• 15 Dec
    • 紙まみれ

      紙まみれ、と言うよりは、紙の繊維まみれと言うほうが正しいだろうか?ティッシュをポケットに入れたまま洗濯した時程ではないが、おらの衣類には大抵紙の繊維がくっついている。始めた頃は、基地から帰る時にガムテープでぴっぴっとくっつけて取り払っていたけれど、ある日思った。なんで?こんなにも好きで好きでたまらないのに、なぜ取り除いているんだろ? (≧ω≦)bこう考えること自体が爆笑もんだけれど、あの時は真面目に考えたんだよ。喫煙者は、あの臭いが苦手なおらにまで臭いを付けていく。香水や化粧品の強烈な香りを纏っている奥様方も、中々に主張している。除菌除菌と除菌を徹底して消毒の匂いがぷんぷんしていたり、気持ちいい香りが1日持続します、という柔軟仕上げ剤を使った衣類を着ている方もいる。それぞれの自由な主張ね。自然界の花の香りは、ほんのり香り、どの花同士が隣り合っていても、柔らかく馴染んで幸せをほのかに運んでくれる。そんなことを考えていたら、おらがおらの大好きな楮の繊維をくつけていて、1日中いい気分で居たって誰も困らないんじゃんと気付いた(^○^;)自分に都合良い理由をこじつけて、一応主張している。

      NEW!

      13
      テーマ:
  • 13 Dec
    • ほう、JR東日本が

      JR東日本が、三井物産と共同で、英国で鉄道運営を開始するのですって。日本のノウハウを活用して、遅延頻発の解消目指すんですって。すごいな~、おいしいこといっぱいあるんだろうな~~~~( ̄^ ̄)おらほの山田線もね、獣がぶつかったりひかれたりして遅れるよ。落ち葉の季節になると、たまった枯葉で車輪が空転して遅れるんだよ。列車の本数がどんどん少なくなって、枯葉がいっぱい積もっちゃうんだよね。先端にブロアーのような、送風機を取り付けたら、なんとかならないかな~って思うんだけど、まあね、乗客少ないからかまわないか。あ~~、今朝はちょっとヘソが曲がってる・・・。

      16
      テーマ:
  • 12 Dec
    • 山の神

      都会では知らないかしら?12月12日、今日は山の神の日。山や木材に関わる方々が、仕事を休んで山の神さまに一年の無事を感謝したり、これからの無事を祈ります。山の神さまは女だとか、男だとか言われますが、おらほの地域では女の神さまです。。山の神さまは焼きもちやきで、節句に美しい女性が山に行くと荒模様になるとか、いい男が行くとさらわれるとか、聞いた子供の頃は女の神さまは怖いと思っていました。だけど、自分が大人になるにつれ、顔は笑って心で泣くとか、胸が張り裂けそうなどと表現したい経験もしてみると、女は皆、山の神さまの烈しさを併せ持つのだと思うようになりました。紙を作るようになって、季節の移ろいと共に暮らしていると、山の神さまのご加護を戴いて暮らしていると実感します。すくすく育つコウゾをみていると、おらも生かされていると思います。今夜は山々を飛び回る山の神さまの、錦の羽織物を想像しながら、静かに過ごす山姥です。

      10
      2
      テーマ:
  • 11 Dec
    • やっぱり来てた!(*^▽^*)

      「道の駅なあど」での手仕事市が14時で終了。10時からの1時間は、もしかして売り上げ0の記録を作るんじゃないか?と、ドキドキだったけれど(・_・;)、珍しく頭が痛くてちょうどよかったのかと今になれば笑える。12時近くなって、知恵熱のような頭痛が治まり、お客様もお立ち寄り下さり、ほっとしたの。14時に撤収して、余力があったので必要な物を求めて少し南下。津軽石川にさしかかったら、カウ、カウ、カウが聞こえた。あ!やっぱり来てた!数羽だから家族かしらね、気持ち良さそうに賑やかに鳴き交わしていた。冬だな~。第2陣、第3陣が来るのにつられて、鮭もおいで。

      15
      3
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 白鳥?

      15時35分、明日の準備を始めていると、基地より上にある市営アパートの親子が楽しそうに話しながら登って行く。その声に混じって、彼方の、カウ、カウ、カウと鳴き交わす独特な声が聴こえる。あ、今年も冬を連れて来たね。例年、暗くなる頃に鳴き交わす声がきこえるのだけど、明るい時間に到着したならほっとする。猫やテンや狐がいないか、確認して休めたらいいものね。カウ、カウ、カウ、を聞いていると、29年前が蘇る。パンをあげようと川の縁にいる、3歳の娘が川に落ちないかと心配しながら、安全な陸地にいる「2ちゃい」の息子を振り返ったら、陸に上がった大きな白鳥達に取り囲まれていた( ̄○ ̄;)ええっ!と思った瞬間、身長90cmにならない息子は、30cmも背が高い白鳥に、持っていたパンを取られたのだ。そのあと2年、川に白鳥がいれば車から降りなかった息子は覚えていないのだけど、あっというまに取られたから怪我しなかった。鳥インフルエンザも知らなかったよい時代に子育てできたのだな~と思う。

      23
      2
      テーマ:
    • ビニールハウス

      じいさんが亡くなった後、ビニールハウスの中の砂漠化に辟易して、自然の雨に頼るべく、屋根部分のビニールを半分剥がしたのが6年前。どんなに水を散布しても土の表面をさっと濡らして流れるばかりだったものが、1回雨が降っただけで劇的に変化した。あの時、自然界の力に、ちっぽけな人間の欲と愚かさを感じたっけ。その後、冬に楮を刈り取って蒸し剥ぎする暮らしになり、中古の業務用蒸し機を譲り受けたら、独立した器が欲しくなった。基地の中だと、基地ごと蒸されると言ったらいいかしら。乾燥が必要な原料や紙までも蒸気の影響を受けそうで、ハウスを活用することにした。長すぎるので、少し摘めてもらった。側面のビニールもよろめいているのだけど、最小限の持ち出しになるよう屋根部分と、摘めて移動した側の張り直しで済ませた。ひと冬ハウスでやって不都合があったら、また考え直すことになる。(*^_^*;)注文してたハウスの屋根のビニールが来て、昨日、なんでも屋さんとその仲間に張っていただいた。もちろん手が足りないからおらも一緒に。明日の手作り市で並べたかったものは完成しなかったけれど、新しい展開を求めて参加しようと思う。

      8
      テーマ:
  • 06 Dec
    • う~、不覚!( ̄○ ̄;)

      先日、魚菜市場に寄った折、新巻き鮭の値段やハラコ(イクラ)の値段をチェックしてみたの。すごい不足なんだね~(T_T)。今、一匹6000円~7000円なら暮れにはどこまであがるかな~。などと思いながら物色中に、水槽で動くものが目に入った。えっ?え~!通り過ぎたのだけどね、バックしてじっくり見たの。んで、鮭の切身を買い求めながら、魚屋のお兄さんに質問・・・「これはアワビだけど、アワビって触覚あったの?」「そうですよ~。ひげのような可愛いのがありますね~」。。。(〃_ _)σ∥おらね、知らなかった。いや、きちんと見たことなかった!いつだって殻が見えたら、アワビ~とわかるから、じっくり見たことなかったな~。60歳という自分の年齢考えると、ちと衝撃(・_・;)知らないことは、まだまだたくさんあるのでしたf(^^;んで、ほら~、結構でしょ?よ~く考えたらね、貝の種類だもの、あっておかしくないのだけど・・・アワビが水槽にいるような鮨屋に連れて行って貰えなかったからとしましょうか。

      17
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 鉢、どうしようか・・

      物置小屋から出した鉢・・・余っております。近くで欲しい方、いませんか?紙漉きする前は草花をいじっていたので、じいさんが用意して使わなかったものはおらが、と思っていました。しかし、紙漉き始めたら、いままでよりずっと自然に近い暮らしになったのに植木鉢に植える余力がなくなりました。と、言うか、そこらここらに生えている、世間で雑草と括られる方々を草を刈りながら見てたら充分な頃合いになりました。雑草と呼ばれる方々に咲く、小さな小さな花々は、じっと覗きこみたくなるほど可憐で緻密なのです。それらの葉っぱに付く朝露は、どんなに小さくても一周360度、垂直方面180度を全部映しているんですよね(*^_^*)そういうのを毎日見てると、充分て思えます。あっ、鉢、ホコリを払えば良かったね捨てるようかな~?

      15
      テーマ:
  • 03 Dec
    • やっぱり師走?

      なんだろな~、やけにあれこれ予定が入ったり、やること増えたり(・・;)のろのろしてるから、も、あるけれど、それにしてもね・・・( ̄_ ̄ i)ま、嫌だと思っている方からは声がかからないのだから、あわただしさは嬉しい限りでござる(〃∇〃)ここ4日は物置小屋の所蔵品だった物たちの仕分けとゴミ処理・・・ずいぶん頑張ったとは思うけれど、むくれられてももう少し早くにやってたら、ずいぶん楽ちんだったね、たぶん。って、振り返ってはいられないのだけれど。昨日はへとへとになって、考えた末、夕方、豊間根の嶋田の湯っこに走りました。もちろんひとりで!丁度誰も居なくて、貸切状態で約1時間、湯船に出たり入ったりしながらゆっくりできました。いつもは婆さん連れて行くけれど、転ばないか、沈まないか、早く上がるから湯冷めしないか・・・んで、送って帰宅すれば20分余分にかかるからね、バトル続きの今回は自分の癒し~(〃∇〃)あ、栗坊を男性だと思っている皆様、山姥だからね、一応女性の籍を持っておりますの、おほほほ。さて、師走。今朝もお弁当持参で基地に行って・・・昨日の続きの片付け~~(T_T)

      12
      テーマ:
  • 02 Dec
  • 01 Dec
    • ペットボトルのキャップ

      友人のお子さんがペットボトルのキャップを集めているのですって。了解!飲んだらね~ (*^_^*)1本飲もうとしたら、ありゃりゃ、くっついてるのもあるんだね~(・_・;)それでもまあ、むりくり引っ張って、引きちぎりましたとさ(; ̄Д ̄)

      16
      2
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 解体②

      物置小屋の荷物を運び出した翌日、外側に貼ってあった黒いトタンを剥がして、板もなるべく剥がしたあと、チェンソーで柱をギュンギュン切って・・・物置小屋は倒れた。45年頑張った物置小屋は、最後の10年で窓枠がだめになったり、雨漏りが始まったり・・・解体は簡単だけど、問題は不要品の始末だ。あきらかに、もう使わない昔のお膳やら、それに使う食器類がある。実家は、古い家で米屋だったそうだけれど、質素な生活だったから高価な物はないし、ヒビがはいっているものめ大事にしまってある。それらを始め、取り置きするもの、処分するものを分ける作業がものすごく大変(・_・;)なにしろ、ひとつひとつに婆さんが悩みながら、嫁時代の愚痴を言うんだもの。うんざりするし、ひとつも進まないんだ。食器の箱を開けるたび、「これをおれは知らない!」が始まる。まさかね。おらが15歳の時に物置小屋に入れたものだもの。どっと疲れてしまうじゃん(*`θ´*)

      16
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 解体

      実家は、おらが中学生の頃に建てかえた。そのときに解体した古い家の材料で物置小屋を建てた。外壁には、屋根に使われていた黒く塗られたトタンを再利用して、窓や引き戸も古いものが使われた。だいぶ前から雨漏りがひどくなって、婆さんと弟がどうするか迷っていたが、ついに建てかえることになった。おらには権利がないから、やるなら早くと思っていたのだけど・・・凸凹曲がった黒くて錆びたとこも、色が剥げたとこもあるトタンが一面に貼られている物置小屋は、ちょっと恥ずかしい気がしていたけれど、いざ解体することになったら郷愁をそそる。内張りの板も柱も、古い家のものだったから。物心ついて、叔父や叔母たちまで総勢12人で暮らしてた頃もあって、おらの原点なのだと思う。柱の黒さもついていた傷も、み~んな大事なものだったのかもしれない。もう使われなくなった、置き去りにされたものが、静かに過ごしていたのだけど、建て替えにあたり、整理をしなければならない。今風の小綺麗な物置小屋になれば、夜になったら柱たちが何か話しているかしらと思える、あの雰囲気はなくなるのだ。福島の方々は、この気持ちの何十倍のやりきれなさを抱えているのだろう。それを考えると今夜も眠れなくなりそうだ。

      18
      テーマ:
  • 25 Nov
    • ふたりでお酒を

      私の好きなの オレンジジュースカフェオレ カルピス しまいはウメッシュ揚げ出し豆腐に 納豆も欠かせないビールは苦くて あんまり呑めないのそれでもたまに 呑みたくなったらひとくち私に くださいね呑みましょうね。ひとりで3時間走った帰路は、眠気をさますために色々考える。さきいかかじると効果的だって、二袋かじって翌日、へたったり。言葉遊びなら眠くならないと考えた替え歌。大好きな梓みちよが歌う「ふたりでお酒を」で、ばっちりなのす。くちずさんでみる?

      20
      2
      テーマ:
  • 24 Nov
    • いいから急いで!

      宮城県古川の叔母に、また来るよと言ったきり久しく行ってないな・・・仙台の叔父が入退院を繰り返しているので様子が見たいな・・・それでも先にやることあるな。そうやってごまかしてきたのだけれど、これより後は、春まで雪道の可能性たっぷりになるし、叔父は83歳だし、連れて行きたい婆さんは87歳だし・・・思い立ったが吉日!22日の夕方、「明日なら連れて行くよ!朝4時出発で」と、婆さんに言った。3時に起きて迎えに走るのはいやだから、基地に泊まった。3時半に起きて、婆さんの部屋を見たら電気が点いていた。よし♪4時、実家の裏口から「おはよう」トイレから出てきて「おはよう」を言った婆さんはパジャマのままだった( ̄□ ̄;)「4時出発だよ!」[仙台に着くのは何時だ?」「いいから急いで!」「わかった。それで何時につきそうだ?」「だから、あんたの準備ができないうちはスタートできないから仙台に着くわけがないだろう!」そして、昨日使っていたお気に入りのマフラーがない!が始まった。4時半にスタート。本来なら仙台市街地に不慣れなおらは、新幹線で行った方が良いのだけど、帰路に古川の叔母にも寄るには車が都合よく、ましてや婆さんは階段が苦手だし、公共交通機関を使っていると日帰りは無理になるから。弟と二人暮らしの婆さんは余所に泊まりたくないのだ。仙台の市街地に不案内なおらは、市街地出の運転は躊躇したく、最小限の公共交通機関も使い、乗車券も持たずに改札を通って行こうとする婆さんの世話をして、おらが改札で引っかかったり、やり直ししているうちにべろべろ反対方向にいってしまう婆さんを引き戻したり。下りのエスカレーターに乗れなかった婆さんは階段に時間がかかるし・・・何度、急いでと言ったのだろう。そうすると立ち止まって「いそぐのか?」と聞かれる。この新幹線に乗らないと駅で1時間待ちぼうけになる。婆さんにすれば1時間は話していればあっという間に過ぎるのだけど、相手をして、帰路にもずっと運転をするおらはどんどん辛くなる。「いいから急いで!」何度返答したのだろ?夜9時に婆さんを送り届けて。トータルの運転時間9時間。ひとりなら仮眠の休憩もとれるけれど、油断すると婆さんの「昔々ね・・・・・」が始まるから。おらが連れて行くと言ったんだもんね( ̄_ ̄ i)新幹線の発車のベルが鳴って、急いでって言っても「これに乗るのか?」って。「いいから早く!」婆さんは「あんなに急いで走ったのは何十年ぶりだ」と自信満々に言った。おらから言わせてもらえば、顔だけが走っていたんだけども(・・;)

      16
      テーマ:
  • 22 Nov
    • カチッと言わないシートベルト

      なんかこう、普通は発生しないようなことが次々発生するのでしょ?郵便物を投函したくて、車を停めた。ドアを開けながらシートベルトを外した。えっ?なんでカチッと外れないの?なんど押しても外ずれず、汗が出てきた。やむおえずくぐって出るかと思ったら外れた(・_・;)10分弱。そういえば前日も違和感あったよ。もう一度試してみたら、ひゃ~(_外すのにまたまた一苦労。今日車屋さんに寄って状況説明したら、グリスかな、スプレーをシュッシュして、大丈夫と言われた。そのあと用足しするたびに車から降りるけれど、一回ではカチッと外れない。スプレーグリスが馴染んだら良いのかしら?シートベルトを装着するたび、ドキドキする。たわいのないことなのだけど、事故で炎上したら、逃げられないかも、なんて妄想してみたり。何日かハサミを積んでおこうと思う。はっ( ̄○ ̄;)運転席から容易に取れるとこじゃないとだめだね。

      18
      2
      テーマ:
  • 21 Nov
    • 丁寧な説明

      「丁寧な説明をして参りました」(・_・)エッ......?はぁっ?(*`θ´*)あ、そうか、丁寧という言葉の意味は解るんだね、一応。問題は、自分のことに置き換えて考える能力が欠落してるってこと?一応日本国籍だよね?風呂敷の広げかたを覚えたら、畳み方も覚えないとね。ま、政治家みんなそうかしらね。畳むのは秘書のお仕事なんだろかな~?

      14
      2
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 命をつなぐ道路?

      あちこち、ちょっぴりずつ出来ている復興道路が、少しずつつながりはじめている。昨日は宮古道路と山田道路がつながった開通式典があった。もちろん嬉しいこと。いざという時に、瞬時に物資を運ぶ道路が必要だと、沿岸を走っている国道45号線より山側を三陸縦貫道が通る。また、内陸部とのルートも、国道106号線沿いを、ザクザク山を切り開いている。どちらのルートが出来ても時間は短縮される。 いつも行きたい東山にも3時間かからないで行けるようになれば素敵。だけどね、いざという時に救援物資を運ぶ道路は、油断すると弱小地域の衰退を招くと、おらは考えている。区界峠の道路沿いにある農家のおじいさんおばあさんが、出荷ではじかれた野菜を安価で並べているけれど、先を急ぐ人はその道路を通らなくなる。つまり、地域の生活道路は置き去りにされかねない。弱小地域の小さなお店屋さんは、もっとお客様が減ったらどうなるだろう。その小さなお店屋さんがなくなったら、地域のお年寄りはどうするんだろう。行政が何とかするだろうと思う方も居るかな?行政は若い衆だから、てくてく歩く高齢者の気持ち、わかるだろうか?のんびり走るおらでも、自動車専用道を40kmで走行する高齢者の車が居るとうんざりする。追い越し車線のほとんど無い沿岸縦貫道はふっ飛びたい車にせっつかれると怖いんだよ。どうか、命をつなぐ道路が、いろんな意味で命を削ぎ落とす道路にならないよう、皆が温かい気持ちで使うことを祈ります。

      16
      テーマ:
  • 18 Nov
    • こっつぁぎ市!

      いよいよ明日、第3回こっつぁぎ市ですっ!今回は駄菓子屋があったり、キッチンカーやお菓子屋さんの出店もありま~す(*^_^*)V明日は8℃との予報ですが、ほっこり足湯もあり、わたあめやカラオケもあります!子供の遊びコーナーも充実しております。え、と、すげ~カッコいいイベントというよりは、どっこも手作りで、ぬくぬくほっこり温かいイベントだと思います。ぜひともおでってくたせんせ。なかりんとなかぴーが待っとります。開催時間は10時から15時までですが、足湯に入りたい方は14時前においでくださいませっ!おらは、わたあめ屋さんで、飽きない程度の大きさのわたあめを配ります。子供優先ではありますが、久し振りにひとくち頬張りたいなぁ、という、昔子供だった方でもお断りしません(≧ω≦)bお声がけくださいスタッフがいくつもストーブを用意しておりますが、余分に一枚羽織ってお出かけくださいませ。

      16
      4
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 雪のように白くって、ホクホク♪

      富子さん宅にかぼちゃをいただきに寄って、そのままお茶までいただき、マッタリ(*^_^*)反射式ストーブにはお湯がかかっていて、アルミホイルものっている。じゃがいもでもないな~?サツマイモなら匂いが違うな~。形状はゴボウに似てるけれど・・・「そろそろ良さそう♪。ほら、短い長芋」と渡されたものはちび長芋。直径2cmくらいかしらね。皮を剥いたら、真っ白でサクサクほくほくの芋が(*^_^*)うんめぇ~(*^▽^*)きっと太い長芋ではこうならない。チンしたり、蒸したらこうならない。ふははは、くちばしの長いおらだから。そしたら富子さんが言った。あっても、面倒くさい人や、こんなの喜ばない人には出さないんだよ。もう20年近く前に一緒に働いた元同僚には教えてもらったことがある。おらが、手作りおやつを持っていくと、いつも美味しそうに食べてくれた。彼女におやつを渡す時は幸せだったな~と思う。美味しいことに感謝し、あなたに食べさせたいのだという気持ちに感謝し戴く。お返しとかはまずは後回し。おいしく戴いて感謝する。そういうことを思い出すほど、短い長芋は純白だったんだ。

      19
      テーマ:

プロフィール

栗坊

誕生日:
針供養の日
血液型:
A型
お住まいの地域:
岩手県

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブックマーク

――――――――――――――――――――――――
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  おでってくたさって、どうもおおきに(‐^▽^‐)

こんにちは!
「どれどれ~?あ~、ほんとだ」が口癖の栗坊です。
体力低下が著しいこのごろですが、ちっちぇ~ワラスにもまげね~好奇心だけは、どんどん磨きがかがっています。
自分の目で、手で確かめたい、すぐへこたれるのにおっきな壁には挑みたくなる、こんな性分の自分がめんけ~と思うようになりました。

時々書き足すHPも見さおでってくたせんせ。

 紙漉き屋 群青HP
  http://kamisukiya-gunjyou.jimdo.com/



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
――――――――――――――――――――――――
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。