こんばんは!

タダゼミ杉並、公民担当の梅田です犬

最近はルイボスティーにドはまりしてます(-^^-)

 

▲いちばん左です

 

さてさて、2017年度の都立入試も終了しましたね。

受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

今まで頑張った分ゆっくり休んで、自分をいたわってあげてくださいねガーベラ

中学1年生・2年生の皆さんは今年の入試にどんなことが出題されたか気になっていると思います。そこで今回は社会科の公民分野と全分野の融合問題の問題分析をしようと思います!いえ~いキラキラ

 

公民分野は例年大問5として出題されます。

地理・歴史・公民の全分野が融合された問題は大問6に組み込まれます。

 

基本的に問題は、

・知識を問う問題(→知識問題)

・グラフを読み取れれば解ける問題(→グラフ読み取り問題)

の二つにわけられます。

 

回答の仕方も、

・記号選択

・記述

の二つに分けられます。

 

それでは一問ずつ見ていきたいと思います。

 

大問5(公民分野)

問1【知識】経済活動の自由に関する問題。憲法の中身をきちんと理解できているかが問われる。やや易。

問2【知識】金融分野からの出題。やや易。

問3【グラフ読み取り】グラフと文章をきちんと照らし合わせれば解ける問題。問われている年代が変化が激しいのでわかりやすい。やや易。

問4【グラフ読み取り】製造物責任法(PL)に関する問題。例年通り、年号を暗記していなくても法律の内容を見て、グラフ中の欠陥商品が増えている時期を見極められれば解ける。やや難?

 

大問6(融合問題)

問1【知識】産業に関する知識と、世界史に関する知識が必要。世界史の知識は結構高度なものが必要。難。

問2【グラフ読み取り】文章とグラフを照らし合わせれば解ける。易。

問3【記述】グローバル化に関する記述問題。こちらも焦らずグラフの2005年と2011¥年の数値の変化を見極められれば大丈夫。やや易。

 

<総括>

今年の公民分野・融合問題は全体としてやや易化した印象でした。

 

やはり今年も、憲法・金融・消費生活とまんべんなく知識を問われたので都立入試に関しては全範囲しっかりと知識を得て、グラフをきちんと読み取れるようになることが重要なのではないかと思います(*^^)v

 

 

ではではほかの教科もお楽しみに星

 

タダゼミ杉並 公民担当 梅田

AD

皆さんこんにちは!広報の佐伯です(^^)
8月も半ばを過ぎましたね!
相変わらずの暑さですので、水分補給をしっかりして夏バテには気をつけましょう☆

8月の授業は夏期講習からスタートしました!
今回はその前半、8/5~7日の3日間についてまとめました☆

初日は、開講式から始まりました。
社会科担当のりんりんが素敵な挨拶で切り出してくれました!

開校式が終わった後は、さっそく勉強!!・・・ではなく(笑)
まずは3日間参加してくれる皆が楽しく過ごせるように、夏らしい企画として夏祭りを御用意!
夏祭りの内容は、射的・輪投げ・ボーリングの3種類のゲームを3つのチームに分かれ3日間かけて準備をしました。




夏祭りはとても盛り上がりましたし、作業を通して皆さらに仲良くなれたと思います!(^^)!☆

さて、ここから本題の授業に入ります↓

[英語]
5,6日の両日とも、まずは初回から行っている小テストから始まりました。
その後、文法の解説と演習を行いました。
7日は単語の特訓をして、単語強化に励みました。
英語の中でも単語はとても大事な部分になってくるので今の内から苦手克服しておきたいですね!

[社会]
5日は地理初回!
初回からスパルタ授業(笑)でしたがみんな楽しく学んでいました!
6,7日は歴史初回!
穴埋め式のプリント問題だったので、自分は何処ができ、何処まで理解出来ているのかが知れた授業になったと思います。


[国語]
今回は入試問題に挑戦です!
少し難しい部分もあったようですが、実際に問題を解いてみることによって形式や雰囲気も感じ取れるので良い経験になったのではないでしょうか(^^)


[理科]
5,6日は元素記号について勉強しました。
元素表を見ながら語呂合わせをしながら、分かりやすい元素記号の覚え方を伝授!
例:”Cu 銅→工藤”のように人の名前に見立て覚えます!
元素記号は名前が似ていたり、ややこしく苦手な人が多いと思います。ですがこの覚え方なら頭にも入りやすそうですよね(^^)!
7日は6種類の気体についてやりました。
発生方法やその気体の性質などを学びました。


[数学]
二次方程式と関数について学びました。
この二つの章は今まで学んできた正負を使った計算式の応用になるので数学の中でも、基礎的な部分ですし今後の章でも使われてくるのでとても大事な部分だと思います。
計算式には数字だけではなく文字も使われているので、数学が苦手な人にはとても難しくも感じられるかもしれません。ですが!基礎を見直しながら1つ1つ消化していけば意外と簡単に解けてしまうものです!
数学は進むに連れて難題も増えてくるので今夏にきちんと苦手克服をしてすらすら解けるように頑張りたいですね(^^)


次回は夏期講習後半についてです!是非お楽しみに☆

AD



みなさん、こんにちは!はじめまして!今年の6月から参加している湯浅太周です!ブログを初めて書かせていただくので軽く自己紹介します。出身高校は都立西高校で、現在は東京外国語大学で中国語を専攻しています!ニーハオ!笑 
都立受験組の経験を生かして、タダゼミに貢献できたらこんなうれしいことはないと思っています!
さて、短かった梅雨もあけて夏本番というかんじになってきましたね。僕も中学生のころは、夏休みに入ると部活動でサッカーをしたり、海に遊びに行って日焼けをしたりして楽しかった記憶があります。だけど、タダゼミのみなさんは受験生なので勉強しないといけませんね笑。今回は僕のおすすめの勉強計画の立て方や勉強方法を紹介したいと思います。

勉強計画としては、僕はまずテスト期間までだったら、その期間まで何日あるかを数えて、毎日どれくらい勉強できるかという総時間数を出してから、各教科に振り分けてましたね。たとえば、国語、数学、英語を勉強しないといけなくて、40時間あったら、得意の英語と国語は15時間で苦手な数学は20時間というような具合です。都立入試を考えてみると、教科数が多いということは一見大変そうに思えますが、それだけ1教科だけの勉強よりいろいろなことが学べます。ここで勉強を続けるこつは、まずみたら吐き気がするような科目(僕の場合は数学笑)をがんばって2時間くらいやって、疲れたなー、勉強飽きたなーと思ったら得意科目を、趣味感覚で勉強することです!僕の場合は社会の教科書とか読んだり、漫画やテレビで歴史関係のものをみたりしてました。そうすると、苦手分野も時間がとれますし疲れたときに得意科目をやることで「勉強ってこんなに楽しいのか!さっきの地獄のような時間はなんだったんだー(ー_ー)!!」ってなります。また、生徒さんで学習計画に悩んでる方がいたらどんどん先生に質問してください。
活動報告に移ります。


最初はアイスブレイクです。
七夕にまつわるクイズやみんなが楽しめそうなクイズを出しました!今回は僕がクイズの担当だったので、改善点が多く見つかったので、次回以降の活動に生かしたいです。

1時間目は英語でした。

単語テストの後、今回も音読の時間をもうけて、みんなで発音練習しました!

2時間目は数学でした。


数学は復習テストと、平方根の四則計算について、有理化まで取り扱いました。
このあたりから、素因数分解の大切さが身に染みてくる単元だと思うので、基本が大事だということを生徒に理解してもらえるようにしています。

3時間目は国語でした。


漢字テストのあとは、少しむずかしめの記述が多い読解問題に取り組みました。都立入試は必ず200字程度の記述があるので、記述にはなれていってほしいです。
最後に社会の軽い説明をしました。

人気のある戦国時代について、寸劇を交えて説明をしました。社会は夏からタダゼミでも取り扱うので、みなさんも興味のある年代の登場人物になりきって、社会を勉強してみてください!

今回も暑い中、たくさんの生徒さんがきてくれて楽しかったです。次回の授業は7月10日です。次回の更新もお楽しみに!!

AD
みなさま、こんにちは!

広報の小宮です!


今回は2月22日の活動報告に加え、今回の都立入試の総評をさせて頂きます!


まず2月22日の活動報告から。


2月22日は都立入試前最後の授業で全ての時間で質問タイムを実施しました。



入試を前に各生徒が確認したいところを1対1で勉強しました!
最後に入試で気を付けるべきことを確認して終わりました。




つづいて平成27年都立入試の数学の総評をさせて頂きます!

大問1

問1~問5

例年通り

四則計算
文字と式
平方根+展開
1次方程式
連立方程式

の問題が出ました、難易度も平年並みで今後もこの傾向は続くと考えられます。

問6

分野は例年通り2次方程式の問題が出ましたが、一昨年度までのように
解の公式を使わない問題でなく、去年から出題された解の公式を使わないと解けない問題
が出題されました!
今後も解の公式を使わないと解けない問題が出題される可能性は高いので対策が必要です。


問7

2次関数の変化の割合の問題が出題されました。
この問題は平成2,8,19,24に似たような問題が出題されており、
忘れたころに出題されているような傾向があります。
「変化の割合」という用語の定義を覚えていないと解けない問題でした!

問8

確率の問題が出題されました。
過去2年は新分野の度数分布表と資料の整理の問題が出題されていたので2年ぶりの出題となります。
基本的には全ての場合を考える解き方ですが、「余事象」の考え方を使うと早く解くことができます!

問9

例年通り作図の問題が出題されました。
内容は三角形の面積を2等分する直線を作図するという基本的な問題で、
去年のような問題自体の意味が読み取りにくい物ではないものの、
以前に同じ内容の問題が出題されたことはなかったようです。


大問1全体

全体的な難易度は平年通りか、やや簡単な問題でした。
25年で問題傾向が少し変わったのに対して、27年度ではそれ以前の問題傾向に戻った所があるようです。
今回は角度を問う問題が出題されていませんでした。


大問2

問1

台形の面積を問う問題でした。
その場で考えても導出できますが、台形の面積公式を知っていた方が
早く解くことができます。

問2

本質は高校の範囲の数列の考えを用いる問題ですが、問1の台形の問題と絡めて出題されています。
ここ数年大問2の問2はかなり難しい問題となっており今年の大問2も同様なものとなりました、
今後は計算量を重視する問題の易化が進み、このような発想を問う問題が難化する可能性は十分に考えられます。

大問2全体

ここ数年難化傾向の大問2ですが今年もなかなか難しい問題が出たようです。
特に出題分野が定まっていない大問であり、近年求められる柔軟な発想が問える問題が作り易いので、
やや難しい学校の場合はここが差をつける問題となるでしょう。



大問3


問1

座標を求める基本的な問題です。
同じ種類の問題は平成22年に出題されています。

問2

これもまた、基本的な2点の座標から直線の式を求める問題です。
ほぼすべての年度で直線の式を求める問題が出ていて、今後もこの傾向は続くと考えられます。

問3

点Pを仮定して三角形の面積比から答えを導きだす問題でした。
最終的には2次方程式の問題となるので2次方程式を解く力と、方程式を立てる力が必要です。


大問3全体

今年度は去年、一昨年の2次関数から変わって1次関数の問題が出題されました。
難易度は例年よりやや簡単なようです、大問2の難易度が上がり今まで大問2で取っていた点を
今度は大問3を完答することにより補う必要があるかもしれません。


大問4

問1

文字を使って角度を表す問題が出題されました。
例年通りの出題で難易度もほぼ変わりません、ただ、外角、または円周角を
すぐに思いつかない人もいたかも知れません。

問2

図形の合同の証明問題が出題されました。
例年通りの出題でしたが、条件を探す難易度はやや簡単だったと言えるでしょう。


問3

相似比から辺の長さを求める問題でした。
簡単な問題ではないものの、四角形ABCDが平行四辺形であることに気づいてしまえば
あとは簡単な計算で解くことができます。

大問4全体

問2、問3ともに解答への糸口が分かりやすく、難易度は例年よりやや簡単だったと言えます。
過去問や類題の演習が対策には有効です。


大問5

問1

角度を問う問題が出題されました。
一見難しそうに見えますが、三平方の定理を覚えてさえいれば、割と簡単にわかります。


問2

相似比から辺の長さを求める問題でした。
計算量は多いものの特に変わった考え方をせずとも解ける問題でした。

大問5全体

例年かなり難しい問題が出題される大問5ですが今年は解くことができた受験生も多かったのではないでしょうか?
今年度の問題も例年の問題と比べパターンは変わらないものの全体的に簡単な出題となっていました。
今後も簡単な問題が出題されるかは不明ですが、今後はそのようなパターンも考えておく必要があります。



今回の入試は大問2の難化を大問3~5の易化で補ったような印象でした
結果的には全体的に見ると易化しているようです。
一見すると数年前の問題傾向に戻ったような感もありますが、去年のような問題傾向が出ないとは限らないので問題の多様化が進んでいるとも言えます、このため今後は今までより柔軟に入試対策をしなけれなりません!


今回の総評は以上になります!
次回もお楽しみに。



みなさま、こんにちは!


広報の小宮です。

タダゼミの授業もあと少しとなってきました…
ここからは受験本番に向けてラストスパートをかけていきます!

それでは2月8日の活動報告にはいります


英語
都立入試対策も残り2回。
今回はリスニングの演習をした後、大問4の演習を行いました。
大問4は15分で読み終わって解答しないといけない、
なかなか大変な問題です。答えとなる根拠を探すポイントも授業中に解説しました。


国語
今日は読解の最終回!
大問5の対策で、和歌の鑑賞文を扱いました。
入試問を確実に解きつつ、作品の面白さも一緒に考える授業にしました。



理科
今日は地学の範囲の演習を行いました。
難しい部分もあり、私も解説を工夫しながら進めていきました。
地学は学校の授業でもあまり扱わない範囲もあり、ちょっと苦手な人も多いと思われます。受験まで残りわずかになったので最終確認をしてもらいたいと思っています。


社会
今日は、都立大問1及び大問6の演習を行い、問題のパターンを改めて確認しました。
記述が書ける生徒が増えてきたのを感じます。
このまま入試まで、解ける問題を増やしていきたいと考えています。


数学
今回は比較的簡単な各大問の問1の演習をしました!
入試本番では点数を稼ぎやすい簡単な問題を落ち着いて解き、
その後少し難しい問題に挑戦することが重要です!



今回の活動報告は以上です!

次回もお楽しみに!!
みなさまこんにちは!

タダゼミの小宮です。


ついに2月になりました!
都立一般入試まであと少しです、、、


それでは2月1日の活動報告入ります!


国語

今日は評論文の問題を扱いました!
評論の最終回だったのですが、最後まで本文の内容をしっかりと解説しつつ、
問題を解いていきました。


数学

大問1を解いたあと自分の苦手な大問の演習を行いました!
ここからは自分の出来ないところを集中して解く必要があります。


英語

都立入試の過去問の大問1つ1つに焦点を当ててやっています。
各大問で注意する点があるのでそれを気にしながらやらなければいけません!





社会 

V模擬の過去問を演習し、そこで出てきた内閣・裁判所・地方自治について解説しました。議院内閣制などといった、言葉だけでは理解が難しい単語を特に扱いました。今後も演習を繰り返し、正確な知識の定着を図っていきたいと考えています。



理科

今回は入試問題の演習と確認を交互にやりました!
確認では演習でできなかった問題を復習しました。


今回の活動報告は以上になります!

次回もお楽しみに!!


みなさまこんにちは!


タダゼミの小宮です。

今回は大変遅くなってしまいましたが11月23日の活動報告をさせて頂きます。


まず11月23日はなんと!
テレビの取材が入りました!!


詳細は追ってお伝えします。


それではそれぞれの授業内容に入ります。

理科…気体発生法や種類について勉強しました!
   気体は種類によって性質が異なりそれによって発生方法や収集方法が異なってきます。


英語…大問3の要約文に当てはまる言葉を入れる問題を扱いました。
   要約文の問題を解くには問題本文の内容をしっかり理解する必要があります!



数学…大問3の2次関数の問題を勉強しました!
   2次関数はグラフの形が特殊なため1次関数とは違った視点が必要になります。

社会…国会の仕組みについて勉強しました!
   多数決の方法や内閣不信任案など色々なことを理解しなければなりません


国語…書の美についての過去問を解きました。
   書くことの意味を問うかなり難解な評論文でした!
   



駆け足になりましたが今回の活動報告は以上になります!

次回もお楽しみに!
皆さまこんにちは!

タダゼミの小宮です。
最近天気の波が激しいですがみなさまいかがお過ごしでしょうか?

受験生は特に体調に気を付けなければいけませんね…


それでは、今回は10月5日のタダゼミの活動報告をさせていただきます!

国語


今回は古典の内容をやりました!
皆さん古文で「けふ」ってどのように読むかご存知ですか?




…正解は「きょう(今日)」と読みます。
古文の読みはちょっと難しいですが覚えておかなければなりません


数学

数学では作図の問題を勉強しました!
作図では垂直2等分線、垂線、角の2等分線の3っつを用いて問題を解いていきます。

それぞれの作図の方法をしっかり身につけていきましょう!


英語


今回は都立入試の長文を解きました!
都立入試には様々な種類の長文問題が出題されていますが、
今回扱った物はその中でも短めですがなかなか難しいです。



当日はこの後テスト対策のための個別学習を行いました。
都立入試には内申点も加味された選考が行われるので学校のテストもおろそかにできません!

今回の活動報告は以上です!

最後までお読み頂きありがとうございました。
皆さま、こんにちは!
元学生スタッフの荒川です。


タダゼミでは大学時代に2年活動し、
4月からは社会人として、東京で働いています。


5月にはいってしまい、今更感がありますが、
2年間の活動で感じてきたことを、まとめました!


テーマ:【タダゼミで得られたこと】


今回卒業するにあたって、
2年間の活動を思い出してみました。

寂しいことに、記憶ってどんどん上書きされてしまうため、
忘れていることも多いと思います。


でもその中でも頭にパッと浮かんでくる、
思い出があるんです。

それは、いろんな生徒と一緒に笑ったなあということ。


ざっくりした思い出ですよね。
でもひとりひとりの生徒と一緒に笑った光景が
次々に頭に浮かんでくるんです。


「生徒と一緒に笑う」
そんなアタリマエのことですが、
2年前の私にとってはすごく難しいことでした。

理由は簡単で、
年の離れた「子供」と関わることがニガテだったから。


それまでの私にとって、中学生は
「つまらない」「わからない」という気持ちを
ごまかさずに表現してくる、
「うまい関わり方」がわからない存在でした。


ただ、それまでの様々な経験から、
そのニガテ意識を克服したいと思い、
タダゼミでボランティアを始めたのですが…

最初は他愛もない話で生徒との
無言の時間をなんとか埋めようと必死でした。

でも、生徒は全然楽しそうじゃないんですよね(笑)


結局自分が心をひらいていないのに、
相手が楽しんでくれるわけがないと
生徒とのコミュニケーションの中で気付かされました。


そう気づいてからは、
自分から名前を積極的に呼んで話しかけたり、
勉強以外の自分の生活のことも話したり、
少しでも「あ!ここ前より成長したな!」と
感じる点は積極的に伝えたり…。


そんな風に自分が中学生だったらしいなあと思うことに、
ちょっと勇気をだして挑戦していくことで、
少しずつ生徒との関係性が変わっていきました。


自分との会話の中で、
次第に生徒の笑う回数が増えていき、
自分の頑張りについて、自分から話してくれるようになる
そんな嬉しい瞬間に、2年間でたくさん出会えました。


最初はなんとか場をとりつくろうとしていた私ですが
2年目は生徒から「ここは楽しいですね。」という声を
引き出せるようにもなったんですよ!

嬉しい嬉しい変化でした。


タダゼミでは
「生徒の『できない』を1つでも『できる』に変えよう」
というフレーズをよく聞きます。

先生が生徒のちょっとした変化に気づき、
そこを伝えることで「できた」と実感してもらい、
生徒の自信につなげたいとい考えからです。


でも私の場合は、生徒によって
「私でもこれができる!」にたくさん気づかされてしまいました。


その一番大きな「できる!」が
「生徒と仲良くなって、一緒に笑える」
ということでした。

人から見ればちっちゃな変化かも知れませんが、
私にとっては大きな自信になったんです。
就活で辛い時も、この「できる!」という実感と
生徒とすごす楽しい時間に支えられていました。


タダゼミは生徒の「できる!」を一緒に生み出す場ですが、
関わる人にとっても、たくさんの「できる!」を得られる場でもあります。

規模はまだまだ小さいかもしれませんが、
たくさんの人の大きな大きな可能性が
ギュッとつまった場です。

これからも、その可能性を暖かく見守り、
応援していただければ幸いです。

長くなってしまいましたね!><
最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

こんばんは

英語担当の陰山です。

今日はタダゼミの英語の授業内で使用している
教材のご紹介をさせていただきます。

英語においては特に「基礎力」が重要です。


そこで、今回は都立入試英語で必要な

「基礎力」を養うためにタダゼミで使用している

教材をご紹介します。


ここで言う基礎力とは

①英単語力

②長文読解力

③英作文を書く力  のことを指します。


では、まず初めに①の英単語力

養うための教材をご紹介します。


英語の授業前には毎回必ず、

英単語の小テストを行います。

出題範囲は、トップシークレットですが、

今回は特別に少しだけ明かしちゃいます!


実は、都立入試の英語の問題には、

よく出る英単語とあまりでない英単語が存在します。

つまり、よく出る単語を厳選し暗記していくことが

英単語力向上の近道になります。


そして、そのよく出る単語を中心にして出題をしているのが、

この小テストになります。

英単語小テスト



次に、の長文読解力を向上させるための

教材をご紹介します。


長文読解


よく出る単語の下には空欄がついていて、

そこに日本語訳を埋めていく形式で、

長文を読み進めていきます。

こうすることで、

長文を読みながら単語力を鍛え、

英単語を確認するこで、

長文読解力がついていきます


そして、の英作文を書く力

を養うために使用している教材をご紹介します。



英作文


よくある入試英語の悩みとして、

「英作文の勉強の仕方が分からない」

というものがあります。


確かに、英作文って難しいですよね。

入試では、日本語での回答さえも難しいと思われるような

英作文の問題が出ます。

そこで、タダゼミでは

基本的な英語の例文を使いこなせるようにする

ということを中心に

英作文の指導をしています



最後になりましたがタダゼミの英語の授業は私一人の力で

成り立っているものでは決してありません。


スタッフ全員の協力があってこその授業です。

スタッフのみなさんありがとう!!


都立入試本番まで残りわずかになってしまいましたが、

最後まで頑張っていきます。


最後まで、読んでいただき

ありがとうございました。


陰山でした!