ソプラノ歌手 加治屋菜美子 ~かじやなみこオフィシャルブログ〜

ソプラノ歌手 加治屋菜美子 ~かじやなみこオフィシャルブログ〜

ソプラノ歌手 加治屋菜美子(かじやなみこ)の音楽ライフ♪
音楽で幸せに満ちた時間を届けたい。



警察署からの電話に出てみたら



自分のズボラ具合は理解しているつもりでしたが


理解の斜め上をゆくズボラ具合を発揮してしまいました。



「いや、ほんまちゃんとしよ」

と思わされた本日の事件です。









基本的に知らない電話番号から電話がかかってきてもすぐには出ず(ごめんなさいあせる)、

どこからかかってきているのか調べてから折り返す事が多いんですね。


今日も同じようにしていたら










曽根崎警察署


え〜〜!!!

すぐさま思ったことは
「逮捕される?!?!ゲローゲローゲロー






そんな訳ありませんが、反射的にそう思ってました。

しかも私が住んでいるのは京都であって、
曽根崎は大阪。


全く検討がつかないけれど折り返し電話。



結局なんだったのかというと





〝 落とし物の連絡 ″




何も悪いことはしていないのに、
ホッとひと安心。滝汗


ズボラな私、「何やろな〜!」と悠長に構えていると









〇〇の契約書と〇〇の保証書です!




と言われ、一気に血の気が引きました。




あまり詳しいことは言えませんが、

とにかくとっても重要な書類です。



これ、何が恐ろしいかと言うと



連絡を受けるまでその書類が無いことに気付いていなかった



スマホやお財布みたいに毎日手にする物ではないけれど、

もはやそれ以上の重みがあるもの。


自分のズボラさというか、
適当具合というか


ほんと、心の底から恐ろしいと思ったのです。





整理整頓ができる人は

〝 モノの置き場所がすべて決まっている ″

というのを良く耳にしますが


私にはその感覚がありませんでした。


だから引越しを機に自分なりにモノの置き場所を決めていたつもりだったけれど…


つもりでは意味なかった…


特に、その日使っていた鞄の〝中身″ を元の場所に戻す習慣が無さすぎたのが原因。



改めますゲッソリ




ちなみに、なぜ京都での落とし物が大阪なの?!という謎は…


阪急の駅構内で落とした(おそらく置き忘れ)物は、最終的に阪急梅田駅に集められるそうで、

その取り締まりをしているのが曽根崎警察署だそうです。


今週中に取りに行ってきます。。。




ソプラノ雪の結晶かじやなみこ



*よく読まれる人気トピックス



*声楽教室ブログ



*各種リンク
▷ソプラノ歌手 加治屋菜美子オフィシャルサイト


▷ソプラノ歌手 加治屋菜美子YouTube

▷かじや声楽教室 レッスンのご案内

▷かじや声楽教室 Instagram