霜月の茶会

テーマ:
お天気に恵まれた今日は「霜月の茶会」へ。
敬愛する江戸千家流の先生の御宅でした。
 
もてなしとしつらえの素晴らしさはもちろんのこと、
待合や茶室、庭の美しさには
毎回うっとりさせていただいています。
今は開炉の時期ですので、心から楽しみに伺いました。
 
特に感動したのは
私の流派では見たことのない灰点前です!
(許可をいただいて撮影させていただきました)
 
{CACBCC81-8188-40B5-9234-F23675D5F7F5}

 

なんと、練香の代わりに生の菊の葉を入れるのです。

そして清めのお塩、火打ち石と続いて

まるで神事が行われているようでした。

火伏せの意味があるんですね。

 

菊の葉の香りが茶室に広がり、想像以上に良い香りでした。

あまりにも素敵だったので、

またこのお点前を拝見したいです!

 

ここのところ、様々な流派の方との交流をいただいているのですが、

このような違いが新鮮でものすごく楽しい!

と感じます。

流派を超えたつながりは私の価値観に合っているようです。

 

そしてご一緒させていただいたお客様との一期一会。

また一つ、楽しい茶会の思い出が増えました。

ありがとうございました。

 

{629F4162-BD60-4FAF-A663-5DE18209E2AB}
 
主菓子です。御製を忘れてしまったのですが、
とても上品なきんとんでした!

 

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

 
AD
昨日は関東では木枯らし1号が吹いたようですね。
 
森の中、
葉擦れの音を聴きながら歩いていたのですが、
肌に刺すような冷たさと相まって
冬の到来をはっきりと感じました。
 
暦の七十二候では、
「小雨時々降る」です。
秋の終わりに朝晩の冷え込みが増し、
小雨がポツポツと降る時期。
人や動物たちが冬支度を始める頃。
 
ここのところ、
小雨というより台風が多くて、
季節の移り変わりに鈍感になることがありますね。
 
そんな中ですが、明日からいよいよ霜月。
茶道では炉開きとなり、
茶人のお正月ともいわれる節目の時期です。
 
普段あまり意識することはないのですが、
茶人という視点に立つと
霜月は特別な時期として長年過ごしてきた
感覚があります。
 
しかし年末も近くなってくると、
慌ただしく駆け抜けていく印象があります。
そんな中だからこそ、季節を感じながら
毎日を丁寧丁寧に過ごしていきたいですね。
 
さて、本日のお菓子は「鳳林酥」ホウリンス。
このあり得ないほどシンプルなルックス!
だけど中の濃厚なパイナップルジャムが最高に美味です。
大好きな台湾のお菓子です。
 
{1B8AD0BE-3E37-4543-AFD7-80E1DBB81726}

 

本日も良い一日を♪

 

 

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

AD
自分をさらけ出し、生身で生きることは
リスクを伴います。
 
否定されたり、
周囲と合わせるようにコントロールされたり、
素直な自分でいることをよくないと思う人たちも
いるでしょう。
 
けれども私は、
こうやって否定する側にいるより、
どんなに傷ついても生身をさらして生きる方を
選択したいと思うんです。
 
なぜならば、年老いた時、
「傷つくことを恐れずに、もっとチャレンジすればよかった」
「あの時、もっと自分の喜びや気持ちを大事にすればよかった」
「もっとあの時、自分に勇気があれば・・・」
と、後悔したくありません。
そして後悔する人たちを増やしたくないのです。
 
否定したい人たちの声の奥に、
「ほんとうの自分でいたい、自分らしく生きたい」
というこころの願いがあるのはご存知ですか?
 
自分にOKを出せず否定している部分を相手に見ると
過剰にネガティブな反応が出てしまうのです。
これを「投影」といいます。
多かれ少なかれ誰でも持っているものです。
 
しかし自分にある多様性を認めることで
どんどん生き方が楽になり、
そして相手を受け入れやすくなるといわれています。
 
人に好かれるために、自分を周囲と合わせ、
考えや気持ちを隠しながら生きていくことに、
誰かを演じながら生きていくことに、
なんか違う・・・
なんか幸せじゃない・・・
もう疲れた・・・
と感じてはいませんか?
 
まずは「自分に素直になってみること」
ここに許可を出してみませんか?
 
 
{32D8AFF6-3D7A-434F-B9F5-CBD670B5E377}

 

賞賛に値するのは、
実際に行動した人物であり、

汗と血でまみれ、勇敢に戦い、
何度も間違いを犯して
成功にまで手が届かなかった人物であり、

熱意をもって身を捧げ、
有意義な目標に向かって全精力を使い、
たとえ失敗したとはいえ
果敢に挑戦した人物である。

その人物は、
勝利も敗北も知らない臆病者たちとは
一線を画している。

 

セオドア・ルーズベルト

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

AD

一期一会

テーマ:
本日、茶道の出稽古へ。
 
お稽古に来てくださっていたイタリア出身の方が
本日最後のレッスンということで、
まさに一生に一度の貴重な時間でした!
 
茶道をこよなく愛し、お仕事にもプライベートにも
全力でチャレンジされている方で、
いつも素敵な笑顔に癒されていたんです。
 
ご主人の転勤に伴い、日本を離れてしまいます。
とって寂しくなります。。
 
だけどこうして、日本の茶道を通してご縁があり、
平和で豊かな時間を過ごせたことに感動しながら、
改めて私が日本人だと感じた瞬間でもありました。
普段は意識することはないので、
不思議な感覚でした。
 
また、静寂な茶室の中で、
ひとつひとつ心のこもった丁寧なお点前と
立ち居振る舞いの中に完全な美と調和を感じました。
 
心が通い合い、平和な瞬間がここにあり、
まさにこれが一期一会だと思いながら、
私、生きてる〜!って感動しまくってました。
 
私の長年の流派では
「一碗からピースフルネスを」
ということばがあります。
 
まだまだ私には遠くて
手が届かないところにあるような気がしていたのですが、
まさにこのことかもしれないですね。。
 
国境を越えて
一碗のお茶を前に平和の心でつながる。
 
今日も幸せでした。
心に刻んでおきます。。
 
本日の茶花。七種。吾亦紅が隠れています。
名残の詫びた感じがたまらなく好きです。
 
{ED6F40C8-FDF6-4409-90CB-9C41E9BD1BB1}

 

 

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

急に寒くなりましたね。
身体はブルブル震えてるのに、
アイスクリームを食べてまた冷える・・・
という謎の行動が2回続きました。
 
頭がまだ夏と認識しているのでしょうか?
身体は秋を通り越して冬の感覚なのに。。
 
さて、やる気が満ち溢れる瞬間ってどんなときでしょうか?
 
色々な場面やきっかけがあると思うのですが、
私がよく立ち会う場面があります。
 
それは人によって勇気付けられたときです。
人は人によってやる気が満ち、
本来のパワフルなその人が現れてくる。
 
これを何度も何度も見てきましたし、
私自身も経験してきました。
 
評価判断なく、
ただただその人の存在が認められること、
これに尽きると思います。
 
私はこんな関わり合いができる人が、
人を勇気付けられる人がたくさん増えて欲しいと、
切に願っていますし、
今の社会、日本、世界に必要なことだと思っています。
 
枯渇した泉に生命力ある水が流れ出し、
行き渡る水によって全ての生命が吹き返す・・・
私にとってはそんなイメージです。
 
 
{0B697DD0-2A60-4D3E-A372-6F33FEFB3FBC}

 

私たちは、習慣として人の欠点を見つけ、

そして修正するように教えられてきました。

もちろん役立つ場合もあるでしょう。

 

でも傷つき、やる気がなくなってしまうことも

私たちは経験してきたはずです。

もうこのパターンはやめませんか??

 

まずは相手の欠点ではなく、いいところを見ていく、

素敵なところを伝えてみる、

ここからはじめてみませんか?

 

 

(こちらのフォトは私が好きな場所、瀧原宮の清流です。ブログでよく使用させていただいてます。)

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村