みなさん、こんばんは!
広報の吉澤です(^ω^)

少し前のはなしになりますが、11月20日にボランティア募集の説明会をおこないました!

{578CA486-71E5-4955-8F8C-BBA36F547541}


たくさんの人がきてくれて、熱心に話をきいてくれました!!!うれしいなあヽ(;▽;)ノ

{CF64B15B-9211-4481-B722-02FD66FC665A}


子どもたちを応援する新しい仲間ができることに喜びを感じました(*^^*)
こんな風にボランティアの輪がもっともっと広がっていけばいいなぁ、、、広げていきたいなぁ、、、と思いました。

わたしは貧困問題を解決するためには、まずは「貧困問題について知ること」、そして「知っているひとを増やしていくこと」で、貧困問題の解決に向けて行動するひとを増やすことが必要であると、考えています。

貧困問題はあまりに大きく、たくさんの人の関心協力が不可欠な問題です。

だからこそ、これからもこのブログなどを通じてもっともっとタダゼミを広げていきたいなぁと思います!爆笑



説明会では、中央区と杉並区のボランティアメンバーが勢ぞろいしました〜!(^ω^)

{E7AC62A1-5C84-4C7C-8EF3-F93AD5282E4F}

{A9E39E2D-C700-4CF9-A3DE-5F8C5C20D8AE}

中央区の学生リーダーでムードメーカーのほっしー*\(^o^)/* みんなに囲まれております。(=いじられております。愛されてるなぁ笑) 


タダゼミのボランティアは、仲が良く、いつも楽しく活動しています!
生徒の合格に向けて、これからもチームプレーで頑張り続けます!!グー音譜


AD

こんにちは!広報の松山です(^-^)

 

そろそろ中学校の定期試験も終わった頃でしょうか??

試験の結果が返ってきたり、内申点が出たりして、いよいよ受験本番に近づいているという感じがしますね気合いピスケ

 

それでは、11月27日の活動報告をしたいと思います(*^^*)

 

今回、タダゼミでは2回目の模試を実施しました。

 

 

国語数学英語社会理科の順に、各教科50分。

 

私は最後の理科で試験監督だったので、みなさんの様子を見ていました。

 

最後の問題を解き終わると「あー終わったーー!」という様子で、さすがにみなさんぐったりしていましたね。本当にお疲れさま!

 

でも、きちんと見直しをして、試験終了まで気を抜かず頑張っている子もいました(*^-^*)入試では問題を解き終わった後の見直しは必須です。詰めが甘くならないよう、最後まで気を抜かずにやりきりましょう!

 

各教科、点数はその日のうちにみなさんに返されたと思います。前回よりも良い結果がでた人、そうでなかった人、様々だと思います。結果に一喜一憂してしまう気持ちは私もよくわかります。

 

しかし模試ではできなかった問題を復習してできるようにすることが何よりも大事になってきます。

 

次回のタダゼミの授業は模試の復習や解説が中心になります。授業でもう一度、わからなかったところを確認してください。問題冊子も忘れないように気をつけてくださいね!

 

さて、今回は模試を終えた後、おなじみの 「しくじりteacher」 企画がありました!

「先生の失敗談」を今後の教訓にしてもらい、勉強へのモチベーションを高めてもらおうという意図で始まったこの企画ですが、今回も生徒のみなさん、とても熱心に話を聞いてくれました!

こみけんさんのお話、どうだったでしょうか??(^-^)

 

ここまで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

12月末からは冬季講習も始まります。ぜひ今回聞いたこと、そして感じたことを勉強のモチベーションにして頑張ってほしいと思いますカナヘイきらきら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

みなさん、こんにちは(*^^*)

広報の吉澤です。

最近、インフルエンザや胃腸炎が流行っているみたいですね・・・

(わたしもこの前胃腸炎になってしまいとてもツライ思いをしましたえーん

勉強を頑張るためにも元気であることが何よりも大切です!

みなさん、お気をつけくださいね!

 

それでは、活動報告に入りますニコニコ

 

英語

・長文読解

前回に引き続き、都立過去問を解くチームと、長文の読み方を練習するチームに分かれて授業を行いました。

長文は苦手なひとが多いと思いますが、「前から丁寧に順番に訳していけば、必ず読めるようになる」ということを覚えておいてもらいたいです!

また、特に苦手な方には、「スラッシュリーディング」がオススメです!!

スラッシュリーディングとは、単語をまとまりごとに区切って順番に訳していくものです。

 

例)

 

Tom asked me to show Japanese culture to his students in the class.

                                             ↓

Tom / asked / me / to show / Japanese culture / to his studensts / in the class.

 

トムは/頼みました/私に/見せるよう/日本の文化を/生徒たちに/授業で

 

国語

・小説

夏ごろから、問題演習を重ねてきた成果か、生徒たちは
文のまとまりを意識して解くことに慣れてきた様子でした。

この調子でがんばろう\(^o^)/!!

 

理科

・電磁誘導

中学生のころ「むずかしすぎ・・・ギブアップ・・・ガーン」と思っていたのがなつかしい、電磁誘導の授業でした。

電磁誘導の問題は、難しい分、正答できると確実に他の生徒と差をつけることができます!

高得点を狙いたい方は、解けるようになっておきましょう。
理解できるまで、解けるようになるまで、先生に解説してもらうとよいと思います(*^^*)
わたしは中学生のとき、理科の先生を職員室でよく出待ちしていました(笑)
 
社会
・歴史 全時代の復習

戦争、貿易、土地制度、経済のテーマに分けて解説・演習を行いました。

なんどもなんども復習すること、大まかな流れをおさえることがとても大切です!!

 

数学

・作図

作図は、解き方を知っているか、解き方に慣れているか、で決まります!

演習を多くこなし、ぜひ得点源にしちゃいましょう(*^^*)

 

 

前回に引き続き、中学校と高校のちがいについて、最後に少しだけお話ししますニコニコ

 

わたしが考える中学校と高校の違いは、〝居心地の良さ″です。

 

わたしの経験ですが、中学生から高校生になるにつれて、精神的に大人になるひとが多かったように思います。そのため、いじめなどの問題も少なくなり、人間関係もとても楽なものに変わっていったような気がします。

 

いま、学校が楽しくなかったり、行くのが苦痛であったり、高校進学を前向きに考えていないひともいると思います。

 

いまは行きづらい原因や問題があるかもしれません。でも、だからといって、高校進学をあきらめてしまったりやめてしまうことは、とてもとてももったいないです。なぜなら、中学校と高校はちがうからです。高校は、今までよりも、居心地がよく楽しい場所であると私は思います。

 

高校に行くことを少しでも楽しみにおもってもらえたらうれしいです(*^^*)

 

以上になります。お読みいただきありがとうございました。

次回のタダゼミは模試です!生徒のみんな、ファイト!!!グー

 

 

 

 

 

 

AD

こんにちは!

広報の松山です。前回に引き続き、ブログを書かせていただきます!

 

最近はだんだんと寒くなってきましたね。

みなさん学校の定期試験が近いと思います。

風邪などひかないように気を付けてください!(´ー`)

 

今回は最後に書きたいことがたくさんあるので、早速ですが11月6日の振り返りに移りたいと思います!

 

国語

評論

「文化」をテーマにした文章でしたね。また今回は問題を解いたあと、作文にも挑戦しました。

三谷ちゃんが授業で言っていた「作文の書き方」をもう一度確認しましょう。

基本的な構造は、主張→理由・具体例→結論(違う言葉で主張を繰り返す)でしたね!

ここはしっかりおさえてください!

 

理科

血液循環、刺激と反応

今回は、のんちゃんの講義と問題演習を交互に行う形式でした。

授業の様子を見ていると、みなさん先生の質問にも正しく答えることができていて、よく知識が入ってきているなあという印象を受けました!引き続きこの調子で頑張りましょう。

 

社会

大正~現代までの歴史

プリントの穴埋めをしながら知識のインプットを行いました。

このあたりの時代は世界のいたるところでいろいろなことが起こっていて、結構複雑です。

ひとつひとつの出来事を個別に暗記するだけではなく、流れをしっかりとおさえることをおすすめします。

 

数学

都立の問題演習

各自演習に取り組みました。

角度や図形は問題文で与えられた条件が、ほとんどと言っていいほど問題を解く上での重要なヒントになっています。例えば「線分ABと線分CDは平行で…」「三角形ABCは正三角形で…」などの条件。平行なら錯角や同位角がないか。正三角形ならひとつの角は60°、辺の長さはすべて同じ。こんな風に与えられた条件を徹底的に活用してみてください。

 

英語

都立過去問を解くチームと、長文の読み方を練習するチームに分かれて授業を行いました。

過去問チームは、今回初めて都立過去問の大問2を10分で解いてみました。時間が短いと感じた人も多かったのではないでしょうか?

当然ですが、入試は正確さとスピードの両方が求められます。これからの授業で時間の感覚をしっかりと身につけていってください。

 

 

そして、、、今回は授業後に「将来について考える」特別企画がありました!!!

 

将来何になりたいか、なぜ高校に行くのか、そういうことを少しでも考える機会をつくりたい!というスタッフの思いでこの企画が行われました。

 

企画の中では、まず以下のサイトを使って各自で質問に答えてもらい、どんな職業に向いているのか診断してもらいました。↓

http://oshigoto.mydreams.jp/shindan/shindan_select2_000.php

向いている職業や、どういう時に喜びややりがいを感じるのかといった性格診断の結果も出て盛り上がりましたね!!

診断で向いていると出た職業と、今自分が思い描いている将来の夢がマッチしている人もいれば、ちょっと違うなあ、という人もいました。

もしかしたら、まだ将来の夢は決まってない!という人もいたかもしれません。(私も中学の時はそうでした)

 

いずれにしても、私が思うことは、

将来の夢が決まっている人も、そうでない人も今後「視野を広げる」ことが重要だということ。

視野を広げることで、「今まで知らなかったけど、こんなことがしてみたい!」そういう発見があります。

 

そして、今以上に視野を広げられる場が高校だと思います。

 

高校は中学と比べると「自由度」が大きいんです。もちろん勉強はきちんやらなければなりませんが、それ以外のところ(部活動や文化祭など)では、中学と比べて先生のかかわりが少なくなり、基本的に自分たちで物事を進めていきます。だからこそ、自分たちで考えて意見を出し合ったり、物事を進めていく中で役割を担ったりして、どういうことが自分に向いているとか、何が好きだとかいうことが見えてきます。

授業も各科目かなり深いところまで学びます。だから色々な分野で、ぐんと視野が広がります。

 

さて、少し話を変えます。

高校は視野を広げられる場と言いました。

じゃあどの高校でもいいか?そんなことはないはずです。

みなさんそれぞれ行きたい高校がありますよね?

 

高校のもう一つの特徴が、自分と同じような能力や似た価値観を持った生徒が集まるということ。みんな同じ試験をクリアしてくるわけですから、学力が比較的似てくることはわかると思います。でも学力だけではなくて、「こういう校風に魅力を感じた」とか「英語に力を入れているところが良い」とかその学校を良いと思った点で、価値観も少なからず似ているのかなと思います。

 

勉強も高校生活も、どんな仲間と一緒に頑張りたいか。

今皆さんが行きたい高校の入試に向けて一生懸命勉強している意味はここにあると思います。

 

そして高校に進学したら、同じような価値観を持つ仲間と切磋琢磨しながら、色々な活動を通じて視野を広げてほしいです!!

 

また高校生活や将来について聞いてみたいことがあれば、スタッフに質問をしてみてください。きっと色々な話を聞かせてくれると思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます(*^^*)

熱く語ってしまいましたが、少し受験に対するモチベーションは上がったでしょうか?

11月に入り、都立入試まであと4か月。ここからが正念場です。もう一度気を引き締めて頑張っていきましょう(`・ω・´)

 

 

 

こんにちは!
タダゼミ杉並のブログをご覧いただきありがとうございますニコ

タダゼミ杉並のリーダーと公民の授業担当の梅田と申します(*^^*)
現在中央大学文学部教育学専攻の2年生です。
趣味は泳ぐことと読書です!プールに最近いけてないので泳ぎたいです…( ´・ω・` )


今日は公民の入試コラムをお話したいと思います。


公民は、皆さんが生きていく社会の仕組みについて勉強する科目です。
自分が生活している社会の仕組みが知れたら、きっと勉強が楽しくなるはず!!
興味を持ってもらえたら嬉しいですニコニコ



突然ですが、皆さんは選挙制度の
小選挙区制比例代表並立制
って、どんな制度か説明できますか??

文章での説明だけでみるとなかなかわかりずらいですよね。名前は長いし…(笑)

今回は小選挙区制比例代表並立制についてイラスト(自作!!)を交えながら説明したいと思いますキョロキョロ


小選挙区制比例代表制とは日本の衆議院選挙で利用されていて、
小選挙区制比例代表制を組み合わせた制度です。


そこで、小選挙区制と比例代表制、それぞれがどんな仕組みかみていきましょう!


◎小選挙区制

①比較的小さい選挙区において、候補者1人選んで投票する
{35DD5EC6-E0FF-4372-996B-EE6EA76F0955}

{AA4E46D0-DF68-4AE8-B4E5-6DE966A3FE33}


②得票数が1番多かった1人が当選!
{D367E0FD-6156-4886-A37E-FB7314D53228}



◎比例代表制

①全国を11個のブロックに分ける。

②各政党が、政党のメンバーに事前に順番をつける。(このことを拘束名簿式といいます。)

{BF721FC4-AE38-4CAC-9ED8-72382DE9CA5D}


③有権者は政党に投票する。(候補者には投票しない!!)
{3ECDF00A-9E69-4FCA-99A6-8ECF48BB6002}

{C07A9A47-07EA-4BB9-A7D2-2F8D18732CD4}



④得票数に応じて、政党からそれぞれ何人当選できるか決める。


⑤④で決められた当選者数に応じて、②で決めた名簿の順位の高い人から当選!


衆議院選挙この二つを両方行い、当選者決定しています!



以上です。
わかりやすく解説できたでしょうか?(ドキドキ)
選挙は皆の生活に大きな影響を及ぼすことなので、興味を持って、ニュースなどをチェックしてみてくださいね(^o^)★


最後までご覧いただきありがとうございました

はじめまして!

今回初めてブログを書かせていただきます、ボランティアスタッフの松山綾花です(^-^)

慶應義塾大学法学部政治学科の4年生です。

タダゼミには昨年入ったのですが、今年度は就職活動のためしばらくお休みをいただいておりました。想像以上に長い就職活動になってしまったのですが、内定をいただいて無事にタダゼミに戻ってくることができました(´;ω;`)

そして10月からは広報を担当することになりました!!今後もこのブログを書いていくかと思いますのでよろしくお願いいたします(*^▽^*)

 

さて、10月30日は普段使っている青葉ケアセンターが工事のため、アンサンブル荻窪にて授業を行いました。

私も初めて行く場所だったので道に迷わないか心配だったのですが、着いてみると教室がすごく広かった・・・!!授業中の先生たちの声が良く響いていました!

 

それではこのあたりで10月30日の授業の振り返りをしたいと思います☆

 

【国語】

評論に取り組みました。文章の内容は「他人に自己を語ること」でしたね!人は、誰かに自分のことを語るとき、相手によって、「自分がどういう人間か」を語り分ける、こんな内容でした!

今回は記述問題がありました。選択式や文中からの抜き出しではなく、自分の言葉で答えを書く。これは文章の内容を自分の中で噛み砕いて理解しなければ、なかなか難しいものです。

読解力を上げるためにも、私は「たくさん文章を読む」ことが大事だと思います!今後もたくさん文章を読んで読解に慣れていきましょう!

 

【理科】

遺伝、消化、動物について、プリントの穴埋めをしながら知識のインプットを行いました。

みなさん空欄の言葉以外にも、先生の言ったことをメモするなど、しっかり授業に取り組んでいましたね!今回の範囲は入試でもとても重要になってきます。ぜひお家もう一度プリントを見直してみてください!

 

【社会】

タダゼミで初めての公民の授業でした。選挙制度など覚えることがたくさんあって大変かもしれません…!でも公民は覚えたもの勝ちです。何度も復習して知識を覚えてしまいましょう!

 

【数学】

演習中心でみなさんガリガリ問題を解いていましたね!私自身、中学生の頃から数学が一番苦手な科目だったのですが、私が思うに数学で大事なことは「解ける問題を確実に正解にもっていく」ことだと思います!解き方を知っていたのに計算ミスしてしまうのはあまりにもったいないです!しかも都立の問題は一問一問の配点が大きい!だからこそ「正確に」を意識してほしいです。

 

【英語】

分詞を勉強しました。分詞で重要なのは、被修飾語と分詞の関係が「能動なのかそれとも受動なのか」を判断すること。そしてそれによって現在分詞と過去分詞を使い分けることです!分詞を含めて文法は長文を読むときの基礎になります!確実に定着させましょう!

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます(^-^)授業の振り返りは以上です。

 

また、前回から「シール作戦」が始まりましたが、少しずつシールが増えて台紙がカラフルになってきました!!この調子でこれからも頑張っていきましょう♪

 

 

 

 

こんにちは!広報の吉澤です(-ω-)/

遅くなりましたが、1016日の活動報告をしたいとおもいます!

 

まずは、前回のブログの最後で紹介した、生徒にやる気を出してらうための工夫についてです!!

タダゼミには3つの拠点があるのですが、そのうちのタダゼミ中央区での工夫を参考にして、タダゼミ杉並においても「シール作戦」を始めました…!\(^o^)

 

シール作戦とは…??

①小テストなどで合格点を設け、その合格点に達した生徒にシールを配ります

②そのシールを全員で大きな台紙に張っていきます

③最終的に、台紙がシールでいっぱいになったときに、秘密の文字が浮かび上がる…!

 

といった仕組みです。

みんなで協力しあって文字を完成させていくことで、連帯感を生み出そう!と考えました。

「宿題や小テストを頑張りたいと思ってもらいたい」という想いを込めています☆

 

それでは、活動報告です。

各教科では以下の単元について授業が行われました。

 

【国語】評論

【社会】明治時代の歴史

【数学】平面図形

【理科】生物の増え方と遺伝

【英語】現在完了形

 

どの教科でも共通しているのが、「入試問題」に取り組み始めているということです。

この時期から少しずつ解きはじめ、年末~年明けからガンガン入試問題を解いていくというスケジュールが理想的であると思います。1112月は学校の勉強:入試対策を7:3ぐらいの割合で行うといいのではないでしょうか!(^^) あとは、「1週間で12教科の過去問を1年分解く」と決めて計画的に解いていくことなどもオススメです!

 

過去問を解くときに気を付けてもらいたいことは、過去問を解いてその点数だけで一喜一憂してしまわないようにすることです。過去問は、今の自分がどこまで解けてどこからが分からないのか知るための道具であるともいえます。せっかく過去問を解いたのならば、解けなかった問題の解説を徹底的に読んで理解するよう努力しましょう。また、次その問題が出たときに解けるようになることが最終目標であると考えましょう!

 

過去問を賢く使って、計画的に入試対策していきましょうね!(^^)

 

 

☆☆☆ 貧困に負けず頑張る子どもたちを

いっしょに応援しませんか? ☆☆☆

ボランティア募集説明会を

11月20日に開催します!!

 

タダゼミってなに?

大学生ボランティアによる中学3年生向けの無料学習支援です。経済的理由で塾に通うことができない中学生に対して、都立入試合格に向けた指導を行っています(^^)

 

タダゼミならではの特徴とは?

タダゼミでは、生徒の隣で個別にフォローをしながら授業を進めています。仲間と切磋琢磨できるという集団授業のメリットと、生徒ひとりひとりに合わせたフォローができるという個別授業のメリットの両方を兼ね備えた新たな形の指導を行っています。多くのボランティアのご協力により、このようなきめの細かい丁寧な指導体系が可能となっています!(^^)

 

こんな人にオススメです☆

・子供が好きな方

・勉強を教えるのが好き、得意な方

・貧困問題や教育格差に興味がある方

・他大の学生や多様な社会人とつながりを持ちたい方

・何かを真剣に頑張ってみたい方 など

 

こんな魅力もあります☆

・カリキュラムにしばられず、自由に教えられる!

・多様なバックグラウンドをもった人々から色んなことを吸収できる!

・同じ問題意識をもつ仲間と出会える!

 

―――――――――――――――――――――――――――

〈説明会>

◆開催日時

11月20日(日)

13:00~ 14:00~ 15:00~ 16:00~ 計4回

(各回1時間程度)

 

各回先着10名様です!!!

少しでもご興味があるかたはぜひぜひご参加ください♪

 

途中参加や途中退出も可能です。

ご都合が合う時間にお気軽にお越しください(^^)

 

◆会場

キッズドア・ラーニングラボ
【住所】〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11八重洲第1パークビル7階
※エレベーターで7階までお越しください
【アクセス】日比谷線「八丁堀」駅 A4出口より徒歩2分
日比谷線・東西線「茅場町」駅 1番出口より徒歩4分

 

◆申し込みはこちら☟

https://ws.formzu.net/fgen/S20457274/

 

―――――――――――――――――――――――――――

 

タダゼミにはこんな人がいます☆

ほっしー(大学1年生 タダゼミ中央区所属 学生リーダー)

<タダゼミに参加した理由>

もともと先輩が参加していて、興味をもっていたから。

<楽しいと思う瞬間>

子どもが「わかった!」と言ってくれたり、納得してくれたとき。

<タダゼミの活動前と活動後の変化>

活動する前は子どもの貧困や学力格差をなんとなくで捉えていたが、活動を始めるとそれらを解決する一助になりたいと思った。

<タダゼミでの目標>

子どもたちに勉強の楽しさをしってもらい、第一志望の高校に行ってもらうこと。

 

みゆ(大学3年生 タダゼミ杉並区所属 英語・広報担当)

<タダゼミに参加した理由>

時間に余裕がある学生の間に、自分にできることをやってみたいと思ったから。

<楽しいと思う瞬間>

子どもたちが授業に興味をもってくれたり、

一緒に楽しくおしゃべりをしているとき。

<タダゼミの活動前と活動後のギャップ>

思っていた以上に、子どもたちとボランティアの先生との絆が深く、子どもたちがとても素直で元気いっぱいなところ。

<タダゼミでの目標>

子どもたちより少し年上なお姉さんとして、

子どもたちのロールモデルのひとつになること。

子どもたちにとってタダゼミを居心地の良い場所にすること。

 

●活動日の具体的なスケジュール☆

活動日は、毎月 毎週日曜日 です!

例)9:00 集合&事前ミーティング

10:00 生徒集合

10:00~10:30 アイスブレイクや宿題の確認

10:40~11:30 国語

11:40~12:30 社会

12:30~13:30 お昼休憩&みんなでトランプやったりもします♪

13:30~14:20 数学

14:30~15:20 理科

15:30~16:20 英語

16:20~17:00 次回のお知らせ&お菓子タイム

17:00 生徒帰宅

17:00~18:00 事後ミーティング

 

活動時間は9:00~18:00ですが、担当の授業の時間だけ、午前や午後だけ、といったように来られる時間だけ来ていただければ大丈夫です!みんなでカバーし合っています!

「忙しくて・・・」「一日中は難しい・・・」「毎週は難しい・・・」という方も大歓迎です!(^^)

 

●Q&A☆

Q1. 参加できない日や全日参加が厳しい日もあるのですが・・・

A. 大丈夫です!事前に伝えてくだされば対応できます。

 

Q2. 交通費は出ますか?

A. 1000円を上限に支給しております!

 

Q3. 5教科すべて教えられる自信がないのですが・・・

A. 大丈夫です!みんなでカバーし合っています。

事前ミーティングでもしっかり共有するので問題なしです!

 

そのほか気になる点がありましたら、説明会当日において、ボランティアにお気軽にお尋ねください。

 

まずは一度説明会でお話をさせていただければと思います!

ご応募お待ちしております!(^^)!

◆申し込みはこちら☟

https://ws.formzu.net/fgen/S20457274/

 

 

最近、急に秋らしくなってきましたね(*^^*)

秋晴れで気持ちの良い天気が続くと、気持ちまでハッピーになりませんか?☀

あざやかな紅葉をみるのも今からとても楽しみです・・・(*´ω`*)

 

一方で、受験が少しずつ現実味を帯びてくる・・・そんな時期でもあると思います。

ここからの粘り強い頑張りが、確実に『合格」に結びついていきます。

急な寒さで体調を崩されることのないよう、みなさんお気を付けくださいね!(^^)

 

 

それでは、10月2日の活動報告に入ります!!

 

タダゼミでは、多くても週に一日しか、生徒に授業をすることができません・・・。

だからこそ、大切になってくるのが、「家庭学習」です。

 

先生に教えてもらうだけでなく、

教えてもらった内容をしっかりと家で復習すること、

そして、学校で出された宿題や提出物にしっかりと取り組むことが、受験生には求められます。

 

今回のタダゼミでは最初に、家庭ではどのように勉強をしているのか、

勉強に関して困っていることはないか、生徒ひとりひとりに個別に聞いていきました。

 

生徒ひとりひとりに寄り添い、課題を見つけ、

その課題を乗り越える方法を一緒に考えていく・・・

 

そんな丁寧な濃い指導ができるのも、

タダゼミの魅力のひとつであると思っています(^^♪

 

それでは、各教科の内容を振り返ります~!

 

【理科】 火成岩,地層のでき方や変形,化石について

都立入試の「大地」に関する大問3が解けるようになるよう、演習を行いました。

 

【社会・地理】 世界の農業について

どのような地域にどのような農産物があるのか、暗記するだけでなく、

表やグラフをいかに正確に読み取るかが重要です!

たくさん問題をこなして、「読み取る練習」をしましょう。

 

【国語】 古典読解・現代仮名遣い

現代仮名遣いを覚える際には、細かい法則を覚えようとするよりも、何度も何度も繰り返し音読することで「音」で覚えてしまうのが、とても覚えやすいと思います!

例えば、同じ曲を何回も聞くことでその歌詞を知らない間に覚えてしまったり、ということがありますよね!(^^)

まずは、教科書の文章を音読してみましょう!

 

【数学】 角度

都立入試での角度の問題が解けるようになるよ、演習を行いました。

 

【英語】 比較級・最上級の文法

比較の文法で最も難しいのが「語順」であり、並べ替えの問題であると思います。

国語と同様に、何度も音読することで、音で覚えてみましょう!

 

 

最後に・・・

 

タダゼミの授業では、毎回、各教科において

小テストを実施したり、宿題を出したりしていますが、

なかなかやる気がでない・・・という生徒もいたりします(>_<)

 

どうしたらやる気を出してもらえるのか・・・

 

タダゼミが終わった後のミーティングで頭を悩ませました。

 

そして。。。あるひとつの案にたどり着きました\(^o^)/

 

その案とはいったい・・・???

これは次回のブログでご紹介したいと思います!

ぜひ楽しみにしていてください♪

 

 

 

 

こんにちは!
今年からタダゼミのボランティアスタッフとして活動している東京大学法科大学院3年の山上大樹と申します!
私は大学院で全国の中高や少年院に法律を教えに行くというサークルの活動に参加していたのですが、また違った角度から教育に携わりたいと思いこちらの活動に参加させていただいております!
 
まず勉強、特に暗記科目を勉強するに際して、私が大事だと思っていることを書かせていただきたいと思います。
 
それは、「覚えられないことを当り前だと思うこと」です。覚えたことをすぐ忘れてしまうと落ち込んだりやる気を失ってしまいがちですが、それは自分がいけないのではなくて人間の脳がそういうふうに出来ているからなのです。
 
1回見たり聞いたりしただけじゃ覚えるのは難しいですが、逆に繰り返せば繰り返すほど覚える度合いは格段に高まっていきます!
 
なので、「忘れちゃうのは当たり前なんだ~」という気楽な姿勢で何回も繰り返しトライしてみることが大事ですし、トライする中で自分流の暗記法を見つけられるはずです!
何度も繰り返すことは全部の科目で絶対に大事なことなので、是非諦めずに頑張ってみてください!
 
 
ここからは、広報の吉澤が9月18日の活動報告をしていきます(*^^*)
 
【社会】
江戸時代の改革などを復習しました。
享保の改革、寛政の改革、天保の改革と3つの大きな改革があります。
(社会科のすのちゃんいわく、享保の改革が入試でいちばん狙われやすいそうです!絶対覚えましょう!!)
 
このように似たようなものを覚えるときは次の順番で覚えましょう!
 
①改革の順番を覚える 享保→寛政→天保
 
②改革とその改革を行った人をセットで覚える
享保ー徳川吉宗(将軍)
寛政ー松平定信(老中)
天保ー水野忠邦(老中)
 
③改革の内容をキーワードで覚える
享保ー目安箱、公事方御定書…
寛政ー寛政異学の禁、囲い米…
天保ー株仲間の解散…
 
ポイントは、大枠の流れを覚えたうえで、誰が行ったの?何を行ったの?というのを付け加えて覚えていくことです!見るだけや、単語を書くだけでは覚えにくいと思うので、自分で表などでまとめてみると、覚えやすくなると思います!(^^)!
 
【理科】
火山とマグマについて復習しました!
マグマのねばりけの強さと火山の形状には関係があるんです!!
 
マグマのねばりけが大きいほど傾斜が激しいドーム型の火山になり、ねばりけが小さいほど傾斜がゆるやかな低い火山になります。
納豆と牛乳の山を想像してみてください・・・
納豆は粘り気が強いため、山の形をとどめると思われますが、
牛乳はどうでしょう?さらさらと流れていってしまいそうですよね((笑)
 
このような感じで、粘り気が強いとか弱いってどうゆうこと?とイメージしながら覚えましょう。また、教科書やネットにある写真などをみて視覚的に覚えると、より記憶が定着しやすくなりますよ!
 
 
午後からは、定期テストが近いということで、
テスト対策チームと授業チームの2つのチームに分かれました。
 
授業チームでは
 
【数学】角度の問題
【国語】古典
【英語】疑問詞を含む疑問文 を行いました(・ω・)ノ
 
そして、最後に「しくじりteacher」という新しい企画が!!!!!!
 
みなさん、「某しくじり○○」というテレビ番組をご存知でしょうか??(笑)
 
先生の失敗談を生徒に話すことで、どうしてそのような失敗をしてしまったのか、どうすればそのような失敗を防げるのか、もし失敗してしまったらどうすればいいのか…といったことを考えてもらうきっかけを作り、生徒たちの勉強へのモチベーションを高めよう!と考えました。
 
 
生徒たちは真剣に話を聞いていました。
最後の感想文では、「勉強を頑張ろうとおもった!」ということを書いてくれた生徒が何人もいて、すごくうれしい気持ちになりました(*^^*)
 
夏休みも終わり、ここから受験に向けて加速が必要な時期です。
受験へのモチベーションを高めていく工夫をこれからも考えていきます!!
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪