慣れ

テーマ:

成田に到着し、数日、ホテルオークラに宿泊した。

 

数少ない、小学校6年生まで無料で添い寝扱いしてくれるホテル。安いホテルはそうもいかず、3人移動の場合は2部屋のオーダーまたは、グレードを上げてエキストラベッドを入れる、で結果、ホテルーオークラ1泊の値段と大差ないやん、となるため、いつもオークラに泊まっている。

 

 

そんなホテル宿泊中のある夜、トイレに行くと、1枚のティッシュが浮いていた。

 

 

無意識のうちに反応するワタクシの脳。

 

アメリカの家で、トイレのふたを開け、ティッシュが浮いている場合、9割5分、トイレの詰まりを示している。「誰か流し忘れたんかぁ」と水を流すと、水位はぐいぐい上がり、便器から大量の水があふれる、お馴染みの光景がスタートする。

 

お馴染みてっ

  

子供二人に聞く。

「誰かトイレ行って、流しわすれたか、最後流れてからティッシュ入れたりした?」

と。

 

「してないよ~」

と答える。

 

 

あふれたらどうす。ここはホテル。スッポンはない。

いや、でも、と思い切って流してみることにした。

 

 

 

何てことはない。

普通に流れて終わった。

 

 

おかしなってる真顔

 

 

時は平成。日本のトイレが詰まるとか、その発想どうかしてる。しかもここオークラですやん。東京の港区でトイレが詰まってあふれかえる?

ナイないっ

 

 

 

ワタシのこの感覚の鈍りっぷり...

いったいいつの時代を生きてるんやろ

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シカゴ・デトロイト情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

 

アップポチっと、おおきに。


読者登録してね

もしよろしければグラサン
AD