1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-07-06 22:57:04

静かな夜

テーマ:日々のこと
彼さんはもう寝ちゃった。
PCを打つわたしのそばには大きなワンコ。
ソファの上で寝ているのだけど、暑いのか、時々背もたれを手足で蹴ってる。
何ともかわいい姿。
この子のおかげで、わたしはどれほど救われているだろう。
仲裁に入ってくれたり、慰めてくれたり、
おどけたりふざけたりして気をそらせたり、
ときにはイチャイチャのじゃまをしたり(笑)
お腹やひざにあごを乗せて、すやすや眠ったり。
人の気持ちというか、空気が、本当に読めるんだなぁって思う。

さっき、一人戸締まりの確認をしながら、こんなでも、少しずつ、ここが「わたしの家」になっているのかなぁって、
ふとそんなことを考えていた。

「もっとかわいがってよ」
「○○ちゃん(彼さん)はわたしの気持ちなんてぜんぜんわかってない」
「マンションに帰ってやる」
「都会で暮らしたいなぁ」

半分はネタ、でも半分は本気で、こんなことが口癖になっているけれど、
本当はすごく恵まれてるってわかってるんだと思う。
今みたいな穏やかな気持ちのときは、素直にそう思えるのに、
少し気に入らないことがあって、落ち込み始めると、歯止めが効かない。
少しずつでもこの生活に慣れてきているはずだから、わたしもわたしの時間を持って、
自分なりの世界をちょっとは育てた方がいいのかもしれない。
かといって、単独行動が多くなるのはよくないし、仕事もあるし、
その下限が難しいのだけど…。

一昨日、元旦那さんからメールがきて、
「印鑑は用事が済んだら返してね」と言われた。
実はまだ前の名字のままのものがいくつかあって、
まだ通帳が必要なので返していなかった。
マンションは前の名字のままの名義になっているので、
光熱費などの引き落としに通帳が必要だし、
その他携帯やスポーツジムもそのままになっていた。
離婚して今月で5ヶ月。
最後に逢ってから7ヶ月。
別居して9ヶ月。
愛情?がなくなって、確実に時間は流れているのに、何もかもすっぱりとは切れないものだなぁ。
一つ屋根の下に暮らし、経済を共にし、同じ名字で過ごした歴史は、
時間的には短くても、それなりに重い。
きっと彼と元奥さんも同じなんだよね。

貧乏は平気なのに、気持ちの苦労はきつい。
けど、裏腹に、経済の心配は今のところなく、気持ちばかりが安定しない。
早く、心穏やかに過ごせる日々がきますように☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-02 20:14:19

(続)後に入るということ

テーマ:日々のこと
わたしがマンションから荷物を送っても、なかなか入れる場所がなくて、
送った段ボールの中に入ったままだったり、3段ボックスを買ってそこに入れたりしていた。
そういう具合だったから、片付けは容易なことではないのは知っていた。
でも、でも、どうしてそんなことも自分でやろうとしないのか不思議だ。
彼は一人暮らしの経験もあるらしいのだけれど、とても信じられない。
面倒くさいからって人に頼るのか。
家族を頼れない状況にいたときもあったはずなのに…。
こんなことでこの先いろいろと大丈夫なのだろうか?

お母さんとお姉さんのおかげで、確かに押し入れはずいぶん片付いて、わたしのものも入れられる状態にはなった。
でも、なんだろう。このすっきりしないものは…。

元奥さんのものがまだあるから触りたくなかったということだけでなく、
わたしは後から入った人間だから、この家そのものが、まだまだ「自分のもの」と思えてないのだ。
新しい家に二人で引っ越して、何もないところに二人のものを持ち寄って、
それで足りないものを二人で買い足して…。
そんな風に1から二人の新生活をスタートできたらどんなに楽だろう。

そういえば、5月に学生時代の友人が遊びにきて、
だいぶ物の減ったわたしのマンションでとりとめもなく話していたときに、彼女が言った。
「元奥さんと一緒に住んでた家に入るのって嫌じゃない?」
あまりにも純粋な彼女の問いかけに、返事に戸惑った。
「・・・まぁねぇ」
「わたしだったら耐えられないなぁ。
一歩譲ってそうするなら、床だって壁紙だって何もかも取り替えてもらって、
かなりのリフォームをしてくれないと絶対嫌だなぁ」
「わたしだって嫌だよ」
とは、口には出せなかった。
けど、友人のその言葉にちょっと安心したのも事実。
こんな風に思うわたしは相当のわがまま人間なんじゃないか、
他の人はそこまで神経質にはならないんじゃないか、
そう少し悩んでもいたから。
だって、今の世の中、元奥さんと暮らしていた家に入る人なんていっぱいいるわけでしょ?
そういう人たちは平気?なのかなぁって思ってた。
それが辛いぐらいなら、一緒になったりしないのかなって。
一緒になっちゃいけないのかなって…。
実際、それが辛くて一緒になることをあきらめる人もいるのかもしれない。
でも、大半の人はきっと大なり小なり我慢をしてるのかもしれない。
こんな風に考えるのはわたしだけじゃないんだって、その友人の言葉を聞いて、そう思えた。

他にもいろんな場面で「後に入る」ことの煩わしさや難しさを少しずつ実感する日々です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-02 19:52:36

後に入るということ

テーマ:日々のこと
昨日、ちょっとしたことをきっかけに彼さんと言い合いになった。
彼さんはわたしが夕ご飯を作っている間に寝ていることが多い。
それがわたしには気に入らない。
睡眠不足のときなんかに、仕事の合間にうたた寝されるのはぜんぜん平気なんだけど、
夕ご飯のときに台所のいすで居眠りされたりするのが無性に嫌なのだ。
わたしも一日仕事を手伝いながら家事をしているのにっていう気持ちもある。
かといって、一緒に料理をしてほしいとか、その他の家事を手伝ってほしいとは特別思わないんだけどね。
「じゃぁ何してたらいいの?」
「そんなに退屈なの?そんなにやることないの?」
「なんかあるかなぁ?」
「・・・例えば、○○ちゃん(犬)のブラッシングとかお散歩とか、押し入れの片付けとか、いっぱいあるじゃん」
「押し入れの片付け?」
この家には、まだわたしの触れない所がたくさんある。
触れないのか、触りたくないだけなのか、微妙だけど。

4月、完全にここに住み始めた頃、わたしの荷物が入らないので、
まだまだ物でいっぱいの押し入れを片付けようとしたら、元奥さんの物があちこちから出てきた。
それでやる気をなくしてしまった。
「わたしはまだあんまり触りたくないから、ある程度まであなたが片付けてね」
それはつまり、少なくとも元奥さんの物だけでもどけてほしいという意味。
彼は軽く返事をしたように思うけれど、今まで片付ける気配はなかった。
時々それとなく「片付けてよ」って言ってはきたけれど、
「なんかそんな気分になれなくてねぇ」なんて流されてきた。
昨日の夜中、彼さんが片付けを始めた。
結局わたしも手伝わされた。
「今日はもう寝て明日にしたら?」
「うん」
それで今日、片付けをしている途中、
わたしの知らない間に彼さんはお母さんに電話をしていた。
その後お母さんから電話がかかってきて、彼さんが電話をとって話しているのが聞こえた。
「もうすぐ来るんだって」
「え?お母さん?どうして?」
「どうしてって、片付け手伝いに」
「電話してたの?手伝ってって恃んだの?」
「恃んだわけじゃないけど、片付けしてるって話したら来るって言うから」
「・・・・・」
そりゃぁたいへんなのはわかるよ。
昨日の時点でわたしたちが実際に使っていた収納スペースは全体の2割にも満たないほど。
それ以外はほとんどゴミの山。
段ボールを開けても開けてもゴミばかりだったんだもの。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-01 14:15:18

息抜き?

テーマ:日々のこと
昨日は久々に街に出た。
元職場のある場所。今でもマンションがある場所。
元同僚が今月いっぱいで仕事を辞めることになったのでちょこっと会いに行ってから、
5年ほど通い続けている美容室へ行き、
その後友人と合流してプールに行って買い物に行った。
美容室もそろそろこちらで見つけないといけないのだろうけれど、これがなかなか…。
プールに行こうにも会員制の空いたプールなんてないし、
買い物に行くったってスーパーしかない。
まだまだ元いた場所に頼り切っているわたしなのだ。

何ヶ月ぶりのプールはさすがに疲れたけれど、この疲労感がまた心地いい。
それからお中元や元同僚へのプレゼントなどなどを物色しに行った。
やっぱり百貨店は品揃えが違う。
気の利いたものや欲しいものが迷うほど見つかる。
デパ地下で彼さんへのおみやげを買って、大満足で店を後にした。
時間もなかったのでそれで友人と別れてマンションに立ち寄ったのだけれど、
マンションに帰る途中、妙に全身がこわばるような感覚を覚えた。
「プールで疲れすぎたかな」と思っていたのだけれど、
マンションに着いてから気がついた。
脱水症状だ。
わたしは朝ご飯の後飲まず食わず。
泳いだ上、猛暑の中を歩き回ったのだから、そうなっても不思議ではない。
体重計に乗ったら、もう長らく見たことのなかった数字を見て喜んだのもつかの間…。
冷蔵庫にあったお茶を一気飲みして何とか元気復活。
それから部屋の掃除をして家路についたのが8時。
言えに着いても無性にのどが渇いて、晩ご飯のときにもやたらのどが渇いて、
お風呂に入ってもむちゃくちゃのどが渇いて、身体が欲するままに飲み続けて、おなかチャポチャポ状態で眠った。
それでも朝までトイレに起きなかったのだから、やっぱり身体が欲していたんだね。
で、朝ご飯の後体重を測ったらすっかり元通り。
というか微妙に増えてたぐらいかも。。
何とも言えない脱力感でございましたとさ。

昨日、友人に言われた。
「ちょこちょこ息抜きに出ておいでよ。
旦那さんうるさい人じゃないんでしょ?」
うれしいような、ちょっと複雑なような、そんな気分だった。
でも、やっぱりあの町が好きだなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-28 20:48:34

人生の選択

テーマ:日々のこと
大学を卒業してすぐの頃、大阪に住んでいた。
そのときの同僚Mくんは、わたしより一つ年上。
元彼さんとは仲良しだった。
年齢はえらく違うのにやけに馬が合っていたようだ。
そのMくんから、今でも時々連絡がある。
何ヶ月も音信不通のときもあるのだけど、最近はわりとまめにメールや電話がある方かな。
わたしが離婚したからかもしれない。
男の人って意外とそういうことに気を遣うよね?
律儀というか何というか…。
ちょっと寂しかったりもするw

で、そのMくんから昨日電話があって、いろいろ話した。
Mくんはわたしとほとんど時期を変わらずして大阪を離れて故郷に帰った。
今もそこで働いているのだけど、また大阪に出たいと言う。
「生活の安定だけを考えるなら今の環境で問題ないけど、
それだけじゃぁちょっとね。
行くなら今かなって」
わかるわかる。確かにそう。
年齢を重ねれば重ねるほどおっくうになるし、
環境の変化にもろいし、
行くに行けないしがらみも増えてくる。
「どう思う?」って聞かれて、
「個人的には行ってほしいなぁ」と応えた。
「Mくんはまだまだこれからだね。夢いっぱいだね」
「まぁそうだけど、あったかい家庭でも持ってたら、それだけで幸せなのになぁ」
人間無い物ねだりですね。

わたしはこの片田舎で、もうすぐ彼さんと結婚しようとしている。
結婚すれば一生この地に住み続けることになるだろう。
暮らすには何の問題もない、けれどあまりにも刺激の少ないこの土地で、
これから何十年と年を重ねる中で、彼の仕事を手伝い、きっと子供を産み育てていく。
雑な言い方だが、このまま結婚すれば、ほとんどこの先の人生見通せたようなもの(よほどのことがなければ)
それを「安定」と呼ぶのだろう。
そういえば、仕事を辞める前、同僚に言われた。
「そんな田舎であんたがやっていけるわけないよ。
2~3年もしたら嫌になって戻ってくるんじゃないの?」
わたしは元々派手な方ではないし、積極的でもない。
同僚もそれをわかっているはずなのに、そんなことを言われて、
わたしっていったいどんな風に思われてるんだろうって不思議に思った。
けれど、住んでみるとここは思った以上に確かに田舎だ。

なんてね。
ほんのちょっとMくんがうらやましかっただけ。
うらやましいとも違うかな。
自分にもそういう選択肢が与えられてはいたんだよなぁって、
今でも与えられてないわけでもないんだよねぇって、
少し懐かしいような、ちくりとするような感覚があった。
とにかくMくんにはがんばってほしい。
「わたしの夢も託したぞ」って電話を切った。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-25 21:49:13

イライラ

テーマ:日々のこと
このところ梅雨らしい天気が続いている。
今日はお休みだったけど一日中雨で、ほとんど家の中で過ごした。
彼さんは疲れているのか、起きててもうとうとしていることが多かった。
朝から元奥さん宛の電話がかかってきて、離婚したことを言わずにはぐらかす彼さんにイライラ。
夕方、明日からの仕事の準備をしていても手伝ってくれない彼さんにイライラ。
お母さんと長電話する彼さんにイライラ。
本当に精神的に不安定と感じることが多い。
もう一年仕事を続けていれば、こんなに余計なことまで考えずに済んだんだろうなぁ、なんて思ったり、
元いた町に住んでいれば、にぎやかな場所も幾所も多くて気が紛れただろうなぁ、なんて思ったり、
そんな無意味なことをとりとめもなく考えていたりする。
些細なことにイライラするのも、選択しなかったものを惜しく感じるのも、
結局は不安のせいなんだと思う。
きっと、何が不満とかじゃない。
「どうなるかわからない」っていう、先のことが見えないっていう、当たり前で、漠然とした不安だけなんだろう。
まだ友達もできない。
こんな田舎では一人で行きたい場所もない。
今のわたしには彼と仕事しかないから。
すごくすごく狭いところで生きているから、
その狭い中で起こる小さなことにひどく左右される。
浮き沈みが激しい。
まぁ、そういう性格は生来からのものでもあるけれど、それに輪をかけている。
こんなことにばっかり振り回されちゃ、彼さんもかわいそうだよね。
そう言いつつ、どこかでは同じものを彼さんにも感じてほしいんだと思う。
喜びも楽しさも、そして苦しみや寂しさはもっと…。
そうしたら半分になる気がして…。

わたしの苦労や努力が、元旦那さんの幸せにつながっていますように。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-19 10:02:20

うれしいことも

テーマ:日々のこと
そういう理解あるご近所の人たち。
店の雰囲気が良くなったとか、きれいになったとか、
わたし自身の接客や応対を誉めてくれるお客さんたち。
それが何よりの支えになっている。

自分でも情緒不安定と感じることが多い。
自慢になってしまうけれど、わたしは本来冷静で穏やかだと言われることが多く、
何となく自分でもそんな気でいたのかな。
いまはそんな面影もない。
彼に当たり散らすことばっかりで、自分でも自分が嫌になる。
当たり散らしている、彼に悪いという自覚はあっても、それをコントロールすることができない。

6月の最初に、両親にも彼のことを少し話した。
好きな人ができたって。
肯定も否定もされず、どういう人なのかいろいろ質問された。
最後は「まぁよく考えなさい。前科持ちなんだから」と言われて終わった。
特にその後チェック?が厳しくなったということもなく、相変わらず子離れした両親で助かっている。
当然同棲していることなどは話していない。

「よく考えなさい」と言われた通り、今はそういう期間なのかもしれない。
答えは決まったようなものだけれど、もっと覚悟を強くしなくてはならないと思う。
覚悟とかだけじゃなく、もっといろいろ強くならなくちゃならないな。
離婚したことはまったく後悔していないけれど、今後のことは今一度考える必要がありそう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-17 14:34:09

嫌なこと

テーマ:日々のこと
どうでもいいけど、今日は前の結婚からちょうど5年の記念日?だった。
日付を見るまで完全に忘れてたけど。
人間良くも悪くも忘れっぽいもんだな。。

さっき過去の記事を読んで、少しはっとした。
「これから自分が苦労する分だけ元旦那さんは幸せになれるんだって思えばがんばれる」ってとこ。
そんな気持ちさえもう忘れてたなぁ。
元旦那さんからは今でも時々メールがくる。
それはわたしの生活を心配してくれる内容のものばかり。
恨みがましさはどこにもない。
元旦那さんは今幸せだろうか?
わたしに与えられている試練や苦労は、ちゃんと元旦那さんの肩代わりになっているだろうか?
それが確かめられるなら、こんなことヘッチャラなのに。

正直に書く。
今のわたしの一番の苦痛は、隣に住む彼の元奥さんの存在。
彼の家族中に反対されてもなお隣にこだわった理由は何だろう。
嫌がらせ以外にそんな理由あるだろうか?
未だにわたしにはわからない。
最初は「なるべく早く出てもらう」と言っていた彼の家族も、
「1年おとなしく待つしかないわね」と、口調が変わってきている。
法的にも倫理的にも追い出すことができないのはわかっているけれど、
もうちょっと気遣ってほしいという思いが正直ある。

隣に住んでいるということが、徐々に近所の人たちの知るところとなり、
いろんな意味で注目の的になっていることは間違いない。
「えー?新しい女の人がきてるのに、いったいどうなってるの?
離婚してるの?してないの?
じゃぁ新しい人は何なの?」
そんな噂も耳にした。
一方、心ある人によって救われている部分も多い。
彼が自営をしている関係もあって、ご近所との行き来はわりとある方で、
野次馬やお節介ではなく、本気で心配してくれる人もいる。
「いろいろ辛いだろうけどがんばってね」などと優しい言葉をかけてくれる人もいる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-17 14:19:32

お久しぶりです

テーマ:日々のこと
本格的に彼の元で暮らし始めて2ヶ月半が経ちました。
忙しかったというのも本当ですが、
書きたいことはいっぱいあったけど、書けるようなことじゃなかったというのが本音です。
ここを読む人はみんなわたしを知らない人ばかりなのに、
この期に及んでもまだかっこつけたがりなんですね。
なんかどうしようもないな。ふぅ!

ほぼ24時間ほとんど彼と一緒です。
一緒にいてくれないと心細くなります。
彼が自営業でよかった。
わたしも仕事を手伝っているから、少々落ち込んでても引き籠もってはいられないし、
嫌でも毎日いろんな人に会うというのもいいことのように思います。
少しずつ仕事にも慣れて顔見知りのお客さんも増えて、
1にも2にも時間を重ねることだなぁと感じます。

なんてね。
本当に書きたいことはこんなきれい事じゃないよね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-10 15:35:30

どうなんだろ

テーマ:恋愛
前回の「性生活」の続きを書く気分じゃないので、それはまたの機会ということで…。
けど、今日書こうとしていることも当たらずとも遠からず。
な、なんか最近ちょっと性欲が弱ってる気がするのだ。
性欲が弱いというのか不感症というのか…。
最近といっても今週に入ってからぐらいなので笑われそうな話ではあるが…。
今までは、最初乗り気じゃなくても、彼に求められ、そうなってしまえば、徐々によくなって…というパターンで、
だから乗り気じゃないときでも「まぁいっか!どうせよくなるもんね」とか思って許すことができた。
拒否することはまずなかった。
こんな相手は初めて。
数少ないながらも、今までの経験では、
「え~~?もう!毎日毎日イヤッ」とか、「逢うたびになんて勘弁してっ」って感じで、
無理に応じたところでやっぱり乗り気じゃないものはよくはならなかった。
だから嫌なときには遠慮なく拒絶した。
でも、彼とは違った。
「身体が合うってこういうことなんだぁ~」なんて思ってたw
ところがところが・・・なのですよ。
どうしちゃったんだろなぁ。
ちょっと疲れてるのかな。
それとも、ま、まさか妊娠してないよね?
妊娠すると性欲が弱るとか聞いたことあるし。
でも逆に増幅する人もいるらしいけど…。
あぁぁぁ、戻ってこい!わたしの性欲と感度よ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。