みなさまこんにちは(^O^)/

広報の石井です。


今回は特別企画として[タダゼミ]杉並のスタッフの役職と仕事を紹介します!

[タダゼミ]杉並には生徒の前に立って各教科の授業をする教科担当のスタッフと、

生徒や活動の運営をサポートする企画担当のスタッフがいます。


今回は教科担当について紹介します音符

教科担当は授業の内容を決め、

授業で使うプリントなどを準備してそれに沿って授業を進めていきます。

模試の問題を作成することもあります。

各教科の担当スタッフに以下の3つの質問に答えてもらいました。

①授業の進め方

②工夫していること、心がけていること

③やりがい、意気込み



英語

①基本は最初に小テストを行い、そのあとで授業に入ります。

②自分が実際に難しいと感じていた部分は、独自の理解の仕方を交えながら、

できるだけかみ砕いて説明するようにしています。

③生徒の質問に答えた後、「できた!」という声を聞くと本当に励みになります。

英語が苦手な子は多いですが、少しでも得点upできるようにこれからもがんばります!




社会

①プリントに沿って、板書しながら説明します。始めに小テストをすることもあります。

②わかりやすく説明することと、生徒が楽しく学べることを意識しています。

③生徒との距離が近く、一緒に楽しく学べ、生徒の成長を感じられます。



理科

①授業はいつも手書きの穴埋めプリントを埋めてもらいながら進めています。

生徒の皆さんに考えてもらいながら、重要なこと、入試に出やすいことなどをまとめていきます。

②まずは理科に興味を持ってもらい、面白いと思ってもらえるよう心がけています。

学んだ知識を使って演習を行い、解ける喜びを味わってもらえるような工夫もしています。

③生徒が「わかった!」と言ってくれるたびに嬉しくなります。

生徒にとって理科が得点源となるよう、今後も様々な工夫をしながら授業をしていきます。






数学

①必ず前回の授業の復習から授業に入ります。

そのあと内容の説明をして生徒に類題を解いてもらっています。

②できるだけ公式や記号などの意味や必要性、成り立ちを説明することで、

納得して理解できる授業を意識しています。

③生徒が自分の説明で理解してくれることが何よりもうれしいです!




国語

①普段の授業では過去問演習を行っています。徐々にレベルを上げ、

最終的には都立入試の問題なら、どんな難易度のものでも対応できるように演習を進めていきます。

②単に問題を解いているだけではつまらないので、

文章の背景を面白く解説したり、内容を批判したりと、

生徒がいろんな面で成長できるような授業づくりを心掛けています。

③国語力は生徒の人生を通して必要な力なので、重責を感じますが、

その分役に立っているという実感も大きいです。



以上です。



このように教科担当のスタッフは

授業の準備やテスト作成などで忙しいながらも生徒が興味を持って授業を聞き、

成績を伸ばすことができるようにいろいろな工夫をしてくれています。

これからもさらにレベルアップした授業に期待ですね。


最後までお読みいただきありがとうございました(-^□^-)

次回は9月20日の活動報告です。

お楽しみににじ~

AD