一木千洋 オフィシャルブログ Powered by Ameba
こんにちは!
青二プロダクションの声優・一木千洋(いっきちひろ)です!
アニメやゲームやネットで活動しています。
みなさんに、声で元気を届けます!!
よろしくお願いします♪♪

Profile  Trefle  Twitter  #声優自撮り部  これまでの私
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019年06月16日(日)

【クラウドファンディング残り45日】2日目の終わりに

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

みなさん、こんばんは。

一木千洋です。

 

 

今日もすごいことが起こりました…。

 

なんと!!! 

達成率500%を超えました!!!

 

ここでもお礼を言わせてください。

本当にありがとうございます!

 

すごすぎる…!

昨日も信じられない、と思いましたが、今日もこんなすごいことが起こるなんて、本当に驚いています。

 

これも、みなさんのご支援とTwitterでのRTやコメントのおかげです。

 

 

 

 

 

本日、生放送のいっきちゃん会議でもお話させていただいたのですが、ご支援いただいた資金の使いみちについてです。

 

今回これだけのご支援をいただいたので、当初考えていたよりも、もっといいものをみなさんにお届け出来ます!

 

 

お届け出来るだろうと、当初わたしが考えていたものよりも、さらにクオリティを上げてみなさんにお届けできることになりました!

 

 

具体的には、撮影日を増やせる、写真のカット数を充実させる、これまでの撮影で出来なかったことに挑戦できる…などです。

 

 

 

あたたかいご支援を本当にありがとうございます!

いま、急に色々なことが起こりすぎてしまって、対応が遅れているかもしれません。本当に申し訳ありません。

 

 

ただ、約束したいのは、今後ご支援が増えていっても、みんなに楽しんでもらえるような、みんなに還元できるような企画にしていきたい、ということです。

 

 

100万円を達成したらソロライブを開催する、というストレッチゴールは達成されました。

 

このあと、ソロライブに向けてストレッチゴールをどのようにしていくか、また明日の生放送の会議などで、みんなと話し合いながら決められたらな、と思っています!

 

明日の会議は、20:00からを予定しています。

ぜひ、いっしょにこのプロジェクトについて話し合ってください!

 

 

最後まで、みんなといっしょに走り抜けたいと思います!!

どうぞ、よろしくお願い致します!

 

一木千洋

 

 

▼一木千洋フォトエッセイプロジェクト▼

https://camp-fire.jp/projects/view/145056

 

▼プロジェクト会議 いっきちゃん速報▼

https://www.showroom-live.com/aoni-ikki

2019年06月15日(土)

クラウドファンディング初日を終えて

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

クラウドファンディング1日目が終わろうとしています。



初日の支援総額は、1,102,000円

パトロン様 60名でした。



 


まさか、こんなに奇跡みたいなことがおこるなんて、本当に思っていませんでした。ありがとうございます。

じつは昨日の夜一人になったとき、たくさんの不安な気持ちが出てきちゃったんですけど、蓋をあけてみたら、全部みんながどこかへ吹き飛ばしてくれました。



まず、みなさんにお礼をさせてください。私を応援しれるみなさん本当にありがとうございます。


今日の奇跡は、応援してくれたみなさんのおかげだと思います。


支援くれた方はもちろん、いっきちゃん速報を観てくれた方、企画から参加してくれたみんなや、リツート、リプ、いいねをくれたみなさん、本当に本当にありがとうございます。
ひとりひとりに直接会いに行って、お礼を言いたいくらいです。


まだ頭の中でうまく整理ができていませんが、自分の話をさせてください。


私は声優の中でもかなり特殊な存在です。
声優さんが、自分でクラファンの企画を立ち上げて、セルフプロデュースをしていることって、まだあまりないと思うんです。

放送の中でも、言ってくれた方がいますが、私のこの活動は先駆者なのかなって、こういった私の活動が誰かの力になればいいなって、実はちょっと思っています。


みんないろんなことにチャレンジして、いろんな道を探していると思います。もちろん私もそうです。私のこの活動が、道を探している誰かの力になれたらなって思っています。


昨日までの私と、今の私って、きっと何かが違うと思うんです。
自信もできたし、皆さんのあたたかさを心から感じました。


終了まではまだまだ時間はあります。
ストレッチゴールの設定もこれからです。


気が早すぎるかもしれません。
でも、今日という日は、1つの大きな区切りだと思います。

みんなのおかげで、私の人生の中のすごい記念日になりました。
終了する瞬間まで、がんばって走り抜けていきたいと思います。ぜひ私と一緒に走って下さい。よろしくおねがいします。

そしてこの場を借りて、関係者の皆さんにもお礼が言いたいです。
素敵な機会を与えてくれた事務所やマネージャーさんや、応援してくれる関係者の皆さん、先輩方や、後輩のみんなも本当にありがとうございます。
未熟な私ですが、ぜひこれからも応援よろしくおねがいします。



一木千洋

2019年06月15日(土)

【クラウドファンディング】フォトエッセイ制作プロジェクトのまとめ

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

こんにちは!

一木千洋です。

 

 

このページでは、一木千洋フォトエッセイ制作プロジェクトの記事をまとめています。

 

 

 

1.声優が「フォトエッセイ」を作る企画を立ててみたら

 

2.あなたがいたから活動できた

 

3.わたしが信じてきたもの

 

4.ファンのみんなが気づかせてくれたこと

 

5.声優とクラウドファンディングと私

 

6.クラウドファンディング前にトラブル&大反省

 

応援したい気持ちをもってくれたあなたへ

 

クラウドファンディングの支援方法(CAMPFIREの場合)

 

 

このプロジェクトに挑戦するにあたっての思いを書きました。

ぜひ、読んでください!

 

よろしくお願い致します。

2019年06月15日(土)

応援したい気持ちをもってくれたあなたへ

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

こんにちは!

一木千洋です。

 

わたしは今、クラウドファンディングで「一木千洋フォトエッセイ制作プロジェクト」に挑戦しています。

 

 

 

応援したいというお気持ち、ありがとうございます!

こちらの記事では、応援の方法をまとめているので、無理のない範囲で、ぜひ、応援よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

まわりの方から、

 

 

「見てるだけでごめんね」

 

「Twitterでリツイートしかできなくて申し訳ない」

 

 

といってくださる方が多いのですが…!!!

 

 

謝らないでください!!!

 

むしろ、読んでくれてありがとうございます!

そして、リツイート、とても有り難いです!

 

 

プロジェクトを立てた側であるわたしも

 

「応援してください!」

 

というばかりで

 

 

じゃあ、いったいどんなことが応援になるの?

 

 

ということを全然言っていなかったと気がつきました。

これから、クラウドファンディングでどんなことが応援につながるのか、書きたいと思います!

 

 

 

【応援方法その1】

 

ご支援

 

 

クラウドファンディングのプロジェクトを応援するなら、ご支援いただけるのはとても有り難いことです。

 

 

ご支援というのは、プロジェクトに共感して、応援してくれてる、という何よりの証です。

 

ご支援いただいたひとりひとりが、プロジェクトに参加する大切な味方なんだと捉えています。

 

 

「支援してよかった!」と思っていただけるような、素敵なお返しができるよう、精一杯このプロジェクトに取り組みます!

 

クラウドファンディングの詳しい支援方法については、

こちらの記事にまとめていますので、読んでいただけたら、と思います。

 

 

【応援方法その2】

 

Twitterやブログなどでページを紹介する

 

Twitterやブログ、その他のSNSでこのプロジェクトを紹介していただくことは、すごく力になります!

 

 

紹介していただくことによって、たくさんの方に見ていただけたら、届いた先で、「応援したい!」と思ってくれる方がいらっしゃるかもしれません。

 

 

拡散は、立派な応援です!

 

プロジェクトの大きな助けになるので、ぜひ、拡散して応援していただけたら、と思います。

 

 

【応援方法その3】

 

生放送を見てみる

 

この「一木千洋フォトエッセイ制作プロジェクト」では、頻繁に生配信を行い、応援してくれている方々といっしょに会議をひらいています。

 

 

何か意見が言えるほどクラウドファンディングに詳しいわけじゃないし、役に立てないかも…

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、全然大丈夫です!

 

 

役に立てるかどうかで見ている人を選ぶ番組ではありません。

そして、このプロジェウトをみんなで話し合う機会は、今しかありません。

 

 

少しでも参加してみたいな、という気持ちが湧いたら、ぜひ、放送に参加していっしょに盛り上がってくれると嬉しいです!

 

 

 

【応援方法その4】

 

お友達に話してみる

 

その2の「紹介」と似ているかもしれません。

やっぱり色んな人にこのプロジェクトを知ってもらうことが大切です!

 

 

「支援はできないけど何かしたい」

 

 

という気持ちをもっていただける方、このプロジェクトに興味が湧いた方、ぜひお友達話してみてくださいね。

 

 

 

【応援方法その5】

 

記事を読む

 

このブログやクラウドファンディングのプロジェクトページなど、クラウドファンディングについて、たくさん記事を書きました!

 

 

どれから読んでいただいても大丈夫です!

 

このプロジェクトをやろうと思ったきっかけ、実現したいことなど、

 

「どんなプロジェクトなんだろう?」と知ることから、応援は始まっていると思います。

 

ぜひ、読んでみてくださいね。

 

 

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

以上5つが、わたしが思うクラウドファンディングの応援方法です。

 

みなさんの無理のない範囲で、楽しくプロジェクトに参加していただけたら、と思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【一木千洋フォトエッセイ クラウドファンディング】

https://camp-fire.jp/projects/view/145056

2019年06月15日(土)

クラウドファンディングの支援方法(CAMPFIREの場合)

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

みなさんこんにちは!

一木です!

 

 

6月15日(土)から始まる

「一木千洋フォトエッセイプロジェクト」のクラウドファンディングですが

 

 

どうやって支援するの?

いろいろ難しそう・・・

 

 

というお声をいただいたので、事前に支援方法をまとめたいなと思います!

わかりにくそうなところは写真をつけましたので、わかりやすくなっていたらたいいなと思います。

 

 

じつは、CAMPFIREさんでのクラウドファンディングの支援には、CAMPFIREのアカウントが必須となります。お手数ではありますが、会員登録をお願いします><

 

限定数のあるリターンは早い者勝ちとなりますので、公開されてから会員登録をしている間に希望のリターンが売り切れていた…という事例もあるようです。それは悲しすぎるので、ぜひ、事前の登録をお願い致します。

 

 

①新規会員登録をする

 

登録方法は3つあります。

 

・facebook

・Twitter

・メールアドレス

 

この3つから登録できるので、どれかを選んで登録します。

 

登録ページ:https://camp-fire.jp/login

 

 

登録ページに飛ぶとこの画面が出るので、下のほうまでスクロールしていただき、「新規会員登録画面」までいってください。

 

 

【facebookで登録する場合】

この画面が出るので、画面の指示にしたがって登録します。

 

【Twitterで登録する場合】

この画面が出るので、画面の指示にしたがって登録してください。

 

【メールアドレスで登録する場合】

新規会員登録画面にメールアドレスを入力して「確認メールを送信」ボタンを押します。その後確認メールが届くので、メールのURLからアクセスして、好きなユーザー名とパスワードを決めて入力します。

 

\ 登録完了!!! /

 

初めの登録って大変ですよね…

事前準備をありがとうございます!!

 

 

②支援したいプロジェクトページにいく

一木千洋フォトエッセイ クラウドファンディング(CAMPFIRE)

 

③リターンを選択する

 

少しでも支援したいと思ったら、リターンの選択画面へいきます。

スマホで見ている場合は、そのまま下にスクロールしていくとリターン選択画面があります。PCで御覧いただいている場合はサイドバーにあります。

 

 

④決済方法について

 

クレジットカード払い、コンビニ払い、銀行振込、Paidy払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払いがございます。
詳しい支払い方法につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

 

以上が支援方法です!

このプロジェクトをなんとしても成功させたいです!

そのために、みなさんの力を貸してください!

よろしくお願い致します。

 

一木千洋

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

【一木千洋初のフォトエッセイ制作プロジェクト】

https://camp-fire.jp/projects/view/145056

2019年06月15日(土)

6.クラウドファンディング前にトラブル&大反省

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

このフォトエッセイクラウドファンディング、始まる前からトラブルが発生していました。

 

 

それは、クラウドファンディング開始日の前日に一木千洋本人が風邪で高熱が出てしまったことです。

 

 

Twitterをご覧の方はご存知だと思います。

事前に予定していたクラウドファンディングの開始日は6/8(土)でした。

 

 

前日に風邪を引いてしまうなんて、本当に自分の体調管理のできなさにショックを受けました。

 

 

本当に申し訳ありませんでした。

 

 

延期にするのかもすごく迷いました。

楽しみにしてくれている人を悲しませてしまうし、事前に告知していたことを変更するのは本当に良くないことだと思います。

 

 

 

わたしのわがままなのですが、

みんなに体調について心配をかけたままスタートするのは、失礼なんじゃないかと思いました。

 

 

それに、せっかくの楽しいはずのものが、クラウドファンディングの間、わたしの風邪でみんなの楽しい気持ちに水をさしてしまうもの避けたかったです。

 

 

 

風邪を引いたままスタートしたら、せっかく支援してくれた方にお礼をいうこともできないし、自分は何もしないままお金だけを集めるという態度は、しちゃいけないと思ったんです。

 

 

みんなと一番いいタイミングでスタートをきれるよう、6/15(土)に日程を変更させていただきました。

 

 

熱が出た時は本当に落ち込んでくじけていたけど、Twitterで

 

「ゆっくり休んでください」

「がんばれ~」

「待ってるから大丈夫だよ」

「お大事に」

 

 

など、本当にたくさんの温かいメッセージをいただいて、「1日も早く元気になって、万全の態勢で15日を迎えるんだ!」と、とても前向きな気持ちになることができました。

 

みんなの応援のおかげです。

本当にありがとうございました。

 

 

このあと、いよいよクラウドファンディングが始まります。

 

 

「みんなで作るフォトエッセイ」になるように、

開始されたあとも、みんなに楽しんでいただけるプロジェクトになるよう、精一杯がんまりますので、どうぞよろしくお願い致します!!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【一木千洋フォトエッセイ クラウドファンディング】

https://camp-fire.jp/projects/view/145056

 

2019年06月15日(土)

5.声優とクラウドファンディングと私

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

声優は、アニメのアフレコや洋画の吹き替えをしたり、ナレーションをしたり、時にはキャラクターに扮してライブをしたり、ラジオ番組でおしゃべりしたり、YouTubeで動画を投稿したり、個人が何をやりたいかで本当に色々なことができる職業だと思います。

 

 

同時に、続けることが難しい世界でもあります。

 

 

試行錯誤して模索しながら、みんなに楽しんでもらうにはどうしたらいいか、もっと芝居を磨くにはどうしたらいいか、たくさん色んなことを考えて行動しているはずです。

 

 

大変なことも多いかもしれないけど、それでもすごく魅力ある仕事だから続けたいと思っている人も多いと思います。

 

 

どうしたら、もっとみんなが幸せに声優を続けることができるのか?

 

 

わたしは、このクラウドファンディングでフォトエッセイを作ること企画が声優業界の今後につながったらいいなと考えています。

 

 

こんな大きなことを言っていいのかわからないけれど、声優でも別の職業の方でも、応援してくれている方いたら頑張れた、という経験は結構あるんじゃないかと思います。

 

 

声優さんの悩みどころは、応援してもらっているのに、出せるものがない、宣伝するものがない…とファンの方の期待に応えることが出来ないと思ってしまうところではないでしょうか。

 

 

もし、今回のようにクラウドファンディングで自分の魅力を伝える作品を作って、世に出せるとしたら、それは、今までとは別の道を作ることができるんじゃないかと思うんです。

 

 

応援してくれる人たちがいてくれるなら、応援してくれるみんなを信じて、その人たちといっしょに作り上げていけたら、弱気な気持ちになってもファンのみんながいてくれるから、自信が持って色々なことに挑戦できる未来があるんじゃないかと信じています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【一木千洋フォトエッセイ クラウドファンディング】

https://camp-fire.jp/projects/view/145056

2019年06月15日(土)

4.ファンのみんなが気づかせてくれたこと

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

どうしてフォトエッセイをクラウドファンディングでやる必要があるの?

 

わざわざクラウドファンディングじゃなくても自分で作って自分でファンに届ければいいんじゃない?

 

 

と思う方もいるかも知れません。

 

なぜクラウドファンディングなのか?

 

正直、「クラウドファンディングでフォトエッセイを作る」のは、自分には難しいんじゃないかと思っていました。

 

魅力的で、みんなが喜んでくれるようなリターンが準備できるのだろうか。

 

わたしを支援したいと思う人がいるだろうか。

 

 

でも、フォトエッセイの企画を立ち上げ、ファンのみんなに伝え、さらにクラウドファンディングの企画ページを公開する前の段階から、ファンの人たちと会議をして、どんどん色んな意見を出してもらって、

 

 

なんでわたしはこんなに一生懸命応援してくれる人たちのことを信頼しないで、自分のことでいっぱいいっぱいになっていたんだろう、と感じました。

 

 

マイナスなことばかり考えてないで、みんなのことをもっと信頼して、クラウドファンディングに全力で挑戦しないと、ファンの人に申し訳ないんじゃないか?

 

そう思いました。

 

 

クラウドファンディングは「お金が欲しい人がやるもの」「お金をただ集めるためのもの」と思うかもしれません。

 

会議をして、ファンの人たちとたくさん会話して

クラウドファンディングはそういうものじゃないと実感しました。

 

 

クラウドファンディングは、ファンを信じてやるものなんだと気がついたんです。

 

 

「絶対達成させてくれる」

 

そう思わせてくれる本当に頼もしい味方がいるんだと、わたしは誇りに思います。

 

 

クラウドファンディングは、私にとって本当に大きな挑戦です。

 

 

ファンのみんながいるから、チャンスを待っているだけじゃなく行動できるし、ファンのみんなの気持ちに応えるために全力でこの企画に挑むことができます。

 

 

なぜクラウドファンディングなのか?

 

それは、ファンのみんなを信じているからです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

【一木千洋フォトエッセイ クラウドファンディング】

https://camp-fire.jp/projects/view/145056

 

2019年06月15日(土)

3.わたしが信じてきたもの

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

活動の幅を広げるために、もっともっと活動を活発にするために、自分にできることはなんだろうか?

 

 

いただいたお仕事に真摯に取り組むのは大前提ですが、それ以外にももっと何かできるんじゃないか、と考えている方も多いと思います。

 

 

例えばブログを書いたり、ツイッターで発信をしたり、写真を撮ったり…色々あると思います。

 

 

きっと、それを続けるのって意外と大変なんじゃないかと思います。

 

「誰も読んでないんじゃないか」

 

「こんなことしてるよりもっと他にすることあるんじゃないかって思われないかな」

 

とか、ひとりでやってると思うと、どんどんマイナス思考に入っていってしまって、せっかく立ち上げた企画も、うやむやになってしまうなんてことにもなりかねません。

 

 

 

わたし自身も、ブログを1年間毎日更新するという企画立てて365日毎日更新して目標を達成したり、

 

「#声優自撮り部」というハッシュタグでツイッターで自撮りを100枚上げたり、

 

生番組を立ち上げ、2年弱放送を続けたりしました。

 

自撮りの写真は、ファンの人がまとめを作ってくださいました。

 

 

 

挫けそうになったり、「誰も興味を持ってくれないかも」と思ったりしたけど、読んでくれる人、見てくれる人「がんばれ!」という応援してくれる人、ファンのみんなの存在があって、続けることができました

 

わたし一人ではなく、みんなの力でできてるんだと感じました。

 

どーーーーしても言葉にするとうまく伝えられないけど、本当に感謝してます。

 

 

せっかく発信したのなら、

「誰かが見てくれているはずだ」と信じて発信し続けるしかないです。

自分の仕事や活動を、必ずどこかで見てくれている人がいます。

 

自分の頑張りを誰が一番身近で見て、応援しているか?

 

 

一番最初にコメントをくれるのは、ファンのみんなです。

応援してくれてる人です。

 

 

ひとりでやってるんじゃなくて、みんなでやっていることだ、自分ひとりの企画じゃない、みんなと一緒に作っているんだ、ということを信じて続けていれば、みんなついてきてくれるんです。

 

そして、いっしょに喜んで、いっしょに盛り上がる、すごく心強い味方なんです。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

【一木千洋初のフォトエッセイ制作プロジェクト】

https://camp-fire.jp/projects/view/145056

2019年06月15日(土)

2.あなたがいたから活動できた

テーマ:フォトエッセイクラウドファンディング

この記事を読んでくれてありがとうございます。

わたしの活動の中でとても大切な存在「ファンのみんな」のことです。

 

 

 

「ファン」と一言でいっても、色んな方がいらっしゃると思います。

 

 

興味があってなんとなくSNSを追いかけてるとか、番組に出ていたら見てみるとか、イベント、ライブがあったら参加するとか、その人のグッズを手に入れる…とか、様々だと思います。

 

形は様々でも、

共通しているのは、その人を「応援している」ということだと思います。

 

 

みんな色々な形で応援をしてくれています。

 

 

 

いま、声優の活動は、どんどん幅が広がっています。

 

YouTuberをやられている方もいたり、アパレルブランドとコラボ商品を出す方もいて、そんなふうに活動の広がって行く中で、アニメ作品や番組を通さない活動でもファンの方々がついてきてくれたりすると思います。

 

 

そういう意味で、声優も個人主義の時代にはいってきたのではないかと思っています。

 

 

私自身も、何百万人もファンの方がいるわけではありません。

 

でも、「ファンのみんながいるからここまで活動してこられた」ということが出来ます。

 

 

それは、ファンは数じゃないからです。

 

 

大切なのは、熱意をもって応援してくれるファンのみんなの存在です。

 

 

熱意のあるファンの方が応援してくれるからこそ、色んなことに挑戦できるし、もっともっとみんなに届けよう、期待に答えようと活動することができるんだと思います。

 

 

熱意のあるファンがいない場合はどうしたらいいか?

 

 

熱意のないファンなんていないと、私は思います。

だって、ファンの人は、すでに時間とお金をさいて応援しようとしてくれています。

 

いつだってお互いにコミュニケーションが取れるわけではないので気づきにくいかもしれませんが、熱意のあるファンの方は、必ずいます。

 

 

それを信じて活動することが私みたいな声優には必要なんじゃないかと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>