エド・クライン(ヴォレアス北海道)オフィシャルブログ「If you want to make a difference,think different」Powered by Ameba
  • 17Sep
    • 小さくてもいかにして勝つか

      バレーボール男子世界選手権の3試合目、日本はスロベニアに3-1で敗戦しました。総得点は97対78、アタック決定率は60%対47%、ブロック決定本数は13対1。決して互角とは言えない試合でした。スロベニア人口は2百万人にぎりぎり至るかで、バレーボールは人気のあるスポーツでもありません。日本人口は1.3億人。スロベニアバレーボール協会と日本バレーボール協会の予算は比にもなりません、人口差よりも予算では差が開きます。私自信スロベニアのチームに何年間か所属していましたし、今回日本戦で出場していた選手のコーチをしていた事もあるので、日本とスロベニアの違いを書いてみようと思います。1)クラブ 対 部活スロベニアやヨーロッパ全土には学校(大学も)に部活がありません。という事もあり、子供達は最初にクラブに入ります。クラブには、たいてい育成プロのコーチがいます。クラブでの練習時間は日本より短く、非常に密度の高い練習を行います。量より質にこだわります。選手育成において、重要なカギの一つに(育成させたい選手を、彼らより)年上で上手な選手の中に入れる事があります。クラブシステムのおかげで、この部分は簡単に実現する事が出来ます。17-18歳で既に上のカテゴリーのナショナルチームに入る選手もいます。私が所属していたチームはクロアチアナショナル選手権とクロアチアナショナルカップで優勝した経験がありますが、その時の選手平均年齢は18.5歳でした。2)選手としての進路日本人選手とスロベニア人選手の進路は全く別物です。日本人選手は22歳で大学を卒業し、チームに入団。入団時は若手として扱われます。スロベニアでは22歳は経験のある選手として扱われます。スロベニア人キャプテンのティーネ・ウルナルトは、17歳の時すでにCEVカップで優勝経験があります。CEVカップとはヨーロッパ圏内では2番目に勝つのが厳しいクラブ選手権です。18歳の時には、ヨーロッパ圏内一厳しい、ヨーロッパチャンピオンズリーグに参戦していました。(16歳から)スロベニアの優勝チームで戦っていた他、23歳の時にはギリシャ、イタリア、ポーランドで既にプロとして活動していました。29歳になった現在、既に11チームに所属した経験を持ちます。これは、ほんの一人の例ですが、他にもたくさんのスロベニア人選手は同じ様な経歴を持っています。3)フィジカル面スロベニアは日本ナショナルチームより大きい選手が多いです。登録選手に2メートル以下はいませんが、瞬発力は高くジャンプ力も非常にある選手の集まりです。なぜかというと、彼らのフィジカルトレーニングを大事にしているからです。彼らは17歳に時に本格的にウェイトを学び始めます。22歳になる頃には均整の取れた強い身体に仕上がっています。日本では大学生が本格的にウェイトに取り組んでいる事はないように思います。ウェイトトレーニング不足の結果、身体の歪みケガにつながっています。4)スポーツ経験科学的に幼少時代から一つのスポーツだけする事は、選手の長期的育成の面ではあまり良いとされていないです。脳細胞結合、機敏さ、調整、速さ、反応などをよくするためには、できるだけ多くのスポーツを取り組む事が推奨されます。スロベニアでは13‐14歳以前からバレーボールの練習を始める事はめったにありません。その年までに5つ位スポーツを色々変えてくる事が普通です。子供達には色々スポーツをやらせて、どれが一番好きかどうか、どれが一番才能があるかどうか試させることが自然かと思います。私自信数多くの若い選手を育成したことがありますが、違うスポーツを経験したことがある選手は物覚えが格段に速いです。(数か月でバレーを身に付けてしまいます)また、長期的育成の面でも有能な選手になる事が多いです。日本では、幼い時にスポーツの種目を決めてしまう事が多いようです。5)地理的関係スロベニアはイタリア、オーストリア、ハンガリー、クロアチアに囲まれています。セルビア、チェコ、スロバキアも近隣にあります。こういった事もあり、選手やクラブは練習試合や数多くのトーナメント選に出場する機会があります。違うバレースタイルと戦う事でまた違った挑戦ができ、選手はより早く、良く、上達します。日本の地理的条件では、このような機会が与えられません。Third match of the Men's World Volleyball Championship Japan lost to Slovenia 3-1. Looking at total points 97-78 for Slovenia, attack kill percentage 60%-47%, kill blocks 13-1; in my opinion it wasn't even a close match. Population of Slovenia is barely 2 million people and volleyball is not even among their most popular sports. Population of Japan is almost 130 million. Budgets of Slovenian Volleyball Federation and Japanese Volleyball Federation are incomparable, ratio is even bigger then population difference. Since I worked in Slovenia for many years and coached several players that played the match against Japan I think I can compare two different systems.1) Clubs vs schoolsIn Slovenia and whole Europe, kids don't practice sports within their schools or later universities. They start in clubs. Clubs usually have professional coaches who are fully devoted to their craft. Amount of practice time is also less then in Japan. Practice is shorter but more intensive. Focus is on quality, not quantity. One of the keys to player development is facing players that are older and better then yourself. Club system easily provides many of those opportunities. Often while they are still 17-18 years old player start playing in highest national division. My team that won National championship and Cup in Croatia was an age average of 18.52) Career pathsJapanese and Slovenian players don't have very similar career paths. Japanese player will finish university usually at the age of 22 and then start playing club volleyball. Many will treat them as a young players. In Slovenia, when you are 22 they treat you as an experienced player. I'll take an example of Slovenia captain Tine Urnaut carrer. When he was 17 he already won a CEV Cup which was then the second strongest European club competition. Age 18 he played European Champions league which is the strongest club competition in Europe. Besides playing professionally for Slovenian champion club (starting at 16), by the age of 23 he played professionally in Greece, Italy and Poland. Now he is 29 and has played in 11 different clubs. This is just one example. Many Slovenian players went through similar paths.3) Focus on physicalSlovenian team is taller then Japanese national team. They don't have shorter player then 200 cm in their line up. But also they are more explosive and jump quite high. It comes from a focus on physical training. Usually when they are 17 they start serious and methodical weight training. By the age of 22 they bodies are very strong and balanced. In Japan I have seen that many university players don't have serious experience with weight training. As a result they have various imbalances in their bodies and injuries as a result of it.4) Changing sportsScience says it's not good for a players long term development to stick with one sport from early age. To develop your brain cells connections better, your agility, coordination, speed, reaction etc, it's better to practice as many sports as possible. It's not uncommon in Slovenia that before starting practicing volleyball at the age of 13-14, kids have already changed 5 different sports. It is natural that a kid tries sports and sees what he likes the most and where are his talents. I worked with many young players and can definitely confirm that kids who came to volleyball through other sports, catch up very quickly (few months) and in the long term develop into much better volleyball players. In Japan it's still prevailing to pick one sport early.5) Geographical positionSlovenia is surrounded by Italy, Austria, Hungary and Croatia. Some other countries like Serbia, Germany, Czech and Slovakia are also very close. It gives players and clubs many opportunities to play friendly games and various tournament. Facing more different styles, more different challenges, better and quicker player develops. Japan geographical position doesn't allow this possibility.

  • 11Sep
    • 5つの成功のカギ

      5つの成功のカギサッカーワールドカップが終わり既に3か月が経ちましたが、クロアチアがいかにして銀メダルを取ったのか、その成功のカギを聞かれる事があります。クロアチアは人口4百万人の小さな国です。そんな小さな国が、他の大国よりも良い結果を出すことができたのでしょうか。更に付け加えるとしたら、今回のメダルは、2個めでした。5回前のワールドカップ(フランス)で銅メダルを取りました。私が考える5つの成功のカギを書き出してみます。1)有能なチーム有能選手が多い年代でした。選手達は、ヨーロッパの強豪クラブチームで重要な役目を担うプレーヤー達です。クロアチアのミッドフィルダーは今回のワールドカップで一番だとも言われてました。モドリッチは、リアルマドリッドでの重要な選手、ラキティッチはFCバルセロア、マンジュキッチはユベントスFCのフォーワード、ペリシッチは、インターミランの重要な選手、ロヴレンはリバプールFCの重要なディフェンダー、スバシッチはASモナコの大黒柱です。2)システムクロアチアは、小さな国ですが全ての村にはクラブチームとサッカー場があります。日本の様に部活動はなく、子供達は、クラブに入りプロのコーチの下でスポーツを習います。そこの村のクラブでは物足りなくなるほど上達してくると、次に、自分自身を鍛えるためにも更に選手層が厚い大きいクラブに加入します。そうする事で19歳になる頃には、プレミアで戦える程の才能を持った青年が集まる国内屈指の4-5個の大きなクラブに所属する結果につながります。プレミアで物足りなくなってきた選手は、次は更に才能を伸ばすために潤っているヨーロッパのクラブに所属します。ここで大事な点は、常に自分より上のレベルの選手に囲まれる事で、彼らに追いつこうとし努力をする事です。3)アンダードッグスター選手が多く所属するチームでしたが、自信過剰さや傲慢な態度など一切見せる選手はいませんでした。むしろ正反対だったと思います。選手達は謙虚さと相手を尊重する気持ちを持ち備えていました。結果を導くには、彼らの持ち合わせている才能だけではなく、努力、準備、謙虚さが必要なことを選手達は知っていました。スポーツの世界だと、強者より弱者のほうが楽です。ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、イングランドなど強豪チームは勝たないといけないプレッシャーがあります。ファン、報道陣、その他世界中の人達から、最低でもセミファイナルに進む事を期待されてます。これは、負ける事に対しての恐れを生み出し、(メンタル的に)危険な状況下に置かれます。クロアチアは、小さい国だったので、そういった期待もまったくなく自由に試合に臨む事が出来ました4)チームの絆チームが成功するかどうかは、チームの絆が非常に大きなカギを握ります。クロアチアナショナルチームの絆は非常に強力でした。なぜなら、すべての選手がお互いに対等であったからです。全員が平等。上下関係もなし。そう言った事もありチーム内には安心感がありました。自分勝手(自己本位)な選手もいませんでした。実は、自分勝手な選手がいましたが、ワールドカップ開催1週間前に監督によって解雇されました。その監督ですが、チーム内で一番謙虚です。古い気質の監督といえば、選手批判をし選手に有無を言わせない様な態度が主流でしたが、現代の選手にはそのような事をしていても無意味です。特に、チーム内にビックスターがいるような場合。この監督(クロアチアナショナルチームの)は選手の話に耳を傾け、選手達を尊重してました。選手達は監督が共感心と知識を持ち合わせている人だった事もあり、監督を認めていました。私自信この監督とは、同じ町出身なので色々詳しく知ってます。チームの絆がなぜ強いかというと、ファンのサポートも重要な役割を担ってました。クロアチア人はサッカーが大好きで、一番人気のあるスポーツです。ワールドカップ終了後、ファン50万人がザグレブに集まり選手を称えました。50万人は総人口の10%以上です。ナショナルチームにとっての勝利は、彼ら自身のため、国民全体のためと大きな目的がありました5)背番号10番の選手ルカ・モドリッチとは。ワールドカップのMVP受賞、欧州最優秀選手賞とおそらくゴールデンボール受賞(メッシとクリスティアーノ・ロナウドが近年独占)近年では、ベストミッドフィルダー。パスの成功率は非常に高いです。走行距離、ディフェンスでの貢献度は抜群です。ナショナルチームのキャプテンも務めていますが、非常に物静かです。言葉ではなく、態度でチームを引っ張るリーダーです。チームが困難な状況にいる時は、選手達はモドリッチにさえパスしておけば、彼が何とかしてくれる事を知ってました。彼の謙虚さは幼少期の戦争難民体験からきていますワールドカップが終わり数か月経った今、ナショナルチームを離れる選手もいます。だけども、システムは存続し、新しい若手の選手が入ってきます。また、同じような成功を収める事は難しいけども、クロアチアサッカー界の未来には恐れは一切ありませんFive reasons that explain their successHow many such a small country of only 4 million people make better result then much richer and bigger nations. It's also second medal for Croatia in last 5 World Cups (in France they won bronze).Here are the 5 keys to success from my point of view:1) It's a good teamThey play important roles in some of the best European clubs. Croatian midfield was on of the best off all teams in World Cup. Modric is one of the key players in Real Madrid, Rakitic same in FC Barcelona, ​​Mandzukic is important attacker in Juventus FC, Perisic one of the leaders in Inter Milan, Lovren key defender in Liverpool FC, Subasic irreplaceable goalkeeper in AS Monaco etc.2) There is systemYouth sport is not a part of schools like in Japan. Kids train in clubs usually with professional coaches. When a kid errors too good for a village club, he moves Eventually he ends up in one of the 4-5 big clubs where the most talented kids play and gets a chance to play in a premier division by the age of 19. If he caused too good for a premier division he is being sold to one of the rich European clubs where he can definately develop it's potential. The point is to be always surrounded by players effort to catch up.3) Underdog positionGenerally in sports it is much ___ ___ ___ 0 ___ ___ __ 2 ___ ___ 0 Fans, journalists and the whole world expectations you to reach at least semi- finals. It puts you in a dangerous position because fear of failure appears. Being a small country gives a freedom playing without big public expectations.4) Team chemistryThey are all equal. They are all equal. Nobody above the team. They feel safe inside No big egos. Actually there was one player with big ego but the coach kicked him out of the team one week before World Cup. And speaking of a coach - he was one of the most humble people in the team. With new generation of players. With new work of aymore. Especially when you have big stars in a team. This coach listened to their players a lot , he presented a great deal of respect for them. Players approved him because of his empathy and knowledge.I know a lot about his background because he lives in the same town where I come from.After the World Cup 500,000 fans gathered in Zagreb to welcome the team. That is more then 10% of the whole country. country population. The team had a big purpose to win the World Cup for themselves and for the whole nation.5) Player with jersey number # 10Luca Modric. World Cup MVP, this year best European soccer player and most probably Golden Ball winner (after years on Lionel Messi and Cristiano Ronaldo domination). Currently the best midfielder in the world. His pass success percentage is crazy good. When was a captain of the national team but he is a very silent leader. Whenever team is in trouble, players knew that have to just pass a His humbleness has roots in his childhood when he was a war refugee.But months after the World Cup some player said goodbye to a national team. New young players are coming and while it's going to be hard to repeat this years success, there is no fear the future of Croatian soccer.

  • 27Feb
    • 今シーズンにおける私の大事な瞬間。。。の画像

      今シーズンにおける私の大事な瞬間。。。

      Moments where positive emotions become part of game. Having a chance to work in many different countries I experienced different languages, personalities, uniforms, playing styles but what was the same is the emotion. ポジティブな感情が試合の中に融合された瞬間。これまで色々な国で働いた事もあり、その度に言葉の違い、個性の違い、国民性の違い、プレースタイルの違いなどを経験してきました。が感情だけは違いがありませんでした。Emotion when you win a rally, show your good skills, accomplish a desired result, win the match, win the championship... ラリーを勝ち取った時の感情(歓喜)素晴らしいスキルを見せた時の感情、想い描いていた結果を達成させた時の感情、試合を勝った時の感情、優勝した時の感情。。。And all these emotions are even stronger when we can share them with somebody. We were lucky to have our fans behind us. They made our emotions stronger and I hope we made theirs. これら全ての感情は誰かと分かち合うとより一層強くなります。私達はサポーターが付いていてくれて本当に恵まれてます。サポーターのお陰で私達の感情(歓喜)は更に強くなりました。サポーターの皆様も同じように歓喜してもらえていたら嬉しいです。 One of the best video I have seen to describe this relationship is a tribute video to fans of my favorite club besides Voreas. It is narrated by Matt Damon and in short talks about how for fans game is not just a game, it's the moment that unites us and resonates through the rest of our lives. Experiencing emotion proves that we belong. When impossible becomes reality we are swept by joy. We capture these moments in our hearts, we make it our own and game becomes part of us forever. この映像は私がヴォレアスの他に好きなチームのサポーターに捧げられたものです。(サポーター、クラブ、歓喜の関係性が描写されています) マットデーモンがナレーターをしています。ナレーションは、サポーターにとって試合がただの試合ではなく、試合とはサポーターとクラブ全体が一つになり死ぬまでその瞬間が心に響き渡ると言ってます。歓喜を味わうことは、その中に属しているということです。不可能が可能になったとき、喜びに心を奪われます。その瞬間は心で味わい、自分達で作り上げます。そしてその試合(瞬間)は一生自分達の一部になります。⇩ビデオ クリックこちらhttps://youtu.be/4nnHdeEvYsgI hope we sparked a little emotion and created to remember this season. In future we will do our best to present more. Thank you! 私達ヴォレアスが少しでも皆様の感情を刺激し、今シーズンを忘れる事の出ない瞬間を提供出来たら嬉しいです。今後更に進化し、もっともっと良い瞬間を提供していきます。ありがとうございました!

  • 13Feb
    • Unboxing February… 荷物届いた(2月編)の画像

      Unboxing February… 荷物届いた(2月編)

      This time I’ve ordered:今回注文した物:New dose of vegan proteins. I have to emphasize they come with probiotics and enzymes which makes them super digestibleヴィーガンプロテイン錠。消化を助けるプロバイオティクス、酵素豊富に入っているので、特に積極的にとるようにしてます。Brain octane fuel. I take a lot of care for my brain health. This product contains caprylic acid triglycerides extracted from the most potent part of the coconut. Medium chain triglycerides can help with excess calorie burning. Ketone bodies are brains alternative source of fuel when glucose is not available and research shows that it’s even more efficient fuel source. Our cognitive abilities increase when brain uses ketones especially when beta-hydroxybutyric acid is present.ブレインオクタンオイル。自分の脳の健康状態に関して、すごく気を使う様にしています。ブレインオクタンオイルには、ココナッツから抽出されるカプリル酸トリグリセリドが含まれています。中鎖トリグリセリドは、余分なカロリー燃焼を助けてくれます。ケトン体は、グルコースがない時に脳の代わりのエネルギー源となります。(科学的に証明されており、グルコース以上の効力があります)我々の認識能力は、3-ヒドロキシ酪酸が体内にある時に、ケトンを使うとさらに向上します。Extra virgin coconut oil. I use it in smoothies, dressings, coffee… I have noticed that generally people in Japan stay from fats. This is probably because of bad fats like saturated fats from animal sources or cheap bad refined vegetable oils like corn oil, soybean, canola, sunflower… But there is something called essential fats. Our body cannot produce so they have to come from our diet. One of them is alpha-linoleic acid (omega-3). Extra virgin olive oil, extra virgin coconut oil, avocados, nuts and seeds are all great sources of good fat.エクストラバージンココナッツオイル。スムージー、ドレッシング、コーヒーなどに混ぜて使います。気が付いたことは、日本人は脂質を摂取しない様に見えます。おそらく、悪い油(動物性飽和脂肪、精製ベジタブルオイル、コーンオイル、大豆オイル、キャノーラオイル、サンフラワーオイルなど)の影響が大きいと思います。がしかし、必須脂質もあります。私たちの体では生成出来ないので、食事から摂取しないといけないのです。大事な脂質の1つに、オメガ3があります、他にはエクストラバージンオリーブオイル、エクストラバージンココナッツオイル、アボカド、ナッツ、種などが良い必須脂質となります。L-Arginine. It is important amino acid. In our body it is converted into a nitric oxide so it improves blood flow, kidney function, immune system, stimulates growth hormone… L-アルギニン。大事なアミノ酸です。私たちの体の中で、一酸化窒素に変わります。血流の流れをよくする、肝機能、免疫、成長ホルモン促進のために重要なものです。

  • 29Jan
    • 昨晩のこと What did I do last eveningの画像

      昨晩のこと What did I do last evening

      This time it was watching tennis men’s Australian open final match between Roger Federer who is considered the greatest player of all time and Croatian Marin Cilic. Federer won in an exciting five set match. I have a great amount of respect for both guys. 昨晩は、全豪オープンのファイナル、R.フェデラー vs M.チリッチを観戦しました。結果はフェデラーが熱戦の5セット末勝利。二人共、私が尊敬する選手です。 Federer for staying on top for so long. Winning his first Grand slam title in 2003 and now in 2018 with his 20thGrand slam title at the age of 36. He still plans to play many more years. Staying on top in an individual sport is not easy. Nobody can replace you if you are in bad form, injured, not motivated, feeling low energy, having a bad day like they can in team sports. フェデラーは、何年間もトップの座にいます。2003年にグランドスラムで初めてタイトルを取り、今年2018年で20回目のグランドスラムタイトルを36歳の年で取りました。 まだまだ、この先もプレーするようです。 個人競技で、常にトップに君臨する事は容易ではありません。なぜなら、どんなにコンディションの悪い日でも、ケガをしていても、やる気が起こらなくても、エネルギー不足の時でも、調子上がらない日でも、チームスポーツの様に、誰も自分の代わりにプレーできないからです。 That’s why a life of a tennis players in full of discipline. Speaking to some of them I discovered are very educated on a fields of nutrition and physical conditioning. They go to sleep early, they do injury prevention exercises every day, work with sports psychologists, eat healthy (no junk food, no sugar, no alcohol, no smoking), analyze their game daily, find ways to be better. だからこそ、テニス選手は規則正しい生活を送るのです。何人かのテニス選手とお話しをしたことがありますが、彼らは、非常に栄養学、身体調整の面において知識が豊富です。早い時間に就寝し、けが予防のエクササイズを毎日欠かさず行う、スポーツ心理学者とも連携し、食事もヘルシーなものを食べる(ジャンクフード、お砂糖、アルコール、タバコ一切とりません)、毎日の試合の分析も欠かさず行い、少しでもよくなる可能性を見つけようとしてます。 System forces you to be like this. If you don’t stay sharp - you don’t win matches on tournaments and it means you don’t get price money. If you are injured, you’ll have no income but you’ll have to spend money for recovery. テニス界の環境がこのような選手を生むのだと思います。冴えていなければ、試合には勝てません。それの意味するところは、報酬が出ないということです。怪我をすれば、収入がない。けれども、治療代で、支出が出ます。 With yesterdays final Marin Cilic has become world number 3. I’m happy to see that he has developed into elite player. He his currently 29 years old and following his career from the beginning I see that every year he finds a way to improve his body, mind and his technique. 昨晩の試合で、M.チリッチは世界3位の座を獲得しました。彼が、エリート選手に成長したことがうれしいです。チリッチは、現在29歳。彼が、デビューした時から、注目してました。彼も、身体、メンタル、技術と常に成長させる方法を毎年、 見つけ、進化しているのが、わかります。 Tennis in very important sport in my country. We didn’t get this years Australian open men’s singles title, but we did men’s doubles and mixed doubles – Croatian Mate Pavic winning both! Also, another Croatian Ivan Ljubicic in Roger Federer’s coach. テニスは、私の国では非常に大事なスポーツです。 今年シングルでの全豪オープン優勝は、なかったものの、男子ダブス、混合ダブルスで優勝しました!クロアチア人 選手M.パビリッチが、男子ダブルス、混合ダブルスで優勝。またクロアチア人イワンリュビチッチも優勝者の一人。彼はシングル優勝者のRフェデラーのコーチです。

  • 22Jan
    • 今朝4:30に起きた理由の画像

      今朝4:30に起きた理由

      Truth is I learn more from football coaches then from volleyball. Managing a 53 players roster, 90 players at the beginning in a training camp, 15 assistant coaches, regular season, post season, long off-season, injuries, frequent personnel turnovers - is something very complex.実のところ、私自身バレーよりもフットボールの監督から多くの事を学んでます。フットボールの監督は、選手53名(トレーニングキャンプ時には選手90名)、コーチ15人、シーズン中、シーズン後、長いオフシーズン中、けが人、日常茶飯事のチーム退団者など、すべてをまとめなければなりません。そして、それをまとめる事は、非常に複雑です。The team I support (New England Patriots) qualified today for another Superbowl and will have a chance to win it’s sixth title. In his 18thseason head coach Bill Belichick (has Croatian roots and surname) helped them become one of the best teams in history of sport. Although in all those years basically all players and assistants changed, consistency of success remained.私が応援しているチーム(ニューイングランド・ペイトリオッツ)は、今日スーパーボールへの参加権を獲得しました。6回目のタイトル獲得のチャンスです。チームの監督、ビル・ベリチック(クロアチア系統)がチームを、スポーツ史至上最高のチームを作り上げるのに多く係っています。監督就任後、何人もの選手コーチと入れ替わり立ち代わりしてますが、常にチームは安定し成功を収めています。Some of his coaching principles include in-depth game tactical preparations, caring about people, never resting on your laurels, paying attention to details, team before individuals, character before talent…彼の指導で大事にしていること:徹底した試合戦術準備、人を大事にする、栄光にすがらない、細かい部分を大事にする、個よりもチーム、才能よりも性格、、などOne player remained with him all this time. Quarterback Tom Brady (similar position to a setter in volleyball). Maybe the best greatest player off all time. Currently is 40 years old but again this season a main candidate for the MVP. He is super healthy and plans to play into his mid-forties!ビル・べリチックが監督に就任してから、ずっと残っている選手が、一人います。トム・ブレーディー(ポジションは、クオーターバックで、バレーでいう、セッタのような役割) トム・ブレーディーは、おそらく、歴代至上最高の選手ではないかと思います。40歳ですが、今年もMVPの候補者の一人です。40歳ですが、まだ身体的にも健康で、40歳半ばまでプレーする予定だとのこと。The way he practices, eats, rests and thinks is unique. He described how he remained injury free playing one of the most brutal sports in his recent book. I read it of course and Voreas players are already treated with some of his methods. But are still not aware of that😊彼の練習方法、食事、休養の取り方、考え方は非常に個性的です。彼が書いた最近の本で、どうやって危険なスポーツ(ケガが起こりやすいスポーツ)をケガなく続けていけているのかを紹介してます。私もすでに読みました。そして、その本の内容を参考に既にヴォレアスの選手にも彼のメソッドを使ってます。がしかし、選手はそれには気づいてないです。。

  • 17Jan
    • 高強度インターバルトレーニングの良い点の画像

      高強度インターバルトレーニングの良い点

      Benefits of High Intensity Interval TrainingScience says in provides same benefits as long endurance workouts in shorter time - 15 minutes of interval training burns more calories then jogging for an hour.It stimulates production of human growth hormone during 24 hours after finishing your workout. This slows down aging process.Burns calories and fat not just during, but even after the training.It’s good for your heart. There was one research that found that even one minute of intensive exercise has the same benefits for the heart and respiratory fitness as 45 minutes of continuous exercise.What I like the most about it, you can creative with designing this training. It can be done with or without weights, running, jumping, skipping, outdoors, indoors…This morning I did 10 intervals of 10 second sprints in a deep snow.科学的には、高強度インターバルトレーニング短時間で長時間の耐久トレーニングと同じ効果があると言われてます。15分の高強度インターバルトレーニングをすると、1時間ジョギングをするのと同じカロリー消費をします。インターバルトレーニングをすると、エクササイズ終了後24時間は成長ホルモンの分泌を刺激する効果もあります。また、エージング対策にもなります。更には、 インターバルトレーニングは、とレーニン中のみでなくトレーニング後も、カロリーと脂肪を燃やし続けてくれます。心肺機能にはもってこいのトレーニングです。ある、研究では1分間の高強度エクササイズをするだけで、45分間連続で運動し続けるのと同じ位、心肺機能に効果があることも分かりました。私が、このトレーニングをお勧めしたい一番の理由は、自分で色々トレーニングメニューを組み立てる事ができる事です。重りを使ったメニューでも、ラン系、ジャンプ系、スキップ系でもいいです。アウトドアでも、インドア何処でもトレーニングできます。今朝は、10本(10秒間)ダッシュ(ラン系)を積もっている雪の中やりました。

  • 15Jan
    • 日本に来て驚いた5つの事、テクノロジーに関して。

      5 things that surprised me aboutJapanese technology日本に来て驚いた5つの事、テクノロジーに関して。In Europe we have a perception that Japan is very technologically advanced. And that's the message Japan sends to the world. Yet being here few things surprised me:ヨーロッパでは日本はテクノロジーがとても進んでいる国だという認識があります。また、日本も「日本=テクノロジー」を売りにしています。何ですが、日本に来て驚いた事が何回かありました。1) Cash I am really shocked how Japanese people are stilldependent on cash.Worrying if you have enough paper bills in your wallet doesn't feel liberating. In Europe I often don't even carry cash with myself. Just a few cards. In some shops I don't even have to give a card to a cashier. I just have to hold my contactless card near the reader and a purchase is finished in seconds. But even cards are not necessary. I can pay with my phone. All my cards (credit and debit) are stored in my banks app. I just have to choose which card I want to use and a device will read it.Countries like Finland and Sweden are going to become fully cashless in few years.1)現金日本人が現金をよく使う事にびっくりしました。お財布の中身を常に気にしていないといけないので、心配ごとが増えるような気がします。ヨーロッパでは、めったに現金は持ち歩きません。カード数枚持つ程度で十分です。お店によっては、カードをレジに出す必要はなく、カードリーダーにあてるだけで、支払いが一瞬で完了します。モバイルフォンでも支払いができたりもします。フィンランド、スウェーデンなどのヨーロッパでは、数年後には完全に現金不要国になるでしょう。2) Bank notesTo be honest before coming to Japan, last bank note I have seen was in 1987 when I had my kid savings account. People in Europe don't believe me when I say people in Japan are still using it! For me is also hard to understand. In my banks mobile app 24-hours I can see exact time and place where I spent my money, all balance changes, even statistics of categories of spending (food, education, leisure etc.). Can a bank note do it?2)銀行通帳来日前に銀行通帳を最後に見たのは、1987年、自分の学資保険用の通帳でした。ヨーロッパの友達に日本では通帳がまだ使われている事を話しても信じてくれません。自分自身もまだ、通帳が日本で使われている事が信じられません。ヨーロッパの銀行は、24時間銀行専用アプリで、常時残高、支払い額、どこで使用したか、さらには、カテゴリー別の支出も確認する事が出来ます。(食費、学費、娯楽費など) 通帳の意味は果たして、、?3) YahooNobody uses Yahoo in Europe anymore. At least not as a homepage or news source (I still use it for emails). It was popular whenInternet was still young20 years ago but things have changed since then. What surprises me more is that Japanese Yahoo still looks like it's 1997 and nothing like today's international Yahoo layouts.3)ヤフーヨーロッパでは、誰もヤフーを使っていません。ホーム画面や、ニュースなどとしては、使わないです。(個人的に、ヤフーメールだけは使用してます) ヤフーは、インターネットが普及し始めた20年前はものすごく人気がありましたが、それ以降は、状況も大分変化しています。びっくりする事は、日本ヤフーは、1997年当時そのままのレイアウトが使用されています。(インターナショナルヤフーのレイアウトとは、まったく別ものです)4) CD's, DVD'sIn my country DVD rental shops closed 10 years ago. Nobody buys CD's anymore. People stream today. It'saccessible on any device.There are so many streaming services these days for music and movies. Spotify and Netflix are myfavorites.4)CD’s DVD’s クロアチアでは、DVDレンタルショップは10年前になくなりました。CDを購入する人もいなくなりました。現代はストリーミングが主流です。ストリーミングだと、どのディバイスからでもアクセスできます。ストリーミングアプリは、音楽、映画とたくさんあり、私のお気に入りは Sportify と Netflix です。5) Breeze heatersLiving in a cold winter Hokkaido, I expected some advanced technology for heating indoor spaces but only thing I see are heating devices using diesel oil. This is atechnologywe rarely use anymore in Europe because it's not efficient and expensive. We use central heating system. With just one heating unit multiple rooms in a house can be heated and different temperature for each room can be chosen. My house isapprox ten times bigger then the apartment I live now in Japan but monthly bill is five times cheaper.5) 温風ヒーター極寒の北海道では、室内暖房設備が進んでいるかと期待していましたが、そうではなく未だに灯油ストーブが主流なようです。ヨーロッパでは、灯油ストーブは既に使用されていなく、(効果的でない、非経済的なので)セントラルヒーティングシステムが使用されています。一か所だけ、ボイラーを設置してしまえば、家の中の全部の部屋が温まります。部屋ごとに温度設定もできたりします。クロアチアの家は、今住んでいる日本の家よりも10倍広いですが、ひと月当たりの暖房費は、5倍も安く抑えられます。

  • 11Jan
    • Unboxing 荷物届いたの画像

      Unboxing 荷物届いた

      I try to adjust my diet according to latest scientific research.私は食事に気を使っていて最新の科学的研究に基づいて食事をとるようにしています。Once per month I order some superhealthy foods...ひと月に一度超ヘルシーフードネットで注文します。Today I got:今日届いたものVegan fermented raw protein - because my body recovers faster when I take proper amonut of proteins per day, I feel great and I can control my appetite better. We are not so good at digesting animal protein so I take vegan fermented option because their absorption is excellentヴィーガン発酵生プロテイン‐ 一日にしっかり適量のプロテインをとると体の回復力が違います。そして、調子もよく食欲のコントロールもしっかりできます。私たち人間の体は、動物性プロテインを消化するのに適していないので、植物性発酵物を代わりに取っています。また、植物性だと吸収力もすごいです。Maca powder - I’ve been using it for years, it balances my hormones well and gives my a boost of energy every dayマカパウダー‐ ここ数年、ずっと取り入れてます。ホルモンバランスを整えて、毎日の活力になってます。Vitamin D - I only take it in winter. In summer our body can produce it with a little help of sunshine but in winter we don’t have enough sun, especially on Hokkaido. Lack of the vitamin D symptoms include weaken immune system, fatigue, lower back pain, depresssion, muscle pain...ビタミンD - 夏の間は、日光もあるので、自然にビタミンDを摂取してくれるのですが、冬場は十分日光に当たる事が出来ないので冬場のみ購入します。特に北海道にいるので、必要です。ビタミンD不足は、免疫力を下げ、疲れ、腰の痛み、鬱、筋肉痛につながります。Nutritional yeast flakes - my favourite source of B complex vitamins. Because they taste great! Especially with popcorn. Lack of B vitamins (12, 6, 1, 2, 3, 9) symptoms are many. Most common anemia, digestive issues, dementia,depression...栄養豊富なイーストフレーク ‐ ビタミンB群はこれから摂取します。私のお気に入りです。なぜなら、味がいいのです!特にポップコーンにかけるとおいしいです。 ビタミンB群欠乏症状はたくさんあります。代表的なのは、貧血、消化系、物忘れ、鬱。Amla - it’s an ancient ayurvedic herb. One of the most antioxidant rich foods on Earth. Reserch shows it can prevent cancer and aging.アムラ‐古代のアーユルヴェーダハーブです。地上に存在する植物の中で、もっとも抗酸化物質を含んでいるハーブです。科学者によると、アムラは、癌、老化を防ぐ効果があります。

  • 09Jan
    • 今週も進化し続けます

      According to Anders Ericsson who is a world's leading researcher on peak performance and whose principles I've been following for years with a gift of the adaptability of the brain and body we can get better.To take advantage of adaptability we need to be involved in a practice which is purposeful and deliberate. It consists of specific goals, focus, feedback and getting out of comfort zone.What I have seen often in Japan is repetition practice - doing the same thing over and over again and expecting to get better. Ericsson calls it naive practice and science says this way doesn't work.指導に関して、私が基本としている学者がいます。 ピークパフォーマンスに関しての研究で世界的に有名なアンダース エリクソンです。彼によると、人間の脳と身体は生まれもって適応する能力をもっています。それによって私たちは進化する事ができるのです。この、適応能力を生かすために、練習には目的と意図をしっかり組み込んでいく必要があります。そのためには、具体的な目標、焦点、評価を組み込み、楽な域を超えさせる事が必要です。日本での練習は、反復練習が多いよう思います。同じ事の繰り返しをし、成長しようとしているのでしょう。アンダース エリクソンは、この反復練習をナイーブプラクティス (回数をこなしているだけの、無知な練習)と呼び、科学者は反復練習は意味がないとしています。