はれときどき キクザワ。

恵庭市の地域に根ざした工務店「株式会社キクザワ」社員ブログです♪ (恵庭/北広島/千歳/江別/札幌)

株式会社 キクザワ
北海道恵庭市黄金中央2丁目3番15
TEL:0123-32-2440

株式会社キクザワ社員ブログです。
お問い合わせはお気軽にどうぞ☆
株式会社キクザワ
北海道恵庭市黄金中央2丁目3番15
0123-32-2440 メールchina@kikuzawa.co.jp

テーマ:

{CF33F0C9-956E-4F82-8063-68415DBD5B34}


すごい雪ですね…。。。※写真はイメージです

今日も家づくりとは関係のない話題ですので、おヒマな方はお付き合い下さいチュー




本日、北広島で、道都大の前から広葉町の方に入る道のところで、赤いフォルクスワーゲンがあずって、左車線で立ち往生してました。


なんともスピーディに、反対車線のおじさんが、スコップ出し、救出に駆けつけてました。居合わせたので私も車押しに走りました。が。押してもうまく行かず。



かえって後ろからバンバン車来てて、路肩に停めた私の車の方が邪魔だったので、先に一旦車をもう少し先の道路に動かして…と思ったんですが…。


まさかの、あずっている車を追い越そうと思った右車線で私の車もあずる。


二台で立ち往生。



あんな田舎の道でまさかの渋滞発生



…いや、私の車はその後3分くらいで脱出できたんですけどね??


ミイラ取りがミイラになるとはこの事です…。


抜け出したんで、かえってまた左車線にとめたら、出る時にまたあずるだろうし、邪魔になるなァと、お手伝いできずに帰宅しました。
(仕事を増やし、スミマセンでした…)



せめてもの償いの気持ちで、


その道はあまりにも危ないので、また次の我々のような車が出るやもしれないぞと余計なお節介かもしれませんが、


その後、「警察への届け出でいいかわかりませんが」と警察に届け出ておいたんですが(※そういう時は警察でいいみたいですね!必要があれば警察から市町村の方に連絡が行くようです)



電話にて
「いや〜雪道で車があずってて!」


うち帰ってきて旦那に
「途中で車があずって、なんも動かんくてさ〜」とそれぞれに話しながら、


ああ、生粋の道民だな、と、私の生まれを再確認した私です。

それで、聞いてる相手も、
「場所はどのへんですか」(警察)
「そりゃ怖かったね」(旦那)
と、しっかり意味を把握している様子。


間違いない。道民です。




北海道弁が通じる環境というのは心地良いものです(そう思うのは私だけ?)


あっ!ともかくも、今日救出に向かっていたおじさんは素敵だったなぁ〜〜
放っておけずに反対車線からスコップ持って助けに行けるなんて、絶対素敵な人に違いない。
私もそういう人になりたいなって本当思いました(意思と関係なくその後仕事増やしましたけど(笑))


みんなで車押しちゃう道民の団結パワーも大好きです。



明日も雪ですかねぇ…えーんえーんえーん


皆さま、移動はお気をつけて!!!!





スプレーチェーンという、タイヤの滑り止めを購入しようか検討中のさくまでしたっ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
こんにちは〜ニコニコ
 
 
カナダ人の義兄に、
「肩こりがつらくってさ~」と話そうと思ったんですが、
 
そもそも「肩がこる」という概念はカナダにはないようなんですね。
 
 
What's目?!肩がこる!?!?!?それどういうこと?!」
 
みたいな反応でした…。
 
(※強いて言えば、肩が硬いみたいな感じで『stiff shoulder』って表現するかなぁとは言ってましたが…)
 
 
うーん、価値観の違いって面白いですよねェ…。
こんにちはさくまです。
 
 
 
{8FBC4974-AF61-4B03-A6E2-5D06C0EE90C8}

 
今日は建築業界+私の少し不思議な日常の話。
全然本筋とそれますので、お暇な方はお付き合いくださいチュー
 
 
 
 
地味にワタクシ、「霊感」は全くないのですが、「第六感」はほんの少し人より強いのかしら?と思っていて。
 
 
 
最近あのアーティストの歌聞いてないなーって思ったら、その後ラジオからそのアーティストの曲が流れて来たり、
 
 
おでんを作りたいな〜と思ってたら、母がおでんを差し入れてくれたり。(これは母と私の感覚が同じすぎて結構気持ち悪い位よくあります)
 
 
「あのお客様、しばらく会っていないけれどお元気かしら?」と思っていたら次の日コンビニでお会いしてみたり。
 
 
まぁたんなる偶然かもねー、という話なんですが、こういう事が結構多いんですね。
まぁ、よくある事と言えばよくある事。でも少し不思議な気もするかなぁ。。。
 
 
(※幽霊とかは全然見えないんですよ!)
 
 
 
おうち、という人の思いを引き継ぐものに関わる仕事なのでなのでしょうか。
この業界、不思議な話は時々聞くんです。
 
 
 
 
この木はどこの業者が切ろうとしても、絶対切れない木なんだとか。(これは結構有名ですよね。恵庭にもありますー)
 
 
 
おうちの建具が何度閉めても勝手に開いてくる現場があったとか(建てつけの問題じゃないらしい)
 
仮設電気が勝手についたとか、
 
 
社長は昔、改修の仕事で古い家の写真を見せてもらった時に、壺から白い煙みたいなのがぶわっと出ている心霊写真を目にしてそれから不調が続いた。とか。とか。
 
 
 
幽霊がいるかどうかなんて、そんな事はわからないのですが、
 
 
そういう話を聞くと、「本当ですかーーーっっ」と食いついてしまうミーハーな私です。
 
 
まぁ、でも、確かに…。
 
 
身体が死を迎えた瞬間に、パッと、思考しているその思いみたいなものもゼロになるのかなぁ〜?と考えると。。。
 
 
やはり「人の思い」だけは、残り香みたいにどこかに残り続ける気がしていて、、、
 
 
 
割り切れない何かがあると思うんですっ、私はっっ!!!!
(こんな考え方なので、何かと結びつけちゃうのかもしれないですけどもねー)
 
 
 
 
先日、お客様から、
「親がキクザワさんで建てたうちなのですが、実は亡くなってしまったので、私達で受け継ぐことになりまして…メンテナンスを一度お願いしたいのです」とご相談のお電話をいただきました。
 
 
 
たまたま、その数日後。カメラが調子悪かったので、入社して初めて、ひろしさん(※建材屋さん)のカメラを借りて現場の写真をとってきて。パソコンにデータを移していたんですが、
 
 
 
「そのカメラのデータ、もう古いのばっかりで、もう使わないと思うから、消せたら消してほしいなー」とひろしさんに言われたので、データを見ていたら、
 
 
 
 
先日お電話いただいたお客様の、地鎮祭の写真だったのです。(しかも一番最初のフォルダに入ってたのです)
御家族皆さんで一緒に出席されていて、
亡くなった親御さんと、ご家族皆様の笑顔の写真でした。
 

「えぇーーっ このタイミングで、たまたま初めて借りたカメラで、こんなことってある?!」と私はびっくりしちゃったんですけれど。
 
 
隣にいた常務が、「おうちのこと、よろしく頼むねって事なんだろうねー。頑張らなきゃねー」と。
 
 
※常務は、こういった事は珍しくないらしいです。
 
 
 
これも思いの一つの形の様な気がして、親御さんに安心してもらうために私たちも頑張らねばっと心から思いました。
 
単なる偶然かもしれないですけどね?
 
 
 
 
ちなみに。
件の社長の話。
 
 
札幌八幡宮の宮司菊池さんに、お祓いをすべてお任せしたところ、体の不調がピタッと収まったのだとか。
 
 
 
そして私。
 
 
先日主人がお出かけの時に交通事故にあいまして、先々月も隣の車にドアをぶつけたり、どうも主人に事故が多く。
 
 
 
また家族でお出かけの日に限って…。
 
 
 
自損事故だけじゃなく、相手もある事故になってきているの事も気になり、、、
娘の七五三の機会もあり、札幌八幡宮の菊池権宮司(何気に同級生で剣道仲間)に、お祓いをしてもらった訳です。
 
 
 
すると。
 
 
 
私。
 
お祓いの最中、涙が止まらず。。。
 
 
 
びっくりしました…。
こんな事ってあるんですね。
悲しくないんですよ〜。でも瞼がぶるぶる、自然に涙が出てきちゃいまして。
 
 
 
 
菊池権宮司には、詳しく話しておらず、なんだか事故が多くてという話しかしてなかったんですけど、最後の説法にて、
 
 
 
 
「お祓いして欲しいって言われる相手より、依頼するご家族自身に憑いていて、同乗すると事故を起こす事もかなりあります。」と…。
 
 
 
マジでーーーーっっ!!!!
 私か、問題はっっ!!!
 
 
 どーりで、家族でお出かけの日に限って事故るわけですよ。(仕事で毎日車使うわりに、事故は私と一緒の日のみ…)



※イヤ、もしくは私が鬼嫁のため、旦那は、ハンドル握るたびに萎縮して緊張しすぎて事故を起こすという可能性も否めない訳ですけれどもね……(笑)。




でも考えてみると、実は思い当たる節がありまして。
友人から、観光に行った時に写した写真で、自分の足が消えてたよ〜と写真を見せてもらったんですよ。
オー、心霊写真。。。
ワーオ、自殺の名所。。。


その写真見てからかもです。
社長じゃないけど…。




 
 と、まぁそんな話、外国人の義兄からすると、
 

 「huuummmmm……...  アンビリーバボー… …」(写真を見ただけで害があるなんてあるはずないだろう???you  know?)


ゾンビ登場でウワァァア系のホラーで慣れている義兄には、日本の、ヒタ…ヒタ…系のホラーは理解不可能な様で、


そもそも土地に幽霊が居続けるというのも不思議な事の様です。



日本だけか。そうか…。
まぁ、そうだよね……。



ハイ!!!!!!!!そんなわけで!!!!

着地点はよくわからないんですけどっ、 何かあった場合の、加持祈祷、お祓いは札幌八幡宮さんでどうぞキラキラキラキラキラキラ


(あれから不運な事ないので多分ちゃんと祓ってくれたんだなぁ…と…)






ちゃんちゃん音符
 

 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
こんばんは〜爆笑
 
 
最近マスクで仕事しており、「風邪ですか〜?」と聞かれる事が多くなりました。
 
 
 
いえ、ごめんなさい。
肌荒れがひどくて、化粧品が合わず。(痛いくらい)
目元以外スッピンなんです!!!!
 
 
見えてる部分だけ化粧してまして…。
あぁ。
昔、見える部分だけ服を着ていて後ろは裸という某キャラクターがいましたよね…。
気分的には彼です。

はいこんばんはっねー さくまです。
 
 
 
{93E53F1B-FE45-483C-9A49-8AF81A97066C}

 
 
今日はちょっと話を変えて、キクザワには欠かせない「木」の話題を少し。
 
 
 
キクザワのおうちは、木を贅沢に使用したナチュラルウッディなスタイルが多くなっております。
 

やはり丈夫で長持ちしますし、
何より温かみがあって落ち着きますね。
 

最近はモダンなテイストも取り入れることもありますが、それでも、コンクリート打ちっぱなしで敢えて無機質に見せるようなモダンテイストは、キクザワ楽団ではあまりやらないかもしれません。


 
{D69DA886-D41F-40AB-8D2F-69D712A974E8}

例えばN様亭。
 
木を分析すると、
{38E6715A-9479-45E7-A9AF-5B36A7AE92F7}
こんな感じ。


一棟の家を作るのに、何種類か木を使い分けています。
 

素材の見た目の好みの問題もありますが、
木は樹種により、硬さやクセ、乾燥度、塗装の入り具合など異なるので、場所に応じて適した木も異なるんですよ〜。
(加工がしやすいか、難しいかというのも、加工側にとっては大きな問題ですしねニコニコルンルン
 


ナラは、硬さで言うと、「硬い」と、「柔らかい」の中間位。


虎の毛並みのような木目に見えることから、「虎斑(トラフ)」と呼ばれる独特の模様があるのがナラの特徴です。※ハイッ バイバイナラフローリングのお使いのお客様、床を見て見てくださーーい!!

見たことのない方はぜひ打ち合わせにてキラキラキラキラ



ちなみに道産のナラは海外でも評価が高く、「ジャパニーズオーク」とブランドがあるほどなんだとか。国産ウィスキーの樽に使われているのもナラなんですよ~♪

 

{54EFA9E7-63EC-4679-9104-624957EDDBB0}


こちらも人気があるアサダのフローリング。


人の名前みたいですが、「アサダ」という木なんです。



中国では「鉄木」と書くくらい、とっても硬くてキズに強いのが特徴です。(そういえば慣れるまで結構足の裏が痛かったな〜)

うちはネコがいるので、アサダにしました。(実は見た目はナラの方が好きだったんですが、結果オーライでしたー)



サラサラしているので、裸足で歩くのがとても気持ちの良い木です足



芯と外側の部分で色が違うので、貼るとランダムに見えるのも特徴の一つ。

塗装は表面に、オスモという天然素材のワックスをかけているだけなのですが、まるで一つ一つに塗装してランダムに貼っているみたいに見えませんか?

これは木が持っている自然の色なんですよ~キラキラ

 


ちなみにオスモ塗装前後がこちら。

{48DF417F-5ADB-4BEB-943F-B09D149A4767}

左が塗装前
右が塗装後
よく「飴色」と表現するのですが。

オスモのエキストラクリアという無色透明のワックスで、木にも優しく、人にも優しく、水をよく弾くので、オススメですラブ


{11C70C33-3495-46DA-A9D2-5581CAEDFC30}



タモは、造作カウンター等でよく使用される木です。(高級家具の代表みたいな木ですね)

こちらもクセがなく、職人さんにとっては加工がしやすいのですが、硬くて重いんです。



(その硬さ故、初心者がDIYで加工するにはちょっとハードルの高い木です)



事務所の二階にタモのダイニングテーブルがあるのですが、全部で3〜40キロくらいあるのではなかろうかと。

 

その固さを生かして、野球のバットにも使われております!!

建材は、希少性が高いので手に入りにくくなってきました・・・。

 

以前使えていた、ウェンジやブラックウォルナットという木も、絶滅するのでは!という危惧から建材としては流通ができなくなってきました。

タモも、いずれそうなってしまうのではないかとちょっぴり不安な今日この頃です…。

 

 
 
 
{B75A5E62-A38F-44C2-90A1-5CE424CFDBFF}

こちらキクザワではよくある、羽目板。
レッドシーダーという木です。
 
感じでは「米杉」と書きますが、
アメリカのスギというわけではなくて、クロベやネズコという樹種に分類されます。
ヒノキ科の木材なんですよ。
年とともに少し飴色に変化していく、とても人気の高い木です。

{B0FEA819-FB84-4558-8E20-3C1A79C84C16}

事務所の10年選手のレッドシーダーがこちら。
ちょっと艶っと、深みのある色に変化しているのがなんとなくお分かりいただけるでしょうか。

{32E40756-4EA8-42E5-AF68-517A10AB88F8}

ちなみに同じ木でも、横張りにするとまたイメージ変わりますよね〜ニコニコ

レッドシーダーは凹凸がなければ縦張りの方がラインがスマートです。

{C6391E68-507A-40B1-888B-032D7A3A97AB}

凹凸をつけたランダムな形もいい感じです。




ちなみに私はまだまだ初心者ですが、
設計3人は、これはなんですか?と聞いたら、大体のものは即座にお答えできます。

 
そういう会話を聞いていると、さすがプロだなーーーと思うわけです。
(私も勉強中。。。)



ナチュラルウッディテイストが好きなお客様!!
ウッドマイスター キクザワまで、今すぐお問い合わせくださーーーい爆笑キラキラキラキラ
お好みに合わせてぴったりの木をチョイスしますよ照れキラキラキラキラ





社長は今日から東京出張で、講演してくるとのこと。(詳しくはオフィシャルページのニュースにて)
一度社長の話を観客席から聞いてみたいさくまでしたーーっ

{6FD0B96D-1CB4-4B9C-BD1A-56EB72FF3DDE}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かなやです。


今日から2泊で、アース21のメンバーと東北の家づくり視察旅行にきています。。。


{2F5A7510-2A68-4D24-95CF-2E3C28A14208}


あらっ

肝心の家ではなく


視察団のいつもの風景がうつりこんでしまいました。



酒瓶に見えるようですが


入っているのはとても体にいいミネラルウォーターか泡立ち麦茶なので



まさか明日頭がいたいなんてことはないですから


だいじょぶです。



いっぱいステキな家を見て、
私もステキなプラン、がんばります。


どもども。

また書きます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんにちは~ニコ

 

 

今日は長沼から北広島へ農道を通って現場に行こうと思っている間に迷子になりましたおばけ

でも紅葉があまりにも綺麗で、とってもラッキーウシシキラキラキラキラ今日もツイてますラブラブはい、さくまです。

 

 

{E528F442-24B5-44F3-9DA9-1A9C7E295D4F}

※分かりにくいですけど、畑に白鳥が一杯いました。

水に浮いていないとなんかイメージちがーーーう!!

 

 

勝手に大人気企画「さくま家、家を建てる。」

気持ちがノッているので、続けて更新しちゃいます。

第五回目は「考え方」をテーマにお送りします~。

 

過去の記事はこちらから。

第一回 私がキクザワを好きな理由こちら

第二回土地探し編 こちら

第三回地鎮祭編こちら

第四回ドキドキ地盤調査編こちら

↑ リンクをクリックすると各記事に飛べますよん♪

 

 

 

 家って、本当に「大きな買い物」ですよね。

「家」に対する考え方って、人それぞれ違うと、そう思うのです。

 

 

 

実は。。。

 

今だからお話しできることではありますが、

私たちがそもそも、家を買うか!と話しだしたとき、私の実家のすぐそばに1500万円の建売があって、「あら~、ここでいいんじゃない?」と話していたんですよね。

何の変哲も無い一戸建ての建売でした。

 

当時は私もまだキクザワに勤めだしたばかりの頃で「キクザワのおうちって素敵だけど高いんだろうな。うちにはそんなお金ないしな~。」と思っていました。

 

 

私も旦那もどこか貧乏性で、2人ともお金の使い方は今でも下手くそです。

 

 

 

私は、いっぺんに高いお金を払うのが怖くて、服だって小物だって、その場しのぎの安いものを買ってはすぐにダメになるタイプ。(別名:安物買いの銭損ないタイプ

 

旦那は、物持ちがめちゃくちゃ良くて、ボロボロだろうが何だろうが、一つの物をとにかく使用し続けるタイプ(別名:もったいないおばけタイプ)。

※彼には、中学生の時から愛用している「伝説の緑ジャージ」という曰く付きの代物が、つい先日までありまして。←約20年一緒だった訳です。旦那と付き合い始めてから今日まで約15年なのですが、ジャージに5年も負けています(笑)。だから伝説なのっ!

※2 新居への引越しでとうとうお別れを告げたらしいです!

 

 

(こういう価値観って、きっと同じじゃないと結婚していない訳で、だから私たちは夫婦なんだろうけどね~と思うのですけれども(笑))

 

 

 

 

だから、正直なところ家に対しては「別に安くていいよね」って思っていたところもあり…。

住めればいいよね〜と。。。

 

 

それがどうして変わったのかというと、

 

やはり、私が、

キクザワに勤め始めたからなんだろうなと。(そうでなければ家を「建てたい」なんて、そもそも思わなかったかもしれません。「買う」つもりだったと思うなぁ。)

 

 

「さくまさんの考え方はどうして変わったの?

そこんところ正直に教えてよっ」

 

皆さま。そう思いましたね!?!? 

そうですね!? 

聞きたいですよね!?!?(笑)

(むしろ言わせてください)(笑)

 

 

 

 

 

一番は「高断熱」「高気密」の大切さゲラゲラビックリマークを知ったたことでした。

 

北海道の冬…光熱費が4万…5万…という家は珍しくないですね。でも(集中暖房の団地で)真冬に半袖アイスで過ごせるところで育った私は、いまだに寒いのは大嫌い!

(安い家を買うつもりだったのに、新築なんだから冬場の暖房費はそんなにかさまないだろうと思っていたので今となってはツッコミどころ満載です)

最初に断熱にお金をかければ、暖房費は安く済みますよ!!!!

この事が理解できた事が大きかったです。

 

暖房代に2万円、3万円…もっともっと多くかかるなら、本体にかけた分、元が取れちゃうなーと。

 

 

あとは、リフォームの勉強会で他社の工事現場のずさんな様子を見たことも大きかったです。ガーンガーンガーン

基礎の中に長靴が捨てられていたり、断熱材のごみがいっぱいすてられていたり。

解体で開けてみて初めて分かるようなものから、明らかに手抜き工事で雨漏りして…という事例も見ました。

 

そもそも、「家の価格が安い」=「大工さん、職人さんの手間賃を十分に支払っていない」=「工事の手抜きにつながる」という…言われてみれば当たり前の理屈が存在します。

誰だって、頑張っても安い賃金しか支払われない現場だったら力を入れたくないですよね。

私だったらそう思うし、大体の人がそうなってしまうものだと思うんです宇宙人くん

 

だから、手抜きしたその職人さんがダメなんじゃなくて、真っ当な額の賃金をきちんと納めるべきところに支払っていない側が悪いのだ、と思ったのですよね。

こう思えたのが二つ目。

 

 

そして、最後に、安くてダメになるものを、35年は住むであろう住宅に使うのはどうなんだろうと思った事。

これは、私自身が安物の服であまりにも多くのお金を無駄にしてきたのでわかったことでもあるのですが「安くて質のいいもの」はこの世の中には存在しません。

 

 

「高いけど品質が良いもの」

「安いからそれなりの品質のもの」かどちらかです。

 

 

「良い材料を使えば、耐久性が良い」のも当たり前です。

長く使いたいと思っているのならば、

「高い=いい材料=耐久性が良い」…ここは妥協しちゃいけないと、私は思ったのです。

 

服は某量販物でよくっても、家は絶対にそれじゃいけないと。

だって、襟元の伸びた服は買いなおすことは出来ても、不具合の起きた家を買いなおすことは出来ないんです。

 

だから、家は品質のいいものでなければいけない。

家族の健康だって住環境に大きく左右されますし、耐久性の悪いものを使って修繕に大きなお金がかかる方が損です。

 

 

私にとってはこの3点が大きなポイントでした。



 

でもまぁ、このあたりは考え方です。

 

安価で手に入りやすいものを上手に組み合わせて、素敵なコーディネートにしていくのもオシャレの一つの方法ですから。

良い悪いではなく、あくまでも価値観の違いだと思うのです。(セロリが~すぅーきだったりーするよーねー♪)

 

 

素材で例えるのならば…。

 

キクザワの家は、どちらかというとっぽい感じ。

使えば使うほど風合が出ますし、天然素材で着心地も抜群。

ですが、湿気で伸び縮みしますし、それも含めて好きになってくれる人には最高の素材です。手染めするのも楽しいです。

 

世の中には、

レーヨンでアイロンがけ要らないよ!という機能に特化したものや。

ナイロンで割と安価でお手入れも楽チンだよっ!というものもあります。

 

これって好みですよね。家もそんな感じだと勝手に思っています。

 

 

ナイロンが好きな人に麻の良さを説明するのはすごく難しいです。

…だって、手間がかかる素材なんです。それでも好きなんだって、私はいつも一言では言えません。

 

 

 

 

…と思ったのは、

倹約家の義理の母親との価値観の違い。

 

義母も共働きだったのですが、家を買う時に所得は合算せず「今の夫の給料だけで、月々の支払いは○円で建てられる家を建ててください。」と宣言したツワモノですびっくり

 

 

だから、キクザワで家を建てようと私達が決めたとき、

「どうしてそんな高い家にするのか?」

「頭金をもっと貯めてからにしたらいいじゃないか」

「息子の稼ぎだけで組める額にしたらいいじゃないか」

…と、多少食い違ってしまいました。 (我が家は私の収入も加味して資金計画を立てた訳で…。そもそも、いい家を建てようと思うと、金額はどうしても高くなっちゃいます。)

 

 

 

 

私は思ったことを口に出すのが下手なので、

その時に「おかあさまっ!!と切り返せるほど頭の回転が速くなく、


 

どう言ったらわかってもらえるのかなーとか、

こんなに良いところがいっぱいあるんですよーとか、

安い住宅はやっぱりそれなりなんですよー…などと頭の中だけで完結させてしまって、ゆっくり話はできませんでしたぐすん

正直な話、我が家にとっては、義母に、この家の良さをわかってもらうというのも残された課題です。


 

(義母の考え方もわかるし、私たちを心配してくれているだけだろうし、義母が間違っているわけでも、私たちが間違っているわけでもないと思う訳で。。。セロリーがすぅーきだったりーすーるよーねー♪)

 



だけれども、ZEHで建てた我々の家。

おかげさまで光熱費はゼロ円(どころか毎月1万円はプラス)ですので、返済は前の家賃プラス1万円くらいです。

よくネットでは、「家の価格の〇倍までの住宅ローンにした方がいい」と言われたりしますが、光熱費の分まで考慮された書き方ではないですよね~。

※だから心配しないでお義母さん!!(笑)

 

 

考え方に、良い悪いの基準はありません。

どれも個性、それが価値観であり、人それぞれ自分の決めた「良い」と思うものを選択するだけです。そしてその選択の連続こそが、人生の中身であって、「今」に繋がっている。

(選択を否定することは、その人自身を否定してしまうことになると私は思っています。)

 

 

だから義母とも喧嘩せず。そうですよね~わかるよ~ウンウンと言いつつ。家にお金をかけないというのも、一つの選択ですから。(大切なのは幸せに過ごす事よ)


 

でも私だって、自分の選択には絶対の自信を持っておりますので、、、(だってすんごい良い家ですもんキラキラキラキラ

 


いつか義母が納得してくれるような説明をできたのならば、私は立派な営業マンに成長できているでしょう。

(一番手強いお客様です!!!!)


 

と、オチがついたところで…。

 



相変わらず蚊帳の外、自由人のうちの旦那はどうかと言うと。


「ちながよければなんでもいーよー」




もぐもぐもぐもぐもぐもぐ




これは信頼の証なんでしょうか。諦めなんでしょうか。どうなんでしょうか。(我が家にはとても満足しているようですが。)

完成後の記事はこちらからどうぞ(笑)

 

 

公式サイトはこちらからどうぞ!

北広島の土地、空きが出ましたよ~爆  笑

 



それではまた!

お客さまに一番近い家先案内人、さくまでした~

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。