おはようございます!

いつもブログを読んで応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます!
また、今朝テレビ朝日の放映を見てアクセスしてくださった方もご覧いただきありがとうございます!
[タダゼミ]に興味を持ってくださった方も多いのではないでしょうか?


[タダゼミ]杉並では大学生限定の新スタッフの募集を行っています!
説明会を開催しますので是非ご参加ください!
説明会の詳細はこちらをご覧ください(*^^*)
http://kokucheese.com/event/index/344450/
皆さんのご参加お待ちしております!


▼今朝の『羽鳥慎一モーニングショー』にて紹介されました!
{52A78BA3-B874-40E7-98EF-46CFA2BEB668:01}


AD
みなさんこんにちは!(^^)

2014年度2回目の更新となる今日は、
このテーマについてお話したいと思います!

「なぜタダゼミの活動が必要なのか?」


■「良い勉強」はお金がなければ受けられない?

東大生の家庭の年収は1000万円以上という話が
一時期話題になっていましたよね。

2012年度の東大の調査では、
57%の東大生の家庭の年収が
1000万円を超えています。

「質の高い」教育を受けるには、どうしてもお金がかかってしまう。

そのわかりやすい例が、この東大のお話です。


どこでそんなにお金がかかるのかといえば、
やはり塾などの学校外の勉強が多いです。

お金をかければ良い教育を受けれるというのは
当たり前とも言えます。

しかし、そもそもその教育を受ける機会が
生まれた時から平等にあるわけでないのが問題と言われています。



では、そのような教育を受けることができない
子供はどれくらい日本にはいるのでしょうか?


■貧困状態の子供が多い日本

厚生労働省の調査では、
日本では6人に1人の割合で
子供が貧困状態にある
と言われています。

ここでいう貧困状態は相対的貧困のことで、
人並みに暮らせる年収以下のお金で生活をしている状態を指します。

OECD諸国と比べても、
日本の相対的貧困率の高さは上位に入るといわれています。

つまり、「質の高い教育」を受ける機会が
少ない子供が日本には6人に1人いるわけです。

このような経済格差により生まれる教育の差が、
「教育格差」と呼ばれるものです。


あまりそういった子供の存在が見えてこないため、
そんなにいるんだ!という実感は持ちづらいですよね。

なんでそんなに貧困状態の子がいるのか、
といえば複数の要因が組み合わさっていますが、
景気の影響や、両親の離婚などが考えられます。


では、教育に差が生まれるとどうなるのか?

高校卒業後の進路が、
家庭の年収によって差が出るというデータが有ります。

簡単にいえば、
年収に差があることで、
子供の将来の選択肢も変わってきてしまうということです。


また、貧困の固定化という言葉があるように、
年収の低い家で育った子供も、
年収が低くなる傾向にあります。

このように、教育格差があることで、
将来の選択肢が限定され、貧困の連鎖が生まれやすくなってしまう

という状態があります。



■塾に行かなくても、自分で頑張って勉強すればいい?

たしかに塾に通わなくても、
自分一人で勉強を頑張ることもできます。

でも、それって結構しんどいですよね。

しかも、わからない問題を
自分一人で解けるようになるのはすごく難しいことです。

学校の先生を頼ることもできますが、
1人の先生が1人の生徒に避ける時間は限られています。

だからこそ、タダゼミでは
生徒ひとりひとりの勉強のサポートをしようとしています。



■タダゼミは勉強と夢をサポートする場

タダゼミでは、
家庭の経済事情で塾に通えない子の
勉強をサポートすることで公立高校の合格を目指し、
貧困の連鎖を断ち切る一歩につなげようとしています。

連鎖を断ち切るという意味では、
より偏差値の高い高校に行けたほうがいいのかもしれません。

しかしタダゼミでは
生徒にとって一番良いと思える進路を
応援したいという思いがあるため、
偏差値の高い高校に合格することは目標にはしていません。

それよりも、

「家の経済事情で、何かを諦めることを当たり前にしてほしくない。」

「自分にもこれができる!という成功体験をして欲しい」



という思いがあるため、
生徒が自分のがんばりに自信を持ち、
胸を張って夢の実現に向かっていけるような
気持ちのサポートを一番大切にしています。



今回のブログはここまでです!

説明がわかりづらいところもあったかもしれませんが、
タダゼミの活動がなぜ必要なのか、
少しでも理解していただけたら嬉しいです!(^^)
AD


こんばんは。元学生スタッフの陰山です。


大関さんに続きまして、今までの活動を

振り返って書かせていただきます。


私は昨年の8月からこの活動に参加しました


この短い期間の中でも、

英語や面接試験の対策を主に任せていただき、

充実した活動ができました。


また、私は都立高校入試対策の指導をするために、

中学校の勉強を復習をしたことがとても

心に残りました。

国語の評論文、理科の星座や

社会では地図の読み方など、

改めて学ぶと楽しいことがたくさんありました。

理科の授業中に、ICカードに

電磁誘導が応用されていることを聞き、

「あ、そういうことだったのか。」

と思ったことがとても印象的です。



また、その楽しさや感動を生徒に伝えることで

勉強の楽しさを共感することができました。



タダゼミでは各教科に担当者を決めて、

その教科の学習を進めています。


授業の教材等もアップされていますので、

ぜひ見てみてください。


さらに、教え上手なスタッフの様子を

参考にしながら指導できるのは、

チームでの活動ならではです。


短期間でしたが、多くのスタッフに支えられて、

この活動を続けることができました。


一人ではできない学びや成長を得ることができるのが、

このタダゼミの活動だと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます!!






































AD

皆様、こんにちわ!

元学生スタッフの大関です!


現在は東北の方に赴任しておりますが、

意外といい環境だなって思ってます!

ただ、寒すぎてまだ桜が咲いておりません!(笑)



さて、前回の荒井さんに引き続き、
卒業するスタッフの一言コーナーです!


荒井さんが素晴らしいことを言い過ぎてしまったので、
僕はちょっと控えめに個人的な事を書こうと思います。




【僕がタダゼミを続けてきた理由】



そもそも僕がこの活動を始めたきっかけは、
なにか今までやったことのないことをしてみたい!
と思ったからでした。



実際何をやろうかと自分を振り返ってみると、
ボランティア精神に乏しいなと思ったのと、
人に勉強を教えるのが好きだなーって思ったので、

本活動に参加してみました。
かなり単純ですね・・・(笑)



いざ活動始めてみると、
未経験のこと、想定外のこと、やっかいなこと、いろいろありましたが、
どれもすごく新鮮でした。
結局4年弱やっていましたが、常に新鮮な気持ちでした(笑)



それと同時に、僕の場合、学校の勉強のいい気分転換になっているなと感じました。
学校の勉強と本活動では、求められること、対象、成果等多くの点で大きく異なるので、
互いの活動が、互いの活動の気分転換になっていました。



同時に二つ、三つの異なることに取り組むのは確かに難しいけど、
僕の場合、交互に注力したりしてうまくモチベーションを維持することで、
意外と双方のモチベーションを高く保つことができたと思います。



さらに、僕ができていたかはわかりませんが、
相乗効果で互いの活動をより豊かにできるかもしれません。



たしかに、1つのことをとことん取り組むのもとても大事だと思いますし、
それで得られる成果もより大きなものにはなると思いますが、
僕にはあまり向いてなかったのかもしれません(笑)



あ、もちろん、本活動をバックアップしてくれた多くの人たちや、
一緒に活動してきた仲間がいたということもすごく大きな理由です!
本当に人に恵まれました。


あとは、子どもの進化を目の前で実感できるのもとてもよかったです!



というわけで、もし気分転換がてら何か新しいことに挑戦してみたい!
という方、もしタダゼミに興味を持ってくれたら、是非参加してみませんか!?

あ、もちろん、タダゼミオンリーでがんばりたい!って方も大歓迎です!


くわしくはこちらへ↓

http://blog.canpan.info/kidsdoor/daily/201403/22



写真等なく、見づらい中、

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


皆様、こんにちはo(^▽^)o

学生スタッフの荒井ゆりです☆

東京は桜が満開となり、お花見日和ですね晴れ


今回より、今年度[タダゼミ]を卒業するスタッフが

毎週交代でタダゼミへの想いを書き綴っていきます!

全5回ありますので、どうぞよろしくお願い致します(^O^)/


まずは・・・



先週の日曜日に2013年度の祝賀会を行いました!



修了証とスタッフ全員からの寄せ書きを渡して、

お菓子を食べながら1年間の思い出と、これからの話に花を咲かせました☆


私は3年間この場に居させて頂いていますが、

毎回ジーンとくるものがあって、涙をこらえるのに必死でした(笑)


[タダゼミ]は、

こう言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、

「勉強が嫌い。」

「やる気がない。」

「一緒に頑張ろうと手を差し伸べてくれる人が少ない。」

そんな状況にいる子どもたちとスタッフが深い信頼関係を築いて、

「高校合格」という大きな目標に向かって一緒に1年間頑張り抜く。

そんな場所が[タダゼミ]です。

何一つが欠けてしまっても[タダゼミ]は成り立たないのです。


信頼関係がないと頑張ろうと思ってもらえないし、

だからと言って、楽しくお話しするだけでは、受験に打ち勝つことが出来ないし・・・。

このバランスの取り方が難しかったなと思います。


確かに、子どもたちの話を聞いていると、

大変なことも沢山あるし、言い訳したい理由もよく分かりました。

少し時間が経つと気づいたことは、

「嫌だ」と逃げていたのは、「どうしたら良いか分からない」という

子どもたちからのSOSなんだなということです。


そのSOSに対して、スタッフは様々な角度からアプローチして、

情熱をもって子どもたちに接していきました。

これも[タダゼミ]の特徴の一つですよね。


そして、小さな成功体験を積み重ねて、少しずつ出来なかったことが

出来るようになっていく。どんなに小さくても、やった!と思う気持ちを糧に前に向かって進んでいく子どもたちの姿は、「勉強なんて嫌いだ」とごねていた時とは異なって、頼もしく見えました。


[タダゼミ]の活動に参加させて頂いて、私は、

スタッフからは、全体を見渡して

物事を様々な角度から見て考えることの大切さを、

子どもたちからは、最後の最後まで諦めないことを学びました。

特に子どもたちからは、私自身大変で辛いことがあった時に、子どもたちも頑張っているから、私も負けられない!と折れそうな心を何度も奮い立たせてくれました。


運営の仕方でも、子どもたちの指導方法でも、もっと良い働きが出来たかもしれませんが、常に全力で、一生懸命に取り組めたことに対しては、何一つ後悔していません。

学生時代にこんなにも貴重な体験をすることが出来て、心から感謝しています。


他のスタッフと比べると私はあまり成長していないように感じるのですが(笑)

[タダゼミ]で得たこと、感じたことを大切に次のステップに進んでいこうと思います。


これからも[タダゼミ]という活動が広く世間に認知されるようになり、

収入格差が学力格差である現状を少しでも脱する方向に進んでくれることを祈っています。

ずっと応援しています。


最後まで御読み頂き、応援して下さってありがとうございました。


タダゼミスタッフの瀬戸山結衣です。
都立入試も終了し、毎週あったタダゼミの活動も今は一段落です。
生徒の皆さんはここまで本当に頑張ってくれました!

さて、今日は教材公開第五弾ということで
これまで使用した理科の教材について、二つの点を中心に紹介させていただきます。
理科を「難しい」「嫌い」「自分とは関係ない世界」ではなく、
「面白い」「好き」「親近感が沸く」と思ってくれる方が増えることを祈りつつ、作ったプリントです!


1.視覚的にも覚えやすい教材
定期試験で理科や社会の問題を解いていると「あ、ここ教科書の右下に載っていた内容だ」と、
視覚的に思い出すことあるかと思います。
視覚的な記憶を手繰り寄せて内容を思い出すことも学習においては効果的であると考えました。
そこで理科の教材では、汚いけど記憶には残りやすいという特徴を持つ私の手書き字を
最大限に活用しました(笑)。



また、イラストも多めに用いています。
教材は穴埋め形式で、生徒の皆さんには私の授業を聞きながら自分で赤ペンで穴を埋めていただきました。
自分の字だとなおさら覚えやすいですし、穴を埋めていく段階でも記憶ができます。
復習にぴったりなプリントだと考えています。


2.現象や物質への親近感のわきやすい教材
理科は、特に物理や化学において、イメージして理解することが非常に難しい科目です。
そのような内容は積極的に擬人化を用いました。







また、難しそうな内容でも実は身のまわりで使われる現象であることを強調した授業をしています。
例えばSuicaやPASMOなどの非接触ICカードは電磁誘導を用いているので電源がなくても作動することや、
お菓子作りでベーキングパウダーを用いるのは炭酸カルシウムの分解反応で生じる二酸化炭素により生地を膨らませるためであること
などを紹介しました。


授業は、前回の内容の確認小テストを行った後、
私の講義聴きながらプリントの穴埋めをやってもらい、
最後に演習を、さまざまな公立高校の入試問題を用いて行っていました。
来年以降の理科がさらに良い授業になるよう、今年度の反省をこれからしっかり行っていきます。

皆様、こんばんは(^O^)/

ご無沙汰しております、荒井ゆりです☆


世間を騒がせているソチオリンピックも大詰めですね三 (/ ^^)/

メダルを目指して一心不乱に頑張る姿を見ると、

結果がどうであれ、とてもグッとくるものがあります。


高校受験にはどうしても結果がつきものです。

でも、だからこそ、最後まで今まで頑張ってきたことを

最大限に発揮してもらえたらいいなと、心から思っています。



前置きはこれくらいにして・・・

では、今回は、社会の教材について紹介させて頂きますv(^-^)v



都立入試で出題される社会は、地理、歴史、公民の3分野と、

”3分野総合”という形で出題されています。


地理は、知識を必要とする問題があることはもちろんですが、

表を読み取る力を見る問題も数多く出題されています。


地理

地理の場合、確実に点数を取ってもらいたいところが、雨温図です。

ほぼ毎年出題されていますし、解き方さえ分かってしまえば

あとは条件に合うものを選ぶだけです。

今年も子どもたちとは、都立の過去問だけではなくて、

他府県の類題を使って何度も問題演習を行いました。


歴史は、なんといっても、流れをつかむことが大切です。

年代の並び替え問題や年表問題がよく出題されるからです。




こればかりは覚えてもらうしかないのですが・・・(^_^;)

少しでも覚えやすいように、年号に語呂を付けてみたり、

寸劇みたく説明してみたりー試行錯誤しながら工夫は凝らしたつもりです。


公民は、基礎知識を身につけることはもちろん、地理と同様に

表を読み取ることも重要になってきます。




また、その時ホットな話題も狙われそうなので・・・(^▽^;)

そういった点も見逃さないようにカバーしていきました。



“社会は暗記科目”と言われ、

覚えることがとても苦痛になってしまている子を多く見てきました。


確かに、覚えないと出来ないことも多くありますが、

表の見かたといった、解き方を知れれば解けるようになる問題もあります。

そういったところから力をつけていってもらい、

「やってみれば案外できるかも!」と言った、

小さな自信から少しずつ前進していってもらえるように努力したつもりです。

その成果が、少しではありますが見え始めてきて、本当に嬉しい限りですo(^▽^)o



入試本番まで、あと2日。

社会はどうしても優先順位が低くなりがちだけれど、

今やれること、やれそうなことをやって、

力いっぱいに本番を迎えてもらえたらいいなと思っています。



今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました☆



みなさんこんにちは!

リーダー兼、国語担当の山田です。
お久しぶりですね。

さて今日は、タダゼミで使っている国語の教材を紹介してみたいと思います!


自分が教材を作るにあたって一番重視しているのは、

「生徒達の現状を分析し、いま最も必要なものを提供すること。」

これが教材を作る上の大前提です。

市販の教材の中にはとてもよくできたものが多いのですが、そもそも都立入試向けの教材が少なく、生徒のレベルの変化にも対応できないんですよね...

という訳で、こういう教材を自分で作ってます!!



これは10月に使った教材なのですが、中国古典への導入を狙って、簡単な都立入試の問題を使いました。

えっ!?何でコピーせずにタイプしてるの? と疑問を抱く方も多いと思いますが、
自分で全文打ち込むことで文章の流れを正確につかむことができるため、授業準備がしやすくなるのです。

問題に手を加えて生徒のレベルにあったものにすることもあります。

生徒の方もコピーした見にくい教材を渡されるよりは、見やすい方がやる気がでてる気がしますね。

裏話ですが、実は市販の過去問集には誤植も多いんです...。



これは解答・解説です。

市販の過去問集では、難しい問題でも解答の根拠がほとんど書いてなかったりすることがあるため、なるべくわかりやすく、簡潔で的確な解説を書くことを心がけています!


今年度は計20回近く国語の授業をしましたが、初めと比べて生徒の読解力は随分レベルアップしました。
その結果が続々とあらわれ始めていて、嬉しい限りです!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の更新もお楽しみに!
みなさんこんにちはビックリマーク

広報の小宮です。
とうとう今年も終わりが差し迫ってきました!
冬休みに向け、タダゼミでは冬期講習の準備が急ピッチで進んでいます!

さて、前々回に告知させて頂いた通り、12月15日に
学生ボランティア説明会を実施しました!!

今回も多くの方々に集まって頂き非常に有意義な時間にすることができました。

以下、当日の内容を写真と一緒に少しばかり紹介させて頂きます!


最初に、当日のスケジュール説明をする大関さんです!

この後、タダゼミの概要の説明活動見学をして
都立入試の説明と同時に、実際にタダゼミですることを体験してもらうために、都立入試の分析とその対策を班に分かれてディスカッションしてもらいました!

その内容をまとめたものが下の写真になります!!
各班かなり深い分析をしていましたグッド!

英語


数学
ボランティア説明会

社会
ボランティア説明会

最後に、現役の学生ボランティアを交えて座談会をしてボランティアをする上で
の気になる点などを質問してもらいました!

今回参加した方々はこの後、早ければ今週にも各拠点で活躍してもらいます、
また、このブログにも近々登場する予定なのでお楽しみに!!


以上です、最後まで見て頂きありがとうございます!!

来週もお楽しみに!!


みなさんこんにちは!
今回は[タダゼミ]杉並の国語担当、山田が更新します!

気づけばもう12月、1年が過ぎるのは早いものです...

さて、7月に同じタイトルで記事を書いたときもそうだったのですが、
[タダゼミ]では今、新規学生スタッフの方を募集しております!

ということで、自分がこの活動に加わって早8ヵ月、色々考えた事の一部を
また書いてみようと思います。

前回は「なぜ勉強をするのか?」という生徒の質問から、勉強をする意味や
楽しさについて考えてみましたが、今回は

「なぜ自分は[タダゼミ]で活動しているのか?」

という自分自身への疑問から、この活動を続けている理由について考えてみたいと思います。


まず何より、「楽しさ」があります。

授業内容や教え方に創意工夫ができるので、教えること自体楽しいですが、
生徒の成長を実感したときの嬉しさから、普段の何気ない会話まで、色んなことを楽しく思います。

思いついたアイデアを臨機応変に実践できたり、生徒と仲良くおしゃべりできたりするのは、こういう活動ならではの楽しさではないでしょうか。

周りのスタッフの方も良い人ばかりで、一緒に活動できて楽しいです。


それと、「自分に自信がもてる」という理由もあります。

教育の商品化が進み、格差が連鎖・拡大していく日本で、それを食い止める活動に参加させてもらっていることに、少なからず誇らしさを感じています。

それだけじゃなく、わかりやすく教える技術や、今必要なことを分析する力、色んなことを企画する力、たくさんの成長をさせてもらってます。


以上は自分の主観です。[タダゼミ]に参加する思いや理由は、一人一人特別なものだと思います。

けれど確かに、[タダゼミ]は生徒もスタッフも共に楽しく成長し、自信を手に入れられる場所なのだろうと思います。

長い文章でしたが、お読みいただきありがとうございました!