てっちゃんのcoachingブログ

てっちゃんのcoachingブログ

日本体育協会のスポーツ指導者であり、日本バスケットボール連盟の公認C級コーチでもあります。また、行動心理士兼サラリーマンコーチの日々自己啓発をしながら教え子に人間力を伝えている日常を教え子だけではなく皆さんにもお裾分けしていきます。

日本バスケットボール連盟公認コーチ
日本スポーツ協会公認スポーツ指導者
行動心理士のてっちゃんです。

今日は朝から4時間、コーチ講習会
でした!


スポーツ障害予防講座!

今年度は、自分の教え子が2人も
骨折しバスケットボールが球技で
最も怪我の多いスポーツであること
を痛感していましたのでイイ機会と
なりました照れ

ただし、今回は膝中心の講座😨

前十字靭帯の予防トレーニング
が学べたため、有意義でしたが…


さて、本題ですが
成長期にやっておくとイイ事は全て
やらせてあげたいですよねー爆笑

周囲の大人やコーチが知っていても
教えられる側の本人たちが目的を知らない
と成長出来ることも成長に繋がらない
なんて事もしばしば起こりますガーン

指導者の皆さんには、知識を知って
それを教え子に伝えて欲しいのです!

まずは「スキャモンの成長曲線」を
グーグル先生で学ぶところからで
イイのでググってくださいね!



神経系統の発育が
13歳までに成長完了となることに
驚かれると思いますニヤリ

「即座の習得」という一生に
一度だけのゴールデンエイジという
期間です。5ー9歳をプレ期間と言い
10ー12歳をゴールデンエイジと言います!

この神経系の発育が様々なことを
吸収できる唯一の時期なのです。

逆に身体的な成長は「一般型」と言い
14歳から急激に加速して18歳前後で
完了しますびっくり

スポーツの指導において
この事を練習難度や負荷に置き換えて
指導できるかどうかが根本的な
指導者の優劣ですウインク

小学生のジム通いは不要だとか
ある特定の決まった練習だけを
するのは誤りという話を耳にしたこと
がある人も多いはずです。

プレ期間には多くの遊びが
練習になるのに遊ばせず塾ばかり…
なんていう話は良く聞く話です👂

保護者は、自分の子に良かれと
惜しみない愛情を注いでいると
思っていますが、実際にはこのような
根本原理を知らないで期待を膨らまして
逆効果なことをしている可能性が
ありますガーンガーンガーン

指導者の皆さんからも
保護者へ明確な説明をしてあげて
スポーツだけで無くトータルで
皆さんが良くなる方向へのサポートを
期待します(^ ^)

では今日はこの辺で失礼します🙇🏻



先週サイトを開設しましたが
指導者の「秘伝書」が好評です。
興味のある方はどうぞ❣️