こどもを・・・・に!! 道に迷い中version

こどもを・・・・に!! 道に迷い中version

将来こどもに世話になりたい馬鹿親が自己日記として記帳します。

我が家(2018APR)

長男くん・・・4年生    次男ちゃん・・・2年生

長女さん・・・年中     次女さま・・・年少

嫁・・・育児大変/LaQプレイヤー  わたくし・・・この先の道がみえない。。


最近の一言

「将棋は指して楽しむのではなく、真剣に指すその姿を眺めて楽しむものである」と棋力向上をあきらめたわたくし・・・・




テーマ:
568
まだまだ続く忙しき日々。

しかーしながら、将棋教室のブログに上級講座の風景の写真がアップされる、いやーー、羨ましく妬ましい。ヨダレが落ちそうな教室風景であった。

そんなこんなで土曜日と言えども、サボっちゃいられない。夕方に名古屋で仕事の野暮用が出来てしまったため土曜日教室には行けなくなった。ので、長男くんを連れて電車で名古屋栄将棋道場に行ってみる。仕事中は道場に長男くん放置。

道場としては4ヶ月ぶりの栄将棋道場入場。今回は初めて親子で電車で行く。JR岐阜から名古屋駅へ、地下鉄東山線に乗り換え2駅で栄駅に、13番出口から出て徒5分ほど。名古屋駅での地下鉄までの移動を長男くんに任せる。今回ので電車ルートは把握させたと思うのではあるがやはり、携帯電話ぐらい持たせないと1人ではいかせられないか・・・


道場は今日も大繁盛でした。半分弱は未成年って感じかな。通わないと昇級するのは難しいと再び感じた。完全に私見だか、2級以下はそこまで棋力の差があるように思えず、いいタイミングで勝ち星を拾えるかが昇級の分かれ目のような。勝ち越していれば昇級ではなく、5連勝or8勝2敗という条件がある。長期の棋力の提示が必要だ。まぁそれが出来ないということは適正級か。

なんだかんだで4連勝して昇級かと思いきや3連敗。。こんなもんである。終わった後には対局カード見ての確認。対局最中は確認せず。最後に1個白星をつけておいて帰途につく。次はここから4連勝か7:2すれば昇級となる。ふー。


とまぁ初めて電車で往復し、中抜けして名古屋駅まで戻りひと仕事のルートが終わった。感想的には車の方が気楽だーー。。荷物も置けるし休めるし、名古屋駅から考えても結構歩いたし・・・
岐阜駅までの移動、電車の待ち時間、徒歩の時間、全てを考えると家からなら車の方が早い。


とそんなこんなで夏休みに行われるSクラス講座に申し込んだ。また棋友たちと一緒に行けそうなので楽しくなるだろう。

昨日はダイソーで買った知恵の輪3つで楽しんだ。意外と面白かった。


扇子も増えた・・・







テーマ:
567
異常に忙しくなってしまっている今週。そして体調を連鎖反応のごとく崩していく子どもたち。。

そんな中に行われました、第23回中日新聞争奪将棋大会。Sクラスレベルは併設の第72回アマチュア名人戦にエントリーをする大会です。
よって中日新聞杯のカテゴリー分けはA、B、小学生高学年、低学年となりました。

わたくし、一仕事をこなした後に会場に到着。長男くんは最近の恒例のなったような感じでスポ少を途中抜けしてばぁばちゃんに送ってきてもらっています。

着替えずにきているので、毎回同じ服になっています。そろそろ「赤い悪魔」とか呼ばれるほどになってほしいわ。

棋友FKとともにBクラスでエントリーしていた長男くん。

棋友FSは高学年。どのクラスにエントリーするかは本当に悩む。

心の底から賞状は欲しいが、やはり上のカテゴリーに・・挑戦・・・・葛藤葛藤。


そんな中。1局目開始。60才ぐらいの方かな。負けてはしまったが、十分に時間を使っていい対局のようだった(いつものごとく盤面ではなく、遠目からの顔つきやら雰囲気、経過時間からの感想)。

イヤーな予感はしたが第2局目は棋友FKとの対局(1敗同士)となる。前回の一宮大会でやったばかりなのに・・・

熱戦。勝った。将棋教室では負けてばかりだが、大会では勝っている、ということでイーブン。。

その後、大会自体の進行がグダクダになり対局待ちの子やら、表彰を待つ子やらなんやら増え始め騒がしくなる。

名人戦が行われている横でそんなんなので、ちょっと悲しい。。

お昼を挟んで、急遽エントリーしていた棋友FSの父との対局となる。力の差があったようですんなりと負けた。親として羨ましい棋力である。すいません、長男くんよ。

その次は勝ち2:2で今回は終わり。

長男くんより強いと判断できる子が3人は高学年エントリーしているので、なんか大会の進行や、入賞する喜びのテンションアップの効果も考えると本気でエントリーカテゴリーを再考する必要があるように思えた。決勝戦レベルではBクラスレベルの対局になるのだからBエントリーじゃないほうがいいのかと。。

全く敵なし、っていう棋力なら上のカテゴリーだろうが、まだまだそんな棋力ではやいわけで。。

そんなことを悩んだ大会でした。って会場内の待ち時間?なんの時間だ?これ?で記入中。





テーマ:
566
なんかとっても忙しい1週間となりブログが10日ぶりとなる。

わたしが忙しいということは、脳内詰将棋のお題が出せない訳で、昨日ようやく3手詰ハンドブックIの180問目が終わった。


明らかに想定外の遅さになってしまった。読みなら1時間で終わる棋書になっているのに、関ヶ原イベントの前日から始めたから、1冊に16日は費やしている。平日は5問だけでも出題を。。宿題が多い!!!子どもの頃にこんなにあったかな?長男くんに出題して、そんなに時間はかからずに答えるのだが、配置を読むときに少しでも気を緩んでいると盤面がズレているようだ。ほんのわずかなことでもそれが生じている。本人的にはウッカリと言うが、集中するということの大切が側から見ていてよく分かる。周りがうるさい(日常だが)とか、テレビか何かに目線を移す等の環境の邪魔が少しでも入ると間違えている。


パーフェクトに問題を聞き入れた時は、悩みなく答えている気がする。気がする、と何回も繰り返しているが間違いないだろう。


わたしの画像コメント欄への駒配置の入れ込みは5手IIの150問を超えた。あと少しだ。うん、頑張っている。

奥様との高速棋譜並べもすっかり日課として定着した。寝る前に3〜4局。日課なのだが隣の部屋で聞いていて、毎局、長男くんと奥様がもめているのが気になる。そんなところに駒はなかっただの、上がるなの?寄るなの?とか、毎回もめている。

うん、毎局なので結構気になるのだが、口を挟むとトバッチリを喰らうので黙っておこう。


こんな感じで親が手伝うとどうしても互いに甘えが出てしまう。こちらサイドも甘えさせてしまう。結構頑張ったから漫画見ていいよ、とか(ワンパンマンを勧めてしまって長男くん愛読中)。



などなど困っていたところで、我が柴山教室の生徒限定講座が普段長男くんが行っている教室場所でも行われる可能性が出てきた。4月から遠方教室で開催されていて羨望の眼差しで、いいなぁー。ってちょくちょく話させていただいていた。講座の高度な内容的にもトップレベルの子がいる方面の教室じゃないと開催する意味が取れないのがよくわかる。
参加人数やその質を保つため等の条件が関係するため、プレで行う、夏休みだけとかの一定期間だけかも知れないが講座を受けられるのはとても有り難い。。

長男くんの棋力で多分ギリギリ参加が許されるかなぁーラインだ。開催日までに振り落とされないようにしっかりと棋力をあげる。

やはり、「先生」からの指導というのは意識レベルからも身に付き方が違うと思う。しかも楽しいらしいからさらに力に変わる気がする。



下地があって効果があるものだから、それまでに家でも精進を続ける。現状は間違ったことはやっていないと思うので今やっていることに(もちろん脳内詰将棋は5手、7手と上げていく.順番に)、もう少しの激指の活用だな。


パソコンを買い換えてから激指レーティングを新規で始めて現在最高レーティング更新中。しかし点数が下がるのが嫌なんだろうと思われ、レーティング戦はあまりやっていない。嫌なことはやめておこうという私の方針もあるため、激指を使用する時は指導対局でのマッタありの対局が多い。

そんなこんなで色々と積み重なって棋力は上がっているみたいだ。


嫌なことはやめておこうという私の方針、と自分で書いていて、あぁ、長男くん、将棋は嫌じゃないんだなぁ、と私が自覚した。まあ、Loveでもなかろうが。

救いとして、岐阜の鬼っ子Yくんの新聞インタビューで「始めた頃はお小遣い目当てだった」という記事があったので救いだ。Y3姉弟が凄いので、うちの4兄妹も1人ぐらい鬼っ子にならないかしら。

藤井聡太7段なんかはきっと違うんだろうな〜。始めた頃から将棋Loveだったんだろうなぁ〜。


兄のユニクロシャツを被っていたのを見てキキっぽかったので、折り紙でリボンを作りセロテープで頭に貼り(この手抜き加減、将来怒られそうだなぁ)、調子に乗せて写真撮影。わたしは魔女よ。そして群がるバカ兄弟。ジジだそうです。この後、普通にバカ兄弟にパンチしていた。


次男ちゃんも元気です。字が異様にキレイだったり、ゴミのようだったり。なんか絵が上手になってきました。夏過ぎには覚醒するかな?天才とバカは紙一重・・・









テーマ:
565
子どもの小学校で将棋をやっている子がおらず、今年も団体戦出られず。


教室内の子たちのレベルが軒並み向上しているため、今回の団体戦は盛り上がりそうだ。優勝候補筆頭は紛れもなく抜きん出てはいるが、今年は波乱があるかもと・・・

とまぁ、羨ましく思っておりましたが同じ日にお隣の一宮市で将棋大会が開催されるとのことでそちらに参加してみました。


テーブルマーク大会を除けば初めての市外遠征将棋大会です。駅の中の立派なビルの7Fで行列の受付の中エントリー開始。


1,2年生、3,4年生、5,6年生の小学生枠とC(級位者),B(二段以下),A(三段〜)枠。合計で200名枠とのこと。


小学生枠は各20名。受付とほぼ同時に枠が埋まった感じでしたが、エントリーが予想外に多かったのか調整が入り最終的に3,4年生枠は28名で対局開始となりました。これまた団体戦に出場できない棋友Fくんもエントリーしています。3年生なので対局する可能性あり。決勝戦で当たれば嬉しいが(超ご都合主義)そんなドラマチックにはならないか。

1学年下の鬼っ子Kくんもいましたが初段ですのでBクラスエントリー。


ゲスト棋士は平藤七段、大石七段。開会の挨拶の後に希望者すべてと写真撮影あり。プロは大変だ。なんと撮影した写真を全員に配る大盤振る舞い。

さぁ、いつもと違う雰囲気及び綺麗な会場です。対局者もいつもの名前は少ない?なんか知っている名前多いな・・・。小学生は対局時計なし。25分の対局時間とし対局者同士の呼吸で上手く時間内に対局しなさいと。


勝者は両者の対局カードを受付に持っていく。


第一局、対局開始・・後手番・・・時計がないせいか手が早い・・・不安・・・長男くん対局カードを持って受付に・・・第一局勝利・・・取り敢えず安堵です。


ほかの対局時間も見ててわかりますが、棋力レベルはかなりの乱高下がある模様。


第二局は全員の対局が終わるまで始まらないようです。テーブルマークもそうだったかな。


空き時間でFくんとVS。。・・・これは止めなくていいのかな・・・。

そして第二局開始。もう、盤面にかかわらずハラハラします。遠巻きに顔をチラ見するだけ。。

駒台の駒の数を比べて素人判断・・・いけるんじゃないかな、いけるんじゃないかな・・・

行けたーーーー!!第二局勝利。
、そして昼飯に。。なんと500円の参加費で弁当付き。太っ腹な一宮市。


Fくんと並びで昼食。↑この後の第三局で対局することになろうとは・・・知る由もなかった。。

この後わたしだけ別の場所でモスバーガーでお昼にしてから会場にもどると、Fくんと対局中。。。

もう、そりゃ直視さえ出来ませんよ、こんなん。。

はらはらどきどき。Fくんの親御さんもはらはらどきどき。

いやぁー。ホンット嫌だなこれ。決勝ならなぁーー。。

多分ここ最近だと85%は長男くんが負けてるんじゃないかと思うぐらいのFくんの棋力アップなのですが、今回の対局はうちのラッキーメンが勝利となりました。

終わった後の長男くんの疲労困憊具合が、(少年特有の演技も多大に含んではいるのでしょうが)対局の激しさを物語っていました。

持ち時間内では終わらず、30秒将棋になりました。

負けたFくんは涙・・・

その後の4局目に負けた長男くんも号泣・・・

どうやらFくんとの対局で力尽きたとの本人談。

そのまま5局目も負けてしまいました。結果3:2です。


優勝したのは4局目の岐阜県の子でした。よく岐阜の大会で名前を見る子です。

Fくんは長男くんに負けただけの4:1で終わりました。


あぁ、三局目に対局組まれなければな〜、決勝で当たってればどっちかが優勝できたなぁ〜〜とかの都合のいい妄想でテンションを張りなおします。

上位5名ほどは団子状態な感じでした。



Kくんみたいに上に上に挑戦していくのが将棋道でしょうが、もうちょっとだけ初心者気分で一喜一憂して楽しもう。




いそのー、キャッチボールしようぜ、レベルで普段から将棋がさせればなぁ〜。。
VS Kくん  iPad盤にて。。




って書きながら、先生のブログみてみたら今日の岐阜県小学生団体戦の記事がアップされていた。。

・・・
・・・

ちょーーーー楽しそう。。
優勝チーム三連覇です。しかしながらやはり、なんかとても盛り上がった感のある対戦表と結果が・・

この中に混ざって爪痕残したい。。














テーマ:
564
長男くんの通う将棋教室では4月から生徒限定で講座が行われています。


かなり高レベルな内容でついていける下地がなければなりません。


長男くんならギリギリまぁ、と思っていたりもしましたが、開催場所が我が家から遠く、また開催日が平日のため、なんだかんだやっていると帰宅する時間には就寝時間を大きく超えてしまうため不参加です。


参加している棋友親さんや先生に内容を聞いて真似事を家で頑張るスタンスで我慢しております。高速棋譜並べもどきみたいに。。


そんな中、先週末に棋友親さんと話をしていたら教室講座の脳内詰将棋コーナーで盛り上がったと聞きました。誰々が凄い〜〜とかとか。楽しかった〜〜とか。。脳内詰将棋?目隠し詰将棋?略して「脳詰め」と言えるので脳内詰将棋で。


とても楽しそうに感じましたので、わたしの僻みが発動。。いままで手出しをしていなかった練習方法ということもあり早速導入いたしました。


都合のいいことにわたくし、全巻揃えた詰将棋ハンドブックシリーズの全問題をデータ画像にしてiphoneに所持しています。写真のコメント機能で解答の記録もしております(自分の勉強用)。この度、さらにコメントで駒配置を記録いたしました(まだ3手詰ハンドブック2冊分のみ、4日目でこれだけ入れ込んだので、これでも大した物だと思いますが・・・自画自賛の努力)。


例えば、こんな感じの問題画像なら↓



【玉方】21金 31玉  42金【攻方】23馬 【持ち駒】金 桂

↑これをコメント欄に打ち込みます。そして長男くんに「問題です、ジャジャン!!「ぎょくかた〜〜21きん、31ぎょく〜」」と読み始めます。
長男くん「43桂、同金、41金」と答えます。


金曜日から始めまして長男くんスラスラと解いてくれますので涙涙です。出来ないわたしから見るとちょっと感動します。どうやら3手詰ハンドブックレベルであれば脳内の盤面は鮮明なようです。結構な会話を途中で挟んでも駒は散らばらないようです。

10問やってて一問ぐらい悩みますが、そういう場合は盤上の駒のズレが起きているらしくもう一度問題を確認して修正すれば問題ないようで・・・1コマズレていた等々←この発言に対し仮想の将棋盤のズレってなんやねんと、仮想将棋盤のないわたしは思ってしまいますが。。


他の将棋勉強と違って集中していなければ(聞き耳を立てていなければ)ならないため、集中力散漫な長男くんも聞き取り時には真剣です。他の修行とは少し毛色が違います。


長男くん、3手は苦にならないようですが、せっかくだから合計400問をやってから次へと。。マニュアル人間のわたし。。なんとか今週中には400問クリアをしてとっとと5手に。現在101問まで完了。4日目。


わたしのコメント記入は5手の60問目ぐらいまで完了。結構シンドイ。ちょっと浮気して5手詰みの最初の方の問題を3問ほど出したら、3手と変わらずに解答してくれました。各ハンドブックシリーズは40問目までは簡単な問題になっているので舞い上がってはいけないが、嬉しい誤算です。やるじゃん長男くん。。こっちも打ち込み頑張るぞっと。。


実際のところ、画像があればその都度画像から読み取って読み上げればいいので、コメントに配置の記載はしなくてもいいのですが、こちらが素人なので問題読み上げ時に言葉がつまらないように、長男くんの修行をスムーズにしてあげるためにも一生懸命に記入しています。上の画像はかなり簡潔な駒配置です。盤上にに10駒ぐらいあると文章にしていないと綺麗に読み上げられません。


また、記載する事で奥様も読み上げが出来るようにとの意図がありましたが、結局、詰将棋だと駒余りの手順とか、二通りの答えがある場合が存在するので、長男くんが駒余りの答えをした場合とかに正解じゃない理由を指摘して解答を待つためにもある程度の知識は必要になるため、わたしが問題読み上げ担当で固定です。


なによりも、1番の誤算は・・・

・・・

・・・

褒めすぎたせいで長男くんが楽しがっている!!


もっと問題をオクレ!!!状態です。


調子に乗りすぎてて少しだけウザいです。。。



こんな感じかな・・・

まぁ、勉強方の一つとしてかなりいいのではないかと。パートナーが必要になりますが。。それも献身的な・・・


ウザくても褒めてあげる。。




テーマ:
563
晴天に恵まれ行ってきました関ヶ原イベント。
いまだにイベントタイトルなんやねん?の状態ですが。

関ヶ原武将シリーズ第5段小早川秀秋 27日 参加棋士、

渡辺明棋王
野月浩貴八段
西川和宏六段
黒沢怜生五段
都成竜馬五段

山口恵梨子女流二段
里見咲紀女流初段

です。

長男くん、次男ちゃんで百面指しに参加。
見れました、渡辺明(永世竜王)棋王。

日曜日ですのでこんな時も長男くんのスポ少が終わってからの出発。。
人間将棋はほとんど見ておりませんが(ご飯食べてた、満席だった)、棋士観察を楽しみました。


やはり昨年10月のイベントは信長450周年で特別大きかったみたいです。県も出資?協力?。今回のイベントは町の予算でやってますよ的な。。まぁ、・・・屋台も前回の半分の半分以下でしょうか。前回がシャトルバス運行を出し二つの会場で行なっていますので比べるまでもないことなんでしょうが、前回が初参加なのでどうしても。。


しかしながら我が家のメインは百面指しなので十分にイベントを堪能できたかな。芸能人を見る感覚です。狭いホールでやっていましたので最初の挨拶時には目の前1mの距離で渡辺明棋王が喋っていました。


アメバでよく見る山口恵梨子女流二段を生で見れてよかったよかった。普段から人に見られている方だからでしょうか、雰囲気や所作等のすべてが魅力的でした。


今回は長男くん、都成五段の順番時に7手ぐらいの詰め筋をトトとんと(さも自慢気に)、参りましたを言ってもらえました。次男ちゃんはよくわかっていない感じで時間いっぱいまで指して終わり。8割強のお客さんが時間内には終局まで指せなかったんじゃないのかな。弱い強いとは別の理由で。長男くんのようにご機嫌で勝たせてあげるように指している棋士の方もいらっしゃるはずですので、イベント将棋は難しいのだろうな。





今回のイベント戦利品。

 とあともう一つあるのですがそれはまたの機会に。。


著名人って大変だなぁ〜ってのと、進行役も大変だなぁ〜って強く思いました。それがまぁ客商売のお仕事か。。


長女さんにamebaTVでお馴染みの山口恵梨子を生で拝観させてテンションをあげさせようとしたのだが、幼児にはまだ無理な話しだった。。



これで盛り上がってた・・・
ずっと満足させ続けるのはどだい無理・・・



後ろに見えるステージでは絶えず戦国系演目をやっていました。武将系アイドルグループ?の握手や撮影やら、そちらの方が女子の集客を集めていました。


棋王と長男くん





今日1番の笑顔は公園での全力疾走でした。。

太陽の下の芝生っていいね。from陣場野公園。





テーマ:
562
ゲットした短地扇子が妙に気に入りました。

パチンって開かないのにちょっと残念と思っていたが、このサラサラサラ〜っていう開き具合もオツなものです。

前回のブログで、長男くんちょっと壁を超えて強くなったなぁ、って書きました。

忘れていましたが↑をあらわすのに将棋で良い言葉がありました。

「香車一枚分強くなる」

飛車や金駒だと言い過ぎで、歩だとあんまり。香車で表すのが1番適当な慣用句ですね。

対局の場合だと香車の駒落ち一枚分ですので2階級の差。1階級なら先手番渡しですので。

上に行くほど、棋力の上がり方は緩やかになります。3級から2級より、初段から二段は桁違いに難しいものです。

しかしながら、半年に一度、香車一枚分強くなってくれー。



ってな感じで書いていながら、24日の夜も楽天の将棋連盟ショップをのぞいたら藤井聡太六段扇子が再販されている。しかも売り切れ。24日販売分。18時より販売開始〜。

ぇーえーーー!。昨日もちゃんとチェックしていたのに・・・

当日更新、当日販売???

はぁー。世の中いろいろ狂ってる・・・
また転売されるんだろうなぁ・・・


忖度等々、あたり前だと思っている思想のわたし。そうやって今の社会が形成されていたのに、情報がツウツウになった現在、あら探しが簡単にできるようになり、なぁなぁですまされていい感じになっていた部分がダメになり、いろんなことがやりにくくなっていると思います。悪は悪だけど、なくなるわけはなくそれを良しとする場合もあるし、すべてが綺麗すぎるととても抵抗力がなくなっていく。まぁ、何言ってんだ、だが、タブーな部分にスポットを当てて話題にしていくと、成り立ちが崩れていくのではないのか。

と、扇子を買えなかったのでわけのわからない愚痴を少々。



まぁ、これがあるもの。。



長男くんに持たせようかな。。。




って現在、将棋教室の後ろで詰将棋とブログやりながら対局をツマミにコーヒーを飲んでいたら、長男くんが来たので扇子を持たす。恥ずかしいと抵抗したがそのまま持たせて対局開始。目立たないように控えめにお持ちになっています。手の中で弄んでいるので、まぁイトオモシロキ。。


追記
と、この対局の時に明らかに劣勢だと思いつつブログアップしていたらなんか自玉が相手4段目まで上がる粘りで、相手を詰ませた。お父さんその一連の流れをちょうど見ていたので、思わず涙が出そうになりました。

その次の対局で扇子の位置が机の下より上に上がったのは言うまでもなし。。



テーマ:
561
記憶力が悪いため、ブログを書いている途中になって同じ内容を最近書いたと気付く今日この頃。

しかしまぁ気にせずにそのまま書きますけど。。


長男くんがぼちぼちとやっている将棋ウォーズで先週ぐらいに1級に昇級した。ちゃんと対局を続ければ、現状で二段ぐらいの実力はあるように感じる。


先々週ぐらいからひと壁超えたなって思っても将棋教室の子達も壁を超えてきているので、教室の勝敗結果には如実にはあらわれず、拍子抜けを起こしたりもするが、確実に強くなってきているとは思う。

同時期に将棋を始めた一学年下の棋友のFくんが、わたくしが入会した時の目標としていた一学年下壁っ子との対局で頻繁に勝利をするようになってきた。7:3とかの割合で勝ち越す感じ。。長男くんなら良くて3:7とかで負け越す相手だ。

使用している戦法の相性だとか、負けてきたからこの子相手にはこの戦法で、とか戦略もあるので一概には壁っ子とどちらが強いかなんて言えないが、確実に棋力を上げているFくんには負けないぞぉ〜ってなライバル心も芽生えてくる(主にわたしが・・・)。

でも、まぁ、普通っ子の長男くんも表にあまり出さないだけで、ライバル心みたいなもので少なからず燃えているような気もする、うん、そんな気はするのでよし。

ライバルがいれば共に壁っ子を乗り越え、鬼っ子たちに挑戦するのも漫画みたいで良い雰囲気か。。

望めれば、同じような成長スピードで棋力向上していただければ。。



先程届いたわたくしの今シーズンのメイン扇子↓


短地45間 シルク

100円均一との最初に感じた違い・・・竹の匂いがする。。

スッと開きます。構造上パチっとは鳴らないとは思います。だから棋士の扇子の中骨は少ないのが主流なのかと妙に納得。。










テーマ:
560
なにかで藤井聡太6段扇子が今週もネット販売される予定と聞き監視しているが、まだ楽天ショップにアップされず。

なんとかゲットしてみたい。


という感じで扇子を求めてふらふらしていたが、結局100円均一で3本買う。


家に帰りパタパタと開いたり閉じたり。やっているうちにどれもがこなれていい感じに。

日常的に使うのは、これでいいなぁ・・・安いし。。壊れてもいいし。。


高価な物の耐久性ってどうなんだろうかが気になる。


っていう1日の最後に楽天で良さげな1000円クラスの扇子を見つけたので楽天ポイントも使用して本日4本目の扇子(短地の45間)をゲット。


問題になっている、日大と関西学院のアメフト部のファウル実行者部員の会見をみた。

ものすごーい内容だった。

どのように収束に向かうのかがみえないです。。


長女さんの要望によりキッコロげっと。
もともとおりましたモリゾーとのツーショット。




とくに内容もなくブログ更新。







テーマ:
559
ちょいと前から扇子が欲しくて探している。

出来れば棋士(羽生竜王、佐藤名人、藤井聡太)の揮毫が入った将棋扇子が欲しい。


将棋連盟の楽天ショップをチェックしていても、ずっーと売り切れ。それなりにチェックしていたつもりだったが、16日に藤井聡太6段の扇子が販売されていた。当日の夜に気付くもすでに売り切れ。厳しい世界です。


長男くんの誕生日も近くなっているので、なんとかゲットしたいものだ。ネットは売り切れでも会館に行けば在庫はあるのかな?


まぁ、羽生竜王の対局中に使用している扇子がロフト購入品とかっていう情報があったので、実際に扇ぐにはそういう扇子の方がいいのだが、やはりモチベが上がりので棋士扇子が欲しい。。


岐阜にもロフトはあるので自分用にはタイミングをみて普通の扇子を買いに行こう。毎年使っているのは100円均一扇子なので今年はもう少し予算をいれて。。


扇子自体について色々調べたのだが、小難しい気持ち的な分け方も多かった。第一に江戸扇子と京扇子に大きく別れてからの・・・、茶扇子やら舞扇子、飾り扇子、祝儀扇と色々あり。


分かりやすいのは、骨が多い方が涼を取る目的メインで、少ないのは鑑賞とか儀式用だ。棋士の扇子はまぁ、その中間くらい、どっちつかずの扇子なのかな。。結局のところ使い方次第って感じもあるのであやふやな感じか。。


パチっ!と音が鳴るのは別に上等な一品というわけではなく、棋士にとってはそれがいい感じであるだけ。。鳴る、鳴らないは人それぞれの好みだ。


骨が少ない方が閉じた時の扇子の先の厚みが減るためとりあえずそんなんが欲しい。。外見上だけの話し。


扇子を所持しながら対局する棋士は減っているような感じだが、とりあえず持っていて欲しい。。
真似をしたいから。。






欲しかったーーーーーー。
だけどこれ系はメルカリでは買わない。。定価以上の金額は出したくはないなり。。





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。