やった形になりまして。

テーマ:

昨日は、ムスメの卒業式を来週に控え、各賞のメダル授与式があった。この日にもらったメダルを卒業式当日にガウンの上からつける、そういう段取り。

 

 

朝8時15分開始。

ムスコを送ったその足で中学に行っても絶対遅刻する、という時間設定で、案の定遅れて到着。

 

 

保護者席は、両親で来てるもんやから、もうパンパン。よろしいな、アメリカ人の旦那さんたち、フレキシブルな会社にお勤めで。うちでっか?いつものアレですわ、出張中真顔

 

で、席がない。

そこへ、ボランティアの神のようなママが近づいてきた。

今日も授与式あとのドーナツタイムのテーブルセッティングを用意してくれていた彼女。席ないから、ここに一緒に立ってよ~ってドーナツ前に誘ってくれた。ここにも女神笑い泣き

 

コーラス、バンド、成績優秀者、大統領賞、アート賞など、それぞれ名前が読み上げられ前へ出て、メダルをもらうというシステム。

 

 

とにかく、先生、頭ひねって、「縄跳びが得意で賞」みたいな、全員が必ず1つは賞がもらえるようになっていたタイのインター時代とは違い、ここはシビアだ。何かで呼ばれてくれ、と願うオカン。

 

 

すると、予想もしないところで名前が呼ばれたのだ。

 

ムスメ、この絵で1位を取ったらしく、

 

{FD294023-45CF-4E04-A3D3-33FD14AFBEEE}

アート賞。

びっくり仰天。

 

そして、これをいただけてよかった。成績優秀者賞。いやぁ夜中まで勉強してたもんなぁ、オカン隣の部屋で速攻寝てたのに...。

 

{E0912ED9-CB65-4B47-A9DF-23A23F74D75D}
で、二つのメダルをいただいた。

 

 

最後、締めのあいさつで、先生が、

「みんなの両親にも拍手だ。」

と言い、会場が拍手に包まれる。目頭熱なるワタクシ。

 

そして、続く。

 

「今日、この後の会の準備をしてくれたお母さんたち、はい、立って。」と先生が言う。

 

あっ、どないしよ。私、そもそも立ってる。

 

 

感動の涙吹っ飛び、即、冷や汗滝汗

 

 

しかもボランティアの女神の横。女神は有名なので、みんながこっちを向いている。

まぢか・・・ニヤニヤ汗

 

 

「このお母さんたちに大きな拍手を~」

 

 

と、な~んにも手伝ってへんのに、むしろ遅刻したというイケてないオカンであるのに、女神の横で、さも頑張ったオカンの一人であるかのように、全身で割れんばかりの拍手を浴びた。

 

 

 

 

 

 

 

詐欺やん。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シカゴ・デトロイト情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

アップポチっと、おおきに。


読者登録してね

もしよろしければグラサン
AD