老後は都心で隠遁生活
  • 06Mar
    • 競売物件の画像

      競売物件

      今週は株価も低調だし、低調だと相場チェックで画面を見ている時間は少なめになります。昼間は時間の持て余し気味です(-_-;)先週末と比べて、全世界の株式とリート及び金に分散投資している投資信託の評価益はすごく下げていますけど、日本株に特化している持ち株の評価益はそんなに下げてはいません。でも、ここ1-2か月の上がり方がすごかったので、最近の下げは暴落に近いと錯覚してしまいそうです(-_-;)。投資信託の方は、投資額の割に含み益は多いけど、あと5%程下がれば追加購入フラグが立つ感じです。こういう時は、何をするか。インターネットでいろいろと調べ物ができます。その一つが、競売物件です。ネットの時代、全国各地の競売物件が調べられるのです。不動産競売物件情報サイトは,最高裁判所から委託を受けて,株式会社NTTデータ・スマートソーシングが運営していますいますので、誰でも、物件概要書や評価書などの競売3点セットを見ることができますし、競売に参加できます。新たな自宅探しや別荘探しに使えますし、収益性のある不動産探しにも使えます。個々の物件を見ていると、民事訴訟の裁判記録を読んだときに感じた、ドロドロした他人の人生を垣間見ることさえもしているような気持ちになります。今後のリタイア生活中に破産するとこういうことになるんだ、と自戒を込めて閲覧しています。競売の世界では、金を持った人たちが、金にものを言わせ競売物件を買いたたくのです。買いたたくという言葉使いは正確でなく、競売で競り落とすのですから、最も高い値段で購入するのです。外れ札だった入札者ほど買い叩いているのが正確な表現です。落札者は比較的善良な人なのでしょうね( ´艸`)とは言っても、競売価格は一般的に市場価格の3割引きと言われていますので、買いたたくという言葉もある意味正しい気がします。競売物件では、市場価格の3割引きの価格を、基準価格に設定されています。基準価格の8割の金額を買受可能価格と設定し、入札では、これ以上の金額で札を入れてくださいということになっています。ですから、うまくすれば相場の5割ぐらいで買えることになります。この基準価格は、基本、3つの視点から導き出されています。一つは公示価格他から理屈で導き出した積算価格、一つは最近の近隣の取引価格から導き出した比準価格、一つは近隣の家賃相場から導き出した収益価格です。3つの価格要素から、市場価格を算出し、それを3割引きした金額を、基準価格としています。市場価格なんて正確な数字は誰にもわからないので、異論を言う方もいるとは思いますけど、私が、現役時代に不動産ではありませんが業務で入札に参加する場合も、同様な考え方で入札価格を決め、上司の承認を取っていました。この一連の価格の導出は、裁判所から委託された不動産鑑定士が作ったもので、これも公表されています。入札する場合、入札保証金を事前に裁判所に供託しなくてはならずその金額は基準価格の2割です。また、競売で1番札を取ったとしたら、その後の裁判所による売却決定日から1か月以内に、落札価格と入札保証金の差額の現金と所有権移転登記用の登録免許税他を納めなければなりません。1番札をとっても差額の現金他を納められないと、買受の権利が消失するだけではなく入札保証金も没収されます。競売は、現金を多く持つ者達の弱肉強食の世界です。リタイア組も十分な余剰資金を持っている方も多いですので、この弱肉強食の世界に十分入っていけます。市場価格の半値で、投資物件や自宅が手に入るなら、参加してみたいと夢を見つつ、人気ある物件は入札者が多くなり高くなる傾向があります。また、現実の物件には当該破産者が住んでいたり、賃借権のある善意の賃貸人や悪意のある占有者がいることもあり、落札後でもなかなか思うようにはいかない難しい世界です。競売物件では、比較的簡易な手続きで強制退去ができるらしいですが、時間と手間がかかります。できればすんなりと出て行ってもらいたいものですので筋の良さげな物件を選ぶようにしなければなりません。下見は外観だけしかできませんし難しいですね。手間がかかっても値段優先で競売物件を選ぶか、手間をかけず価格を諦めるて普通の不動産屋経由で物件を買うか、お金のやり取りだけでない難しい現実の選択でもあります。任意売却物件もありますので、そちらはよりまともかもしれません。あと、入札ですから、昨今みたいに株高、金余りの時代は、良い環境とは言えません。バブル崩壊直後とか、リーマンショック後とか、不況の時だったら、物件数は多い一方で、入札者数は少ないので、現金が十分あれば、いい入札環境で、美味しい思いができるでしょう。現金が十分あるうちに、大不況が来てほしいと思うこの頃です(-_-;)。

  • 28Feb
    • 2021/2の半隠遁生活経済収支報告

      2021年2月の月次報告を行います。2月の収支は、対月間予算、+7.0万円。対年間予算で、+12.1万円。となりました。2月収支は、7.0万円の大きなプラスになりました。マンションの管理費が通常27日引き落としですけど、2月は28日までで且つ27日は土曜日なので3月1日に引き落としされるため、思いっ切りプラスに触れています。また、私の主のクレジットカードは15日締めですので、2月分は年末年始のクレジットカードの使用量が少なかったのが主な理由です。毎年1月から1ヶ月のタイへの避寒旅行で、生活費用で使っているクレジットカードの使用が極端に減りますが、今年はズーっと日本にいましたので、それなりに使っていますので、3月はクレジットカードの使用量は思いっ切り増えます。一方で、旅行費用はほとんどゼロになっています。3月は、2月分のマンションの引き落としが追加であり、2月ほど大きなプラスにはなりませんけど、予算通りになると見込んでいます。

  • 27Feb
    • 日経平均大暴落!?の画像

      日経平均大暴落!?

      昨日の日経平均、ー4%近くの大暴落でした(-_-;)。私の持ち株も、-1.9%程の下げでした。投資信託も、-1.8%程の下げでした。2月の1ヶ月間で見てみると、1月末と比較して、一昨日までで、10%程投資資産が増えていましたので、昨日の2%弱の下落は悲しいですけど、暴落の部類には当てはまりません。どうせ暴落するのなら、投資信託の臨時追加購入できるほど下がってほしいものです。このグラフは、私が投資信託を本格的に始めた2018年6月頃から本年2月末までの、投資額(黄土色の棒グラフ)、評価額(赤色の折れ線グラフ)、利益率(青色の折れ線グラフ)のグラフです。点線の直線で示しているのが、利益率の近似直線です。世界株式・リート・金・債券(現金)で分散投資していますので、上がり幅はだいぶ抑えられています(-_-;)。実際の利益率が、利益率の近似直線を下回った時が、私にとっての投資信託の臨時追加購入のタイミングとしているのが私のやり方です。そこまで行くのは、まだ、あと10%程下がらないと。。。。一方で、まだ、10年計画の投資資産形成期なので、DCAでの毎月の定期購入は欠かさずしています。インテックス投資をしているのですけど、将来の株価を見通せない状況において、インデックス投資とは、人の経済活動総和の結果であるインデックスは将来的に常に最高値を更新するという前提の投資です。経済活動には配当もありますのでできる限り長く投資し、加えて、一括投資が有利だと言われています。ただ、一方で、投資だからこそ、平均買値をいかに下げるかというのも重要な視点だと思っています。資産取り崩し時のインデックスと平均買値の差分が利益となるからです。前者の将来のインデックス血は我々には制御不能ですけど、後者の平均買値はある程度制御は可能です。それで、投資資産形成期の今は、DCAでの定期購入に加え、近似直線を下回ったところで臨時追加投資の目安にしているのです。結果的に、投資当初に一括投資していた方が平均買値は低かったということになるかもしれませんが、これは後になってわかる結果論です。この臨時追加投資は、出口戦略の投資信託取り崩し時も適用可能と思っています。取り崩し時もインデックス投資している間は常に当面の間使わない追加投入可能な資金を準備して、平均買値を下げる投資をする必要があります。持ち株の方も、終値で、まだ、全銘柄含み益がありますので、昨日の暴落も余裕をもって眺められました。すべて現物で株を持つというのは本当に良いですね。信用も併用していたリーマンショック時の追証のヒヤヒヤ感は全然ありません。投資はすべて当面使わない自己資金でするのが一番だと、こういうところからも実感できます。中途半端に下がったときに追加買いしても、また下がればすごく後悔しますので、経験上、自分で決めている追加購入サインが出るまで待つことにしています。アジア市場からヨーロッパ市場までは世界同時株安状態ですので、来週気持ちよく迎えられるか否かは、金曜日のNY市場の出来次第です(-_-;)。これを書いている今は午前1時過ぎですが、NY市場もダウ、NASDAQ、S&Pともに下がったり上がったりして、方向性が定まっていませんね。個人的には、過熱感が強すぎた株式相場でしたので追加投資できるほどまで、もう少し調整局面を続けてもらいたいとの正直な気持ちです。昨年3月に起きた20%超の下げになってくれればドバっと買いますけど、そこまで下がるような不安は感じられません。こういう雰囲気で下げ続けると狼狽売りが続出し、本当の大暴落になるのですけどねぇ。なお、タイは、金曜日は仏教関連の祭日で休日でした。タイの友人はそんなに下がっているのなら買いたいと叫んでいましたけど(いつもなら私の様子を気にしつつ喜び勇んでファンドを買いに走るのです(-_-;))、市場は閉まっていて何もできず見ているだけでした( ´艸`)。

  • 22Feb
    • 新聞の進む道の画像

      新聞の進む道

      ちょっと前の情報ですが、新聞発行部数がめちゃくちゃ減っています。朝日新聞、毎日新聞に代表される反日、親韓・親中メディアは段々衰退するのは良いことです。社会のためになる意見を発信するのならまだ許せます。新聞は社会の公器と言われたり、世論の反映と言われた時代もありました。懐かしい時代もありましたね。ただ、その時代は新聞がもたらす情報がすべて正しいと、情報ソースが独占されていたため、誤解してそうなったのでしょう。現在、ネット情報社会で、我々庶民が情報ソースにも簡単にアクセスできる時代ですので、新聞やマスメディアが情報源を一手に囲っていた時代と全く異なります。変な記事に対し、庶民は疑問に思えば自分でニュースソースにアクセスし、やっぱり新聞の記事が間違っていると庶民自身で検証できる時代なのです。過去に発表していた社説に対し断りもなしに真逆の社説を発表することも多々あり、これも過去情報に簡単にアクセスできるので、なぜ意見を変えたのだろうと簡単に調べられ、意見の内容を見てみると以前の論説時も今の論説時も政府の方針と反対のことを言っていることがわかり、ただ反対したいがための反対の意見だったと、簡単に見分けがつくのです。それに、新聞の論説は国民に講釈をたれるものが多いですけど、新聞社社内の出世競争でのし上がってきた訳の分かんない少数の論説委員の意見より、ネットを通じて国民の中から出てくる意見の方が、三人寄れば文殊の知恵と言われるような感じで、より立派な意見が出やすいでしょう。共産党の広報誌ではなく、社会の意見を反映する場と自ら謳っているのですけど、名前負けしているのは明白です。これも判らずに、世論からも離れているのに、さも自分の意見が正しいかのように、世論を誘導するのが新聞の使命と都合のいいように自らの意見に箔をつけ、幼稚な論説をばらまいている現状を理解していないのでしょう。まさに、裸の王様そのものです。だから、このままでいくと新聞は、ワイドショー世代の情弱・高齢者と言われる層の減少とともに衰退するのは目に見えています。では、どうすれば生き残られるか、簡単です。ネット上には真偽不確かな情報が氾濫して、我々はどの情報が正しいのか、真偽がわかりかねないことを多いご時世です。フェイク情報でないことを新聞社自身で検証し、情報ソースを明記してニュースを配信すればいいのです。報じることがそもそもの仕事なのに、報じない自由という身勝手な自由を主張しないで、記事の選別はフェイクニュースかどうかだけ、紙面の都合があるのなら、ネット上で付け加えればいいのです。新聞には24時間という時間的なディスアドバンテージがあります。このディスアドバンテージをフェイク情報排除のための検証時間と位置づけ、常に正しい情報を発信し続ける、これを社是にしたマスメディアに変身すればいいのです。変身と言っても、記者は記事を検証することには長けているでしょうから簡単ですね。論説はどうするか、どうしてその意見に至ったのかの根拠・出典を明記して、過去の類似例も検証し論理の飛躍もない論説にすればいいでしょう。意見を書くことを生業にしている論説委員なら、これくらい簡単ですよね。世間から決して「おまいう」とは言わせない、意見を変えるなら変える理由を十分論理的に説明する。スクープなんていらない。話題性を追わず正確性を追求する。5%程の意見なのに多数意見かのように、針小棒大に表現しない。コツコツと考えて・しっかり検証して、その上で論理飛躍なしに意見をまとめられればいいのです。世論を誘導するのではなく、世論形成のための材料提供に徹する。こういう新聞ができたなら、私は月5000円を購読料として払っても良いです。新聞が変われば、系列TV局のあおり番組も変わるでしょう。ただ、朝日毎日からフェイクニュースを排除すれば朝日毎日ではなくなるという意見もありますけどね(-_-;)。

  • 19Feb
    • 2月18日時点の持ち株の当面の方針(-_-;)の画像

      2月18日時点の持ち株の当面の方針(-_-;)

      先物の動きを見ていると、今日も下がりそう(-_-;)以下が私の持ち株です。1540 純金上場信託金は、私の投資全体の分散投資の一角です。他の持ち株をすべて売却しても、多分持ち続けるでしょう。7000円を超えれば売却するかもです。8053 住友商事8058 三菱商事やっと復活してきた感じです。あと30%の上昇を待ちます。倒産はないだろうし、配当利回りが4%後半なので、3-5年ぐらいお付き合いをしても良いです。8306 三菱UFJフィナンシャルG8411 みずほフィナンシャルG武漢ウィルス禍で各国政府が低金利政策を続けたおかげで低迷していましたが、米国長期金利が上がり始めたのでやっと株価も業績復活期待で上がり始めた感じです。あと30%の上昇を待ちます。倒産はないだろうし、配当利回りが4%後半なので、3-5年ぐらいお付き合いをしても良いです。みずほの方はNISA口座なので、あと3年弱で上がってほしいです。9432 日本電信電話ドコモを完全子会社化し、6G/7Gを見据えた日本の通信事業の復活の牽引を期待しています。倒産はないだろうし、配当利回りが4%後半なので、末永くお付き合いをしても良いと考え選んでいる銘柄です。30年前のバブル時期の株価相当の4850円を超えればなあ(-_-;)。。。9503 関西電力原発要因と安かったから買った銘柄です。原発再稼働の地元自治体同意は、市町村は同意済みで福井県の同意を残すのみ。前々から福井県と約束している使用済み燃料の県外持ち出しの約束をどうするか。青森県の中間貯蔵施設しか当てがないけど、青森の地元自治体に話を持っていく前に情報が洩れ、聞いてないと地元はカンカン。金の力で従わせる、弱い者には強く出る、電力会社特有の体質丸出しが裏目に出て、話はこじれています。原発再稼働しないと燃料費がかさみ業績悪化は避けられない状態なので、背に腹は代えられないから、近々落とし前を付けると予想しています。福井県が同意したら、爆上げするはずだからその頃合いを見て売却します。ただ、配当利回りが5%を大きく超えているので、3-5年ぐらいお付き合いをしても良いです。9506 東北電力関電と同様、原発要因と安かったから買った銘柄です。こちらの地元同意はすべて取得済み。原発の改良工事が未完で、これが原発再稼働できない理由。再稼働が見えてきたら、株価は騰がるでしょう。関電が騰がればつられて騰がるだろうとの期待もあります。配当利回りが4%後半なので、3-5年ぐらいお付き合いをしても良いです。関電より早く売るでしょう。9861 吉野家ホールディングスちょっと前に、株価が3000円超まで上がってたのに、売り時を間違えて、恥ずかしながらまだ持っている銘柄です。ワクチン普及し武漢ウィルス禍が収まり業績回復したならば多分騰がるでしょう。無配になったし、株主優待券はなくても困らないので、売却したい第一候補です。悔しいけど、2500円を超えたら、売却です。基本、スウィングトレーダーなので、長期保有しようと銘柄を選んでいますので、結局は当分ホールドという当面の方針です(-_-;)。

  • 18Feb
    • 市民税の申告に行ってきました( ´艸`)の画像

      市民税の申告に行ってきました( ´艸`)

      今年の確定申告は、1月20日にe-Taxで申請し、2月8日に還付金が振り込まれました。所得税の申告では、源泉徴収されていた配当利子所得や株式などの譲渡所得の所得税を、総合課税に変更して還付してもらいました。所得税を確定申告しているので、このまま地方税は無申告でも法的には問題はないのですけど、地方税を総合課税にしてしまうと、配当利子所得や株式などの譲渡所得が限度額を超えるために住民税非課税世帯にはなりません。これを避けるため、地方税の申告は「申告不要制度」を申告して、源泉徴収されていた配当利子所得や株式などの譲渡所得を源泉徴収された源泉分離課税されたままにする申告方法です。こうすると、源泉徴収されていた配当利子所得や株式などの譲渡所得が地方税や国民健康保険料の所得算定に入らなく、それ以外収入がないので、住民税非課税世帯となり、国民年金保険料も、所得割はゼロ、平等割・均等割り合計の7割引きになるのです。ということで、地方税の申告の開始日の2月16日に、近くの区役所に申告に行ってきました。市役所のHPで申請者でピークと予想されている時間でしたが、他の用事の都合で到着は14時頃でした。申告会場には、市役所職員以外誰もいませんでした。すぐに対応してもらい、3分ほどで申告終了です。準備した書類は、市民税・府民税申告書(記入するのは、住所・氏名・生年月日・電話番号・マイナンバー・申告不要制度選択欄のチェックだけ)、市民税・府民税申告書付表(住所・氏名・生年月日・電話番号とゼロを5か所に書くだけ)と、所得税の確定申告書のコピーだけです。簡単な作業で、高額医療費の上限の差もあるので多分30万円以上節約できるのですから、確定申告と地方税の申告は、必須ですね。株式関係の所得だけでなく、年金所得のある人でも、所得税の還付だけではなく、この「申告不要制度」を使うことにより、地方税で計上される所得額自体が減りますので、住民税や国民健康保険料が減額になる可能性がありますね。個々人の収入額によるところもあります。

  • 16Feb
    • 祝!日経平均3万円越え( ´艸`)の画像

      祝!日経平均3万円越え( ´艸`)

      昨日の日経平均は、1990年8月2日以来、約30年半ぶりに3万円越えでした( ´艸`)。その後の日経先物や、ヨーロッパ市場も上がっているので、今日も大丈夫かなあと思ってます。ただ、特亜地域で何が起こるかわからないですから、そこからの影響が怖いです。中国共産党はきな臭いし、半島では、北は極貧で将軍様以外守るべきものは何もないのでダメ元で暴れやすいし、南は株式市場がバブっているらしいです。そもそもストックが少なく債務過多なお国なので、崩壊するととんでもないことになりそうで怖いです。加え、日本の景気の良い状況を、被害者意識で眺めたり、見たくない人たちが多いところですから。この対策としても考慮していますが、投資金額の20%程度の金を、投資信託、ETF、現物の金塊といろいろな形で保有しています。最近の金価格の動向は、投資資産の伸びの足を引っ張っていますけど(-_-;)。20年以上の長期保有する予定の投資信託では、世界株式だけではなく、リートや金にも投資する分散投資しているので、総合的に投資状況を評価をしなければならないことは重々承知していますし、昨年8月までは金投資の含み益増大で資産下落を支えていた事実を覚えています。今の状況では、相場急落時に投資信託を臨時に買い増しするための資金は、当分、現金のままでしょう。あとは、これから投資規模を減らしていく個別銘柄の株式投資を、いつから減らしてくのか、出口戦略の見極めが重要になってきます。これがいつもながら難しいのです。日経平均が、バブル時の最高値を越えをしてくれたならなあ(-_-;)。。。。

  • 13Feb
    • 胆石持ちの画像

      胆石持ち

      昨日の株式相場、日経平均は-0.14%でしたがTOPIXは逆に+0.16%でした。私の持ち株は、銀行株以外全面安でしたが、銀行株が頑張ってくれてかろうじて前日比プラスに納まっています。でも、銀行株はどれも評価損状態です(´;ω;`)ウゥゥ。昨日は、昨年6月に虫垂炎と腹膜炎で、ICUに5日間入り生死を彷徨っていましたがしっかり帰還させてくれた病院へ、胆石の手術予約のための診察でした。昨年8月に検査をして、手術可能な胆石だと診断は受けていました。6月に虫垂炎の手術・入院して、8月もまた手術入院となると、病院ストレスが溜まって耐えられないということを言って、6ヶ月を過ぎた2月頃に再検討しようという診察日でした。今現在、時々痛みは感じますけど生活に支障が出ているかと言われればそこまでは酷い状態ではなく、そういう状況で腹腔鏡手術とは言え、全身麻酔で体にメスが入るわけですから、怖いこともあり、武漢ウィルス禍の施錠でもあるから、3ヶ月後に再受診してまた決めることになりました。それに胆のうを取ってしまったら、再生しないので、もったいない気もします(-_-;)。私が後ろ向きだったので医者も無理には勧めてこなかったです。加えて、急変した場合は、緊急に来れば対応もできますよと言われて、安心度も増しました。ということで、胆のう除去手術は、5月に再受診してそれ以降になりました(-_-;)。

  • 12Feb
    • 旧正月が始まりました。の画像

      旧正月が始まりました。

      タイの友人の家では昨日から旧正月休みが始まりました。仕事も昨日から土日を含め4連休です。お正月食材の写真を送ってきました。お正月のプレゼントでもらったものだそうです。最近の武漢ウィルスの流行上、仕方がないですね(-_-;)

  • 11Feb
    • バンコク在住の日本人の女の子がレポートするタイのいろいろの画像

      バンコク在住の日本人の女の子がレポートするタイのいろいろ

      タイの友人が見つけたYoutubeの動画なんですけど、案外はまっています。タイの友人は、この動画を、日本人の女の子がタイのどこに感動しているかを知ることや、タイで食べる日本食の紹介を見て自分も行こうとしているので、その参考にできるかどうか知りたいがために私に送ってきたのです。**引用**youtuberのまいばるさんの紹介文からこのチャンネルは私MAIBARUとカメラマンYUUが 気ままに運営するタイ情報チャンネルです。週末に不定期更新しています。タイ旅行・タイ料理などタイに関する動画を かなりゆるめのテイストでお送りしています。お気に召せば幸いです。**引用終わり**タイに移住したまいばるさんは、感じがよく、しゃべり方も今時の若い女性が話ししている感じで、聞いていても不快にならないですね。特に、食事をする時に、すごく美味しそうに食べるのが、見ていて気持ちいいです。旅行記も良い感じです。タイ人の間でも人気があるそうです。当分タイには行けないけど、こういうのを見ているとまた行きたいと思えてきます。

  • 10Feb
    • 2月のガス・電気使用量の画像

      2月のガス・電気使用量

      2月分のガス・電気の料金の請求がありました。ガスは1月13日〜2月8日の27日間で、11m3。電気は12月23日〜1月26日の35日間で、364kwh。ちなみに先月分の使用量は以下の通りとなっています。ガスは12月9日〜1月12日の35日間で、15m3。電気は11月26日〜12月22日の27日間で、200kwh。今月のガス・電気料金は、それぞれ、2,132円と9,006円で、合計11,138円。ガスの使用量の11m3は、先月より減少していますが、昨年同月と比較では7m3使用量が増加しています。先月より算定期間が8日間少なくなっていますので、ほぼ使用料は変わらないと考えても良い感じです。ガスファンヒータを稼働させていますので、こんなものでしょう。一方、今月の電気の使用量364kwhでした。先月の1.8倍に増えています。昨年同月との比較でも1.8倍に増えています。いつもならタイへの避寒旅行で不在にしている期間ですので、こんなものでしょう。冬本番の電気・ガス料金が11,138円です。厳寒時期なのでほぼ最高の光熱費だと思います。旧宅のマンションでは高層マンションだったので消防法でガスはコンロ以外使用禁止でしたので、暖房はエアコンだけでして、2万円近くの電気・ガス料金でしたので、それ比べればいい具合に収まっていると思っています。

  • 07Feb
    • 最近のマイブームな料理の画像

      最近のマイブームな料理

      最近のマイブームな料理は、CookDoの大皿シリーズです( ´艸`)。スーパーでは3箱買えば、1箱130円ほどで売られてますので手頃です。中華は私がよく使う調味料と違いますので、食材はこちらでそろえ、味付けはこういうのを使うのは失敗しなくていいし、味も美味しい。中華料理の味付けは難しいです。一番のお気に入りというか、週1で作っているのが、「豚バラ白菜」です。白菜1/8と豚バラ200-300gあればできてしまいます。最近は、余り食材を追加しています。キノコ、ニンジン、ゆで卵とか気が向いたら。食べ方も、大皿に盛るのではなく、丼にご飯にかけています。中華丼の感じです。ですから紅ショウガは必須です。これだけで充分ですけど、栄養バランスを考え、他に常備菜やインスタントの味噌汁を作っています。この量ですと、2食分で食べるようにしています。夕食と翌日の昼食とか、こんな感じです。まだ飽きが来ていないので、私的は好きな部類の料理です。ちょっと前に「とろ卵豚キャベツ」はまあまあでした。でも作るとしたら2-3か月に1回ぐらいかなあ(-_-;)次は「豚バラ大根」を作るつもりです。

  • 06Feb
    • 住宅価格(^^)の画像

      住宅価格(^^)

      産経新聞に面白い記事が載っていました。https://www.sankei.com/smp/premium/news/210205/prm2102050001-s1.html【エンタメよもやま話】米英でもマイホームは遠い夢 コロナ禍で上昇する住宅市場さて、今週ご紹介するのは米国の住まいに関するお話です。新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動への悪影響が懸念される中、日米の株式市場は歴史的な高値に沸いてい…www.sankei.com*******抜粋コロナ禍以前に高級物件を所有していた人々は、市場の活況を受け、持ち家の資産価値(価格)が急騰。高級物件の購入に走る人々も増えており、これから初めてマイホームを手に入れようとする人々との格差が拡大しています。********抜粋終わりアメリカの状況はちょっと遅れて日本にやって来るとよく言われています。日本も、政府の武漢ウィルス対策の巨額の財政支出と日銀の超金融緩和継続で、株式市場は高値を更新していますし、リート指数も回復してきています。不動産価格が上がればいいですね。武漢ウィルス禍で、多くのサラリーマンが将来不安を感じてマイホーム購入どころではないので、住宅価格は下がるものだと思っていました。それなりの投資をしている人なら、株価が上がれば資産が増加し、住宅ローンも長期固定でも1%台の低金利ですから、マイホームを買わない手はないですね。投資をしているDINKSなら、現金買いもできるでしょう。若い購入者、広い住宅、テレワークの条件だったら、郊外の駅近の物件なら人気が出そうです。お金が少ない人は郊外の駅遠でしょう。年寄りだったら、交通の便利さや日々の買い物のしやすさ、医療の充実を考え、大都市中心部の駅近を選ぶでしょう。いずれにせよ、日本でも住宅価格が上がる要因が揃っていますね。私は、大阪市の中心部で、駅徒歩1分、60m2のマンションに1人住まいです。一人当たりの住宅面積で見ると十分な広さです。今の立地にも環境にも満足しています。また、これ以上広いと掃除も大変になります。ですから、最短で2025年の大阪万博ぐらいまでは住み続けるつもりですけど、その時に購入価格の50%以上の相場上昇していれば、住み替えを考えるかもしれません。50%上昇はちょっと欲張りすぎですけど、今のマンションの購入手数料やリフォーム代、売却手数料、引越料、次のマンションの購入手数料やリフォーム代に加え、数百万程度の利益もないと面倒な引っ越そうなんてしようと思いませんよね。

  • 05Feb
    • 日々の株式チェック方法。。。の画像

      日々の株式チェック方法。。。

      先日、「調整が来たのかも。。。」っというブログを上げました。いつものように、深刻な調整は続かず、相場は上げに転じています(-_-;)。投資で儲かった話をアップすると、すぐさま相場は下落します。マーフィーの法則というのでしょうか?(-_-;)ブログでの儲け話や自慢話を避けているのは、このような理由というか、思い込みというか、そういう感覚があるからなんです。でも、このブログは完全リタイア後の隠遁生活を綴るブログです。投資の話をしないのは、起きている時間の1/3ぐらいは投資にかかわる何らかの活動をしているのですから、片手落ちだし、話題にも事欠きます。ということで、自己犠牲で、だけど、財布の中身は犠牲にせず、それなりに投資の話題でも書いていきます。投資信託の方は、10-20年オーダーの投資です。アセットアロケーションを作ってしまえば、月々の積立と基本年一回のリバランス作業だけなので、何にもすることがないのです。ですからあんまり話題性がないのです(-_-;)。株式投資は、3年以内、長くても5年くらいの投資です。私はスウィングトレーダーなのです。私の株式投資は興味ある銘柄のウオッチングリスト入りから始めます。MAX50銘柄です。興味のある会社をそのリストに入れるのです。これは、Yahooファイナンシャルでポートフォリオ機能を使って作っています。銘柄の動きをちょっと見るときは、スマホ用のアプリも公開されているので便利です。詳しく調べたいときは、当然ながら取引している証券会社のHPとかアプリを使います。四季報や、Yahooで有料記事になっているものも、ここではタダで読めますからね。私は楽天証券を主の取引会社にしていますので、HPとか専用アプリのマーケットスピードを使います。デイトレードするわけじゃないので、株の売買は専用ツールのマーケットスピードより、HPから売買注文をすることが多いです。基本は指値注文です。取引高が少ない銘柄は、特に、寄付や引けで成り行き注文します。信用で注文して、約定したら、現引き・現渡しで当日中に決済完了というやり方です。約定代金が50万円以上だとこの方が貸株料や金利を考慮してもこの方が安いのです。50万円以下の場合は現物取引です。マーケットスピードは、頻度は少ないですけど、ニュースを見るときやチャートを見るときによく使います。注目している個別銘柄がどのような動きをしているのか、その変動幅も含め、日経平均なりTOPIXの動きと比較しながら、見るのが好きなのです。いろいろな統計解析ツールも付帯されていますので、参考にできます。日々の株式チェックはこのようなツールを使っています。日々のチャックと言っても、多分1日30分も見ないです。スウィングトレーダーなので、そんなに忙しく見ないのです。売買を決めた時は、後悔しないよう、しっかり見ようとしています。ただ、カンで売買した方が後悔が少ない気もしています(-_-;)。

  • 04Feb
    • 所得税の還付金が振り込まれます。の画像

      所得税の還付金が振り込まれます。

      1月20日にR2年分の所得税の確定申告しました。2月3日付で、2月5日に支払い手続きをするという連絡がありました。振り込みは2月5日以降になりそうですが、いつなのでしょうね。次は、2月16日から受け付け開始の市民税の申告です。

  • 02Feb
    • アイスクリームを箸で食べるタイ人( ´艸`)の画像

      アイスクリームを箸で食べるタイ人( ´艸`)

      この日曜日、タイの友人は2番目のお姉さんとその娘さん(姪っ子)とで、キングズパワービルへランチとウィンドーショッピングへ出かけました。そこで見つけた、日本式?の喫茶店で、デザートを食べました。その時の写真を送ってきました。チョコで包んだ濃厚抹茶アイスクリーム、だそうです。甘さ控えめで美味しいそうです。でも、私からは正直に「まずそうに見える」と返しました。だって、ぐちゃぐちゃに食べていますからね。タイの友人は、私の答えで、この食べ方が悪いのに気づいたようです。「スプーンを使わなく箸でアイスを食べるのが日本式でしょう?」って聞いてきます。「日本ではアイスを食べるときはふつうスプーンを使うし、懐石料理の伝統的なお店でもデザートはスプーンを使うよ。箸で食べにくかったらスプーンを頼むのが普通でしょう。食べる道具は食べる人が使いやすいものを使うのが一番だよ。それを無理して箸で食べ続けるなんて。。。5555. それは、多分、タイであるあるの、日本式と言われるタイ式だね。5555」タイの友人、このデザートが245バーツもしたことから、よっぽど悔しかったのでしょう。「私がなぜスプーンを頼まなかったかわかる? デザートを持ってきたウェートレスが「ここでは箸を使ってアイスを食べる」と説明したし、このお盆に箸がちゃんと収まるようになっていたよ。それで、からかわれているとは思わなかったのよ。」って言っていました。お店の紹介ページを見てみると、箸でアイスを食べるよう確かに推奨していますね。(別の支店の紹介HP)下の写真でも、箸がきちんと納まるところに納まっているし( ´艸`)。この紹介ページを紹介している現地の日本人も、アイスを食べた跡を見ると箸で食べている感じです(-_-;)。私がこの店に入ったなら、スプーンを追加で頼みますよ( ´艸`)。

  • 01Feb
    • 調整が来たのかも。。。の画像

      調整が来たのかも。。。

      最近のNYや東京の株式市場、上値が重い推移です。NY市場では、ゲームストップ株で、プロのファンドと個人投資家達との仕手戦が始まり、個人投資家が勝ち、ファンドがその損失補填のため他の株式を売るのでは?という思惑から値を下げているという記事を読みました。個人投資家達がプロのファンドに勝つのかなあ?勝ったとしても負けたプロのファンドが株式相場を揺るがすほどの損失を被るのかなあ?という疑問も出てきますが、市場の動きは「神の見えざる手」なので、記事には解説してありますけど、真相はわかりません。ただ、そういう話も記事になるようなほど現在の株価は高値なのかもしれません。ひょっとしたら、調整局面に入っているのかもしれません。現在の利益水準は、私の個人的な指標では、追加購入のサインが出るほど下がっていません。調整局面に入ったのなら、私の投資信託は、いまだ財産形成中なので、通常の定期購入に加え、追加購入のチャンスです。安値売りは気分が悪いですけど、バーゲン市場での安値買いは気持ちのいいものです( ´艸`)。特定口座での投資信託の目標購入額まで、まだ4割ほどの現状ですので、購入余力は十分にあります。持ち株の個別銘柄は、調整局面に入ったのなら売り時を逃したことになりますので、また上昇するまでホールドして様子見でしょう。理想としては、もうちょっと株価が上がり、持ち株の一部を利確して現金を十分に貯めた後、市場が調整局面に入って、ファンドを追加購入することなんですけど、人生と同様、そう思い通りにはなりません(-_-;)。

  • 31Jan
    • 2021/1の半隠遁生活経済収支報告の画像

      2021/1の半隠遁生活経済収支報告

      2021年1月の月次報告を行います。1月の収支は、対月間予算、+5.1万円。対年間予算で、+5.1万円。となりました。なお、対年間予算は今月から新たなカウントが始まります。 1月収支は、5.1万円の大きなプラスになりました。これは、毎年1月は1ヶ月の避寒旅行の滞在費ための現金持ち出しでマイナスになるのですけど、武漢ウィルス禍で海外旅行ができないので、プラスとなったわけです。ずーっと日本に滞在しているので、生活費は増えるでしょうけど、旅行費用はほとんどゼロになり、収支は大きくプラスになると思っています。 生活費予算外の支出ですが、NHK受信料1年払い分、個人加入分の入院保障保険料や介護保険料の1年払い分、貸金庫費用など、1月、2月に払っています。5月には、固定資産税、国民年金保険料があり、7月にもガン保険の1年分の保険料の支払いがあります。生活費予算外の年払い合計分で今年は80万円程度の予定です(^_^;今年は、武漢ウィルス禍で海外旅行はできないでしょうし、在宅自粛が続くでしょうから、お金だけが貯まる感じです。完全リタイアしても経済的不安はないのですけど、武漢ウィルス禍を利用してお金をいっぱい貯めることで、武漢ウィルス禍明けにパーッと使おうという遠くない将来の楽しみを目標にしていこうと思っています。

  • 29Jan
    • NHKの「逆転人生「貧困の連鎖を断て!西成高校の挑戦」」の画像

      NHKの「逆転人生「貧困の連鎖を断て!西成高校の挑戦」」

      先日、NHKの「逆転人生「貧困の連鎖を断て!西成高校の挑戦」」を観ました。教育困難校の西成高校での「反貧困学習」授業を通して、労働者の権利や社会の福祉制度を学び、社会に出て身を守るすべを教えながら、中退率を減少させ、何年もの間就職率は100%を保っていることを実名での卒業生の事例から描いたものでした。番組全体を客観的にみると、番組タイトルの「逆転人生」とは言い過ぎで、いわば、そのような生徒を社会人としての出発点に立たせる先生の奮闘記で、普通に言う逆転人生ではありません。そりゃ、超低レベルの人からすれば逆転人生と言えなくはない、感じです。ハッキリ言って、議論している人生のレベルが違います。高校の授業で、シングルマザーの公助について詳しく教えるのですから、普通の人からすると、相当違和感を感じる教育方法です。それを許す西成という地域にも強い違和感です。びっくりしたのは、扶養放棄された高校生が存在し、高校の先生がそんな生徒を生活保護を利用して生活から支え高校に通わせる話でした。私の周りには、田舎だったからかもしれませんが、子供を義務教育ではない高校に入学させたのなら、高校に通わせるのは最低限度の親の義務だという認識が強くありますし、それを満たした生徒だけが高校に来ているのでしょうと、これまで何にも疑問に思わず、また意識していない当然のことが、この高校の多くの生徒に欠落していることでした。親であろうと誰であろうと、決断には責任が伴うことが認識されていない感じがします。でも、親に対する非難だけでは、実際に存在する扶養放棄された生徒を助けられないことも事実です。ただただ、生徒の生活面まで関与し続けた西成高校の先生達がすごい!と感心せざるを得ません。先生はここまで対応しなければいけないの?という疑問も湧いてきたことも事実です。先生としての義務を超えた個人的な使命感と個人的な犠牲だけで成り立っている感じです。同時に、扶養放棄した実際のこの生徒たちの親はこの番組を見てどう思うのでしょう。扶養放棄しても、誰かが子供を助けてくれて、結果子供が育ってそれなりの社会人になっているから問題ないと考えているのでしょうか?この無責任な親たちを許容する土壌があるのではないかとも危惧しました。後先考えずに生活し、にっちもさっちも行かなくなるところまで追い詰められた状態まで自分から嵌まっていき、遂には、どうしようもないから何もかも投げ出し逃げる人が比較的多いのでしょう。そうなる人を見ても声をかけられない注意もできない親戚・縁者・周囲の人々にも問題があるのでしょう。負けを正直に認めたくなく見栄だけで生きていることを実践しているかのような感じです。どんな要因があろうとも、責任というけじめをつけなく扶養を拒否して逃亡した親の責任が一番大きいです。こんな親たちと、同じ一票の参政権しかないと思うと、逆差別を感じます。常識的には、どんな決断でも決断する前に、失敗した場合に備え、Bプラン、Cプランとか、究極の決断の場合は自助→共助→公助の順で対応策を自分自身で考え準備するでしょう。番組中では、福祉政策が申請主義だから、どのような助けがあるのかすらわからない人が多いとか、相談や申請の仕方がわからないとか原因をいくつか言っていました。わからないことは、周囲のうわさを頼りにするのではなく、適切な人に正しいことを聞くことが社会生活の基本ですよね。周囲がまともじゃない人が多いのに、その人の意見を聞くなんて、考えられないほどの馬鹿です。よく馬鹿な人たちが、「知らんかった」「誰も教えてくれんかった」と言い訳していますけど、それって、自分で調べれば簡単にわかることじゃないの?ということばかりです。大阪の教育程度の低さはこういうところにも表れていると実感します。それでいて、周囲には俺は何でも分かっていると見せているのですから、救いようなしです。お隣の国のような感じです。知らんけど(笑)。私が教師になっていたら、この西成高校には赴任したくないです。学生時代に小学低学年生の家庭教師をしていた時、1+1=2の超基礎的概念を教えるのに相当苦労し、日常業務で行っている小学校の先生方の能力に感心しました。ある意味常識がない人に常識を教えることはすごく難しいです。ですから、一定レベル以上の学習能力を持った生徒が集まり、いじめ等の問題があっても最終手段として退学勧告を出せば済む感じの生徒指導で、専門教科だけを詳しく深く教え、一定以上の収入がある保護者対応も、一部の超高学歴保護者を除き、上から目線で済ませられる一流進学校の教師になることが一番苦労しないことを知っています(-_-;)。

  • 28Jan
    • 武漢ウィルス禍中、完全リタイア組はましな方かもの画像

      武漢ウィルス禍中、完全リタイア組はましな方かも

      最近、武漢ウィルス禍によって、不況に入っているのかもしれません。我々完全リタイア組は、そもそも無職無収入ですから、世の中の好不況に左右されません。不況になれば、デフレ色が強くなり、これは死ぬまであるだろう手持ち現金が強くなり、現金の減少幅が小さくなります。好況になればインフレ色が強くなり、手持ち現金は目減りの可能性はあります。ですが、同時に金融資産でも持っていますので対インフレでも効果が出てきます。デフレの場合一般的には金融資産の目減りがありますので強い現金から使えばいいのです。ただ、現状を見てみますと、金融緩和と巨額財政支出で、なぜか物価がが上がらず、行き場に困ったマネーが金融商品や株式市場に流れ込み、株高を招いています。ということで、デフレ下で、金融資産の増加している感じです。私の金融資産も昨年末時点から1か月は経たないのに、全金融資産評価額は5%程の上昇をしています。今月は、年払い個人保険料や昨年買ったPC代などの大きな支払いばかりでしたけど、評価益を含んだ総資産価値を昨年12月末と比較して見てみると、現金は支払い分だけ減っていますが、12月末より現時点の総資産価値が上回っています。完全リタイアしているので、武漢ウィルス禍であろうとなかろうと、不要不急の外出はしていません。ですから、引き籠もり状況で精神的に参るわけでもありません。旅行ができないのでちょっとストレスかもしれませんが支出が減り資産減少が少なくなるので安心感が増えてきます。同時に、金融資産価値が上がっているので悪い気はしませんし、持ち株なんてどこまで引っ張って売ろうかといつも考えています。政府の巨額の財政支出の予算審議をするだけで、株価の上昇しそうですし、それだけ投入すれば武漢ウィルス禍中や武漢ウィルス禍後の景気が悪くなるはずはないと思えて来るでしょう。私は億り人まで到達していませんけど、それなりの資産を持っている人には、この武漢ウィルス不況下でも、気楽に生活しているのだろうと思っています。