キャンドル屋の1日
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

キャンドル屋のヨーロッパ街歩き…チューリッヒ&パリ編 スマホを盗まれる。VOL.2

 

ポリスステーションに行き、再度事情を説明すると、もう一度二人の警官と荷物検査場に足早に向かう。

 

荷物検査場に到着すると、二人の警官は先ほどのモニター室に係官と一緒に入る。


そして、再び例の映像を確認している。映像を見ながら色々なところに連絡を入れているようだ。(ドイツ語で話しているので何を言っているかわからないけど)

 

3分ほどすると、


警官の一人が“君のスマホが戻るかもしれないよ”って言う。

 

そう言うと、搭乗ゲートに急いで向かうことになった。

 

どうやら、スマホを盗んだ人間がモロッコ行きの飛行機に搭乗予定だという。

荷物検査場の映像から盗んだ人間を特定したようだ。それにしても、こんなところで盗む人間も凄いが盗まれる自分がなかなか無防備だ。汗

 

 

そうこうしているうちに自分の搭乗時間まであと5分ほどに迫ってきた💦


 

時間がないあせる


 

もう出発時間が近いと伝えると、警察官二人だけがモロッコ行のゲートに向かい自分はパリ行きの搭乗便のゲートで待つことになった。

 

そして、待つこと10分。

 

ほとんどの乗客が搭乗が済んでいる中、

遠くの方から手を振りながら笑顔の二人が見える。手を見るとスマホが握られている。

無事に取り返してくれたようで安堵する。


 

なんと幸運だろうか音譜まさに間一髪

 

精一杯のお礼の言葉と労いのレッドブルで乾杯

 

そして、搭乗が遅れ、機内で冷ややかな視線を浴びながらパリへと向かったのでした。残念ながらその後の顛末はわからない。

 

それにしても尽力してくれた二人の警察官に感謝です。


 

 

 

 

キャンドル屋のヨーロッパ街歩き…パリ編 スマホは便利

今回はフランス、ベルギー、オランダを巡る旅です。

 

ここ数年、観光地ではデジカメを持っている人や自撮り棒を持っている人も多いせいか

“写真を撮ってください”って頼まれる機会がほとんどない。

 

ひと昔前はみんなキャノンやニコンのカメラを持っていたものだけど、

今はほぼスマホ、デジカメを見る機会もめっきり減ったね。

インスタやツイッターなどのSNS全盛の影響も大きいし。

 

スマホは今は旅行においても必需品。

 

写真を撮るだけでなく、ホテルの予約や道案内、時刻表、観光地の情報などなど

しかも、ホテルへの道案内もアプリがしてくれるから迷うこともない。

そういえば、地球の歩き方を持っている人もあまり見かけなくなった。

 

最近、滞在したパリではエッフェル塔から凱旋門まで電動のキックボード

で散策した時のこと。

この乗り物は最近、観光地でよく見るものだけど、専用のアプリを使って現在地に

一番近い車両を検索し、予約する。すると乗った時間分をカードなどで決済するというもの。

どこで乗り捨てても自由なのでとても便利だし、自転車を乗るのと同じくらい操作も簡単なのが特徴。

 

これもやっぱりスマホ。

 

 

一番近い場所にあるものを予約できる。

 

 

キャンドル屋のヨーロッパ街歩き…チューリッヒ&パリ編 スマホを盗まれる。そして財布を拾う。

 

海外旅行で必ずしなくてはいけないのが、入国審査と荷物検査。この検査は国や空港によりやり方や厳しさはまちまち。何も怪しいものを持っていなくても少しドキドキしちゅうのもこの荷物検査。

 

スイスのチューリッヒ国際空港からパリへ向かう時、手荷物検査でまさかの出来事が起きてしまった💦

 

混雑している荷物検査場でのこと。長い状列に並び、ひたすら順番を待つ。


ようやく順番が来て、パソコンやスマホ、カバン、時計などをトレーに乗せ、コンベアに流す。

全身エックス線の順番を数名が待っていた。

そして、自分の順番が来て無事に通過する。トレイに乗せておいた


荷物を急いで受け取り、搭乗ゲートに向かった。搭乗時間まであと1時間ほど。

 

荷物検査の場所から30mほど離れた売店に立ち寄った時、時間にして数分くらい経過したところで、

 

あれっ、スマホがないことに気が付く。

 

すぐさま検査場に引き返す。係官にスマホの忘れ物を尋ねると、このレーンに忘れ物はないと言う。僅か、数分しか経っていないから、

ないはずは無いと少し食い下がる。このレーンで間違いないか、再三確認されるが、数分前の出来事だから間違いないという。

 

自分の持ち物を再確認してもない汗汗汗汗

 

どういうこと?頭の中でははてなマークはてなマークはてなマークはてなマークはてなマーク

 

困り果てていると、係官に連れられて別室に連れていかれる。そこにあったのはレーンを監視するモニター室と待合室のような場所。

セキュリティーの関係で中には入れなかったが、ビデオを巻き戻し、係官数名がモニターを凝視し、その時刻の出来事を見ているようだった。

 

結果はなんと!?!?

自分の前の人間がスマホを盗んだかもしれないという目

 

そして、彼らの結論はもう取り返せないかもしれないという。

広い空港を探すのは難しい!?ようで飛行機がこの間にも飛び立っている

かもしれないという。もうすでに30分経過している。あせる

ただ面倒くさいだけじゃないかと思うけど。。。と心で思いつつ。

 

海外でスマホを盗まれたら

あなたならどうしますか?

 

諦めるか、自力で探すか。さてどうするか。

 

そんな時、係官がポリスステーションがあるからそこに行って事情を説明した方が良いという。そして、急いで向かったのが別のターミナルにあるポリスステーションだったビックリマーク

 

続く。

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>