BIGYARD 奮闘日記

BIGYARD 奮闘日記

静岡県磐田市にある農業生産法人 ビッグヤード株式会社のブログ

こんにちは、農場長です。

6月も今週から中旬下旬へと進んでいきます。こちら東海はずいぶん前に梅雨入りしていましたが、関東もようやく入梅した模様。それに伴いこちらも雨の日が増えてきました。ずっと空梅雨気味でしたので、東海地方の梅雨入り日は修正されるかもしれません。いずれにせよこれからが梅雨本番となりますね。また今週末には緊急事態宣言の期限を迎えます。どのような判断になるか注目されるところですが、僕たちの状況はおそらくあまり変わらないでしょうね。ただ、信じる明るい未来に向けて準備だけはしっかりとしてきたいと思います。

さてそんな中、この時期だけの野菜が先週末あたりから出荷が始まってきていますので、ご案内させていただきます。


カラフルニンジン 葉付フェンネル

渦巻ビーツ コリンキー

 

定番のオレンジのほか、黄・紫・白の4色展開のカラフルニンジン。人参本来の味が強く、ぜひ生で味わっていただきたいと思います。

また、先日まで出荷していた水耕スティックフェンネル(スティッキオ)に代わり、土耕になりますが香り高いフェンネルも出てきています。当初葉付きで出荷したかったのですが、傷みや黄変も出てきていますので今後は葉落としでの出荷となります。

2色の渦巻ビーツは今回初めての挑戦です。断面の模様が美しいので、スライスしてサラダでお召し上がりください。もちろん加熱調理でも美味しくいただけます。

最後にいつものコリンキー。歯触りと食感が楽しいサラダカボチャです。サラダや浅漬けなどのほか、ジャムとして使われる方もいらっしゃるようです。ぜひ試してみてください。

 

以上、サラダのほか、バーニャカウダやスープ等で楽しく美味しい食卓の演出にぜひご利用いただければ幸甚です。これらの野菜は7月いっぱいまでは続く見通しです。このほか、来週からはトレビスやバターナッツ等の出荷も始まる見込みので、ぜひこちらもお願いいたします。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

こんにちは、営業部長です。

弊社グループ会社で提供しているサービスのご案内です。たった1分で簡単に診断できるサービスです。気軽にできますので、いくら受給できるかだけでも診断してみてください。下の画像をクリックすれば自動診断にアクセスできます。

 

かんたん補助金・助成金診断  

 

弊社でも診断してみましたが、受給見込みは350万円ほどになりました。実際は200万円程度の申請を目指して現在準備中です。

助成金は様々な用途のものがあり、労務管理や就労環境の整備のほか、従業員のモチベーションアップにも繋がります。しかも返済は不要です。厳しいご時世ですので、いただけるものはしっかりいただいて、会社を元気に、そして強くたくましくしていきましょう!就業規則の作成などのサポートもあります。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

 

営業部長@BIGYARD

こんにちは、農場長です。

昨日こちら東海地方は梅雨入りをしたようです。平年より21日、昨年より25日も早い、異例の早さです。となると今度は梅雨明けがいつになるかですが、早まった場合は過酷な夏が長くなります。逆に梅雨明けが平年通りだと、例年以上に日照不足が続くことになります。いずれにせよ、早い梅雨入りにいいことは何もありません。毎年のように異常気象が訪れることは自然に寄り添う農業にとってはまさに地獄、コロナとのダブルパンチですね。。

 

テイラー  ハイドロセブン

 

さて、そんな中でも野菜を作って売っていかなければなりません。2021年になって再チャレンジしたほうれん草栽培がいい手応えできています。写真左はSUMIKAのテイラーで、右は中原のハイドロセブンになります。ともに、4月3日播種、5月2日定植のもの。テイラーのほうが細く柔らかですが、発芽率が良くないとのこと。ハイドロセブンは草丈は短いですが、発芽率もよく安定しているらしい。今週末に収穫を予定していますので、その時点での状態で判断するつもりですが、今のところ耐暑性のあるハイドロセブンを軸にテスト栽培を続けていく予定です。テイラーから同じSUMIKAのスタッフに変更。あとはサカタのミラージュあたりも追加で試していこうと考えています。

 

今まで難しかったDFT方式の水耕栽培、ウレタン培地でのほうれん草栽培がうまくいきそうです。冬場の生産は全く問題ないので、あとは今夏をうまく乗り切ることを実証できれば、年末ごろから量産へと移行していこうと思っています。まずはこの梅雨時期、明けてからの猛暑、残暑の状況に対応して、周年(執念?)出荷商品として自信をもって皆さんにお届けできるよう頑張っていきたいと思います。テスト栽培期間中は、収量がそれほど多くありませんが、弊社サラダほうれん草をご希望される方がいらっしゃればご連絡ください。お待ちしております。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

 

農場長@BIGYARD

こんにちは、農場長です。

早くも4月は下旬に差し掛かってきています。最近は風がとても強いのですが、反対に日差しはとても優しく暖か。だんだんと春から初夏、そして厳しい真夏へと季節は移ろいで行きますね。今現在、コロナ禍で取り残された感は強いですが、日々の流れに遅れないように強い気持ちをもって毎日取り組んでいきたいと思います。明日からは東京や大阪で再度の緊急事態宣言も発出されます。いよいよワクチン接種との競争フェーズに移ってきました。GW明けに明るい未来が望めれば良いのですが。。。

 

鉢上げ  挿し木

 

一昨日と昨日で、ブルーベリーの鉢上げ及び挿木作業を行いました。本来3月中には終えておきたかったのですが、年度末で多忙を極め、天候にも恵まれなかったのでここまでずれ込んでしまいました。今回は当方一人での作業でしたが、2日間10時間程度で完了。慣れればもう少し時間を短縮できると思います。鉢上げは1品種215鉢、挿し木は6品種721本。当初の予定よりも大幅に少ない結果となりましたが、これで次回以降の作業や資材、枝の数量がおおよそ計れます。次は枝を取る時期も含め、計画的にしっかりとやっていこうと思います。目標は2,000本の挿木の実現。

 

ちなみに、この2年目の苗木ですが、来月のTGMで20鉢程度を販売する予定でおります。あと4週間程度ありますので、今よりさらに大きく育ってくれることを祈っています。植え替え用の鉢を除く、培土(ピートモス+鹿沼土)と肥料、説明書をセットにしたものを計画しています。売価はこれから検討しますが、皆様に玄関先やベランダ等で気軽に栽培を楽しんでいただけるようにしたいと思います。ぜひ来場された際は購入を検討いただければと存じます。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

 

農場長@BIGYARD

こんばんは、営業部長です。

今週末は昨年7月の出店以来、実に9か月ぶりのTGM参戦となりました。途中、開催中止や選考漏れ、自粛期間もありましたので、本当に久しぶりのイベントです。世間ではコロナの第4波が本格的に到来しており、明日からは東京でもまん延防止等重点措置が適用されることになりました。そのため、この週末の入りを心配をしていましたが、どうにか自粛前と同水準の来場客を確保できたようです。

 

TGM4月  TGM4月2

 

今回は横浜の事務所に滞在中でしたので、土曜、日曜にそれぞれ農場から荷物を送ってもらいました。鮮度を考えると、両日とも売切り量を確実にこなすのが一番だと確信しました。量も抑えめだったこともありますが、今回は実際に売切ることができました。効果的にセールも実施したため、売上は平時実績とあまり変わりませんでした。次回以降も同様のオペレーションで臨みたいと思います。ちなみに次は変則開催のため、5月22日(土)・23日(日)となります。ご都合の良い方はぜひ遊びにいらしてください。お待ちしております。

 

今回は新しい野菜を2つ持ち込みました。リーフチコリは予想通りの苦戦でしたが、エルバステラは物珍しさもあって販売好調でした。このように他店にはない弊社らしいご提案ができれば、この難局もきっと乗り切れると思います。次回出店時にはもう少し多めに持ち込もうと思います。現在、試験栽培が順調なサラダほうれん草もたくさん持参します。

2日間、コロナ禍にも関わらず当ブースまでお立ち寄りくださった皆さま、本当にありがとうございました。来月出店が決まりましたらまたご案内申し上げます。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

 

営業部長@BIGYARD

こんばんは、営業部長です。

とても穏やかで暖かな日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?2021年の桜はあっという間に走り去っていきそうですね。今年は花見を楽しむ間もなかったような気がします。春野菜も前倒しとなってしかも値段も安く、貧乏暇なしの農業界。各方面から悲鳴も上がってきていて、実に深刻です。桜が散る光景はあんまり見たくない、そんな毎日です。

 

2021年桜2  2021年桜

 

左の写真は家の桜、右の桜は隣の小学校の桜。すでに満開期は過ぎて徐々に葉桜に変わっていきます。来年の桜の季節は笑って迎えられるようにもう1年、コロナに負けないように頑張っていこうと思っています。ぜひ皆さん、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

 

営業部長@BIGYARD

こんにちは、農場長です。

今年の春は暖かく、桜前線も早足で日本列島を通り過ぎていきそうです。それに伴い露地野菜は例年よりも早く出荷が始まり、軒並み豊作ということも重なり、農業業界はさらなる厳しさを迎えています。依然としてコロナの第4波の懸念も拡大しており、正直もうどうしたらよいかわからない、そんな状況です。とはいえ、座して死を待つなんてことはできませんので、いろいろと悪あがきをしています。今回ご紹介の野菜もそのひとつです。


エルバステラ イタリアンレタス

リーフチコリ 試作商品

 

水耕栽培にて3商品を試験栽培中です。これとは別にほうれん草のテストも続けていますが、こちらは後日別途記事をあげさせていただきます。左上からエルバステラ、右上がイタリアンレタス、左下がリーフチコリとなります。商品化に向けてこれから取引先へのサンプル出荷の反応と、夏季栽培の経過をみた上で検討しますが、リーフチコリは現状でも難しいかなと思います。エスバステラは新しい野菜で、形もユニーク、扱いしやすそうで食味もよさそうなので期待しています。イタリアンレタスも夏の栽培次第で商品化できそうです。いずれにせよ、商品化まではもう少し時間がかかりそうです。

 

期待の2商品について簡単にご案内します。

【エルバステラ】

和名をセリバオオバコ、英名をBUCK'S HORN(牡鹿の角)、学名をPlantago coronopusといい、イタリア語では「星の草」を意味しサラダ野菜として利用されています。ほのかな甘みと苦みが特徴で、食感はサクサクとしており、ナッツのような芳香を感じます。どんな料理にもよく合い、炒め物やパスタの具、浅漬けや鍋にも重宝します。

【イタリアンレタス】

品種名はスカローラというエンダイブのイタリア語名のキク科の野菜です。レタスの仲間になりますので、弊社ではイタリアンレタスという名前での販売を考えています。通常、エンダイブは軟白化をして出荷をするのですが、現在栽培しているエンダイブ・ロマネスカ同様、軟白無しでの出荷となります。広葉で全体的に柔らかく美味しい野菜です。

2商品とも夏季の試験栽培次第で商品化する見込みです。それまでは少量出荷していますので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

 

農場長@BIGYARD

こんばんは、営業部長です。

いま日本を席巻している音声SNSの「Clubhouse」ですが、自分も今月初旬から当方も利用を始めてみました。もともとは個人的な趣味で楽しんでいたのですが、現在は会社のPRを兼ねた活動をしています。先週からは自分でもルームを開いていて、そこでは弊社の野菜セットの試験販売をしています。また、3月5日に「サラダボウルクラブ」というクラブの立ち上げをしました(3月5日追記・写真更新)。気になるクラハユーザーの方、ぜひ一度ルームまで遊びに来てください。

 

サラダボウルクラブ  clubhouse

 

ルーム名は「30分限定営業!簡単にサラダボウルが作れる野菜セット販売中!一人で店番、気軽に話しかけてください」でやっています。最初の1週間は物珍しさもあってか、結構多くの方に立ち寄っていただき、注文人数10名ほど、注文点数は15点ほどいただくことができました。ただ、今週に入ってから動きは鈍化してきており、どうやら一巡したような感じです。でも、毎日午前、午後、夜の3回、各30分を続けてきた成果もあり、野菜を売ってる人だとある程度の認知を獲得することができました。とりあえずこのやり方で3月末まであと1か月ちょっと、続けていこうと思います。継続は力なり、だと信じています。

 

直接生活者(消費者)とつながること、深く共有しあうことで確実に信頼を得られるのだと実感しています。もともとは農業や野菜についての誤解や間違った認識を正したいとの思いで始めてみましたが、今ではほかの話題も織り交ぜながら楽しく会話をしています。その先に野菜の購入があり、リピートがあり、ファンになっていく、そういう流れを作れれば嬉しいですね。予約や告知をしないで突然OPENし、フォロワーの招待もしていませんので、ぜひ見つけて話をしに来てください。お待ちしております。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

 

営業部長@BIGYARD

こんばんは、営業部長です。

2021年も2月に入りました。東京や大阪など11都府県で発令されている緊急事態宣言は今週末7日に期限を迎える予定でしたが、政府は本日1か月の延長を決定しました。直近1週間の新規感染者数は前週と比べて減少傾向にある一方、新規感染者のうち重症化するリスクの高い高齢者の割合は増加しているそうです。首都圏、関西圏ではいまだ医療提供体制はひっ迫していますから、延長は致し方ないでしょうね。ただ、延長するのであれば、今よりも強い制限、対策で確実に抑え込んでほしいと思います。東京オリンピックを本当に開催する気があるのであれば。

 

フリルレタス圃場1  フリルレタス圃場2

 

さて、もう1か月の我慢延長が決まりました。この事態は予想はしていましたが、例年利益を出さなければならない時期であるのに、さらなる苦境に追い込まれており、いよいよ従業員の方にもご協力をいただかないと乗り切れなくなっております。写真のように栽培状況は最高に良いのですが、販売面では業務向けのマイナスを補うところまで出来ていません。昨秋から始めた個人向け販売は順調に伸びていますが、まだまだです。とにかく今は、今できることを精一杯頑張るしかないです。

 

少しネガティブな内容になってしまいましたが、今は事業全体を見直して筋肉質な組織に変えるべく努力中です。きっとコロナ後は飛躍が望めるような、そんな会社でありたいと思います。皆さん、ぜひ応援してください。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

 

営業部長@BIGYARD

こんばんは、農場長です。

2021年1月もあっという間に残り10日ほどとなりました。コロナ禍でとにかく毎日をこなすだけの日々になってしまっているのでしょうか、時間の流れが恐ろしく早く感じます。今年中にはなんとか、「以前のような日常」に戻っているという実感を得られる状況になっていると嬉しいですが。さて、昨日今日と最近にしてはとても暖かく穏やかでしたので、2日間かけてブルーベリーの冬剪定をしてきました。

 

冬剪定1   冬剪定2

 

昨年2月に植えて以来、栽培管理は業者さんに相談したり、自分でネット等で調べたりしながら頑張ってきました。夏剪定はYouTubeを参考にやってみましたが未だ正解かどうかはわかりません。今回も下調べをして冬剪定に臨みましたが、まだ木も大きく育っていませんでしたので、とりあえず原理原則に従ってやってみました。細い枝、古い枝、下向き、内向きのものは思い切ってすっきり落とし、花芽のついた枝は今夏の実付きをイメージして整えてみました。まるで盆栽の手入れをしているかのよう。

 

2日間スタッフと二人でやってみましたが、やっぱり人により鋏の入れ方は微妙に違いますね。現時点で正解はわかりませんが、試行錯誤しながら徐々に最適化していければいいかなと思っています。今回の剪定前には、もう一つの大きな目的である挿し木用の枝取りをしました。まだまだ木も小さく満足できる量が確保できなかったことは残念でしたが、せっかくの地植えですので、時間をかけて丈夫で形のよい木を作っていきたいと思っています。さすれば必然的にいい枝が取れるようになります。

 

いつもの野菜作りとはまた違った、時間をかけて手を入れる作業は新鮮で楽しかったですね。事業として成立するまではまだまだ時間を要しますが、勉強しながら、楽しみながら、やっていこうと思います。剪定についてアドバイスいただける方いらっしゃれば、ぜひお願いいたします。

 

ビッグヤード株式会社は新鮮で美味しい野菜をお届けします。

ご注文、お問い合せはこちらから。

Fresh Vegetablese DIRECT

 

農場長@BIGYARD