暖かさが招いた失敗

テーマ:

スーパーへ買い出しに出た帰り。

相変わらず最高気温が10度を超えているシカゴ。いつもなら車中ガンガンに暖房を入れている2月だというのに、暑い。手が無意識にのびた先が

冷房

 

いやいやさすがに2月に冷房はないで、とスイッチを押すのをやめ、窓をぐいーんと開けた。

 

走る走る走る風

 

それはそれで寒い…

 
 
暑いと言えども、風はまだ冬っぽい冷たさが残っている。

もう、2月のちょうどの行動がわからない。で、5センチほどだけ窓を開けて運転することにした。

 

 

少し進み、赤信号で止まる。

ワタシがいつも車中でしていること。それは英語の発音大会だ。特に「R」の発音をいかにさらっとやってのけるかトーナメントを行っており、Rから始まる単語部門、二重子音でやってくる部門などと一人で楽しんでいる。

 

 

赤信号で止まったその時、real とproblemを絶好調に発音していた。

real う~ん、なんかちゃうな

real, real, ちょっとプロブレム言うてみよか、プップッproblem、problem

 

とやっていると、左から視線を感じた。ゆっくりと左を見てみると、黒い車に乗ったおっちゃんが、ニヤニヤしながらワタシを見ていた。

 

 

せや、窓開けてた!!

 

 

しかもおっさんの車も窓開いてる、しかもほぼ全開。

「あは」という顔をして前を向き、大会を中止した。

 

 

リアル、プロブレムを連呼して

 

オマエの行動そのものがリアルプロブレムやな

 

 

そうおっさんに思われていたことだろう。

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シカゴ・デトロイト情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

ポチッとプリーズ。あゝ、おおきに。
AD