前、外はまだ明るいので、せっかくの横浜を満喫したくレトロな風景を楽しみながら、ジムニーのムー君で走り赤レンガ倉庫にも行ってみました!振袖を着たお嬢さん達はじめ、大勢の人からボッサは話しかけられ、ナデナデされ、写真を撮られまくっているうちに海が夕暮れ色になってきました。スタンダード・プードルのグループともご挨拶。倉庫の中には入れませんが、買い物やグルメ目当てではないし、この横浜の情緒有る雰囲気を存分に満喫できました。横浜、美しい。海に浮かぶのは、サザンの歌にも出てくる観光船マリーンルージュ今年中にも、真夏は避けて何度か行きたいです。あの感動のおもちゃ博物館を再訪したり元町や洋館、公園を散策しようと思います♪次の日の行き先は、また後日に。

      10
      テーマ:
  • 21Jan
    • 今年初回の着物は和の色を沢山使って。

      こんにちは。なんか師走より、ずっと忙しい予定の多い1月です。ブログの更新もサボっていましたが、、ちょっと時間が出来たので、今のうちに急ぎ更新。お正月、新年会で着た着物です。つまり今年の初着物。それにふさわしい組み合わせを考えました。緑色の紬は、花や蝶の柄でおめでたさを表現しながら華美にならない便利な着物。帯は昨年、友達のアーチスト・ぼぶさんに仏語を描いてもらったもの。※その時のブログは、コチラ です。帯揚げをえんじ色帯締めを辛子色と、緑・紫・えんじ・辛子 と、日本の色を多色使いし、和の色彩でありながら、冬らしい暖かさも出したいと思いました。足袋は、これもお目出度い海老の柄。それと八掛という着物の裏地、僅かに細く見えてますが綺麗な明るい水色なんです。その意外性も好き。半襟だけは、付け替えをちょっとサボりまして、(本当はキリッと真っ白で新年を迎えたかったのですが) 昨年から襦袢に付いていた洋柄、ちょうどグリーンだったので、そのままに。バッグは、そろそろ20年選手の一澤帆布製。お席の前には、懐かしい旧型MINIに乗せてもらって前の自宅サンタハウスを見てもらいました。趣味や好みが似ているので、やっぱり目が留まる部分が一緒。私と夫は、サンタハウスのガレージに、MINIがジャストフィットする絵にかなり感動しました。ホント、このクルマのためにあるようなガレージですよね。新年会は丁寧なお料理でもてなしていただいちゃってこれまた感動でした。 うちなんて、持っていったものが紀伊国屋のそのまま出せる缶詰と、俺のベーカリーのパン。。。。の、耳ですよ!!前日に恵比寿で食パンwp買ってくるつもりが、お店に行った時は既に売り切れてしまってて、耳しか買えませんでした。↑こんな親バカ写真を延々撮ってるから。。耳でも、流石に美味しかったですけどね。着物の話に戻すと、この着物は骨董市で一目惚れしました。色焼けもあるので安くしてもらった上に身幅が細めで私にはサイズ的にちょうどよいので気に入ってます。新年会と言っても、お隣さんのお宅での会なので着ていて崩れにくく、軽い着心地が大切ですよね。ずっとお留守番していたボッサも、終盤お許しを得てとうとうおうちに乱入させていただいたので、淡い色の汚れやすい着物でなくて、本当によかったです。飴色のパーケットフロアが素敵。。♡お水にも、ちゃんとお飾りが。キュンと感動。今月は、また違う雰囲気でも着物を着る機会があったのでそれはまた近い内に更新しますね!

      11
      テーマ:
  • 10Jan
    • 日刊Sumai シール壁紙DIY後編

      日刊Sumai執筆記事・前編から、すみせん!1ヶ月以上たっての後編ご紹介です。※前編はこちらです。本当に簡単に貼ってはがせる?シールタイプの壁紙を試してみた・後編ライターごとのページにいくとちょうどサムネイルの写真がビフォア→アフターになっているので様子の変わり方がわかりやすいですね。まとめとしては☆太いストライプは難易度が高いので止めておくのが無難☆貼る面を選ぶ(間違えると剥がした後がベタベタする)浴室に貼って実験は、けっこう興味深かったです。    まあ、今回はモニター当選でもらった材料です。日頃、壁と言ったら「白・塗装・マット」の一択 なので色々と、良い経験をさせてもらったと思います。本筋と関係ないけど、医療棚の重ねられた白いペンキの質感....やっぱり「これだよ!」って思います。壁紙のサイトは、こちらです。WALLPROPSDIYのご参考になれば、幸いです!

      12
      テーマ:
  • 08Jan
    • Happy New Year 2019 & Happy Birthday 4th !!!

      2019年、明けましておめでとうございます!元旦から、東京ずっと晴天続きです。年末から、かなり間を開けてしまいましたがブログもフェイスブックも見る暇がないほどに用事や作業が入り、忙しくも本当に充実した年末年始でした。特に三が日は元旦は深大寺で初詣と初ラン2日は恵比寿ガーデンプレイス。私の親族とテラス付ライオンで食事会。テラスドアの向こう、室内には私の家族がいます。都合の良いお店があってラッキーでした!3日は立川でご近所新年会 恵比寿で人気の「俺のベーカリー」から食パンを買ってくるつもりが品切れ完売で「俺の食パンの耳」になってしまいましたが。 手作りおせち、素敵なおもてなし。 という、それはバラエティに富み、バランスの取れたスケジュールで楽しく過ごせたことに感謝です。********************************そして昨日、1月7日は昭和天皇ご崩御の日であると同時に。。。ボッサ、4歳のバースデーでした。おめでとう!うちに来てくれて本当にありがとう。お祝いの野菜🍰ケーキにローソク4本私達夫婦が撒き散らす親バカに、多方面で周囲を巻き込んでしまっている気がしていますが。うちに来たばかり、生後4ヶ月の時点では、階段を上るのもやっとだった8キロの仔犬。それが今では+30キロ増えて38キロに。でも心は、ちょっとビビりで気の優しい甘えっ子。小型犬から大型犬まで、攻撃されやすくでも絶対に反撃しないでいる性格で。これは私達よりも、周囲のボッサを知ってる人がそう言ってくれてます。とっても嬉しく思います。しかし普段は元気なボッサですが、後発白内障もあるし、実は最近、腎臓の数値も不安要素があったりするのでフードに高価なお薬を混ぜたり、目薬も検査も常に欠かせません。要は生まれつき「身体の丈夫で健康そのもの」という子ではなかったのですが、今では覚悟が出来て、それがボッサの犬生なんだと、これも授かりものだと、飼主としてケアを出来る限りやりながら、寄り添って暮らしていこうと思います。さて、2019年の目標としては、不動産・大家業も亀の歩みながら、次のステップへと進みます。狭小平屋に引っ越して2年、様々な二次断捨離を実行します。お散歩で通った緑道に、もう梅が咲いていました!今年もよろしくお願いいたします。

      11
      テーマ:
  • 27Dec
    • クリスマスプレゼント・MAXのホッチキス

      皆さん🎄クリスマスプレゼントは、もらいましたか?♪うちは結婚記念日が12月なので、例年、クリスマスは盛大にやってません。ですが今年は、実家の区で高齢者(在住の母)に配られた地域商品券が私にも割り当てられたので、有効期限内(年内)に使い切るというミッションがありました。使えるのは区内の指定されたお店でのみ。せっかくの商品券を飲食店で使うとかでなくこれで今年は夫婦ふたり分のプレゼントをゲットしようと決めました。しかしこれが意外に悩めるミッションでして。①長く使える何かを買いたい、②尚且つ、区内でもピンポイントな、ド地元、③さらに!出来れば幼少から頻繁に行っていた昔ながらのお店で。と、地元貢献もしたい気持ちから範囲を狭めて狭めて、なんとか対象に残ったのが246沿いのこの2店。靴屋さんと文具屋さん。でも靴だと、特に女性用はいつか捨てなければならないので。外出時に携帯する用のちょっといいボールペンを買って大事に使うのがベスト!という結論に至ったのです。買いに行った頃は、まさに世の中がpaypayで沸き立ってる頂点。実家見回りの機会にお買い物。寒い日でした。便利な多色ボールペンは、ボディが太くなるので今は大抵が、ラバーグリップになってます。人間工学的には、滑らず疲れにくく書きやすいんでしょうけど私は、どう〜もあのヌチヌチが苦手。。。そうしたら、ラバーになる部分が天然木タイプを発見し、手に取ってみたら滑らず、手触りが気持ち良くもちろん質感も申し分ない!お店の人曰く、今はこのPILOT製ボールペンが、書き味的には一番売れ線なんだそうです。ゴールドとベージュの間みたいな色の金属ボディも気に入って私は4色ボールペンとシャーペンのもの。夫には、前から欲しいと聞いていた、消せるインクのフリクションボールペンに。ここまで辿り着くのに、狭いお店をウロウロと1時間近くかかっちゃいました。でもまだ商品券が少し余ります。そこで、うちのホッチキス、かなり古いタイプなのを思い出しました。実家で昔から転がっていたものを適当に持ってきたはず。今は操作性が格段に上がっているはずですよね。ちょっと調べてみたら、少なくても3〜40年前のものでしたので、もういい加減、買い替えても良いかと。すると、ここでも私を絶妙に刺激する、「メーカー50年記念限定バージョン」なるものに出逢ってしまい一番好きな色、グリーンを 熊ゲット・笑※「熊ゲット」とは、知床辺りのヒグマが、あの鋭い爪でスピーディーに鮭を捕るイメージです。クリスマスイブの夜に開封し、古いのと並べてみるとボリュームが全然違うのがわかります。厚み・丸みも。そして今更ながら、旧型はもう滅多に無いものであってスリムなサイズ、先端の半透明グリーンも愛おしくなり。。やっぱり捨てられない、いや絶対捨てない となって。。結局、大切にしまっておくコレクションへと変わったのでした。 完全に、「逆断捨離」(ToT) です。。

      17
      2
      テーマ:
  • 25Dec
    • クリスマス着物コーディネート・二本立て

      メリー・クリスマス!ホワイトクリスマスにはなりませんでしたが朝夕は冷えますね。こんな時は、着物も🎄クリスマスカラーの赤とグリーンで季節を表現したいものです。これは先々週、表参道で旧友との夕食会で着ました。とっても柔らかい正絹の着物は、光の方向によって波のような大きな唐草模様が目立つ柄。緑の繻子帯は色も光沢もクリスマスにピッタリな感じ。合わせる小物類は、やはり赤ですね。でもこの半襟は、ポリエステルで赤がかなり強いんです。自然の赤色ではない感じ。人工的が過ぎると着物には馴染まないので、なんか落ち着きません。そこで生地の裏側を使いました。並べて見ると、テクスチャーの違いがわかりますでしょうか?右が表・左が裏です。裏の方が白が混じって、優しい雰囲気になります。帯締めと帯揚げ、どちらも非常に古いものです。繻子帯がレトロな感じなので、調和できてるかな。。と思います。次にこちらは、三連休の初日。本当は、まさにクリスマスだーっと、緑色の紬に決めていて、柊みたいな柄の朱色の帯を合わせれば完璧!と思っていたんですが残念ながら雨予報〜☔仕方なく黒っぽいポリエステルの着物に替えました。よーく見ると入っている柄が、白・赤・緑なのでこれもクリスマスカラーなんですけどね。黒っぽくてポリエステルとなれば、もう雨がまったく怖くないです。万一、汚れても洗濯機にポン♪こういう着物を1枚は持っていると便利です。実は、これが先日のブログでも書いた「大島に間違えられた」200円着物です。半襟はグレンチェック柄でモダンに。帯揚げはゴルチェのスカーフ。帯は、原宿の古着屋で千円。黄ばみが目立つので布用マジックで柄を足し、遠目にはわからないようにしました。尚、足袋は両日ともコチラ。 まさにクリスマスな足袋ソックス。出掛けにボッサい踏まれてしまい、汚れてしまいましたがこれも近くに寄って見る人はいないので、大丈夫!↑↑遠近法で大きく写りすぎたボッサ↑↑以上、クリスマスコーディネート着物二本立てでした。桜と同じ様に、この時期だけの着物を思いっきり表現できたので満足です。来年をまた楽しめますように。。🎄🎄

      18
      テーマ:
  • 15Dec
    • 紬のアンサンブルで夜の荻窪へ・村山&大島紬について考えていること

      先日、荻窪で開催された不動産イベントの時の着物です。母のお下がりです。紬のアンサンブル。「ザ・昭和」ですよね?  荻窪という場所にも合ってるかなと。ここに赤や朱色の帯を合わせると、ハマり過ぎて、ま、20代のお嬢さんだったら、可愛くドンピシャなんですが。私がやると若作りをがんばった旅館女将みたいになっちゃいそうなんです。そこで洋風の薔薇が描かれたモダンな黒い帯にしました。半襟もそうですね、白では遊びが少ない。でも、けっこう難しく、手持ちの中では、淡いピンクに水色や赤の細いストライプ柄が唯一つかえそうでした。ユザワヤで買った端切れです。あ、新宿のオカダヤだったかも。。さて、着物は詳細を母から聞けないので推測ですが柄行きの感じ・アンサンブルであること・当時のお財布状況からして10中8・9、村山大島だと思います。いわゆる「大島紬」は、奄美大島で作られるもので村山大島紬は東京都武蔵村山で作られているもの。大島紬は非常に高価なので、憧れの着物という位置付けになっていますが紬である以上、100万だろうが1,000万だろうが普段着。軽くて柔らかくて丈夫、つまり動きやすいという普段着の条件を満たしています。割烹着もやたら似合うんですよね♪もし、幸運にも持っているのであれば帯・小者合わせを楽しんで、どんどん外へ着て出てほしいものですが。ピンクのガーリーショールも母の。きっと40年以上前産まれ外出で汚すのが怖いと、なかなかチャンスを作れないパターンも見聞きしますので。ま、時々タンスから取り出しては、見て触ってウキウキウットリ🌟🌟そんな着物の楽しみ方も、おおいにアリでしょうね〜。ヒヤッ ツルッ スベッな手触りは無条件に気持ちが良く、細かい柄の見事な織りに感嘆してしまう大島紬、そして村山大島。そうそう、大島と言えば忘れられない話がありました。友人で、芦屋&成城のお嬢様がいるんですがとある日、私が着てきた着物を見て触って、「これ 大島?」と真顔で聞かれたことがあって。※友人のお母様は、それはもう素晴らしい着物を沢山お持ちです。しかし、この日の私の着物は、福袋入りだった200円以下のポリエステルでしたっ それにしても、村山大島紬って。たしかに最初は大島紬をお手本に追随し、でも独自研究して工夫を重ね、手頃な値段で買える良い織物を作り上げたのに二番煎じ、廉価版(エンポリオ的な)というようなレッテルは払拭されてほしいと願わずにいられません。特に、産地が地元・東京都、さらに現在住んでる立川のご近所とあっては!しかしですね〜そもそも〜「大島」って付けちゃったのが、ちょっとザンネンだった気がします。武蔵村山で作った大島似の織物なんて言わずに堂々と「村山紬」とか「武蔵紬」で全然オッケーだったのでは。むしろ、武蔵・ムサシ なんてかっこよくないですか?知名度や値段が高い方に安心や価値を求めるのは、「目が曇っているのと同じ!」なんて主張したら「それ、巧妙な負け惜しみでしょ?」と言われますかね。さ、お金貯まったら、ヤフオクやリサイクルショップで大島紬を探そうっと!(あれ?)笑

      11
      テーマ:
  • 13Dec
    • 立川のお屋敷レストランでランチ&ストレッチ

      1週間以上も前の事で恐縮ですがぜひご紹介したい&ちょっと贅沢な平日の昼間でした。お友達がストレッチのインストラクターをやっていまして古民家レストランでのストレッチ&ランチ会を開催してました。その古民家レストランが、なんと偶然にも我が家コサンタから歩いてすぐ。※これは昨年3月の写真です。これは一度は参加しなくては!でも、どうせ行くなら大好きなお隣さんと一緒に行きたいな〜♪と、お誘いし、なかなか予定が合わずにいましたがやっと年内最後に実現。ボッサ2時間強のお留守番はちょっとドキドキでしたけど。立川の名家・本宅を先日カンブリア宮殿にも取り上げられていた居酒屋レストランチェーンが借り上げて改装し年中無休の和食レストランに再生させています。もちろん、近所なので今迄にも何度か行ったことはあります。立川駅からはかなり離れているのにこの雰囲気とリーズナブルなお料理で人気があり連れて行った人は皆、喜んでくれます。ご近所にこういうお店があるのは、とってもありがたいです。まずは落ち着いた個室でランチ。このお部屋は建て増しした部分を改装しているのでホテルの部屋のような雰囲気。参加者は私を入れて5人、ストレッチの先生、そしてなんとオーナーさんもランチに同席されたので話題はこの建物のこと、レストランに至った道のり、更には立川市はじめ日本のあちこちで問題化している「古い歴史ある建物をいかに残すか?何が大変なのか?」にも及び!詳しいことは、ここでは書けませんし、長くなってしまうので割愛しますが。私にとっては、もう〜興味ド真ん中!これだけでも参加した甲斐が大きかったです。美味しい和食をいただいた後は、お座敷に移動してストレッチです。実は、この旧館お座敷スペースにはずっと入りたくて今迄何度も、予約を取る度に希望を出したのですが大人数団体様優先とのことで、入れませんでした。今回は、このお座敷で綺麗なお庭を見ながらストレッチできるというのもポイント高し!欄間とか、格子とか、調度品とか木製建具、特にこの出隅部分に惹きつけられます。ストレッチは、私のような初心者&ゼロ運動神経&柔軟性ゼロ人間でもちゃんと付いてこられるようなペースと丁寧な指導で身体を伸ばす気持ちよさを実感できました。く〜ちょっとキツイかな・・と思ったら緑のお庭に目を向ければ、ふとリラックスできて身体がちゃんとポーズを決められたり。終わる頃にはすっかり暖まって軽くスッキリ。都心と違い、誰もが気軽に来られる場所ではありませんが素晴らしい古民家お屋敷・美味しい和食・ストレッチ付きまた、希望者にはオプション料金で、ストレッチ後に耳つぼの指南もしてもらえます。イベント案内ページはコチラを↓ご参考に♪https://www.facebook.com/events/220929992028373/正直、参加費はお安いと思いました。インストラクターの西川先生、遠くから本当にありがとうございました!さて実はさらに、ランチの時に聞いたのですがオーナーさんが開催している夏のイベントでランチ&浴衣教室というのが、かなりすごいです。どうスゴイのかというと、こちらは参加費七千円なのですが、オーナーさんがさらっと「浴衣付きで。。」とおっしゃったので「え。。?もしや、浴衣持込でもレンタルでもなく、 付いてる=つまりプレゼントってことですか?」と半信半疑で聞いたらそうだというのです!!しかも〜〜幼少から質の高いものに囲まれて育ったオーナーさんなので巷ですぐ買えるような浴衣では満足出来ず馴染みの呉服屋さんを回って集めた浴衣に帯に、下着と腰紐まで。たしかに、生地も染めも全然違いますからね。着付け講師には、呉服屋さんや着物教室からお呼びして「営業」を警戒されないよう、わざわざ日舞の先生にお願いするという素晴らしい心遣いと段取り。。もう感嘆脱帽でした。ストレッチ、また行きたいね〜ってお友達とも話ながら帰宅したらボッサもリラックスして待っていた様子。安心しました。来年も、この素敵な場所で色々な経験や楽しい会話ができそうです!

      12
      テーマ:
  • 07Dec
    • 日刊Sumai シール壁紙DIY前編

      日刊Sumai執筆記事更新されました。本当に簡単に貼ってはがせる?シールタイプの壁紙を試してみた・前編壁は長年、塗装又はタイル(それも白一択)一辺倒だった私、どんな色柄のクロスを見ても、勿論カワイイとか綺麗とは思っても使いたいとか買いたいと思ったことは無い。。置いたものを引きたてるには、やはり白い壁がベストでした。それがたまたま「おっ」となってご縁があって太いストライプのクロスをいただいた。さあどうする?この際なんでも実験するのみ!と色々やってみた でも けっこう悩んだ・うまくいかなかった・困った。。なレポートです。  後編公開はまだ未定ですが合わせてよろしくお願いします!

      7
      テーマ:
  • 05Dec
    • 横浜港シンボルタワーでオールドのミニだけどビッグなオフ会参加

      先週土曜日、とにかく晴天。横浜満喫でした。感動のブリキのおもちゃ博物館再訪後は、どっかでお昼を取らなければならず。前日に入念なリサーチで絞り込んだワンコOKカフェは、二子玉川にも大きな店のある、DOG DEPT GARDEN 横浜 港の見える丘公園店です。道行く人達、ボッサが視界に入ると「ぬいぐるみ?」「置物?」みたいな顔をして通り過ぎたり「触っていいですか〜!?」と声をかけて来たり。こういってはナンですが、人間のお料理に過度な期待をしていなかったのでパスタが熱々でソースも美味しい。。値段も良心的でした。(ただし、その分、量ちょっと少な目)ささっと頂いて、いよいよ本日のメイン目的地へ!本牧ふ頭の本当に先っぽ・横浜港シンボルタワーです。この日はドッグランが作られていました。勿論ほかのワンコも一緒、だけどオールドがコロコロモフモフ数頭まとまっていると、やっぱり目立つ!2年ぶりの同級生ラムネちゃんとは、お互い生後4ヶ月の時にラムネちゃん宅にお邪魔させていただいたことがあります。左の赤いおリボンがラムネちゃんです。その時の様子をラムネままさんが書いたblogが、感慨深いです。お姉さんのあられちゃんは天国へ行ってしまいましたが右の、妹・あんこちゃんも出来て、どちらも綿アメのようなレディ。同じオールドでも、ボッサと毛質も色も体型もホント違います。この日オールドを連れて集まったのは、うちを含め4家族だけなんですが、実は皆さん多頭飼い!なので並べば、けっこう壮観になりました。まだ7ヶ月のショア君、元気・元気、私、何度も草むらに押し倒されました。。。笑!超大型犬レオンベラガーのラシ君。優雅な大きさ、サラブレッドみたいな感じでした。(ボッサが、やきもち映り込みしてる。。)そして今迄見た中で最大のゴールデンドゥードゥルの男の子。11ヶ月でこの大きさ!しかし、ボッサを見ると誰もが口をついて出る言葉「足が長い!」「背が高い!」そうなのです。全体の大きや体重は前述のレオンベラガーやゴールデンドゥードゥルが勝つのですが背の高さで比べるとボッサは高い、つまり足が長い〜不思議な子・ボッサ。でも今頃になって、ちょっと犬見知りが出て来たみたいな。典型的一人っ子で、ワンコの大小関係なく、やられやすい性格なんですなあ。解散後は、まだ明るかったのでタワーにも登ってきました。も〜とにかく海を見るには、最高の日和でした。気持ちの良いこと。海側は、どこまでも爽快気分。対して陸側は、積み上がったカラフルなコンテナが印象的。幹事のクッキーままさんが、「ここは穴場♪」と言ってた意味が、行ってみて本当によくわかりました。また絶対来たいです!横浜ツアー、大満足で終わりました。ご一緒した皆様、ありがとうございました。

      9
      2
      テーマ:
  • 03Dec
    • 横浜のブリキのおもちゃ博物館へボッサと共に

      それは20年以上ぶりの再訪でした。先週土曜日、横浜方面でオールドイングリッシュシープドッグのミニオフ会へ参加してきたんですがその前に、どうしても訪れたい場所がありました。山手の丘の上、雑貨好きなら「聖地」と言っても過言ではない北原照久さんのブリキのおもちゃ博物館へ。お互い雑貨好き・古い建物好きな私達、既に入籍してた時点だったのかも正確に思い出せないほど昔のデート。コレクションケースの下で寝そべる看板犬が、はじめて見る本物のオールドイングリッシュシープドッグでした。オールドが大好きで大好きで、目がハートの夫に対して、100%冷ややかゼロ興味だった私。芝生の庭にデッキチェアでくつろぎながら、巨大携帯で電話してる北原さんもカッコ良く!粗末な木造2DKアパートから生活を始めた当時の私達にとっては、オールドを飼うことも、庭付きの家に住むことも完全に「夢のまた夢」でしかありませんでした。あれから20年以上…まさか家族が増えてオールドのボッサと再訪する事になろうとは…!!加えて規模は小さいながらも、今は終の棲家として庭付きの家にも住んでいます。北原さんはご不在でしたが奥様と、たぶん息子さんが、なんかとても歓迎してくださって、少しの挨拶で終わると思いきや、「オールド懐かしい!昔を思い出す…この子は大きいですねえ」と、記念写真はじめ、かなりの時間を一緒に過ごしてくださいました。ずっと気になっていた佐島の邸宅見学ツアーについてお聞きしたら今でも年に一度は開催されているとのことでした。こちらも、一生に一度は拝見したいものですがボッサを置いて遠出は出来ないので、また「今は夢」です。そして現在の看板犬は、ゴールデンドゥードゥルのロビン君。 内向的なボッサと走って遊ぶ・じゃれる。訪れる人達の注目の的でしたよ〜 ウフフ(事実です!贔屓目ではありませんから!!)木造洋館も木製デッキチェアも全て以前の記憶のまま。サニタリーの各パーツもオリジナルのまま。ちょっと錆びたからといって交換しないで良いんです。大切な心意気なんです。そうそう、お土産用の雑貨で、あ!と見覚えあるのがありました。20年以上前に訪れた時に、これを買って帰っていました。勿論、今でもコレクションしています。こういうミニカー類も、引越しに伴い相当な数を処分しましたがこれはずっと手元に置いておきたかった。おそらく昔、本当はもっと沢山グッズを書い漁りたかったけどこの1台を買うのが、お財布的にやっとだったのではないかと思います。北原家のオールド君は、全部で3匹いたとうかがいました。皆、幸せな犬生を送り、天国へ旅立っていったんですね。玄関前で笑う、来月4歳になるボッサを見ていると、胸がいっぱいになってしまいました。以前訪れた時は、ギリギリ20代の私とアラフォー夫だったのが今では、50過ぎた私と還暦夫。とにかく人生、上手くいかない事の方が多いけれど、可愛いワンコ達の姿と人の笑顔、嬉しい出来事、不思議な縁。。あまりにも感慨深くて…泣けました。師走の暖かい晴天、横浜・山手にて、あらゆる事に感謝の気持ち。この日の感動は、一生忘れられないと思います。

      14
      テーマ:
  • 30Nov
    • 狭山へ2 ビフォアアフター団地拝見(やはり写真多め)

      最近、暖かいと思ったら変な揺れの地震があったりでちょっと不安にもなる11月末。ま、やっぱり寒くないのは行動しやすいです。前回ブログの続き、狭山の団地リノベ見学です。まずはLDKと続きになった子供部屋。娘さんが2人なので、壁はパウダーオレンジ。色付き漆喰仕上げ。LDKの白い壁越しに見るとお互いを引き立て合ってる。これまた外の緑が、なんとも良い演出になっていますよね。このカラフルな畳は、ビバホーム製でちゃんとイ草使用・値段は安いので使い方を考えたくなりました。 天井にはフェルト材。目を引くのは、全ての開口(出入り口・窓など)のアーチ形状。 と、書くのは簡単だが、造作も仕上げも簡単ではない。コーナー納まりなんかは特に。。ここは匠のこだわりなんだそう。工務店さんは間違いなくタイヘンだったでしょう。壁に色があると、こんな部材もアクセサリー効果になるんですね♫では、いよいよLDKへ。平日にもかかわらず、盛況。対面式、ちょっと全体にサイズが大きいかな?と感じたキッチンスペース。固定のものは当然に、後々のフレキシブルさが無いですからね。白と木目のみで雰囲気はとっても良かったです。床は杉材、フローリングではないサブロクサイズ(畳1枚分)、コスパも作業効率も高いDIY向けの素材でした。天井は、ソーラートン(ジプトーンではない(^_^))に塗装。ジプトーンとは色々違うんですよね。同じトラバーチン柄だったら、こっちのソーラートンの方が好きかも。ベージュに塗装されて、白が少し残っているのも、なかなか良い! すみません、細かくて。(; ・`ω・´)あと、手間かけてる〜と思ったのがキッチン壁面ね。ビフォア写真に注目これ、吊り戸撤去してタイル貼ってない部分にわざわざ同じサイズのタイル貼って上から塗装して合わせてるんですよ。しかも天井に接してる部分は、タイルをカットして合わせてる。。施主、ロビンソンズの山崎さんとお話出来たんですが黙々とタイルをカットするだけの日もあったそうです。注:真夏もう山本さんにも、山崎さんにも、お疲れ様という言葉では表しきれないって思いました。本当に。この方が、山本さん。いい笑顔ですね。プロフ写真になりそう?もう一箇所、私の気になるポイントはここ!巾木が無い!やっぱり良い!!あ〜っもう、本当にっ我が家コサンタに付けてしまった事が悔やまれて悔やまれて ううう となりました。さて、リノベ話は尽きませんでしたが、ボッサ待たされて、そろそろタイムリミットでした。また近い内に♫と、記念写真撮ってお別れ。しかし団地の秋は、どこも絵になりますね〜。こんなオブジェ達が。 帰宅〜♫ 大好きな立川へと戻ります。その夜、テレビ録画を観て復習しました。(x1,3倍速で)お疲れ様を贈りたい方は他にもいらっしゃいました。ガーデン担当チーム金井。 金井さんと弟子的存在のユージさん、施主山崎さんが言ってましたが、真夏の1日中手を止めずに作業したから出来たお庭だったそうです。山本さんが唯一ハッキリ映っていたシーン。 木工事を手助けした吉本芸人、尼神インターの渚さん。なんと現在放映中の相葉くんドラマに出てます!しかも芸者役なので大体が着物で!            ↓同一人物ですよ〜。演技オモローです♫あれ?なんか、こーゆー感じ(黙ってれば美人・喋ると。。)の人が自分の友達の中にも1人いたような気が?んー気のせい?笑笑とっても充実した狭山ツアーでした!番組詳細・リノベ解説や綺麗な写真は、公式サイトやyoutubeを是非!(どこの回し者でもありません・笑)団地リノベも、またやりたくなりました。。♡

      15
      2
      テーマ:
  • 26Nov
    • 狭山へ ビフォアアフター団地拝見(写真多め)

      出来事から、1週間前後たって更新するのが通常運転なブログです(苦笑)先週はとっても楽しみにしていたリノベのオープンルームでした。あのテレビ朝日「大改造・劇的ビフォアアフター」の一番最近の放映物件です!施主は、芸人の山崎ノボルさん(ロビンソンズ)。舞台となった狭山の団地は、私のリノベ戦友とも言える山本誠さんが以前から多く手がけていたので、今回のテレビ企画にあたり協力工務店という立場でお手伝いされたんだそうです。一昨年も同じ団地の別の部屋、まことさんプロデュースリノベにお邪魔したことがあります。☆その時のブログ☆では、前置きはそれくらいにしてどんどん写真を時系列に載せてながら綴っていきますよ〜お昼過ぎに到着。ランチを団地バス停のベンチで済ませる。買う飲み物だって、ちゃんと場所を意識してチョイス。快晴!物件のある棟はちょうど公園の隣なのでボッサを待たせながら交代で拝見します。玄関側・北に面する部屋の窓が開いていたので手すり越しに背伸びして覗き込むと、、この絵、この空気。リビングダイニングの窓の向こうは、南に面した専用庭の紅葉!そこで、すぐに室内に入らず、建物づたいに外を廻り庭側へ。ボッサも辛抱堪らず付いてきた。右側の窓が、さっき北側から見えていた窓です。ボッサは、お山あり滑り台ありの庭に釘付けでした。入れないね。。では、いよいよ室内へ玄関脇の個室は、土足で入る土間スタイル。断熱と防音ローコスト策に用いられた、黒い吸音ウレタンスポンジ。壁の1面は小さなお子さんが喜ぶ黒板塗料仕上げでした。床は部分的に大判タイルを埋め込んでいて、既にクラックが入っているのですが、部屋の雰囲気上、まったく気にならない、むしろ味になってます。  トグルスイッチ発見!ビバホームで買えるそうです。プレートは中心に1つ穴タイプを使用。うちがやった時は、↓ 夫がドリルで穴を開けてました。次に水廻りを拝見。見に来た多くの人に好評だという、ガラスタイルをあしらった洗面台部分。設備機器はIKEA。この水栓は新商品とのことで印象的でした。レバー形状が洒落ている上に、濡れた手での使い勝手も良さそうです。でも私は浴室の方が気になるアマノジャク。。笑※部分写真しかないので全体を見たいとなったら ぜひテレ朝のHPをチェックしてくださいね。緑のモザイクタイルを厚み部分に貼る細かい仕上げ、私もきっと、こうして納めただろうなと思います。小さなタイル、まさに「山椒は小粒でピリリと辛い」。 トイレは品の良いピンク。既存のドアもピンクに塗装してリメイク。 私が団地リノベした時も、建具は全て再利用&塗装でした。機能を満たしていれば充分だと思います。家の中でも、長居するメインな場所ではないですからね。いよいよ、LDKへ、というところで続きます。 こんなベンチすら詩的に見えてしまう。。

      15
      テーマ:
  • 16Nov
    • フルーツとスイーツとキモノ

      朝晩はぐぐっと冷えてきた立川です。今月初旬はシャツ1枚・着物コート無しでも大丈夫な気候だったんですけどね。。そんな過去の週末、今更のブログではありますが「スイーツを食べながら不動産を語ろうの会」に声をかけていただきましたので、イソイソと着物で参加してきました!土日なら夫にボッサを預けられるし都心の開催なら母の施設にもお見舞いに行けるので一石二鳥。前日は銘仙でバリバリレトロに気合入れたコーディネートでしたがスイーツ店は明るいカフェ、フルーツ系が有名なのだそうです。そこでまずベージュ地に葡萄柄の帯を選びました。次に着物は、フルーツカラー、レモン・オレンジ・メロン又はマスカットの色が入っている紬です。でも、薄い色同士ではメリハリが弱いからとこの着物と帯の組み合わせは、普通は「✗合わない!✗」の範疇に置かれるんだと思います。そこを何とか合うよう何とかする!のが何ともオモシロイのですよ!!そこで先ず、帯揚げに煉瓦色?濃色を持ってきて分量も多めに出すことでメリハリフォロー。帯締めもモチロン濃色&多色&太め。レモンイエローの着物は、よくよく見ると淡い紫も混じっているので葡萄の色とリンク。半襟および襦袢は前日と同じ、つまり汗をかいていなければ、襦袢を2日続けて着ても大きな問題は無し!それにこの襟も、紫ツートンカラーでしかも。。※洗濯後に撮ったので↓シワシワですね(^o^;)実は枝付き柿の絵が入っているので、ここもフルーツ繋がり!一見、合わないような着物と帯も、小物使いで工夫できるってところがやりがいを感じます。この着物、買った時が30代で、40になったら着ないつもりが、なんか着てしまい50になったら流石に止めるつもりが、結局まだ着ています。。上から色掛けして、渋い色にしてみたいな。ネットで調べると一万円位で出来るようですが一万円あったらリサイクルショップやネットで別のが2〜3枚は買えちゃうことを考えるとうーん。。という感じがします。お茶会の様子。希望通りに、着物とフルーツがマッチ!。。したような気がします。お店は新宿でしたが、混雑ぶりに驚きました。あと、気が付いたのが照明のクリアな明るさです。※主催のスワさんも、ちゃんとレモンイエローのセーター♪以前だったらここまで明るくする照明プランは無かったと思います。そうおそらく「インスタ映え」の為の意図的なものでしょう。ご一緒したメンバーの中には、先日呼んでいただいた結婚式の花嫁さんもいて楽しくお話できました。企画のスワさん・ご一緒した皆様、ありがとうございました!帰宅後はまず、ボッサの口拭きとイチャイチャでご機嫌取りから(笑)

      14
      テーマ:
  • 13Nov
    • 犬の混合ワクチンは依然として悩ましい問題であった

      オールドイングリッシュシープドッグのボッサ・3歳10ヶ月。9月、年に一度の大切なワクチン抗体検査をしました。※昨年↓も3回に分けて混合ワクチンについて考え、多くの方に読まれました↓犬の混合ワクチンについて悩んだ過程 その1犬の混合ワクチンについて悩んだ過程 その2犬の混合ワクチンについて悩んだ結果検証その3命に係る幾つかの細菌が体内に入った時、細菌と戦って感染症を防ぐ抗体が、どれくらい有るのか?血液検査で測定するのが「抗体検査」です。安全値に満たない場合は、その感染症に対抗できないのでワクチンを打って、抗体を増やします。が、通常、仔犬の時期はワクチンを必ず打つのでその抗体が体内に充分あることも珍しくありません。抗体が数値を満たしていれば、ワクチンを打つ必要はないのです。しかし、先ずこの検査をして抗体の数値を見てから、打つべきワクチンだけを打つ、というプロセスを踏んでいる家、うち以外で聞いたことがありません。大概は数種のワクチンがミックスされたいわゆる「混合ワクチン」を1年に1度打っているかと思います。「1年に1度が本当に適切なスパンなのか? 実は過剰摂取の可能性あり」最近は欧米中心に、そんな研究報告も挙げられており。対して日本のドッグラン・ペットホテル・トリミングサロンでは利用にあたり1年以内にワクチンを摂取していることが条件にされているんです。しかし、ワクチン自体の副作用も心配すると尽きません。。過去に発作・意識不明を起こしているボッサには、可能な限り安全な対処をしてあげたいので、検査を受けさせています。待つこと数週間。昨年は、抗体が全て充分にあったのでワクチンを打つ必要がありませんでした。しかし今年は、1つだけジステンバーの抗体数値が下がってしまっていました。去年が160、今年は20 ☆80以上が求められます。そこで、このワクチンだけを摂取すれば良かったのですが単体での販売が無いとのこと!仕方なく、必要ない別のワクチンが混ざった二種混合を注射しました。ここまで読んでくださった方は、何を感じられたでしょうか。。?どうも日本のペット業界の課題・問題が見え隠れしているような気もするんです。反論も承知で、非常に疑い深い目で見てしまうと、「大切なペットの健康を守りたい」とか「いつも綺麗にしてあげたい...」そんな飼主の気持ちから、商業利益を得ようとしている業界の思惑を感じてしまうのです。〜混合ワクチン、皆もやっているから〜トリミングサロンもドッグランも利用したいから〜そして抗体検査はお金もかかるから混合ワクチンは、高くても1万円しないのにワクチン抗体検査は、3万円弱、その結果によって、ワクチンを打ったら、また有料。。。これでは検査が普及しないのも当然ですよね。うちだって痛い出費なんです。涙獣医さんはじめ、ペット業界は欧米の研究報告を知っているはず。ボッサのかかりつけ獣医さんは、ちゃんと教えてくれました。それにワクチン打っていなくても、ドッグラン・トリミングサロンに検査結果表を持参して、利用を断られた事はありません!考え方は様々・一概には言えない問題ですが家族であるペットとの共生が、もっともっと安全で良い方向に導かれるためにこれからも、この問題を追っていきたいと思います。

      10
      テーマ:
  • 09Nov
    • 日刊Sumai版・絶対捨てないイロイロ

      立川は細かい雨が降っています。日刊Sumai執筆記事が更新されています。捨てないで!容器に残った「シャンプー」「歯磨き粉」は掃除や洗濯に使おう以前、このブログでも書いた文字シール2度使いも紹介しています。こんなケチの権化みたいなネタ、果たして読まれるのか??という。。苦笑ですが一方で、むしろこのネタに共感しまくり笑々だったというお友達もいます。先日、そんな友達がコサンタに遊びに来てくれた時のブログです。更に、連れて来てくれた関東ボロメン・タマさんのブログも。いや〜もう。。↑anegoから♡ 夫が殆ど食べました。。単純に「嬉しい」とか「光栄デス」といった言葉では足りませんね。。昨日は、anegoの海の家を日曜日に見に行くというタマさんと会いお土産を託すお願いをしてきたのですが、その時に自家製野菜を沢山いただきました!小松菜・春菊・大根のどれも、超新鮮でプロの仕上がり?言われなかったら、セリフォ(?)だって全然わからないレベル!葉っぱの元気が売ってるのとは、まーったく違うんです。小松菜は写真を撮らずに即行で炒めていただいてしまいました。春菊は昨夜のうちにフープロでソース化して冷凍っ※「へー、そーすかっ」て言わないように。立派な大根は。。えーとえーと、普段まったく料理をしないのでこれから夫と、どうするか考えます♪本当に、ありがとうございました〜〜🌟🌟。

      12
      4
      テーマ:

プロフィール

kati

性別:
女性
血液型:
AB型
お住まいの地域:
東京都

フォロー



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス