建築系CG素材サイトDATA STATIONのブログ(建築パース)
  • 25Sep
    • プレミアコンテンツ【人物new(仮称)】のお知らせ!

      DATASTATION最新情報をお届け!みなさま、お待たせしました!(本当に・・・)本当に長年、リクエストを頂いていた人物カテゴリに、新作がプレミアコンテンツとして追加されます!新たにモデル様と契約、撮影などを行い準備した完全新作コンテンツです!長らくお待たせして本当にすみません~!パースの添景素材として使える、切り抜き済みの2D画像フォーマットはそのままに、今の時代に合わせた様々な工夫を凝らしました!服装も今風を意識しつつも、何年経っても素材として使えそうなシンプルなファッションに・・・ 人物の年代は子供はもちろん、ハイエイジ世代までカバーしています。この世代は今まで素材が本当に少なかったですよね!重要なポイントです!さらにさらに、歩く、話すといった汎用的なポーズから「ガーデニング」「ペットと散歩」「テラスで朝食」といった今どきのライフスタイル提案にピッタリなテーマの物も制作しています!  まだほんの一部しかお見せできないのが本当に残念です・・・。人物新コンテンツ(仮)は今冬、DATASTATIONからプレミアコンテンツとして順次配信予定です!ぜひお楽しみに~!!

  • 07Sep
    • プレミアコンテンツ【テクスチャベイクシリーズ・車】のお知らせ!

      こんにちはDATASTATIONの森山です!月曜に出張だったのですが、台風の影響でもう一泊延長に。ビジネスホテルは慌ててとった割に部屋は広くて清潔でラッキー!と思ったのの、何故か廊下~部屋の中が重い雰囲気。。。翌日、大阪に帰ってきたらすぐ体調を崩しました。何か憑かれたんですかね?話は変わって、データステーションの先取り情報をお知らせします!2018年、12月よりデータステーションではどんな人でも、キレイに、速く、簡単に使える。をコンセプトにした「プレミアコンテンツ」が順次リリースされます!第一弾は【テクスチャベイクシリーズ・車】のラインナップを予定中です!きになる詳細は百聞は一見にしかず・・・ということでyoutubeに紹介動画をアップしました!ぜひチェックしてみてください~!リリースにむけて鋭意開発中です。お楽しみに!

      6
      テーマ:
  • 28Aug
    • 新作の家具、小物セットを企画&製作中!

      こんにちはDATASTATIONの森山です。DSサイトでも特に人気のあるコンテンツ。家具セット、小物セット。インテリアのトレンドや使用する際の利便性を考えて、色んなものが企画されているのですが・・・今回はその企画を手伝ってみました!注目したのはこれ↓書斎のカテゴリにあるPCデスクセットですが・・・PC、モニター、プリンター、本類などがギッシリ置かれていてこれはこれで書斎やPCルームにぴったりなのですが眺めてたところもっとシンプルで、クセが少なめで、オシャレなものが欲しいなあ・・・と思ったので、作成してみました!■デスクセット(黒いの)都会的でスタイリッシュなデスクをイメージして・・・下記のデータをミックスしました!↓↓↓    小物を置きすぎるとゴチャつくので、ギリギリまでシンプルに。ちなみに机と椅子はそれぞれ「F031デスク」「シェルサイドチェア」と今でも販売されている名作デザイナー家具です♪■デスクセット(白いの)リンゴ(意味深)のデザイナーさんのデスクをイメージしました。下記のデータを組み合わせていますが・・・ノートPCは今風の薄型に加工したり、書籍の表紙も雰囲気に合うように少し手直しました♪デスクは、このセット用に新規作成した家具です!  そして・・・■プラモデル制作セット(ガチ塗装仕様)前置きがまわりくどいですがこれが一番作りたかった。エアブラシ、塗料ラック、制作中のプラモ・・・男のホビー要素を盛り込んでます!この手の趣味が大好きなお客さん(お父さん)ならワクワクすること間違いなしの情景小物セットです!!というわけで、今回私が作ってみたこの3セットですがDATASTATIONでの配信時期は秋頃を予定しています♪ 他には、まだラフの段階ですが子供部屋のセットなんかも考えてます♪こちらもニーズがあれば制作していきたいなあ・・・と思います!どうぞお楽しみに~!http://www.datastation.jp/

      5
      テーマ:
  • 24Jul
    • DSの医療系のコンテンツデータを使って、診察室のイメージを即効で制作!【その2】

      こんにちはDATASTATIONの森山です。前回、ここまで作成した診察室をもう少し小児科っぽい、雰囲気をプラスしてみましょう。ズバリ、ウォールステッカーを貼ります!(CGですが)最近、インテリアのアクセントなどで流行していますが、こういったケースにも使えると思います。今回は、子供部屋にぴったりなデザインのステッカーを使用しました!↓↓けっこう合ってる!(はず)なお、ステッカーのモチーフが気球なのでアクセント壁を空っぽいブルーに変更しても面白いかもしれませんね♪何度でも検討できるのが、CGの強みですね。なお、空間の作成から1からはじめてここまで約30分といったところです。とくに診察机の雰囲気や医療器具が乗ったカートなど、組み合わせが大変なところがすべてセットになってるので、制作が楽々です♪上記のイメージで使った3DデータはすべてDATASTATIONでダウンロード可能です!DSのテーマ「医療施設」カテゴリにもアップする予定なのでお楽しみに!住宅だけでなく、こういった特殊なコンテンツも豊富に揃っているのがDATASTATIONの強みです!今後も様々なニーズにお応えしていきますので、よろしくお願い致しま~す!http://datastation.jp/

    • DSの医療系のコンテンツデータを使って、診察室のイメージを即効で制作!【その1】

      こんにちはDATASTATIONの森山です。全然関係ありませんが、「えびめし」ってご存知でしょうか?岡山のご当地グルメで、それほどメジャーではないんですがこれがとにかくウマい!!カレー、チャーハン、牛丼に匹敵、もしくはそれ以上にウマいご飯系マストメニューだと思います。さて、DATASTATIONのコンテンツは戸建やマンションなどの住宅関係の外観、内観パースに特化した素材サイトと思われがちなんですが・・・店舗や施設のイメージ作成で使える素材も豊富なのは知ってましたか?特に医療系のデータはとても充実!!例えばこんな空間に・・・↓↓↓この「診察室セット」をダウンロードして入れるだけで・・・一気に診察室っぽい雰囲気に早変わり!※エアコンもこっそり入れました。ここから、この病院を小児科と仮定してちょっと味付けしていきます。↓↓ぬいぐるみや・・・↓↓身長計、ポップなカラーの掛け時計なんかをチョイス。さっきの診察室に小物として配置してみましょう。ちょっと無機質ぎみだった空間に、暖かみがプラスされました!壁の一部もアクセントカラーにしてます。もうここでほとんど完成なのですがここからは好みでさらに味付け・・・・続く!!

  • 29Jun
    • コーディネート無限大♪ファブリックテクスチャの活用方法のご紹介!

      こんにちはDATASTATIONの森山です!昔から何故かいつも夏になると運気が落ちるのかひと夏に一回は何かトラブルに巻き込まれます。この時期がものすごく不安でしょうがないです。今回はそんな暗い出だしとは打って変って、爽やかな記事をお届けします。6月のDATASTATION更新で追加した注目コンテンツ「2Dカテゴリ・テクスチャー/ファブリック」の使い方、活用方法をお知らせします!なんと6月に柄物ファブリックが46点も追加されました!!■ファブリックテクスチャーの使い方!!部屋のインテリアイメージを作成する時、主要な家具を置いた後に「もう少し雰囲気を変更したい」と思ったり、言われたりしたことはないでしょうか?こういう場合は、家具や小物を丸ごと変更すると大変時間がかかってしまいますよね・・・。インテリアコーディネートの方法性は変えずに、お客様の好みに合うようにもう少しカスタマイズしたい・・・という場合に非常に使えるアイテムなんです!具体的な使い方をご紹介します!下のイメージをご覧ください。こちらはDSのコンテンツでコーディネートしたナチュラル系のインテリアです。ファブリックテクスチャーのおススメな使い方が、クッションとの組み合わせです!ソファの上にあるクッションの柄を変更してみましょう。(赤丸で囲っているところです)ご使用のソフトにより方法は違うかもしれませんが、ダウンロードしたファブリックのテクスチャーを、貼り替えたい部品に差し替えするだけです! 差し替えました!↓↓↓↓↓↓↓↓ 差し替えました!↓↓↓↓↓↓↓↓ソファに置かれていたクッションが、グリーン主体の爽やかなものから個性的な柄が入った物に変わりました♪これだけでかなり部屋の雰囲気が変わりますね!柄や色のラインナップが特に充実したため、その組み合わせは無限大です!また応用編として、単品のクッションとも組み合わせる方法もおすすめです♪まずはソファーなどの上に、単品のクッションを置いてみましょう!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓乗せました!座面高に高さを合わせるのに少し調節が必要ですが、そこまで正確に高さを合わせなくても大体でOKです。クッションの性質上、少しソファに埋まり気味にしてあげても違和感がでないと思います!位置を調整した後に、テクスチャを貼り替え!   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓差し替えました!爽やか~な仕上がりになりました♪クッションの海にダイブしたくなりますね~!見本はナチュラル系インテリアの例ですが、もちろん他のコーディネートにも使えます!こちらはレザーソファのクッションを変更した例。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓クッションを乗せて、差し替えました!ハードな仕上がりのレザーソファに、カラフルな柄が意外とマッチしますね!他にはラグやカーテンなどにも・・・用途はアイデアの数だけ!インテリアコーディネートの強い味方になる2Dカテゴリ、テクスチャーのファブリックは、大好評配信中です!ぜひ活用してみてください!更に7月更新のコンテンツで、グリーンや植物をモチーフにした淡い色合いのファブリックを配信予定です!こちらは既存のナチュラル系のファブリックとは違ったまたボタニカルな仕上がりになります♪7月の配信をお楽しみに~~!!http://members.datastation.jp/newlst.php?l_flag=0&list_fg=1

      2
      テーマ:
  • 30May
    • 難しいインテリアも楽々再現! インテリア「ブルックリンスタイル」のお知らせ!

      こんにちは、DATASTATION(DS)の森山です。http://www.datastation.jp/みなさん、DSのテーマは使ってますか?※VHmembersの方は「プレゼンの匠」でおなじみのアレです。気になるパース(イメージCG)を選ぶとそのシーンを再現できるコンテンツが一目でわかってダウンロードもできる機能です。今年に入ってアクセス数、ダウンロード数が伸びており、特に「インテリア」カテゴリはDSの人気コンテンツとなっています。膨大なデータを組み合わせてインテリアを再現・・・。専門のスキルがあっても、意外に時間がかかって難しいので是非活用してみてくださいね。そんなテーマも、定期的に新作が追加されてます!なかでもおススメは来週公開のコレ!オシャレなカフェのようなスタイリッシュだけど、落ち着いた心地よい空間。そんな洗練されたインテリア「ブルックリンスタイル」!人気はあるものの、雰囲気を出すのが結構難しいインテリアです。それを隅々まで再現できる家具、小物、照明器具、テクスチャー・・・が、一目でわかる&ダウンロードできちゃいます!公開は6月5日(火)を予定しています!DS会員の方はメールマガジンで公開のお知らせを致します!お楽しみに~!!

      7
      テーマ:
  • 28Mar
    • 「リアルタイムレンダリングエンジン」にDSデータを入れてみた!

      こんにちは、DATASTATIONの森山です。http://www.datastation.jp/2月の記事「DSコンテンツの質感アップ!」記事の続きがなかなか更新できなくてすいません・・・。今回は違うお話で、ユーチューバーの動画みたいなタイトルになっています。職業柄、様々なCADやCGソフトを見る機会が多いですが、今年に入って、「リアルタイムレンダリングエンジン」を触る事ができました。テレビゲームが好きな方は知っているかと思いますが「リアルタイムレンダリングエンジン」は、いわゆるCGデータをキレイな1枚絵に出力する一般的な手法の「レンダリング」ではありません。その名の通り、リアルタイムにCGデータを描写してくれます。処理が大変重くなるため、昔は現実的ではありませんでしたが。最近はテレビゲームの描写力やPCのスペックが大幅に上がったこともあり、処理時間だけでなく、表現もリアルになりました。今は様々な分野に派生して研究が進んでいるようです。うちのDATASTATIONの人気コンテンツの「テーマ」の幾つかを、空間データごとその「リアルタイムレンダリングエンジン」に取り込んでみました。■親子カフェ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓おおー!キレイだ!しかもこのクオリティでグリグリ動かせることに驚愕!子供を座らせて本を読ませてみる・・・※注意!!こちらのお子様方はDSのデータではありません!■子供部屋↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓難しい淡い色合いの空間もしっかり描写できてますね~恐るべし。リアルタイムレンダリングエンジン!!!ちょっと心配していたDATASTATIONのコンテンツも、特に違和感なく馴染んでくれているようです。今後、このリアルタイムレンダリングの分野がもっとアツくなっていくのかもしれません。建築パースで強いDATASTATIONも、こういった分野のコンテンツでお手伝いしていければと強く感じました・・・!http://datastation.jp/

      6
      テーマ:
  • 09Mar
    • 社内3DCAD・パース研修を行いました!!

      こんにちは、DATASTATIONの森山です。本日は私は勤めてるファインの出来事を少しご紹介・・・。先日、営業を対象に社内で建築3D-CAD研修会を実施しました。不肖ながら、私が講師を務め、3DCADの図面の入力といった基礎からパースのつくり方、魅せ方まで一通りレクチャーしました。最後にパース演習をして、みんなでレビュー!パースは外観、内観と盛りだくさん!!約5時間、ギッチギチに詰め込んだ内容でしたが「この機能は便利ですね!」とか、「このアングルはいいのかな?」など口々につぶやきながらも熱心にパソコンに向かって操作していました。お客様の業務を実際に体験することで、現場のお困りのことや“こんなことができたらいいのに”を身を以て感じて考えられる貴重な時間となったようです。  みなさまのお役に立てるよう、精一杯努力してまいりますので今後ともファインと、DATASTATIONを宜しくお願い致します!http://datastation.jp/

      5
      テーマ:
  • 08Feb
    • 【DATASTATION】3DCGデータの質感アップにチャレンジ!!②~3DCGソフトの場合~

      こんにちは、DATASTATIONの森山です。http://www.datastation.jp/1月に発売した某狩りゲームが楽しすぎて毎晩が待ち遠しいです。もしプレイしているDATASTATIONユーザーさま。いらしたらひと狩り行きませんか?さて、前回からの続きですがDSユーザー様から寄せられた質問でダウンロードしたコンテンツをリアルに仕上げるにはどうすれば良い?に対し、森山がうちのDATASTATIONのデータでレッツトライしてみよう!という企画です。対象物は人気の3D乗用車を使います。今回は早速、3DCGソフトを使ってチャレンジしてみたいと思います。ソフトは例によってこのブログではおなじみの「Shade.ver16」を使っています。Shadeもふくめどの3DCGソフトでも、中でモデリングしたデータや、DSからダウンロードして外から取り込んだようなデータも、「マテリアル(Shadeでは表面材質)」という項目で質感や色に手を加えることができます。 Shadeは基本日本語なので、慣れてない方でも直感的に分かりやすいです。前回は前フリで一つ一つのパーツにキチンと設定していくと、面倒で時間もかかるので目立つ部分にのみ絞り込んで調整すればOK!という締めでした。ではさっそくはじめていきましょう。使用したのは、DSの乗用車「ハイブリッドカー gsa112tp」です!車の目立つ部分といえば当たり前ですが、当然ボディ。まあ、ツルツルな表面やし「反射」を上げとけばええやろ・・・ということで安直に「反射」の数値を65にしてみます。ちなみに取り込んだだけのデータは反射が0になってます。左上の球体が質感の目安になってるので、ここを見ながら行うと良いでしょう。設定が終われば、さっそくレンダリング!なんじゃこりゃ!?(左が変更したもの、右が何もしていないもの)「反射」が強すぎたのか、周囲の景色がハッキリと映り込みすぎてまるでメッキのような質感になってしまいました。あと、車のボディが真っ白になってるのは、Shade上で「背景」にあたる部分を白一色にしてるからでしょう。ということで、「反射」を20に下げてみました・・・。もっかいレンダリング。映り込みが抑えられて、本来のボディカラーに近づきました。悪くはないですが・・・・まだボディがなんかのっぺりしていますね。屋外のシーンで車を置くと良くおこりがちですが、周辺(特に上空)何も映りこむ物がないからです。現実では空や雲やビルがあったりして何かしら映り込むんですが、CGでは何もしないとドラゴンボールの「精神と時の部屋」なみの真っ白or真っ黒な空間な場合が殆どです。「じゃあどうするの?」って事で、この問題を回避方法はいくらでもあるんですが、まずはお手軽にそれっぽく再現する方法として単純に背景にそれっぽい空の画像をアテこんで、車のボディに映りこませてみましょう。ちなみに空の画像については「雲一つない快晴」や「上から下まで全部真っ青」なものより、地平線から上空にむかってグラデーションしてるようなものがおススメです。DATASTATIONにも、ちょうど良さげなのがありましたよ!2D「空・街並」カテゴリの昼系(横型)fea020xpさっそく「背景」にハメこみましょう。投影は「球」にしてください。↑を見ればわかるのですが、画像の端と端の切れ目がでちゃってますね。本来ならばこういう背景画像も、テクスチャーのような切れ目の出ない「シームレス画像」が一番ベストなんですが、この空はそういった目的の画像ではないのであしからず。そんな感じで、空の画像を「背景」にセットしてもう一回レンダリングしてみました。おお!随分良い感じになってきましたよ!!※この時に、空画像の切れ目が映り込みに見えちゃった場合は、「方向」のスライダーを動かして、レンダリングした時に目立たない位置まで調整してみましょう!要は最後の画像で目立たなければOKなんです。でも今回は一発OKでした。大分いい感じになってますが、もう少し質感を追求したいな・・・という方はぜひ「フレネル」を使ってみましょう。フレネルは「物体の周辺環境の映り込み具合を、見ている角度によって変化させる」というものです。物凄く数学的なもので、自分が説明するにも知識が乏しすぎるので調べるのが得意な方は「フレネル 反射 計算」とかでググってみてください(他力本願)自分は「テカテカの反射から、深みのある映りこみが出る様な感じ」と覚えてます。「フレネル」はmaxの100にしてしまうと逆に全然反射がなくなってしまうので20~90辺りで使い分けます。今回の車のボディでは「0.60」に設定してみました。↑上の設定を見ればわかりますが、フレネル値を調整した後、反射が弱く感じられたので、反射の設定も「0.20」→「0.50」と強めに戻しました。再度レンダリング。設定前と比べて、ボディのところが更に自然な映り込みになったのがお分かりでしょうか?「フレネル」の使い方としてはクロームメッキのような質感→フレネルなしでOK塗装されて磨かれた金属・プラスチック、窓ガラス、フローリングなどは、フレネルを値をいじると良いと思います。ではおさらいです。今回のような車の質感をアップする調整ですが、下記の画像の3、4点の部分を抑えておけば、いわゆる建築パースのようなシーンでは大丈夫だと思います。・ボディ・窓ガラス(フロント部分)・窓ガラス(スモーク部分)・フロントグリルなどのメッキパーツ↑今回のShadeでの各パーツの表面材質設定です。あくまで参考に・・・※目立つヘッドライトはテクスチャーで再現してるので、DSからダウンロードしたままで 調整は不要です!!では、実際に使うとどうなるか見てみましょう!住宅のパース制作を想定してエクステリアに3D乗用車を添景物として使用してみます。※DSからダウンロードした3D乗用車のデータをインポートして そのままレンダリングしてみました。 車はボディの部分がちょっとオモチャっぽいですね。※今回の記事に沿って、車の部品3点に質感を加えた画像です。どこがどうかは難しいですが、自然な馴染み具合になっていませんか?特に左側の車の変化が顕著です。フレネルは青、赤、黒といった、濃いボディカラーや窓ガラスの部分で特に効果がでてきます。両画像を拡大するとこんな感じです。で、ここからが大事!もし「うまくいかない!」場合の調整のコツです。色が沈みすぎている!と思う方はシーン全体をワントーン明るめにレンダリングする。またはパーツに設定されている色を明るめに変更をすれば大抵大丈夫でしょう。窓ガラスは前の方が好き!思う方は何も手を加えなければ良いのです。何でも同じになってないといけない!!のではなく、取捨選択も大事です。※さらに変更後。車のモデルパーツ全部に質感を加えました。でもほとんどというか、違いが全くわかりませんでした。。こういったパースの添え物として使用する場合は、目立つ部分だけ手を加えれば良いというのが分かりますね。如何だったでしょうか?慣れてる方からしたらごく当たり前のことだったり、浅い部分のおさらいに感じられるかもしれませんが、今まで意識してなかった、全く知らなかった方にとってはなんとなく、どこに手を加えれば手軽に良く見えるという事が見えてこないでしょうか。内容的にも肩の力を抜いてチャレンジできるレベルではないでしょうか・・・?また、Shadeをはじめとした3DCGソフトでは、大抵の場合マテリアル(Shadeでは表面材質)を設定をデータとして保存して、同じような質感の部品があった場合に使いまわすことができます。各パーツだけじゃなくて、気に入ったボディカラーも登録しておくと、お手軽にバリエーションを増やせますね。↑こういったマテリアル設定は使いまわしてナンボです。今回の記事は、比較的自由にパーツの質感アレンジや設定ができる3DCGソフトを使ってみましたが、次回はCAD(アーキトレンド)を使って検証したいと思います!お楽しみに!

      7
      テーマ:
  • 24Jan
    • 【DATASTATION】3DCGデータの質感アップにチャレンジ!!①

      こんにちは、DATASTATIONの森山です。お正月休み中に、大分県で食べた白飯が異常に旨かったので仲居さんに聞いてみたら「ミルキークィーン」という銘柄でした。では今回は本ブログ記事でもアクセスが多い、絵の仕上がりに関わるコツのお話です。DATASTATIONのデータを使ってる方はデータをCGソフトやCADにインポートして、最終的に一枚の絵にレンダリングすることが多いかと思いますが・・・例えば、DATASTATIONサイトに載ってるコンテンツの見本画像みたいに、もう少しリアルに仕上げたい!という事はないでしょうか・・・?http://members.datastation.jp/newlst.php?l_flag=0↓↓できます!!!!DATASTATIONのコンテンツは多様なCGソフト、CADで使用できるようになっていますが、データにつけられてる質感(マテリアルとか表面材質とか、言い方はソフトにより結構違います。)なんかは、そのままだと物足りない場合があります。なので、ソフト側固有の設定でそのへんを少し詰めてあげると、仕上がりがダンチになります。ただ今回使用してるこの乗用車では、一つのデータ内がこんなにパーツが分けされてます。この一つ一つのパーツにキチンと設定していくと、めちゃくちゃ面倒だし時間もかかってしまいますので・・・目立つ部分にのみ絞り込んで調整してあげると効率的です!■そんな設定をしてレンダリングした画像がコチラ↓向かって右側がインポートしたままのデータ左側が部分的に質感を設定してあげたデータです。例えば3D乗用車だと、これだけ質感の差がでてきます!使用ソフトは「Shade3D ver16」 レンダリングは「ラジオシティ」を使いました。インポートに使用したデータは3dsです。Shadeのレンダリングや質感設定が優秀なのもありますが・・・比較的低価格で手が出しやすいCGソフトでもこれだけ質感を上げることができます。次回は、その設定方法をできるだけ詳しくご紹介できるように・・・頑張ります!お楽しみに!

      4
      テーマ:
  • 09Jan
    • 2017年を振り返り!DS新着コンテンツ人気ランキング!!

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。2018年もDATASTATIONをよろしくお願いします!昨年度も多くのユーザー様に指示していただき、DSは15周年を迎えることができました。ありがとうございます!15年間に積みあがったコンテンツ数はなんと約15万点となりました!今回は、去年2016年12月~2017年12月の1年間でDATASTATIONに追加された新着コンテンツの中で、最も人気があった(ダウンロードされた)アイテムの1~10位までのランキングを紹介します!一体どんな傾向が見えたのでしょうか?■No1fop092xpウンベラータ数あるアイテムを押しのけ1位になったのは観葉植物のウンベラータ!クセのない形状と色合い。どこから見ても破綻のない自然さが使いやすい・・・。なんと2位以下にダブルスコアをつけダントツの人気アイテムでした!■No2slv278xpデスクセット2位には大人気の家具セットがランクイン!子供部屋を想定した勉強机の家具+小物のセットです♪性別に関係なく、使いやすい色合いとコーディネートが人気のようですね~■No3lig208xpペンダントライト3位は一件地味なコンテンツがランクインしました。オシャレなデザインも魅力ですが、カバーの色を変えることで、ヴィンテージからカジュアル、ナチュラルなインテリアにも馴染みやすいので、とても使いやすい照明器具です!人気も納得ですね!■No4bed097xpベッド(シングル)ここからはベッド勢が大健闘です。最も人気があったのはモノトーンのチェックがオシャレなベッド。カジュアルな雰囲気が使いやすいデザインです!■No5bed098xpベッド(シングル)こちらはダークトーンでメリハリがあるので濃いめのフローリングや男性の部屋にぴったり!No5のベッドと使い分けると、どんな部屋にもマッチします!■No6bed099xpベッド(ダブル)_小物付き寝室にピッタリな、なんとも気持ちが良さそうなダブルベッド。布の柔らかさの再現にこだわりつつ、データが重くなりすぎないように気をつかってつくった苦労の一品です。■No7slv288xpベッドコーディネート _ナチュラルNo6のベッドに、ナイトテーブル、ラグ、小物類を組み合わせたコーディネート済みの家具セット!オシャレな雰囲気を手軽に再現できます♪■No8sfa142xpソファ 2人掛け一番人気の高かったソファです!ナチュラル、カジュアルよりなデザインですが、甘すぎない落ち着いた雰囲気にこだわりました。こういうバランスは取りは結構難しいですよね!■No9gsa112tpハイブリッドカー+テクスチャー付乗用車も沢山追加されましたが、最も人気があったのはこのコンテンツ。セダン型のハイブリットカーでした!デザインも、やや強面な今風にしてあるのが特徴です♪乗用車は車種によって、デザインの移り変わりが激しいので、極力トレンドを追いかけていきたいです!■No10liv243xpリードディフューザーやや地味ですが、CGパースの雰囲気がグッとあがる、影の主役ともいえる存在、小物もベストテン入り!棚、カウンターに置いたり、他の小物と組み合わせも相性バッチリ。場所を問わず使いやすいアイテムです!2017年に追加されたコンテンツの人気ランキング如何だったでしょうか?傾向として、インテリアのコンテンツ重視。雰囲気ではナチュラルよりなアイテムに人気が集中していたように感じます!なお、「インテリアのシーンはつくってみたいけど、沢山あるデータをどう組み合わせるの・・・」というご心配の方は、DSの「インテリア」シーンをぜひ活用してみてください♪シーンや部屋別にカテゴライズされているので、探しやすい!もちろん、今回ランキング入りしたコンテンツも沢山使われています♪LDKや、寝室、洋室など、サンプルのシーンや部屋を極力再現できる、コーディネート済みのコンテンツがまとめてダウンロードできます!こちらも昨年リニューアルし、ぜひ活用していただきたい機能です!ぜひチェックしてみてください!http://members.datastation.jp/theme/index.php?l_flag=0&431DSコンテンツの人気ランキング、次回はDSの膨大な全データの中かから最も人気があるアイテムを紹介したいと思います!お楽しみに!!http://members.datastation.jp/newlst.php?l_flag=0

  • 01Dec
    • 【パースの作り方】ガーデニング雑貨を使ってインテリアをコーディネート!

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。通勤がけにビルの窓ふきをしている業者さんがいました。ただでさえ過酷そうな仕事に、この寒い時季。物凄いタフガイですね。そういえば自分の住んでるマンションからすぐ近くに「PLの塔」という建物が見えるのですが、建築から半世紀近く建ってるはずなのに、白い壁はシミひとつありません。これも業者さんが掃除や塗り直しをしてるんでしょうか?でも20年近く住んでて一度も見た事がないんです。物凄い形状の建物なんでそう簡単に修繕が終わりそうにもないし、不思議ですね。気になる方はネットで「PLの塔」と検索してみてください。話が脱線しましたが、今日もDATASTATIONを使ったパースネタです。今回は小物!インテリアのイメージを作成する時に、家具と同じ位な必須アイテムといえば、小物ですね!これがあるとないとでは、家の内観イメージの最終的な仕上がりが出来が圧倒的に変わってきます。    DSのウリの一つである小物コンテンツは様々なインテリアスタイルを想定してつくられているので、特に人気のアイテムです。今回はこの小物アイテムの活用方法を少しご紹介!!様々なインテリアスタイルの中でも、ナチュラル系は人気のひとつ。このインテリアに使われる小物類の特徴は、木や石の素材感があったり、少しアンティークだったり、雑貨のようなチョイスだったり・・・何かが定番ですね。そんな時は、DSの小物カテゴリの中だけではなく、エクステリア系のアイテムを使うのもおすすめです。特に「ガーデニング関連」内のアイテムは、元々その名の通りエクステリアのイメージを作成する事を想定したものですが、ナチュラル系のインテリア小物にも相性が良いのです。棚家具の上などにガーデニングポットや自転車のブリキ鉢、サインプレートを棚の上に置くだけでそれらしく仕上がります。中段には淡い色合いの本を入れても良いですよ!また、家具セットの収納に、あらかじめコーディネートされた棚があるので、そちらを丸ごと入れると手っ取り早かったりします。でも小物配置のコツは、覚えておいて損はないですよ!!また、卓上には今人気のエアプランツも相性が良いです。インテリアショップでもよく見かけますね。直置きよりも、お皿や器の上にのせてあげるなど、ひと手間かけてあげると存在感がグッと増します。特にダイニングテーブルの上に飾る時などにぴったりですね。植物を置いた時に「小さいかな?」と思ったら大きくしましょう。実物と違って少し強調してあげないと、この手のアイテムはあまり目立たないんです。また、爽やかさをプラスするためには、ダイニングテーブル上に小物の朝食セットなどを置いても良いかもしれません。また、カウンターの側などは、カウンターチェアの代わりにフラワースタンドを置くと良い感じになります。などなど、カテゴリをまたいで、様々なアイテムを組み合わせてあげるとその可能性は無限大!刮目せよ・・!新たなる組み合わせの瞬間・・・!!自然と人工物の刹那のコラボレーション・・・!でも「そもそも組みわせるのが大変」という声があるのは当然ですよね。というわけで、ガーデニング雑貨などをのセットにしたコンテンツを既に沢山ご用意しています!!前フリが長くなりましたが、今回はこれを紹介したかったんです。ポンと置くだけでナチュラル雑貨のコーディネートが出来上がります!同じナチュラルなイメージでも洋風よりといいますか、ガラっと雰囲気が変わりますね!エクステリアに置くのもよし!今回のようにインテリアに使うのもよし!ぜひご活用ください!では、次回の更新をお楽しみに!今後ともデータステーションを宜しくお願い致します!■DATASTATIONmembersはコチラhttp://members.datastation.jp/newlst.php?l_flag=0■DATASTATIONVHmembersはコチラhttp://vh.datastation.jp/

  • 07Nov
    • DSに新カテゴリ!【ペット・生き物】コンテンツの使い方!

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。久しぶりの更新となります。すみません!この2か月間、DATASTATIONで新しいカテゴリが追加されました。その名も「ペット・生き物」カテゴリ!!今回はその「ペット・生き物」コンテンツの使い方をご紹介していきます!使い方は至ってシンプルで、「樹木」や「人物」と同じように被写体以外がキレイに切り取られた切り抜き済み画像データとなっているので、ダウンロードした画像を、各ソフトなどで読み込み、絵の上に貼りつけたりして使用します!■こだわりポイント・犬派、猫派もニッコリ、豊富なラインナップ!・種類やポーズのバリエーションも沢山!・毛のフワフワ感も丁寧に表現!・アーキトレンド、グローブユーザー用形式(azp)もあります!なんといっても、切り抜き済みの画像でこれだけ動物のラインナップが揃っているダウンロードサイトは、そうそうないのではないでしょうか・・・?※2017年11月現在で、なんと40点!■「ペット・生き物」コンテンツの使い方例・街並みや公園に配置する!休日に家族で公園で・・・犬を入れることで、より子供が活き活きしてきますね!・店舗のイメージに入れる犬、猫カフェのようなペットOKな店舗の雰囲気が視覚的により分かりやすく!※あっ扉開けっ放しでネコ逃げるやん・・・!・室内の一角に入れる注文住宅やリフォームプランで多いペットスペース。例えば3Dのフェンスをケージに見立てて使用し、ペットの画像を配置するとそういったスペースを簡単に再現できます。オーナーさんが飼っているペットと同じ品種も置ければ、なおGOOD!!※ちなみにペット用品の小物類も全部DATASTATIONの3Dデータです!上記の画像のような表現は、フォトショップをはじめとした画像編集ソフトがあればごくごく簡単な操作配置できます!ぜひチャレンジしてみてくださいね!また、azpデータが使えるアーキトレンドユーザー様などは「樹木」や「人物」と同じように、CAD内で立体データの中に直接配置する事ができます!サイズも小型、大型とキチンときめられているので、置くだけで下記のような表現もラクラク!影も自動で生成されるので空間にちゃんと馴染みますね!・アーキトレンドでの使用例なお、コンテンツのワンちゃん、ネコちゃんの画像につきましては、飼い主様に正式な許可を得て撮影した写真を基に作成したコンテンツです。DATASTATIONを契約中の会員様であれば、安心して、規約の範囲内で自由に使用する事ができます!逆に言うと、契約を解除してしまうと規約上、使用する事ができなくなります・・・DATASTATIONのコンテンツ全てにあてはまりますが、ご注意ください!作成難易度の高いペットや動物の画像は、DATASTATIONならサクっと解決!ぜひ使ってみてくださいね!■今回のコンテンツ一覧はコチラから・犬https://goo.gl/ci2R4V・猫https://goo.gl/aRQzquでは、次回の更新をお楽しみに!今後ともデータステーションを宜しくお願い致します!■DATASTATIONmembersはコチラhttp://members.datastation.jp/newlst.php?l_flag=0■DATASTATIONVHmembersはコチラhttp://vh.datastation.jp/

  • 24Aug
    • 【DSコンテンツの使い方】照明器具の光らせ方!~その3・CAD編(アーキトレンド)~

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。キャンペーンの告知を挟んでしまいましたが、前回に引き続き、DSコンテンツの使い方企画照明器具の光らせ方!~その3・CAD編(アーキトレンド)~をご紹介します!前回は3DCGソフト(Shade)に、照明器具の形状データを読み込んで、ソフト内で光源データを配置、設定する方法をご紹介しましたね。今回は3D建築CAD「アーキトレンドZERO」で、照明器具を使ってみましょう!・アーキトレンドでレンダリングした内観パースです。データステーションでは、 VH.members(以下略VHM)という専用サイトで、アーキトレンド専用形式ファイル(azpという拡張子)を配信しており、ハイブリット照明という専用データで、光源なども全て組み込み済みの照明器具データを使用することができます!・今回の内観パースで使用してる照明器具たちなら、光らせ方の説明は特に必要ないのでは・・・?ということですが、アーキトレンドでリアルなパースをつくる機能、「パーススタジオ」では、少し光源の設定を調整すると、より完成度の高いパースに仕上げることが可能です!ワンランクアップの仕上がりや、効率的な時間短縮に繋がりますよ!照明器具が特に必要なケースは、何はなくとも内観パース!特に作成頻度の高い昼間のライティングは、パーススタジオであれば光源タイプは天空光【内観】がおススメです。・アーキトレンドのオプション「パーススタジオ」で使用する事ができます。ここから説明するコツは、照明器具の設定というよりも、天空光【内観】のクセのような話にもなるのですが、基本的には難しくありません。アングルを決めて、まずはそのままレンダリングしてみましょう。特に難しい事をしなくてもリアルな仕上がり!ですが・・・レンダリングした画像を確認すると、リアルな陰影はついていますが全体的に薄暗くてなんだかちょっと寂しい空間に見えてしまいますね。今回の部屋のインテリアのような、カジュアルな雰囲気の部屋には特に合っていないようです。まずは、照明器具が光っていないのが大きい原因です。この部屋では、シーリングライトと壁につけられているウォールライトですね。意外に忘れがちですが、まずは「部品光源」をONにしましょう!こうしないと、せっかくの照明器具も光りません。ONにしたら準備はOK!・もう一度レンダリングしてみました!照明器具がONになったので光っているはずですが、ほんのり程度でまだまだ明るさ不足ですね。あと、照明器具が光った事で、その光に照らされた家具などの影が室内に発生しました!(赤丸で囲ってある部分です。)ちょっとシミのように見えて、あまり見栄えがよくありません。この2点が気になります。でも、どちらも簡単な設定でコントロールが可能です。まずは影の設定から!部品光源の「設定」で影を直線的から柔らかいに変更しましょう。ぼかしの数値はそのままでかまいません。ここを変更することで、光源に照らされてできる影のつき方がマイルドになります。また、実はウォールライトなどは影自体の設定を切ってしまっても良いです。・意図しないところに影が発生しなくなる。・レンダリングが少し速くなる(影:柔らかいを設定すると、レンダリングに必要なPCの計算が   複雑になり、レンダリングも長くなりやすくなります。OFFにすることで、メリットなんかも大きいわけですね。単に部屋を明るくしたいだけであれば、補助灯などは影の設定をOFFにしてもよいでしょう。※主照明(シーリングライト)の影もOFFにしていまうと、流石にのっぺりしてしまうのでやめておいたほうが無難でしょう。部屋の明るさに関しても、光源設定の「明るさ」の数値を変更することで調節ができますが全ての部品光源を少しずつ設定して全体の明るさを調整・・・というのは手間も時間もかかってしまいますね。なので、全体的に部屋を明るくしたい場合は、「調光割合」を調節すると便利です。・[Re]ボタンを押すと初期値に戻せます。ここの設定は100%→120%と少しずつ上げてもそれほど違いがわからないため、200%、250%・・・と思い切って上げた方が、効果がはっきりでますよ!調光250%でレンダリングした画像!先程よりもかなり良い感じになっています。でもまだ気になるところがあります・・・そう、せっかくのシーリングライトが光っているように見えないのです。「天空光【内観】」は柔らかい光の表現が得意ですが、そのせいか照明器具のセード部分などが、ピカっと光ってくれなかったりします。(光っていないわけではないですが、かなり弱くなっているためです。)仕上げに、ここを光らせてみましょう!ひと手間ですが、全体的に引き締まった印象になります!1.シーリングライトのセード部分を画面から選び、ダブルクリック。2.出てきた「属性」から「素材編集」を選択、球体の様な物が写っている「面素材編集」という画面で「拡散反射光」の部分を2.0位にしてあげます。・OKボタンをクリックすれば設定は完了です。必ず2.0とかではないので、弱すぎたり強すぎたりする場合はここも調整します。その後、再ンダリングしてみました。シーリングライトのセード部分が、ちゃんと発光してるように見えますね!その後、ウォールライトの設定も調整した後、レンダリングしたものがコチラです↓ここから更に細かく手を加えれば完成度はあがりますが、お客様に提案イメージを伝える事ができるレベルとしては、これで十分ではないでしょうか?次回は、今回説明できなかった、壁付けウォールライトやブラケット照明がキレイに光る簡単な設定などをご紹介したいと思います!なお、今回使用してる室内の照明器具~家具は、もちろん全てデータステーションのコンテンツで、当然VHMでも配信しているものばかりです!統一感のある色や家具であらかじめコーディネートしてあるので、こういった洋室もサクッとつくることができます。ぜひ使ってみてくださいね!では、次回の更新をお楽しみに!今後ともデータステーションを宜しくお願い致します!http://vh.datastation.jp/

      11
      テーマ:
  • 18Aug
    • DSプラチナ会員入会が今なら50%off!ラストサマーキャンペーンのお知らせ!

      今回は・・・空前絶後のォォ!超絶怒涛の添景部品ィィン!!建築パースを愛し、建築パースに愛されたサイトォォオ!!!データステーション・ラストサマーキャンペーンのお知らせです!!!!キャンペーン期間中はプラチナ会員が、通常価格のなんと50%offとなっています!!キャンペーン期間:2017年 8月21日(月) ~ 9月 20日(水)お申込み:http://members.datastation.jp/newmember.php実施内容:初年度年会費64,800円→50%OFFの32,400円(税込)      ※プラチナ会員限定(VH.members会員含む)ご興味がある方!この機会に是非、DATASTATIONの添景部品を使って、レベルアップしてみませんか?宜しくお願い致します!!!

      1
      テーマ:
  • 16Aug
    • 【DSコンテンツの使い方】照明器具の光らせ方!~その2・3DCG編(Shade)~

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。前回に引き続き、DSコンテンツの使い方企画照明器具の光らせ方!~その2・3DCG編(Shade)~をご紹介します!今回使用するソフトについてですが・・・何回もこのブログでご紹介しています、Shadeという3DCGソフトです。お求めやすい価格、豊富なHowto書籍、WindowsとMac両方で使えるハイブリッド。更に、読み込めるファイル形式も、DATASTATION(以下DSM)で配信している複数の形式(3ds、lwo、obj)に対応しており、とても相性も良いのがメリットです!「パースコレクション 匠」のパースについても、Shadeを使用してつくられているものも多いんです!レンダリングのクオリティについてはラジオシティ計算でかなりリアルな陰影を再現することができます。高価なレンダリング専用ソフトと比べ、少し劣る面もありますが日本の住宅パース(特に内観など)を制作するのであればまだまだ十分な能力があります。DSMの照明器具は様々なソフトで読み込める汎用的な部品として作られていますが、CAD専用につくられた一部の形式(azp)を除き、光源データ自体は入っていません。なので、ユーザー様が自分で光源を設定してあげる必要があります。Shadeのラジオシティも例外ではありませんが、基本的な設定は比較的簡単です。今回はそのShadeを使用して、ソフトに取り込んだDSMの照明器具に光源データを設定し、下記のようなレンダリング画像をつくってみます!前置きが長くなりましたがでは、レッツトライ!■ダウンライトの場合・lig209xp光らせかたは様々な方法がありますが、IESデータを使用することで楽にダウンライト独特のフワッとした照明効果を再現できます。IESとは照明設計用の配光データです。メーカーのウェブサイトなどで配信されていますが、今回は下記の場所で配信されているダウンライトのIESを使用しました。http://www.mrcad.com/download-free-ies-lights/どんな光かたをするか一覧画像もあるので、とても使いやすいデータです!まずは、Shadeで「配光光源」を選択し、ダウンライトのほんの少し下側に配置しましょう。その後、統合パレットの「情報」から先程ダウンロードしたIESファイルの読み込みを選択します。今回は15を使用しました。読み込みが完了すると、配光情報が設定されます。これだけです。■スタンドライトの場合・S7246(yamagiwa)スタンドライトは実際の電球がある部分に「点光源」を配置しましょう。今回のスタンドは2灯タイプなので、光源も2つ置きます。(※配置位置がわかりやすいように、セード部分は非表示にしています。)また、布貼りのシェードの場合、少し透けた感じにしてあげるとリアルに仕上がります。布部分の「材質設定」の透明度を「0.10」程度に上げてやります。本当はもっと細かく設定するべきなんですが、遠目に見るぶんにはこれで十分です。■ブラケットの場合・lig052xp複雑な傘の重なりになっており、電球が見当たらなかったり、どこに光源を仕込めばいいのか分からない場合があります。この場合は、ダウンライトと同様に少し離れた場所に「点光源」を配置します。今回は斜め下付近に置いてみました。デザイン的に、傘セードが光に照らされて発光している雰囲気にしたいです。その場合は・・・材質で発光を「1.00」にします。こうする事で設定した部分だけ自己発光してるように見えるようになります。光源データだけでは照明器具が光ってるように見えなかったりする場合があるので、この発光で、ある程度コントロールすることが出来ます。また、光源データの明るさ自体は「ルーメン値」の数値を変更することでコントロール可能ですが、適正な数値については、ラジオシティの特性上、シーンの環境でかなり左右されます。強すぎたり、弱すぎたりする場合はその都度調整してみてくださいね。(※ブログの画像もあくまで参考の数値です・・・)各照明器具に上記の光源データを設定を行い、ラジオシティ計算後にレンダリングしてみました。いい感じです。ただ、少し気になる部分として、照明器具に照らされて出来た影がすこしうるさく感じるところでしょうか・・・。その場合は、「情報」の影のパラメータを少し下げてあげましょう。0にすると影が全くおちなくなり立体感が無くなるので、0.3~0.5程にすると丁度よくなります。もう一度レンダリング!かなり良い感じに仕上がりました。また、今回のような夜のライティングは明るい部分と暗い部分のコントラストが強くなりすぎる場合があります。そんなときは「色補正」を使用しましょう。ガンマ値をあげてやると、強すぎた明暗のコントラストがマイルドになるので特におすすめです。(※今回のブログ記事も見てのとおり、この色補正機能でかなり調整しています森山にとっては既に手放せません・・・)3DCGソフト「Shade」を使用した照明器具の光らせ方いかがだったでしょうか。今回は3点だけでしたが、光源データの設定方法は様々な照明器具に転用できますよ!なお、もっと詳しい操作や設定は、ShadeのHowto書籍に細かく書いてあるので、コツをつかめば、どんどんレベルアップできますよ!本屋さんやネットでチェックしてみてくださいね。最後に宣伝になりますが・・・、当然DATASTATIONでは照明器具についても豊富な種類、デザインを取り揃えています!2017年8月現在で、その数なんと875!是非ガンガン使ってくださいね!なお、今後は吹き抜け照明やペンダントライトなど、数を増やしていく予定です!お楽しみに~!http://members.datastation.jp/newlst.php?l_flag=0

      1
      テーマ:
  • 03Aug
    • 【DSコンテンツの使い方】照明器具の光らせ方!~その1~

      こんにちは!DATASTATIONの森山です。先日「パースコレクション匠」のご紹介をこちらでも致しましたが、いままで以上にDATA STATIONのコンテンツが、特にインテリアに関するデータが使いやすくなりました!!↓↓「パースコレクション匠」の洋室カテゴリのコンテンツを、   CAD内に読み込み、6帖間の洋室に配置して仕上げたパースです。 コンテンツの配置に5分、部屋の模様替えに3分、レンダリングに2分といったところです。こんな一部屋程度なら、本当にサクッと仕上がるのが嬉しい!でも、実際にインテリアパースを制作される方たちは様々なでシチュエーションで依頼されるわけで、、、そう簡単にいかない部分も多いですよね。最も多いケースが「夜の雰囲気でも一枚お願い」というものではないでしょうか。その際に困るのが「照明器具がうまく光らせられない!」というところになるわけです・・・。↓↓下記の画像は結構極端ですが、照明の種類によって   光らせ方の使いわけができれば表現の幅が広がりますよね。でも3DCGソフトやCADでそれぞれ照明器具の操作や設定は違います。自分で勉強してね!というのも不親切なのと、せっかくこのようなブログをこさえているので・・・幾つかの代表的なソフトで、ダウンライト、ブランケット、その他ライト・・・などDSの照明器具コンテンツを配置した後、実際に光らせるところまでご紹介したいと思います!  予定してるのは下記ソフトです!・3DCG編(Shade)・CAD編(ARCHITREND:アーキトレンド)・画像加工ソフト編(PHOTOSHOP)3回に渡って本ブログを更新してご紹介する予定です!お楽しみに!特に初心者~中級者未満の方がパース制作においてステップアップするきっかけになればと思います・・・!(逆に高度なスキルをお持ちな方々には笑われる内容かもしれませんが・・・)よろしくお願いします!DATASTATIONはコチラ!http://www.datastation.jp/「プレゼンの匠」がリニューアルしました!「パースコレクション匠」はコチラ!http://members.datastation.jp/theme/theme_lst.php?l_flag=0

      3
      テーマ:
  • 18Jul
    • DSメンバーズがリニューアル!「パースコレクション 匠」インテリア についてご案内!

      こんにちは!DATSTATIONの森山です。いつもデータステーションをご利用いただき、ありがとうございます!約半年間ブログを未更新で申し訳ありません・・・。ユーザーの方はデータステーションメンバーズ(以下DSM)が色々と変わったのをご存知かと思いますが、本ブログでなかなかお知らせする事ができませんでした。6月半ばより、DSMのコンテンツ「プレゼンの匠」が、「パースコレクション 匠」に名称変更し、サイトも大幅にリニューアルされました!「プレゼンの匠」はDSMの膨大なコンテンツデータを、建築パースを作成する時にどのように活用すればいいのか、ユーザー様にわかりやすくする作例といった位置づけでした。「パースコレクション 匠」はそのコンテンツデータとパースシーンを、もっと使いやすく!というコンセプトのもと、細々と調整を繰り返し・・・ついにリニューアル第一弾として、「インテリア」がオープンしました!様々なインテリアスタイルを探す際に便利な検索機能の追加のほか、リビング・ダイニングルーム以外の居室や住設ルームのカテゴリを多数追加しました!「こういうインテリアがつくりたい・・・」「部屋の見せ方がわからない・・・」手間と時間、スキルなど、色んな理由を天秤にかけて今まで諦めていたシーンがぐっとつくりやすくなるデータステーションのおススメコンテンツです!ぜひつかってみてくださいね!例えば和室なんかも、ベーシックなスタイルからモダンなものまで、シーンが増えています!気に入ったシーンを選び、表示されてるコンテンツデータをダウンロードし、プラン内のデータと入れ替えたり配置するだけで、同じコンセプトのシーンが容易に作れるようになっています!コンテンツのクオリティは折り紙つきなので、CADでも3DCGソフトでも高品質なパースの添景物として使用できます!※左上のCADデータから、データステーションのコンテンツに入れ替えし、下のパースをレンダリングし終わるまで約10分です。インテリアのコンセプトがはっきりしているので、配置にあれこれ迷う必要がありません!まずは簡単ではありますが、「パースコレクション 匠」インテリアのご紹介でした!現在、データステーションメンバーズにて公開中!活用方法など、こちらで取り上げていきますので、今後ともデータステーションをよろしくお願いします!http://www.datastation.jp/既に会員の方も、是非DATA STATIONをガンガン使ってくださいね!未会員の方は是非是非入会のご検討を!次回は、かねてよりリクエストが非常に多かったあのコンテンツがいよいよリニューアル・・・!全貌など、随時お知らせしていきます!こちらもお楽しみに!ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/

  • 06Feb
    • 畳の素材を使って、アーキトレンドで「和」の空間パースを作る!

      こんにちは!DATSTATIONの森山です。いつもデータステーションをご利用いただき、ありがとうございます!1月のデータステーション更新で、畳のテクスチャー・コンテンツが沢山追加されました!今回はその中でもおススメの【坊主畳】を使用した、アーキトレンドでの簡単パース製作記事!【DATASTATION VHmembers】の会員様にぜひお試しいただければ・・・と思います!アーキトレンドと、データステーションの畳を使って、リビングに和のスペースをつくってみましょう!※私の使用環境は【ARCHITREND ZERO 2015】です!この空間に畳を設置し、和の空間をつくってみましょう。■【汎用】→【水平面】を選択  平面図上に畳サイズの四角いモデルをつくります。※今回は琉球畳なので正方形■【サイズ】の設定で畳の厚みをつけます※今回は20mmに設定しました。■【拡張】→【素材】から  畳のテクスチャーを選択して、モデルに貼り付けます※畳らしくなりました!■畳を【複製】して真横に移動させます。■【複製】した畳を【回転】で90度回転させます。※ちょっとわかりにくいですが、畳の目の方向が左右で変わりました。■畳の目が互い違いになるよう、複製して並べていきます。※こんな調子で、好みの広さになるまで大きくしていきます。■畳のテクスチャーを変えます。 モダンな和スペースをイメージして、モノトーンの畳を2色使います。※貼りつけました!広さは3×3枚分にしました。■他の部品を配置して、仕上げる! データステーションは和のコンテンツも豊富にあるので、 これくらいのスペースであれば簡単にコーディネートできます。※配置して、レンダリングして完成です!パーススタジオの【天空光(内観)】でレンダリングしました。いかがでしょうか。データステーションのデータを使用することで、どんな空間にも簡単に「和」のスペースをつくることができます!今回は畳のテクスチャーを使用しましたが2月末のデータステーション更新にて、3D部品としても大量に追加する予定です!こちらも今後、是非ご紹介しますのでお楽しみに!ブログの更新情報などは無料素材データサイト、FREEBANKのメルマガ会員になる事で受信できます!DS未会員の方は是非ご登録してみてください!http://free.datastation.jp/本ブログ内で使用してる素材データは全てDATA STATIONの素材データを使用しています。気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!http://www.datastation.jp/既に会員の方も、是非DATA STATIONをガンガン使ってくださいね!未会員の方は是非是非入会のご検討を!

      15
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス