命育む子宮を温めて、もっとキレイに!もっと元気に!

体温を上げるマクロビオティック料理研究家の小川原智子です。

 

 

一手間でお味噌汁がぐんとおいしくなる秘密。

 

 

 

味噌を溶くときにね、

すり鉢とすりこぎ棒を使うの!!

 

 

 

縁起を担いだ言い方をすると、「あたり鉢とあたり棒」。

 


あえて使わなくても、

お味噌汁は作ることができるけれど、
「すり鉢」を使うとあたりが柔らかくて、
味のまろやかさや深みがふわっと増すの。

 

 

すり鉢に味噌を入れて、

だしを加えながら、
すりこぎ棒で丁寧にあたって、

お鍋にかえして、お味噌汁を作ります。

 

 

お味噌のいい香りがして、
ビックリするくらいまろやかな
お味噌汁が出来上がります。

 

 

人もまた、
すりこぎ棒に触れているうちに、
不思議なくらい心が整い、まろやかに。

 

 

「すり鉢」と「すりこぎ」の一手間の魔法♪♪♪

 

 

生徒さんから

「家族がお味噌汁を喜んで飲んでくれるようになった」と嬉しいお声が届いています!!

 

 

うちの子どもたちもね、

小学生の頃、「お母さんのお料理で何が一番好き?っていわれたとき、
「お味噌汁!!」って^^

 

 

それはそれは嬉しかったなぁ。

 

 

お味噌を溶くときに、

「すり鉢」と「すりこぎ」。

 

お試しあれ!!

 

体温を上げるマクロビオティック料理研究家

小川原智子



© Atsushi Osakabe

 

7月開講「食べて体が変わる!マクロビオティック玄米菜食美人教室」


毎月第1木曜日のレッスンです!もうすぐ募集開始します!


 

 

お申し込み(24時間受付) 

レッスンには土浦だけではなく、つくば・牛久・阿見・かすみがうら・龍ヶ崎・

石岡・小美玉・水戸・筑西・古河・那珂・ひたちなか・守谷・稲敷、

遠くは東京・千葉・神奈川・埼玉からもご参加いただいています。

 
毎日の食事で子宮温活!
冷え、生理痛、更年期障害、肩こり、イライラなど
女性の不調をサポートして、夢を叶えるお手伝いしています。
 

--------------------------------------------------------------------------------

いいね!1クリックで応援よろしくお願いします
--------------------------------------------------------------------------------

 
にほんブログ村

 

---------------------------------------------------------

◆生理不順の方、生理痛がつらい方に!玄米よもぎ蒸しカイロご注文はこちらから
--------------------------------------------------------------------

 

 

もっとキレイに!もっと元気に!

体温を上げるマクロビオティック料理研究家の小川原智子です。

 

最近、

周りで

「【乳がん】が検診で見つかりました」

「【乳がん】がわかって、手術しました」

「【乳がん】の治療中です」

「【乳がん】Ⅳステージから食事で治癒しました」・・・などなど、

乳がん】に関する

お話を聞かされることが増えました。

 
 
これから再発しないよう、
食事療法を取り入れたいという方には、
毎日の食事を中心に、
生活法やお手当てのアドバイスをさせていただいています。
 
 

乳がんは、

30代後半から一気に発症率が増え、

40代後半が一番多いといわれています。

 

 

 

 

乳がんというと、

20年ほど前、
私の乳房にあった大きなしこりのこと、思い出します。

 

 

まだ20代半ば。

結婚した直後で、胸に痛みがあって、しこりに触れたとき
大きなショックでした。

 

 

母も乳房の腫瘍で外科手術を受けていましたので、
大きな病院で検査を受けました。

 
 

「良性の腫瘍」と診断されてほっ。

 

 

でも、それもつかの間、
「大きな腫瘍は癌になる確率が高い」と先生がおっしゃって、
さらに、大学病院の研究材料として、
「癌になったら全国どこにいても、お知らせください」とまで
言われて、ガーン。

 
 

でも、そんな衝撃が、

がん予防するのは自分自身!
食事で体をよくしようという大きな原動力になりました。

 
 

ちょうどマクロビオティックと出合った頃でしたので、
痛みを和らげたい、腫瘍をなくしたい一心で、
食事の改善、体の毒出しを始めました。

 
 

まずはこれまでの食生活を振り返ってみました。

 

 

私は学生時代からお菓子作りを学んでいて、
乳製品と卵、白砂糖、小麦粉をよく食べていたんですね。

 

 

お菓子以外でも、体のために、
ヨーグルトやチーズなど乳製品は毎日。

 

 

病気を治癒、予防するには、

血液をキレイにすることが一番ですから、

血管を詰まらせる食品や加工食品を
できるだけ取らないようにしました。

 

あれだけ好きで、

体にいいと毎日摂っていた乳製品は一切やめて、
(今ではたまに楽しむことも^^)
パン食から
ごはん中心の食生活に変えました。

 
 

体温が低いとガン化しやすいとのことで、
その頃から温活も始めました。

 

 

あれから20年経った今ー。

 
 

体温が35度台から37度近くに上がって、
しこりもなく、元気に過ごしています。

 

 
あのとき、食事を変えなかったら・・・。
 
 

私は今頃どうだったかな、とゾッとします。

 

 

大きな節目には会社の人間ドッグで
乳がん検査も受けています。

 

異常なしとの診断。

 

 

ほっとひと安心とともに、

日々、食事で温活とおっぱいケアは欠かせません。

 

 

最近、乳がんのお話をよく聞くようになりましたので、

1人でも多くの方に、

乳がん予防の食生活をお届けしたいという思いで、

10月31日(火)

温活コラボでお話させていただきます。

 

 

乳がん予防に役立つ

血をきれいにして、血流を増やし、

体温アップする「料理法」と「食べ方」。

 

 

私の病気治癒や体質改善の経験もお話しいたします。

 

 

◇内容◇

 

・ふわふわおっぱいを作る栄養素は?美乳を作る食べ物はコレ!

 

・おっぱい冷えてませんか?血流をよくするポイント

 

・乳がんを予防する3つの食べ物

 

今回特別に!

美乳を作るリゾット&血流アップの薬膳茶付!

 

■お申し込みはこちらから>>>

 

10/31ツンと上がったふわふわ美乳の作り方「マクロビ×エクササイズ温活コラボ」

 

 

体温を上げるマクロビオティック料理教室イエローハーモニー
小川原智子



© Atsushi Osakabe

もうすぐ募集開始
【12/11(月)&19(火)天然酵母シュトーレン付マクロビクリスマス料理(土浦)】

 

ベル教室お申し込み(24時間受付) 

石岡・小美玉・水戸・筑西・古河・那珂・ひたちなか・守谷・稲敷、

遠くは東京・千葉・神奈川・埼玉からもご参加いただいています。

 
毎日の食事で子宮温活!
冷え、生理痛、更年期障害、肩こり、イライラなど
女性の不調をサポートして、夢を叶えるお手伝いしています。
--------------------------------------------------------------------------------
◆読むだけで体温アップ!子宮力アップ!のメールレッスン(ご登録無料)
--------------------------------------------------------------------------------

 

命育む子宮を温めて、もっとキレイに!もっと元気に!
体温を上げるマクロビオティック料理研究家の小川原智子です。

日に日に秋色を感じるようになってきましたね。
いかがお過ごしでしょうか。

今日は9月9日。

9と9が重なる
「重陽(ちょうよう)の節供」。

節供といっても、
桃の節供や端午の節供のように、
馴染みはありませんが、

実は、
陽パワーあふれる大切な節目なの!!


古来中国では、
奇数は縁起のよい陽の数とされ、
一番大きな陽の数である9が重なる
9月9日は、
陽の氣が極まる特別な日として、
大切にされてきました。



古くから
【健康長寿】と【幸運】を願う大切な節目の日。



旧暦では菊の季節であることから
「菊の節句」とも呼ばれています。

 
縁起のよい奇数が重なる「節句」は、
お祝いの日でもありますが、
節目に「魔」が入りやすいことから、
厄払いの意味もかねて、
日本では奈良時代から宮中や寺院で
菊(邪気を祓う効果あり)を
観賞する宴が行われています。

季節の植物から生命力をいただき、
邪気を払い、長命を願って、
菊の花を飾り、菊酒を飲む・・・。


菊花入りのお料理をいただくのもいいですね~。
 

我が家では、おひたしにしたりし、天ぷらにしたりして、
いただくことが多いかな。

 
子どもたちは菊花料理好んで食べませんので、
食事の飾りとして使っています。

 
食用菊ってね、
見た目の美しさだけではなく、
実は、体にいい食材なんですよ。

ざっと、こんな効果があります。

 
*解熱・解毒の効果
*眼精疲労を緩和の効果
*がん予防の効果
*免疫力の向上効果
*精神を安定させるリラックス効果

 

 

食用菊が食べにくいって方には、
「菊酒」はどう?

 

【菊酒レシピ】

杯に日本酒を注ぎ、食用菊の花びらを浮かべるだけ!!

 

 

レシピといえるレシピではありませんが^^

 

日本酒が苦手という方は、「梅酒」で楽しまれても。

アルコールの弱い方やお子さんには、

お吸い物に浮かべてみるのもいですね~。


視覚的にも美しくて、風流!!

 
菊花がちょっと手に入らないという方は、
「カモミールティー」を楽しむというのもありかしら。

カモミールは、キク科の1種の耐寒性一年草ですもの。

我が家では、
薬膳の食材である「菊花」 を常備しておりますので、
こちらをいただきます。

 
「菊花」が手に入らない・・・という方は、
「栗」のお料理いかがですか?


「栗の節句」ともいわれていたようですので、
季節の栗ごはんをいただくのもオススメです!

 

9月9日【重陽の節供】。
おうちには、
フレッシュな菊のアレンジメントを
飾ります。
菊というと、仏花をイメージしますが、
南仏風のおうちに合う
洋風の菊を生けています。
まん丸の菊は、ピンポンマム。
こちらはアスター。

季節の節目に
厄を払い、夏の疲れを手放して、
運の流れに乗っていきましょう。



体温を上げるマクロビオティック料理研究家
小川原智子


© Atsushi Osakabe

 

【10/19マクロビオティック玄米菜食美人教室スタート!】

 

食事はあなたのカラダを作る大切なもの。
そして、おいしく楽しいもの。
食事を整えて、ココロもカラダも元気になって、
幸せに満ちた人生を楽しみませんか?

私たちのカラダは日々生まれ変わり、変化し、進化しています。
10月開講「マクロビオティック玄米菜食美人教室」。あと1席となりました♪

 


 

 

石岡・小美玉・水戸・筑西・古河・那珂・ひたちなか・守谷・稲敷、

遠くは東京・千葉・神奈川・埼玉からもご参加いただいています。

 
毎日の食事で子宮温活!
冷え、生理痛、更年期障害、肩こり、イライラなど
女性の不調をサポートして、夢を叶えるお手伝いしています。
--------------------------------------------------------------------------------
◆読むだけで体温アップ!子宮力アップ!のメールレッスン(ご登録無料)
--------------------------------------------------------------------------------