あなたの幸せは地球の幸せ




こんにちは。
ドラマセラピスト/心理カウンセラーの中野左知子です。


ドラマセラピーは、自分に与えられた人生を
「自分が主役のドラマ」ととらえなおし、
そのドラマをもっと魅力的にするためのセラピーです。
このブログに来てくださり、ありがとうございます。



このブログでは、私の本
「運命の人はいくつになっても現れる!
恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れる」

「ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる
 ーあなたの中の美人が目覚める」




で書いていることや、
私が考えていること、
ドラマセラピーや声のワーク、ヒーリングコードなど
私がやっているワークや
私が学んでいることについて、ご紹介をしていきます。

奇跡のコースを学んでいるプロセスのブログは
私のウェブサイトにあります。
よかったらこちらもご覧くださいね。→こちらをクリックしてください。




ご質問やご意見などは、お手数おかけしますが、
すべて私のHPのお問い合わせからご連絡ください。

お問い合わせページはこちら
をクリックしてください。





私の本が発売中です!

運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー/中野左知子
¥1,404
Amazon.co.jp



ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-/じゃこめてい出版
¥1,404
Amazon.co.jp


ヒーリングコードの無料グループラインも始めました!

友だち追加




  • 02Mar
    • 新しい時代の働き方、仕事に、必要とされる重要なものとはの画像

      新しい時代の働き方、仕事に、必要とされる重要なものとは

      前回のブログでは、新しい時代に中心となるはずの、結婚観について書きました。そして今日は、私たちが持つ仕事に対する価値の変化について書いてみたいと思います。コロナ禍で、働き方が大きく変わったという方は少なくないでしょう。少なくとも、リモートで働くことが可能になった方は、仕事を家でできるようになり、会社にいかずにすむようになり、通勤時間がなくなり、睡眠時間が増えただけでなく、家事に費やせる時間、家族と一緒にいる時間が増えたという方も多いのではないかと思います。無駄に過ごしていた時間を有意義に使えるようになれば、自分にとっての価値について考えるきっかけにもなったと思います。残業や定期的な飲み会も、この時間を自分のために使るのであれば、もっと大切なものに使いたくなるのが普通でしょう。今まで当たり前だったことが、当たり前ではなくなる。そうすると、全てのものの価値は本当に変わると思います。英会話学校を例にしてみましょう。(私の想像ですけれどね。)英会話のレッスンが、オンラインでできるのであれば、行くまでの時間ももったいないし、わざわざ学校に行かないでも良いなと考える人が増えるかもしれません。反対に、学校側も、高い場所を借りて維持していくよりも、家でできる人が増えていくと、経費削減になるな、、、と気づくかもしれません。高い家賃を支払っていた学校が、コロナ以降もオンラインの授業を増やして、借りる場所ももう少し小さくしよう、とかいう動きが出てくるかもしれません。会社によっては、オンラインに全面的に方向転換していくこともあるかもしれません。お客様が、特定の地域だったところから、日本だけでなく海外にまで一気に増えますしね。もちろん、オンラインでは嫌だと思う人もいるはずですが、オフラインの今まで通りのレッスンでは、経費がかかるので、授業料が高くなってしまうかもしれません。そんな時に活躍できるのは、大手ではなく、その地域で個人でやっている英会話学校です。今までは大手が大きくやっていたことを、個人がまかなえるようになっていくのです。私たちの価値が変われば、それに合わせてサービスも変わりますよね。そうやって、地域でのコミュニティは活発になりつつ、オンラインでは可能性が増えていく。これからできていく世界はきっと、そんなふうに展開してくんじゃないかなー。そんな新しい世界の中、個人で働く人は、あらゆる分野で、これから確実に増えていくことでしょう。英会話の場合、もしかしたら、カリスマ的に人気の先生が出てきて、その大人気の海外の先生から直接学べる・・・なんてことも起きるのかもしれません。今までは、会社がある程度のイメージを作ってきていたけれど、個人で仕事をする人が増えたら、その人個人の魅力が、最大の売りになるわけですから、個人をいかに成長させて、それを表現していくかが、これからの仕事のスタイルになるのではないかな、と私は考えています。コロナとインターネットが、その動きを加速させてくれているのだと思います。ということで、結婚だけでなく、個人で仕事をすることでも重要になってくるのは、「自分らしさ」ということになりますよね。自分らしさが大事にされていくことで、自分のやりたいことや、自分が思うことを中心に生きる人が増えていき、その人と共感し繋がりたい人が、わかりやすく繋がれる社会ができていきます。この新しい世界で困ってしまうのは、おそらく、男性性社会の考えに大きく影響を受け、物事の価値を、大学や会社名においてきた人たちです。そして、学校や社会が求めることに、ただ従ってきた人たちです。とても悪い言い方をすると、日本の教育は、個を育てることよりも、社会が利用しやすい従順な人を育てることに意識が働いていたと思います。不登校は日本の問題だけではないけれど、引きこもりという言葉は、アメリカの心理学の学会などの論文ではhikikomoriというローマ字になって、使われていたことを思い出すと、やはり日本の抱える大きな問題だったことは否めません。個を大事にすることよりも、都合の良い人材を育てることに意識が行っていたら、学校が嫌になり、いけなくなる人が増えるのも当然だし、そのストレスからいじめが増えるのも当然のことです。学校の中に問題があるのは、個人を大切にするという大切な考えが欠けていたからでしょう。そして新しい時代には、自分を知り、自分を成長させるための学びが絶対必要になります。私たちは「これが良いよ」と社会から示されてきた価値観を追い求めてきていたので、学歴や会社名などに惑わされてきたわけだけれど、これからは、価値は自分が決めていく。大学がなくなることはないけれど、それは、専門的知識や技術を学ぶ場所だからです。自分がやりたいことのために大学が必要なら行けば良いし、そうでなければ、行かなくても良いし、いく必要が出てきたら、いつでもいける。そういう感覚も育っていくと思います。どうでもいい話ですが、イギリスの大学を卒業して、最初に就活をしていた時、応募した団体からの電話でこんな会話をしたことがあります。「あなたは4年制の大学をでていないですよね?大卒でない方はお断りしています」(履歴書で計算して、3年しか大学に行っていないと理解されて)「イギリスの大学は3年制なんです」(と説明)「4年制ではないってことですね。大卒ではないですね」「いえ、3年制だというだけで、大学卒業はしているんですが・・・学士号を持っていても大卒扱いにはならないのですか?」「学士号ってなんのことですか?とにかく4年制でない場合は全て大学ではないので、お断りします!」学士号の意味もわからないお前が、大卒を求める理由はなんなんだ!学士号こそ、大学を卒業した資格なんだよ??何を求めているのか、お前は馬鹿か!?イギリス人を前にして、同じ言葉が言えるか!?と言いたいのをこらえる私。ああ、頭が良くて、ケンブリッジとか出てたら「私、ケンブリッジですけど?」と言い返せてたのにー!それとも、留年しておけばよかったのか!?しかもこの人たちは、「国際」という言葉を頭文字にした芸術系の団体で、そんなお前たちに、国際を語る資格はない!こんな風に、以前は、ただ大学を卒業すること自体が就活するための資格だったと思いますが、(この場合は4年制でなくてはいけませんが)これからは間違いなく、大学に行っていても行っていなくても、これまで何を学んできたのか、それをどう活かしていくのかが、重要になってくると思います。そんな時に、勘違いされやすいのが、何か具体的なものを目指し、具体的な何かにならなくてはいけないのか、ということです。でも、私たちのミッションや天職というのは、何か特別なものや、職業につくということではなくなっていくと思います。それについては、また次回書きたいと思います。今日もお読みくださりありがとうございました。

  • 27Feb
    • コロナ後の世界では、結婚の意味が変わる。これからの結婚は、「自分らしく」がキーワードの画像

      コロナ後の世界では、結婚の意味が変わる。これからの結婚は、「自分らしく」がキーワード

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログを読んでくださりありがとうございます。このところ、アフターコロナの生き方などについて話されている方がたくさんいます。世界中に大きな影響を与えたコロナ。コロナ収束後の世界が、今までと同じわけはないですよね。風の時代とも言われるようになってきていますが、時代は確実に変わっています。そして、その変化が象徴的に現れる場所は、結婚だと確信しています。結婚は新しい家族を作る場所だし、これからの未来を担う子供たちが生まれ育つ場所だから、当然ですよね。そして私が、今までずっと話してきた、「新しい結婚観」が私たちの中で普通のものになっていくと思います。新しい結婚観とは、「自分らしくあること」「自分が好きなこと」が重要になる場所であり、その中で、自己成長のために夫婦が学びながら、「愛ある世界」を作っていくことです。結婚することが、世界平和と社会貢献になっていくのです。これから私は何をしていきたいかなーと考えていました。今、私が目指しているのは3つの場所。1、結婚をしたい女性たちの心理的なサポートと、「夫婦の成長」の大切さを学び続けるためのサポート。さらにできれば、結婚を真剣に考えたい男女を結びつける場所作り。2、魂の成長を願う、ソウルフレンズたちとの学びの場所。3、ドラマセラピスト を育てる場所。やっぱり結婚のワークはこれからもっと大事になってくるな、と思っています。結婚は、これまで育った家族の傷を癒し、自分らしく自分の新しい家族を作っていくための学びの場所です。今でも、40代、50代の女性たちの結婚は、日本ではネガティブにとらえられがちです。結婚相談所などでも、歳をとっているというだけで、女性たちはかなりひどいことを平気で言われています。そしてとっても傷ついています。一人ひとりの女性たちの素晴らしさを見ることなく、数字で切られていく、婚活のあり方。絶対おかしいですよね?人は、条件で結ばれるのではなく、好きだから、結ばれるのです。そのために、自分らしくあることと、自分が好きなものを大切にすることが中心になるのは当然です。私たちが出会いたいのは、条件の良い相手ではなく、パッションを共有できる相手ですもの。これまで男性性的考えが強い世界で生きてきた私たちが思い込まされてきた価値はいい大学を出ることや、いい会社に入ることや、女性なら若いことや、男性ならいいお給料を稼いでいることなどだったと思います。でも拙著でも書いているように、これからは女性性の時代です。競争社会はなくなり、それぞれ自分を大切にしながら、自分の輝く場所を作っていく。その人の価値は、数字によって測られることもなくなり、誰もが価値ある存在として受け入れられ、その人が自分が好きなことや願いと繋がりながら、周りの人と繋がりながら、自分の人生をデザインできる場所になっていく。おそらく、年齢や大学、会社名で、人を判断すること自体が、とても古く狭い考えになるでしょう。そういう中で、自己成長が一番重要だと気づいた男女が、結婚を通して、ますます成長していき、それが、未来の子供たちへの大きな贈り物になっていくのです。だから私は、結婚をしたい男女をもっと応援していきたいし、自分らしくありながら、好きなもの大切にしながら男女が出会っていく場所を作り出していきたいのです。実は、娘を出産して1年後くらいに、夫が強迫性障害を発症しました。もともと、彼に潔癖症な傾向はあったものの、私自身も、多少なりそういう部分はあったので、最初は、そこまで気にしていませんでした。でも、娘が歩き始める頃、彼の中での不安が爆発したのか、日本での生活のストレスに耐えられなくなったのか、とにかく、彼の症状がどんどんひどくなっていきました。彼の症状がなくなったのは、去年の終わり頃。つい最近までのことです。私は、彼の症状に対する、私自身の怒りや、娘に対しての罪悪感など、そして結婚のワークをしている自分を責める気持ちなどとも戦っていました。詳しくは書きませんが、とにかくものすごくものすごく、辛い日々が続きました。夫が仕事で家にいない時だけが私にとってのリラックスタイム。でも夫はほとんどの仕事を家でできていたし、子育ての間、私の仕事を中心にしてきたため、彼自身の仕事は減らし、彼が家事をたくさんやってくれていたので、そのリラックスタイムは、実はすごく少なくて。娘と二人で、どこかに逃げたい気持ちでいっぱいでした。その中で、ヒーリングコードを試し、奇跡のコースを学ぶようになり、「愛すること」を本気で真剣に学ぶ決意をしたのです。ヒーリングコードの創始者のアレックスは、「世の中の夫婦の95%は本当の愛を知らない」と言い切っています。大抵の場合、結婚は、契約に基づいていて、その契約が守られているから、うまくいっているだけで、それを愛と勘違いしているのです。それこそ「コロナ離婚」という言葉多く聞かれましたが、それは、契約がうまくいかなくなった結果なのだと思います。離婚することはいけないわけではありませんし、大抵の場合、離婚する方は、離婚を学びの場所としているので、離婚の決意をするまで、ものすごく苦しいし、耐えているのだと思うので、それはそれで素晴らしい道になっていくのだと思います。でも、契約がうまくいかなくなっただけなのであれば、本当は、それは愛を学ぶチャンスでしかありません。本当の愛とは、簡単に言えば、「相手の悪いところリストをあげないこと」なんだそうです。そして奇跡のコースでは、私たちは「愛」を本当には理解できないので、「愛を教えてください」とお祈りするのです。何をやってもうまくいかない中、ドラマセラピー、ヒーリングコード、奇跡のコースに支えられながら、とにかく私は、「愛することを知りたい」と諦めずに続けました。ふと近しい人に話すと、「子どもの前で喧嘩するわけ?それとも、何事もないふりをして仲良くしているわけ?どっちにしても、子供をどれだけ傷つけているか知ってる?江原さんが言ってたけど、そういう夫婦は夫婦でいる必要ないから、子供のために、なんで離婚できないの?」と説教されたこともあります。こういう時に、江原さんの話って、なんなのよ、と怒りを感じつつ、相手に怒る体力もエネルギーもなかったので、静かに距離を取ったりして、まあまあ孤独も感じたりしていました。娘の前で夫と喧嘩してしまうことに、誰よりも罪悪感を持っているのは私だったし、おそらく夫もそうだったでしょう。簡単に離婚ができるわけではないし、離婚をすることが解決ではないし、どっちにしても娘を傷つけるのであれば、私はアレックスが教えてくれることを、奇跡のコースで学んでいることをちゃんと理解してから、結論を出したい。奇跡のコースを真剣に個人セッションの中で学んだのは、まさに夫との問題を解決させたい。そのためでした。そして、この夫との難しさを、乗り越えていき、夫婦として私たちが成長していくことを、娘に見せることができたなら、それは、娘に希望を与えられるはずだと信じていました。結婚は修行の場だと本にも書いてしまったから、それを引き寄せちゃったのかな?と考えたり、結婚したいと願う女性たちのワークをしながら、結婚は学びであっても、必ず素晴らしい成長と愛の場所になるのだと信じたい、それを伝えられる人になりたい、と何度も自分を励まし続けました。とにかく、いつまでこれが続くのかな、なんて思いつつも、そんな日々を過ごしていたある日、夫が急に言ってきました。「今までの自分が本当に情けない。これからは、変わりたい。自分の強迫性障害を一緒に治してほしい」一緒に。そう。私は今までずっと、「お前の問題なんだからなんとかしろよ」と怒りのまま思ってきたし、彼が彼で、苦しんでいることは脇に置き、自分の苦しみの方が大きいんだと主張してきていたのだと思います。最愛の娘を持ち、「娘に何かあったらどうしよう」という、彼の不安が大きくなり、日本の中で、文化的にも言語的にも、育児の中で孤立していき、彼自身も辛かったのだということを、私は頭で理解してはいても、心から寄り添うことはしていなかったと思います。「お前の問題だ」と片付けようとして。私が癒したかったのは、私であり、夫婦で癒しを行うことは考えもしなかったのだと、はっと気づかされました。そして彼の提案で、結婚について、二人が持ちたい関係について考え直し、自分だけでなく、彼の心の癒しをヒーリングコードで行い、奇跡のコースの学びを進めていたら、いつの間にか、彼の症状はほぼなくなっていました。そして彼は、ものすごくものすごく、私のことが大好きで、私と一緒に家族を作れることに幸せを感じている男性に変わっていたのです。奇跡でした。さらに言えば、私が求めていた以上のものが、この関係性で与えられるようにもなっていたのです。アレックスが教えてくれていたことを、私は自分の人生で体験できたのです。今私たちは、二人で、家族で、フランスで生きていくという次なるステップに向かうことができ、お互いの問題をつつき合うステージから抜け出ることができてきました。こうやって、夫婦は育っていくんだ、ということ、愛ってこういうものなんだ、という体験を、味わえたこと。ヒーリングコード、奇跡のコースという、私を支える重要なものに出会えたこと。全てが神様が用意してくれた素晴らしい奇跡。夫との問題が起きたことは、苦しくて辛かったけれど、こんなにもたくさんの恵みを私に与えてくれていたのです。そして今、「私は自分らしくありたい」という思いをずっと持ち続けたからこそ、私にはこの結婚が与えられて、もっともっと自分らしくいられる場所ができたんだな、と思うのです。夫がいなかったら、私はこんなにも深く結婚の意味を考えることもなかったでしょう。私は、結婚という場所を、本当に大切な魂の学び場所だととらえ、結婚したいと思う女性たちの邪魔になっている、ネガティブな心理的な障害を癒すお手伝いをし、結婚した男女が、結婚の中で学んでいくことを、魂の友人としてサポートできるようなそんなワークを続けていきたいと心から思っています。私がしていきたいこと。愛を学ぶ人が増えていくこと。私と一緒に、自分らしい結婚をしていく人を増やしていくこと。だから今年の私のテーマは、「自分らしく」を強調したいと思います。そんなあなたらしい結婚をしたい!自分らしくあることや、結婚へのネガティブな思い込みを解消したい!という方へ、3ヶ月ワークを、3月末から、久々に開催します!あなたの結婚のドラマを一緒に作っていきましょう。詳しくはこちらをご覧ください。3ヶ月ワークの参加者の方は、私のソウルフレンズでもあるので、おまけのワークもたくさんありますよ恋愛ドラマセラピー3ヶ月集中ワーク | Drama Therapy and Healing恋愛ドラマセラピー3ヶ月集中オンラインワークショップ!(zoom)2021年3月26日スタート!3ヶ月といっても、集中的なワークが3ヶ月間となり、その前後に、オンラインでのグループに慣れていくための時間やフォローアップまで入...www.sachinakano.com長いブログをお読みくださりありがとうございました。私の本が発売しています!ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-アマゾンジャパン合同会社1〜4,111円

  • 23Feb
    • 妥協する結婚の時代は終わった!これからは、「もっと私らしい結婚」ができるようになっていくよ!の画像

      妥協する結婚の時代は終わった!これからは、「もっと私らしい結婚」ができるようになっていくよ!

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。私は結婚を邪魔する心理的障害を取り除くためのグループワークショップや個人セッションを行っています。先日もこんな質問をいただきました。「婚活がうまくいかない自分を責めてしまう。年齢ばかりを重ねていって、自分がますますダメだと思うようになってしまう。そんな時、どうしたらいいですか?」結婚したいと思っているのに、運命のお相手と出会って、一緒に生きていきたいと思っているのに、全然出会いがない、うまくいかない・・・そんな時、「自分がダメなんだ」と自分を責めたくなってしまいますよね。でも、これこそが、結婚を邪魔する心理的な思い込みになってしまいます。本当は、そんな時だからこそ、自分が自分の味方になって、自分のことをもっと信じてあげたいですよね。アメリカの有名な恋愛心理の先生のドクター・パット・アレンも言っていました。「WEになるためには、まず I にならなくてはいけないのよ」私たちという二人の人生を作っていくためには、まずは「私」になること。何度も何度も言われてきたことかもしれません。でもどこかで、自信のなさから、世間の声を鵜呑みにしてしまい、女性は、男性に受け入れてもらわなければいけないというような感覚を持っていたり、男性が選びたい女性は、私とは違うと思ってしまっていたり、どこかで、自分らしく結婚したいと思うのはわがままだとか、それがいけないとか、そんなこと起きるわけない、と思っていたりしないでしょうか?「私」になるということは、自分が本当に願う人生を歩んでいくことです。その自分らしいリズム、あるいはエネルギーパターンと言ってもいいかもしれません。私たちはみんなエネルギーであり、波動ですからね。その波動、リズムが自分らしいものに整うことで、相手のリズムが加わり、二人の音楽を創っていくことができるようになるのです。自分のリズムをちゃんと奏でることができることで、「私はこういう人よ!私はこんな音楽を創っていきたいのよ!」という表現ができるようになり、相手にも気づかれるのだと思います。だから、自分が本当にどう生きていきたいのかを感じとることはとっても重要。私たちは自分のことを本当にはよく知らないものです。いつの間にか親の価値観をそのまま受け入れている、ということも少なくありません。社会に求められるものを、勝手に受け入れていることもあるでしょう。結婚がなかなか訪れない時は、やはりとことん「私」を見つめる時期。そして自分らしいリズムが見つかれば、焦る気持ちも減っていきます。わかっているようで、わかっていない自分。そんな自分を見つめながら、結婚を邪魔する心理的な思い込みを解消していくワークショップが3月末から始まります!!この3ヶ月の集中ワークは、私との個人セッションから始まります。そしてそこで、このワークショップの間に集中的に癒していくテーマを決めます。いつも驚かれますが、皆さん、自分を邪魔する心理的障害に、意外に気づいていないものなんです。オーディオセミナーなどを使いながら、あなたの結婚を邪魔する思い込みを癒していきながら、実際のドラマセラピーをzoomで行います。ドラマセラピーの内容も、個人セッションで決めていきます。そうすることで、ピンポイントで自分の問題を見つめることができ、癒しにつながっていくのです。前回参加してくださった方が「まるでオーダーメイドのセラピー」で、「私が私でいるためのセラピー」だったと言ってくださいました。そんなふうに言っていただけて、とても嬉しいです。こうやって、「私」になることで、「私たち」になる準備ができるのですね。zoomで行いますので、日本のどこにいても参加可能です。内容はとても深く、私も時間をかけて行いますので、参加者は6名までです。グループワーク、個人セッション、オーディオセミナーのほか、癒し効果が高いヒーリングコードというエネルギー療法も取り入れています。ヒーリングコードに関しては、結婚するまで、何度でもあなたに必要なものを作り続けます。あなたが結婚するまで、サポートしますからね!少しずつ一緒に準備をしていきますので、ピン!と来た方は、早めにご連絡くださいね。あなたの結婚のドラマを一緒に作っていきましょう。ワークショップの詳しい内容はこちらをご覧くださいね。恋愛ドラマセラピー3ヶ月集中ワーク | Drama Therapy and Healing恋愛ドラマセラピー3ヶ月集中オンラインワークショップ!(zoom)2021年3月26日スタート!3ヶ月といっても、集中的なワークが3ヶ月間となり、その前後に、オンラインでのグループに慣れていくための時間やフォローアップまで入...www.sachinakano.com今日もお読みくださりありがとうございました。運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるーアマゾンジャパン合同会社1〜6,087円

  • 22Feb
    • 35歳を過ぎてから、素敵な結婚をするのはあなたの使命の画像

      35歳を過ぎてから、素敵な結婚をするのはあなたの使命

      Normal.dotm 0 0 1 108 618 dramatic therapy 5 1 758 12.0 0 false 10 pt 0 2 false false false $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:"Times New Roman"; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;}こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログに訪れてくださり、ありがとうございます。世界中で、35歳を過ぎても独身の女性が増えているように思えます。それは、女性の生き方が変わったから、というのが大きな理由でもあると思いますが、私はもうひとつ、大切な理由があると思っています。今、社会にはたくさんの問題があふれています。それを解決できるのは、結局のところ、人間の愛だと私は思っています。もしも多くの人たちが、自分たちの利益ではなく、愛という立場から考えてみることができたら、解決策は、自ずから変わってくる問題が、たくさんあると思うのです。多くの人たちが愛をもって世界を見つめられるようになるためには、自分自身を愛してあげなくてはいけないと思うのです。すべての問題は夫婦から始まる、と以前も書いたことがありますが、愛ある人が、夫婦になれば、愛ある子どもができ、愛ある人が増え愛ある社会になり、愛ある世界になるんだと、私は本気で信じています。結婚したい、でも、結婚できないと悩んでいる女性たちが、結婚を邪魔する障害をクリアにして、愛する自分のためにソウルメイトと結婚できたら、世界は変わるんだと思うのです。だから、今、結婚できていないのなら、結婚できないことを嘆くのではなく、世界のためのミッションが与えられている!と理解して、ご自身の結婚を叶えてほしいと思うのです。そのために、結婚を邪魔する障害をクリアにし、自分がどれほど素晴らしい存在なのか、その自分の素晴らしさに、気づける人たちが増えてほしいなと思います。今日もお読み頂き、ありがとうございました!!私の本が発売中です!運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー/じゃこめてい出版¥1,404Amazon.co.jp

  • 17Feb
    • ”【LIVE配信決定!】アラフォーで結婚&出産!愛に包まれ人生がもっとワクワクするドラマセラピ”の画像

      ”【LIVE配信決定!】アラフォーで結婚&出産!愛に包まれ人生がもっとワクワクするドラマセラピ”

      こんにちは。最近私は、インターネットでのお仕事を続けていくための勉強や仲間づくりのために、あるコミュニティに入りました。そのコミュニティに入るきっかけとなったのが、こちらの中村さゆりさん。彼女は、普通の主婦から起業を目指し、昨年5月から力を入れ始めたインスタグラムが3ヶ月で1万フォロワーになり、現在3万以上のフォロワーになり、インスタグラムのコンサルやSNS起業塾を主宰なさってます。最近はこのコミュニティの中で、さゆりさんと時々お話をさせていただいていましたが、明日、18日の20時から、さゆりさんのオンラインサロンで、お話をさせていただくことになりました!今回は、私がドラマセラピスト になるまでのことや、そしてポーランドに言ったこと、そしてそのあと、自分が結婚できずに悩んだところから「恋愛ドラマセラピー」を自分を行ったことや、今やっていることなどなど、自分のことをお話しさせていただきます。こうやって自分の話をするのは久しぶりです。さゆりさんのオンラインサロンから聞けますので、是非是非、さゆりさんのオンラインサロンからお聞きくださいー。登録はこちらです。私も、さゆりさんと出会ったことで、新しい出会いにつながっていますので、さゆりさんと出会いたい!と思われる方もぜひ、いらしてくださいね。Facebookグループ豊かにHappyに美しくなりたい女性のためのオンラインサロンのメンバー453人。もっと豊かになりたい! もっと毎日をh Happyに過ごしたい! いつまでも美しくいたい! 2020年、6/20の一粒万倍日&天赦日が重なった今日、そんな女性と繋がるコミュニティが作りたいなと思い、立ち上げました☺️💕 こちらのコミュニティでは、私が提供出来る...www.facebook.comではでは明日18日20時より、ライブ配信されますので、是非聴きに来てくださいね!写真は懐かしいーポーランドのクラクフ今日もお読みくださりありがとうございました。

  • 14Feb
    • あれをやってもこれをやっても結婚できない。どうしたら結婚できるの!?と悩んだ時にの画像

      あれをやってもこれをやっても結婚できない。どうしたら結婚できるの!?と悩んだ時に

      どうしたら結婚できますか?時々そんな質問をいただくことがあります。結婚を邪魔する心理的な障害を取り除く、、、というワークをしている私はいつも、結婚をするためには、結婚、異性、自分についてのネガティブな思考を癒していくことが最短だという話をしています。でも、その「ワーク」をやっても、全然結婚が訪れない!!と感じる方も、やっぱりいます。本に書いてあることを全部やりましたが、結婚できてません。と匿名の方から、メールをいただいたこともあります。心を見つめると、結婚が訪れやすくなりますが、そのタイミングはみんなそれぞれなんですね。今自分が思う時に訪れないことで、「結婚が起きない」と結論づける必要はありません。だって、未来のことはわからないし、そこまで望むのであれば、絶対に結婚は起きるはずだから。思い出したいのは、全てが最高に最適なタイミングで起きるということ。今自分が望んでいるタイミングで起きていないからと言って、それは結果が出ないと嘆く必要もないのです。私もそんな時期がありました。私の場合、仕事柄、自分と向き合うワークはたくさんしてきたつもりですし、結婚をしたいと思い始めてからも、もうたくさんたくさんワークをしました。ある時に、これって、やっている意味があるんだろうか?と思えるほど、心の旅が果てしなく何度も何度も続くように感じたこともあります。みんなこんなに心を見つめて行かないと結婚できないわけ!?と、なんだか腹も立ってしまったり。でもその時の私は、「結婚を邪魔するネガティブな考えを取り除いたんだから、結婚ができるはず」という結果にこだわる状態になっていたのだと思います。つまり、これをしたら、こうなる、という結果のために、未来を見ながら、ワークをしていたわけです。自分を大切にするためのワークのはずが、いつの間にか、現状を変えたくて、今の自分を受け入れずに、ただもがいている状態になってしまっていたのです。今この瞬間自分を愛おしく思いたいのに、結果を出していない自分を責めてはいないでしょうか?自分の努力でできることと、神様のプランは別のこと。私は何がなんでも、自分が思うように人生を動かしたくて、今年中に、あるいは〇〇歳までに結婚をする、というプランを叶えようとしていたのです。確かに、ネガティブな思考を癒したほうがいいわけですが、そんな考えを癒せば結婚が訪れるという、結果にこだわる思考の中にいると、結果のためにワークをすることになってしまいます。まあ、結婚という結果が欲しいのは当然なので、そうしたいわけですが、そうなると、「ワークをしたのに結果が訪れない」ということがストレスになってしまいます。そこにハマってしまうと、「結果が訪れない」という思考に振り回されてしまいます。自分の心を癒し、自分の人生を信頼したいのに、「やっぱりダメなんだ」という新たな不信感を育ててしまいますね。ワークをする時には、結果を手放すことがとても重要です。難しいことですが、このワークをしたら、結婚ができるんですね?じゃあやりますが、絶対に叶えてくださいね???というそのエネルギーが、不信だらけということに気づけるでしょうか?ワークをしたいのは、自分への愛のためです。結果のためではありません。結果はおまけのようなものです。自分をいじめるような思考、自分には結婚が相応しくないとさえ思っている思考から、自分を救ってあげたいから、ワークをするのです。そして、その結果は、神様の領域なので、安心して任せるというその心の余裕を育てたいんです。こんなにも素敵な私なんだから、大丈夫。私は結婚してもしていなくても、十分に素晴らしい存在だし、今この瞬間、幸せを感じることができる。その状態になりたいのです。結果を手放すことは怖いことです。手放すことをイコール諦めること、もう起きないこと、ととらえてしまう方もいます。こんなにも欲しいものなのだから、必死に掴んでいたい気持ちもよくわかります。でも、そんなに必死になる必要はありません。自分でなんとかしないこと。本当に信じること。とーっても難しいのですが、いろんなことを頑張ったはずなのに、うまく行かない時、それは、必死になりすぎて、流れを止めているということかもしれません。もっと軽やかに生きるために、もっと流れに乗って生きるために戦わずに安心しているために、コントールすることをやめて、結果を手放す。これは結婚だけでなく、いろいろな願いに通じますよね。次回のソウルフレンズサークルではこのことについてお話をしてきたいなーと思っています。ソウルフレンズサークルは、zoomを使ったお話会。私と話してみたいな!と思ってくださる方、以前にグループなどに参加してくださった方で、時々みんなに会いたいなーと思ってくださる方など、みんなで1ヶ月に集まって、心を整える場所にしたいと思っています。初めましての方も大歓迎ですからぜひご参加くださいね〜!次回は2月19日19時から、大体3時間くらいの予定です。お申し込み方法など、詳しい内容はこちらをご覧ください。魂のお友だちとつながる場所ソウルフレンズ・サークルを始めたいと思います | Drama Therapy and Healingずっとずっと、やりたいと思っていたことを、ついに始めようと思います。それは、魂でつながるお友だちと集まって、お話ができる場所。一緒に学び合う場所。ソウルフレンズ・サークルです。www.sachinakano.comぜひあなたとも、つながれますように。今日もお読みくださりありがとうございました。

  • 03Feb
    • フランスの田舎で家探し・ようやく引っ越しができました。の画像

      フランスの田舎で家探し・ようやく引っ越しができました。

      みなさま、ついに、引っ越しをしました。フランスに来てから5ヶ月間のホリデーハウス仮住まいをおえて、、、やっと。さあ、どんな素敵な家に引っ越しできたのでしょう!?と楽しみにしてくださっていたかもしれませんが、期待を裏切らず、素晴らしいネタとなりました!!!私たちが家探しをしていた頃、ロックダウンもあり、簡単に家を見ることもできず、写真と話だけに頼る形でこの家が決まりました。「新しくリノベートされてますよ、二階の床は木の素敵な床ですよ」などのように。写真は、まさにリノベートされたという場所ばかりで。そして、1月24日の日曜日の夕方、私たちは初めて、この家の中に入りました。誰が、リノベートされていると言ったんじゃ!!!!!??????確かに、水回りはきれい。新しめです。そして全てにペンキが塗られています。とても下手くそに。キッチンなどの1階の大部分を占める床のタイルは、確かに新しめです。汚くなってるけど。でも、リビングは、一歩足を踏み入れたら、この床、やばくない?とすぐにわかるベコベコで、床と壁の間には、不思議な隙間ができている。おそらく、古い床の上に新しい木の床を張ったようですが、その古い床はおそらく腐っているのではないかと思われます。そして上に貼ったという床も、10年くらいは経っていそうな感じです。さらに階段は、古い階段に下手くそペンキが塗られ、2階の部屋の床は、確かに木製ですが、これもまた古い床のままに下手くそペンキが塗られ、一つの部屋は、なぜかドアとクローゼットだけ新しいものがついています。ちなみにこの部屋は、5歳の娘が、「私には大きなクローゼットが必要だから」という理由で、自室に選んだお部屋です。5歳なのに、クローゼットで部屋を選ぶという娘の女子力にびっくりです。そうつまりこの家は、古い家が、リノベートしたつもりになっていたのです!!!オーナーのこの家の家賃の設定が、強気の金額のため、私はてっきり、本当にちゃんとリノベートされていると勘違いしておりました。でも、今や、この金額自体、おかしな設定だと感じています。うう残念。夫がここで仕事をすることで、家賃は安くなりますが、実際には給料が減る計算になるので、決して安いわけではないのです。最初の設定がおかしすぎる・・・ということで、夫は、階段も娘の部屋も廊下も、全て新しい床にしなくてはいけませんが、オーナーは、調査をしてもらったところ、床は問題ないと言われているらしいので、多分、この古い床の上に、新しい床を作ることになるのでは???そもそも、全てを引き剥がしたら、住める状態ではなくなるので、そうなると私たちも困っちゃうし。オーナーは、とてもいい人だし、よくしてくれているのだと思います。なんだか私はオーナーが騙されているのではないかと心配になります。何しろ彼は、ここをみて、調査もして、そして購入しているわけだから。そしてそして、極め付けは、ものすごーく寒いのです。私たちの寝室とリビングだけは、ついているヒーターでなんとか暖かくはなりますが、タイル張りの部屋は、めちゃくちゃ寒い。最初の日は、私なんて寒くて泣きそうでした。この年齢で寒くて泣くって。。。私が寒いの苦手だって、知らないの!?と意味不明に叫びたくなる寒さ。とはいえ、家の中が少しずつ温まってきて、まあ今は寒いけどなんとかなる程度にはなってきました。これから、キッチンの防寒のため、厚手のカーテンやらストーブやらを購入し暖かくしていきます。電気代が怖くてたまりません。でも、娘はなんだかすごくポジティブで、私この家好きだよ!と言ってくれています。この期間、家が色々と足りていなくて、問題だらけで、その作業にも追われていたので、私たちが忙しくしていて、寂しい思いもしていたと思うけど。そういうのって、寒くて泣きたい私にもパワーをくれるわ。そして私は、奇跡のコースの先生に言われたことを思い出していました。「私たちを本当に守るものは、車でも家でもない」本当にその学びをしたかどうかというと、してなかったんだなーと。。。。我慢して待ちながら、住むことができる家に期待していただけだった。私の中で、汚い、狭い、寒い、高い。というこの4つをいかに避けるかがポイントになっていました。きれいで、広さがあれば、金額は妥協できると思っていたけれど、全てを兼ね備えたところは、今回なかったわけです。そしてもう一つ思い出すのは、奇跡のコースでよくいうこの言葉「どれを選んでも同じ」本当にそうだな。今住み始めた家のキッチンで洗い物をしていると、この水まわりがきれいなことで、私は、これだけはよかった、と思っています。冷蔵庫もオーブンコンロなども、全て新品が揃えてもらえているのもよかった。(と言ってもオーブンコンロが届いていないので、まだ不便ですが)でも寒い。暖かくすると、ものすごく電気代が高くなる。チーズ工場だったら、もちろん暖房代はそれなりにかかるだろうけれど、でも暖かくなりやすい家だっただろうなと思う。それでも、きれいにするためにも、暖房器具を買うためにも、必要家具を揃えるのも、やっぱりお金がかかっていたはず。でも水回りまでは変えられないから、イライラしながら、汚い!!と感じていたでしょう。学校のある村のあの家なら、それなりにきれいだったかもしれないけれど、狭くて私は絶対イライラしていたはず。冬場は特に、ブーツ履いたり、大きなコートをきているので、もうそれだけで場所を取られてしまう。そっか。条件が揃えば幸せになれるのではなくて、私はどんな時にでも幸せになれるし、家が私を守ってくれるのではないこと、私はすでに大きな存在に守られているのだということを、思い出したいのだった。そうやって、平和の中に戻ってみると、、、結局全て同じなんだなとわかる。お金が減っていく恐れや、寒くてたまらないことや、汚くて、狭くてイライラすることや、そういうものに一生懸命反応している時、私は真実から離れてしまう。その真実から離れないで、大きな存在に守ってもらいながら、今この瞬間平和の中にあることで、問題なんてないことを思い出せる。そこが大事なんだってこと。そしてこうやって平和でいられると、なんか面白くなってくる自分もいる。いつか、私たちがこうやって、フランスの地で家族で一緒にサバイブしたことが、絶対楽しい思い出になるんだろうな。不思議なワクワクが内側からやってくる。うん、この家悪くないわ、と思えてくる。自室が欲しいと言っていた娘は、寒い間、部屋の修理が完了するまでは、私の隣で寝ていてくれて、私はまだあの可愛いほっぺにすりすりできる。今、私たちがいる場所は、自分の家ではないけれど、結果修理を任された夫は、新しくキッチンや階段、床を修理するので、これからの私たちの未来の家のイメージもできるかもしれない。エゴが見せてくれるドラマは、私が怖がることや嫌がることばかりだけれど、でもそれを通り越して、世界を見ることを、私は選ぶことができる。それを教えてもらう、楽しい体験になるはずです。でも寒い!!!!そしていつか、こういう場所にやっぱり住みたいぞー!!!この家はある程度きれいになったら写真で紹介しますね。少しずつ、素敵になっていくはずです!今日もお読みくださりありがとうございました。

  • 02Feb
    • コロナ禍で親が外出できなかったり、なかなか会いにいけなくて心配な方にの画像

      コロナ禍で親が外出できなかったり、なかなか会いにいけなくて心配な方に

      こんにちは。私が住んでいるフランスは、3度目のロックダウンか・・・!?と噂されていましたが、そうはならずに、18時以降の外出禁止が続く感じです。その裏には、経済的、精神的な負担の大きさがあるようです。どこの国でもそうですが、いろいろな方が精神的に大きなストレスを感じているように思えます。そんな中に、私たちの親世代もいるのではないかなと思います。コロナ収束後には、おそらく認知症になってしまっている人の数が増えるとも予測されています。それはそうですよね。認知症の予防に重要なことの一つとして、社会から孤立しない、という要素があります。多くのシニアの方が、今までやっていた活動ができなくなり、出かけることも少なくなり、お友達と趣味を続けることもできなくなっています。でも、「家にいること」が重要な今、一人で暮らしている方は、特に孤立しやすくなってしまうでしょう。そうすると、認知症になりやすくなってしまう、、、それを心配する子供世代も少なくないと思います。一緒に住んでいたとしても、昼間は仕事をしているのであれば、日中に、親がテレビを見るくらいしか楽しみがないことを心配に思うかもしれません。それに、テレビから流れる情報は、必ずしもいいものばかりではなく、ネガティブになりやすくなってしまうかなとも思います。だからこそ、そんな親たちのために、オンラインでできるシニアのための場所を作ることにしました。グループをリードしてくれるのは私の友人の大家久美さん。彼女とはアメリカのドラマセラピーのプログラムで出会いました。緊張しながら、入学したその学校に、久美がいたことの安心感と言ったら・・・!あれから私は久美にたくさんお世話になりながら、大学院を卒業したのでした。その彼女は、作業療法士であり、さらにドラマセラピストでもありながら、もともと研究にしたかった、認知症予防やケアについてを本格的に学ぶために博士課程に進み、今やドクター・クミ。認知症の予防のためになるグループを、こんな専門家がリードしてくれるなんて、めちゃくちゃラッキーです。私は発案者ですが、フランス在住のために、日本でのアクティビティに参加できないので、司会進行役にじゃこめてい出版社長の、石川眞貴さんが引き受けてくださいました。石川さんは、じゃこめていでも、とても温かく、心に役立つ本をたくさん作られている方です。そんな二人がグループを作ってくれるのです!!すごいですよね?親を心配している、でもなかなか会えない、昼間一人にしておきたくない。そんなあなたに、親御さんのために、ぜひこのグループを活用していただければと思います!お申し込みは、私のHPからご覧ください。シニアのためのリモートクラブ「フラミンゴクラブ」のお知らせ | Drama Therapy and Healingこのところ少しずつご紹介している、シニアの方のためのリモートクラブ。名前も名付けました!!フラミンゴクラブです。実は今年の私はフラミンゴのテーマでいろいろと考えていることがあります。www.sachinakano.comグループは、今後も定期的に続けていく予定ですが、まずは2021年2月16日10時から。オープニング価格で、なんと1000円です!!(通常価格2000円)ドクター・クミから直接お話を聞き、彼女の楽しいグループに参加できるすごい機会ですよ。ぜひぜひ多くの方にこの情報をお届けくださいますようお願いいたします。今日もブログを読んでくださりありがとうございました。

  • 25Jan
    • シニアのためのリモートクラブ!始まります!!の画像

      シニアのためのリモートクラブ!始まります!!

      今年の私のテーマは、フラミンゴフラミンゴのテーマで、いろんなことを考えていますが、その第一弾として始めるのが、シニアのためのリモートクラブフラミンゴクラブです!詳しくはこちらに書きました。フラミンゴの名前の由来も書いています。フラミンゴクラブ | Drama Therapy and Healingシニアのためのリモートクラブ「フラミンゴクラブ」についての詳しい内容をアップいたします!!!!シニアのためのオンライングループ立ち上げについての思い2020年は世界中がCOVID-19の影響を受け、その状態は2021年になった今も、...www.sachinakano.comシニア世代のためのオンライングループを作りたいと思ったのは、両親から離れて暮らす私たちの世代の皆さんにとっても、安心できるのではないかな、と思ったからです。私自身も親から離れて海外に住んでいますから、遠くにいてもできることを考えたいと思いました。特にコロナの影響が大きい今、どんな形であっても、つながることは重要だと思うのです。みんなで、優しい世界を作るために。こちらのyoutubeでは、認知症予防ケア専門家の大家久美さんと私の話を見ることができます。みなさま、ぜひ、この情報を必要な方に届けてください。久美さんという素晴らしい専門家の先生のお話を聞いたり、彼女と一緒にワークできることもすごい機会ですが、シニアの世代が、孤立しない場所を、オンラインに求めている人はきっと多くいると思うのです。どうぞよろしくお願いいたします。フラミンゴクラブ プロデューサー 中野左知子

  • 24Jan
    • ドラマセラピストとして考えなくちゃいけないこと。あなたの物語を大切にしたいから。の画像

      ドラマセラピストとして考えなくちゃいけないこと。あなたの物語を大切にしたいから。

      先日、ドラマセラピーの国際会議に出席しました。年に4回あるこの会議。会議以外にも何かと世界的なイベントなんかもあって、世界中のドラマセラピストがつながろうとするその感覚、とっても暖かくて素敵です。このところの会議では毎回そうですが、各国のコロナ状況とドラマセラピーの状況のシェアから始まり、今後の予定、カンファレンスで何をするのかなんかを話し合います。その中で、ドラマセラピーをビデオで伝えていくことについて、その教育的意味、社会的意味、同時に倫理的な規定などについて話し合う時間が少しありました。コロナの影響で、インターネットでのドラマセラピーも増えているし、これはコロナは関係ないけれど、テクノロジーの発達とともにインターネットでの紹介も増えています。私の先生のレネも、彼女のドラマセラピーの様子をドキュメンタリーにしたし、今回も、オーストラリアのテレビで、認知症のドラマセラピーの様子が放映されたという報告も。映像で伝えられることの重要性とその力を考えると、それって素晴らしいと思う反面、出ているのが大人なら、映像に出ることに同意もしているだろうし、あまり気にならないけれど、未成年の場合、その倫理規定などは、どうなんだろうなーと疑問に思ってしまいました。ちなみに、認知症のビデオは、ご本人たちが同意して参加できる人に限られ、しかももう10年以上も前に作られたものを、今放送したとのこと。たまたまのようだったけれど、参加者が高齢の方々なわけだから、結果としては、これは素晴らしい配慮になるなと感じました。勉強になるわ。私がこのことで考え込んでしまったのは、、、、話は遡り、ずっと前のことですが、私が10代の女の子たちのグループをやっていた頃、あるジャーナリストの方とお話をすることがありました。そして彼は、ドラマセラピーのそのプロセスをドキュメンタリーにしてみたらどうか、と提案してくれました。結局、当時はテレビの方でもその話は進まず、実際に私自身も、その話には全然のれなかったので、なくなりましたが。でもどちらにしても、施設的には絶対に無理だろうと思っていたしね。ドラマセラピーを映像で伝えられたらいいなと思うのですが、ニューヨーク大学がやっているみたいに、「俳優」として、クライエントさんの役を演じる形で、ドラマセラピーのプロセスを紹介できるのがいいのかなあ。イランでは、アニメーションにしているとか。みんないろいろな方法で、ドラマセラピーを紹介しているのよね。国際会議での、日本のドラマセラピストの共同代表(もう一人は尾上明代さん)の一人として、こういうこともちゃんと考えていかなくてはいけないわけよね。私が映像を作ることに、セラピストとしてものすごく抵抗感を持ってしまったのは、クライエントさんたちの物語という神聖なものを乱用することにならないだろうか、という心配をしたことと、何よりも、私の場合、打診されたものが、思春期の女の子たちのグループだったので、彼女たちが大人になっていく過程で、ビデオに撮られたこと自体が、苦しくならないかな、、、と考えてしまったことがあります。何にしても、この話が実現しなかったことは正解だと思っているので、それでいいのだけれど、でも、確かに、ドラマセラピーを広めていくべき立場になってきて、世界の取り組みを聞いていると、考えなくちゃいけないんだなと。俳優が演じていれば、問題はなくなるけれど、セラピーの中に生まれるあの不思議な神がかったような瞬間、力強いエネルギーは、やっぱり本物だからこそ伝わるのよね。でもやっぱり私は、セラピーである以上、クライエントさんを中心に考えたいし、その方の物語は、その人のものであって、その時、社会的な意味とかどうでもいいのよね。それに、過去のある瞬間を切り取って残すことのインパクトは大きいと思う。娘をお風呂に入れる時に、ついついwannabeを歌ってしまい、その歌が気に入ってしまった娘が、なんとこの2021年に、スパイスガールズが好きになってしまったのだけれど、wannabeでもこんな歌詞があるじゃない。"If you want my future, forget my past"私の未来が欲しいなら、過去は忘れて人が、何かを乗り越えていくことはとても美しい姿です。そしてその苦しみを乗り越えていく過程を乗り越えた人は、懐かしく思うかもしれません。もしかしたらその過程を人とシェアしたくなることさえあるかもしれません。映像ではなく、自分の言葉で。自分が思い出したい形で。でも、「その苦しんでいた過去の私」を、映像として誰かに見続けられることで、過去から離れられない思いをもたらされないかな、、、と。ドラマセラピーというのは、自分の役割を広げて行ったり、自分の新たな役割を育てて行ったり、いらない役割を手放したりできる場所です。そして、その新たな役割や、改良された自己イメージを表現することによって、周りとシェアし、定着させていきます。でも手放したはずの役割を、誰かが見続けることで、あるいは、誰かが見ているかもしれないというその思いを持つだけで、その手放した役割に縛られてしまう気持ちにならないかな・・・と思ってしまうのです。どんなに自分が成長したと思っても、過去の知り合いが、「あなたはこういう人よね」と決めつたままで、その手放したはずの役割として、自分のことを見続けられてしまうと苦しいじゃない?私たちは、過去の物語を大切にしたいと思うけれど、それに縛られたくはないはずです。変わりたい、こんな自分になりたいと願う時、誰かに過去のことを知られていることが、自分を縛りかねない。映像って、残ってしまう。しかもインターネットだと、きっと永遠に。そこまで真剣に考えてからじゃないと気軽に映像なんて作れないよなーと、基本セラピストとしては真面目な私は、思ってしまうのです。国際会議でも、この辺りはちゃんと倫理規定を作る必要性を感じているようなのでよかったですが、教育的観点から考えると、必要なものなので、イランのアニメーションていいアイデアだよなー!と思うのですが、誰かアニメでドラマセラピーの物語、作ってくれないかな。今日もお読みくださりありがとうございました!

  • 22Jan
    • 何をするのにも、安心からスタートするほうがいいよね。安心して平和とつながる時間を持つためにの画像

      何をするのにも、安心からスタートするほうがいいよね。安心して平和とつながる時間を持つために

      先日、私がずっとやりたかった「ソウルフレンズ・サークル」を開催しました。魂の学びに興味のある方が集まり、お話をする、、、という会ですが、初回は、私がいただいた質問に対する答えや私がお伝えしたいことなどを話し続ける・・・という時間にしちゃいました。初めてなのに、シェアする時間が多いのもどうかなと思ってしまって。まずは慣れていくための時間、と考えて私がいっぱい話しちゃいましたが、あっという間の3時間でした!この場所は、「安心、平和な心に戻るための場所」にしたいなと思っています。でもできれば、楽しく笑いながら話す時間にもなれるといいな!考えてみると、私たちはいつも自分を守るための行動ばかりしています。人にどう思われるのかを気にしたり、悪いことが起きるのではないかと不安になったり、失敗することを恐れたり。そしてそのネガティブな思いから自分の身を守るために動き回ってしまうのです。お金の心配、将来の心配、人間関係の心配。不安から無闇に動き出すのではなく、本当は全ての行動の始まりが安心感から始まったほうが、全てうまくいくのです。不安や恐怖に陥った時の対処法として、ポジティブな考えを持ってみたり、自分のいいところに意識を持って行ったり、自分ができることを考えてみることもできますが、それは一時的には効果があったとしても、本当の安心、平和ではないですよね。本当の安心は、自分が本当に本当に大丈夫だと、自分が守られていること、余計なことなど何もしなくてもいいのだと感じられることです。でも、その安心感は持続しません。私たちは、一瞬安心できてもあっという間に恐怖や不安の波にさらわれていきます。だから、平和に戻るという心の筋トレが重要なんですね。そしてその平和に戻ることを何度も何度もしていくことで、私たちの人生は揺るぎないものに変わっていくのだと思います。自分が普段持っている、周りの目を気にすることや、将来の不安、お金の不安などなどを超えたところに、私たちを連れて行ってくれるのが、この平和な時間なんだと思います。そんな平和にみんなで一緒に戻ってきて、でも頭でもちゃんと理解するために、安心できる考え方を落とし込んでいくようなお話し会が、ソウルフレンズ・サークルなんです。早めに日程を知りたい、と言ってくださった方がいましたので、5月までの予定を決めました!詳しくは私のHPをみてくださいね。魂のお友だちとつながる場所ソウルフレンズ・サークルを始めたいと思います | Drama Therapy and Healingずっとずっと、やりたいと思っていたことを、ついに始めようと思います。それは、魂でつながるお友だちと集まって、お話ができる場所。一緒に学び合う場所。ソウルフレンズ・サークルです。www.sachinakano.com今日も、安心とともにあれますように。今日もブログをお読みくださりありがとうございました。

  • 17Jan
    • 親世代、高齢者の方のために、自分でもリモートでできることの画像

      親世代、高齢者の方のために、自分でもリモートでできること

      前回、私の新しい取り組みとして、高齢者の方のための、オンライングループを立ち上げる話をさせていただきましたが、同じテーマで、もう一つyoutubeをアップしました。それは、リモートでも個人でできることについて。仕事が忙しかったり、遠くに住んでいたりすると、親のために何かをしたくても、なかなかできなかったりしますよね・・・それでも認知症などの予防のために、遠くにいてもリモートでできること、その際の大事なポイントを、大家久美さんに聞いてみました。そして、久美さんとのzoomを使ったオンラインワークは、1月26日の午前10時から開催に決まりました!!!!!まだ、お申し込みページなど作っていませんが、興味を持ってくださる方は、私のHPからご連絡ください。高齢者のための、オンラインサービス始まります! | Drama Therapy and Healingみなさま、2021年もどうぞよろしくお願いいたします。今年は、できたらいろんなアイディアを形にしていきたい!と思っています。www.sachinakano.comそしてぜひ、この情報を、多くの方にシェアしていただけますよう、よろしくお願いいたします!ブログをお読みくださりありがとうございました。

  • 14Jan
    • コロナ禍だから、もっと高齢者のケアが必要だと感じたので、私ができそうなことを考えてみましたの画像

      コロナ禍だから、もっと高齢者のケアが必要だと感じたので、私ができそうなことを考えてみました

      コロナ禍で、実家に帰りにくくなった。日中、家にいるしかできない親のことが心配。そんな話をよく耳にするようになりました。コロナ禍で、高齢者の方のアクティビティは、特に制限されてしまっていると思います。そして、今、私ができることは何かな?と考えたときに、シニアのためのリモートケアってできないのかな?と思いつきました。例えば、zoomなどを使って、認知症予防のためになる学びやアクティビティに参加ができたら、すごくいいと思いませんか?リモートであっても、俳句や歌、脳トレや、笑いヨガ、おしゃべりなど、グループでできたらいいですよね?そして私は、大好きな友人、大家久美さんのことを思い出したのです。彼女は、もともと作業療法士で、私と同じ時期、同じ学校でドラマセラピーを学び、さらに、一番の情熱である、高齢者のケアを学ぶために、博士課程に進み、今や、作業療法士であり、ドラマセラピストでもある認知症の専門家としてアメリカで活躍されている人です。リモートなら、世界のどこにいたって大丈夫。久美に、シニアのためのリモートケアをやって欲しいとお願いし、快諾を得ました!久美によると、社会的孤立は、認知症を起こす原因の一つなのだそうです。それなら尚更、グループ必要です!ということで、私は裏方に徹しますが、シニアのためのリモートサービスとして、オンラインの認知症予防グループを開始することにしました!!!!これについて、YouTubeでお話ししています。久美のお話が聞けますよ!!まだまだ計画中ですが、今月末あたりに、最初のグループを開始し、私はこれが、大きなものになっていくことを願っています。そうすれば、ネットにさえつながれば、いつでも自分のためになるワークができる場所にいけるようになるのです。協力者も得ながら、少しずつ準備してますので、是非是非、この情報、多くの方に知っていただきたいです。HP などが準備できましたら、このブログや私のウェブサイトで紹介し始めますので、お待ちくださいね。まずは、娘世代の私たちから。今の私たちにできる高齢者のためのケアを広めていきたいと思います。ちなみになぜ私がこのグループを始めたかったというと・・・これも婚活の一つなのです!どういうことでしょう??詳しくはこちらのブログに書いてありますので、よかったら読んでみてくださいね。コロナ禍だから、シニアのためのリモートケアを考えたい。 | Happy 40's寒くなり、コロナの心配が増してきましたね。そんな中一番孤立してしまう存在は、高齢者の方だと思います。happy40s.com今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です!運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるーアマゾンジャパン合同会社1〜6,087円

  • 11Jan
    • 本当に本当に本当にほしいものは、実はすぐに手に入ることを思い出すの画像

      本当に本当に本当にほしいものは、実はすぐに手に入ることを思い出す

      時々ブログでも書いていますが、私は、奇跡のコースを勉強しています。奇跡のコースは、言ってみたら、心理療法の究極の形、あるいは、心理療法の頂点にあるもの、と私は思っています。私の専門はドラマセラピーという心理療法で、ドラマセラピーだけでなく、基本の心理療法のトレーニングもずっと受けてきました。けれども、私が知っていることでは限界があると感じ、エネルギーを使った療法を学んだり(ヒーリングコード)してきました。ヒーリングコードは、私が求めていたものをある程度埋めてくれましたが、それでもまだ、何かが欠けていました。そして、奇跡のコースに行き着いた時、もうこれ以上何かを探す必要はないという確信が持てたのです!というわけで、私はついに心理療法の頂点を見つけ、奇跡のコースのティーチャーになると決め、毎日ワークレッスンに励んでいるわけです。(もちろんサボったりしながらだってすぐわすれちゃうんだもの)で、奇跡のコースが何を教えてくれるのかというと、突き詰めていくと実はシンプルで、真実を見るということ、でしかありません。私たちのエゴは、私たちが、本来は神の子であり、光り輝く存在であることに気づいて欲しくないため、私たちにいろんな問題を見せては、そちらに私たちの気を散らそうとします。そしてすごいのは、一つの問題に気がとらわれると、それが次から次へと細胞分裂するように、新たな問題へと繋がり、収集がつかなくなるという・・・でも、奇跡のコースでは、そんなエゴをうまく使いながら、真実に気づくようにレッスンを重ねていくので、いろんな出来事のそのストーリーに惑わされることなく、自分が本当に求めていることに気づくことができるのです。言えば簡単ですが、実践は難しい。私は定期的に個人レッスンを受けていますが、毎回、はっと気づかされます。というのも、エゴは本当に巧妙で、真実に行き着くまでに、何層ものストーリーが組み込まれているからです。(細胞分裂して問題を増やしてくれてね)これって、一人では絶対気づけないわ・・・それでも、思い出したいことは、結局のところ私たちが恐れていることは、神から罰せられるというような恐怖であり、私たちが求めているのは、そんなことは起きないとしる安心感だということ。そう、私は本当は安心したいのだ、平和の中にいたかった、それだけなんです。そしてそれは、今この瞬間に手に入れられるものなんです。エゴの私たちは、何か悪いことをしちゃったから、罰せられると信じ込んでいます。だから私たちは、こんなにも悪いと思っている自分が責められないために、相手を攻撃することもあれば、人から嫌われるのではないかと思い、捨てられないように、相手にいい顔をしてしまうこともあれば、お金でも仕事でも、ないと自分が幸せになれないと信じ込んでしまったりするのです。全てのストーリーが行き着くのは、罪悪感と不安。そして私たちが本当に求めているのは、そこから解放される安心感。それだけなんだということを毎回思い出させられます。わかっているのに、またエゴのストーリーにさらわれちゃった!これが人間なのよねーなんて思いながら、真実を見ていくことを重ねていくことで、実は守られていることや、実は私にとっていい方向に進んでいることに気づかせてもらえるのです。それが奇跡。いや、違うか。だって、奇跡というのは、この世の中を見る見方を変えることだから。見方を変えることで、見えてくるものを感じて、私たちは奇跡が起きたと気づくわけよね。この「奇跡を見る力」を育てることが、奇跡のコースなのかな、と思います。今の私のレベルにとっては。奇跡のコースの学びは、ものすごく深いため、私は私のレベルで理解していることしか書けません。そしてこれを一生続けていくのだと思います。少しずつ少しずつ学びを深め、それをシェアしていけるといいなと思ってます。今の私が目指すのは、通常の心理療法から奇跡のコースへ続く、その道を案内する役割です。そんな学べば学ぶほど面白くて、引き込まれていく奇跡のコース。ちょっとかじってみたい方に朗報です!私の先生のけいこさんが、(けいこさんのブログはこちら)19日の夜8時から、無料のお話し会をzoomで開いてくれるそうですー!!!未来くる(ミラクル) やまざき けいこ Zoomミラクルお茶会(無料) (奇跡のコース) - リザスト奇跡のコース奇跡講座|エネルギーヒーリング|サウンドヒーリング|未来くる|やまざきけいこ 未来くる やまざき けいこ 奇跡のコース教師/セラピスト/スピリチュアルヒーラー 未来くる(ミラクル) やまざき けいこwww.reservestock.jp今日もお読みくださりありがとうございました。

  • 07Jan
    • 子どものことをわかったつもりにならないためにの画像

      子どものことをわかったつもりにならないために

      セラピーの仕事で一番怖いことは、「わからない」世界に入っていくことだと思う。目の前にいるその存在が、どんな世界に生きているのか、その未知の世界に招き入れてもらえるのが、カウンセリングだとしたら、その時に、余計な偏見とかを持たずに、ただその世界で見えることを受け止め、そして私が一緒に何ができるんだろうと探っていく。知ったつもりになってしまうと、大事なことを見過ごしてしまったり、自分の思い込みで、ご本人が望まれない道に行ってしまうことだってあるかもしれない。私もこれまで、たくさんの失敗を重ねながらこのお仕事をしてきたな、と思うので、いつもうまくいくわけではないけれど、でも、相手の未知の世界に招き入れてもらうというその謙虚な気持ちは絶対大切。でもこれって、セラピーの仕事だけでなく、実は子育てにも大事だなーとふと思った。育児は、それこそ赤ちゃんから始まって、成長していく子どもとずっと一緒にいるわけで、そうすると、自分の子どものことをわかったつもりになってしまうんじゃないかと思う。年末に、見逃し配信で、世界の果てまでイッテQの、年忘れアワードというのを娘と遊びながら見ていた。その中で、ガンバレルーヤのよしこちゃんが、アメリカ人男性にふられてしまうというエピソードが出てきた時、娘も一緒に泣き出してしまった。なんで?よしこちゃん、なんでダメなの?と娘が聞いてくる。「よしこちゃんねえ、好きだった人が、よしこちゃんとは一緒にいられないみたいなんだよ」私は答える。そんな風に泣いた娘に、私はびっくりしだけど、なんだか優しい娘の気持ちが伝わってきた感じ。私が見えていない娘の心を、彼女が見せてくれているんだな・・・。まだ日本の幼稚園に通っていた時、幼稚園に向かう車の中で、「マミー、結婚て何?」と聞かれたことがある。幼稚園に行くようになり、娘の語彙は増えていったけれど、結婚て誰かが言ってたんだな。結婚なんていうでかいテーマの質問に、どんな答えが正解なんだろう??と、セラピストだけど、いい答え方がわからずに、これでいいのかどうか心配しながら、私は答えた。「家族を作ることだよ。マミーとダディみたいに二人が一緒に、家族を作ろうって決めること。そして、赤ちゃんが来てくれるお家を作ることなの。マミーとダディも、ルルちゃんが来てくれるお家を作るために結婚しようって決めたんだよ」その時も娘は泣いた。「どうしたの?」と聞いてみると「嬉しいの」と娘は答えた。娘は、色々と感じているんだと思う。そして、こういう会話から、私は娘という存在を学ぶんだと思う。娘が見せてくれる部分と、見せていない部分と、私はその両方を受け止めたい。その時から、結婚の意味が好きになったらしい娘は、プリンセスの映画とかでも、プリンセスが王子様とキスするシーンとかを見ちゃうと、「きゃあ、結婚?じゃあ、赤ちゃんがくるでしょ、ねー」と喜んでしまう。だから、よしこちゃんが、結婚ができないと、赤ちゃんも来れないから、悲しいようだった。娘はきっと大きくなったら、お友だちのこともこんな風に大切に思えるのかもしれない。新学期が始まり、娘が一番仲良くしていた、キャシーが転校してしまった。キャシーは、娘と全く同じような感じで、フランスに来たイギリス人の男の子だ。娘と同じで、フランス語が話せない。キャシーが入ってきたのは11月なので、一緒に過ごしたのは、クリスマス休みまでの1ヶ月半くらいだけなんだけど、二人は、英語を話す唯一のお友達同士で、学校でよく遊んでいた。でもキャシーくん一家は、もともとフランス南部に移住する予定で、コロナの関係ですぐに動けずにいたため、ご両親の家のあるこの地域に一時的に住んでいた。一応ロックダウンが解除されて、彼らは無事に南フランスに移住したわけだけど、キャシーがいなくなったら、娘はどうなるんだろう、、、と私は少し心配していた。キャシー、いなくなっちゃったけど、ルルちゃんはどんな気持ち?娘に聞いてみると「いなくても大丈夫よ。だって、マミー、わかった!ルカちゃんとは違う幼稚園だったけど、ずっとお友だちでしょ。今でもお友だちでしょ。だから、大丈夫!」とのこと。ルカちゃんは、ルルが2歳の時から、毎週一緒に遊んでいた、ルルの最初のベストフレンド。そしてルカちゃんのママも、私にとっては初めてのママ友。私たちは週1回どこかに一緒に遊びに行く、ということを2年近くしていた。でも、別々の幼稚園に行くようになり、遊べるのは、大きなお休みの時だけになり、そして今は私たちはフランスにいるから、もっと会えなくなっている。ルカちゃんも、ルルとおしゃべりしたいから英会話頑張ると言ってくれて、二人は次に会えることを楽しみにしている。娘が、経験を重ねながら、強くなっているのがわかる。さらに娘は付け加えた。「キャシーは、忍者になるための学校に行くんだって」とキャシーの新たな道を喜んでいる。キャシーは、本当は忍者の学校には行っていないはずだけど、娘とキャシーの間の会話はそうだったんだろう。へえ、そうなんだ!キャシー忍者になるの?と私はびっくり、娘は少し得意顔。寂しいけれど、乗り越えている娘。私は娘がとても感情豊かで、とても繊細だと思っているけれど、その彼女の心の世界は、彼女とちゃんと向き合うことで見せてもらえるんだと思う。だから、娘であろうと、決めつけるのではなく、その会話を丁寧にしたいな、と思う。娘だけじゃなくて、本当は、全ての人に、そういう心で出会えたらいいなあと思う。すぐに忘れちゃうけれど、でも相手を決めつけたりするのではなく、純粋に、その相手と出会うこと、その人の世界を謙虚に受け止める人になれますように。今日もお読みくださりありがとうございました。

  • 04Jan
    • セラピストの私が、今でも自分のセラピーを大事にしているわけの画像

      セラピストの私が、今でも自分のセラピーを大事にしているわけ

      以前あるレクチャーの中で、「カウンセラーになっても、カウンセリングを続けるべきなんだ」という話をしたら、とても驚かれて、いつまで続けるんですか!?と聞かれたことがあった。プロになって10年目くらいについた、私のスーパーバイザーは、自分のセラピーは300時間くらいしてるわよね?と平気で聞いてきた。ガーン。そこまでしてない•••!とびっくりしたこともある。そりゃあ、スーパービジョンとかワークショップとか、いろいろ計算したら、それくらいは軽くいくだろうけれど、個人のセラピーは、多分今の私でも、200時間も行ってないはず。ということで、私の中では、セラピーをずっと続けることは当然のこと。もしかしたら、「先生」という立場になり始めているからこそ、続けなくちゃいけないとも思っている。だからこの質問に対しての答えは、できる限りずっと、なんだと思う。でも何にしても私は、スピリチュアルな学びが大好きなの。だから趣味みたいになってるのかも。15歳の時に、ニューヨークに魔女の学校があると知り、そこに行ってみたいと思い出して、タロットを始めたこともあった。演劇に興味を持ち、演劇学部へ進学したけれど、それも、演劇の持つ神秘的な部分に惹かれていたから。ただ、私の人生にとって、スピリチュアリティは、重要な要素なんだけど、でも、すごい!!と思うものばかりではなく、なんとなく「スピ系」でくくられているものには、身構えていることもあるし、中には「けっ」と思ってしまうこともある。2021年になる前に、「風の時代」という言葉をやたらと目にしていた。読者さんから、拙著で私が書いている「女性性の時代」と似ていますね。とメールをいただき、それで、なんとなく内容が理解できた。(ありがとうございました)でも自分で、風の時代だね!なんて、いうには、恥ずかしすぎて、なんか違う気がして、そんなことは言ったりはしないけれど、よくよく考えてみたら、そんなのこの時代の流れで言ったら当然だろ、としか思えない内容だよね。もちろん、大きな流れとして、地から風のエレメントへと移行していることは、否めない事実なのだろうけれど。以前こんなブログも書いたけれど、私は、全ての人がスピリチュアルな存在であり、全ての人に、そのスピリチュアルな力があると信じている。そして霊感が強いことがそのまま、その人の精神性が高いことを示すわけでもないし、霊感が強くても、その人の個人的な問題が投影されているのであれば、見えるものが、純粋なものであるわけでもないということも、経験上よく知っている。『スピリチュアルな力と精神性の高さは比例しない』こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログにお越し頂き、ありがとうございます。「不思議な、見えない力」について「そういう人のほうが、精神的に高いの…ameblo.jpだから、私は、自信たっぷりに「霊感がある、見える」と言ってくる人をとても警戒してしまう。霊感があって、見えないものが見えると言っても、その人が自分のことをちゃんと学んでいなかったら、大抵の場合、あてにはならない、とはっきり思っている。だからこそ、スピリチュアルなことに興味を持っているのなら、キラキラしたものとか、前世とかオーラとか、そういうものばかりを語るのではなく、今この瞬間、自分の心の状態を見つめる練習が必要だと思っている。ヒーリングコードを実践するようになり、エネルギー的に人とつながることを学ぶようになったからか、奇跡のコースで、神の子である自分や相手を見る練習を始めるようになったからなのか、それはわからないけれど、私は、以前よりも「相手の光」や「癒すべき傷」が見えるようになっているなあと最近ふと感じたことがある。(光と言っても、文字通り光が見えるのではなく、その人の持つ素晴らしい要素という意味で)でもそれは、霊的なものというよりも、もっともっと、「ここにあるからわかること」のような感じがする。時々、初めてのヒーリングコードのセッションで、心を上手に開いてくれる方だと、自然にわかってしまうことがある。(もちろん、それはヒーリングコードのトレーニングで学んだ方法でもあるけれど)そうすると、「霊感があるんですか?」とびっくりして聞いてくださることもある。「違うんですよ。霊感じゃないんです」と答える。何かがわかったのは、あなたが、私に心を開いてくれているから。連続セッションを受けてくださっている方なんて、かなりエネルギーでつながっているからだと思うけれど、ご本人が思うよりも、私の方がはっきりと、その方の素晴らしさを見ていることが多い。もちろん、ご本人は、自信のなさや過去の心の傷などから自分のことを、こんなにも肯定的に、光の存在と見ることができないからこそ、セッションを受けてくださっているわけだけど。何にしても、私がそのかたをちゃんと見るためには、私の中に、余計な偏見とか、余計な不安とか、相手を斜めから見るような曲がった思い込みなど、そういうものがあってはならないのだ。目の前にいる人を、本当に光の存在としてみたい、と願うことは、その人が光の存在であることを、思い出させてもくれる。だから、私は何かというたびに、自分の心を見つめる努力をする。個人的生活の中では、家族に対してなど、結構できていないことにも気づく。ああ、だからこういうことが起きるわけね、とやっぱり見つめてみる。で、そういう自分については、というと、自分のことは全然見えない。わからない。それももう一つの大きな理由で、私は自分のワークを続けていく。自分を見つめるということは、簡単なことではありません。いわゆる「スピ系」でくくられる世界は、なんかふわふわキラキラしているみたいけれど、本当は、修行の世界だと思う。以前、ワークショップに参加してくださった方が、さちさんは「職人みたい」と感想を寄せてくださったことがある。(その感想は、リンクのページをスクロールダウンした一番下に載ってます)心を見つめることは、本当は地味で地道な作業なのですよね。で、ここまで書いて思うことは。「スピ系」という分野については、私はこんなにも斜めから見ているんだな、と気づきました。まだまだ、自分の修行は足りてません・・・もっと愛を持って、この世界を見つめられますように。今日もお読みくださりありがとうございました。女性性について書いている本はこちらドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-アマゾンジャパン合同会社1〜2,860円演劇の神秘について書いているのはこちら魂を癒す演劇: 古代の私に出会う場所Amazon(アマゾン)1,000円

  • 02Jan
    • もっと優しい世界の中で生きることを、選べますようにの画像

      もっと優しい世界の中で生きることを、選べますように

      みなさま、新年明けましておめでとうございます。ブログにお越しくださり、ありがとうございます。2021年が、みなさまにとって光あふれる1年となりますように。そして、コロナを体験したこの世界にとって、私たちが自分たちの心の癒しを進めることができる、より良い世界の始まりになりますように。私のワークを受けてくださる方は、私がかなりたくさんの頻度で「自分に優しく」という言葉を使っていることをご存知だと思います。自分に優しい、というのは、簡単そうで、全く簡単ではありません。なぜなら私たちの心は、いつでも自分を責める罪悪感、生きていくことへの不安であふれているからです。自分のために優しい思考を持ちたくても、気づけば、将来を不安に思ってしまったり、自分が嫌われないかを恐れてしまったり、なかなか思い通りにいかない日々を嘆いたり、怒ったりしてしまうものです。優しい思考を持つことは、実は、練習が必要なんですね。それは、自分を甘やかすことではありません。よく質問も受けますが、自分に優しくなることと、甘やかすことは全然別物なのですね。難しいですよね・・・?_でも、一人でやる必要もありません。そのためにお祈りがあるのだと思います。自分を優しい世界においてあげたいと祈ることは、そのまま、大きな存在への信頼にもつながります。自分に優しくなることの、その根底にあるのは、人生に対する希望と信頼だと思います。そしてお祈りをするというその時間が、もたらしてくれるのが、安心と平和の心だと思っています。私たちの心は、「足りないと思うものを埋めたい」と動き出すものです。でも本当に求めているものは、この安心なんです。だから私は、しつこいくらい、自分を安心させる時間をもとうねと言うのです。そんなふうに言っている私自身も、自分のことを不安にさせる思考に振り回されてしまうこともしょっちゅうです。だから今年は、不安になった時にはいつでも、自分の中の平和とつながる時間に戻る練習を重ねていきたいと思っています。すぐに忘れてしまうことですが、私たちの未来は、今この瞬間が作ってくれるのです。だとすると、思い煩い、不安や焦りに振り回されることが、何にもならないことが分かりますよね。そしてこの一瞬が平和の中で穏やかにあることを思い出すことで、私たちの願う未来が展開されていくのです。この瞬間、安心を選択することで、世界が変わるはずです。私たちの心が、世界をどう見るのかを決めます。だから、外側を変えるためには、内側を整えるしかないのです。これが全てのことの答えです。全て、心の問題なのです。だから私は、私たちが優しい世界に住むことができるように、自分のうちなる平和とつながりたいと思います。今年、私たちが、優しい世界に生きることができますように。今日もお読みくださりありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします!私の本が発売中です!婚活中に優しい思考を持てるように・・・!婚活に疲れた40歳のあなたに思い出してほしいこと: あなたの運命の人は絶対いるアマゾンジャパン合同会社222円

  • 31Dec
    • 2021年、私たちが癒していきたい、歴史的性的な傷についての画像

      2021年、私たちが癒していきたい、歴史的性的な傷について

      2020年も終わろうとしていますね。今年最後の記事が、これでいいのかなと思いつつ、先日アップしたこちらのブログに関連して、男性の抱える性的傷について書いてみました。2020年は、コロナで自粛生活が続く中、お笑い芸人さんたちの問題もたくさん聞きましたね。ちょっと前になりますが、また話題になったのは、渡部建さんの記者会見。いろんな意見もあるだろうけれど、私は私で、いつものように、女性性、女性の歴史的傷という観点から、この騒ぎを見ていました。なんで彼はここまで嫌われているのでしょう?そして男性にとって、これからどんな世界が展開されていくのでしょう?女性のセックスレスの話も書きましたが、ここに加えて、男性が抱える性的な問題についても、私が思うことを書いてみたいと思います。2020年、最後の記事がこの話題でいいのかな、、、と思いつつ。続きはこちらをご覧ください。歴史的な傷が私たちにもたらす性的問題 | Drama Therapy and Healing2020年は、コロナで自粛生活が続く中、お笑い芸人さんたちの問題もたくさん聞きましたね。ちょっと前になりますが、また話題になったのは、渡部建さんの記者会見。www.sachinakano.com今年もブログをお読みくださりありがとうございました。2021年からもどうぞよろしくお願いいたします。

  • 28Dec
    • 失敗は豊かさにしかならない。だったらいっぱい失敗することもいいことじゃないかと思う。の画像

      失敗は豊かさにしかならない。だったらいっぱい失敗することもいいことじゃないかと思う。

      私が日本の大学を中退して、イギリスに留学するため、イギリスに向かう飛行機で、隣の席に座ったビジネスマンの人とお話ししていたときのこと。飛行機の中にいると、私はほぼ100%の確率で隣の人に話しかけてしまう。隣にいるのに、何も話さず10時間以上を過ごすのがあまりにも不自然なことだからだ。大体会話は、どこに何のためにいくのか、という会話になるため、私も留学する話をした。すると彼は言った。「へえ、頑張ってね。あっちの大学を卒業するのは大変だからね。卒業できないと、君は、高卒が最終学歴になるわけだ。そうすると履歴書は高卒ってことになるね。大学中退って書いたら、みっともないし、就活で雇ってもらえないからね。少なくとも卒業と書けるほうがいいから」その時私は、頑張ります、みたいなことを言ったのだけれど、そのことを思い出し、ずっと後からなんだか腹が立ってきた。見ず知らずの人に言われることではないし、そもそも、大学の中退はみっともなくない!例えば、私が仮に中退することになったとする。それでも、私は自分の履歴書に中退までちゃんと書きたい。って、そもそも日本の履歴書は、ブランクを許してくれないから、かかざるをおえないんだけどね?何にしても、その履歴書を見て、日本の大学を中退、イギリスの大学も中退、ということを知った人が、こいつは何をやっても中途半端なんだ、と決めつけるのはとても短絡的で乱暴な結論だと思う。幸いにも、私は卒業までなんとかできたが、留学中、中退してしまった友人はいる。それは経済的なことだったり、勉強についていけなかったり、いろいろ理由はあるだろうけれど、でも、確実に言えることは、彼らがものすごく苦しかったし、悩んだということ。自分が歳をとって、ますます思うけれど、もしも履歴書に、日本の大学を中退して、さらに海外の大学も中退したというその経歴を見たときに、私はきっと思うだろう。日本の大学をやめてまで(やめることだって勇気がいる)、海外に挑戦する勇気があったんだな。海外旅行でも怖い人だっているのだから、留学は相当な勇気が必要。挑戦したけれど、でも、それを成し遂げられなかった。悔しかっただろうな。自分が一番自分を許せていないかもしれない。だから今度こそ、頑張ろうと思って、新たな挑戦をしているかもしれない。これは私が、海外留学を経験しているからこそ思えることだ。経験をしていることで、やっぱり見方が変わるし、中退というその文字のなかに、もっと複雑な心のストーリーも想像できる。短絡的に、こいつダメだななんて、思わなくなる。そういう深さは、順調な道にいただけでは絶対に得られないものだ。そもそも、自分の経験の価値は、自分で決めていい。いろんな失敗や、葛藤や、遠回りは、本人にとって一番辛いこと。でもその心と向き合っているのであれば、それはとっても豊かな経験だと思う。それを知っていたら、失敗だと思うようなことも、豊かさにしかならないと思う。ということを、私のブログHappy 40'sに書きました。経験はしておいたほうがいい。自信がないことと、失敗の経験。どうつなげたらいいのか?ということを書いています。良かったら読んでみてくださいね。写真のティラミスの意味もわかります。経験はしておくものだ。失敗があっても、それは経験という豊かさにしかならないのかも。 | Happy 40's私は長いこと、自分に自信がなかった。でも、ある時に、言われたことがある。「自信がないように見えないけれど?そっか、海外に住んだりして、いろいろ経験しているから、知っていることが多いからだね」確かにそうなのかも。happy40s.com今日もブログをお読みくださりありがとうございます。

  • 26Dec
    • 子どもはやっぱり遊びを通して成長していくの画像

      子どもはやっぱり遊びを通して成長していく

      学校が冬休みのお休みに入る前のこと。娘の学校で発表会があった。コロナの影響で、親たちは見に行けないため、zoomでのライブ配信が行われて、私も家で見ていた。最初は娘のいる3−6歳クラスから。小さい子たちが、輪になって踊る。娘を見ると、めちゃくちゃつまらなさそう。あれ、ダンスが大好きなはずなのに、なんでこんなにつまらなさそうなんだろう・・・日本の幼稚園の運動会では、娘は誰よりも張り切って踊っていたのに。私の中で、不安が顔を見せてしまう。やっぱりまだ、学校つらいのかな。こんなにも大好きなダンスなのに、こんな浮かない表情で・・・学校へ迎えに行き、娘に、「ダンス見てたよ、上手だったね!」と話して見ると、zoomで私が見ていたことは知らなかったようで、びっくりしていた。娘の様子は意外に普通で、お姉さんやお兄さんたちの、あのダンスは見た?とか楽しそうに聞いてくる。あれ?楽しそう?学校が辛いわけじゃないのかな???「ねえ、ルルちゃん、ダンス楽しかった?いつもよりも楽しそうに見えなかったけど」と聞いてみると。娘は即答。「楽しくなかった。だって、簡単すぎたんだもん!」そうだったのか、とようやく理解。その頃毎晩、私は、娘にダンスレッスンをさせられていた。娘が作る即興のダンス、例えば、月のステップ、蝶々のステップ、フラミンリンゴのステップ。(関係ないけれど、娘は小さい頃からフラミンゴをフラミリンゴとよび、それが可愛いので我が家ではその呼び方が定着している)それを娘に教えてもらい、練習して、音楽に合わせて(だいたいテイラー・スウィフトかプリキュア)発表し、先生の娘からOKをもらうというもの。私はこれから週に7回練習が必要だそうで、それって毎日じゃん、とちょっとめんどくさくなりながらも、夕食後のダンスレッスンを発表会の3日ほど前からしていた。親バカ承知で言うけれど、私は娘がなかなか素敵なダンサーだと思っている。手の動きとか、幼児のくせにしなやかだし、お遊戯とは違うちゃんとしたダンスで、ちょっと色気さえある。生まれながらのダンサーだ!とすごく思う。そんな娘が、学校であんなにつまらなさそうに踊っていたのは、ただただ、ダンスが簡単すぎたからで、おそらくその簡単なダンスの練習をこの3日ほどしていたんだと思う。なんかつまらない!というそのストレスの解消のために、夕食後のダンスレッスンだったんだな・・・確かに、発表会のダンスは、とてもシンプルだったけれど、それさえ踊らない、立ったままの子が二人もいたし、途中で、誰かが転んだりして、輪の中にいる子どもたちもドミノみたいに倒れたりしていたから、きっと学校としては、あれが精一杯だったんだと思う。でも娘は、簡単すぎて本当に嫌だったと、説明しながら泣き出した。慣れないフランス語と、退屈すぎるダンスと、娘の葛藤は、いろんなところにある。そしてその全てを、遊びの中で発散する。もちろん私は、この日の夜も、ダンスレッスンを娘から受けたのでした。やっぱり子どもは、こうやって遊びながら心を整理させて、成長していくのね。明日も一緒に踊ろうね。今日もお読みくださりありがとうございました。