どっちも不思議

テーマ:

久方ぶりの更新となりました。

汎発性円形脱毛症に罹って1年と3か月くらいでしょうか。


最近になって少し変化が。

まつ毛が大分生えてきました。

眉毛もちょっぴり。

…ハ、ハナゲも少し復活。

顔も少し産毛がかってきました。

頭髪は脱毛当初から

何か生えかけるものはずっとあったのですが、

とどまることが全くありませんでした。

かゆみがあって頭を掻くと、黒い点が爪につく。

きっと毛穴に留まれなかった髪の毛の成り損ないだったのでしょう。

それが最近になって、

頭の地平線に産毛では無いの?と思えるものがほんのりと。

これはこれは、何かが変わってきている?

治ることが難しく、再発も多いらしいので過剰な期待はしていませんが

ゼロ地点からすれば、何もかもがプラス。単純に喜んでいます。


一年間ほど、「毛」というものが全くなくなりました。

髪の毛は無くなっていくさまが否応なく自覚できましたが

鼻毛などは同じ病気の人のインターネットの書き込みを見て

あれ?もしかして私も?と鏡で確認して初めて気が付いたという…汗



円形脱毛症は自己免疫疾患とききます。

何にも悪くないはずの自らの毛根を

免疫系が攻撃してしまうことにより脱毛が生じると。

髪の毛から眉毛まつ毛、指の甲側に至るまで、

体の隅から隅まで、よくも間違った指令が

遍く行き届いたのは本当に不思議。

感心すらしてしまいます。

がしかし、今となっては、

毛がしっかり根を張れている状態も思い出しがたく

そんな普通のことも不思議と思えてしまうこともあり、

いったいどっちが不思議なんじゃい?と

自分に突っ込みグーを入れています。


AD

一石二鳥

テーマ:

連休は、自宅でゆっくり過ごしました。

外を飛び回ることがめっぽう増えた中で

ウィッグを付けず頭の重みから解放された3日間は、

本当に有難かったです。


リラックス~ラブラブ



自宅に居る時は、帽子をかぶっています。

さすがに今の季節、防寒は不要ですが

頭は守らないと、どうにもこうにも心もとないのです。

ケア帽子と呼ばれるものは、通販などで結構売られていますが

ひんぱんに洗濯をする消耗品なので、

安価で済まそうと自分で作ることにしています。

今までも、ありあわせの布や毛糸などで作った帽子を

被ってきましたが、そろそろ替え時。


ということで、最近、また集中的に帽子を作っています。

夕食後や寝る前に編み針をサクサク動かしていると

すごく気持ちが落ち着くのです。


今一番のストレス解消法かも。


手編み帽子





AD

結局更新が滞っている…(笑)



最近、仕事理由での外出がとても増えました。

嬉しいことです。

…しかしながらウィッグを身に付ける機会も増えたということ。



初秋から使い始め、大活躍していた3台めのウィッグの毛が、ある時から急に絡まりやすくなってしまいました。

あり得ないクチャクチャとスタイルの盛り上がりを、ことあるごとに櫛で梳かしほぐす日々…

トップの髪を結んでハーフアップにしたら幾分マシにはなったのですが、やっぱり絡みやすいことには変わりなく、今は2台目を使っています。

この2台目というのは、脱毛が本格化した昨夏に慌てて作ったものです。髪の質などはよいのですが、作った当時は頭を圧迫するようで馴染まず、まさしく頭痛の種でした。次いで作った3台めにすっかりお株を奪われ(?)、ほったらかしになっていたという可愛そうな子だったのですが…晴れて復活です。相変わらず収まりは良くないような気がします。鉢が浅いというか…私の頭が後頭部が出ているタイプだからかもしれません。でも、以前のように頭が痛くなることは無くなりました。

大分ウィッグに慣れてきたのかも。



歯医者さんには「髪切った?」と聞かれました。

「はいっ」と即答…。

ああ、さらっと嘘ついたな~

嘘なんてつきたくないのにな~

でも、本当のこと言われたって嬉しか無いだろうなあ~


まあ、そんなこんなありつつも、元気に過ごしています。



AD

2015年初通院

テーマ:

2015年始まってもうすぐ半月になるのですね。

すっかり円形脱毛症ブログになってしまいましたが(笑)、

ゆるゆると続けていこうと思っています。

よろしくお願いいたします。


今日は本年初めて皮膚科に行ってきました。

眉毛まつ毛はすこーし生えてきたのですが

頭髪は停滞状態。

先生には「どうなってしまうんだろうと不安に思うかもしれないけど

良くなることを信じてね」と励ましの言葉を頂きました。

私としては、これ以上悪くなることも無いので

これ以上気分も落ちることも無いというか

非常にニュートラルな気分でいます。

なので先生の言葉を聞いて

気を病んでいると思わせてしまうことに対して

「そうじゃないよ!」と感じさせる空気を

持てたらいいなあ、なんて何となく思ったりしたのでした。

まあ、日常仕事で会う人たちには

病気のことは何も告げてはいないのですが…。


髪の毛よりも無いことが悩みになっているのは

やはりまつ毛です!目

なんといってもまつ毛です!目

まつ毛が無いと

ゴミも髪の毛も(もちろんウィッグの)じゃんじゃん入り

痒いの痛いの涙出るの

目じり切れるのまぶた腫れるの

目ヤニ量産されるのと

日に日にコンディションがひどくなっていったので

今回、眼軟膏を頂きました。

…嬉しい!これで何とか良くなっておくれ…!


ちなみに、まつ毛が無いと

外がものすごく眩しいです。

なるほど、まつ毛にはひさしの役割があったのか!?

失ってみて、初めて気づいたことです。



私の心の中では「ヅラシャン」と呼んでいますが汗

とにもかくにも大晦日の今日は

ウィッグをシャンプーしました。


痛んでしまいやすいので

ウィッグはそんなに頻繁にシャンプーできません。

髪自体に自然な流れが無く

きゃしゃなスタンドに乗せてのお手入れは

なかなか難しく

結構手間も時間もかかります。


だからこそ、やるとなったら気合いが入るもので。

今日は気になっていた厚みのある前髪を

丁寧に丁寧に梳いて、

洗った後にはヘアオイルをつけて

ゆっくり2回に分けてブローして

ちょっぴり成し遂げた感キラキラ


これでスッキリ新年が迎えられそうです。


汎発性脱毛症発症から約半年。

12月初めごろから、

そうだ、ウィッグを常用しているこの状態では

何もかも初めて過ごすことなんだー!

と思うと、なんだか何もかもが

新鮮に見えるような

錯覚めいた気分を面白がっていました。


というわけで、つるりんとした頭で迎える

初めての年の瀬は

やっぱりどこか新鮮です。



良いお年を!



悲しくない。

テーマ:

 これから色々書いていくにあたって、ひとまず前提として挙げておきたいことがあります。

 それは、不思議と「悲しい」という気持ちが湧いていないということです。

 もちろん、これは私個人がそうであるというだけのことで、同じ状況下にある多くの人に当てはまることでは無いと思われます。


 髪の毛も体毛もどんどん無くなっていく中、インターネット上の沢山の情報に触れてきました。その中にはもちろん夜な夜な泣きはらしたというエピソードもありました。また、病院にいけば、「女性だからショックも大きいことでしょう」云々と、気遣われているなあ…と思う言葉を掛けられたりもしました。

 けれども何だかそういう感情の流れに自分は沿っていないような気がしています。

 私自身がが変わっているのか、おかしいのだろうかと思うことすらあります。

 汎発性の脱毛症になり、少々腹立たしいことも、大いに不便なことももちろんあります。自然、諦めてしまう方向に気持ちが傾く事柄も多々あります。

 けれども、やっぱり悲しくは、無い。

 何故悲しくないのか…現実感覚が鈍いのか、日々の対処で気が紛れてしまっているのか、意外に図太いのか、女性だからと言われるのが苦手だからか…いろいろ考えましたが、今のところ、結論は出ていません。


小出し宣言

テーマ:

ううむ、更新をすっかり怠っていました。

書きたいことはいっぱいあって脳内でエア執筆していたため

自分の中ではお久しぶり感があまりないのですが…

良くまとめようと思うあまりここまで至らなかったのかも。


汎発型円形脱毛症になって半年近くになります。

それ以前に生えていた髪の毛、体毛など

数えられる位の本数しか残っていません。

頭髪は幸い、新しく生えようとしている毛も見て取れますが

まだそのままスムーズに伸びていくという

状態でもないようです。


生活、精神的なことなどなど

同じ状況下の人の声を目にすることが

何らかの役に立つことがあるかもしれないので

気負わず、少しずつ書いていこうと思っています。




9月への準備

テーマ:

今日、美容院に行き、件の3台めのウィッグを直してもらいました。


前髪をカット、カラーリング、全体的なサイズ調整。

いずれも購入した時点で一考の余地があったものですが、手を加えすぎて後戻りできなくては本末転倒です。やはり実際試してみた時間は必要でした。
特に前髪は、重さや流れをどのように持っていくか、ゆっくり相談して何度も切っては様子を見、納得のいく形にしました。自分の髪の毛だと、大まかに長さだけお願いすればどの美容師さんの手によってもすんなりカットされていたことを思うと、自分のものでないものを自分のもののようにするのはそれだけ考えが必要で難しいことなんだなあ、などとしみじみ実感です。


美容院では、以前から気になっていたセルフタンニングのできる眉墨も買ってみました。ここ2か月近くで抜けてしまったのは髪の毛だけではありません。まつげや眉毛も着々と抜けており、…まあ、眉毛は書けば良いのですが、地に眉毛があるときよりも色が落ちやすいし、洗顔後のスパーンとした顔は我ながら怖いものがあり(笑)、少しでもそこに何か残っている感があれば良いなと…。朝晩書いて2~3日で色が定着するとのこと。効き目は数日。というわけで目下人体実験中です。

まつげが無いのも地味に困りものです。本当にゴミがダイレクトに入ってきます。暑い時は汗が目にしみました。まつげはつけまつげがあるからいいじゃないかと言いたいところですが…これがどうもうまく付けられない。下手なのか、似合わないからか…アイラインは引いていますが、今のところ、まつげ部分は素でしのいでいます。



9月になるとしばらく会っていない人たちとまた会うようになります。

汎発型円形脱毛症が始まって以来、です。

表向きイメチェンということになるのだろうが、どんな反応をされるか。

というより以前に、

自分の心の反応も自分の予想外であることが多いと分かった2か月だったから

(この行間のあたりの複雑な心境は、今はまとめられないなあ。

 いい意味でも悪い意味でも。)
不安が無いといえば嘘になるでしょう。
ただし何があろうと、堂々と胸を張って歩きたいです。

3台め

テーマ:

ウィッグの数えかた、正しいのはなんだろう。
普通に考えると「~個」と言いたいところだけど、どこかで「~台」という表現を見た。仰々しいからむしろこれが正解なのかな、パチンコみたいだけど。まさか「~頭」とは数えないであろう…


そんなこんなで前回記事にも書きましたが、円形脱毛症ライフの御供、新たなウィッグを求めに行きました。人生通算3つめとなるウィッグです。


それまでの2つはデパートに入っているおなじメーカーのものだったのですが、今回は膨大な時間を掛けてネットでリサーチをし、納得の入ったメーカーから一番家に近いところを選びました。

医療用かつらのメーカーなのですが、向かったのはかつら専門店、では無くそのウィッグの取扱いのある美容院。ウィッグは、取り扱っているお店に居る店員さんのカットのセンスで満足度が大きく変わると考えているので、美容院だったらその点安心してお任せできる気がしていました。
そこは普通の町の美容院ですが、お店に入るとすぐ個室に通され、美容師さんと1対1で打ち合わせ、試着、カットと進みました。
担当の方は私より少し年上のように見える女性で、こちらの疑問や質問に丁寧に答えてくれる親切な方。良くないことはしっかりNOと言ってくれ、時に「所詮かつらなので」とすらはっきり言い切れる強さにはむしろ信頼感を覚えました。

大まかな長さ、色、毛の種類など大きく分けて数種類のタイプの元の形から選びます。今回ここで、私は初めて人毛100%のウィッグを選んでみました。手入れは人工毛が混じったタイプよりも多少手がかかるとの事ですが、光沢が自然でだったのが何よりも魅力でした。元の形から要望のスタイルに切っていき、迷いがあるところは実際使ってみてから修正を入れていこうということになりました。購入して1か月までは無料でお直ししてくれることになっています。


…ということで、3つめを買って1週間近く経ちます。長期的な耐用性は分かりませんが、今のところ、これまでのものよりも気に入っています。「ここをこうしたら良いのでは…」という箇所も出てきましたが、しっかり相談してきたので納得の上のこと。近日直してもらおうと思います。

一か月半

テーマ:

一か月半経とうとしています。
病状としては嵐のさなかなのでしょうが、

少し安定してきたように思います。
まあ、痛くも痒くも無い(いや、少し痒いことはあるか…)ことなので
ものすごく大変というわけではありません。けれども
「人様が見て違和感を感じさせないようにすること」に対する
ちょっとした努力は、やはり必要です。



円形脱毛症ライフとでも呼ぼうか、この生活に不可欠なのは
とにもかくにもウィッグです。
今持っているのは
もともと家にあったショートボブがひとつ。
今回このようなことになってから作ったセミロングがひとつ。
ショートボブは作り込んだ感があるので、
より自然なセミロングに移行する予定なのですが
日常的に長く使っているとメンテナンスが必要とのこと、
この長さでもう一つ作り、どちらかを予備とすることになりました。
明日、予約をしたお店に行ってきます。



それにしても、世の中にウィッグのお店が沢山あること!
抗がん剤を使う人の増加などで、需要が伸びているそうですが
ネット上にあふれる情報の多さには、もう、目が廻りそうです。
でも、調べずにはいられないし…

良い見定めが出来たと感じられますよう、
費やした時間が報われることを願うばかりですかつらキラキラ