映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
サイドウェイ 特別編
SIDE WAYS

アメリカ/ハンガリー 2004年

ポール・ジアマッティ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴァージニア・マドセン、サンドラ・オー


アカデミー賞脚色賞、ゴールデングローブ賞作品賞、脚本賞など数々の賞を受賞



【ストーリー】

~カリフォルニア、ワインロード 人生が熟成していく贅沢な寄り道…~

作家志望のマイルス(ポール・ジアマッティ)は、冴えない英語教師で、2年前に別れた元妻のことを今でも想っているワインオタクな中年男。一方、売れない役者のジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は、一週間後に結婚式を控えた超楽天的な中年男。

大学時代にルームメイトとして出会って以来の親友同士。そんな二人がジャックの結婚祝いを兼ねてカリフォルニアのワイナリーを巡る旅に出発するのだが・・・。




『アバウト・シュミット』のアレクサンダー・ペイン監督の作品。

これ、いいよぉ~~~といろんな方からオススメいただいておりましたが、や~~~と観ました!!



まず最初に!!音楽がいい~~~♪カリフォルニアのワイン畑を車で旅して行く景色も、すこ~しセピア色に見えてしまうくらい、心地好いジャズ!!



この作品、コメディなんだよね?そういうジャンルで賞のノミネートとか受けてるし・・・

大人の映画なんだろうなぁ~~~


それにしても、ポール・ジアマッティはいいですねぇ~。

あの風貌(ベルトがお腹の下になりそうだし、妙にきっちりシャツを入れてるし・・・)といい、妙にワインの薀蓄を語るし。いつも酔っ払ってて、元妻の再婚話を聞いたら、酔っ払って電話するようなヤツ。

でも、冴えないってだけで、繊細そうな部分はちゃんと覗かせてくれている。

ジャックのやんちゃ振りに手をやきながらも、妙に優しい。(自分には無いものを持っているジャックがどこかうらやましいのかな?)


一方のトーマス・ヘイデン・チャーチは、これまたビックリするくらいノーテンキ男を見事に演じておりましたね(演技だよね??)。アメリカの映画ではよく結婚式を前にした男が、独身最後のやんちゃ!をするけれど、ジャックはやんちゃっていうより、無節操!!

あれだけ痛い想いしてるはずなのにまたか~~~???

でもジャックがマイルスに言うセリフは妙に説得力がありましたよ、これにはさすがに笑うしかなかった

「おれにはこれしかないんだ・・・この疼きはお前にはわからん」(苦笑)



彼らが意気投合(?)する二人の女性も個性がありましたね!!

やっぱりこういうカップリングね♪と想った通り!!


マヤとマイルスが二人で話すシーンは良かったな~♪


このくらいの年齢になると、一気に成長するなんてムリ。

恋愛だって、夢だって、前に進むのは大変!だって、現実をしっているから臆病にもなるし、慎重にもなる・・・。

この映画観てたら、どこか寄り道するのっていいなぁ~なんて思っちゃいました。



マイルスとマヤの関係は・・どうなる??ラストがまた粋でしたね~~~








AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏休み最後の土日です。

早いですね~~~

とうとうラストです


今日は朝からお弁当もって海へGo!!

おそるべし太陽の陽射しと戦ってまいりました・・・

(沖縄の陽射しは怖いよぉ~~~~)

個人的にはこんな暑い中、海へなんて自殺行為だから家でビデオでも~と思うのですが

なんせ、元気な娘たちが騒いでおりますので、がんばって行ってきましたわ


というわけで、記事を書くペースが落ちている私です・・・

観た作品を忘れないように題名だけ書いておきます!!


・Mr.インクレディブル(思ったより面白かった!)

・キューティーブロンド2(ああ、やはり続編・・・?。)

・サイドウェイ(いいですねぇ~♪音楽も最高!!)

・シザーハンズ(今更ですが、初めて観ました。ウルウル)


早く記事書きたい~~~~のですが

ヘトヘトで、起きていられるか・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ワーナー・ホーム・ビデオ
エクソシスト2

アメリカ 1977年

リンダ・ブレア、リチャード・バートン、ルイーズ・フレッチャー、キティー・ウィン


【ストーリー】

メリン神父とカラス神父が悪魔払いをしてから4年。教会から派遣され二人の神父が死んだ事件を調査することになったラモント神父(リチャード・バートン)は、リーガンのもとを訪れる。

リーガンは精神医学師タスキン教授(ルイーズ・フレッチャー)のもとで治療中だったが、ラモント神父はリーガンの中にまだ悪魔が取りついている事を確信して、悪魔と戦う決意をするのだった・・・。



う~~~ん。

この作品、駄作とみるかどうか・・・・いろんな意見があります。

まず、前作「エクソシスト」の続編として、あのオドロオドロしい怖さを求めて観ると、これはもう全くダメです・・・(苦笑)怖くありません。。。



でも、なんだろう?

初めてこの映画を観たとき(たぶん劇場公開で観たはず)、まだ小学生だった私は、この映画に暖かいものを感じてしまったんですよ。。。


この作品は『エクソシスト』の解明みたいな内容になっているんですね。

「どうして?どうして私なの??」という悪魔に憑かれたものが言うセリフで象徴しているように、ごく普通に生活をしている、普通の女の子になぜ突然悪魔がとり憑いてしまうのか?


過去に悪魔に憑かれた者(リーガンも含め)は善であるが故に、悪が邪魔をするために悪魔に憑かれる・・・みたいなイメージなんだと思う。

「エクソシスト」が悪魔vs神父(神の使い)だったのと違い、この作品では、自分の中の悪vs善というところにしたんではないなぁ~と思った。


きっと、私がこの作品を最初に観て暖かい感じを受けたのも、リーガンが神父を慕い頼っているのに、実は守ってもいるという雰囲気があるというか、愛情を感じたからだと思ったりしたわけです・・・。



それにしても、精神医が使う機械が変だったり、その機械を紙袋に入れて持ち出したり(時代を感じさせませすねぇ・・・)わおぉ~?!というシーンもありますが、そこを追求すると面白みが無くなってしまいます。



蛇の足:

この作品の謎として「なんでイナゴ??」という方が多いのですが(私もそう思いました)それも宗教的なところから来ているんでしょう。

私はキリスト教徒ではなく、聖書にも詳しくはありませんが・・・

ヨハネ黙示録第9章に(太陽を曇らす暗黒の煙と人間に危害を加える鉄のイナゴ)アバドンというものが出てくるようです。


「オーメン」や「セブン」にも代表されるように、聖書をベースにしている映画は多いですね。

このへんの映画を観て、日本のホラーとアメリカのオカルトの違いは、はやり宗教の違いが大きいと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ラブ・オブ・ザ・ゲーム
For LOVE of the GAME

アメリカ 1999年

ケビン・コスナー、ケリー・プレストン、ジョン・C・ライリー、ジェナ・マローン、ブライアン・コックス


【ストーリー】

デトロイト・タイガースのエースであるビリー(ケビン・コスナー)は、シーズン最後のヤンキース戦に登板した。ケガで故障を抱えるビリーに、女房役のガス(ジョン・C・ライリー)は消化試合だからムリをするなと言うが、引退を勧告されたビリーにとっては大事な試合だった。

一方、ビリーはケガをしたときのしこりで、5年ごしの恋人ジェーン(ケリー・プレストン)から別れを告げられていた。自分の人生の全てである野球ができるか否かの大切な時期、ジェーンの手を振り払い傷つけてしまったからだったのだが、失ってはじめてジェーンとその娘ヘザー(ジェナ・マローン)の存在の大きさに気付いたビリーだった。

そして、運命の試合、ビリーは快調に打者を抑えていくのだった・・・。



ある投手が、優勝目前のヤンキース相手に「完全試合」をするような好投を見せるという、スリリングな試合展開とマウンド上での孤独な戦い(個人的・精神的にも孤独である)。


ビリーの過去の思い出が交錯するので、時間軸が戻ったりで、最初は???と思ったけれど、野球好きの私は一気に観入ってしまいました。

『フィールド・オブ・ドリームス』『さよならゲーム』と、ケビン・コスナーならではの野球ドラマです。

(3つのうちでは一番『フィールド・オブ・ドリームス』が好きです)


ビリーはとにかく野球が全て!たとえ回りの人間が好意で言っていることでも、ケガからの復活に賭けているから、トレーナーの言うことも、ジェーンの言うことにも耳を貸さない。

でも、ラスト近く、一人でベッドに座って泣くシーンは切なかったです(ネタバレになるので、詳しく書けないけど・・・)


監督は、サム・ライミ。

相変らず、映画の予備知識無しに観る私。

この作品は前にも観ていたし(ケヴィン・コスナーにハマッテいた頃)何度も観ているのに、今回エンドロールを見ていて、気付いたのでした・・・(汗)

ふむぅ~、ホラー以外でこういうのも撮るんだ~(って『スパイダーマン』も撮ってる!!)と改めて感動!



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジェネオン エンタテインメント
ミュージック・オブ・ハート DTS特別版
Music of the Heart

アメリカ 1999年

メリル・ストリープ、アンジェラ・バセット、グロリア・エステファン、エイダン・クイン

【ストーリー】

夫に逃げられ意気消沈のロベルタ(メリル・ストリープ)は二人の子供と実家へ戻る。赴任先で購入した大量のヴァイオリンと共に。そこで、たまたま里帰りをしていた同級生ブライアン(エイダン・クイン)の口添えで、ヴァイオリンを教える臨時教員の職にありついた。場所はイーストハーレムの小学校。ブライアンの支えもありロベルタは複雑な家庭環境に置かれた子供たちの指導に打ち込む。ヴァイオリンを見た事も、触ったことも無い彼らに1から始動するロベルタ。彼女の厳しさに戸惑う子供たち。だが、彼らはみるみる上達し、父兄を前に開いた演奏会も大盛況。だが実生活では息子が彼女の離婚以来荒れており、結婚観の食い違うブライアンとも別れた。それから10年。3校に150人の生徒を擁し、受講者を抽選で決めなければならないほどの人気クラスになっていた。ところが突然、市の予算削減のためクラス閉鎖を知らされる。クラスを続けるための資金を得るため、救済コンサートを開くことになったロベルタだったが・・・。



実話をもとに映画化された作品。

おもしろいのは、この作品の監督は『スクリーム』などのホラーの帝王、ウェス・クレイヴン。ビックリ!!


ロベルタを演じるメリル・ストリープは、直接本人に会ってその感性をできるだけ忠実に演じようと努力したらしい・・・。(本人はもっと怖かったと、何かのインタビューで元生徒がはなしていたっけ・・・)

またアイザック・スターン、ジョシュア・ベルなど、有名ヴァイオリニストが特別出演しているのも嬉しい!



貧しい環境に育っている子供たちにとって、ロベルタとの出会いは奇跡に近いものかもしれない。

たまたま彼女が元の学校で大量にヴァイオリンを買っていなければ・・?

彼女が音楽ではなく、他の科目の教師だったら・・?

でも、そんな奇跡がもっと大きな奇跡を生んだんだと思うと、自然と拍手をしてしまった。


恵まれない環境にいると自分の子供の可能性まで不安になる親の気持ちもわかるけれど、希望を持つことが子供たちにとってどんなに大切なことか・・・

そういう意味で、なんだかパワーをもらえる作品だったと思う。



音楽っていいよねぇ~♪

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。