1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-24 17:43:20

北海道

テーマ:ブログ

2013年頃から講演、スノーボード、そして、未知なる波を求めて年に2回ぐらいは訪れるようになった北海道。


昨日は雷雨の中、たくさんの人達がお店(札幌北ストア)に足を運んでくれて、とても嬉しかった。


今日は、厚真でサ—フィンスク—ルを開催。


昨日の雷雨、洪水警報から一転し、天気は快晴、風は緩いオフショア、波のサイズは腰~胸とスクール日和にはパ—フェクトだったよ。


厚真ポイントから一番近くに住んでいる方からも、バ—ベキュ—セットと北海道ならではの食材の差し入れも頂いて、うまかった♪


北海道はこれから季節が足早に進み、雪が降る前にたくさんの人達が波乗りを楽しんでいた。


貴重な小春日和?なのかな~、5時間もずっと海に入っている方もいて、寒い季節到来の前の一時を、皆さん楽しんでいた週末だったように思う。


今は、札幌市内に住む友人の家の子供部屋で軽く昼寝をしていた。


子供部屋は、ぬいぐるみだらけ(笑)で、これから、鍋パーティーだよ。


それにしても北海道の人達は、ちゃんとした考えをもっている人が多いというか、僕にとって凄く話しやすい人達が多い。
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-09-13 17:42:23

昼過ぎに

テーマ:ブログ


台風18号からのうねりが到着。


進路が北西なのと、前線があるので、関東方面はあまり大きくならないかな~。

上がって、頭ちょっとかな。


日曜日の後半あたりから、強い南風が吹き込むだろうね。


そう言えば、こないだの11年ぶりの強力な太陽フレア到着日。


夕方、ランドリーに行ったら、太陽がいつもより1・2倍ぐらいは明るかったように思える。


その日は、少ししか海入ってないのに、やけに焼けたよ。


太陽フレアの前後は地震が多いらしいけど、あのフレア到着日は、メキシコ震度7、熊本震度4、秋田5強と明らかに地震が多かった。


大きな太陽フレアが起こる現象って、太陽系の外から来る外圧みたいなことって関係あるのかな~?、それとも太陽の内部だけで起こる現象なのかな~?


気になるけど、わからない。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-06 13:53:32

台風からのうねり

テーマ:ブログ


は昨日で終了。


弱い秋雨前線が今日、明日と通過し雨模様。


今週末は、鵠沼で試合があり、いつものように波は膝ぐらいだろうね。


毎年、毎年、コンテストになると波がなくなるパターンで、なんなんだろうって感じ。


写真はこないだのマリブで、サイズ不足で順延になったんだけど、少し見学に行ったら、添田さんがいていろんな話をした。


その中で添田さんが最近行った南アフリカの話が印象に残っていて、今でもアパルトヘイトが凄いと言っていた。


その昔、ハワイアンのデ—ンケアロハさんなんかレストランも入れてもらえなく、道端で泣いてたという話も聞いた。


人種は、関係ないのにね。

 

 

後は、伊豆から来たカメラマンの土屋さんと話をして、僕が『良かったね☆雑誌が3つも増えて…ロングは、2つもあるのに、一時期ショ—トは1つ(サ—フトリップ)になったよね~、ショ—トボ—ドの方が全然凄いのにね…』と言ったら、『そうなんだよ…』と短めに返事が返ってきた。


まぁ、分析すると世の中は癒し系にお金を使うということかな~。

サーフィンに関連するファッションやのんびりライフスタイル、芸術や音楽といったものを紙面にすると雑誌が少し売れる構図なのかなー、。
 

その人が自分事で楽しめるみたいな、。

 

ネットの普及もあるし。


続けて土屋さんは、こんなことも言っていた…『やがて木は枯れ、新しい芽が出る…終わりがあるということは、始まりがある』となんとも渋く美しくまとめてくれた。




話変わって、9月は試合があったり、17日にはキッズセ—バ—のサ—フィンスク—ル(50人ぐらい)を御宿で開催します。


その後はメキシコからアンバサダーが来日するのでテイクケア—したりする。


そして、23日は札幌北ストアでサ—フィン・天気の講演をします。


翌日24日には、苫小牧の近くのビーチ(厚真)でサ—フィン教室も開催します。


詳しくは、パタゴニア札幌北ストアにお問い合わせ下さい。


今年も北海道は2、3回行く予定で、波を当てようと思っている。


やっぱり、空いている海で波乗りがしたいね。



今回の台風は、大きすぎず、小さすぎず、上陸もなく、いいコ—スを通ってくれて毎日サ—フィンができた☆

AD
2017-09-02 08:46:47

昨日の

テーマ:ブログ


一年ぶりの鎌倉は、サイズこそなかったが久しぶりの鎌倉ファンウェイブを満喫☆

夏のスクール(ファンタジー)でお世話になった友輝君と、これから期待されるまだ22歳の海夏人も湘南を訪れ一緒にセッション。

このAフレ—ムの波をバチバチ当て込んできて、刺激になったね~。


東南東うねりという珍しい角度で相模湾に入ったうねりは、左から来るのでライトよりレフトが断然良く、珍しく人も少なかった鎌倉でした。


泊まって今日もやろとしたけど、土曜日なのとサイズが下がると混雑してたくさんの人達に話しかけられて集中力がなくなるから、きのうの夜には東京湾をくぐって帰宅。


やっぱりいろんな人達が見ているから、集中してやりたいんだよね。


それにしても凄い北風だね。

 

ここ数日でいっきに気温が15度ぐらい下がったんじゃない。


油断すると風邪引くね。


今回の台風は、希な南北に延びる前線があったから、北風が強く、台風スウェルを半分消したね。


今日の勝浦もいっきにサイズダウンで、台風が目の前なのに、家の下でできるぐらい。


前線付き台風は、いつものようにやっぱり波を消した。


写真の波は、頭ぐらい…セットは頭半ぐらい。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-31 14:59:06

台風は

テーマ:ブログ


進路を西から北東に向きを変え、明日、房総半島沖を通過し、スピードアップして北海道へ。


衰えないまま北海道に到達するから、被害が起きるとしたら北海道の東側が要注意だと思う。


今現在、波はダブルぐらいで房総の東側はクローズアウト。


強い北東風と大雨で肌寒く、いっきに秋へ突入。


さっき、久しぶりに頭半ぐらいのマリブでサーフ。


長いこと波がなかったから、ロ—カル達は喜んでいた。

 

でも、横殴りの雨と風で少し寒かったかな。


あしたは、鎌倉に行く☆。


鎌倉でサーフィンするのは一年ぶりで楽しみ♪♪


でも、進路を北東に変えたから、鎌倉はあまり大きくならないかな~どうかな~?。


そして、今日の夜はワ—ルドカップ出場をかけて日本代表の試合があるね…世代交代で大幅にメンバーを変えるらしいから、どうなるんだろう?


なんか?心配だな~。

 

 

追加、日本代表、若手は頑張ったねー、やったね!  日本。

 

 

やっぱり、ハイリスク、ハイリターン、挑戦する気持ちが常に大事だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-08-28 17:12:57

台風15号発生

テーマ:ブログ


この台風は迷走することなく、日本の東海上を北上する予報が濃厚。


海は、にわかにきのうよりうねってきているので、あしたぐらいからファンウェイブになる気配。


この台風、時計回りの高気圧の吹き出しの風も重なるので、しっかりとした南東のうねりが入るだろうね。

今のところ、関東に最も接近するのは今週の金曜日、土曜日頃で、強い北東風が吹き、気温は下がるね。


ここ数日、房総半島は暑く、寝苦しい日々だったけど、きのうあたりから北東風が吹き、気温が下がって快適になった。


最近は、珍しくちょっと夏バテ気味なので、栄養ある食事をとろ。


そして、スズメバチの巣はどんどん大きくなっている。


巣本体は屋根裏の中なので、大きさは見えないが、かつてないほど蜂の出入りが激しいので、相当大きくなっているように思える。


今日は、ガス屋に電話をし、取り替える時は自分がやるから、来るときは事前に教えてとお願いした。


巣の近くを通る時は、振動と音に反応するから、こつがあるんだよね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-25 10:14:11

ハ—ビ—さん 2

テーマ:ブログ


あれは確か1995年頃だったと思う。


南アフリカの東にあるフランス領レユニオン島に行った時の話。


パリから約11時間のフライトで着く島は、とにかくミステリーに包まれていた。


横の座席には、巨漢のあのジャッキー・バクスタ—がいて、窓側には息子のジョシュ・バクスタ—が座っていたのを覚えている。


レユニオン島でオックスボゥの世界選手権が開催されるため、世界中から選手が集まろうとしていた。


到着早々、いつものように(笑)タクジとジョエルが喧嘩をはじめ、いつものように僕が仲裁に入ってなごめていた。


ショウロクと同じ部屋だったはずの僕は、この喧嘩により、急遽、ジョエルと同じ部屋に泊まることになった。


1990年初期にビラボンが出したサーフム—ビで、オッキーとロニーバ—ンズが滑ったあのレフトの目の前のホテルだ。


サンルーポイントはおもしろい波で、テイクオフ時に頭半ぐらいの波が、インサイドコ—ナ—でダブルぐらいにはねあがり、そこを抜けると深いチャンネルにぶつかり、波が地形に沿ってカ—ブしはじめる波だった。


残念なことに、今はサーフィン禁止になった。


理由は、サメだ。


レユニオン島は、富士山みたいな山が中央にあるので、ちょっと沖に行けば水深がガクッと深くなる地形をしている。


太古の昔、大海原に突如噴火してできた島。


沖合いはサメの巣で、とにかくサメだらけの島だ。


20年前の当時から、何人もサメに食われていて、僕らの滞在中も他のポイントで腕を噛まれた話を聞いた。


今は、当時より頻繁にサメが出現するので、ついにサーフィン禁止になったのである。


話を戻して、滞在中に一度だけトリプルオ—バ—の日があった。


緊張でゲロが出そうだったけど、地球の反対側まで来て、こんな日に逃げるわけにはいかなく、特にジョエルと同じ部屋で、朝から二人でやるぞ!やるぞ!と気合いを入れていたのを覚えている。


本当のことを言うと、二人ともオオビビリだったけど、負けず嫌いだから、やるしかなかったのである。


沖にいるサーファーは10人もいなく、僕はあまりのデカさにとっとと一本乗って上がった。


しかもその一本は、僕の番なのにジョエルが前乗りしようとしていて、僕は大声で怒鳴ったのを覚えている。


海から上がったあとに、『ジョエル、勘弁してくれよ!あんなデカイ波、前乗りされたら、たまんないよ!』と言ったら、『NO! 俺は、まさかお前があの一番デカイのを行くとは思わなかったんだ』と言っていた。


そんなある日、ホテルの前の岩場を歩いていたら、突然、ハ—ビ—さんが僕を呼んでいる。


近づくと『ジミークリフのコンサートが今からあるから行くぞ!』と誘われ、僕は、ジミークリフという人を知らずに『オッケー!レッツゴー!』と返事、コンサート会場に向かった。


すると、会場に入る入り口は一つの門で、その横は万里の長城みないな高い壁になっている。


2つのチケットをハービーさんが購入し、その門に向かった。

 

 

順番関係なく、何百人もの島民が一つの門をくぐろうとしていた。


僕らもその門に向かい、なんとかしてあと一息でくぐれる時に、なんと!!門が閉まってしまったのである。

 

すると、黒人と白人の混血がほとんどの島民達が猛牛のように怒り狂い、門めがけて前進してきたのである。

 

後から分かったことだが、たぶん、レユニオン島の島民はジミークリフの大ファンで定員オーバーにでもなったと思い込んだことだろう。


 

すぐさま押しくらまんじゅう状態になり、その瞬間に僕の頭の中は『あっ!これはヤバい!! 、ハ—ビ—さんヤバいよ! みんな怒り狂っているよ!』…ハ—ビ—さんは、『俺は背が低くて見えないから、お前に捕まるよ!』と僕に抱きついて来て、『とにかく、何があっても転ぶな!転んだら、絶対におきあがれないぞ!たくさんの人達に踏まれて呼吸困難になるぞ!』と僕は叫んでいた。


押しくらまんじゅうのアウトオブコントロール状態が数分続き、大衆の波が僕らを圧迫してまったく身動きができない。


気が遠くなりはじめた。


呼吸も困難になってきて、僕らは弱りはじめていた。

その時に一つのアイデアが浮かんだ。


『ハ—ビ—!、壁まで3メ—トルぐらいだから、とりあえず壁までなんとかして行こう!』


ハ—ビ—さんは、『デイヴィッド!俺には何も見えない…ただお前に捕まるしかできない…』…そんな切羽詰まった会話をしながら、死に物狂いでなんとか壁にたどり着き、ハ—ビ—!壁を登れ!僕はハ—ビ—さんの片足まで手を伸ばして持ち上げ、ハ—ビ—さんは僕を踏み台にして登り始め、最後はスタンディング肩車状態で二人で壁に張り付いていた。


 

身動きがまったく取れず、底なし沼にでも沈む心境で、僕はハ—ビ—さんを肩に乗っけてただひたすら耐えることしかできなかった。

 

もう気が遠くなるばかりで、すべてがスローモ—ションに映り、ただ耐えるしかなかった。


すると、門が空いた☆


少しずつ人が門をくぐり出した。


それを横目に僕らは言葉ではいい表せない安堵感にひたっていた。


助かるんだね~、、、そう思うぐらい、今でもあの体験はよく思い出す。

 

おそらく、あまりの人たちが一つの門に殺到して、主催者側の誰かが

門を閉めようと判断し、それが逆効果になった出来事だと思う。

 


のちに、数名が救急車で運ばれ、その後の情報は知らない。



異国で心細い時に、みんなで乗りきったあの数々の経験は、心の財産となって今も僕の中で生きているよ。


それは、ハ—ビ—さんの表情も物語っているね。

2017-08-23 06:53:41

大貫海岸

テーマ:ブログ

                          ファンタジーアイランドにて


においての自分のサーフィンスクールは20日で無事終わり、今は千葉の勝浦へ戻ってきている。


今年はオホーツク高気圧が強く、茨城も北東の風『やませ』の影響を受け、毎日曇り空が多かった。


それでもたくさんの人達がスクールを受けに来てくれて、僕が17日間で教えたスクール生徒の人数は、約100人。


20代、30代,40代の男性が6割、女性が2割、2割がファミリ—だった。


皆さん、どこから来たの?と訪ねると、宇都宮、那須、水戸、土浦、群馬方面、千葉北、東京、埼玉が多かったね~。


ほとんどの人達が、はじめてサーフィンをするといった人達。


じつは、僕はその人の歩き方や体格を見た瞬間に、だいたいこの人は今日立てるな~とか、この人は苦戦しそうだな~とかわかるんだよ。


やっぱり、軽い人はすぐ立てて、ちょっと重い人は苦戦する。


でも5回ぐらい押せば立てるね。


いまのところ100人教えて、その日に立てなかった人は2人ぐらいかな…。


なぜ!?はじめてサーフィンする人達が、これほどの確率で立って少し滑ることができるのは、やっぱり波質なんだよね。


波が小さい日の大貫海岸は、パドルより、歩いて簡単に沖に出れるので、初心者でも簡単に教えることができるんだよ。


たくさん波が来る中で、スロープの緩い波を狙って押すんだけど、この時の先生の波選びが重要。


初心者をパ—リングさせるわけにはいかないから、緩いスロープの波を探して、少しだけ押す。


それでも立てない人達には、地元のサーファーから教わった必殺技を使う。


テイルを押した後にそのまま後ろからボディーサーフィンをして、テイルを最後の最後ま離さず、ボードを安定させて立たせる技。


でも、必殺技を使うとすごく疲れるから、苦戦して立てない人達だけに使うんだよね(笑)。





あのはじめて波に乗った瞬間…みんな一生覚えていると思うけど、サーフィンはやっぱり凄いね~!


全員、何これ! 何この足裏に伝わるなんとも言えない浮游感。


楽しい♪楽しい♪の連発だよ。


第二次サーフィンブ—ムから20年。


もはやブ—ムという言葉はなくなり、サーフィン人口はずっと右肩上がり。


こんなに楽しい経験は、世界中いくら探してもないから、サーフィン人口がこれから世界中で右肩上がりになるのは当然なんだよね。



大洗は、沖に堤防があり、あらゆる角度の風に強く、しかも、ビギナー最大の強みである遠浅のビーチだから、たくさんの人達が集まるだよね。



大貫海岸のローカル達ともたくさんの友達が出来て、お世話になりました☆

2017-08-02 11:50:33

撮影は

テーマ:ブログ

無事終了。


昨日は小雨だったけど、今日は晴れて良かった。


泊まった旅館は標高の高いところで、温泉は貸し切り状態だった。


今は、越後湯沢という駅で、新幹線の席はなんと!?2階のグリーン車。


このあたりは来たことがないから、とてもいろいろ新鮮だった。


今回の旅のメンバーは、細川哲ちゃんとうっし~さん(牛越)も一緒だよ。


越後湯沢から東京まで一時間半で、そこからわかしお号で勝浦へ。


夏の山と渓流、広がる田園地帯…とても冬の豪雪地帯とは思えないほど綺麗な景色が広がる一泊二日の撮影旅行でした。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-30 13:49:05

久しぶりの

テーマ:ブログ

仙台新港だよ。


試合のお手伝いで来ました。


きのうは、日本でも有名な鳴子温泉に泊まった。


東北の梅雨明けはまだで、台風5号が抜けてからかな。

台風5号、南海上でさらに発達し、どうやら関東直撃コ—スが濃厚。


仙台の水温は、千葉より暖かく、裸で入れるぐらい。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。