食べて美しくやせる!『KAE式朝ジュース×夜スープダイエット』

一時的なダイエットには意味がない。自分に合った食事法でラクに美しくやせる!一生太らない強い身体になる簡単メソッド&レシピをお伝えします。なかなか痩せない方、リバウドを繰り返す方、産後太り等、飽き性な自分でもできた実体験に基づく方法をお届けします。


テーマ:

よく見るサイトのひとつにタニタの「健康応援ネット カラダカルテ」

タニタの健康応援ネット カラダカルテ
というサイトがあります。

今回の記事は「代謝を活発に! 脂肪に変えない食べ合わせ」でした。
知っているようでしらない代謝を上げる食べ合わせについてよくわかります。

子どもでも大人でも食物アレルギーがあると偏食になりがちですが、
できるだけ食べ合わせを考えて、メニューを考えるとよいでしょう。

ダイエットをしてもなかなか痩せない方も参考にしてみてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、引用です。

食事をとれば、無条件にエネルギーになる、骨や筋肉になると思っていませんか?
それは大きな間違いです。

食べたものが、エネルギーや骨・筋肉になるのか、脂肪になるのかは 「食べ合わせ」に大きく影響されるのです。 健康なからだを作る組み合わせのポイントをチェックしてみましょう!



■健康なからだを作る3大栄養素

私たちのからだに欠かせない、3大栄養素はご存じですか?
糖質、脂質、たんぱく質で、これらはそれぞれ別の重要な働きがあります。

私たちがからだの機能を維持して健康的な生活をおくるためには、
この3大栄養素をバランス良く摂ることが大切です。

ですが、これらの食品が無条件にブドウ糖、脂肪酸、アミノ酸になるわけではありません!
ブドウ糖、脂肪酸、アミノ酸となってエネルギーや骨や筋肉に変えるためには必要な栄養素があり、 その栄養素が不足すると、過剰な糖質、脂質、たんぱく質は使われなかった残念な物質として脂肪(皮下脂肪、セルライト、内臓脂肪、脂肪肝など)となって蓄えられてしまいます。


■カロリーを脂肪に変えない食べ合わせのポイント

● ビタミンB1、B2、B6が不可欠!
3大栄養素を脂肪に変えずに使い切るには、ビタミンB1、B2、B6が不可欠です。

・ 糖質の代謝・・・ビタミンB1が必要
・ 脂質の代謝・・・ビタミンB2が必要
・ たんぱく質の代謝・・・ビタミンB6が必要

ですが、これらのビタミンB群は何にでも含まれているものではありません。

例えば、日ごろから手軽に食べたり飲んだりすることができる、
菓子パン、ラーメン、チョコレート、ビールなどには、ビタミンB群はほとんど入っていません。

糖質中心の食生活は、血糖値を上げるだけ上げるのですが、ビタミンB群を一緒に摂らないと
余分な糖質を脂肪に変えてからだに蓄積してしまいます。

つまり、お菓子やインスタント食品をよく食べる人が摂っているカロリーは、
残念ながらうまく代謝されず、脂肪に変わっている可能性が高いのです。

ビタミンB群がほとんど含まれない食品
● 食べ合わせのポイント
せっかく摂った栄養を脂肪に変えずにエネルギーにするにはどうしたら良いでしょうか?

改善のポイントは、ビタミンB群を一緒に含む玄米、胚芽パン、そばなどを主食として摂るか
ビタミンB群を含むたんぱく源のおかずをプラスすることです。
血糖値の上昇を緩やかにすることができますし、腹もちも良くなり一石二鳥です。


「そんなに食べてないのに体脂肪が減らない」と言うあなた、ビタミンB群の摂取が充分かどうか確認してみましょう。


■ビタミンB群摂取状況チェック

間食が多い
お酒を毎日飲む
豚肉かレバーを毎日食べていない
サプリメントでビタミンBをプラスしていない
白米、白いパンをよく食べる
そばよりもうどん
レバー、うなぎは嫌い
魚はあまり食べない
乳製品、大豆製品を毎日食べていない
卵を毎日食べていない
納豆、ぬか漬けは食べない

上記の3つ以上に当てはまる方は、不足の可能性がありますので注意しましょう。

ビタミンB群は、水溶性のため体内に蓄積することができません。
ですから、毎回の食事で摂取する必要があります。

献立をたてる時には、ビタミンB群が摂れる食材をプラスすると良いでしょう。

たんぱく源がそもそも不足している食生活の方は、腹もちが悪く、すぐにおなかがすく傾向があり、間食で食べているものにもビタミンB群が不足しているため、脂肪として蓄積しやすいと言うリサーチ結果があります。

「お腹がすいて何か食べたい」と言う時は、せっかくなら、ナッツや、ヨーグルトなどを間食に
選択してみてはいかがでしょうか。

ビタミンB群をプラスして、しっかり代謝し、脂肪をため込まないからだを作りましょう!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「やせたい、キレイになりたい。」
女性なら誰もが願う願望だと思いますが、強い思いをもってダイエットをしていると、心も身体も疲れ果ててしまうことがよくあります。
そんなときにオススメなドリンクは、心身ともにリラックスできる黒豆のソイラテです。炒った黒豆の香ばしい香りにほっとひと息、ふっと力が抜けて気持ちをリセットすることができます。


黒豆の栄養成分はといえば、体の酸化を防止してアンチエイジングにも効果的なアントシアニン。ブルーベリーにも多く含まれる成分としても有名ですが、しわやしみの原因となる活性酸素を減らしたり、血液をサラサラにするほか、肌荒れや脂肪の吸収を抑えるなど、ダイエットにも効果を発揮します。


「何歳になってもキレイでいたい。年齢に逆らうことなく、自分なりに満足できる見た目でいたい。」そんな想いはきっと一生続くのだろうと思います。ダイエットをはじめる理由にはいろいろあると思いますが、やせたい一心でダイエットに夢中になると、体重の変化に一喜一憂したり、イライラしたり、リバウンドの原因にもなります。


ぜひ、そんなときは心身にうれしい1杯を飲みながら、1日10分でも気持ちをリセットする時間を持つと、食べることへの恐怖心や罪悪感が減ったり、また明日も元気に楽しもう!そんな気持ちにもなれると思います。


よかったら作ってみてくださいね。



■材料(1人分)
黒豆茶 ティーバッグ1袋
無調整豆乳(牛乳でも可) 150ml
黒蜜 (好みのシロップや砂糖でも可) 小さじ2


■作り方
1 耐熱カップに黒豆茶を入れ熱湯(分量外 大さじ2)を注ぐ。ふたをして2分ほど抽出する。
2 1に豆乳を注ぎ入れ電子レンジ(600W) で1分ほど加熱する。好みの量の黒蜜を入れる。



★ポイント
・豆乳や牛乳を美味しく感じる温度は80度程度です。熱いドリンクが好きな方は好みの温度に加熱してみてください。電子レンジであまり加熱しすぎると吹きこぼれる場合があります。
・黒豆茶の代わりにほうじ茶、番茶でも美味しくできます。
・お砂糖はきび砂糖やてんさい糖、黒砂糖、メープルシロップでも美味しくできます。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ねっとりコクのある里芋を使った濃厚アイスです。
アイスによく使う材料の生クリームや卵を使わなくても、里芋の特徴を生かせば、美味しくヘルシーに作れます。
濃厚な口どけに、まろやかな味わい♪卵や乳製品のアレルギーがある方、ダイエット中の方にもおすすめです。

よかったら、試してみてください。


■材料<2人分>
<プレーン味>
里芋 100g
砂糖 大さじ2
牛乳 100ml
レモン汁 少々
あればバニラエッセンス 少々


★アレンジ<フルーツ味>
いちごなどのフルーツを入れる場合は、里芋の2/3の量のフルーツを加えて牛乳を半量に減らします。
いちごはよく洗いへたをとり、耐熱皿に入れて、レモン汁と砂糖を混ぜて、電子レンジで2~3分ほど加熱します。いちごがやわらかくなって赤い汁が出るまで加熱して粗熱をとります。


■作り方
1 里芋は皮をよく洗い、ラップで包み電子レンジ(600W)で5分ほどやわらかくなるまで加熱し、粗熱をとり、皮をむく。
2 1を一口大に切り、ミキサーにすべての材料を入れてなめらかになるまで攪拌する。
3 バットなどの容器に入れてラップをして、冷凍室で3~4時間ほど冷やし固める。
*途中、フォークで2、3回ほどかき混ぜると滑らかな口あたりに仕上がります。
*ミキサーやフードプロセッサーがある場合は、製氷器に入れて冷凍し、攪拌するとさらになめらかに美味しくできます。
*当日か翌日がいちばんおいしいです。時間がたつとモサモサした食感になりやすいです。フードプロセッサー等で攪拌すれば大丈夫です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



甘酸っぱくて爽やか。
パイナップルとバナナのグリーンスムージーです。


朝起きて一口飲めば、気分も爽快。からだの中にスッとしみわたり、
すっきり目覚める1杯です。

パイナップルの栄養成分はといえば、食物繊維にクエン酸。
蒸し暑さからくる身体のだるさをすっきり解消してくれる他、
食物繊維は代謝が落ちやすく便秘になりやすい今の時期、
腸の中を活性化して、元気にしてくれるフルーツです。

バナナの成分はといえば、即エネルギーになる糖質の宝庫。
シャキッと目覚めたいとき、すぐ動きたいときは、スムージーに多めのバナナを入れると効果的です。

よかったら試してみてくださいね。


■材料(1人分)
パイナップル(冷凍) 80g
バナナ(冷凍) 1/2本 (50g)
ほうれん草 1本(30g)
プレーンヨーグルト 大さじ1
水 50ml
*パイナップル、バナナは生でもOK。ただし食感は変わります。


■作り方
下準備 パイナップル、バナナは皮をとり一口大に切り、フリーザー用パックに入れて一晩冷凍しておく。
1 プレーンヨーグルトはグラスに入れる。
2 プレーンヨーグルト以外の材料をミキサーで攪拌する。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





ビタミンカラーで元気アップ!
可愛いオレンジ色のフルーツスムージーです。
定番フルーツ、オレンジとマンゴーにヨーグルトを加えてアレンジ。
ほどよい酸味がきいて、飲みやすい1杯です。

また、マンゴーの果肉をスムージーにごろごろ入れれば、
食べごたえも十分。親子一緒におやつ感覚でも楽しめます。


オレンジの栄養といえば、美肌によいビタミンC。
マンゴーにはビタミンA。さらに牛乳、ヨーグルトでたんぱく質を補えば、
美肌づくりはもちろん、子供の栄養補給にもばっちりです。


マンゴーは、冷凍してあるものでOK。
低価格ですので、デイリーフルーツとして使えます。


よかったら試してみてくださいね。


■材料(1人分)

マンゴー(冷凍) 50g 
オレンジ 1/2個(50g)
牛乳 80ml
プレーンヨーグルト 30ml
飾り用 マンゴー 15g(好みでOK)

1 オレンジは皮をとり、一口大に切る。すべての材料をミキサーに入れて撹拌する。
2 飾り用マンゴーを一口大に切り、1の中に入れる。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ポリポリ♪大根のきな粉スナック



大根ときな粉の簡単デザート。
大根独特の香りや苦味が軽減されて、
スナック感覚でポリポリ食べちゃいます。

大根をサイコロ状にカットして、きな粉をまぶすだけでOK。

大根50gにきな粉大さじ1、砂糖小さじ1をポリ袋に入れてフリフリしたら完成です。

 






 















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

<ビタミンC★★★、食物繊維★★☆>








昔懐かし喫茶店の味といえばクリームソーダ。

親はごくごく飲んでも、あのグリーン色の飲み物は

成長途中の子には、なるべく飲ませたくですね。





そこで、今回ご紹介するドリンクは、キウイフルーツを使ったヘルシーなクリームソーダ。

作り方はとてもカンタンです。

キウイの皮をむいて、果肉をすりおろし器ですりおろし、

好みの甘さに調整をして炭酸水を注ぐだけ。もちろん、トッピングはバニラアイスです。




見た目はもちろん、味もクリームソーダに似た感じ。

カラダにもいい1杯なので、よかったら作ってみてくださいね。





■材料(1人分)

キウイ 2個(皮をむいてすりおろす)

炭酸水 適量

好みでシロップ 大さじ1

バニラアイスクリーム 大さじ1~2





■作り方

1 キウイは皮をむき、すりおろし器ですりおろす。

2 グラスに1とシロップを入れてよく混ぜて炭酸水を注ぐ。

3 バニラアイスを上に添える。

*グラスに角氷を入れると、バニラアイスをのせやすいです。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



真っ白なお砂糖に赤いイチゴ。
赤と白の配色がとってもキュート♪
好きな色の組み合わせにワクワクしながら作ったのは、

甘酸っぱいイチゴの酵素シロップです。


今が旬のフルーツを使った酵素シロップは
レモンやきんかん、かりんなど、いろいろありますが、その中でも発酵途中の香りをいちばん楽しめるのは、いちごのシロップです。


特に冬の寒い時期は発酵に日数がかかるものですが、
お部屋の中に漂う甘酸っぱいイチゴの香りを楽しめると思うと、
やる気がわいてきます。


基本の作り方は毎日手でよく混ぜて、ぬか漬けのように発酵させますが、
はし等で混ぜても、作ることが可能です。
目安の分量は、いちご:お砂糖=1:1。
ジャムを作るよりも少し多めですが、比較的、お砂糖をたくさん入れたほうが、保存性が高くなりますので、おすすめです。


いちごの成分といえば美肌にもよいビタミンC。
パンケーキやアイス、ヨーグルトにかけたり、お肉のソースとしてママレードように使ったり、アレンジも自由自在です。


ぜひよかったら作ってみてくださいね。


■材料
いちご 300g
砂糖 300g


■作り方
いちごはヘタをとる。
煮沸消毒をした瓶に、砂糖、イチゴの順で交互に入れて、砂糖を上にまぶす。
瓶のふたを少しあけておく。毎日、朝夜2回ほどかき混ぜて、10日~14日ほど常温におく。
泡がぶくぶく出てきて発酵したら完成。


★成分 いちご
ビタミンC
いちご1個に含まれるビタミンCはレモンの約半分(10mg前後)。5粒を食べると1日に必要なビタミンCが補給できるといわれます。風邪予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があります。
アントシアニン
イチゴの赤い色素成分であるアントシアニンはポリフェノールの一種で、眼精疲労回復や視力回復によいとされるほか、活性酸素を減らし、がん予防にも効果があるといわれます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




甘酸っぱいパインと爽やかなミントの香り。
お口も気分もすっきり♪フルーティーなワインカクテルです。


パイナップルの果肉がたっぷり入っているので、
ワインに浸かったパイナップルを食べるのも楽しみのひとつ。


イタリアンや和食の後の、デザートカクテルとして、
ブランチタイムにもおすすめです。

使うワインは、フルーツとハーブで味と香りをつけるので、
比較的安いワインでOK。
むしろ安い方が香りや味が強く出ないので、美味しくできます。
できれば辛口よりも甘口を選ぶと、パイナップルと相性がよく、
美味しくできますよ。


そう、ワインとフルーツを合わせる楽しみを知ったきっかけは
海外のリゾートホテルのアフタヌーンシャンパン。

よく旬のフルーツが彩りよく添えられて、一緒にいただくと、とても相性がよいのです。
マリアージュの法則の一つに「似た者同士を合わせる」というものがあります。

かんきつ系のフローラルな香りのする白ワインには、グレープフルーツやオレンジを、

フルーティーで甘口のデザート系ワインなら旬の完熟した甘いフルーツがよいそうです。


また、海外ではフルーツをお料理に使う国も多く、キウイやいちごのフルーツドレッシングを

かけたカルパッチョや魚介とフルーツのサラダ、和食でいえば、イチジクのゴマだれなども
ワインと合わせるととても美味しいです。さらにハーブやナッツを添えて香りや食感を加えると、
ワインとフルーツの楽しみはもっと深まると思います。


よかったら作ってみてくださいね。


■材料(1人分)
パイナップル(小)1/8個分
白ワイン(甘口) 150ml
はちみつ 小さじ1~2
ミントの葉 3~5枚

1 パイナップルは1,5㎝角に切る。白ワインは冷たく冷やしておく。
ボウルに白ワインとはちみつを混ぜ合わる。パイナップル、ミントの葉を漬けて
冷蔵庫で2~3時間ほど経ち、パイナップルの香りがワインにうつったら完成。


★おまけ パイナップルが余ったら

パイナップルとレモンのマリネ(2人分)

レモン汁 小さじ1
砂糖 … 大さじ1/2
パイナップル 150g
ミントの葉  適量

1 ボウルにレモン汁、砂糖を入れてよく混ぜてとかす。
2 カットしたパイナップルを入れて合わせる。
3 器に盛り付けミントの葉を添える。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




華原朋美さんがラジオパーソナリティーを務める番組、

TOKYO FM スカルプDボーテ presents

「華原朋美の寝てる場合じゃないの」に出演しました。

テーマは、美は外側からではなく、内側からが大事!

『ジュース革命!!!』

ということで、いろいろなドリンクをご紹介させていただきました。


実際にスタジオでジュースを作るときは、ドキドキ・・・。

でも、華原さんに、オイシイ!!!!!

といっていただけて、ホントによかったです~。

よかったら作ってみてくださいね。


今回ご紹介したのは、元気になる、キレイになる「究極のジュース」。

まずは「夏の疲れを解消するジュース」3レシピ


★1つめは『トマト甘酒』
材料は、トマト(中)1個(100g)と甘酒(米麹)100ml ストレートのもの
トマトはヘタを上にして、すりおろし器ですりおろす。
器に甘酒を入れ、すりおろしたトマトをゆっくり注ぐ。

飲む点滴といわれ、疲労回復に効く甘酒に、
抗酸化作用の強いトマトをミックス!夏バテ解消に最適の1杯です。


★続いては『りんごとミントと爽快スカッシュ』

材料は、100%果汁りんごジュース100mlとミントの葉 ひとつかみ
炭酸水 50~100ml あれば角氷 適量

グラスにミントの葉、半量のりんごジュースを入れる。
麺棒などでミントの葉をトントンと軽くつぶして香りを出し、 
残りの100%果汁りんごジュースを加える。
それに炭酸水を注いで出来上がり♪


★そして、3つめは『スイカのソルティードッグ』

材料は、スイカ果汁100ml100%果汁グレープフルーツジュース100ml 
塩適量(海塩か岩塩。朋ちゃんは岩塩が絶対良いと思う!と言ってました)
あれば角氷 適量

1、スイカはザルとボウルを重ねて粗ごしをする。
(果汁を絞り、種を取り除く)
2、塩を小皿に広げて、グラスを逆さまに持ち、
ふちにスイカの果汁をつけて、お皿に広げた塩をグラスの周りにつける。
3、好みでグラスに氷を入れ、1とグレープフルーツジュースを加えて完成♪

グレープフルーツのクエン酸で夏の疲れを解消!
スイカのカリウムでむくみをすっきり、
活性酸素から身体を守る抗酸化成分リコピンはシミ・くすみ対策にも。
グレープフルーツは生のものを使うともっと美味しいです。

「スイカの甘いのとお塩が良い感じに合体してるんですよ!


そして、後半では
『秋の夜長におススメのホットドリンク』レシピを紹介しました。


★1つめは『ハチミツ香る♪ローズマリーティー』

材料は、ローズマリー1枝  はちみつ 小さじ2 熱湯 200ml
はちみつ、ローズマリーを器に入れて熱湯を注ぎ、1分ほど抽出すれば完成。

はちみつの香りとローズマリーの上品な香りでリラックス。
ローズマリーには脂肪を燃やす効果も。


★続いては、『ジンジャーハニーミルク』
材料は、牛乳150ml はちみつ 小さじ1
しょうが(すりおろし) 小さじ1/2 チューブでもOK。

全ての材料を耐熱容器に入れて、電子レンジ(600W)で1分半ほど加熱。

カラダがポカポカ温まり、しょうがの香り成分、ショウガオールには
血行を促進し代謝を高める効果も。


★そしてラストは 『シナモン香る スパイシーココア』
材料は、ココア 大さじ1  牛乳200ml 
唐辛子(輪切り)10個ぐらい(辛いのが苦手な人は少なめで)
シナモン(粉末)2振り お砂糖(てんさい糖がオススメ)小さじ2

耐熱容器に、ココアと大さじ1の牛乳を注ぎ、
ダマにならないようにスプーンでよく練り混ぜる。
残りの牛乳、唐辛子を入れ、電子レンジ(600W)で1分半ほど加熱。
よく混ぜてシナモンをふりかけて完成♪ 
好みで唐辛子は取り除きます。唐辛子にはからだを温めるほか、脂肪を燃焼する効果も。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。