はれときどき キクザワ。
株式会社キクザワ社員ブログです。
お問い合わせはお気軽にどうぞ☆
株式会社キクザワ
北海道恵庭市黄金中央2丁目3番15
0123-32-2440 メールchina@kikuzawa.co.jp
  • 18Nov
    • カウンターのお寿司やさんと回転寿司屋さんの違い~家作りとの共通項~

      こんばんは先日の会議で、「お客様の視点で見て事務所がどう見えているか」について考え直した事務所一同。初心に返ってみると結構いろいろなものが古くなってきていて。私が気になるのがBGM!「ずっと変えてないので気になりますっ!」と熱く語った私。いろいろミックスされているので気づきにくいのですが…。「僕はあんまり気になった事はないんですけど~」と章太郎くんが話した矢先、GLAY「彼女のmodern...」(インストゥルメンタルですよっ)がタイミング良く流れはじめ、「…確かに結構古いですね…。」と呟いたので、つい笑ってしまった先日。(バンド世代の我々にとって名曲には変わりないんだけど!!!)事務所も気持ち新たに少しずつ、キレイにしていきたいと思っています。さくまですこんばんはさて、昨日、移動中にラジオで、「カウンターの寿司と回転寿司の違い」について話が出ていました。(air-G のくにちゃんのラジオです)そこで、カウンターの寿司職人さんが、「回転寿司は、『平等』。(同じサイズのシャリ、ネタで寿司が、安く早くが出てくるというところで優れている)カウンターの寿司屋はどこが違うのかというと、お客様との会話の中で、『20代だからネタはちょっと大きめにしようかな』『女性だからシャリは少し小さめに』と考えながらお客様に合ったものを提供していく。ここが大きな違いです。」という話をしていました。北海道は回転寿司のレベルも高いし、(ケンミンショーでも出ていたくらい)正直、あまりカウンターのお寿司屋さんに行く機会はない私。(子どもも旦那も量食べるし、お財布の中身がついてくるのかちびまるこちゃんのおじいちゃんばりにヒヤヒヤするわ…)でも、「おまかせで」 ・・・なーんて言ってみたいなぁという憧れはあったりして(笑)いつか、特別な日の特別な食事を楽しんでみたいなっていう希望もあったりします。今日の仕入れたネタと味の好みと、食べる量などを、自分に合わせて出してくれる。それがカウンターのお寿司やさんであり、職人さんであり、そのお店の「のれん」なんだよなぁと考えてみたら、あら、家作りも結構似てるところがあるのではないかしらっ?!?!と思い至りました。早い安い旨い回転寿司は、やはり大手ハウスメーカーに代表されるものだと思います。回転寿司も、安さに特化したところ。そして、質にこだわって、高級路線のお店。・・・などなど、回転寿司の中でもそれぞれのお店のウリがありますよね。工務店というポジションは、さながら「昔ながらのカウンターのお寿司屋さん」というところでしょうか。先ほどの職人さんの言うとおり、お客さんとの会話の中で「今日はちょっと味が濃いめのネタでいこうかな?」「ネタは大きめの方がご満足いただけるかな?」とかネタの組み立て、お出しするタイミング、シャリの大きさ、わさびの量、そんなものを考えて提供できるのが工務店の良さだと。そんな気がしたんです。回転寿司が主流になりつつある現代、カウンターのお寿司屋さんは「敷居が高い」「値段が高い」と思われる事もあるかと思います。メジャーではなく、金額も内容もお店それぞれですし。。。一見さんには入りにくいと思う事もあるかもしれません。でも、それに見合うだけの「職人の技能」これをウリにできるのも自社大工を抱える工務店の腕の見せ所なのかも。「今日は白身の良いのが入ってますよ~」「じゃあぜひそれをいただきます」と会話を楽しんでお寿司をいただけるのも、カウンターのお寿司屋さんならでは。家作りも、「こういうテイストの家にしたい」「客間はこれくらいで他の部屋はこれくらい、動線はこういう風にしたい」という希望に応じられるのも工務店ならでは。結局のところ、じゃあ回転寿司とカウンターのお寿司屋さんと、どちらが良いの?という結論は「やっぱり人それぞれ」に落ち着いてしまうのもいつもの通りなんですが…。おなかいっぱい、手ごろな価格で満足したい。そんなときは回転寿司を選択するだろうし、その方のその時にとって一番良い選択だと思います。でも、職人さんとの会話も一つの食事の楽しみとして、自分だけの、自分のためだけの特別なお寿司を堪能して、ちょっといつもよりスペシャルな時間を楽しみたいときは、カウンターのお寿司を選択するのも一つ、だと思うのですね。最終的に、お客様のニーズに応じて、行くお店を選択するのが一番満足に繋がるのではなかろうかと。私はやっぱりこう思っています。カウンターのお寿司屋さんでは担当してくれる職人さんとの相性、これも大切だったりしますよね。良い寿司をただ淡々と食べたい。楽しく会話しながら食事したい。それは人によって異なると思いますので、お店の方針である程度的を絞ってみたら、食べに行く側のその時の気分と、ついてくれた職人さんによってお店の評価も変わる事でしょう。だからこそこのテンションが一致したら、きっと・・・そう、絶対に、忘れられない特別なディナーになると思う訳です。「例え話」って、案外イメージがわきやすいので、ラジオでヒントを得てタイムリーな内に書いてしまいましたもし「ちょっとカウンターでお寿司食べてみたいけれど、私に合うのかしら?」と思ったときには、ぜひ、まず扉をノックしてみていただきたいです。ウチがどんなお店で、どんなお寿司が食べられますよ~というおおまかなメニューは、先にご案内できますからねちなみにスタッフさくまからの「寿司キクザワ」のイメージ・・・。・お客様に合わせて、一組一組お任せメニューを組み立てます。・ネタとシャリは良いものをご用意するように、頼もしい仕入れ先(相互建材吉田さん(笑))の協力の下仕入れの強化に励んでいます。・流れの職人ではなく、ウチの店の職人は専属!技能の向上に励んでいます。(若いながらも頑張り屋の良い職人さんが多いのが自慢です)・一般的な回転寿司から比べてみると、こだわりの分金額はちょっと高めになります。・特別な日の特別なディナーとしてぜひどうぞ。・お席の時間は設けておりません。好きなだけ時間をかけて食べたいものをお選び下さい。・近頃人気の創作料理「ZEH」も得意分野の一つです。ご興味がある方はぜひZEH小鉢もお楽しみ下さい。・お店の広告はあまり出していません。お客様から口コミでのご紹介が多いお店です。・シャイなお店です。一度ご来店頂いた方には、また来てくれるかなあ?と内心心配していますが、こちらからお店に来てねとお電話する事はありません。・少ない人数でお店を切り盛りしているため、お待たせしてしまう事もあります(ゴメンナサイ)ちなみに事務所の各職人さんのイメージはこちら…。・社長職人→ネタの仕入れた状況や、魚種、酢で締める時間、旬、湿度温度…など、細やかなご説明の上でのご提供が得意です。当店の代表となり、他の職人の指導を行いながら、重要な会合の出張料理人としても活躍しています。・常務職人→お客様のその日の雰囲気や空気を瞬時に読み取り、今何が食べたいかを察して提供する能力に長けています。あっと驚く一品をご用意できる職人です。・部長職人→お客様のご要望を冷静に分析し、良い物をきっちりと提供する能力に長けています。口数が多くないところも好まれ、自分のペースで食事がしたい方に信頼を持って頂けます。・さくま職人→元々はお客さんから職人を目指した変わり種なので、楽しい会話をお求めの時はご用命下さい。ZEH小鉢が得意料理です。・章太郎職人→論理派なので、味の薄い物から濃い物へ…というセオリーを守りながらも、新しい創作料理を提供する能力に長けています。ともにZEH小鉢の制作に励んでいます。・M職人→事務がメインですが、たまに厨房に立ってくれると、ほんわかした雰囲気で、その場を和ませる能力に長けています。桶の配置や美味しいお茶・・・など、きめ細やかな対応が得意です。・久代職人→いつもはレジを担当しています。仕入れ先へのご挨拶や出納帳管理などお店の縁の下の力持ちです。書きながら、自分でついおもしろくなってきてしまいました。お寿司屋さんに転職したらこんな感じかもしれません…。さて、お客様に合うお寿司屋さんはどんなお寿司屋さんでしょうか?是非一度、回転寿司派?カウンターのお寿司屋さん派?どんなお寿司が食べたいかしら?などなど、イメージを膨らませてみて下さいねッ!!!さくまでした~株式会社 キクザワhttp://www.kikuzawa.co.jp/

      6
      テーマ:
  • 10Nov
    • メンテナンス、日本と海外の違い…。

      こんにちは。しばらくぶりの更新になってしまいました。というのは 最近とっても腱鞘炎…。痛くて…私はタイピングの仕方が下手で、ほとんど右手でサポート程度に左手を使って打っています。本当にうまい人は指先しか動かさずにタイプしますよね…。これが出来ないからなんだろうな~家に帰っても殆どスマホ触れずです。(親指動かすと痛むのですが…!)皆様、スマホ触ってて腱鞘炎になってないですか?!もしうまい対処法ありましたら教えてください。。。さくまです、こんにちは。さて、おうちのメンテナンスの話・・・。姉がカナダのサスカチュワン州サスカツーンに住んでいるのですが、結構前に「ボイラーが動かない…」というまさかの自体が起こったらしく、テクニカルサポートに電話したそうです。姉のところは氷点下40度になる土地なので、(昨日Instagram見たら今の時点で―19度だそう…。)ボイラーの故障は死活問題。焦って呼んだそうです。結果、「リセットがかかっていなかっただけ」という操作ミスが原因だったようで、設備自体に問題は何もなかったそうですが、「それで来て5分で終わったんだけど、90ドルかかった・・・」と。。。向こうの感覚は、結構ドライ。行って、「ここはこうですよ」と説明するだけでも出張料として9000円弱かかるという事らしいですね。オー、マイ・・・。(それはDIYが盛んになるわけですねー。)そんな話を聞いて、日本のメンテナンス対応ってかなり手厚いんだな・・・と思ったわけです。うちの会社だけではなく、全国的に、そうなんだと思いますが…。消費者にとってはありがたいサービス。日本では一回の訪問で9千円も出張料とるというところはあまり聞かないですよね。(※メーカーさんにメンテナンス頼むと出張料はかかりますがそれでも3千円くらいが多い気がします)でも、本当は人が動くとお金がかかる(ガソリン代も、人件費も)ということなので、無償対応している国って世界的に見て、そんなに多くないようです。この件、正直色々日本の問題点も見えてくるというか。姉のいる地域は、出張料が高い=自分で直す=DIYが盛ん。という流れが当然スタンダードになってくる気がします。日本がそれほどDIYが普及してこなかった背景には、「作った側のサービスが良かったから」では?と思っています。ちなみにお国柄なんでしょうけれど、私が2か月くらいサスカツーンに行っていた時は、道路工事のために なんと バス停が移動する という現象が…。(しかも結構 毎回違う…)よくわからないのでそのままバスに揺られてましたが、いつもは行かない中華街を何故通っているんだろう? 私は無事にアパートに帰れるのだろうか・・・?と一抹の不安に駆られることは多々ありました(笑)。なぜかというと、工事は昼間しか行われないからです。日本は、道路工事を皆が寝静まった夜の間に行ったり、不便をかけないように頑張ってくれていると思うんですよ。おかげで昼の交通が便利で、バス停が移動することは、ない生活ですよね。一方姉の地域では、結構大きいモールでも、水曜日はお昼で終わり。夜は19時で終わり。日曜日は17時まで。とか、働き手も休みを取れるような営業体制を取っているようなイメージがあります。その分家族を大事にするという背景があるんでしょうね。(※あくまでも、11年前の私が行った当時の話なので、変化している可能性もありますよっ)日本はやはり、年中無休スーパー21時閉店これがスタンダードのような。少子化で働き手がどんどん減っている昨今、このペースを守るためには今いる働き手がもう一人分、2人分どんどん頑張らなきゃいけない状態で、そうなると日本人は忙しさから抜け出せないんじゃないかな?と思うのです。この土台を築き上げてきたのは、日本人特有のサービス精神というものだと思いますし、その恩恵を受けて今の私があるわけですが・・・カナダのラフさも結構、穏やかで好きです。肩の力が抜けるような…。まぁ、日本人の姉は、「これはこれで、良いところもあるけど、もっと完璧にやってほしいし、日本みたいに便利になってほしい!対応が遅い!」というところも多いようなのですが。隣の芝は青いという事なのかなぁ。姉の書いたサスカツーンの記事がありますので、どんなところか気になる方はどうぞ♪こちらからジャンプできますよ東京で移住者フェアに社長が参加します。詳しくは公式HPにて!http://www.kikuzawa.co.jp/とりあえずシップで腱鞘炎治します~!さくまでした

      7
      テーマ:
  • 23Oct
    • 納得までの時間。反省と教訓

      こんばんは今日はちょっとアンニュイ〜さくまです。※記事書いてからすこし期間置いたので、ちょっと前の内容で公開します。私個人の話なのですが、先日、とうとう買い替えを考えて長いこと乗ってきた愛車を手放すことにしました。今の車を、「できれば高く買い取ってもらいたい!」と、何社か買取業車さんに見積もりをお願いしまして。。。そもそもこの車、車好きの両親から、子供が生まれたときに「そろそろ手狭だろうし(←それまでは軽自動車)、あんたたちで使う?」と譲ってもらった車。当時子供も小さくて働けないし、生活にゆとりがなかった事もあり、大変助かりました。親が長いこと使ってきて、(手も加えて)私も何度も乗って、母が仕事で使って(ゲン担ぎじゃないけど、なんだか仕事うまくいく気も)私自身思い入れが大変深く、子供が産まれて、私たち家族の車になってからも、私たちなりに大切に乗らせてもらった車でした。下取りに…と思ったものの、父は50万では売れるというけど(走行距離こそ多いものの、買った当時は最高グレードだし、手入れも悪くないマニア受けする車なのでその気持ちもわかるものの)、なかなかその値を提示してくれるところはないし、走行距離と年式の相場を調べたところ10万円くらい…。やはり、もう良い値は難しいのかな?でも私の気持ちとして高く査定してもらいたくて…(じゃないと申し訳ない…)でもなぁ、、と、諦めかけた四件目の買取業者の営業さんが、また上手で…。今日お返事いただけるならこの値段!!だけど無理なら買取自体が難しい!!という強気な感じ。また査定開始の時間は私の帰宅した七時半から。電話越しに上と相談してるし、こんな夜分に長々と、丁寧に説明してくれてなんだかだんだんいたたまれない気持ちにもなり、、、私も譲ってくれた親に電話で相談。「まァ、お前がいいならいいけどよ」と言ってもらえたため、結局、10万円より良いものの、当初の希望額よりかなり安い値段で売ることを決断したわけです。今日、親と時を同じくして電話でヘルプ求めたひろしさんに、「だからあと一日待って、話そうってオレ言ったしょ〜〜!」と、「そんなの、それなら売らない!!!!って言っていいんだよ!どうせ買いたいなら買うんだから!!」と、アドバイスもらいましたが、もちろん、時すでに遅し…。昨日のうちに契約書にサインしちゃったよ〜このとき初めて、うちの社長が、「家づくりは慎重に!」「契約を急ぐところはダメ!」と、口を酸っぱくして言っている、本当の意味がわかったんです。納得までには時間がかかります。大きな買い物であればあるほど、悩む時間が与えられないとおかしいと思うんです!!!でも世の中、大きな買い物ほど契約を急がれることが多い。「今ならこのお値段!」「限定何台!」「ラスト一個!」「今月ご契約に限り何百万円割引!」こんな、冷静な判断を揺るがすような謳い文句が横行しているんです。たしかに、誰かに、何かに背中を押されて決断できることもあるでしょう。うちだって、今ならいくら!というのを聞かなければ売ります!と決断できず、ダラダラと廃車になるまで今の車に乗っていたのかも…。だから勢いもたしかに大切。新しく何かを変えるために、誰かの言葉で勇気をもらうことって大切。それはわかります。わかっているのです。だけど、だけど、本当に心から、納得いかない決断は、絶対後悔に繋がる。少なくとも私は、一日後にひろしさんに相談して、そこでやっぱり10万円って言われていたら納得できていたと思う。だけど、今日一日、もしかしたら大切なうちの車を、もっと大切に、高く買い取ってくれる先があったのかも。急ぎすぎたのかも。と、悶々と後悔してしまっておりまして。その納得できるまでのせめて一日という時間を、相手方に与えて欲しかったというか…。せめて私が焦らないように、後悔しないように、そうだよね、この走行距離でこの値段なら、有り難い金額なんだよね、絶対ここなら次のオーナーさんを見つけてくれる!と理解できるまでちゃんと待ってもらえたら…。きっとこういうモヤモヤは生まれないのですよね。初めて、「ご契約に至るまでは納得行くまでプラン」「お客様の決断を待つ」こんなやり方をしている会社ってあまりないんだな。畑違いとは言えど、ちゃんと待ってくれるうちの会社は良心的なんだな。と、見直す機会になった訳なんです。おうちを建てるというのは、大きな決断です。「今月ならこの金額!」と急かされて、それなら!と契約に至る方もたくさんいると思います。ちょっとまって〜〜!もし、ちょっと待って!今冷静な判断ができないかも!という状況ならば、そして、その冷静になるまでの待ち時間を許してくれないところならば、一呼吸置いても大丈夫なはずなんです。「ご納得いただくまで、プランを練りましょう。」こう提示してくれるところは、それだけで信頼に足る会社だと私は思います。そんなに多くはないと思いますが…。イヤ、うちの会社だって、工事に入ったら大工さんがものすごい勢いで仕事してくれる事もあり、「わー!電気配線もう締め切りです〜!」とか、「わー!急いでクロス決めてくださーい!」という事はあるんです。だけど素直に、間取りとか、金額とか、契約してから取り返しのつかなくなるものをせかす事はないなぁと思ったんですね…。(電気もクロスも、ご相談いただければ早め早めに見本帳渡す事は可能ですよっ)私の場合は売ると契約してしまった以上、己の決断がその時の最善であったと割り切るだけ。親も、私達に譲った以上は多くを望んでいないという希望的観測!だから、もうどこかで考えないようにしたり…。(踏ん切りがついてよかったと思うことに!!!)だけど、、どこかでモヤモヤなんだよな。今日の私はこんな感じ(笑)。私は、個人的に、今なら!今月なら!というやり方は絶対できないだろうって思ってしまったので、きっと大手バリバリの営業マンには向いていないのでしょう。今日はそういう自分の特性を見つめ直す出来事もあってちょっとアンニュイなんですけれど…。まぁ、まっすぐにしか生きていけないなりに、この悩みも、思いも、絶対無駄にはならないだろうと(笑)。お客様には、後悔しない決断を、その後押しはいくらでも、そして悩むだけの時間はどうぞ、気の許すまで。といううちの会社のスタンス、このあたり見つめ直す機会になった事だけでも有り難い機会でした!(と、自分を納得させる(笑)!)(株)キクザワ 公式サイトはこちらからどうぞ!

      7
      テーマ:
  • 05Oct
    • NHKあさイチでZEHの特集が放送されました!

      こんばんは昨日娘の保育園で、落ち葉焚きが開催されたようです。落ち葉にお芋を入れて〜かきねのかきねのまがりかど~♬というアレです。古き良き日本の風景ですが、色々な観点からやらない地域も増えている昨今…。親としては、貴重な体験をさせてもらっただろうな〜と、思っております。焼き芋が香ばしくてとても美味しかった🍠さくまです。こんばんは。さて、昨日NHKあさイチにて、太陽光発電を備えたZEHの特集が放送されていましたよ〜NHKあさイチ!公式ページはこちらから。休みで、恒例の朝ドラを見た後、んっ?!太陽光発電?!とつい録画までした私(笑)。キクザワZEH委員会としては、見逃すわけにはいかないでしょう。全国区でゼッチというワードが出るようになってきたのですね〜〜っご覧になった方いらっしゃいましたか?太陽光は、停電などの災害に強い!この件、実感として。本当にそう思いました。ZEHの走りで、実験的に導入した我が家。停電の時は太陽光発電が大活躍してくれました。いつもお世話になっております。。。こちらは災害時。冷蔵庫、炊飯器、ラジオ稼働中です。冷蔵庫の近くに、「自立式コンセント」を持ってきてまして、太陽光設備から、直接引き込んであるようなコンセント。停電時は、ここから延長コードを伸ばして使用しました。こちらは緊急時のみ使用可能。(※我が家のものは、ブレーカーを落とさないと使用できません)外部電力会社への連携接続を切って、お家の中で電気を自給自足しているような状態です。(ブレーカーを落としているので、外からは入ってこない。この状態になって初めて使用できます。)さらにお湯も電気ケトルで沸かせました。(すごいタコ足配線…)ガスも使えたので、ガスでも沸かすことはできたのですが、実験的にどれだけ家電が使えるのか試してみましたよ〜停電の初日は晴れていたので、この配線にプラス、電子レンジも同時に動かすことができました。(ただ、ここまで使用すると、電圧が高すぎて夕方頃になると電源が落ちてしまいます。夕方頃からは冷蔵庫だけで使用してみたところ、日没まで動いてくれました)テレビは残念ながらアンテナ自体がダメらしく…電源はつくものの見ることができず。(もしかするとテレビのコンセントとアンテナと一体になっているからでしょうか?それとも基地局の停電が問題?原因は不明ですが、お客様宅も同様の表示が出ていたらしいです。)テレビを見ることができたら、かなりの情報が得られたのですが、ここだけは残念…。。。その後、ゼッチのお客様から洗濯機を回せた!試しにエコジョーズにも延長コードでつないでみたら動いた!というスゴイ報告も寄せられました。※(ただエコジョーズは、ガス、火を使う機器ですので、天候が安定して太陽光電源が安定しているときに使うべきですね!とお客様からも注意事項がありました。確かに…)我が家は蓄電池はないので、日中日の出ている間は電気は自由に使えましたが、夜はロウソクで過ごしていましたよー。(あかりのことを考えると、本当に電気が必要なのはむしろ夜かと思われ…)まだまだ蓄電池は高価なので、これからの課題かな…。ただ、日の出ている間だけだとしても太陽光が停電時に活躍するというのは間違いなく事実だと思います。頼もしく見えます!!!!あさイチの特集でも、そんな話が出ていましたね。メリットで言うと、災害にも強い!それは大きな力になってくれる。間違いなし!!!家計の助けになる!これも私の一年過ごした個人的な感想ですが、本当だと思います…!あとはやはり、、、デメリット対策です。太陽光発電、置いておくだけで電気を発電してくれる便利な設備ですが、やはりデメリットというか、越えなければいけない壁はまだまだあるように思います。一つは固定買取期間終了後の問題。2019年で期間が終了してしまう方は、自力で次の電力会社(太陽光を買ってくれる業者さん)を見つけなければならない…。こんな内容も放送で言われていましたが、やはりせっかく設置したのに少々不親切な事態かと…。今の電力会社から、「固定買取期間終了後は価格が三分の一になりますが、買いますよ」などと打診があれば、「それならもっと高く買ってくれるところはないかな?!」と他を探す気にもなると思いますが、売電分が振り込まれなくなって初めて、「あれ?今月売電分振り込まれていないけど、どうなってるの?えっ!買ってもらえないの?!」という事も起こってしまうのでは?どのようにして買取期間が終わるのか?(通知など来るのだろうか?)買ってくれる先はあるのだろうか?ちょっと心配です。(話変わっちゃいますけど、野立ての太陽光の柵と注意板が必須になるなどFIT法改正の時に一斉に制度大きく変わりましたが、太陽光発電ちらっと見ると、まだ対応していないところも結構ありますもんね。国に「こういう発電所始めますよー」という「設備認定申請」等、設置するときは手続きを行いますが、多くの場合施工業者で代行すると思うのだけど、太陽光の設置業者さんで倒産してしまったところもあるし、対応しようと思っても出来ない方もいると思うんです。手続きが煩雑すぎてわかりにくいかな…。)太陽光発電、発電に二酸化炭素を発生させないナイスな電気でもあります。その部分は純粋に良いところだと思うのですよね。(廃棄の問題を考えていない!などの課題もあり、賛否両論あると思いますが…)ただ廃棄に関しても取り付ける側が今後きちんと考えていかないといけません。(メンテナンス費用として、処分費もお客様にご案内するようにしたり)これも課題になると思います。国でも、環境省を中心として、この問題に対して検討するチームも発足され、指針は議論されているのですが…。太陽電池モジュールの排出量の見込み。出典:環境省どんどん増えてくるであろう廃棄予測や材料の素材について。 太陽光発電設備の素材構成(出力4kWの多結晶シリコン太陽電池モジュールの場合)。BOS:周辺機器(Balance of System)。出典:環境省、NEDO廃棄はガラスが大多数なので、ガラスはリサイクルできる気がしますが、ハンダで使用した鉛が有害と言われています。あとは架台の鉄。そしてプラスティック。太陽光パネルのリサイクル制度の確立は、絶対に、今後国を挙げて取り組まねばいけない課題だと思っています。太陽光発電設備を処分するプロセスと課題。出典:環境省課題も検討されています。参考URL スマートジャパン増え続ける太陽光発電の廃棄物、2018年にガイドライン適用へ(※2018.10.05アクセス)記事にジャンプします早め早めにこのような問題を解決していかなければいけないと思うのです。(普及前にできてたらベストだったと思う…)一般消費者には難しい問題…是非研究者皆様のお力をお貸しいただきたいと思っています。そして、設置での留意点も課題の一つです。たとえば、台風が来て、パネルが飛んでしまって他のお家にご迷惑をかけた!とか…。せっかく災害に強い、停電の時のエネルギー源となるための太陽光が、かえって周囲の危険になりかねないというのは、とても悲しい事だと思います。今の日本、昔では予測できなかった災害が非常に多く発生しているので…メーカー側が思っていた以上の風、雨など。自然災害に備えるための対策と言うのはまだまだ力が及んでいないような。台風だって、こんなに何個も何個も同時期にやってくるなんてしばらくなかったように思いますし、毎年どこかで洪水というニュースを目にするようになりました。ゲリラ豪雨なんて言葉昔はなかったですしね。昔は通り雨、にわか雨、夕立…このくらいの規模だったのかなと。温暖化による異常気象。その温暖化を減らすためのゼッチ。だからこそ何からどうするか、その対策がとても難しいと思います。災害のリスクを減らすためにゼッチを減らす↓二酸化炭素が減らない↓温暖化↓異常気象という連鎖がストップできないだから日本は頑張ってゼッチを進めようとしているんですよね。それはよくわかります。(ちなみに海外にもZEHという言葉はあります)ゼッチ普及実現のためにもこれからの太陽光発電設備には、災害時の不安をなくすための対策が必要になると私は思っています。台風などの風が来たり、地震で揺れたり、と自然災害が重なった時には、第三者の点検、メンテナンスの必要が出てくるだろうし…台風が来た時に飛ばされないような工夫。水害が起こった時に、パネルが流されないような工夫。地震が起こった時に建物に影響しないように軽量化するような工夫。火事が来た時に、燃えないような工夫。今はまだ夢みたいな…どう対策するか考えのつかない「工夫」なのですが、これまでだっていくつものすごい技術を生み出してきたんだもの。絶対に何か、対策が出てくる気がします!(消費者のニーズは多いはず)これらができたとしたら、再生可能エネルギーは、今まで以上に人間にとって力強い味方になってくれると個人的に信じています。今はボルトの点検、もっとも安全性の高い施工方法の確認など、できることをコツコツと…!何か良い工夫が出てきたら、このブログでもお知らせしていきますね。あさイチを見ながら、メリットもデメリットも考え直すいい機会になりました。ありがとうございます😊公式サイトはこちらからどうぞ!寒くなってきたので暖かくお過ごしくださーいさくまでした…

      7
      テーマ:
  • 29Sep
    • 万全の台風対策を…!

      こんばんは。お昼休みにずっと見ていた朝の連続テレビ小説が終わってしまい寂しいさくまです…。次回作にも期待…!さてもうホントやめてーーーーとしか言えませんが、台風が近づいてきている様子。沖縄停電しているそうですね?!大丈夫でしょうか?!この間の停電のすぐあとなので、また停電したら怖い〜と思いながら、全くどうすることもできませんが、できる事として備えのご確認を外に置いてあるものは、屋内へ。前回の台風で物置が飛んだ家もあると聞きましたので、なるべく重いものを入れた方が良いのかもしれません。(重し?)回らない頭で重しについて考えて見ましたが、お店などでよく見る、旗を立てる台なんてどうでしょう?のぼり旗 ポール 注水式 立て台 大型 スタンド 21.5kgタイプ・44cm角 のぼり 旗立て台 土台 注水台3,240円楽天↑こんなイメージ。物置に物がないお客様、ぜひご検討ください(大きなところだと量販店にあると思われます)ゴミ箱外置きの方は飛ばされないように、こちらも中に重しを入れるか、室内に一旦しまった方が良いかもしれません。(室内に入るのであれば絶対中の方が安心ですよね)そして万が一の停電対策を!懐中電灯は寝る際は寝室に置くのが良いかと…。(我が家、前回は一階に置いておいたので、苦労しました…。)備蓄は皆さまそれぞれにご用意していると思うのですが、・携帯ラジオ・灯(ランタン、懐中電灯、ろうそくなど)・必要な電池(単三にダンボールを巻くと単一電池として使用できるそうです)・非常食・トイレットペーパーティッシュ・厚手のビニール袋(リュックサックに二枚重ねにして、水の持ち運びにも使えるよう)・簡易トイレ対策(本州の友達にきいたところ、厚手のゴミ袋に大人用のオムツを敷いて、トイレに設置すると、トイレとして使用できると聞きました)・薬、メガネ・ラップアルミホイルわりばし・もちろん用意できれば簡易ヒーター・液体歯磨き・保温シートなどなどなど…。不足がないか、各家庭に応じて再度ご確認いただけるとよいかと思います。万が一に備えてガソリンは満タンに…。避難所と避難経路の確認。今パッと思いついたのはこのあたりでした。あと、もしここ数年のお客様でリクシルさんのサティスをトイレ🚽設置された方。タンク向かって左面開けると、赤いレバーがあれば、奥に引くと流せます。手前に引くと水が出てきます。型式によりないものもあるようで、全てサティスにある訳ではないようですので、ご確認いただけると嬉しいです会社では、台風対策に、架台設置型の太陽光パネルのボルトの締め直しも行いました。緩みなしっ頑張りましたね〜〜(PVソーラーハウス協会朴谷さん、佐藤さんありがとうございます。そして宍戸さん!!ホントにありがとうございました〜〜っ)ふと我が家の屋根から竹山の方を見ると、ん???んんっ?!?!地滑り?!?!元々?!こちら元々かもしれないのでハッキリとわからないのですが、なんだか陥没しているように見えます…。地震かなぁ…?色々考えていると不安になっちゃうので、何事もなく嵐が過ぎ去ってくれるのを祈るのみです。うちの猫でよければ、リラックス画像にどうぞ(笑)。気をつけてお過ごしくださ〜〜いっ!!公式サイトはこちらからどうぞ。株キクザワさくまでした

      7
      テーマ:
  • 25Sep
    • まだまだ被災地は大変な状況でした

      こんにちは。今日は常務、宍戸さん、相互建材のひろしさんという面々で、厚真のお客様のところを回ってきて、むかわ町の祖父母宅にも顔を出してきたさくまです2018年9月25日の状況ですが、震源に近い地域では想像していたよりもずっと、大変な状況が続いていました。むかわ町駅前の商店街…。報道では見ましたが、実際目の前で見てみると、本当に目の前で起こったことなのか?夢なのではないかと思いました。何度もおばあちゃんちへ行くときに通る道が、まるで初めて来たところのようでした。祖父母宅は、市街地よりも平取・穂別方面に20分程度進んだところにあります。農村地帯なので、建物と建物とが離れているからか、パッと見た感じでは大きな被害はわからなかったのですが外壁には大きなヒビが…。「あと5年か10年は  よぅ、持ってほしいもんだけど…」と、気丈な祖母が珍しく声を震わせたように思えてしまい、思わず手を差し出してしまった私です。おばあちゃん大丈夫よ!旦那と一緒に、応急処置でコーキング打ちに来るよ!また来るねと手を振った車の中で、どこかまだ心細いという祖父母の気持ちが伝わってきて、さすがに切ない気持ちになりました。まだたったの3週間だもんね。出来事が大きすぎたよね。厚真のお客様のところも、2件は通水していますが、1件はまだ…という状況らしく、給水車に水をもらいに行っているよう。ようやく通水した1件もつい先日復旧して2週間断水していたと話していたので、大変な状況だっただろうなと(電気だけでもあんなに困ったのに!)停電だけでピーピー言ってしまっていた自分たちがちょっと恥ずかしくなってしまったり、4人とも、それぞれに思う事を感じ、それぞれの帰路に立った訳ですが。被災地の現状をこの目で見て、この思いはやっぱり、支援という力につなげていかないと!と強く思ったのは間違いないと思います。とりあえず4人とも地域にお金を使うといい!という事だけは理解し、できるので!むかわのししゃもを購入し!(来週は厚真のジンギスカンとチーズかな!)むかわのししゃもで有名な大野商店さん、元気に営業されていましたよ本州からもお客様が来ていました。(ボランティアで来てくださっているのでしょうか。一道民としてありがたい限りです)厚真の市役所前のカフェも、元気に営業されていましたよ(今度ゆっくりお茶しに行きます)いろんなものを見ることが出来た1日でした。つらい現実も、人間の強さも、少しの切なさも、私自身思うところが多すぎてさすがに今日は言葉が出てきません。。。空がすごく綺麗で、また泣きたい気分になったりする。全然まだ被災地では終わっていないのに、影響のそれほど大きくなかった地域ではもう地震が「前の事」になっているギャップにも気づかされたというか…。大きな災害だけじゃなくてきっと日常生活でも同じこと。大なり小なり傷を受けた時には痛みが少し消えて、傷が癒えて、かさぶたになって。それでも剥がれ落ちたとしても、皮膚にその痕はうっすらと残ってしまうように絶対に絶対に、「全くなかったこと」になんてなるはずがなかったんですよね。今回の地震は、大変に大きなことでした。まだどんな傷を受けたかさえわからない方もいるのかもしれません。普通に生活が戻ると、つい、つらかった記憶は押し込めてしまう傾向にありますがまだまだ苦しんでいる人たちがいることはどこかで忘れさってはいけない事実だと思って。そう気づかされて胸がぎゅっと苦しくなりました。捉われ、共感しすぎて体調を崩してしまっては元も子もないですから、ほどほどに…とも強く思うのですが出来る人が出来る時に出来ることをこれはやはり大事な事だと思いますし、もうこれ以上悲しい事がありませんようにと願うばかりです。なんだか上手に伝えられずゴメンナサイ。頑張るべさ北海道!(株)キクザワ0123-32-2440公式ページはこちらからどうぞ

      4
      テーマ:
  • 22Sep
    • 「片付け」の極意は、仕分けと定位置にあると見つけたり。

      こんばんは〜相変わらずストレス解消のために、ひたすらyoutubeで雨の音を聞いて帰るのが日課になってきたさくまです(笑)こんばんは。(太鼓のおかげでかなり調子いいけど…(笑))さて、今回の地震、震度5強の恵庭だったわけで…。事務所も揺れました〜〜。(イヤ私は北広島にいたんだけど…、社長部長の話によるとねっ!)ですがですがっ!!一階は、大工さん造り付けの家具のおかげで一冊の本の落下もなし!(もうちょい落ち着いたら記事にしますが、造り付けの家具すごい事務所のスタッフ宅、近しいお客さん宅では、お皿割れた被害ないんですよ〜。壁固定だと、建物と一緒に動くんですねぇ!なるほどなーっ)震度5強で、これだけ本あって一冊の被害もないってすごくないですか?(写真は8日の事務所。)高いところにある本もだいじょぶでした!天井付近にもラミネーターやらカッティングシートの機械やらありますけど、全く落ちてません。造り付けの家具の良さを、事務所一同再認識させられましたよ〜(実は、同じ建物の会長宅は置き型の食器棚だったのですが、そちらは食器棚からお皿が何枚も落ちて被害がありました。事務所と会長宅で震度違うくらい被害の度合いが違ったのでびっくりです)しかしながら…。こんな事務所で被害を唯一受けたのが二階の物品庫…高い位置に置いていたオスモ(ペンキの缶)が落下したらしく、塗料が広がって大惨事地震の翌日部長が床を拭いてくれて、すぐに物を全部避難してくれていましたが、後から見ると塗料の染み込んでしまった物も結構多かったのです〜(木材の見本とか、外したまんまの建具とか、事務用品のファイルの在庫とかかなぁ…)しばらくお客様のおうちの復旧優先でバタバタして物品庫は見ないままにしていたのですが。でもいつまでもそのまんまにしておくわけにもいかない…。で、昨日、一念発起です、さくま。作業し始めて、あっ!ブログネタに!(笑)と思い写真撮ったワタシ。ハイ、えぇ…、うん、まぁ…。。。地震で崩れたんじゃなくて…((お恥ずかしくも日頃の怠惰の蓄積……)ゲフッ!ゲフンゲフンッ!!))塗料汚れでどうしょうもないものを出した後に、ガンガン棚のもの下ろして、仕分け用に並べてる感じなんですよっ!!!でもさ〜、ほんと、忙しいからまぁ仕方ないんだけど、コレ…床はどこやねん…。(奥に見えるドアは在庫品)※何から手をつけていいか心折れそうになるさくま…。ハイ!ひょっこりはーん!!みたいにヘルメットあるし!!!わかった、もうさくま本気出す!!!!これが地震から二週間経過した昨日のお話です(笑)(笑)(笑)。本気になるのに早いも遅いも関係ない!などとカッコイイ事いっておきます!!!!片付け、大事なことは要るものと要らないものを分けること。仕分け。そして、適材適所にしまう位置を見つけることです。あー、整理収納アドバイザーとってよかったわあ…。塗料をまず、こちら側に移動してきましたよ。(最初は反対側の壁の三段目だったので、落ちたら危ないと思い低いところに移動。)しかし、この木材のごちゃごちゃ、どうにかせねば…。仕分け開始!棚に入るダンボールには、誰が見てもわかるようにラベリング(表示)します!ワンシーズン一回くらいしか使わないものは、脚立使わないと出しにくい枕だなの上に!塗り壁見本や実験用品、雑巾の在庫など、使用頻度の低い、重いものは下段に。(枕だなの上の段は重くないものが個人的にはオススメ)内覧会で使うものは、まとめて一箇所にかためておいておきます。もちろんラベリングは絶対必要です!(何故なら、内覧会用品と分からず、運ぶ時に持ち出されないものが出てくるからであるっ)あの青いカゴのしまい方がB型の私らしく若干残念ですが、もう気にしていられないほど疲れてきました!(笑)屋根材は屋根材で、見やすくわかりやすく、種類ごとにまとめる!(そんなに使わないから入り口から一番奥!)木材は木材で、用途ごとにまとめる!(ダンボールでもよいので、ちゃんと仕切る!)床材?棚板?突き板などの面材?!最初にキチンと分けとくと、後で探す時にそのゾーンだけしか探さずに済むので時短になります(むしろそのダンボールごと持ち運び可能ね)塗料は、最悪転がっても大丈夫な下の方に。(今日会長に、一本横桟という板を打ってもらおうとお願いしたところですっ)重いもの、危険なものは下段!!!そもそも、三段目から落下したので、缶が破損して塗料漏れたわけで、低い段からなら被害はなかったかも…と思うと、震度に関係なく予防できることも結構ありそうです仕分け!!!!!こちらも用途ごとにシッカリ分けて、目線の高さにはよく使うものを。あまり使わないものは下段と上段に。はい、一日がかりで作業終了。。。まだまだ時間かけようと思うときりがないんですけども、ちょっとスッキリしたぁぁあ〜〜っ!!!(床が見える〜っ(笑))とは言え、向かって正面の、封筒がたくさんみえる書庫ゾーンは(崩れてないので)手付かず!!!なので、また今度時間見つけてやります!!!!またどう掃除したか写真に残しますねん(笑)あんまり難しく考えず、用途ごとにわける!(医療品、雑貨、子供用品、ペット用品、工具…とか、ざっくり探しやすい基準で良いと思いますよ〜〜)適切な場所に置く!(定位置を作る!)重くて使用頻度の低いものは足元、衣類や、季節用品など、重すぎず使わないものは上段、よく使うものは目線の高さに。とりあえずはこれだけで大丈夫です。あなたのおうちでぜひお試しあれ!!!これをやるだけでかなり気持ち良いです、片付け大嫌いだった私でも、スッキリサッパリ気持ちよくなるくらい、掃除が楽しくなっちゃうこと間違いなし〜っ注意昨日の私のように一気にやりすぎるともれなく腰にきます(笑)自分のペースで少しずつ行きましょう(笑)何気にこれ大事ですよ(笑)。公式サイトはこちらからどうぞ!株式会社 キクザワ0123-32-2440半径1メートル以内シップくさいさくまでした〜(笑ではまた〜〜

      7
      テーマ:
  • 15Sep
    • 好きな音楽を聴く

      いろんなことがあった一週間でしたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?今日はちょっと一息!ブログを書こうかなと思っております、さくまです。こんばんは今日のブログは仕事(建築)と全く関係ないものなので、もしご興味のある方がいらっしゃればお付き合いいただけると嬉しいです。私さくま、先日から多少〜体調を崩してしおりましたが、ようやくちょっと復活です!気力で乗り切った一週間でした〜。なんだか、疲れっていうか、これだけ大きなこと(災害)があると気持ちがピーン!と張り詰めちゃうのかもしれないですね。メンタル強くなくて困っちゃいますが、揺れてるんですよ、身体が…。夜中何度も目がさめるし(その度に小刻みに震えてるので結構びっくりです)仕事中も私だけ「揺れました?!」とつぶやいてしまい、(神棚のお供えのお酒を確認するのがクセになってしまいました(笑))「ちなちゃんはセンサーが敏感なんだね」と励まされますが、ホントに私だけ?!嘘だぁ。絶対揺れたって〜、というのが最近の日常になっておりました停電中は、ラジオで助けられたことがいっぱいありました。音が聞こえる、誰かの声が聞こえるってホントに良いですね。ラジオに感謝感謝です!!!テレビでニュースが見られるようになってからは、ニュースの情報もホントに参考になりました。普段は怖くて苦手な地震速報も助かるものです。でも、こんな毎日(余震もまだあるし)「疲れ」が知らずに蓄積するもの…。そんな時はちょっと情報をオフにすることも、自分自身のためには必要な時間なんだなぁ〜と思いました。(これは私の個人的な感覚ですよっ)それで、付けっ放しにしていた情報をオフにして、すこーし、CDを聴き始めた今日この頃。「音楽療法士が勧める ストレス解消CD」というものがありまして、聴いて見たらもうね、CD一枚分ずっと、太鼓のCDなんです(笑)先住民族の音楽!打楽器!!!いろんな太鼓の音が入ってるんですが、いいタイミングで「ハァーーッッ!」とか、「ヒャイェーーッッ!!」とか合いの手が入る訳です(笑)。…。結構いいかもしれないぞと(笑)。血湧き肉躍るわー(笑)それから、久石譲さんのCD。菊次郎の夏のSUMMERをエンドレスで聞いてました(笑)。爽やかな気分になります。地味に映画は見たことがないのですが、夏の日差しとか川のせせらぎとか、不思議と浮かんでくるこの曲。……。これも結構いいかもしれないぞと(笑)。あとは個人的に大好きな作曲家さんの、youtubeミックスリストを…。マニアックなので大々的に書くのもなんとなーく憚られますが、菅野よう子さん!!!!!!ちょっと切なくなる曲も多いけど、Sora という曲がホントにホントに大好きで、南幌のモデルへ向かいながら風景を眺めて何度も何度も聞いていると、少しずつ心が落ち着きます。元気が欲しい時はTank!という曲もおススメですおお!!!ちょっと元気になってきました!!!実はこういうの(元気が出ないこと)、私だけなのかな…って思っていたんですよね。なんとなく心細くて、なんとなく落ち着かなくて、元気出しましょう、頑張りましょうって、気力でなんとか動いている。でも疲れていて、起きてからも全然疲れが取れていない…。でも、まず災害の対応を頑張らねば!と思っており……そんな訳で、「こういう気持ちは普通じゃない」だろうと思って、ついつい無理してたんですよね…。また、子どもの夜泣きが多少増えたもので、まずこの子を守らなきゃいけない!!と思って肩に力が入っていたのかもです。ふと、お客様から、「落ち着きましたか?」と声をかけてもらった時に、「イヤ、全然なんだかダメです。ダメですよね〜、メンタル弱くて。イヤになっちゃいます」とこぼしてみたら、「僕も同じです」と言ってもらえたことがとても嬉しく…。さらに取引先の方も、「ちょっと体調を二、三日目崩してしまったんですが、ようやく大丈夫になりましたので」と話しているのを聞いた時に、そっかぁ、私だけじゃないんだな。変じゃないんだな。みんな、見えないストレスを感じて、自分自身と戦っているのだよなと「一人じゃない」というのはつくづく暖かいことだなとしんみりと思った今日この頃です。(だからこそ無理しないで欲しい!)こんな時に自分自身の疲れに気づくことは難しいのですが、全道、全国のみなさまに、ご自愛ください!と声をかけたい私です。だって、テレビでも、何も、誰も悪くないのに、「ご不便をおかけして申し訳ありませんでした」ってよき聞きますが、そんなの謝らなくても良いことだと思っちゃうんです。自然災害、力の及ばないこと、ちゃんと復旧してくれて感謝こそすれ、責める人なんていないような気がしちゃって。あまり考えすぎるとよろしくないですが!!!こんな時は一緒に太鼓のCDでも聴きましょう!(笑)。「好き」って、とても大切な原動力ですね。こんな時は、思い切り、大好きなことばかりして大好きなものに囲まれることが元気の近道なのかもしれないですね??などと。もうバリバリ頑張っている方にはちゃんちゃらおかしい、オチも何もない弱音のブログになってしまいましたが、誰でも!みなさま!今週来週すこーしのんびりいきましょうね株式会社キクザワ公式ページはこちらから!さくまでした

      4
      テーマ:
  • 11Sep
    • 頑張るべさ!北海道!!(頑張ろう!にっぽん!!!)

      こんにちは先週木曜日から保育園が臨時休園でしたが、昨日から日常生活に戻りました。久々に会社に来てみんなの顔見たらちょっとホッとしてしまったさくまです(会社が第二のマイホーム状態(笑))さて、地震から6日目の朝を迎えました。お住まいの地域の状況はいかがでしょうか?このブログを読んでくださっている皆様!よろしければ元気な声を聞かせてください夜中3時の地震から停電が続き、心細い思いをされた方も多いのではないでしょうか?私もそんな一人…。誰かと話したくても携帯はずーっと圏外だった地域なので、まず外部と連絡を取るのに一苦労しました。娘もなんだか地震でナイーブになっているのか、ご機嫌ナナメな事が多く。彼女なりに思うことがあるのかもしれません。地震で木曜から日曜まで一緒に過ごしたので、「こんなに長い間ずーーっと過ごすの久しぶりだねーっ 楽しいね~っ!」と謎にテンション高めで接しておりました。(考えてみたら、確かにこんなに長い事一緒にいるなんて盆と正月くらい(笑))子どもの心のフォローも考えていかねばいけないですね。昨日から保育園に行き始めたので、お友達と遊びながら安心できるところもあるはず仕事の面でいうと、まだまだ物資の供給が不安定で・・・資材、建材が届かず。(台風もあったから、船便も遅れてる)そして取引先の水道業者さん、厚真の水道の復旧作業に向かいました。(災害時の要請が入るようですね。)新築施工中のお客様や、メンテナンスご依頼いただいているお客様には、ご不便をおかけすることも多いかもしれません。電気屋さんも、「苫東厚真の方にほくでんさんみんな走ってるから、(電気の)完了検査受けられない状態なんだ」と言っていました。(いやいや、こちらはなんとかなるところが多いので、苫東の方を優先して大丈夫ですよ!)今日氷点下の地域もあったみたいなので(早すぎません?)、被災地冷え込み大丈夫かな地震、一週間ずれてたら、寒くてわやだったかもしれませんね。(こうなると、真冬の震災対策もやはり必要になってきますね・・・)こんな時なので、みんなで力を合わせて乗り越えていけたらと思っています。本震来る!!!!って言ってたから覚悟してたんだけど…。とりあえず今のところ大丈夫そうですね…。余震は多いけど…。(過敏になっているのか、いつも揺れている気がする私(笑))まだ気は抜けないのかもしれないけど、このまま何事もなく終わってほしい…。ぜひぜひ備えた方が良かったものやこうしたらよかったよーなんて話も情報いただけると嬉しいです。そうそう!サラダ油のランプとかね!!!!あれ、停電してる間に教えてほしいものだけど、(ラジオで説明聞いて、すごい!やってみよう!と試してみるものの、イマイチ実際に見ていないから想像できず、上手にできませんでした)テレビが見れるようになる頃にはランプいらないもんね。これは北海道に限らず日本全国、覚えておいて損はないですよね。ちなみに、鵡川に(夫の)祖父母が住んでいるため、メチャクチャ心配したんだけど、(蛍光灯が落ちた被害くらいで大丈夫だったそう)さすが激動の昭和を生きてきた祖父母、電気がなくてもチャチャッとなんでもできるようです。(↑上みたいなオイルランプとか)こういうところ、ホントにすごいと思うというか。現代に生きる私は心底見習いたいと思った今日この頃…。私なんて、「電気に生かされてるな…」と実感させられましたもん…。しかし、こうなると「紙」の本は良いー。今、アイパッドで漫画も読めちゃう時代ですけど、紙には紙の良さがあるというか、アナログなものの価値を再確認できましたよ、個人的に…。被災地支援としてとりあえず節電はできるので、頑張るべさ、北海道!!!!(地震で報道されなくなっちゃったけど、前日の台風21号の被害だって相当でした。大阪ではまだ停電してるんですもんね。(車がおもちゃみたいに吹き飛ばされるなんて嘘みたい…)二日間の停電でも大変だったのに、一週間も停電なんてどんなに大変な状況か…。)こう考えると日本全国、頑張ろう、にっぽん!!!!!!の方が正しいのかもしれません。大きな自然の力を前に、人間の力はあまりにも無力です。が、かといって諦めてばかりもいられない!こんなことを考えていると、一歩一歩…元の生活と同じことをはじめるのが一番の近道になるような気もしてきたり。。。余震続きで、知らず知らずの間にお疲れだと思うので、今週来週無理せずのんびり行きましょうちょっと一息入れてくださいね(株)キクザワ0123-32-2440公式サイトはこちらから!

      4
      テーマ:
  • 07Sep
    • 台風21号及び平成30年胆振東部地震における被害へのご対応について

      2018年9月5日に通過した台風21号及び、2018年9月6日未明に発生した北海道を震源とする震度7の地震により、甚大な被害が発生しております。引き続き警戒を呼びかけるとともに、被災された方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。お住まいの地域の状況はいかがでしょうか?幸いにも会社のある恵庭市黄金中央付近は停電が解消しておりますがまだまだ多くの地域で停電やその他多くの被害が続いていることに事務所一同心が痛い日々を送っています。今回は台風21号の爪痕が癒えないまま、この度の地震により打撃を受けることとなり、お客様におかれましても被害のあった方も多くいらっしゃると思います。すぐに確認に行き、一刻も早く対応したいのですが、運搬車の燃料の確保にも時間がかかっており、なかなか思うように対応作業が出来ておりません。事務所にご連絡いただいた方から順番に対応してまいります。ご対応までにお時間をいただきますことをあらかじめご了承いただけると幸いです。(お待ちいただくことになりますが、必ず対応致します)また、事務所一同、現地確認に現場に出ていることが多くなっています。さらに、事務所営業時間も通常は9:00~18:00までですが、停電の地域から出社している者も多いため、通常よりも早く営業を終了させていただく可能性がございます。そのため、電話が留守番電話となっていることも多いかと思いますが、その際は留守番電話にお名前ご住所ご連絡先、確認箇所の概要を残していただきます様、よろしくお願いいたします。まだまだ余震も多く不安な日々が続くかと思いますが、一緒に乗り切りましょう。笑顔で皆様にお会いできることを楽しみにしております。がんばろう!北海道!!(株)キクザワ 

      4
      テーマ:
  • 04Sep
    • さくま家、家を建てる。vol.12 木工事突入!検討はお早めに

      こんにちは昨日一時間半かけてブログを書いていたのですが、最後に写真を添付しようと思ったところ内容が全部消えました・・・(真っ白…燃えたぜ・・・燃え尽きたぜ…)ワンクリック詐欺ってあるけど、ワンクリック削除というか、自分の一時間半をたったワンクリックで亡き者にできるとは私の右手も大したものです。うまいこと言ってみましたが単純に悔しくて仕方ありません。さくまですこんにちは・・・(気持ちを立て直して更新してます(笑))しばらく更新していませんでした、さくま家シリーズ。皆様から忘れ去られないうちに更新しますよー過去の記事はこちらから。第一回  私がキクザワを好きな理由こちら第二回 土地探し編こちら第三回 地鎮祭編こちら第四回 ドキドキ地盤調査編こちら第五回 考え方の違い編こちら第六回 基礎着工編①こちら第七回 基礎着工編②こちら第八回 間取りとテイストについて考える。こちら第九回 ZEHという選択こちら第十回 ZEHの作り方①こちら第11回 ZEHの作り方②こちら↑クリックすると各記事にジャンプできますよん。思い出しがてらどうぞ…。さて、前回までのおさらいですが、ZEH(ネットゼロエネルギーハウス=太陽光発電を載せてエネルギーを賄える家)にしよう~というところまで進みましたね。開口部を区切るなどのちょっとしたコツがありますよ~という事も記載しましたね。正直ZEHに関しては細かく上げればキリがないので、一旦小休止(先に進まないから…)。で、現実の工事に戻って、肝心の木工事に突入するところから話をしたいと思います(基礎工事で止まってましたね!!)実のところ、基礎工事が終わった時点で我が家の現実の工程も一旦ストップしました(笑)。通常であれば基礎が完成して、養生期間を置いたらすぐに大工さんが入ることが多いのですが、うちは従業員の家という事で 工期を急ぐお客様邸を優先したんですよね。(↑幸いアパートの大家さんも友達のお父さんだったので、融通を聞いてもらうことが出来ました)3か月間養生期間を置いた我が家の基礎。吹きさらしの風景と一体化しています・・・。雪原の中、カーポートだけ鎮座。立派や…。(太陽光発電を載せる関係上、先に建てました)大工さんが入るよ~!と聞いたのは3月中旬で、やはり、嬉しいものですよね。「とうとう我が家に大工さん乗りこむよ!!!」との一大ニュースに、佐久間家一同「えぇ~ 引っ越しいつにするゥ~?」など、キャッキャウフフと夢を膨らませたものです。住宅は、①基礎工事(基礎屋さんにより、コンクリートで基礎を作る工事)②木工事(大工さんが入って、構造躯体を作っていく)③仕上げ工事(各種設備、内装工事)と三段階の工程を踏んで仕上がっていくわけで、第二段階に突入!ということなんですよねただ。・・・今考えてみれば、この保留期間内に決めておけばよかった内容は山ほどありました。照明設備とか、細かいクロスやクッションフロアとか…。構造に係わらない、設備的な諸々です。あの頃の私に会いに行けるのならば、「今のうちに選んで決めておきなさい…」と、夜食を差し入れる母親のような優しさでそっと各種カタログを手渡してあげたい…。(バカバカ、わたしのバカ!!!)たとえば、パナソニックさんで発売されたスピーカー一体型ダウンライト。パナソニックさん 公式HPこれ使いたかった~っ(厳密にはうちが建った後販売になったんですけど…)今になって旦那が「映画を見るためにスピーカーがほしい」とアピールしてきます。(↑ウチ、子供番組以外の映画なんて三か月に一回くらいしか見ないやん)ダウンライトと一緒になっている形であれば、照明を買う感覚で同時にスピーカーも購入できたなぁ〜〜って。(実際展示場で体験しましたが、本当に「音が降ってくる」感じでとても良かった)ダウンライトの「色」の切り替えなんかができるようになればさらに最高だと思っちゃいます。日進月歩の建築業界、こんな新商品が何千何万とあるので、建てる側が目を光らせて「これを是非我が家に導入してみたい!」って思ってみる事も大事だと思うんです。建築業界で働いていて思うけど、慢性的に人手不足のため、とにかくみんなマッハで仕事していて、新しい商品の導入をどんどん検討していくっていう事ってなかなか難しかったり・・・。(だから、((言い訳がましいんですけどっ))そんな商品あるなら先に知りたかったわぁーというご要望にお応えするのがなかなか難しく、ピンポイントでこの時にこうできそうなやつ!と言われると思いついたりするんですが…)実際に取り付ける側も今抱えている現場で手いっぱいで、新しいものの施工技術を身につける時間がない。(太陽光に関する設備は電気屋さん泣かせだわ・・・ゴメンナサイ)件のスピーカー付きダウンライトも、本体の配線が先に必要。(そうだろうなァ)そのため、木工事に入る頃には付けるか付けないか決まってないとダメな事だったんです。(そして発注しとかないと)これを付けるために、こうしてこう固定してっていう打ち合わせをしたりっていう準備もありますしね。もちろん、情報過多・製品過多の現代、「ありすぎて悩む」事も多いので知識を付けることが純粋に良い事ばかりじゃないとは思うんですが…。(さっきの照明だって、そういうのがあるって知らないままだったら後悔も何もない訳で)「情報」や「比較対象」があるから満足・不満足が生まれるのも事実。このことは、現代のいろんなものにも共通しているように思えます。育児ですら自分の子供さえ見てたらそんなに悩まないもんね。あの子にはこれができるのに、うちの子にはできない!なーんて、比較があるからこそ悩んじゃうものだもんねぇ。だけどねっ!子育ての例でいうと、一個何かできるようになったら「わー!こんなに成長して素晴らしい!この子は天才だ!将来何になりたいっていうだろう!ワクワク」って、子供の幸せな姿を想像するとちょっと心がほっこりするように、楽しい未来を想像するということは基本的にワクワクするものです。 (将来何になろうが実はあまり関係なく)家づくりもやっぱり、これ使えるかな?こっちどうかな?って考えたり悩んだり、ワクワクしてドキドキできる、そんな時間すら「家を建てる醍醐味」だったりするんですよねだからやっぱりお客様にもこういうワクワクはたくさん感じて家づくりをしてほしいなって思っていて。もし使いたいことややりたいことが見つかったら、「これやってみたいけど難しいでしょうか?」と声をかけてもらえたら嬉しいです。(※どーーーうしても構造的に無理な事もあるから、その時はスミマセンって言いますね)そうやって一個ずつ、一緒に考えて家を作っていけると言うのが、よいところでもありますからうまくいくこともうまくいかないことも話し合って共有していけたら良いなと思ってます。というわけで、「使いたいもの」のご検討は早め早め〜〜がオススメですっっっさてさて!!で、現場に戻します。我が家に大工さんが入ったのは雪解けも進んだ3月21日。(気持的にも小春日和)↑足場工事の日。奥に見える木材が、土台の木材です〜すっかり春の北海道ですね。あまりにも待ち遠しくて、現場に到着した棟梁の梶田さんが、NHK大河ドラマの新選組!!の土方歳三に見えました~っ(笑)↑「待たせたな」 です(笑) (えぇーっみんな知らない?!このネタ!!!)コンクリートの基礎に、土台というわれる木材を引いて、(※2×6工法という、柱と構造用合板を組み合わせて作っていく工法なので)土台が敷き終わった後はクレーン車が登場なんですが…。ハイ、もちろんオチご用意してますよ(笑)。3月23日のクレーン(建て方)の日。三月下旬に係わらず、雪雪吹雪・・・(そしてクレーン初日は中止に…)結構な積雪…。※ちなみに、雨・雪の影響をご心配に思われる方がいたらと思いこれも書いておきますね!住まいの水先案内人 木材が雨にぬれると…クリックすると「住まいの水先案内人」さんのHPにジャンプしますよ。こちらに面白い実験がありますが、多少の雨・雪であれば、乾燥木材は時間をかけて元の乾燥状態に戻ります~。(もちろんあまりにひどい雨雪の場合工事は延期されます)木ってそもそも雨ざらしで育ってますもんね。雨、湿気には強い素材なんだと思います。2日目は晴れた〜 雪は積もってるけども〜(笑)せっかく春が来たと思ったのに、辺りは一面冬景色戻ってしまった三月下旬なのでした。。。ちゃんちゃんいいけどさ、うちらしくて…。大工さんのこれからはまた次回にこうご期待公式ページはこちらからどうぞ!株式会社キクザワ0123-32-2440

      4
      テーマ:
  • 24Aug
    • 台風対策。(豪雨時にはトイレの逆流にご注意ください)

      こんにちは最近インスタを個人的に始めてみたんですが、デンマークの方からメッセージが届きました。「やぁ。他のプロフィール写真はないのかい?」開口一番それ…。「自分の顔が嫌いなんで載せてませーん」「そんなことないよ!my dear. 君がキレイな事は僕にはわかるんだ!」オー外国人!!マイディアーって初対面の人につかうんかいっ(日本人は正直引いてまう。)旦那に話したら、「新手のオレオレ詐欺かもよ!」と言われました。笑。そうじゃないと思うけどあまり気持ちのいいものではありません。困ったものです。さくまですこんにちは。さて、明日から北海道に台風がダブルで直撃しそうです。現場も、足場シートを外そう!配管部分に養生を!とバタバタ動いています。なんだか異常気象ばっかりで、心配性の私としては、この先が不安になってしまう事ばかりなのですが、そうも言っていられない。不安を打ち消すために「解決策」と「対処法」がわかるとちょっと楽になりませんか?(私は結構楽になる!!悩んでるだけよりちょっとマシ程度に)ということで、豪雨被害でもし、「浸水!」という事態に直面したら、こんな対策がありましたのでお知らせいたします。トイレやお風呂場の排水管から水が逆流する事がありますので、「水嚢(すいのう)」をご用意ください。40~50ℓの厚手のごみ袋にお水を入れて、配管部分をピッタリ覆うようにおいてください。(多分隙間ができると意味がなくなると思われます)・トイレ・お風呂・洗濯用排水口このあたり。玄関からの浸水対策にも、水嚢は使用できます。土嚢やプランターを上手に活用しても大丈夫です。いざという時のために、ハザードマップもご確認ください。ジャパンホームシールドさんHPよりご確認いただけます。↑地盤サポートマップから、浸水予想地域、緊急避難場所ご確認いただけます。(とても便利です。)クリックするとジャンプしますよ。備えあれば憂いなし!!!!よろしければ下記もご一読ください。「家庭で役立つ防災」 国土交通省大変な時代ですが、この困難にもめげず、私たちはたくましく生きていかねばならないのですよね。しなやかでありたいものです。公式ホームページはこちらからどうぞ(株)キクザワ0123-32-2440

      3
      テーマ:
  • 06Aug
    • ここがヘンだよ!現代の家づくり。(※8/7追記あります)

      こんにちは昨日東京に出張に行った部長から「34度を初めて体験し、暑くて死にそう」と事務所にラインが入っていました…。聞いただけで暑そうです。(名古屋からきた章太郎君は、32度が涼しく感じると言っていました…恐怖!!!)そういう私も、昨日フェリーで知り合った方から「外国の知人と会うのに今時期の日本は暑すぎるから、北海道で会う事にしましたよ。」と言われましたが、どうかな~、最近北海道も結構暑いですからね~それでも夜になると涼しい分、北海道はまだ過ごしやすいでしょうか?(昨日夜はすでにひんやり秋の気配…)彼女のファーストミーティングin北海道がうまくいったことを願っております(部長無事に帰ってきてね)さくまですこんにちは。今日、社長のお客様との初回面談に、入社して3年目にして初めて同席させてもらいましたっっ(少しずつお客様との打合せも勉強していきたいところで)もちろん三年間、勉強会などを通してキクザワの家づくりを勉強してきた社員なので、わかっていることもあるのですが、お客様に向けての説明に改めて「なるほどーーっ」という事もたくさんありました。その中で私が、今日一番「そうなのーっ!」「私たち消費者側からするとそこがわからないんだよねぇ」(家を建てる施主側の立ち位置として)と思ったのは、「建築資材すべてにおいて言えることは、どれも良し悪し一長一短あるということです。例えば断熱材一つにも、グラスウールを使う、ボード系の断熱材を使う、ウレタン系の断熱材を使うなど種類があって、それらを使っている会社の営業は、自社の資材が一番だ、これが一番良いんだとしか説明しないんですよ。これが一番素晴らしい、デメリットのない最高のものですよというものは、家づくりにはないとも言えるんです」と。。。そうなんですよ!!!ここなんですよ!!!!各社で違いすぎませんか?「高性能グラスウールで内側に140mm、外側に付加断熱で90mm」「高性能クグラスウール内側140mmに、外側はボード系断熱材で50mm」(※これはうちの会社の例です↑)こう説明があっても、どちらが断熱が良いの?というところが分かりにくいというか。(※2 ↑この例で行くと大体断熱指標UA値としての数値は同じくらいにおさまります)それもそのはずなんですが、断熱材の種類と性能別の数値表、専門書で4Pもあるんですよ。グラスウール、ロックウール、インシュレーションファイバー断熱材、ビーズ法ポリスチレンフォーム、押出法ポリスチレンフォーム、硬質ウレタンフォーム、ポリエチレンフォーム、フェノールフォーム、吹き付けウレタンフォーム、ボード系もPSF、ウレタンフォーム、フェノールフォーム…各種に、1種だの2種だの、3種だのあって、そのなかでも1号2号 A1だのA2だの、ほんっとーーに種類が多すぎます!!!!!こんなんです。プロでも、表を見ながら熱伝導率と厚みを確認していかないと、パッとどっちのほうが性能が良いですとお伝えする事も難しいです。(たまに社長みたいに、グラスウールいくつの何ミリとフェノールフォームのいくつの何だから、性能的にはこっちの方が上になるなどと頭の中で計算しちゃうある種の奇人もいますが・・・たぶんこういう方、すごく珍しいと思います…。)だけど現代の家づくりでは、みんなまずネットで情報収集できますよね。結構いろんな情報が飛び交っていて。例えば断熱材ならウレタンがいいよ!現場発泡で施工ムラが少ないんだから!とか。グラスウールがいいよ!燃えないんだから!とか。ボード系ががいいよ!大工さんの腕に左右されないんだから!とか。外壁の耐久性ならタイルがいいよ!メンテナンスフリー!とか。いやいやいや、みなさんからの情報と、各社での違いが多すぎて何がなんだかわからないし信憑性がないと思いませんか???しかも建材一つ一つでそういう情報が多すぎて。。。家ってものすごい資材と工法があるわけで…。私自身が自分の家づくりの時に、この情報の違いと各社の基準の違いで、結局何がなんだかわからなくなってしまった経験があって、「で、結局何が一番いいの???」と考え迷路に迷い込んだ身。だから社長の言葉には、すとーーんときました。一つ一つに一長一短。各社の営業さんは良い部分しか伝えないだろうけど…そもそもいいことといいことと 悪いことを天秤にかけたときに、「自分の会社ではここの部分が良いと思うから、この方法がベストだと思っている」と自分たちの選択したものに自信を持っていかないといけないので。間違えているわけじゃないんですよね。「これはここがいいんだな。でもこういうデメリットもあるんだな。それでもこの方法でいくのが、うちには一番ベストなんじゃないかな?デメリットを承知の上でもうちはこれでいこうかな」って選択していかないといけないことなんだなと。この人のこの話はちょっとわかるかも!と。納得できるかも!と。その信頼も大事ですよね。いや正直、家づくりって人の話を聞けば聞くほど、知れば知るほど、わからなくなるものなんじゃないでしょうか?だからたまには、ネットでたくさんある情報に、背中を押されて選択できることも多いんじゃないかと。家づくりだけじゃなく、全てにおいて最近その傾向が強いかもしれないですね?「私のこの結論は間違ってないよね」という不安から、答えを認めてもらえたことへの安心感が強くてつい検索を繰り返しちゃうような。(私は子育てで、この情報の多さに失敗しました(笑)。)きっと、書いている側は、「この選択が良かったんだよ!だから間違えて欲しくないからお知らせするね!」という優しさからその情報を書いてくれているのかもしれない。だから、その情報は単純な嘘じゃないのです。(と、私は勝手に思っております)ただ、「私にとって、この時の、こういうシチュエーションですけれど。」という前置きと、が欠けちゃっているだけなんですよね。家づくりは高額になるので「失敗できない」という思いから、この「他人の体験談や情報を検索することで背中を押してもらう」という傾向が顕著なのかもしれません。検索にも、良し悪しはあります。根拠は。理由は。誰が書いたものなのか。結局突き詰めて行くと、各研究者やその道の第一人者の文献や言葉によるものが、信じられる一つの手段になってくるのかなぁ?(※論文なんかも、出典の記述が必要なように)ネットはあくまでもネットでの情報ということだけは理解しておかないとですよね。出典や根拠が不明な分。日本の現代の家づくりは、まずこの「信憑性や、その根拠となるもの」が曖昧だから難しいんじゃないかな???(他の国だと、使える資材にも限りがありますし…そもそも新築が少ないからこんなにバラバラじゃないような気もします)(皆まで言うとさらに混乱してしまいますが、学者さん同士でも見解が分かれることもあるから…。)ただ一つだけヒントがあって、数字はあまり嘘をつけないということ。UA値Q値C値このあたりの、すまいに関する数値。特にC値は測定でしか出せないものなので、少し信じても良いかと思います。(UA値C値に関しては、計算だから計算方法の違いでちょっと変だな〜ということもたまにあります)ここで注意いただきたいのは、数字は「全部」じゃないんです。↑書く事書く事に「ただ」とか「でも」がついちゃうことばかりで心苦しい…。(計算方法も厳密にいうと、性能数値、仕様数値でいくっていう選択ができて、例えば窓なんて、本当はサイズと種類で熱貫流率が一個一個違いますが、全部を細かく入力しないである一定のサイズまでは代表値で計算してもOKというルールがあったり。)こういう数字のことばかり考えてると、その家づくりってワクワクできる???となっちゃうのも一つの事実。数字を良くするためには、窓を小さくする?吹き抜けをやめる?リビングを区切る?という風に制限が出てきちゃうのですが……そういう家づくりになっちゃうとちょっと偏りすぎちゃうのかな〜?って。例えば車を選ぶ時に、燃費だけで行くのか、カッコいい車でいくのかも違いますよね。どちらを重視するか。燃費も良くてカッコいい車だったらベストだけど、車が好きな人には自分なりのポリシーがあるじゃないですか。そこにその人だけの、ワクワクできるポイントがあるんですよね。そのワクワクを満たせたとしたら。燃費がいいのが好きな人は走行距離に満足できて嬉しいだろうし、カッコいい車が好きな人は、多少燃費が悪くても走っていて楽しいだろうし。各個人で満足。車だって色々ありますもんね。最後は自分のポリシーを満たしてくれる車かどうかが一番大事なんじゃないでしょうか?乗ってて楽しいと思うためだったり、自分の思う目的を満たすためだったり、車に望むものは個人で違うものでしょうから。家づくりも同じなんです。いや、むしろ車以上にとにかく色々種類がありすぎると。だから、お客様にはまず、「ワクワクポイント」と「自分のポリシー」をハッキリさせると良いのではないかな???と思うんですよ。(不思議なのはクルマは何となく目的に応じての使い分けや買い分けがあるけど、家にはそれがないこと。性能で行くならどこどこの家がいいし、デザインで行くならどこどこがいいよっていう明確なブランドがまだ定着していないのが家というもののような。)こうなってくると最終的に一番信じられることは、「その会社の家づくりが好きか嫌いか」であり、「ワクワクできるかできないか」でしかなくって。そして、「相性」でしかないとも私は思います。だって、建材も工法も設備も、そもそもの選択が多すぎるのですから。その根拠たるものは、日本では年々良いものが開発されたり、見直されたりして変わっていくくらい変化の激しい世界だから…。話を聞いて、相手の会社の選択しておススメする工法と素材を信じて、その時に一番、自分たちの良いと思うものを、自分たちのポリシーのもと自分たちの決意の下に選択していくしか、正解はないんじゃないのだろうか。だけどその時に、その道の第一線で勉強を続けている有識者の見解ってとても参考になるから、だから勉強熱心な会社の話を、フラットに聞くって為になる事なんだと。そう私は思いました。良いところも悪いところも伝えて、選んでもらえる「自由」がある会社で良かったなとも思ったりします。オチのない記事になってしまいましたが…私は私個人として、うちの会社の家づくりが信頼できるから好きで、私には合っていたなと思うのですけれども、わたしの感じたような「好き」が、お客様にとっても最後にどーーんと背中を押してもらえたと感じられるような。「ここで家を建てたい!」と思えるような、魅力もだったり。相性の良さにつながっていけたら素敵だなと思いました。お客様の家づくりへの、「一番大切にしたい想い」はなんですか?性能?素材?デザイン?ワクワクするのはどんなポイントなんでしょうか。お客様のお話を、どんどん私たちに聞かせてくださいね。※追記ですが、この間読んだ家づくりに関する本、一般のお客様にもわかりやすく記載されていてよかったのでご紹介しておきますね。エコハウスのウソ (増補改訂版)前 真之 (2015年12月 日経BP社)前先生の講演は何度も聞いておりますが、これからのすまいの入門編に一般のお客様にとってもわかりやすいかと思います。(でもまぁ、エアコン暖房に関して等、見解が異なる問題もありますので、あくまでもこの年の前先生の見解によると、という理解のもとよろしければ探してみてくださいね。)一眼レフ勉強中!!!(笑)!今日から俺は!(笑)今日の打ち合わせは、人見知りだった娘さんが、最後にはニコっと笑って一緒に遊んでくれただけで、さくま感激!!!お会い出来て嬉しかったです公式サイトはこちらからどうぞ!!(株)キクザワ北海道恵庭市黄金中央2丁目3-150123-32-2440自称 「お客様に一番近い工務店社員」さくまでした

      13
      テーマ:
  • 04Aug
    • 逆誕生日プレゼント!(笑)

      ちょっとすずしげな夏のプレゼントをどうぞ今日、もう嬉しくない誕生日を迎え、ちょっと早い夏休みを取らせてもらいましたもちろん天気は悪いです(雨女だから)が、暑すぎなくて気持ち良いです!!明日帰ります〜私が困ってしまったら、必ず助けてくれるその優しさに私はいつも救われています。感謝の気持ちで一杯です。

      テーマ:
  • 03Aug
    • 南幌きた住まいるビレッジNanporo project 英語版お知らせ(news)

      こんにちはこう暑いと昼からビールでも飲みたくなっちゃいますね。(私だけ?)今日もかんぱーい!!!さくまです、こんにちは。南幌きた住まいるビレッジ大好評公開中です。5日日曜日には、南幌体験ツアーもあるそうです。(※募集は締め切りました)翻訳してもらい(姉に(笑))、外国のお客さまにもアピールしていくことにしました!(本州の方の別荘にも良いかも…)日本全国から注目を集めるプロジェクトなので、こういうアプローチもいかがでしょうか。↓せっかくなので全文公開します。↓英語得意な方はぜひ読んでみてくださいNanporo x Architect x Local contractorMidorino in Nanporo-cho, Kita-smile village / Nanporo-cho, Midorino Kita-smile villageNanporo – a cute little town with great view of vast rice fields. Surprisingly, it’s only 35 minutes away from Sapporo (which makes it easy to commute to any office in city). This town has been getting more and more attention these days; It’s a great place to build a family while the father works in an office in Sapporo, as there are plenty of nature and time to enjoy for the rest of the family.“Midorino Kita-smile village” is a new type of show homes that suggests a unique and fulfilling town planning in Nanporo; Architects who are a member of “Kita-smile group” (which is top listed homebuilders in Hokkaido) and local contractors put their talent together to build these houses. 6 different pairs of an architect & a contractor had planned and built their original show homes, and the whole thing finally had its grand opening on June 2nd, 2018! Open x Closed A little house with a big roof The house KIKUZAWA and SA Design Office had built together is the 100㎡ wooden flat one with a carport, which is located on the south east corner lot in the village. This house is not only high functioning but also hybrid; they used their original construction method that allows it to have the flexibility in the design, alongwith the two-by-four method that gives the house high durability. This house is like 3 little home-like spaces under one big roof. They alternately placed an open area and a closed area just like how a barcode looks. This is to make the flat building with a south opening look livelier. On the north side there is a deck, which feels like an intermediate area between inside and outside, and that is perfect for a children’s play space.They used a variety of natural material from Hokkaido such as the pure wood flooring and has successfully achieved their planning to put inside and outside together as a whole. This is a new way of living in a country side. Also, people can use this building as a little store or a community hall, which enables everyone to enjoy their hobby more.This show house is different from usual ones; It will become for sale for 29,800,000 yen after the open house. Also, the town on Nanporo is offering a subsidy to support families with little kids (up to 2,000,000 yen) and you can also apply to another subsidy from Hokkaido housing corporation to get 50% off on the price of the land in Kita-smile village. This must be the time to obtain your dream house if you are hoping to cut the cost! You can purchase this show house! & There are various subsidies available! Time to get your own house!! Please feel free to send us any inquiry, this won’t last long so act now! We can only accept English inquiry other than Japanese. Please send us an email to china@kikuzawa.co.jp*It may take a little longer than usual to respond due to translation process. Foreigners are welcome to purchase this house. Ask your bank for information regarding housing loans etc. Please note that there would be other fees and interests such as registration fee etc. 翻訳作業をしてもらいながら、実際外国の方からお問い合わせきたら、登記や不動産取得税や固定資産税、そもそも住宅ローンなんて私対応できるのでしょうか…。(翻訳作業はカナダ在住の姉にお願いしています…)色々勉強しながら、いざとなったらみんなで考えていきますさて、事務所の方はお盆前の期間中に終わらせる工事に向けてダッシュ開始中です。私の個人的な前半戦終えてみての雑感ですが…。色々ありましたが、走り抜けた2018年前半でした…(本当は6月で折り返しかもしれないんですが、私の中では8月の休みを挟んで後半戦!というイメージです)またしても出しゃばらなくていいところで出しゃばってしまったり…個人的に私を知ってるお客さんだと、わかってもらえるかもですが…最近自分を知りました。まっすぐにしか生きていけないようです(笑)←いまさら!!!!高校の世界史の先生に、バレンタインにチョコレートをあげたら、ホワイトデーに「これは僕の大好きな詩集です」と一冊の詩集を頂きました。(今考えるとなんてロマンチストな先生なんでしょう(笑))それが茨木のり子さんの、「おんなのことば」という小さな詩集だったんですね。「ことばことば おんなのことば しなやかで匂いにみち あやしく動くいきものなのだ」何度も何度も繰り返し読み返したので覚えちゃいましたが、リズムを持っているからか、すーっと入ってくるんですね。その詩の中で、「生きてゆくぎりぎりの線を侵されたら言葉を発射させるのだラッセル姐御の二丁拳銃のように百発百中の小気味よさで」という一節があって。そうなのね。今の世の中、言葉はものすごく軽くいつでも世界に向けて発信できるものなんだけど、ホントはここぞっていう時に、人の心ににがーんと響く、重みをもっていないといけないと思うのです。この詩が、紆余曲折ありすぎた私の人生の中で唯一、ずっと変わらずにある人生の指標みたいなもので。私があえて長文で何かを真剣に答える時は、私にとって(ある意味で)この詩の通り。願わくば、わたしの発信する言葉が思いのまま伝わると嬉しいのですが…。やっぱりそれは、いつも難しいです。おっとっ!若干脱線してしまいました茨木のり子さんの詩は読めば読むほど響くので、ご興味あればどうぞ。全文載ってるサイトを発見しましたよ。うざね博士のブログお盆前にまた更新しますね最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

      テーマ:
  • 09Jul
    • OB会 ありがとうございました~っ!!!!!

      こんにちはーっOB会にてお会い出来たお客様も、タイミング悪くお会いできなかったお客様も、ありがとうございました今日は一日、昨日のOB会の後片付け。毎年、後片付けしていると浮かんでくる言葉があります。「夏草や  兵どもが  夢の跡」(カーーーッ※ドラマSPEC風(笑))いやいや、跡形まだめっちゃあるけどねーっ!と頭の中でツッコミを入れつつ、ひたすら拭き、ひたすら洗い、ひたすら整理しましたさくまです、こんにちは。片付けていくって作業は、仕事だと楽しいものです(笑)OB会楽しかったな~。おかげさまで事務所の方はだいぶ片付いてきました。今年はMさんという協力な助っ人がおり、人手が多いので大変助かりました!!!一緒に洗い物してた会長も嬉しそうでした(笑)。thanks!さて!!!!OB会!!!天候の変化で開催2日前に会場を変更するというトラブルもありましたが、おかげさまで無事に開催することができましたー!!!!!恵庭は今日も小雨がぱらついたり…明日からも雨マーク…。だからほんとに奇跡みたいな晴れ間だったんですよね。天気予報では雨だったし、覚悟してたんですが。(そのため急遽予定していた砂場コーナーは、ドロドロになっちゃうのでやめたくらいです~楽しみにしていてくれたおともだち、ゴメンね~)紆余曲折ありましたが、今年も約760名のお客様をお迎えし。社員一同、皆様にお会い出来てとても嬉しかったです。こうしてみると、蛍光黄色のシャツが眩しすぎる…(笑)社員は蛍光黄色、スタッフさんはオレンジだったんですよ〜。よーく見るとこんなデザインです。袖のところは、踊ってる人のシルエットが可愛いでしょ?!?!(笑)地味にスタッフさんはまた違うシルエットになってました!背面の、コーラから溢れる大工さんグッズとボトルは、実はどこかの学祭のクラスTシャツのデザインを、私なりに……「家づくり」的にアレンジ。スパナやらレンチやら、穏やかじゃないですね(笑)。百パーオリジナルのデザインじゃないんですが、まぁまぁ、文化祭みたいな内部イベントなのでこれもよしとしてくださいませっっっ!!ちなみにもう一つ隠された秘密をお話しすると、背面の英文は、「ようこそ!今年もこの季節がやってきました。キクザワOB会にお集まりいただきありがとうございます。年に一度、今日だけは無礼講で、食べて、飲んで、笑って、たくさんの思い出を作ってくださいね。最高の一日になりますように。また来年もこの場所でお待ちしております。」と、「英訳して?」とカナダ在住の姉にポーーーーンと送って、帰ってきた返信をポーーーーーンとそのまま記載してます(笑)(笑)(笑) 私には電子翻訳機より早い翻訳マシーンがついております(笑)。どんとこい。屋根のある建物があったので、設営側も助かりました!大盛況!!!今年も皆さまありがとうございました〜っ私個人の今年の感想と反省はこちら…。今年は色々な思いや時代背景を鑑みて、マイカップ(コップ?)持参で皆様にお願いしたわけですが、ご協力いただきまして、中にはジョッキ持参されているお客様!タンブラー持参されているお客様!水筒のお客様!紙コップをおかわりできちんと再利用していただいたお客様!もうホントーーにありがとうございますおかげさまでこちら!じゃーーん毎年4箱がほぼ空っぽになる紙コップなのですが、今年はこんなに大量に、約半分の2箱が余ったんですよー!!!!(毎年余っても袋一本か二本だけです)皆様のご協力のおかげですありがとうございましたーーっ!!!!いや〜しかし、ビールはジョッキだとホント美味しそうに見えますね。事務所みんな言ってました。「ジョッキいいよねー」って。来年から私もマイジョッキにしようかなって思ったくらいです。あとは、フリーテントサイトは、もう少し広くても良かったかな〜と。これは数年前の大雨のOB会の時の教訓が皆様あるのか…。(テント(屋根)のある席が少ないとのご意見が…。)年々、テント人口増えてます。。。最近はアウトドア好きの方も多いし、運動会やらキャンプやらバーベキューやらで、タープかテント、もってたりしますもんね。まぁ、タープだと荷物多いし重いし大変になっちゃうので、各テーブルにパラソル用の穴があいてる事もあり、ビーチパラソルお持ちの方は、普通のテーブル席にビーチパラソル使用!でもかえって身軽かもしれません。せっかく芝の会場なので、(※もし来年以降も貸してもらえるのならばですけれど、)将来的に、フリスビー、外遊びゾーンとか、ドッグランゾーンとか、各々で楽しんでもらえるようなフリースペースを増やしてもいいかもですねドッグランは個人的には良いなぁと思うのですが、細かく考えると、食品も扱うから難しいのかしら???来てもらうワンちゃんたちには予防接種をしてもらわないとダメになっちゃうかしら???来年以降のためにちょっと研究しておきますそして私一昨年、(すごく酔っ払って)勝手に司会に参入したのがキッカケで、去年から、ゲーム、ビンゴの司会に組み込まれたんですが…去年炎天下だったこともあり、こんにちはー!!と声を張り上げた瞬間に、声が枯れて咳き込むという経験がトラウマになり…(笑)今年は喉を酷使しないようにキンキンした声でサブ司会してました。(声が小さかったといわれました)お聴き苦しく申し訳ない限りです・・・。こそっと顔を出したうちのテントで娘に会ったら、よそ行きの顔で「さっき、ママの声聞こえたよ?」と言われたもので、「なんて言ってた?」って返したところ、「よんじゅーーーろくバァァーーン」ですって(笑)。あぁ、ビンゴね……。(なんか他にもっといい事覚えててくれないものなんでしょうか)しばらく言われそうです、46番…。色々あったけど、最後にもう一つだけ感動したことを書かせてください!スタッフサイドのことなんです。関連業者の皆様の働きっぷりにはとにかく頭が下がりました。駐車場係の方ちゃんとお願いしたわけじゃなかったのに、車の出入りが落ち着いている時間帯、率先してゴミ拾いしてくれていたんです。おかげさまで、会場内のごみほとんど落ちていませんでした。例年みんなが帰ってからやるこの作業を、してくれているのとないのでは大違いでした。ピザ係の方長蛇の列ができてしまって、お客様をお待たせしてしまっていたのですが、今ここっちのこれだったらすぐお渡しできますよー!と、華麗なトークで誘導してくれたようで。(この方、キッチンメーカー クリナップさんの伝説の営業マンなんです。このあたりのお客様対応は「さすが」と言わざるを得ないです!)ピザコーナーは、ピザ釜が一台しかないので、毎年お待たせしてしまうんですよね…。(ピザ釜社長の私物で、結構高額なので「私も買うんで来年から二台で行きましょう」とはなかなか言えない(笑))ビール係の方私がこっそりおかわりをもらいに行くと、お客さまへの視線は外さずに、さっ、ささっ!!こそっ!!!っとおかわりを注いでくれる。このあたりの心遣いもまた、「デキる大人」。ホント感服でした。子どもゲームコーナーの方特に何を伝えたわけでもないのに、みんな例年子供コーナーなので手慣れてて、勝手にゲーム組み立てて設置してくれました。ダーツの位置が、後ろで作業している人に危ないって気づいて、こっちに移動あっちに移動など、現地で判断していただき大変助かりました焼き鳥係の方汗だくになって焼き鳥焼いてくれました。毎年焼き鳥コーナー、熱さとの闘いなんですよね。忙しかったから、ビール飲みながら焼けなかっただろうな…。焼き鳥おいしかったです食べ物コーナー同様に、・ジンギスカン(野菜と肉の配合?がバランスよくナイス!!!年によっては、野菜ばっかりになったり肉ばっかりになったり、人員配置が変わると大きく影響します)・焼きそば(私は食べられませんでしたが、主人がおいしかったと言ってました!)・ミニフランクなど揚げ物コーナーかき氷、ジュース… あげればキリがないですが、美味しいごはんごちそうさまでした。物販ブースの方なかなか申し伝え出来なかったけど、ちゃんと現地判断でお客様対応していただきありがとうございました。音響さま毎年ご協力いただいております。新しい会場に急遽変わったことで、スピーカーの位置やボリュームなどご負担おかけしたかと思いますが、ばっちりでした!!この日のためにごご協力いただいた、すべての皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございましたーーーっ今年のOB会はいかがでしたか?皆様、お楽しみいただけましたか?ぜひぜひご感想お聞かせくださいアンケートもありがとうございました!来年以降の参考にさせていただきます。株式会社キクザワ0123-32-2440

      9
      テーマ:
  • 07Jul
    • OB会の開催と雑感

      こんにちは。相変わらず歯の治療中(歯を足してます)なんですが、起きたら欠けていること二回…。もうここにきて歯を直すのは無理なんじゃないかと思ってきました(笑)さくまですこんにちは。明日はとうとうOB会です。全国的にひどい雨ですね…。毎年開催する会場のグラウンドがあまりにもドロドロになってしまったので、これは一体どうしたものかも一同頭を抱えました。テントも張れなさそう…。「もうこの会場で開催するのは難しいか…」「でも今から新しい場所なんて手配できないだろう」「今年の開催はあきらめたほうがいいんじゃないか」そんな考えすらよぎったほどです。恵庭のいろんな場所を走り回って、あーでもない、こーでもないと、偶然見つけてくれた会場!!!!!(ひろしさん、しょうたろうくん、社長 グッジョブです)ちょっと屋根もあります。物販とか、お子様コーナーはここで出来そう。なんたって、前のグラウンドより格段に水はけが良い!!!寸法を測って、ゾーニングを社長が3時間くらいで仕上げました。すごい。すぐできちゃうのがすごい。偶然に偶然が重なったんですが、会場も空いていて無事にお借りする事が出来て。。。明日はなんとか開催することができそうです―――っ!!!!!よかった!!!!!!この日に向けて調整してきましたもんね。明日はみなさん楽しんでいってくれたら嬉しいです。ただ明日雨かもしれないので、・あたたかい恰好!!!(着替えがあってもいいかも。)・雨具(傘、カッパ)・タオル(椅子もテーブルも濡れちゃってると思いますし、体を拭くためにも必要です!)・ビニール袋・ゴミ袋(おしりの下に引いてそのまま座るとおしりが濡れないと思います!)・ホッカイロなどなど、雨が降っても大丈夫なようにご準備いただけると嬉しいです。なかなか北海道に夏が来ない…。ここからは私の個人的な感想になります。なんだか書かずには落ち着いていられず、、、書くことにしました。一昨日、昨日、今日、と・・・全国的な大雨で、各地大変なことになっていますね。ニュースを見るたびに胸が痛みます。なんだかしんどいです。あー、もうやめて…。お願いだから雨降るのやめて、これ以上悲しい事が怒らなければいいのにな、日本は、世界はこれからどうなってしまうのかな、、、なんだかそんな事をもやもやと考え続けていました。こんな時だから、OB会開催のことをお知らせするのもなんだか苦しく。ここ数日そんな感じだったんです、実は。でも、心待ちにしてくださっているお客様たちにも、この日のために1本1本焼き鳥の串を刺してくださった業者さんにも、むりを言って分けていたO様の、ピザのトッピングのベーコンも…野菜も、食材も、景品も、お米も、お手伝いのために貴重なお休みを割いて準備してくれる方たちにも。。。顔向けできない。思いに応えるために、中止にはできない。これだけは、みんな共通の気持ちとして心の中にあったんじゃないかと思います。だから会場を変えてでも、何としてでも開催にこぎつけました。個人的に連絡先を知っているお客様に会場変更のご連絡を入れる中で、一人のお客様から、「大変な状況ですが、OB会が開催できることに感謝です」とお返事をいただきました。この方は私が心の底から尊敬している方で。感謝という言葉には、「有難い」=「ある事が難しい」という意を含んでいる気がして、ハッとしました。一言に重みがあるのです。私はつい、自分の弱さを吐きだしていました。「ありがとうございます。皆で励みに頑張ります。個人的な事ですが、ニュースを見て震え、未来の地球が不安ですが、この時代に生まれた以上は悲観しても仕方のない事でしょうか…。当日は、暖かい服装でお運びくださいね」そうお返事しました。普段だったら言わないんですけどね…。なんの前フリもなくいきなり悩み相談され、お客様もご迷惑だったことでしょう。(なかなか真剣にお話しできる相手もいませんし…準備で疲れて気弱になっていた勢いなのかもですね(笑))そうすると、お客様からお返事がありました。「いつの時代も、不安な事は起きると思います。腹を据えて、不安を飲み込む気持ちで進んでいきたいと思っています。」そうつづられていました。そうか。私は、今の時代に生まれたことが、どこか苦しいと思っていたんだな、と。希望を見いだせないからかもしれません。最近異常気象ばかりで、どこかで悲しい事が起こり……何年たっても改善されるどころか、その予測はつかず、むしろ状況が悪化していくこと。ノストラダムスの予言じゃないですが、ホントに世紀末なのかななんて思ったりします。だから自分に何ができるんだろうとか、どうしたらいいんだろうとか、なんだかずっと考え続けてしまっていて…。災害が起こると、いかに、人間がちっぽけな存在かを思い知らされるというか。祈ることしかできない。祈っても、届かないかもしれない。それでも、祈ることしかできないのです。「いつの時代も、不安な事は起きると思います。腹を据えて、不安を飲み込む気持ちで進んでいきたいと思っています。」お客様からいただいた言葉には、こんな私の心の曇りを晴らす力がありました。そうなんだよな。世の中は動くよ。と。それに対して、自分のあり方を変えることしか人には出来ないんだよ、と。あとは天に采配を任せるしかないような。どんな時代だって、「不安」や「困難」はいつもあったはず。今、私たちの向かうものは自然災害になっているかもしれないけれど、一つ前はそれが戦争であったこともあっただろうし、その前は、幕末の動乱であったり、関ヶ原の戦いであったり、一個人にはどうにもできない問題があったのかもしれない。こうなるとできることは、やはり、1日を懸命に生きること以外にはないんだろうなと。不安だ、心配だ、それで何を変えることもできないのならば。やはり毎日をコツコツと、できる事をやるしか、人にはない気がしたのです。だから自分の心に負けないように、不安ですら、懸命に生きるための力に。お客様はこういう事を教えてくれたんだな、と思いました。そんな事をぼーっと考えて帰宅していたら、クラクションが鳴って、ハッと隣を見ると、またしても大好きなお客様ご家族が!!!「さくまさーん! 車見たら、さくまさんかもと思ったら、そうだったんでー!!」そう声をかけていただいて。どんなに嬉しかったか。どんなに励まされたか。このタイミングでお会い出来て嬉しかったです。すごいですよね。私はホント、お客様にたくさん力をもらっているなーと思ったんですよ。だから。。。やっぱり、私は、私にできる懸命に生きる一歩として、明日!精一杯走り回りたいと思いますっぜひ皆様の笑顔を見せてください。初めての会場で、皆様にもマナーのご協力など、うるさい事をお伝えすることもあるかと思いますが、こうして明日無事に感謝祭を開催できる事の奇跡を心から感謝し、お会いできる事を楽しみにしております!雨具完全防備で!暖かい服装でお運びください!株式会社キクザワ0123-32-2440

      3
      テーマ:
  • 06Jul
    • OB会、危機!

      こんにちは。今週末は、お客様感謝祭(通称OB会)という、会社、関連業者さんを挙げての一大イベントが予定されています。キクザワで家を建ててくれたお客様に感謝を込めて盛大に開催するお祭りです。食材も、バスも、会場も、景品もずーっと前から手配してきました。が。が。。。が。。。雨…。雨なんです!!!!今週の北海道はずーっと雨。約5日間降り続いた雨は、いつもは乾いているグラウンドを、あっという間に底なし沼へと変えました。雨の上がった昨日も水ははけないまま。開催できるのか?!?!どうなるっ次回へ続くっ

      1
      テーマ:
  • 22Jun
    • カインズホームさんの収納グッズがとっても優秀!という話。

      こんばんは〜っ歯の治療中で、うまく発音出来ません慌てて電話に出たら、「もひもひ、株式会社キクザワのさくまでふっ」となり、思わず自分で吹き出しました(笑)ご、ごめんなさい…。さぞ驚かせたことでしょうさて、今日は収納のお話っ常務は整理収納アドバイザー 二級取得で一級のペーパー試験合格(あとは実技のみ)。私も地味に整理収納アドバイザー二級という資格があります。私はそもそも片付けが苦手だったので、この資格を取ったんですけどね…自分のために…(笑)。何せ、もともと片付けられない女だった私でして…。(※この当時の家はバラエティーレベルである意味ネタですが、、、時々、片付けられない芸能人の番組を見ていると、昔のワタシと同じようなレベルで、可哀想で見ていられず。。。)今も「仕舞う」のがあまり上手ではないんですこれはもう性格の問題かも…。洗濯物も、干すまではやるんだけど、、、その後乾いたものを畳んで棚にしまうのは旦那にお願いしたり。(そんで、「娘のあの服どこにしまったか分からないんだけど!!」とあたられたりする可哀想な旦那… ←ゴメンって…)で、私は考えました。そもそも、「畳んで仕舞う」という手間を減らそうと(笑)。それがこちら。家族分、ハンガーのまましまえるファミリークローゼット!!!!(ぐるっとパイプ走ってます)これがうちではかなり重宝!!便利です、我が家の生活スタイル的には!作る側の大工さんには「究極の横着者」と言わしめたこのスタイル(笑)そして脱衣室の脇に、ダボという金具で調節できる棚がありまして、(ダボ棚)ここにはナイスな収納ボックスがずらり。手前側が開くので、引き出す必要などがなく、靴下や下着など、ぽーーーん!と入れて上手に隠せます!!!磁石でフタがくっつくスグレモノ。(※一番上が旦那、次が私、その下が娘で、下段はタオルと雑巾で、小さい幅のものが靴下、大きい幅の物が下着肌着類です)脱衣室には物干し(ほし姫サマ)があるので、ピンチハンガーに吊るしてある、乾いたものは、一歩も歩かずしまえるという便利な家事動線となっております!!(常務thanks)これなら畳むのが苦手な私でもなんとかなるわけです(笑)。色を統一すると、見た目も悪くないですよね。キッチンカウンターの収納もこんな感じ。これは本棚になっていて。普段は引き戸をこんな感じでずらしてます、(お客様には本しか見せなくて済みます。)反対側も同じ収納グッズを使用しています。※箱一個一個でしまってあるものは違うので、ラベルをつければ使い勝手として完璧です!この洗面所とカウンターの収納グッズはカインズホームさんのもの。「キャリコ」という人気商品のファブリックのものと( ※後日追記 脱衣所のものは「出し入れ簡単収納ケース 」というものみたいです。下のがキャリコの布のものでした。)カウンター収納には、「インナーボックス」のハーフというものを使用しています。品揃えも豊富なので、自分が欲しい材質のものを探せるのもカインズホームさんの利点!!!整理収納アドバイザー目線で見ても、かなり優秀ですっ!!!!!私個人の意見ですが、収納の一番大切なところは「適材適所」かと…。しまって出しにくいものだったら意味がない。ここはどういう動線でどういうものをしまいたいか、それによって使いたい収納グッズって変わってくるんです。例えば先程のの脱衣場のもの。湿気がたまりやすいので私は布製のものをチョイスしました。プラスチックのキャリコは、子供部屋のおもちゃの収納に使用してまして。こちらは何段か重ねて使いたいので、プラスチックの方が適しているかな〜と。場所に応じて材質を使い分けております。(ラベル製作中なので、まだまだ不完全ですが…)詰め込みすぎてバランスが悪く、開けた時に雪崩になって落ちてくるような収納なら意味がないですし、片付ける意欲を維持するために、見た目がキレイっていうこともやっぱり大切だと思うし。主婦的には百均も充分優秀なんだけど、「これ高かったから大事にしよう」って思うためには百円だとなかなかハードルが高い。百均だと、「百円なら、ダメになったら買い換えればいいや」って思ってしまいがちなんですよね。その考えは個人的にはオススメできないのですー。となると、やはり収納のために初期費用はかけるべきで、その点においてカインズホームさんのグッズは痛し痒し!!値段と使い勝手のバランスがめちゃくちゃ良いんです家を使いやすくするには、絶対に「適材適所に、しまう技術+ものを増やさず捨てる技術」が必要。物にも「帰る場所」を与えてあげるのが大切だと思いますっモデルハウスみたいな生活なんて、理想ですけど……。なかなか実際には難しいですもんね…。内モンゴルで「物」のない生活、枯れてしまった木の再生の大変さを痛感した私としては、やはり物資豊かな日本には「使い捨て」ではなく、、、「良いものを長く使い続けられる方法」をもっともっと伸ばしていってほしいな〜っというのも正直なところだったり…!生きてく以上難しいのですけどね。と、そんなわけで!新居の入居前にはぜひ、収納用品もご検討くださいね〜っ公式サイトはこちらからどうぞ!!!株式会社キクザワ

      8
      テーマ:
  • 15Jun
    • さくま家、家を建てる。vol.11 「ZEH」のつくりかた②

      おはようございます。最近社長に会うと、「どうした?怖い顔して…」と声をかけてられることが増えてきました。社長、聞いてください。ワタシ、地顔です。(※健康状態も良好で、機嫌も悪くありません、お腹も空いてません)強いて言うなら、もう三十路半ば…。抗えない重量の影響で、最近口角が下がってきまして…。なんとなくほうれい線が現れるお年頃…。社長、、、社長と私が初めて会ったのは、私が中学生の頃でしたね…。しんみり…。非常に、しんみり…。非常〜〜に言いにくいんですが、あの頃で私の顔のイメージ固まっておりませんか?!?!顔のイメージも更新が必要です!はい、さくまです、こんにちは。(口角上げてこ〜)過去の記事はこちらから。第一回  私がキクザワを好きな理由こちら第二回 土地探し編こちら第三回 地鎮祭編こちら第四回 ドキドキ地盤調査編こちら第五回 考え方の違い編こちら第六回 基礎着工編①こちら第七回 基礎着工編②こちら第八回 間取りとテイストについて考える。こちら第九回 ZEHという選択こちら第十回 ZEHの作り方①こちらよろしければどぞーっさて、ゼッチの作り方後半戦です。ちょっと専門的な話になりますので面白くないかもしれませんが、ご興味のある方はお付き合いください。前回の前段階を踏まえた上で具体的にどういう手順で計算していくのかというと、図面の確定↓居室と非居室の面積の確定↓外皮性能の計算(UA値)↓一次エネルギー消費量の計算↓ゼロエネ計算書の作成と、いう流れです。(外皮計算は専門家に任せて良い部分なので、お願いしてくださいネ。出来ないことはないですが、各種断熱材の熱還流率や熱橋比など少し時間かかると思います。)ゼッチの計算で、なんでー???と思う事は色々あるわけですが、居室と非居室の面積ここ微妙にポイントです。前回チラッと書いた通り、今一次エネルギー消費量の計算というのは、建築研究所さまのツールを使って計算します。ここの4.1の項目からこちらのツール、簡単に説明すると、ゼッチの5項目である、暖房冷房給湯換気照明+創エネ設備(太陽光発電など)の使用設備、各種仕様を選択していくという内容になっております。LED使用、とか、換気システムは何を入れるよ、とか、消費電力や熱効率などを細かく入れると入れるほどエネルギーは低く計算されるようなイメージでしょうか。(ベルス等の審査に出す時には、根拠になる書類をつけなきゃいけないので、大変になるのですけど…)この計算には、主たる居室その他の居室非居室という分類があって、主たる居室はLDKなど、ご家族がメインで過ごす空間その他の居室は、和室や寝室など非居室は、物入れやトイレ、洗面、お風呂場などと決まっており。暖房器具の選択で「ダクト式セントラル空調機(ヒートポンプ式熱源)」だけは、全館暖房と認められているのですが、それ以外の暖房器具の場合は、主たる居室、その他の居室は暖房するけど、非居室は暖房しませんよ〜という計算に自然となってしまうのです。とすると、主たる居室その他の居室ここの面積が小さい方が計算上有利なんですね。暖房しなければいけない面積が小さい=暖房用エネルギーが小さくなるっていうことなので、省エネになるという形なんですよ〜あら??キクザワって全館暖房じゃなかったかしら???高断熱高気密だから、家中どこも同じ温度。でも計算上は、「居室しか暖めない」となってしまう…。ん?ホントにあってる?だってホントは全館暖房よ???なんとなく、計算と実際が合致しないような印象を受けませんか???そもそも、高断熱の高気密のキクザワのおうち。玄関とリビングって、大抵のお家で建具は付いていないんですよね。玄関ホール。それで吹き抜けもあり、階段から二階のホールまで繋がっている…。そうなると、玄関、ホール、LDK、階段、吹き抜け、二階ホール ここまでが全部「主たる居室」として計算されてしまって……そうなんです!暖房用エネルギーがめちゃくちゃ大きくなってしまうという訳なのです!!!こういう間取り、実はゼッチには不利…。あくまでも計算上の問題なんですけどね。だから、我が家は玄関ホールとリビングを区切るためにバカでかいガラスの建具を導入しました。そしたらホールの面積が減るので、主たる居室がちょっと減ります。これ。大変だったのよ〜(高いし…)一枚だけで80キロあるらしいのよ〜建具屋さん8人くらいで頑張ってつけてくれたんです。オシャレで気に入ってますけど…。カッコいいけど。。。が、普段使うかと言われると。つ、使わない…。全く使わない。。。奥の部屋にお客さんが来て音が気になる時だけでしょうか。だって閉めても閉めなくても、室温全く変わらないですもん!!この建具だけは、ゼッチにするために無理した部分なので、アース21、PVさんの見学なんかでは内情を知る方々から「よくここまで頑張ったね…」「これ実際使ってるの?」と同情された部分でもあります。うちは、屋根5.2kw カーポート2.61kwとたくさん太陽光載ってるんですが、「主たる居室」が多くなってしまうキクザワのデザインを妥協したくなかったためでもあり。ゼッチはやりたいけど、間取りのことで我慢したくなくて。。。でもガラスの建具入れなかったら、主たる居室が大きい=暖房用エネルギーが大きくなる、で、こんなに太陽光載せていても100パーセントのゼロエネ計算が達成出来なかった訳で、、、うーん、ガラスの建具カッコいいしいいかぁ〜!入れよー!と決めたんだけど、普段使わないことを考えると…微妙でした。(北海道2地域で100パーセントのゼッチやるって、結構大変なんですよ〜関東でゼッチを購入した友人に聞いたら、4キロちょっとで100パーセントなんだとか…。羨ましいな〜それだと建具云々で悩むまでもないですよね。今日九州の方のお話を聞いたら、仕様などはわかりませをわが、5キロの太陽光で毎月平均8千円くらいの売電収入があるのだとか。 それはゼッチにするよね!個人的な感想ですが、暖房で光熱費がかかる北海道にこそ、軽減する一つとしてゼッチは非常に有利です!!)だから、作り方とか書いておいて北海道ゼッチ限定トークみたいになっちゃうんですけど!!!でも今日たまたま、LCCMというゼッチの最終形態(※ここまで来るとやはりフリーザ様のよう…)の話を聞いたところ、LCCMの計算ではこの主たる居室を小さくする設計が必要なようなので、あながち本州でも使えなくはなさそう!もし、エネルギーが大きいからゼッチクリアできない!なんて相談を受けた時は、非居室(ホールや階段など)とリビングは空間を仕切るという方法をご検討されても良いかもしれません。よろしければお試しくださいね〜!公式ページはこちらからどうぞ!株式会社キクザワ今茨城県から帰ってきたよ〜明日は運動会!母も頑張ります。よい週末を!さくまでしたぁ

      6
      テーマ:

プロフィール

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス