この冬 一番の
女性にもっとも大切な情報‼









シルクサポートパンスト
https://www.0469.net/shopdetail/000000000427/





管理人

この冬 ~ 女性に一番大切な情報です。
女性の美脚を冷やさないことが
今、最も求められている女性にとっての
最高の健康法です。

美脚を冷やすと・・・

① 便秘の原因になります。

② 大腸がんの遠因になります。

③ 子宮がんの遠因になります。

④ 身体全体の免疫力低下につながります。


美脚を冷やすと上半身の体温を奪い
身体全体の体温を下げることになります。
結果、身体全体の免疫力を下げる訳です。
パンストはシルクか麻などの天然素材がお勧めです。


パンティ-ストッキングのある恐ろしい秘密
https://ameblo.jp/64152966/entry-11594710305.html


独身女性は無論のこと、お母さんも娘さんに
このことをよく教えて護ってあげるべきです。
これは、健康に~ひいては命に関わることですから
シンプルですがものすごく重要なことです。
一般的に軽視されているのが残念でなりません。
出来れば、寝ている時もズボン下などをはいて
保温に努めることをお勧めします。

更に、腹巻をすればなおのこと良いです。
これは男女共通です。
以前、低体温に悩んでいた人から相談があり
真っ先に、腹巻をお勧めしました。
その相談者の方より・・・半年後、
平均体温が0.5度も上がったと
喜びと感謝の言葉が届きました。

いつも思うことですが・・・
何故、日本ではこのような命に関わる情報が
大切にされ共有されないのでしょうか???
私は不思議で仕方ありません。
命って、そんなに軽いものなのでしょうか?

私の知る医師で名医の人が言いました。
体温を下げることは絶対的に良くない!!!
・・と。


もう一つ追加しておきます。
生理痛のひどい女性は、なるべく痛み止めの薬を
飲まないようにしたほうがいいです。
ガン~白血病の遠因になります。
痛み止めの成分が白血球の表面と結合し
免疫力を著しく低下させることが、
分子レベルの研究で明らかになっています。


生理痛のひどい女性は、
内海 聡 医師もお勧めの
以下の記事が参考になります。

パッションフラワーの効能と効果
https://shufuse.com/559






【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



お知らせ

11月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!


まだ届いていない読者の方は私までご連絡下さい。



第13期メ-ルマガジン
( 11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!




















水道の民営化はいつから!?
 料金や契約はどうなる?

http://e-quall.com/suidou-mineika-when

マニラは1997年に水道事業を民営化したが、
米ベクテル社などが参入すると、水道料金は4~5倍になり、
低所得者は水道の使用を禁じられた。
またボリビアは1999年に水道事業を民営化したものの、
やはりアメリカのベクテルが水道料金を一気に倍以上に引き上げた。
耐えかねた住民たちは大規模デモを起こし、
200人近い死傷者を出す紛争に発展した。
                    出典:週刊文春




阪神淡路大震災とベクテル社 [オウム真理教]
https://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/2017-05-16

阪神淡路大震災は人工地震であり、
それには明石海峡大橋の工事にかかわった
ベクテル社が関与しているということを
オウム真理教が1995年にすでに指摘していたという内容。
そしてオウムは、地震発生時に大阪で日米防災会議のため
専門家が集まっており、彼らが地震状況を
詳しく調べて帰ったといっている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


管理人

阪神淡路大震災 ⇒ 人工地震 ⇒ ベクテル社が深く関与

水道事業 ⇒ ベクテル社


米ベクテル社っていうのは、世界で人口削減を強行する
イルミナティ~CIA傘下の秘密別動隊です。
水道事業にも深く関わっています。
そして、人工地震にも名前が出てきます。

皆さん、これで日本の水道民営化の本当の意味が
理解出来ましたか?
民営化に海外資本が参入する時、仮にヨ-ロッパ企業の
名前が出てきたとしてもバックには米ベクテル社が
関与している可能性が高い。

水道民営化は、究極的には人口削減が目的!
~決してお金の問題ではない!
・・・と記事の題名にしている内容が
まさにピッタシであることがご理解いただけたでしょう。

これが、唯一の水道民営化の核心部分です。
怖いでしょ・・・皆さん。
日本に人工地震を仕掛けるような連中が
日本の水道事業を支配するのですから。

安倍や麻生といった政治家連中は、
この巨大カルト~イルミナティの代理人政治家に
過ぎないということ。
操り人形です。

そうそう、今回の水道民営化には竹中平蔵も深く
関わっていることが判明しています。
竹中平蔵っていうのは、イルミナティ日本支部の中でも
結構な大物なんです。

全て・・・
イルミナティとつながっています。
今回の水道民営化について、経済の話ばかりしている人は
頭がどうかしているとしか思えません。
失礼・・・。



重要参考記事

東京上空333の謎の飛行機雲アートについて
https://ameblo.jp/64152966/entry-11112786084.html



【村井が消された理由.】
村井秀夫の語った阪神人工地震






【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



お知らせ

11月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!


まだ届いていない読者の方は私までご連絡下さい。



第13期メ-ルマガジン
( 11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!












余命わずかな夫…
妻との約束ヒマラヤ登山









余命わずかな夫…妻との約束ヒマラヤ登山
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/160811_2.html

今から16年前の4月、ひと組の夫婦が
ヒマラヤ登頂に挑戦していた。
プロの登山家でもリタイヤするほどの難関を
しっかりとした足取りで登っている。
ともに60歳をこえた夫婦。 さらにこの時、
夫は余命宣告を受けた身であった。
それなのになぜ、彼らはヒマラヤに挑んだのか?
山が育んだ夫婦の愛、そして奇跡とは?

今から56年前、地元秋田で出会った2人。
陽一さんは登山、烈子さんはハイキング好きであった。
山という共通の趣味から2人はすぐに意気投合し、1年後に結婚。
陽一さんは、きのこ研究の第一人者として活躍するかたわら、
妻と共に国内外の山を踏破。 烈子さんも登山の魅力を覚え、
結婚後40年近く充実した生活を送っていた。

だが、そんな陽一さんを不幸が襲う。
それまで病気ひとつしたことがなかった身体に
走った原因不明の腰の痛み…
検査の結果、ガンだった。
さらにガンは、胃、ひ臓、すい臓にも転移しており、
すべてが末期状態、ステージ4であった。
この時、医師からは余命3ヶ月と宣告されていた。

手術で胃とひ臓を切り取っても、
余命いくばくもない状況に変わりはなかった。
陽一さんは病室で、残り少ない日々を書き綴ることにした。
『今後どう治療しても、登山は絶対無理と言われた時は
死刑判決を受けた感じで目の前が真っ暗になり、
倒れそうになった。
これで俺の人生は終わったのだと思うと、
無性に涙が出て止まらなかった。』

手術からしばらく経ったある日、
陽一さんの目にある光景が映った。
それは、入院以来、毎日家から1時間近くかけ、
自転車を漕いでくる妻の姿だった。
一番辛いはずの妻が自分のために誠心誠意尽くしてくれている。
残された時間、妻のために何かをしてやりたいと思った。

そんな陽一さんに、ある日とんでもない考えが浮かぶ。
それは『烈子と一緒にヒマラヤに登りたい』
実は…遡ること4年。 2人は烈子さんの還暦記念に、
ヒマラヤ山脈・麓の初心者コースを踏破していた。
そこで烈子さんは、その雄大さに圧倒され、感動。
「この先には5500メートルのゴーキョ・ピークがある」
と言う陽一さんに、烈子さんは「そこに行きたい」と言っていた。
そう…いつか2人でヒマラヤ山脈の雪山に登ろうと約束していたのだ。

当然、医者は反対した。
胃を全摘出し、体力も落ちている末期ガン患者が
ヒマラヤを登るなど言語道断。
すると陽一さんは、勝手に仮退院をしてしまったのだ!
理由はひとつ…どうせ死ぬのなら約束を果たしたい。
そして、体力の回復を目的に、烈子さんと山を歩き回った。
夫の思いを踏みにじることはできない…
烈子さんは陽一さんの身体を気にしつつも登山を決意。
2人の過酷な挑戦がスタートした。

目的地は、あの時2人で話していた、ゴーキョ・ピーク、
カラ・パタールというヒマラヤ山脈にある2つの山。
ともに標高は5000mを超える。
烈子さんは心肺機能を強化するために、
重くしたリュックを背負いトレーニングを開始。
吹雪の中でも毎日続けた。

かくして2人は、夫婦最後の思い出作りに旅立った。
最初の目的地である、カラ・パタール山頂まで
全行程はおよそ40日。
上級者向けの長丁場だ。
当初は陽一さんも予想以上に元気だった。
だが中腹に近づくにつれ、気温も下がっていく。
ガンに蝕まれた体は、この過酷な環境に耐えられるのか?

壮絶なヒマラヤ登山の様子は、現地で陽一さんが書いた
「旅の記録」に記されていた。
『あちこちで大規模な岩雪崩の跡が見られ、
通過する時も細心の注意を払わないと思わぬ災害に
巻き込まれる恐れがある。
しかも新雪の下は凍結した氷河、足を取られ雪に埋もれながら、
まさに死に物狂いでただ上を目指した。』

烈子さんは、当時を振り返りこう話してくれた。
「高さが増すにつれて私は大変だったけれど、
主人を見ると別に高さが増したから容易でないと
いうふうには見えなかったです。
(周りの登山者は)病気したんだと言っても
『えっ!誰が?』ってそんな感じで登っていったんですよ。」
それは死を覚悟した男の強さなのか?
それとも、支えてくれた妻に最高の景色を見せてあげたい…
その一心からか? 不可能と言われた夫婦の夢。
だが、2人は一歩一歩、確実に頂上へと近づいていた。

そして夫婦はついに…登頂に成功した!
余命宣告を受けながら、妻との約束を見事に果たしのだ!
烈子さんは…「頂上に立ったときはもう、
今までいろんな事があったけれど一気に吹っ飛んだ。
よく2人で何事もなくここまで来れたってだけで満足。
2度とここには来ることもないでしょうし…
そう思ったら胸がこみ上げてきてね」と話してくれた。
こうして、烈子さんは末期ガンを押してヒマラヤへと
挑んだ夫の勇姿を永遠に胸に刻んだ。


だが物語はそれで終わらなかった。
ヒマラヤ登頂から16年が経った今年、7月…
秋田の烈子さんの元を訪ねてみた。
奥に案内されると…私たちの目に驚きの光景が!
なんと、陽一さんではないか。
余命3ヶ月を宣告されての強行登山から実に16年。
一体何が起こったのだろうか?
なんと、ガンの進行が止まったというのだ!
酸素が薄くなる高地では体力が落ちるため、
ガンに侵された身体には決して良い環境とは言えないという。
まさに奇跡。

元国立ガンセンター外科部長、竜崇正博士によると…
アメリカで大規模な乳ガン患者の比較研究で、
前向きにとらえてお互いに支え合っているグループと、
1人で閉じこもっているグループとの生存率を比較すると、
倍ぐらい前向きなグループの寿命が延びるという
結果が出ているという。
自分のやりたいことを生き生きとやることで、
リンパ球が増えてガンを抑えるという免疫療法としての
効果があったのではないかというのだ。

あれ以来、烈子さんと一緒に、何度もヒマラヤへ!
夫婦で山に登ることが生き甲斐になった。
 陽一さんはこう話してくれた。
「人生は1回きりですね。そして死ぬのも1回きりなんです。
だから思いついた時、今すぐに行動に移そう。
全力投球しようと。
そういう姿を自分で描きながら生きているつもりです。」

今でも2人で山に写真を撮りに行く畠山さん夫婦。
烈子さんは50歳からカメラを始めたというが、
その腕前はセミプロ並みだという。
すっかり元気になった陽一さんは、
本来のきのこと野草の研究も充実。
地域文化への貢献が認められ、秋田県芸術選奨特別賞を受賞。

 陽一さんはこう話してくれた。
「山は美しいんですよ。めちゃくちゃに美しいんですよ。
山は本当に我々豊かでない人間の心までを和やかにしてくれるし、
山があるから人間はのどかな生活ができると私はそう信じています。」
夫婦の愛と絆を育んだ山。
時に厳しく、時に優しくもある山の魅力を、
これからも2人で伝え続けていく。

引用終わり
==================


管理人

奇跡体験!アンビリバボーの中で取り上げられた実話です。
確かに奇跡です。
しかも感動さえ込み上げてくるようなとても素敵なお話です。

ただ、単なる感動する実話としてだけで
終わらせてはいけないと思います。

さて・・・
何故、陽一さんは末期ガンから生還出来たのでしょう。
皆さんも是非一度、考えてみませんか?
少なくとも、竜崇正博士の解説だけでは
とても足りないと感じるのは私だけではないでしょう。

恐らく、様々な条件が重なったと思いますが
末期ガンから完全治癒なんて滅多にある話ではありません。
大いなる謎と・・・
ものすごく大切なヒントが隠されているはずです。

これを解明するのは難解を極めそうです。
私も一度チャレンジしてみることにします。
もしかしたら・・・
メルマガの記事にするかもしれません。
ある程度、解明出来たらの話ですが。
まだ・・・どうなるかは分かりません。



関連記事

末期がんから生還した高遠さん
http://102338-001.akibare.ne.jp/14598456538464


もし、いつか・・あなたがガンになったら、
この記事を思い出して下さい。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12196865913.html









【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



お知らせ

11月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!


まだ届いていない読者の方は私までご連絡下さい。



第13期メ-ルマガジン
( 11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!












納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!




驚くべき先進国ガン死亡率の謎!?






管理人

過去記事ですが重要ですし次回のメルマガと関係して
いるのでリブログしました。

次回のメルマガは11月30日~配信予定です。

★メルマガ100号
納豆菌はガンの原因菌を食べてくれて
ビフイズス菌や乳酸菌を増やす!!!

リブログした記事の本文にもありますが、
アメリカではがん予防に「納豆」 が
使われているそうです。
これについては、皆さんも一体~何故なんだろうと
一度考えてみてください。

★メルマガ100号の題名がその答えになるのでは
ないかと私は考えています。


抗生物質や痛み止めの乱用で胃や小腸がボロボロ
~ 結果、小腸でカンジダが大繁殖!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12342592175.html





皆さん、既にご存知の上の写真ですが、
あの写真のようになってはもう終わりです。
抗生物質を飲み続けるとあんな風になります。

ところが、あの憎っくきカンジダを納豆菌が
食べてくれるんですね。
納豆がいかに重要な食べ物かを再認識させてくれます。
しかも、善玉菌のビフイズス菌や乳酸菌まで増やして
くれるのです。
至れり尽くせりとは、まさにこのことです。

そして、アトピ-などはその原因のほとんどが
カビ菌や細菌が悪さをしていることが分ってきました。
これは、すごいヒントになると思われませんか?
悪さをしている連中を食べてくれるのですから。

そのあたりのことを次回の★メルマガ100号の
中で詳細にご紹介したいと思っています。

アメリカの最先端の優秀で聡明な人たちは
日本に先駆けて、ガンがカビ菌と大いに関係が
あることを既に気付いているようです。
だって、アメリカ人は納豆の匂いが大嫌いですから。
それをガン予防に活用するということの意味は
それ以外には考えられません。

ガン予防や治療において
米国は日本よりもはるかに進歩していると思います。
以下のWHOが出したグラフが物語っています。
説明の必要もないでしょう。






【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第13期メ-ルマガジン
( 11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!



乳児期のアトピー性皮膚炎







白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?








お知らせ

11月22日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

届いていない読者の方は私までご連絡ください。



肝炎・腎炎・膵炎の真犯人!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-12401248673.html

肝炎とは、なんらかの原因で、
肝臓に炎症がおこった状態をいいます。
肝臓を顕微鏡で見ると、正常な場合は血液の通り道で
ある類洞に接して肝細胞が規則正しく並んでいます。
ところが炎症がおこると、肝細胞の周囲に
白血球系の細胞 が入り込み、肝細胞が壊れます。
この状態が1~2か月以内で治るものを急性肝炎、
6か月以上続くものを慢性肝炎と分類しています。

引用終わり
==================


管理人

白血球系の細胞って一体何でしょう。
もし、それが白血球であればご主人様の
肝細胞を壊すはずは無いと思うのですが。

白血球系の細胞を模倣~擬態したカンジダであれば
カビ毒を出すので壊れてしまいますね。






そして、以上の画像はリンパ節です。
あの画像の中のリンパ球が、もし・・・
カンジダであったとするなら、リンパ節は
炎症を起こしながら本来の働きが出来なくなります。
それだけではありません。
小さなしこりが、どんどん大きくなっていきます。
病院にいくと、悪性リンパ腫と診断されます。

リンパ節のしこりがどんどん大きくなるという現象は
まさに、カンジダの増殖によるものと考えるのが
今のところ、最も自然なのです。

そして、それらのカンジダは増殖し勢力を強め、やがて
患部からあふれ出しリンパ管を通して身体の各部に
散っていくと考えられます。
そして、身体の弱い箇所に定着し増殖し始めます。
それが、いわゆる転移と呼ばれているものではないでしょうか。

大事なポイントは
悪性リンパ腫 も 白血病も根は同じということです。
同根です。
血液の中で発生した感染症です。

カンジダなら分析して分かるだろうって・・・???
ところが、ガン患部や血液を培養してもカンジダや
その他のカビ菌が検出されることはほとんど無いと
日本や海外の医学書に書かれています。
そこに・・・大きな秘密が隠されています。

一つには、人細胞の中に入り込んでいるという
事実があります。
へたすると、人の遺伝子と交配している場合も考えられます。


肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!
~真菌培養でアスペルギルスが
検出されないのは何故か!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12312372825.html

一部引用

2011年11月19日

やはりアスペルギルスが陽性だったが、
腫れはなく、少し赤くなっただけだった。
皮膚が一番強く反応が出て通常はかなり腫れるらしい。

体内のアスペルギルス抗体が少ないのか?
先日の気管支鏡の検体培養でも結局アスペルギルスは
確認できなかったらしい。

そもそも本当にアスペルギルス症なのか?
という疑問すら出てきた(笑)

まあ、気管支鏡の画像でもわかる通り、
上葉部は腐って使い物にならない状態。
取ってしまわないといけないことにはかわりないだろう。

============


アスペルギルスはどうか分かりませんが、
カンジダは、白血球系の細胞に擬態しますからね。

例えば、仮定の話として・・・
もし本当にこういったカビ菌が
白血病や悪性リンパ腫、その他のガンに深く関わって
いたとしたら、免疫細胞はなかなか近づけません。
何故か・・・
カビ毒を出すからです。

そうしますと、これらカビ菌を何とかしなければ
ガンを治せないといった話になって来る訳です。
違いますか?
これにはある特殊な抗真菌薬を用いるしかありません。
しかし、それだけに頼るのもダメです。
重曹を用いたり、体温を上げたり保温したりと
いったことも必要になりますし、酸素吸入も
かなり有効です。

つまるところ、複合的多重攻撃が必要なのです。
たった一つのものに頼ると、彼等カビ菌は
へたすると適応して来る可能性があるからです。


以下の海外の記事はものすごく重要です。


真菌ががんの原因であり、
ターメリックがその両方を
やっつけられるという研究結果が出る

https://www.floraoptima.shop/archives/3873


<転載開始>

新しい研究で、議論の的となっている説、
つまり「体内のカンジダはがんに餌やりしているだけでなく、
実際にがんを起こしている」ということが実証されました。


「Critical Reviews in Microbiology」に発表された最新の研究は、
日和見菌であるカンジダ・アルビカンス(イースト菌)感染は、
がんの結果というだけではなくて、積極的な原因ともなっている
という説を立証するものでした。

カンジダ・アルビカンスがガンの一因となっているかもしれない
4つの確かな理由を以下に詳しく説明します:


● 発がん性のある副産物の生産 

まず、カンジダ・アルビカンスはニトロソアミンを生産します。
ニトロソアミンは、特定のプロトオンコジーン(ガン原遺伝子)を
活発化させる発がん物質で、そのプロトオンコジーンが
ガン化の引き金になります。
次に、カンジダ・アルビカンスはアセトアルデヒドを生産します。
アセトアルデヒドは、エタノール(イースト菌発酵の際の副産物)の
最初の代謝物として生まれ、さまざまなガンを促進する特性を持つ、
DNA損傷性(突然変異原性)・発がん性のある化学物質です。
(お酒にも含まれるアレです)


● 炎症を誘発する 

消えていかない長引く炎症は、組織に傷をつけること、
そして損傷組織を再生させようとするときに増殖性物質を
分泌することの両方からがんを促進しますが、
慢性の炎症が間違った方向に向かうときに
組織を不死状態にしてしまいます。

カンジダ・アルビカンスは、免疫抑制、乱れた食生活、
化学物質への暴露などによって異常に増殖した時に、
体内で炎症反応のカスケードを引き起こすものとして有名です。
これらの誤った炎症反応は腫瘍細胞接着の増加を
促進することが分かっていますが、その腫瘍細胞接着が
二次的な腫瘍や転移の形成を促進するものと思われます。


●Th17反応の誘導 

カンジダ・アルビカンスに反応して優勢になる
CD4 T細胞の組み合わせ、すなわちTh17細胞は、
血管新生と腫瘍発生・成長を促進する因子も分泌します。


●分子模倣 

カンジダ・アルビカンスの表面上のたんぱく質に対して
出される抗体(CR3-RP)は
特定の白血球の受容体と構造的・抗原的に似ています。
この「分子模倣」は抗体を免疫細胞に対して形成し、
それが宿主の抗腫瘍・抗カンジダ防衛を遮断する可能性があります。

============


抗生物質や痛み止めの乱用で胃や小腸がボロボロ
~ 結果、小腸でカンジダが大繁殖!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12342592175.html

リ-キ-ガット症候群の一大要因となっている
小腸におけるカンジダの大発生が以下の画像です。
極めて重要なポイントを指摘しておきます。

彼ら~カンジダは、人間の免疫機能から逃れて
大繁殖しているという事実です。
これは誰一人として否定出来ない事実です。

つまり・・・
血液の中でも
多くの臓器においても
繁殖出来る能力を持っているのです。
これが最大のヒントになります。







【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第13期メ-ルマガジン
( 11月から来年1月までの3ヶ月間 )

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され苦しんでおられる皆様へ



第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!















お知らせ

★メルマガ99号 
白血病や悪性リンパ腫の真犯人!?

今日・21日の夜か遅くとも明日・22日には
配信する予定です。
原稿は、知り合いの人に送っているのですが
まだ連絡が取れていません。

今回の★メルマガ99号には、
白血病や悪性リンパ腫の真犯人と思しき
存在が書かれています。
また、何をしたら良いのかも書かれています。

白血病や悪性リンパ腫で苦しんでおられる人には
必見の記事となっています。

お医者さんにしても、今回のメルマガに書かれている
ようなことはご存知ありません。
そもそも、学校でも習わないのですから。

原因が分からないのに
病気を治すことなんて不可能です。
皆さんも、そう思われませんか???

本当は一部をご紹介したいのですが
ブログに書けないことが多くて
止めにしました。




【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com







抗がん剤は体温を34度に下げる!
~ ガンは低体温35度が大好き!








ガン患者の人は
寝ている時が勝負です‼

https://ameblo.jp/64152966/entry-12392225969.html


管理人

寝ている時に体温が結構下がるのは
多くの人が分かっていると思います。
しかし、抗がん剤が体温を34度に下げる
という事実は知らない人が多いのではないでしょうか。

つまり、ガン患者さんにとっては
のピンチな訳です。
これはものすごく重要なポイントです。
ガン患者さんご本人やご家族の皆さんは
この2点をしっかり頭に刻む必要があります。

そして、次に何を成すべきかを考えることになります。
〇 寝ている時には体温を保温することが必要です。
〇 起きている時にも決して体温を下げないこと。
・・・腹巻をしたり少し厚着をするといったことも
ありますが、冷たいものを口にしないことも大事で
なるべく温かいものを食するようにしましょう。
特に、体温は下半身に熱を奪われます。
ズボン下を着用するなどして保温に努めましょう。

35度から以下に下がると何故、ガン細胞は活性化
するのかは、やはり免疫力を下げるからだと
考えられます。
ただ、私はそれだけではない事も知っていますが、
これについてはあまりにも専門的になってしまうので
ここでは割愛します。





風邪をひいたら生姜糖 がお勧めです。
更に長引くようだと葛根湯も加えると良いです。
温かいお湯に溶かして飲んで下さい。
あら不思議・・・
いつの間にか良くなっているから驚きです。
私も疲れて風邪をひいて咳をして頭が少し痛く
なった時に、生姜糖 で直ぐに良くなりました。

また、インフルエンザになった時には
生姜糖や葛根湯を飲むだけではなく
重曹アルカリ温泉にゆっくりつかってください。

化学物質のお薬を飲むか飲まないかは
本人の自由ですが、私は飲まないことにしています。

以下の動画をお時間のある時にでも
是非、ゆっくりと見て欲しいと思います。





私のブログはもうかなり前から
外部から妨害を受け続けています。
フェイスフックやツイッタ-などによる
拡散ル-トも大方が遮断されています。
妨害工作する専門チ-ムの存在があるのは
今や、世間に知れ渡っていますが・・・
私んとこは最大の標的になっているのではないかと
思わざるを得ない妨害事例が多々あります。

また最近では、メルマガにも及んできました。
こちらからの相手への返信メ-ルが
一度目は届くのですが、二回目から届かないと
いったトラブルが多発しました。

mail@wantoninfo.com~この中の
wantonという文字列が怪しいと思っています。
つまり、その文字列を識別した後に
次からはシャットアウトするようにしている訳です。
例えば、その文字列を 悪質有害サイト に指定して
おけばこういった妨害も可能となる訳です。

メルマガ読者様からの通報では、
mail@wantoninfo.com~をわざわざ受信設定
したにも関わらず、ゴミ箱に入れられていたと
話され妨害されているのではないかと
疑いを持たれたようです。

特にひどいのが iCloud 関連のもの。
大抵、2度目から届かなくなります。
多くのメルマガ読者の方が、ヤフ-やGメ-ルに
変更されたといういきさつがあります。
無論、iCloud 関連だけではありませんが。

思いますに・・・
そういったトラブルをシステムに組み入れて
妨害するっていうのは、私んとこのメルマガサイトが
結構いい加減だなと思わせてメルマガ読者の心が
離れていくことを狙ったものと考えられます。

いつも言うようですが、闇権力の根幹に触れたり
真相を世間に知らせたりすると・・・
必ず妨害を受けます。
逆に大したことがないサイトは全く妨害を受けないので
アクセスランキング上位を独占する結果になります。

尤も、ことメルマガに関していえば・・・
私も対抗策を考えて実行しています。
つまり、必ず私からの返信メ-ルが見れる仕組みを
考案しました。

その為にも、メルマガを申し込む方は申込欄に
家電話ではなく携帯の番号を書いて欲しいと思います。
家電だとなかなかつながらないことが多いです。
こちらからの返信が妨害などによって届かない時には
電話で連絡を取るしか他に方法がないのです。

ここ最近の話ですが、メルマガを海外から申し込む方が
大変増えています。
問題なのは送金方法です。
キャッシュカ-ド決済にしてもらえないかと
話す方もおられました。
これからの検討課題にします。

10月の後半に、
メルマガ3周年記念特別イベントをやらせて
もらったのですが、大変多くの方から申し込みを
いただきました。
私の予想よりもはるかに多かったので驚きです。
その事務処理の為に、
11月はじめにブログの更新が出来ないほどでした。
海外からも多数寄せられましたし、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

私のブログ~メルマガが様々な妨害を受けているにも
関わらず、見捨てずに見てくれている方々がこんなにも
たくさんおられることに涙を禁じえません。









お知らせ

11月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され
 苦しんでおられる皆様へ


まだ届いていない読者の方は私までご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!











■インフルエンザに罹るよりも
ワクチンの副作用で死ぬほうが
はるかに怖い!!!







全日本民医連 2018年3月20日
ワクチンによるショック・皮膚反応報告
https://www.min-iren.gr.jp/?p=34543

■インフルエンザワクチン

症例)10歳代女性。アレルギー既往なし。
インフルエンザワクチン0.5mlを皮下注射した数分後、
立っていられず、座り込んでしまった。
全身に発赤、血圧が低下し、全身に振戦あり、
血管確保できないためボスミン注0.2mlを皮下注射。
その後、会話が可能になった。酸素分圧も低下していたため、
酸素吸入しながら病院へ緊急入院。
翌日には軽快し、退院となった。

■インフルエンザワクチン接種後に発症した急性心筋炎

症例)10歳代女性。A医でインフルエンザワクチンの
2回目を接種(初回2週前)。その夜から発熱があり、
翌日、A医を再度受診する。
感冒との診断で点滴を受け、薬剤を処方され服用する。
次の日、解熱するも全身倦怠感が強く、腰背部痛あり、
顔色不良となった。

B病院を受診した時には全身状態不良、自立歩行も困難で、
顔面蒼白、血圧低下(60㎜Hg/S)を認め、ショック状態と診断。
腹腔内出血による出血性ショックを疑い、輸液、血液検査、
腹部CT検査を実施したが出血は認められず。
BUN、CREが高値で、腎前性腎不全と判断。

しかし、胸部レントゲン、心電図、心エコーで
左室びまん性収縮不良が認められ、急性心筋炎を
疑ってC病院に救急搬送となる。
同院でも循環動態の安定をはかるが、
完全房室ブロックに続き心室頻拍が出現し、
体外ペーシング、リドカインを施行。人工心肺、
大動脈内バルーンパンピングなどの導入を考えたが、
心室細動が出現し、蘇生処置の効なく亡くなった。



今回のお勧め記事

生物兵器「ワクチン」は、
体内に入って進化し免疫システムを破壊する!!

http://blog.livedoor.jp/zeusu69/archives/26673314.html


元看護師「インフル予防接種は効果がなく有害」
と政府委員会で発言

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12416329613.html

米 予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11452145095.html


インフルエンザワクチンは打たないで
https://ameblo.jp/kyabe22222/entry-12409591381.html



管理人

病院は無論のこと、地方自治体、老人ホ-ム、
介護施設、その他公共施設などの職員は
インフルエンザワクチン接種を事実上、
義務付けています。

なにせ、国を動かしている霞が関の連中が
強制していますので。
インフルエンザワクチン接種を拒否すると
その職場を辞めざるを得なくさせられます。
学校などにおいても、接種を拒否すると
子供の親に行政から恫喝にも似た強制を
されるといった話はよく耳にします。

つくづく霞が関の連中はどうしようもないですね。
厚生省は殺人省とはよくいったものです。
また、霞が関に支配されている様々な組織や団体、
会社にしても、あまりにも無知に過ぎます。

私は一時期、介護施設の介護食を作る現場で
アルバイトをしていたことがあります。
インフルエンザワクチン接種をしなければ
今の職場では働けないとはっきり言われました。

常日頃より、私は多くの人にワクチンを打っては
いけないと話していますので、自分が打つことなんて
とても出来ない相談です。
多くのブログ読者の皆さんを裏切るなんて・・・
絶対にしてはいけないことです。
なので、その職場を辞めることにしました。

2015年の後半の出来事です。
今からどうしようかと迷っていたのですが、
その時のその出来事がメルマガを始める
一大契機になったのです。
人生のなんと皮肉なことでしょうか・・・。

多くのブロガ-の人が、どちらかといえば
学術的見地からワクチンを検証しつつ、
打つべきではないと訴えているのですが、
それはそれで非常に大切なことです。

しかし、木ばかりを見て森が見えていないの
ことわざにもある通り、森を見て知る必要があります。
これを陰謀論と言ってはいけないと思います。
そもそも、ワクチンなんてものは人口削減を
世界で強行に推し進めるイルミナティの連中が
開発したものです。

イルミナティを全く知らない日本人があまりにも
多すぎて困ったものですが、最近では少しづつ
知られて来たのではないでしょうか。

世界の人口削減と莫大な利益を同時に達成する為の
ものとして開発されたのが、実はワクチンなのです。
学校の子供や親に必死の形相でワクチンを打つように
強制する行政職員のなんと愚かで無知なことか。

そういえば、最近、ノーベル賞を受賞した本庶氏
ですが、ノーベル賞受賞直後、わざわざ厚労省に出向いて
子宮頸がんワクチン接種再開を大いに訴えましたね。
そこに、ノーベル賞を受賞した本質が見えてきます。
故に、「オプジーボ」への評価も大いに下落してしまいました。

子宮頸がんワクチンの99.9%が
接種をした女性に全く効果がない事を厚労省が認めた

https://ameblo.jp/64152966/entry-11506713698.html






これで恐ろしい病魔から
家族を護れる ~ 必須アイテム!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12413705616.html

以上の記事の内容を深く理解すれば、単に家族のみならず
様々な公共施設にも使えると思います。
また、家族単位で言いますと、外から家に帰ってきたら
重曹水でうがいをすれば良いと思います。
その上~時々、重曹アルカリ温泉に入れば
インフルエンザなんて恐れる必要はありません。


ワクチンの中に、
白血病やガンのウィルスを入れないで下さい!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12129660495.html


ケムトレイル
科学者Clifford Carnicomの研究によって、
大気中に極めて高レベルの毒かびが含まれている
ことが明らかになった。
これは人間の健康にとって容認できない状況だ。
https://ameblo.jp/sekainosyoutai/entry-11593726917.html


ちなみに、インフルエンザ流行の流れを
書いておきます。
インフルエンザは人為的にばらまかれます。
ウィルスをケムトレイルで広範囲に散布する。
或いは、ワクチンや食品類などに仕込む。
すべて人為的にやられています。
その後に、マスコミを使って
『 インフルエンザ大流行のきざし 』って
宣伝するだけでいいのです。

以前、インフルエンザの感染源が徹底的に
調査されたことがあります。
ロシアのチチカカ湖から渡り鳥が大陸を経由して
空気感染するなんて学説までありましたが
これは大嘘であることがバレましたし、
その他の諸説も根拠なしってことになりました。

他でもない、人がばらまいているのです。
もっと言えば・・・
イルミナティがインフルエンザウィルスをばら撒き、
メディアを使って
『 インフルエンザ大流行のきざし 』って大宣伝する。
そして、イルミナティがインフルエンザワクチンを
世界に売りつけるといった流れになっています。

みんな・・・大馬鹿ですよね。
そんな簡単なことも分からないなんてね。

イルミナティの連中が声を大にして
何を言っているのか見てみましょう。



「食べて応援」推進の大元が
人口削減委員会の出先機関だったって本当!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-11178503265.html


「人口が手に負えなくなったら、
エルサルバドル、イラン、レバノンの類いで良い。
かなり大規模な内戦で、男を皆戦場に引きずりだし、
子供を産む女を皆殺し、処分してしまう事だ」

米国国務省トマス・エンダース 


「2020年には人口は100億になる。
誰もそんな世界に住みたくはない。
出生率を下げるか、死亡率を上げるか、
戦争により極めて速やかに効率的に死亡率を上げる事が出来る。

また飢餓や 病気を拡大させる 事も人口調節に有効である」

米国国防長官ロバート・マクナマラ


「テロとの戦い、この戦争は今後100年、200年継続する事になる。」

ロックフェラー系石油運搬鉄道経営者 ジョージ・W・ブッシュ



「地球で全ての人間が豊かに生活出来るのは50億人が限界だ。
現在の80億人は多すぎる。」

ディビッド・ロックフェラー



「2010年までに地球人口の10%以上を
殺害、処分してしまう必要がある。」

ハーバード大エコノミック・リサーチ・プロジェクト報告
:グローバル2000(資金源:ロックフェラー財団)


「黒人、アラブ人、中国人、日本人等、有色人種は
人種的に劣っているので、世界規模の核戦争で
絶滅させる必要がある。

まず始めにイスラエルはアラブに先制核攻撃をすべきだ。
有色人種が絶滅した後、世界で最も優秀なユダヤ人を
中心とした白人だけの楽園が出来る。

それが聖書に書かれている神の国の出現の意味である。」

イスラエル:エルサレム・ポスト社説


【参考文献:ジョナサン・ビューティー著
「犯罪銀行BCCI」 ジャパンタイムス刊】






お知らせ

11月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され
 苦しんでおられる皆様へ


まだ届いていない読者の方は私までご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!











防弾少年団のMステ出演中止
で表に出てくるのは
トンチンカンな議論ばかり!!!







お知らせ

最新のメルマガは今日、10日に
配信する予定です。

★メルマガ98号
『自己免疫疾患』と診断され
 苦しんでおられる皆様へ


自己免疫疾患関連の病気は定期健診で
血圧基準値を下げて高血圧の患者を大量に
生み出しているものとよく似ています。
ある意味、創作された病名といって
良いかと思います。
自己免疫疾患で苦しんでおられる人は、
その本当の原因と本質について
知るべき時です。



管理人

またまた、防弾少年団の1件が
世間を騒がせています。
紅白歌合戦の前にもこの問題が
浮上するのは間違いありません。

何度も言うようですが、これは始めから
仕組まれたお芝居です。
整形しまくりの人気グル―プなんてものは
所詮~秘密結社イルミナティの道具に過ぎません。

戦後よりずっと・・・
日韓関係、日中関係、日朝関係を悪化させるのは
イルミナティの最大政治課題となっています。
日本の新聞・テレビ・週刊誌はその意図通りに
きっちりと役割を果たしています。
ネトウヨなんてのは半島カルト宗教に属し
その尖兵の役割を果たしています。

日本の政治家の出自もその大部分が
半島出身者~帰化人か在日部落の出です。
しかし、その証拠は消されています。
戦後、特攻や戦死した日本人の戸籍を
買いまくって日本人に成りすましている
半島出身者の政治家は大変多いです。

皆さんが幾ら調べてもほんの一部の人間しか
出て来ません。
調べても出て来ないので悪しからず。
但し、半島出身者名簿にはしっかりと記録
されており、この中から日本支配に使える
人材をスカウトしているのです。

ある意味、潜在的に日本民族に対して
憎しみを抱えている人間を日本統治に
使っている訳です。
そう、決して真の支配者を裏切らない人間です。
日本に愛国心を持っている人間では
絶対に駄目なんです。

だから、戦後、アメリカは半島出身者に
資金と物資をバンバン与えたのです。
駅周辺などの主要な要地の多くが
彼らに買い占められているのは偶然ではありません。
パチンコ屋もそうですね。

芸能人の8割以上が半島出身者っていうのも
これも偶然ではありません。
そして、政治家もね。
半島ステルス政治家って訳です。

なので・・・
いつも日本国民に対して実に冷たい政策に
終始しているのも偶然ではありません。
安倍や小泉なんてのはその象徴です。
若い頃には、CIAの使いっ走りを
やってたんですから。
今や、み~んな知っているでしょ。


以下の記事に出て来る様々な議論にしても
まるでトンチンカンなものばかり。
アホちゃうかって思ってしまいます。

原爆~万歳Tシャツの核心の問題は
原爆で被害を受けた多くの市民が
どのような気持ちになるかという1点が
一番の問題点です。
他にも色々と問題がありますので、
それに尽きるとまでは言いませんが。

以下の記事にも出て来ますが、決して
文化や経済の問題などではありません。
魂が腐っているとまでは言いませんが。
こんなくだらないコメントや意見ばかりが
載るのが権力つながりの記事の特徴です。
決して本質や核心部分に触れることはない。

なかんずく・・・
Mステへの出演を中止したテレビ朝日へ
抗議するとはバカ丸出し。
言語道断である!!!


2018/11/09 19:00
BTSのMステ出演中止決まったのは「前日」。
「反日制裁」「バカにされた」ファンたちは…

https://www.businessinsider.jp/post-179252

世界的な人気を誇る韓国のヒップホップボーイズグループ
「BTS(防弾少年団)」が、今日2018年11月9日に
出演予定だったテレビ朝日「ミュージックステーション」の
出演を見送られた。

テレビ朝日は、メンバーが過去に着用していた
原爆の写真がプリントされたTシャツを問題視したという。

BTSの出演中止問題は国内だけでなく、CNN、BBCなど
海外のメディアでも大きく報じられ、
Tシャツのデザイナーが謝罪するなど波紋を呼んでいる。
背景には、Twitterなどで拡散された彼らの出演への
抗議があると見られるが、一方でBTSのファンたちからも……。

-----------------------------------







【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!















お知らせ

10月30日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ97号 
アボカドの脂質〜アボカチンB〜が、
ガンの幹細胞を殺す可能性がある!!!


届いていない読者の方は私までご連絡下さい。

関連記事

アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12145377387.html



癌細胞における「重水素」の役割
【癌細胞は、体内の重水素を利用して増殖するので、
体内の重水素を減らすことが癌治療の要!】

2014年06月23日
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/39485425.html

重水素と活性酸素が化学反応を起して結び付くことで、
細胞を破壊する動きを見せるようです。
 
特に重水素は癌細胞と結び付くと結合力が強い分、薬も効かなくなり、
薬に耐性が付きやすくなるそうです。



管理人

上の記事には大変重要なことが書かれていますので、
お時間のある人は、熟読することをお勧めします。

この記事を見てて直ぐにピンと来たのがトリチウム(三重水素)です。
二重水素(2H)と三重水素(3H)の両方を併せて、重水素と呼びます。

皆さん、これは実に怖ろしい情報です。
以下の記事を思い出して下さい。


ベクレル換算すると、トリチウムは
セシウム137の100万倍以上、放出しています!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12254081516.html

 【放射能警報】
東海地方が3月7日より、
トリチウム汚染地域になります!
 
http://ameblo.jp/64152966/entry-12253198503.html


トリチウムが大量に飛散・・或いは、存在してる首都圏~関東・東北の
人たちは、この一連の情報を知ったほうがいいと思います。

そして、東海地方までも・・・
岐阜県土岐市の核融合実験の真の狙いは、東海地方をトリチウム汚染させる
ことが本当の目的ではないかと私は疑っています。
だってそうでしょう。
この実験のバックには、明らかにアメリカの存在がある訳ですから。


この地域の人たちは、体内の重水素を減らすなんて不可能でしょう。

先ず、水道水が全てアウトです。
農作物や海産物も全てアウト。
トリチウムは、水の中に存在する訳ですから当然でしょう。
飲み水もそうですが、お風呂からの桂皮摂取はかなり大きいと思われます。

この事実を大新聞が一面に記事にしたら・・・
きっと大騒ぎになるに違いありません。 

早い話、「あなたは、いずれガンになります。」・・と
言っているのと何も変わらないのですから。

私は、移住がいかに困難なものかを知っているつもりです。
ですから、この件に関しては慎重にしなければならないと、
常日頃より、気をつけるようにしています。

ただ、もし移住するなら、かなり汚染度の低い西日本しかないでしょう。
或いは、海に浮かぶ離れ小島のいずれかになるでしょう。

それと、あとは地形がものすごく重要になってきます。
原発は、日本全国にありますが、移住先の一番近くにある原発からの
影響を最小限に止める山脈を考慮してから決めたほうがいいと思います。
それ以外ですと、海外移住しか残されていません。


活性酸素に関しては、興味深い記事があります。

★ ガンの原因について!
http://ameblo.jp/64152966/entry-10924835533.html


ガンの原因物質は,三種しかない!

活性酸素,ウイルス,放射線.この三種だ。
「あれ? 何百種類もある『発ガン物質』はガンの原因物質ではないの?」
うん! 発ガン物質は,正常細胞がガン化する際の引き金にすぎない。

このへんの機序(メカニズム)を分かりやすく説明したい。
聞いて欲しい。

発ガン物質・・たとえばアスベスト。
これは肺がんや中皮腫の原因とされ,実際,アスベストによる中皮腫が頻発した。

正常細胞がアスベストによってガン細胞になる機序は次のようだ。

アスベストが侵入された正常細胞は,この“異物”を細胞外に排出しようとする。

細胞内の異物は,酸化させると細胞外に出て行く。
細胞内に入った異物を酸化させる仕事,酸化した異物を細胞外に追い出す仕事。
これらの仕事は,細胞内の労働者・ミトコンドリアの仕事だ.

だが,アスベストは酸化しない。
それでもミトコンドリアは,アスベストを酸化させようと,活性酸素を大量生産する。
この細胞内で大量発生した活性酸素が,遺伝子(DNA)を酸化させてしまうのだ。

これは細胞にとっては致命的である。


(引用終わり)
-----------------------------------------


ミトコンドリアが活性酸素を大量生産しているとは知りませんでした。
細胞内に入った異物・・・ですか。
肺は、最も外部から異物が入りやすい臓器です。
重金属や環境ホルモン~放射能核種も・・当然、考えられるところです。

これらを解毒して排出することを真剣に考えなければ駄目かもしれません。
でなければ、いつまで経っても活性酸素の量は増える一方です。
尤も、身体に悪いものを入れないことが基本ではあります。

放射能による遺伝子異常によるガン細胞なんてものは、
云われているほど大きなものであるとは私は考えていません。
寧ろ、活性酸素の大量発生のほうが、何千倍もはるかに深刻でしょう。

このようにして、徹底的に痛めつけられた人の細胞は、
それでも尚、生き延びようとします。
生き延びる方法が、カビ菌やウィルスと手をつなぐしかないのであれば、
恐らく、遺伝子レベルで合体して生存を図るのではないでしょうか。

この推論は、自然の摂理とも符合します。
カビ菌やウィルスの繁殖力は、人細胞の比ではありません。
どんどん増殖し、そして、拡がって行く悪性ガンの正体は、
今のところ、私にはこれ以外には考えられません。

大元の犯人は、カビ菌やウィルスとは別に存在したという事実。
これが、今回の重大発見です。
これを何とかすることを考える必要があります。


細胞内に入った異物を排出出来るのか?

体内発生した活性酸素を
何らかの方法で無害化出来るのか?

免疫力をどのようにして高めるのか?



トリチウムは、身体の外に排出することは絶対に不可能です。
トリチウムの半減期は、12.3年であることを記憶しておいて下さい。
ですから、以上の3点が最重要ポイントです。
これは、次号のメルマガで書くことにします。


★メルマガ第6号 『白血病について』〜生還の為に知っておくべきこと!

★メルマガ第6号~より引用します 管理人

もし、私が「白血病」と診断されたら、
真っ先にやる事は、先ず、病院に行かないことです。
殺されそうで、本当に恐ろしいです。

白血病は、ガンとは別物であると云われています。
但し、血液中に悪いとされるものがどんどん増えて来るという
点において、広義の意味では、ガンに例えられるかと思います。
ただ、他の臓器のガンと一緒にして、抗がん治療を施したり、
骨髄移植をする事は百害あって一利なしです。

ところで、私は・・・
「十分な休養を取ることで、白血球はもとに戻る」
といった風に安易には考えていません。
先ず最初に、身体に悪い影響を与えている毒素を身体の外に
排出することを特に重要視しています。
解毒と呼ばれるものです。

しかし、この解毒がなかなかやっかいな代物です。
腸肝循環といって体の中をグルグルまわってなかなか出ない
毒素の存在があります。
http://www14.plala.or.jp/margarita/chap%204.htm

PCBとかDDT(農薬)、ダイオキシンとか「環境汚染物質」の話題で
出てくるものが、グルグル回りやすいです。
それが問題になっています。
脂肪に溶けやすいものは、排泄されにくいので、
肝臓で「代謝」されて水に溶けやすいものに変化する必要があります。
水に溶けやすい性質に変化できないものが、グルグル回りやすい物質です。
 
この毒物の原子が体の中に入って、タンパク質の近くに来たら、
どうなるのか? というと・・・

     化学反応を起こします。

毒物の分子というのは、たいてい今のままの形では満足できなくて、
常に他のものと結びつこうと待ちかまえています。
だから、ちょっど形がぴったり合うものを見つけると、
すぐさま結合してしまいます。





体を形作っている分子に毒の分子がくっつくと、
体は本来の働きをできなくなってしまいます。
その結果、体に害が表れるのです。
これが毒物が体に害を与える基本的な仕組みです。
発ガン性物質がガンを起こさせるのは、遺伝子と間違った結合をして
しまい、遺伝子をおかしくしてしまうからです。

細胞の中の分子と結合すると、細胞がきちんと働かなくなって、
死んでしまうこともあります。
細胞が大量に死ぬと、その臓器がダメになってしまうことがあります。
「劇症肝炎」といって、肝臓の細胞がどんどん死んでいって
命が危なくなる病気があります。
この病気は薬の副作用で起こることがあります。
体内に入った化学物質が細胞を殺していった結果起こるのです。

<引用終わり>
-----------------------------------------




ところで、皆さんに是非、知っておいて欲しいことがあります。

これは、学説でも推論でもなく厳然たる調査結果の事実です。
ですから、ものすごく説得力があると考えられます。
皆さんも、この情報は直ぐに活用出来ると思います。


抗ガン剤を投与する量と回数が多いほど

生存率が低くなるという調査結果が出た。



【がんと宣告されたら】
必見アメリカでは日本のようながん治療をしなくなった。
抗がん剤や放射線はアメリカでは使用しなくなった。


~10分のところから出て来ます~





【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/


メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com


第12期メ-ルマガジン
( 8月から10月までの3ヶ月間 )

★メルマガ96号 
ノーベル賞受賞・本庶氏のガン治療薬
 「オプジーボ」は恐ろしい!?

★メルマガ95号
亜麻仁は肺ガン・乳ガン・結腸ガンの予防効果
と放射能被曝から身体を防御する!

★メルマガ94号 
身体から化学物質や毒物~放射能を除去する方法

メルマガ93号
【続】北海道大地震の真実 ~ Haarp ~

メルマガ92号
北海道大地震の真実

メルマガ91号 
後編 〜 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ90号
前編 ~ 苦難と絶望から希望に変わる日

★メルマガ第89号 
甲状腺異常~ガンの本質を
科学的に解明した海外の秀逸な医学文献!


第11期メ-ルマガジン
( 5月から7月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第88号 
神経痛 〜 痛みの真犯人と正しい治療法
をお医者さんは教えてくれません!

★メルマガ第87号
~ 末期ガンからの生還の為に ~

★メルマガ第86号
第2回 ~ ヨーロッパ
女性読者様からの嬉しいお便り

★メルマガ第85号 
ローズマリー原液リンパオイル
マッサージを日本全国に広めたい!

★メルマガ第84号 
シェーグレン症候群は女性特有の自己免疫疾患
~悪性リンパ腫の発生母地

★メルマガ第83号 
自己免疫疾患に
免疫抑制剤を使用するなんて有り得ない!

★メルマガ第82号 
白血病の子供を世話していた看護士が白血病になった真相!

★メルマガ第81号 
ガン細胞の発生に、微生物が深く関与している証拠!

★メルマガ第80号
マイクロ波がん治療
~ 癌が無くなると
癌細胞のあった場所が温かくなる!



第10期メ-ルマガジン
( 2月から4月までの3ヶ月間 )

★メルマガ第79号
肺ガンと大腸ガンの希望の持てるお話

★メルマガ第78号
2019年後半から2020年前半に警笛
~ある怖ろしい計画のシナリオが浮上!?

★メルマガ第77号
今直ぐに、家族を護ることを始めて下さい!

★メルマガ第76号  
乳ガンや子宮筋腫〜子宮ガンの真犯人

★メルマガ第75号
肝硬変・肝臓ガン・急性肝不全 ~ 自己免疫性肝炎の闇

★メルマガ第74号
膠原病・橋本病・バセドウ病・関節リウマチは
自己免疫疾患などではない!
~ ある専門医師からの告発

★メルマガ第73号 
爆発的に発症した子宮頸ガンの真犯人が判明した!!!

★メルマガ第72号 
急性膵炎と慢性膵炎はリッキーガットが主犯!

★メルマガ第71号
ピチピチした肌と若さを取り戻す究極の方法とは!?

★メルマガ70号 
丸山ワクチンに ヒアルロン酸が加われば まさに天下無敵!


第9期メ-ルマガジン

★メルマガ第69号 
ガン患者の痛みを緩和しながら
〜同時に、ガン細胞を縮小させる基本理論

★メルマガ第68号
ガン闘病現場よりの考察 ~ ワクチンの恐怖!

★メルマガ第67号
今後、最も大切なものとは ~ “命を護れる情報” です!

★メルマガ第66号
悪性リンパ腫の真犯人の一つはムーコルか!?  ~ 其の3

★メルマガ第65号 ガンと重曹~海外の記事では素晴らしい効能と絶賛されています。

★メルマガ第64号 悩める白血病患者の真実

★メルマガ第63号 第1回 ~ ヨーロッパの女性読者からの深刻なご相談

★メルマガ第62号  悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た ~ 其の2

★メルマガ第61号 【 メルマガ2周年記念特別記事 】
 ~真実を知らなければ、人は前に進めない!



第8期メ-ルマガジン

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第59号~中編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第55号~スキルス性~胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ54号~三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第53号 奇跡の野菜~マルンガイ~と石垣島!

★メルマガ第52号~活性酸素を大量発生させガンを発症させる
 最大の真犯人はリッキーガット症候群!