固体動物の伝染性ガンは、
人には伝染しないが
遺伝子組み換えによって
伝染が可能となる!?










ガン細胞のある大変恐ろしい秘密に気がついた!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12082663351.html

 イヌの癌には特殊なものがある。
動物の中で、イヌとタスマニアデビルの2種のみが、
個体間で伝染する癌にかかるのだ。 
イヌの性器に腫瘍を形成するこの種の癌は、
1万1000年前に発生したものであることが、
最新の遺伝学研究で明らかになった。
ずっと生き続けている癌としては最古のものだ。

イヌは人間と同じような癌も発症するが、伝染性の癌の場合は、
腫瘍をもつ個体が交尾をすると、腫瘍の細胞がはがれ落ち、
相手の個体に新たな腫瘍が発生するという形で広まる。
研究によると、この癌の起源は、現生のアラスカン・マラミュートや
ハスキー犬に近い、古代のイヌの1個体だという。

(引用終わり)
-------------------------------------------


以上の記事の続編です。


伝染性のこれらの癌は、なんらかの方法で免疫系をだまし、
自らを異物と認識されないように、あるいはおそらく存在そのものを
認識されないようにしているのです。

イヌやタスマニアデビルだけではなく、人間の世界においても
ずっと生き続けている癌の存在が確かにあります。

世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12171166003.html

人の正常な子宮の重さは、50g前後らしいですが、子宮筋腫や子宮頸がんに
なると、250gや500gを越えるものもあるそうです。
ヘンリエッタさんから採取した子宮の重さを仮に500gとしますと、
培養に次ぐ培養で累計5000トンって云いますから、何倍になるのか?

60年間に 1000万倍 に増殖した計算になります。

ガン細胞は

ウイルスのコロニー か カビ菌のコロニー

である可能性が高くなって来ました。




赤ちゃんの成長
https://www.e-ninshin.com/maternity/1-months-baby.html

赤ちゃんの原型ともいえる、
受精卵の重さは、3/1000000g、大きさはわずか0.1㎜です。

これが出産時には身長が5000倍の50cm、
体重が 10億倍の3000g になるのですから、
いかに大きな成長を遂げるかがわかります。

~ 引用終わり ~








体重は 10億倍 です。 \(゜□゜)/
太古の昔、原核細胞にミトコンドリアが寄生して共生するようになったのが、
右の真核細胞・・・ヒト細胞の原型です。
つまり、ヒト細胞の中の増殖細胞⇒原核細胞が大活躍していたのです。

そして、赤ちゃんとして生まれた時から、増殖率が徐々に下がります。
赤ちゃんの3キログラムから成人の60キログラムになるまでは、
およそ、15倍から30倍 の範囲で増殖し成長が制御されます。
ミトコンドリア>原核細胞・・の領域に突入したのです。

ところで・・・
増殖因子は、ある一定の強い酸の刺激によって活性化されることが分かっています。
無論、他にも複雑に増殖因子はあるとかんがえられますが・・・

しかし、複雑であるにしろ 共通因子 に着目すべきです。
増殖細胞⇒原核細胞は、酸性域 を好む。
カビ菌とウイルスも、酸性域 を好む。
ミトコンドリアは、弱アルカリを好む。

太古の昔・・・
原核細胞は、カビ菌やウイルスと非常に近い存在でした。
人間の体内環境が悪化すれば、ヒト細胞の中の原核細胞が目覚めるのです。

ガンの秘密は太古の昔にあります。
数億年の生物の進化の歴史の中に、その秘密はひそんでいます。
木ばかり見て、森が見えていないでは・・・
本質には到底、迫れないであろうと私は考えています。



基本知識


癌は我々細胞内の「解糖系」と「ミトコンドリア」の鬩ぎ合いの結果生まれる


解糖系(原核生物)古い         ミトコンドリア(真核生物)新

20億年前                    20億年以降
ブドウ糖が大好き                脂質・タンパク質
                        ケトン体+脂肪酸
低温が好き(32℃)              体温(37.2℃)が好き
酸性が好き                  中性・アルカリ性
分裂する                   ほとんど分裂しない
子どもの時に活発               歳とともに活発
交感神経が好き                副交感神経が好き
酸素が嫌い                  酸素が大好き
エネルギー効率が悪い            エネルギー効率が良い
血流が嫌い                  血流が大好き
ステロイドが大好き             ステロイドで弱体化
瞬発力が強い               瞬発力はないが、持久力がある


<結論>

①解糖系が勝利した場合「癌」になるのである。
②高血糖が何より、癌の基礎原因の一番である。
③低体温
④交感神経優位
⑤薬




エリザベス・マーチソン:感染性のガンと闘う
https://www.ted.com/talks/elizabeth_murchison/transcript?language=ja

ガンはなにも特別な疾病ではありません。
しかし通常 ガンが感染するとは 考えられていません。
タスマニアデビルの事例によって ガンは感染する可能性があるだけではなく、
種の存続を脅かす可能性があることも 明らかとなりました。

まず タスマニアデビルとは何でしょう? クルクル回るアニメキャラのタズを
ご存知の方も多いでしょう。
しかし実際に世界最大の肉食有袋類のタスマニアデビルという動物が存在することを
知っている方は多くありません。
有袋類とはカンガルーのように 腹部に袋をもつ哺乳類です。
タスマニアデビルという名前は夜に発する恐ろしい叫び声に由来しています

タスマニアデビルは清掃動物で、強力なあごと鋭い歯で動物の腐った死骸をかみ砕きます。
タスマニアデビルは、オーストラリア南部に位置するタスマニア島という小さな島だけ
に生息しています。
凶暴な外見にもかかわらず、タスマニアデビルは、実際は愛らしい小さな動物です。
実際タスマニアで育った私も野生のタスマニアデビルに出会った時は
いつも 本当に興奮したものです。

しかしタスマニアデビルの数はものすごい勢いで減少しています。
実際に、20〜30年以内に野生のタスマニアデビルが絶減するのではと懸念されています。
この原因は ある感染性のガンの出現です。

始まりは 1996年に野生動物の写真家が撮った顔に大きな腫瘍のある
タスマニアデビルの写真でした。
当時は偶発的なものと考えられていました。
動物にも人間同様に 奇怪な腫瘍ができることがあります。
しかし私たちは、これこそが現在タスマニアで蔓延している
新型のガンの最初の事例であったと確信しています。
この病気は1996年に タスマニア北東部で初めて確認されて以来、
大きな波のようにタスマニア中に広がりました。
現在感染せずに残っているデビルは ほんの一握りです。

タスマニアデビルがこのガンを発症すると、通常、顔面もしくは口内に腫瘍ができます。
これらの腫瘍は この写真のように大きくなってしまいます。
次にお見せする写真は 本当にひどいものです。
これらの腫瘍は否応なしに、このように大きな潰瘍性の腫瘍に進行するのです。

これは、私が実際に目にした初めての事例だったので、特に印象に残っています。
悪臭を放つ潰瘍性巨大腫瘍のために、下あごが外れてしまったこのメスデビルを
目の当たりにした恐怖は今でも覚えています。
何日も物は食べていません。 内臓は寄生虫でいっぱいでした。
腫瘍は体中に転移しています。
それでも彼女は小さな3匹の赤ん坊に母乳を与えていました。
もちろん赤ん坊も死んでしまいました。
幼すぎて母親なしでは生き残れなかったのです。
このメスが生息していた地域では、90%以上のタスマニアデビルが
この病気で死んでしまっています。

タスマニアデビルを襲うこの感染性のガンに、世界中の科学者たちが
大変な興味を示しました。
私達は、すぐにウィルスで感染する子宮頚ガンや色々なガンと関連のある
AIDSの流行のことを考えました。
状況から このガンがウィルスによって感染しているように思われたからです。
しかし、ウイルス感染症でないことが今ではわかっています。
実はこのガンの感染源は 思いもしなかった恐ろしいものでした。
この原因を説明するために、まずガン自体についてもう少しお話しなくてはいけません。

ガンは世界規模で毎年、何百万人もが発症する疾病です。
この部屋にいる方の3分の1は いつかガンにかかるでしょう。
私自身は14歳の時 大腸の腫瘍を摘出しました。
ガンは、遺伝子内で突然変異を生じた1つの細胞がガン化し、
次々に増殖することで発生します。
自然選択は適者生存のはずですが、おかしなことに、これが 増殖するガンに対して
有利に働いてしまうのです。
増殖力の高いガン細胞の一つが 一つ突然変異すると、
それは より効果的に栄養を吸収し増殖力が増します。
その細胞は自然選択の対象となり 体中に一層蔓延するのです。

このようにガンは自然選択を通じ進化するので治療が難しいのです。
薬物を投与しても耐性細胞を成長させるだけです。
驚くことに、適切な環境と栄養があれば、ガンは永遠に成長することが可能なのです。
しかし、ガンは生物の身体を離れることはできません。
ガンが増殖を続けて体中の組織を むしばんでしまえば、
患者の身体もガンそのものも 死んでしまうのです。

ガンは短命で奇妙な 自減的側面を持つ進化論的− 行き詰まりとでも言えましょう。
しかし、ガンが驚くべき進化の適応を果たしたのがタスマニアデビルの事例だったのです。
DNAを解析することで この謎が解けました。
多くの人との共同研究ですが、私が数年前に行った確認実験を通して説明します。

次のスライドは悲惨です。 これはジョナスです。
私達の発見した顔に大きな腫瘍ができたタスマニアデビルです。
私は遺伝学者として、DNAや突然変異の分析には興味があります。
この機会に、ジョナスの顔の腫瘍と身体からいくらかサンプルを取りました。
研究所に持ち帰って、ここからDNAを抽出しました。
ジョナスの顔にできた腫瘍のDNAと身体から採取したDNAを比較してみると、
遺伝子プロファイルは全く異なっていました。
事実、ジョナスと彼にできた腫瘍は、
皆さん自身と皆さんの隣に座っている人ほど違っていました。
つまりジョナスの腫瘍は、自身の体内で生成されたものではなかったのです。
更に遺伝子プロファイルを分析していくと、ジョナスの腫瘍はおそらく、
まずメスのデビルから生じたものだと判明しました、 ジョナスは明らかにオスなのに。

ではなぜ、他の個体で生まれたガンがジョナスの顔で増殖していたのでしょうか?
何百ものデビルのガンを分析していると、重大なことが判明しました。
全てのガンが、同じDNAを共有していたのです。
少し考えて下さい。
つまり、一匹のデビルから発症したガンが、その個体を離れた後、
タスマニア全土のデビルへ広がっていったということです。

しかし、感染はどのように拡大したのでしょうか?
野生のデビルの行動特性を思い返し最後の謎が解けました。
彼らは、お互いを 特に顔を 激しくかじる癖があります。
その時、腫瘍から落ちたガン細胞が 唾液から流入するのだと思います。
かじった時に、生きたガン細胞が別の個体に、いわば移植され腫瘍が生き続けるのです。
このタスマニアデビルガンは、究極のガンかもしれません。
突然変異することで、免疫システムを侵略し、発症した個体外へも拡大を続けます。
私達の知る限り、種を全滅させ得る唯一のガンです。

しかし、タスマニアデビル以外の動物になぜこの現象は見られなかったのでしょうか?
実は、既に起こっているのです。
これは、ケニアのムンバサの 家族が飼っている犬 キンボです。
昨年、股の部分から出血していることに飼い主が気づきました。
獣医に連れて行くと、ひどいものが見つかりました。
血を見るのがいやな人は目をそらしてください。
キンボのペニスの付け根には 出血している 巨大な腫瘍があったのです。
獣医の診断では、性交を介して感染する犬に特有のガンということでした。
このガンもタスマニアデビルの事例のように、
生きたガン細胞の伝播で感染するものです。

驚くべきは、このガンが世界中に広まったことです。
実際に、キンボが感染したのと同じガン細胞がニューヨーク市やヒマラヤ山脈の山村部、
またオーストラリアの奥地にいる犬にも見つかっているのです。
大昔から存在しているのでしょう。
遺伝子指紋法によると、このガンは何万年も前から存在しており、
ネアンデルタール人の時代のオオカミの体内で発症したものである可能性もあるのです。
驚くべきことです。
知りうる限り、哺乳類から派生した最古の生命体です。
まさに、現代に生きる化石なのです。

動物には見られたように、ガンは人間の間でも感染するのでしょうか?
この疑問に大きな関心を寄せたのが1950年代の腫瘍学者チェスター・サウザンでした。
彼は赤の他人のガンを人に植え付けるという実験を行うことにしました。
これは、1957年、オハイオ州刑務所の囚人であった志願者にサウザン医師が
ガンを注射している写真です。
この実験で、ガンに感染した人はわずかに数えるのみでした。
彼らの免疫力は低下しており、いずれにせよ、近々何か病気を患ったことでしょう。

この実験からわかるのは、道徳の問題はさておいて (笑) 、
人間の間でのガン感染は非常に珍しいということです。
しかし、ある条件下では感染する可能性もあります。
このことは、これから腫瘍学者や疫学者に考慮してほしいことです。

最後に、ガンになるのを防ぐ事は細胞の分裂能力と環境適応能力からして不可能です。
だからといって、ガンに屈服する必要はないのです。
実際、ガン成長の複雑な進化の過程を解析することで、
ガンを撲滅することができると思っています。
私個人の目標は、このタスマニアデビルのガンに打ち勝つことです。
彼らが、このガン 絶滅する最初の動物になるのを私達の手で防ぎましょう。

~ 引用終わり ~



管理人

最後に・・・
世界の人口を10分の一にしようと企んでいる連中がいます。
とうの昔に、このタスマニアデビルのガンの実例を知っているはずです。
そして、人間に感染させる研究もしているはずです。
何故なら、究極の『生物化学兵器』になるからです。
これに関する知識も、我々の数千倍あるに違いありません。

遺伝子組み換えの技術を持っていますから、
人に感染させる為の研究をしていない訳がありません。
以前、SARSという感染症が大問題になりました。
(重症急性呼吸器症候群)
これは、どうやらアジア人種のDNAに、特に感染しやすいように
研究された 人工ウイルス だということが分かっています。

タスマニアデビルのガン細胞を遺伝子組み換えした上に、
最大限、培養し・・・大量生産する。
アジア人や黒人の人種特有のDNAに適応させた『殺人生物兵器』を
既に、実験している可能性があります。

例えば、
ワクチンに・・・、コンドームに・・・
他にも、色々と考えられますが。

そもそも、風土病でもないのに・・
鹿児島県に成人T型白血病ウイルスが極めて異常に多いことや、
1998年から1999年を境に、子宮ガンが超をつけてもいいくらいに
異常な激増を示しています。

他にも、おかしなことが色々とたくさんあります。

あなたは、『タスマニアデビル殺人生物兵器』が、
既に、日本や世界で試験的に実行されている可能性があると思いますか?


.可能性は全くない。

.可能性として、少し考えられる。

.可能性としては、大いに有り得る。


コメントするをクリックして、タイトルのところに
A か B か C かでお答え下さい。

尚、タイトルの下にあるコメントという欄には、
自由にコメントをしていただいて構いません。
ご意見のある人は、どしどし書き込んで下さい。



関連記事

ワクチンの中に、
白血病やガンのウィルスを入れないで下さい!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12129660495.html







お知らせ

5月20日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第44号
膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?


まだ届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』

★メルマガ第6号『白血病について』
         〇生還の為に知っておくべきこと!
        〇『白血病について』~重要資料
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者
★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”にガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。
★メルマガ15号 決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?
★メルマガ第16号 東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光

★メルマガ第17号 勇気を失うことはすべてを失うことである。
★メルマガ第18号 がん細胞のボディーガードを光で死滅させる画期的技術を世界に発表!
★メルマガ第19号 高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!
★メルマガ第20号 もしもの危機の時の準備を!
 〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。
★メルマガ第21号 家のローンの変動金利があなたを破産させます!
★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器 機械から、マイナスの電子を
体内に注入出来れば、結果としてマイナスイオンが体内で発生します。
★メルマガ第23号 『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』

★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』
★メルマガ第25号 『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』
★メルマガ第26号 『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』
★メルマガ第27号 『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】
★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』
★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】
★メルマガ第30号 『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』
★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
★メルマガ第32号『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
★メルマガ第33号 『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
 〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!
★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!
★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!
★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!
★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!
★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』
★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!











AD
云々(でんでん)だの出自(でじ)だの
~総理官邸や閣僚を
『国語基礎力強化特区』に指定しよう!









文部科学省副大臣が、「出自」を
「でじ」と発音してはいかんわ!



義家弘介文科省副大臣

誤「でじ」⇒ 正(出自:しゅつじ)
誤「びんせん」⇒ 正(便宜:べんぎ)

義家弘介参議院議員、国会の質問で、教科書副読本「アイヌ民族
/歴史と現在」を激しく非難。「日本国民は単一民族ではなく、さまざ
まな出自のさまざまな民族が含まれる」という部分を、非常に差別的な
言い方で批難しただけではなく、出自を「でじ」と発音。
こんな人が、文部科学省の副大臣だなんて!


安倍晋三

誤「でんでん」⇒ 正(云々:うんぬん)
誤「ばくしんのとも」⇒ 正(腹心の友:ふくしんのとも)






菅官房長官

誤「れんめん」⇒ 正(恋々:れんれん)



麻生太郎

誤「みぞゆう」⇒ 正(未曾有:みぞう)



お笑い「あそうたろう君読み」
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1308.html


漢字 「正しい読み」「あそうたろう君読み」

踏襲 とうしゅう --------ふしゅう
措置 そち------------- しょち
有無 うむ------------- ゆうむ
詳細 しょうさい-------- ようさい
前場 ぜんば------------まえば
未曽有 みぞう--------- みぞゆう
頻繁 ひんぱん--------- はんざつ
実体経済 じったいけいざい--じつぶつけいざい 
思惑 おもわく--------- しわく
低迷 ていめい-------- ていまい
順風満帆 じゅんぷうまんぱん--じゅんぽうまんぽ
破綻 はたん---------- はじょう
焦眉 しょうび-------- しゅうび
完遂 かんすい-------- かんつい
詰めて つめて-------- つめめて
怪我 けが------------ かいが
参画 さんかく---------さんが
偽装請負 ぎそううけおい--ぎそううけあい
所信(表明演説) しょしん(表明演説) しょとく(表明演説)
御祈り おいのり-------ごいのり







加計学園問題 前川前次官が会見で暴露した「疑惑の核心」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/206178/1






https://twitter.com/HAYASHI_twit/status/867701078476771329
週刊新潮によると、こういうことですかね。

吉田大輔元高等教育局長が加計学園の学部新設に反対

官邸が吉田局長をクビに

退職した吉田氏の再就職先を文科省がアシスト

前川喜平事務次官が天下り斡旋の責任を問われ退職

「そもそも」すべては、加計学園をめぐる官邸と官僚の軋轢。




あったことをなかったことにはできない 前川喜平
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2036341.html

「まっとうな行政に戻すことができず、押し切られた」

国家戦略特区における今治市の獣医学部の新設につきまして、
私は文部科学省の側の事務方のトップとして関わってきました。
その間における行政のあり方においては、私は当事者の立場の中で、
疑問を感じながら仕事をしていたと申し上げざるをえない。

今般、国会において、この間の経緯を示す文書が議論され、
野党から問題について政府に対し問いただすということが行われ、
それが本物であるか、存在するかどうかについて文部科学省の中で
調査が行われたと聞いていますが、その結果、こちらの文書については
確認できなかったという結論になったと聞いています。

これについて私は、残念な思いを抱いたわけでありまして、
これらの文書につきましては、私が実際に在籍中に共有していた文書で
ありますから、確実に存在をしていたわけでございます。
このことについて、まず申し上げたい。
もちろん、今回の文書を巡っては、私が発言をすることで、
文部科学省の中にもいろいろと混乱が生じるであろうと思っております。
文部科学省としては「調査はしたけれども確認はできなかった」としている
わけですから、文部科学省としては非常に困った事態になるだろうと思っております。
私の後輩たちや、お世話になった大臣、副大臣にこの件でご迷惑をおかけすることになる。
その点では大変に申し訳ないと思うが、あったことをなかったことにすることは
できないと思っているわけです。














https://twitter.com/rappresagliamth/status/868134302852108289
菅官房長官が会見で「地位に恋々としがみつき、最終的にお辞めになった方」と
前川氏をおとしめる人格攻撃まで。
官邸がここまでエゲツないことをしなければ、前川氏も大々的に記者会見を開いて
洗いざらいブチまけることはなかったのではないか(日刊ゲンダイ)

これは面白い指摘だ






管理人

本当にバカとしかいいようが無い。
冒頭に、「日本の総理は、バカにしかやらせない」の画像を
掲げたのはその為です。
バカなだけではなく、人間として腐りきっている。

森友学園の籠池理事長もそうだが・・・
今回の前川前事務次官にしてもそうです。
安倍総理にとって大変都合が悪いので、このお二人の人格攻撃をすることによって
自らの不祥事を隠蔽しようとしています。

人間というものは、人間としての尊厳を踏みにじられたら、
時として、命の危険さえもかえりみず、怒り立ち上がる時があります。
そのような時、後先のことなんて考えません。
場合によっては、自己の尊厳を護るために命さえも捨てる人がいます。

漢字も読めず、人の心さえも分からない腐りきった人間性の欠如。
そのような連中が日本の政治のトップにいるのです。
私には、これこそが最大の問題ではないかと思っております。

そして、次なる問題は・・・
このようにして立ち上がった人物を更に卑しめるマスコミと
関心も持たずに無関心でいる国民。
こんな国が良くなる訳がない。

森友学園の籠池理事長 と 前川前事務次官 は、
我々がもっと応援すべきではないでしょうか!
当ブログは、今後も注目しつつ応援していく所存です。






お知らせ

5月20日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第44号
膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?


まだ届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!

★メルマガ第43号
私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!










AD
「国立がんセンター」が
『抗がん剤は効かない』ことを認めた!!








遂に「国立がんセンター」が
『抗がん剤は効かない』ことを認めました!!

http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/ab515598fc893ad7784bbd4cad3b3987

 国立がんセンターが、
「抗ガン剤は効かない」ということをようやく認めました!!

文中には「効果少なく」と「高齢患者」と、言い訳が書かれていますが、
それでは若者には効果があるのかな?

そもそも薬の「薬効」が、特定の病気にたいして「何%」効果があれば
「薬」と呼べるのでしようか?

100人の「癌患者」に、投与して何人が治れば「薬」として認可されるのだろうか?
まさか100人の「癌患者」に、投与して2~3人が治れば「薬」というのか!!

現在の「抗がん剤」は、投与して「癌細胞」が少しでも小さくなればいいようで
死滅させる「抗がん剤」は皆無ですから「薬効」のほどが、うかがい知れます。

その程度の「薬効」しかない「抗がん剤」を高額で売りつけるのですから、
「美容院」とは「やらずぽったぐり」の施設であることには、間違いがない!!

既に、whoで禁止されている「抗がん剤」を、日本国内でいまだに使用している
という事は既に「犯罪」のレベルであると言わなければなりません!!

厚生労働省ひいては、「日本政府」が演じる「殺人劇」でしかありませんぞ!!

これまでに聖人君主ずらして、頼ってきた「癌患者」に口八丁、
手八丁で脅しぬいて、「抗ガン剤治療」をすすめおいて、死亡すると、

「最善を尽くしましたが、地から及ばす・・・・。」

「ガンというのは、恐ろしい病気です!!」

と遺族に神妙な顔して、謝罪する医師の姿を多々見てきましたが医局に戻ると
笑顔で看護婦たちと談笑している姿は、悪鬼でしかありません!!

猛毒の抗がん剤をいまだに平然と使用するお前たちのほうが恐ろしい!!

今では「抗ガン剤」は「癌」に対して効果がないということは常識です。



 だいたい「癌」になった京都大学の教授が、

 「抗がん剤は、使用しません!!」

と、代替医療の門をたたくのですから・・・・・・。



 国立がんセンターが、「抗ガン剤治療の無意味さ」を認めたのですから、
現在、抗ガン剤治療を受けている方や、これから治療を受ける方は、
「病院」や「医師」に対して損害賠償を請求することが出来るようになります!!

効果が全く無いのに治療費を受けて、高額医療費を支払ったあげくに
死に至らしめたのですから損害賠償は、当然なのです。

また「病院」や「医師たち」は、死ぬと分かって「抗ガン剤」を投与したのですから
「未必の故意による殺人罪」が適用される事は間違いがありません!!

これで「抗がん剤」で死んでいる「癌患者」数が少なくなることでしょう・・・・!!

年間40万人の癌患者が死亡しています!!

次は、急増する「癌患者」の原因を徹底して調査して、改善しなければなりません!!

原因は、食品に混入されている「化学物質」でしょうがね!!

あの癌の特効薬「オプジーボ」は、ひどいらしいね!!

たいして効かないそうだ!!


(引用終わり)
------------------------------------



管理人

私に言わせれば、国立がんセンターの発表はあまり意味がありません。
高齢患者の自己負担は、2割~1割と若者と比較して少ない。
つまり、それだけ国が負担しなければならないのです。
国の負担金を出来るだけ少なくするのが本当の狙いであろう。





抗がん剤が、高齢患者に効果が少ないと発表したのには
以上のような目的があるのは明白である。
しかし、裏を返せば・・若者には有効と暗に示しています。
いかにも官僚が考えそうな姑息な手法である。


抗がん剤の本質は、殺人薬である。
今更、言うまでもありません。

抗がん剤の主原料は毒ガスの「マスタードガス」です。
抗がん剤の薬品名は色々とありますが、マスタードガスの成分が
8割なのか7割なのか6割なのかの違いだけで、
主役は、やはり・・「マスタードガス」です。


「マスタードガス」が体内に入ると一体どうなるのか???

自衛隊中央病院~より
http://www.group-midori.co.jp/logistic/bc/chemistry/erosion_agents.php


早い話、大量殺戮化学兵器なのである。
暗殺にも使われるし、自殺にも使える。





WHOが公式発表した「ガンの原因となる116の要因」を全掲載
http://indeep.jp/post-340/

▼ 抗ガン剤の主原料となる「マスタードガス」が明記されている。

▼ 幾つもの「抗ガン剤」が明記されている。

「ガンの原因になる薬をガン患者に使う」というパラドックス



管理人

抗ガン剤の使用に関しては、家族の間で骨肉の争いが起こっています。
これが、一番やっかいな問題です。

一例 メルマガへの通報より

あるご婦人Aさんの長男Bさんの奥さんCさんが急性白血病と診断され、
Aさんだけが抗ガン剤の使用に大反対。
長男Bさんと奥さんCさんと彼女の両親は、病院を信じ抗ガン剤の使用にも賛成。

ご婦人Aさんは、長男Bさんに何度も情報提供をし、抗ガン剤の使用を
思いとどまるように何度も説得するも、長男Bさんはブチキレて大激怒・・・

この件に関して、メルマガにも書きました。

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!


私は、ご婦人Aさんに問うてみました。
奥さんCの担当医に聞いてみて欲しいと・・
急性白血病に大きな関連のある『リーキーガット症候群』についての見解を。

ところが・・・
この『リーキーガット症候群』について、担当医は全く知らなかった。
ガ---ン・・・思わず絶句です。 \(゜□゜)/

これでは、急性白血病を治せる訳がない・・・と断言してもいい。



関連記事

★アボカドの成分が白血病の原因
⇒「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12145377387.html


ある厚生労働省の医官のお話
http://ameblo.jp/64152966/entry-12229660841.html








お知らせ

5月20日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第44号
膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?


まだ届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!

★メルマガ第43号
私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!









AD
共謀罪
~国連特別報告者「深刻な欠陥ある法案」
~日本にいる国民の出自を全て明らかにせよ!









2017年5月24日 朝刊

「共謀罪」プライバシー置き去り 
国連特別報告者「深刻な欠陥ある法案」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017052402000119.html


プライバシー権に関する国連特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏が公開書簡で、
「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案に懸念を示したことを巡り、
日本政府が火消しに懸命になっている。
法案の問題点の核心を突かれ、国会審議に影響が出かねないからだ。
ただ、懸念を払拭(ふっしょく)するために丁寧に説明するというよりも、
「国連の立場を反映するものではない」(菅義偉(すがよしひで)官房長官)と
いった切り捨て型の反論が目立つ。 (生島章弘、宮尾幹成)

ケナタッチ氏は二十三日、書簡に対する日本政府の抗議を受け
「拙速に深刻な欠陥のある法案を押し通すことを正当化することは絶対にできない」
とする反論文を公表した。
二十二日には政府の抗議について「中身のない、ただの怒り」
「多々挙げた懸念に一つも言及がなかった」と本紙の取材に回答した。

これに対し、政府も譲る気配はない。野上浩太郎官房副長官は二十三日の記者会見で、
ケナタッチ氏の反論について「速やかに説明する用意があると伝達しているにも
かかわらず、一方的に報道機関を通じて『懸念に答えていない』と発表したことは
極めて不適切だ」と不快感を示した。

野上氏は、書簡に明記された法案の問題点に関しては
「プライバシーの権利や表現の自由を不当に制約するなどの指摘は全く当たらない」と
重ねて強調。質問には「追って正式に書簡で回答する」と語った。

ケナタッチ氏は安倍晋三首相に宛てた十八日付の公開書簡で、法案に盛り込まれた
「計画」や「準備行為」の定義が抽象的なため、
恣意(しい)的に適用される恐れがあることや、
テロと無関係の罪が対象に含まれていると指摘。
プライバシー権侵害を防ぐための措置を回答するよう求めていた。

日本政府はすぐさま国連人権高等弁務官事務所を通じ、ケナタッチ氏に抗議。
菅氏は二十二日の記者会見で「書簡の内容は明らかに不適切」と批判していた。

特別報告者は国連人権理事会から任命され、国別、テーマ別に人権侵害の状況を
調査し、人権理事会や国連総会への報告書を作成する。
報告に法的拘束力はない。
国では北朝鮮やシリア、イランなど、テーマでは表現の自由や女性差別、
貧困などが調査の対象だ。


(引用終わり)
------------------------------







国連報告者のジョセフ・ケナタッチ氏が大激怒!
報ステで独占インタビュー!
「全てを国連に報告する」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16912.html

日本政府に対して共謀罪(テロ等準備罪)法案への懸念を書簡で伝えた
国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏が大激怒しました。
ジョセフ氏は5月23日に放送された報道ステーションのインタビューで
「日本政府からの回答を含めて全てを国連に報告する」と述べ、
今まで以上に強い対応を検討していると言及しています。

日本政府が書簡を無視して抗議したことに激怒しており、
国連として正式に共謀罪への抗議を考えるようです。
菅官房長官は「特別報告者の個人の考え」と反発していますが、
国連も動き出すと状況は大きく変化することになるでしょう。







国連報告者が安倍首相に「共謀罪は人権に有害」の警告文書!
「国際組織犯罪防止条約のため」の嘘も明らかに

http://lite-ra.com/2017/05/post-3181.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter




【もはや公共放送ではない】
NHKが衆議院本会議を中継せずに相撲中継で批判殺到!
「共謀罪」の「強行採決」も中継されず!

https://twitter.com/tokaiama/status/867121442478891008


「共謀罪」強行採決もまだ希望はある!
参院審議入り見送りで会期延長、
加計学園問題を追及し共謀罪も廃案へ

http://lite-ra.com/2017/05/post-3182.html




松本人志がワイドナショーでバカ丸出し
「(共謀罪は)冤罪が多少あってもプラスの方が多い」(リテラ)

http://健康法.jp/archives/30264

これはもう、保守的とか権力に弱いとか、そういうレベルの話じゃないだろう。
22日、衆院本会議で強行採決が予定されている共謀罪。
21日の『ワイドナショー』(フジテレビ)でもこの問題が取り上げられたが、
松本人志がなんと、「いいんじゃないかな」と共謀罪賛成の姿勢を示したのだ。
しかも、テロ防止のために「冤罪もしょうがない」とまで言い切ったのである。

ようするに、松本は何かもっともらしいことを語っているように見せているだけで、
何の知識も情報もないまま、たんに安倍政権のヨイショをしているだけなのだ。

しかも、松本が悪質なのは、テレビで絶対的な権力をもっているがゆえに、
こんなトンデモな意見にも誰も逆らえず、それがまるで正論のように流通してしまうことだ。
そして、ファンはその意見を「さすが松ちゃん」と礼賛し、
ネットニュースはありがたいお言葉として無批判に取り上げる。
そういう意味では、松本は田崎史郎や山口敬之よりももっとタチの悪い
安倍応援団が登場したというべきかもしれない。







管理人

私は最近の調査で驚いたことがあります。
この数十年でお亡くなりになられた超有名芸能人のほとんどが
例の在日系や帰化人か部落なのだ。
俳優、歌手、タレント、司会者・・・
驚くべきことに、9割以上はそうではないかとの疑いがあります。

やしきたかじんさんもそうですが、世論形成に大きな影響力を持つ番組の
司会者なんてのは、ほとんどがそうではないだろうか。
辛坊なんとかっていう人も名前からしてそうでしょう。
たけしさんもお名前が挙がってますが・・・
維新の橋下徹さんは、自分が部落であると自ら告白しています。
竹中もそうです。

以前から話している通り・・・
政治家、官僚トップ、評論家、マスコミ、芸能人、著名人、在日新興宗教・・・
これら連中が、日本と国民に災いをもたらす。

しかし何故か、その出自のほとんどが隠されています。
犯罪を犯した人間も、韓国や北朝鮮の本名ではなく日本の通名しか載りません。
もはや、意図的に仕組まれているとしか言いようがありません。

私は、国内の人間の出自を全て明らかにすべきであると思います。
恐らく、日本国民は驚愕することでしょう。
知っている政治家や芸能人のほとんど全てが、在日や帰化人、部落民だと
知ったら、日本に本当の意味での革命が起こる可能性があります。

ああいったマイノリティの連中しか、日本では成功しない仕組みが確立されている。
会社や企業だって・・みんなそうですよ。
ここ十数年で、飛躍的に業績を伸ばして全国展開している会社や企業を調べて見。
み~んな・・そうだから。

在日系で新興宗教っていえば分かるでしょう。
み~んなつながっている。
私の知り合いの女性経営者は、この大手のライバル店にスパイを送り込まれ
事実上、潰された。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11766281692.html
警察もマスコミもグルだ!


みなさん・・・悲しくないか?
私は悲しい。
そして、猛烈に腹が立つ。

日本は食いものにされ、メチャクチャにされた。
それだけならまだしも・・・
国民の命まで奪われています。
抗がん剤もワクチン、そして、多くの薬も・・・
日常品の化粧品やシャンプー、歯磨き粉、塩素入りの水道水・・
コンビニに置いてあるものを一度調べて見・・・
食べれるものなんて、ほとんど皆無であることに気づきます。
弁当はいうまでもなく、パンの全てにはマーガリン、ショートニングが混入。
飲み物の多くにアスファルテームK。

これで、病気にならないほうがおかしい。
おまけに、病院にいけばトドメを刺される。
これは、組織的に作られたものであることは間違いない。

日本にいる国民の出自を全て明らかにせよ!
唯一、それが日本国民が救われる道だ。
真の独立の動きも芽生えるだろう。




フィンランディア賛歌
http://www.world-anthem.com/march/finlandia-hymn.html


1.
Oi, Suomi, katso, sinun päiväs' koittaa,
Yön uhka karkoitettu on jo pois,
Ja aamun kiuru kirkkaudessa soittaa,
Kuin itse taivahan kansi sois'.
Yön vallat aamun valkeus jo voittaa,
Sun päiväs' koittaa, oi synnyinmaa.


おお、スオミ(フィンランド国民の自称)

汝の夜は明け行く

闇夜の脅威は消え去り

輝ける朝にヒバリは歌う

それはまさに天空の歌

夜の力は朝の光にかき消され

汝は夜明けを迎える 祖国よ



2.
Oi, nouse, Suomi, nosta korkealle,
Pääs' seppelöimä suurten muistojen.
Oi, nouse, Suomi, näytit maailmalle,
Sa että karkoitit orjuuden,
Ja ettet taipunut sa sorron alle,
On aamus' alkanut, synnyinmaa.


おお立ち上がれスオミ 高く掲げよ

偉大なる記憶に満ちた汝の頭を

おお立ち上がれスオミ 汝は世に示した

隷属のくびきを断ち切り

抑圧に屈しなかった汝の姿を

汝の夜は明けた 祖国よ




交響詩「フィンランディア」 





お知らせ

5月20日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第44号
膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?


まだ届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!

★メルマガ第43号
私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!













死の間際にあなたは
何を後悔すると思いますか?








2017年05月23日

「働きすぎの人生だった」 
死の間際にみんなが何よりも後悔する?
あなたは何を後悔すると思いますか? 【投票】

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201705233663940/

一定の年齢になると、人々は年老いたときの事を考えるようになる。
住んでいる場所や話している言葉は重要ではない。
それがたまに発生する仕事でも、定期的な仕事でも、
私たちの頭は仕事でいっぱいになり、
自分や家族のために時間を割くことがなくなってしまう。
歳をとったとき、人は何を後悔するのだろうか?
あなたは何を後悔すると思いますか?

「スプートニク」は、死を前にして人々が後悔したことをリストアップした。
このリストを見て、みなさんは自分の人生を変えたいと思いますか?
自分に最も当てはまると思われる「後悔の声」に投票してください。


1. 「生きたいように生きる勇気が足りなかった。他の人がのぞむように生きていた」

2. 「自分の感情を表す勇気が足りなかったのを悔やむ」

3. 「もっと幸せになることを自分に許せなかったことが残念だ」

4. 「交友関係を保たなかったのが残念だ」

5. 「両親が子供に望んだ人生を歩んでしまったのが残念だ」

6. 「自分のやりたい仕事に就かなかった、
または再勉強して仕事を変える勇気がなかったのが残念だ」

7. 「外国語を1ヶ国語も、あるいは2ヶ国語マスターしなかったのが残念だ」

8. 「学校のいじめっ子に生涯一度も反撃できなかったのが残念だ」

9. 「SNSやスマホゲームに多くの時間を費やしたのが残念だ。
もっと頻繁に電源を切るべきだった」

10. 「働きすぎの人生だった」

11. 「学生時代の友人との連絡が途絶えてしまったのがとても残念だ」

12. 「自分について他人が話すことを心配していたのが残念だ」

13. 「若い頃、悪いグループとつるんでいたのが残念だ」

14. 「大学に行かなかったのが残念だ」

15. 「家族を持たずに一人で生きてきたことが残念だ」


------------------------------------



『我 事において 後悔せず』 宮本武蔵
http://www.mobilkubota.com/manabi/97.html

『我 事において 後悔せず』 宮本武蔵
 「後悔しない」と決意すれば、少しは選択に悩まずにすむのではないでしょうか
 宮本武藏(兵法者/1584?-1645)「五輪書」

==================================================================
 きょうの幸せのヒント 「後悔しない決意」
==================================================================

誰でも、後悔しないように生きたい、と思うでしょう。
でも、人は過ちをおかしてしまうものです。
後悔したり、自分を責めたりしても、つらいだけです。
つい思わず、後悔するようなことを考えてしまうのはしかたがありません。
無意識にですから。
自分の後悔する考え方に気づいたら、そこで「後悔するのはよそう」と
ストップできればいいのだと思います。
後悔をしないように、自分の選択を信じて生きる。
たとえ一時的に悪い結果になったとしても、それをいい経験として生きる。
自分の選択を今後に活かして生きる。
このような決意が大事なのではないでしょうか。

『何か始めてうまくいかなかったら、またやりなおせばよい』 大前研一
   
人生は一度きりだからやり直すことはできない
だから、後悔しないように、やりたいことをやろう
だから、失敗しないようにしよう
人生の中で、本当にやり直しがきかないことは(わずかしか)ない
だから、失敗を恐れずに、思いきってやってみよう

「うまくいかなかったら、またやり直せばいい」というのは当たり前かも
しれませんが、実際に「やり直せばいい」と考えてやりたいことを
始められる人は少ないのではないでしょうか。
「やり直しはきかない」と考える人と、「やり直せばいい」と考える人では、
失敗や挫折をしたあとの生き方が違ってくるような気がします。


------------------------------------


管理人

後悔も、これまた人生の一部。
後悔の無い人生など、ほとんど無いと思います。
また、愚かな人生を歩んだ人ほど
愚かさの本当の意味を一番深く理解出来るといった見方もあります。

後悔も、また必要なものかもしれません。
後悔や失敗があるからこそ、それを機に人は変われるという見方も出来ます。
尤も、時として後悔した時には「時、既に遅し」といった場面もあるでしょう。
何とも、人生とは真に深遠なものであります。

スプートニクの記事の中で私に当てはまるとしたら、さしずめ、
2 の「自分の感情を表す勇気が足りなかったのを悔やむ」・・でしょうか。

中学2年生の時が私の初恋でしたが、幸運にも、両思いであったにも関わらず
相手の女性に、面と向って「好きです。」と言えなかった。
奥手と言われればそれまでの話ですが、早い話、勇気が無かった。

私は、人生のある時まで、勇気が無かった自分を引きずっていました。
臆病だったのです。
しかし、ある時を境に徐々に変わっていった自分の姿がありました。

人間という生きものは、余程のことが無い限り、変わることの出来ない生きものです。
ですが、人は変われるんですね・・・
最近、人が変われることの如何に素晴らしいことかとつくづく思うことがあります。

臆病だった自分が変われた・・・
http://ameblo.jp/64152966/entry-11714633475.html

臆病だった自分への後悔・・自責の念があったからこそ変わっていけたのだと思います。
なので、後悔も決して悪いことばかりでは無いと思います。

悔い多き人生だったと嘆くのもいいですが、
後悔の人生を悔いあらためる機会は誰にも訪れるものです。
その機会にどうするのかが、後悔を悔いるよりも大事なのではないでしょうか。

その人が、一度、決心するということは一大事であることだけではなく
ものすごく大きな意味を持つと考えます。
人の決意からなる想いというものは、自分のみならず、
周囲にも大きな影響を及ぼします。
時には、社会や世界を変えることさえもあるのです。


スプートニクの記事で、1から15までの中で自分に当てはまるものがあれば、
あなたも投票してみてください。
スプートニクのほうでもいいですし、この記事のコメント欄でも結構です。
タイトルに番号を、そして、コメント欄へはどんなことでも構いません。
遠慮せずに書き込んで下さい。

大事なことは、気持ちを文字にすることです。
文字にすれば、意思をはっきりさせることにつながります。
その行為は、明日につながることもあるのではないでしょうか。
文字には、それだけの『チカラ』があると私は信じています。


そして、最後に・・・
人は負けると分かっていても戦わなければならない時があります。
その時において、人は決して後悔などはしない!



Gladiator





お知らせ

5月20日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第44号
膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?


まだ届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!

★メルマガ第43号
私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!











東京・世田谷区立中学校の健康診断で
クラスの半分以上が甲状腺腫の疑いあり
と診断された!?








甲状腺腫
http://ja.healthline.com/health/goiter-simple#Overview1

甲状腺は、のどぼとけの真下にある腺です。
代謝(食べ物をエネルギーに変える過程)などの、
身体の機能を調節するホルモンを分泌します。
また心拍、呼吸、消化、感情の起伏の調節をします。
甲状腺が肥大する状態を甲状腺腫といいます。
甲状腺腫は誰にでも起こりますが、女性に多く見られます。
時には、甲状腺の機能に影響を及ぼします。



東京・世田谷区立中学校の健康診断で
クラスの半分以上が甲状腺腫の疑いありと診断された

http://www.asyura2.com/17/genpatu48/msg/142.html

世田谷区立の中学校に通ってる子供が健康診断で
甲状腺腫の疑いがあるとして赤い色の紙をもらって帰って来た。
聞くところによるとクラスの半分以上が同じ診断を受けているそうだ。
やっぱり放射能の影響がすごい勢いで現れ始めて来た。
テレビではこんなことは絶対に触れないだろう。ショックだ。
 2017年4月28日


甲状腺腫の話ですが、触手での検診で疑いがあるということなので、
甲状腺腫になったと診断された訳ではありません。
今後専門医に精密検査を受けて陽性か陰性かの判断になると思います。
昨年も今年よりは人数は少なかったらしいですが検診で疑いがでた方は
いたようですが甲状腺腫では無かったようです。
2017年5月4日


検診される医師の方にもよると思いますが、疑いがある物を隠さずに
検査していくという姿勢は、とても良いことだと思います。
世田谷区の行政の方々には、良い結果、悪い結果に関係なく
調査したデータを常に公開できるようなシステムの構築を、
今後お願いしたいと思っています。
2017年5月4日


--------(引用ここまで)--------------------


この校医の方は被ばくによる甲状腺疾患が多発していることをよく御存知で、
念のため2次検査を受けたほうがよいと判断されたのでしょう。

実際に2次検査で甲状腺腫と診断される人は一部でしょうし、
甲状腺がんと判定される人はそのまた一部でしょう。

しかし、世田谷もあちこちにホット・スポットがあるので油断は禁物です。

もう一つ懸念されるのが給食です。
ひどく汚染された食材が使われているのではないか。

毎日一緒に食べていれば、
クラスで何人も同じような被ばく被害が出ることは予想できます。

どうせ学校に言ったところで不都合な事実を隠ぺいするだけですから、
生徒の父母が協力して連絡を取り合い、どんな障害がどのくらい出ているかを
把握する必要があるでしょう。

チェルノブイリ原発事故では1000キロ以上離れた西ヨーロッパでも
深刻な健康被害が出ました。

200キロちょっとしか離れていない東京で何があっても不思議はありません。


---------------------------------------


記事へのコメントより

5.
本当不思議に思うが、ニュースなんかで
取り上げなきゃ、電車で急病人が
幾ら出ようが、難病が続々と
発生するようになっても
子供が甲状腺機能障害になっても
癌、白血病院が多発しても
大事にならないもんなんだな。
改めてメディアの威力を知るね。

森友北朝鮮って連日報道してるが
そんなものより身近な放射能
健康被害の方が身近にある
実害なんだがな。
もはや完全に沈黙だな。

テレビって本当誘導の為にある
もんなんだね。
誰の為のテレビだよ。



9.
チェルノブイリ原発事故の影響を調査した、かの長崎大学の論文では、
18-51%の子どもたちに、甲状腺腫が見られた、と報告されている。
(福島県や世田谷区の場合、ヨウ素欠乏による要因は除外できると思う。)

だから、たとえ、半分以上が甲状腺腫と診断されたとしても、驚くべきことではない。

触診と言う方法も、ベテランの先生が行えば、必ずしも不正確で、誤診が起き、
信頼性がないと言うことでは全くない。

最終的な甲状腺腫の診断は、上の論文で述べているように、超音波検査を行って、
一定の要件が満たされれば、下されることになる。

確か、世田谷区の区長は、社会党系の人だったはず、
何故、正確な情報を開示しようと動かないのか?

ヤブロコフ博士の「チェルノブイリ」には、
1988年までは、子どもにおける甲状腺腫は、皆無だったけれど、
1995年には、千人あたり12-3人の子どもに、甲状腺腫が見られた、
と報告されている。

更にホメリなどの汚染地域では、30-40%以上の子どもたちに、
腫れた甲状腺(甲状腺腫)が、見られた、と述べている。

放射線被曝による、子どもの甲状腺障害は、
福島県に限定された問題ではないことが明らかになってくる。



22.
0.5uSv/hもの汚染のあるところに住み、毎日放射性廃棄物レベルのものを
食べさせられていれば、何人もが甲状腺腫の疑いありと言われても不思議はない。
科学的、医学的に考えてあり得ないことではない。

このツイート主も、中学生の子どもさんから聞いたことをそのまま書いただけだろう。

こういったことを可能性も考えずに頭ごなしに否定するのは、
森林火災で放射性微粒子が飛散するはずはない、
デマだと口汚く罵る御用連中と全く同じだ。


---------------------------------------



管理人

仮に、記事に書かれている内容よりも実際には、
かなり甲状腺腫が少ないとしても大きな問題であると思います。

火の無いところには煙は立たないといいますが、
あちこちで煙が出てもことごとく隠ぺいするのが国や自治体の本性ですし、
マスコミに至っては、隠ぺいするに止まらず、完全無視するのが関の山。

今年の3月に、千葉からご夫婦がそろって広島の私の所に来訪されました。
旦那様が、食道ガンになられてご相談に見えられたのです。
無論、このケースなども氷山の一角。
他にもたくさんおられるのは間違いのないところです。
しかし、それが表立って問題になることは決して無いのです。
全てが闇に葬られてしまう。


もみじ
【緊急ニュース】学校給食に福島県産野菜を取り入れた市町村に、
食材購入費用助成金が支払われることが決定

https://blogs.yahoo.co.jp/saki_happy_life777/39245051.html





一昨年、

わたくしに、お電話をくださった方が

おっしゃっていました。

「 学校給食に、福島県産の野菜を使っています 」 と。

その方は、

その事実について、

ご自分を責めていらっしゃる ご様子でした。

しかし、それは、

その方の裁量を超えた 「 現実 」 でした。

なぜ、

危険 だと知りつつも、

県は、「 福島県産の野菜 」 を 奨励する のか ?


なぜ、

「 補助金 」 まで、出す必要があるのか ?


そもそも、

「 学校給食 購入 」 に対して、「 補助金が出る 」 など、

聞いたことがありません。

なぜ、

そこまで しなくてはならないのか ?

なぜ、

「 こどもたち 」 の健康を 最優先に考えられない のか ?

本当に、悔しくなります。


<転載終了>
_________________________



管理人

皆さん、私が何故、今回の記事を取り上げたかお分かりでしょう。
首都圏の大気汚染・・ホットスポット、汚染食材、水道水汚染・・
そして、学校給食に福島県産の汚染食材と・・・
(尤も、福島のみならず関東や東北の太平洋側の野菜や食材もヤバいことに
変わりはありません。)


つまり、状況証拠が山ほど出そろっているのです。
寧ろ、問題にしないほうがおかしいでしょう。

誰かが問題提起しなければ、全て闇に葬られてしまうのです。


そこで、記事とはまた別にもう一つの問題提起をします。

★メルマガ第44号
膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?
から一部を引用します。

膠原病の患者は、圧倒的に女性のほうが多いことがわかっています。
とくに発症しやすい年代は、20~50代です。
一部の疾患では、10代での発症もみられています。

それでは、なぜ若い女性に多いのでしょうか?

20~50代といえば、直ぐに、女性の生理が頭に浮かびます。
生理に付きものなのが、生理痛のお薬です。
生理の痛みのひどい人も結構おられると聞いています。

毎月、生理がある訳ですから、毎月のように生理痛のクスリを飲む訳ですが、
それが、10年~30年と続くことを考えますと、
その蓄積量たるや半端なものではないでしょう。

私は、この生理痛のクスリが一番怪しいと睨んでいます。

膠原病・リウマチ・川崎病・・・ですが、原因は一つだけではないでしょう。

解熱鎮痛剤・・農薬、殺菌薬・・放射能・・重金属、公害物質、環境ホルモン
・・化学添加物・・抗生物質・・抗うつ剤・・電磁波・・

以上の 複合汚染 が、膠原病を発症させている原因とみられます。

若い女性に多い膠原病は、生理痛の痛み止めのクスリが主因と考えられますが、
一方、川崎病は放射能が大きく関係している疑いが持たれています。

但し、主因 というものは特定する必要があります。

アンケ-トを実施します。

若い女性の膠原病の主因は、生理痛の痛み止めのクスリではないか?
(あくまでも幾多ある中の主因です。)

.違うと思う。

.多分、そうだと思う。

.分からない。


コメントするをクリックして、タイトルのところに
A か B か C かでお答え下さい。

尚、タイトルの下にあるコメントという欄には、
自由にコメントをしていただいて構いません。
ご意見のある人は、どしどし書き込んで下さい。


補足しておきます。

内科医の西岡 昌紀 医師 のサイトより

HIVは本当にAIDSの原因か?(7)
https://blogs.yahoo.co.jp/nishiokamasanori/


そして、次の論文に御注目下さい。
この論文は、今、御紹介したブラウンらの論文から5年後の
1979年に発表された論文です。
この論文は、ブラウンらの論文とは違った視点から、
麻薬が免疫系に与える作用を論じた論文で、
彼らの研究は、ヘロインではなく、モルヒネを取り上げて居ますが、
大変重要な事を、AIDSと呼ばれる病気が「発見」される数年前に指摘して居ます。

   
で、訳すと、
「正常なヒト血中Tリンパ球上のモルヒネ及びメチオニン・エンケファリン
受容体を示唆する証拠」と言ふ物です。

即ち、白血球の一種であるリンパ球は、大きくT細胞とB細胞に分けられますが、
そのT細胞と呼ばれる群のリンパ球の表面上に、
モルヒネやメチオニン・エンケファリンと言った物質と結合する分子が存在する様だ、
と言ふのが、この題名の意味する所です。

何の事か分からないと言ふ方もおられるでしょう。
簡単に言へば、Tリンパ球の表面には、
モルヒネ等の麻薬と結合する分子が存在する様だと言ふ事です。
そして、これが、Tリンパ球に対して、麻薬が作用を持つ事を
分子レベルの実験で裏付けて居るのです。


<引用終わり>
---------------------------------






お知らせ

5月20日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第44号
膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?


まだ届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!

★メルマガ第43号
私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!














昨日19日の【共謀罪】の記事への
アクセス数がゼロになっているんだが!?








上の画像は、2014年3月5日のもの。

昨日のアクセス数は、何と34万7,783 \(゜□゜)/
http://ameblo.jp/64152966/entry-11788342547.html


皆さんの古い記憶にあるかもしれませんが、
以下の記事についたアクセス数がなんと34万7,783ありました。

2014年3月4日
知らなかった!ロシアの皆さん、本当に有難う
~氷上の日の丸を囲み世界が黙祷

http://ameblo.jp/64152966/entry-11786213023.html


無論、当ブログにおける1日間の過去最高アクセス数です。
もう、3年と2ヶ月も前の昔の記事です。

ところが、昨日19日の【共謀罪】の記事への1日のアクセス数が
今日朝の9時時点で、ゼロ と表示されています。

共謀罪が衆院委員会で「強行採決」の暴挙!
~NHK中継は無し。
出席予定の安部総理は“敵前逃亡”

http://ameblo.jp/64152966/entry-12276080417.html


不具合でもあったのでしょうか?
或いは、不都合だった・・・?

34万7,783アクセス と 昨日、0アクセスってことで、
怒る気にもならないし・・・
最高と最低アクセスの対比が面白いので記事にしてみました。
アクセス解析のところを何度クリックしても、ゼロはゼロだよ。(笑)
尤も、あとから修正されて表示されるかもしれませんけど。



ところで、これで記事を終わるのも・・
それはそれで面白いのですが、
大変気になるグラフを見つけたので続けます。

1998年から1999年を境に、子宮ガンが超をつけてもいいくらいに
異常な激増を示しています。
通常では決して起こり得ない。
これは、絶対に何か隠された明らかな原因があるはずです。
私は人為的な何かが行われた可能性が高いと思いました。
今後の極めて重要な調査対象になるかもしれません。





例によってアンケートを実施します。

1998年から1999年を境に、子宮ガンが超激増しているのは・・・

.別におかしくも何とも思わない。

.ちょっと、おかしいと思う。

.極めて人為的な犯罪の疑いがある。


コメントするをクリックして、タイトルのところに
A か B か C かでお答え下さい。

尚、タイトルの下にあるコメントという欄には、
自由にコメントをしていただいて構いません。
ご意見のある人は、どしどし書き込んで下さい。







お知らせ

5月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第43号

私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!


届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!




煙が目にしみる









共謀罪が衆院委員会で「強行採決」の暴挙!
~NHK中継は無し。
出席予定の安部総理は“敵前逃亡”








共謀罪が衆院委員会で「強行採決」の暴挙!
安倍首相は加計学園問題の追及恐れ“逃亡”の無責任

http://lite-ra.com/2017/05/post-3169.html

怒号が響くなか、ついに与党が共謀罪を衆院法務委員会で「強行採決」した。
採決の荒っぽさは安倍政権のお決まりとなっているが、
きょうもかなりひどいものだった。

最後の質疑に立った維新の会・丸山穂高議員(ちなみに法務委員ではない)が
「もう30時間も審議した!」「これ以上は意味はない!」と暴言を叫び、
4月21日に法務委で民進党の反発に「テロ行為だ!」というヤジを飛ばした
自民党の土屋正忠・法務委理事がすかさず採決を求める動議を出し、
騒然としたなかで公明党の國重徹議員が附帯決議を読み上げ、
委員長が何を言っているのかわからないまま、
あれよあれよと可決されてしまったのだ。

しかも、これほどの重要法案の採決にもかかわらず、NHKの中継はなし。
さらに、安倍首相は本来、質疑に出席する予定だったにもかかわらず
“敵前逃亡”したのである。

逃げた理由は明白で、安倍首相は加計学園問題の追及を恐れたのだ。
周知の通り、加計学園傘下である岡山理科大学の獣医学部新設に伴い、
「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っていること」という文言が
文科省の資料に明記されていたことが発覚したが、当初、安倍官邸は
「出所不明」「捏造文書」などと言い切って逃げ切るつもりだった。

しかし、昨日の朝日新聞が続報で、文書には打ち合わせ日時や対応した
人名などが具体的に書かれていること、さらには文書内に登場する
日本獣医師会顧問の北村直人氏が「文書に書かれていることは事実だ」と
証言したことなどから、「文書は本物」と認めざるを得ない状況に追い込まれている。
安倍首相はさっさと国民に説明を行うべきだが、
そうした責任を放棄してきょうの法務委から逃げ出したのだ。

いや、加計学園問題だけではない。
安倍首相は共謀罪の今国会成立の先頭に立ってきた責任者である。
それを自分の疑惑説明から逃れるために放り出すとは、
まさしくダブルで無責任の極みだろう。

このように重要法案の採決に首相が出席しない状況で、与党が勝手に決めた
「衆院採決の目安」である審議30時間に達したという滅茶苦茶な理屈で、
共謀罪は強行採決されてしまったのだ。


---------------------------------------



「衆議院無法委員会」
自民党・公明党・日本維新の会ら凶暴な三党の共謀により
「共謀罪」なる悪法が強行採決され来週23日にも衆議院本会議で可決されるだろう。
が、国会の会期末が来月18日であることから参議院での可決も視野に入れるアベは
会期延長も考えているはず。
野党は徹底抗戦あるのみ!!
https://twitter.com/hsggg/status/865439772885397505





うえにし小百合(上西小百合)‏ @uenishi_sayuri
質問の最後が法務委員ではない丸山議員。
強行採決をする為だけに呼ばれた維新の議員。
維新がこの国にとって本当に害でしかない事の象徴。 #共謀罪
https://twitter.com/uenishi_sayuri/status/865336318003355648


安倍首相が「共謀罪」で駆逐したい本当のターゲット
http://ironna.jp/article/5891



共謀罪強行可決のタイミングでTwitterの障害は
ツイッター社による忖度ではと話題 #共謀罪

https://matome.naver.jp/odai/2149517367983718101

兵頭正俊‏ @hyodo_masatoshi · 2時間前
ツイッターがおかしくなっている。
一部の人のリツイートができなくなっている。
自公維が、衆議院法務委員会で共謀罪法案を強行採決してからだ。
犬HKは、この歴史的場面を国民の目から隠した。
犬HKは、今後、ますます国民にとって危険な存在になっていくだろう。
https://twitter.com/hyodo_masatoshi/status/865450225787256832









管理人

「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する
組織犯罪処罰法改正案は19日午後、衆院法務委員会で採決された。

笑えるではないか。
日本におけるテロを取り締まるんだと。
世界や日本のテロのほとんどは、CIA、モサド、MI6によるものだ。
ロシアのプーチン大統領もそのように明言している。
植民地の日本が、そのようなテロを取り締まれる訳がない。
また、戦後、日本国内で実際に取り締まったこともただの一度もない。

つまり、この「共謀罪」~「テロ等準備罪」は、
日本国民を取り締まる為のものであることは明白である。

医師の内海聡さんのブログに面白い記述があった。
日本国内の・・・
政治家、官僚トップ、経済界、新興宗教、マスコミ、著名人、
そして、芸能界のほとんどが純粋な日本人では無いのだそうだ。
自民党清和会なんてのは・・・どうよ???

これはもう有名な話なので、今更、言うまでもない。
内海聡さんの話では、特に、医療~製薬業界のトップもそうらしい。
それで、純粋な日本国民を駆逐するのが、目下の最大の狙いらしい。

在日系の連中が、実際に、純粋な日本国民を抹殺しようとしている。
だから、あらゆる業界のトップ連中が在日系か帰化人なのである。
この仕組みを作ったのは、戦後のGHQ~CIAである。

だから、日本人で愛国心を持つ大物政治家や官僚は、
ことごとく潰されるか暗殺されて来たのである。
邪魔者は消せって訳である。
従がって、残っている有力な政治家がクズばかりなのは当然なのだ。

日本国内で、知らぬ間にクーデターが起こっていたのである。
それをより確かなものにしたのが「不正選挙システム」の完成だ。
だから、もうどうしようもない所まで追い込まれているのが真相だ。
どうあがいても・・・成すすべ無し。

それを解明~告発しようとした人間は抹殺される。
http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html


今回の「共謀罪」も、その流れをより一層強化するのが狙いである。
医療業界の『抗がん剤』と同じだと例えれば分かり易いでしょう。

そもそも、法律なんてものは、恣意的にどのようにも解釈出来る。
問題は、それを運用する連中が何者なのかに尽きる。

安倍政権側のお抱えジャーナリストである山口敬之氏なんて、
強姦しても全くお咎め無し。
逆に、当たり前の真に正しいことを言ったりしたら、徹底的に弾圧される。
その犯罪行為に根拠を与え利用出来る道具が、「共謀罪」なのだ。

純粋な愛国心をもつ日本人は、絶望して・・・
海外移住をする人間が続出する流れが止まらなくなるかもしれんね。

何故、絶望するかって・・・
在日や帰化人による日本支配体制もさることながら、
あまりにも無知・無関心の国民に絶望しているからである。
311当時、被曝の危険性を口にしたら、キチガイ扱いされたと・・
日本各地の到る所で、一体どれだけ聞いたことか。

私も真相を暴露した記事を随分と書いたけど、
関心も支持も大して集まらない。
抗がん剤を打つな・・ワクチンを打つなと書いても・・・
全然、アクセスが拡がらない。
幾ら、洗脳されているといっても限度がある。

私のブログとて、一体いつまで持つか分からない。
今まで、私はごく当たり前のことを書いてきたに過ぎないが・・
もう、駄目かもしれんね・・・この国は。







お知らせ

5月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第43号

私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!


届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!












ある末期ガン患者に起こった奇跡!



WHO先進国ガン死亡率推移
   に見る男女比の違いの謎!?








管理人

日本において、ガンで死ぬ人は男性が女性の2倍以上。
その原因は、会社勤めの男性と専業主婦との差にあると思われます。
一生働き続ける男性は、精神的ストレスと肉体疲労による酸化ストレスが
加わり、免疫力が女性より落ちていくのは否定出来ません。

それに加え、通勤環境や職場環境の要素も少なからずあります。
通勤ラッシュは空気が悪いですし、職場には電磁波が飛び交います。
職場の人間関係には緊張が強いられますし、仕事のノルマに追われ
ストレスは溜まる一方です。
ほとんど自宅にいる主婦の人との差は歴然としています。

男性のタバコの喫煙がよくガンの原因と云われているようですが、
これは真実を覆い隠すプロパガンダの一種だと思っています。
但し、全く関係がないと言っている訳ではありません。
多少あるのは事実でしょう。
ただ、その影響は微々たるものかもしれません。

以下のグラフをご覧下さい。
おかしい事に気づかれるはずです。





1960年当時、国民の喫煙率が80%で年間の肺ガン死亡者が4千人ほど。
それからほぼ50年経った2009年においては、
喫煙率が半分に落ちたにも関わらず、肺ガン死亡者が2千人になったのではなく、
5万人を軽く超えています。
つまり、喫煙率が半分になったのに、肺ガン死亡者が13倍に増えているのです。

これの意味するところは、本当の真犯人が別にいるという事です。
少なくとも、タバコの実害はせいぜい数%程度のものでしょう。
大学の数学の先生なら、統計的にそのような『解』を導き出すはずです。
もっとも、それでも身体に悪いものは悪いと言われる人もおられるでしょう。
見方によっては、長い年月をかけて悪くなったのが今現在の結果だと
強く言い張る人もおられるでしょう。
しかし、あの当時、タバコを吸ってた年代の人が一番長生きしているのも事実です。
平均寿命の高さが、それを表しています。
数字は決してウソをつきませんから。

本当の真犯人は大気汚染だと思います。
車や工場からの排気ガス。
原子力発電所からのベントによる放射能大気汚染。
農薬散布による大気汚染。

病院、デパート、電車などでも有機リン農薬が散布され、
肺から体内に入る公共の場所や電車などの公共の交通機関で、
農地以上に高濃度の有機リン農薬が殺虫剤として使用されています。
しかも室内の場合、ガス化した後、容易には拡散しませんし、
分解も遙かに遅いので、暴露が長期に渡ることになります。
http://hukoukisaibai.blog.fc2.com/blog-entry-95.html


やはり、40年にも渡って毎日のように職場に通う男性のほうが
ガンになる環境により多く接することが大きいと思います。
そして、以上のような精神的・肉体的ストレスが免疫力を下げています。
更に、ガンと診断されたらガン3大治療が待ち受けていてトドメを刺されます。
ガン死亡者において、男性が女性よりも2倍以上多いのは当然かもしれません。



がんの部位別死亡者数ランキング
http://www.gan-info.com/188.html





癌・がん】どうしてガンになる?(2)日本
http://tomoiku.com/2016/12/24/%E3%82%AC%E3%83%B3%EF%BC%882%EF%BC%89/


死亡数 (ガンで亡くなる人の数)

















管理人

肺ガン>胃ガン>大腸ガン・・・と、
やはり、空洞の大きい臓器ほどガンになりやすいと数字が語っています。
空洞の大きさは、【冷え】につながります。
冷えは免疫力の低下を意味します。
ガンが最も活動する体温35度の領域に近づいています。

ここで一番問題になるのが、女性で一番多い『大腸ガン』です。
これもやはり、【冷え】が大きく関係しています。
ほとんどの女性がスカートをはくことが最大要因になっています。
下半身が冷えますから、当然、下半身にどんどん体温が奪われていきます。
結果、身体全体の体温が下がっていきます。

女性に冷え性や便秘が多いのは当然といえましょう。
下半身に最も近い臓器・・大腸と子宮にガンが多く発生するのは
これが一番の原因と思われます。
私が、いつも腹巻きをするようにお勧めする理由がご理解いただけると思います。

そして更に、化学繊維のパンティストッキングが大問題です。
歩いたりして、常に静電気(プラス電気)が発生しています。
これが、人の免疫力にとってすごく重要な マイナス電子 を奪うのです。
それが、酸化~老化現象を生みます。

パンティ-ストッキングのある恐ろしい秘密
http://ameblo.jp/64152966/entry-11379964093.html


以上のグラフを見ますと、もう一つの事に気づきます。

食道ガンです。
男女の比率は、男5 : 女1 になっています。

ほとんどの人は、男性がタバコとお酒を飲むからだろうと思われるはずです。
無論、それも一因だと思います。
私は、それだけでは無いと思っています。
男性の食道の空洞のほうが女性の食道の空洞よりも空間が広く大きい訳です。
女性の首は細いですから、寧ろ、当然と考えられます。

この意味は、食道付近の温度が、わずかではありますが低くなる事を意味します。
この微妙な温度差が、考えている以上に大きいのではないでしょうか。
タバコとお酒とこの食道の低温傾向が、男女のガン比率を表していると考えられます。

更に、お酒の飲みすぎは、胃液の食道への逆流現象を生みます。
吐いたりするのは極端な一例ですが、程度の差こそあれ、
逆流現象は起こっていると考えるべきです。

そうすると何が起こるか・・・
食道が胃の強酸によって酸性に傾いてしまうのです。
酸性は、ガンの発生環境です。
同時に、カビ菌やウィルスにとっての好環境になってしまうのです。

食道や肺の細胞は薄いです。
ですから、縦ではなく横にどんどん拡がっていくのは至極、当然といえます。
リンパ節にも届いてしまいます。


主要病原真菌の姿 カンジダ増殖の様子-酵母から菌糸への変化




驚くべき事に、ガンの動態とカビ菌の動態はうり二つです。
状況証拠は、間違いなくそうです。
これを改善する唯一の方法は、その反対のことをやれば良い事になります。
つまり、ガン患部と血液を弱アルカリにしてやること。
重曹の点滴と・・ガン患部への注入が有効と云われています。

更に驚くべき事に・・・
pH などを変えた場合、細菌は別のもの、別の微生物に変化する。

ウイルス ⇒ 細菌 ⇒ 菌類
菌類 ⇒ 細菌 ⇒ ウイルス

ペーハーがものすごく大きな意味を持つ事をよく理解して下さい。


そして、ガン患部とその付近を温めてやること。
ガン患部は、特に集中的に温度を上げてやると自然崩壊していきます。
自然崩壊というよりも、元の細胞に戻ったと考えられます。

もみじ

あなたはワクチン・予防接種を
受けますか?~アンケート実施中!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12266093058.html

以上の記事へのコメントより
長文ですので終わりのところだけを引用します。

164 ③受けない
以前にも書きましたが、40年間薬のお世話になっていません。

~ 中略 ~

薬を飲み慣れている方は薬を止めるのはつらいかと思いますが、
基本のところは熱が出て、咳が出て、鼻水や痰が出て、
体の外に出すということです。

熱っぽくなって、節々が痛くなって、39.5度になったら、
ぱーっと熱が下がっていきます。
あとは、よく寝ることとバランスの良い食事です。
熱が出たらラッキーと思ってください。
なかなか体の中のいらないものを出すチャンスがないですから。

インフルエンザにかかって
癌が治った人を何人も知っています。

但し、その人の体力に合わせて熱も出るようですので、
あまり熱が上がらなかったり、反対に高い熱が続くような時は病院に行ってください。
解熱剤は絶対に使わないでください。以上

Lita

2017-04-22 22:35:27

<引用終わり>



管理人

素晴らしいコメントで永久保存版です。

また、別の話として・・
実を言いますと、去年、私のメルマガ読者の方から泣きながらお礼の電話を
いただいたことがあります。

ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら
サウナや酵素風呂に入ろう!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html

そのメルマガ読者の方は、以上の記事を読まれていたそうです。
なので、細菌性の高熱にかかった時に、敢えて、解熱剤を飲まなかったそうです。
4日~5日ほどして、ガンの患部採取と血液検査の精密検査をされたそうです。
そうすると、どこにもガンが見つからなかったと・・・
末期がん だったのに・・・絶句。


皆さん、そろそろガンの本質に気づきましょう。





日本の最新がん統計まとめ
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html







1)どの部位のがん死亡が多いか




3)部位別のがん死亡率(1年間に人口10万人あたり何人死亡するか)











2012年 都道府県別 全がん 75歳未満 年齢調整死亡率
http://icchou20.blog94.fc2.com/blog-entry-524.html












【医療】近赤外線でガン細胞が1日で消滅、転移したガンも治す
…米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは★4

http://sagisyouzaibokumetu.jp/blog-entry-3388.html?sp






お知らせ

5月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第43号

私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!


届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号
検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!

★メルマガ第42号 
何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!




アンチェインド・メロディ (ライチャス・ブラザーズ) 








創価学会員は「共謀罪」を
全然知らないことが判明
~「治安維持法」で
初代会長は獄死したのに!









【初代会長は治安維持法によって獄死 創価学会員50人に聞いた】 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/205353

内心を罰することから、平成の治安維持法ともいわれる「共謀罪」。
戦時中、創価学会初代会長の牧口常三郎氏と、2代目会長の戸田城聖氏は、
治安維持法違反で投獄され、牧口氏は終戦直前に獄死した。

支持団体がそんな歴史を持つのに、公明党は自民と維新とタッグを組んで、
18日に共謀罪の衆院採決を強行する気だ。
創価学会の人々は共謀罪をどう見ているのか――。
本紙記者は12日、創価学会総本部をはじめ、
関連施設が集中するJR信濃町駅周辺で、学会員を直撃。
20~80代の男女50人(男18人、女32人)から回答を得た。


■「皆、ピンときていない」

「中身がよく分かりません。公明党は賛成しているのですか」(50代女性)、
「知らん。興味ない」(60代男性)、
「名前は聞いたことがある」(20代男性)。


意外にも圧倒的多数は「分からない」で、38人にも上る。
熱心な選挙運動を展開する学会員にしては、あまりにも“ノンポリ”である。


「外からは学会は“一枚岩”に見えるでしょうが、左から右までいろんな人がおり、
政治テーマを常に散々議論しています。
一昨年の安保法案は、戦争に関係する話で婦人部も敏感でした。
私も時間がかかったが、公明党の説明を何とか納得した。
ただ、共謀罪は学会内で話題にすらなっていない。
テロ対策など自分には関係ないと思っていて、皆、ピンときていない。
私も詳細を知りません」(60代男性)

賛否を鮮明にした人のうち、
「TOC条約に加盟して、国際的にテロ対策をできるようにすべき」(70代男性)、
「五輪もある」(40代女性)など賛成は7人。
一方、「対象がテロ以外にも広がりそう」(30代男性)、
「もっと議論すべき。今国会で成立させる必要はない」(70代男性)
など慎重派は4人いた。

そんな中、断固反対が1人いた。戦前生まれの80代男性だ。

「共謀罪は絶対ダメだ。ちょっとでも怪しい国民を見つけたら、
憲兵や特高がやってきて捕まえる。やりたい放題です。
私は小さかったが、当時の雰囲気を今でも覚えていますよ。
牧口、戸田先生だけではない。ほとんどの宗教は治安維持法でやられました。
若い人には分からないのでしょうか」

 やりきれない表情でそう嘆いていた。
創価学会内が“圧倒的無関心”の中、共謀罪は成立しようとしている。
牧口初代会長は草葉の陰で何を思うだろうか。








【大ピンチ】安倍政権が18日(木・友引)に「共謀罪」を強行採決へ!
http://健康法.jp/archives/29894





「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案について、
自民、公明両党は10日、18日の衆院本会議で採決する方針を固めた。
会期内に成立させるため、審議時間がめどとしていた30時間に達すれば、
継続を求める野党の反対を押し切ってでも採決を強行する構えだ。
野党は金田勝年法相の不信任決議案を出して対抗する考えだ。




【特高に捕まり半殺しにされた被害者の訴え】
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/205139

与党が強行採決を視野に成立をもくろむ「共謀罪」は
「平成の治安維持法」と呼ばれる。
多くの国民は治安維持法について歴史書で学んだことはあっても、
どれほど人権を無視したヒドイ法律だったのか実感がわかないだろう。
だが、かつて特高(特別高等警察)に治安維持法違反で逮捕され、
激しい拷問と人権侵害を受けた人物がいる。
今年8月に103歳を迎える杉浦正男氏=船橋市=だ。
「共謀罪は治安維持法と同じ。絶対に成立させてはならない」と訴える
杉浦氏にあらためて聞いた。

――いつ、どのような状況で逮捕されたのですか。

1942年11月の夜、都内の家で妻と夕食を食べていると、
突然、神奈川県警察部の2人の特高がやってきて、
「聞きたいことがある」と外に連れ出されました。
不安な表情で私を見つめる妻らに対し、特高は「なあに、すぐに帰れますから」と
穏やかな表情で語っていたのですが、警察の建物内に入った途端、態度が一変しました。
道場に連れて行かれ、「今、戦地では兵隊さんが命懸けで戦っているのに、
貴様ら共産主義活動をしやがって。
国賊め。貴様らを叩き殺したっていいことになっているんだ」と5人の特高から
竹刀でメッタ打ちされました。
髪を掴まれて引きずり回され、半殺し状態です。
この体験は今も忘れません。

――どんな活動が治安維持法に触れるとされたのでしょうか。

当時は第2次世界大戦が始まったころで、日本の支配階級は国民を戦争に動員する
ため、大政翼賛会や(労使一体の官製労組である)産業報国会をつくる一方、
既存の労働組合を強制的に解散させていました。
私は当時、中小印刷業の労働者でつくる親睦団体「出版工クラブ」で活動していた
のですが、当局はクラブを解散しないと幹部を逮捕すると脅してきました。
しかし、解散しなかったために目を付けられたのです。

――治安維持法と共謀罪の共通点はどこでしょうか。

当局が都合が悪いと判断すれば市民弾圧が容易に可能になることです。
治安維持法は大学への弾圧から始まり、労働運動、文化・芸能活動へと
対象が広がりました。
支配層にとって際限なく権限を拡大し、弾圧する武器になるのです。
しかも再犯させないため、との理由で刑を終えた人を再び獄中に閉じ込めた。
そうやって民主的な運動は徹底的に抑え込まれ苦しめられました。
あの悲惨な状況を繰り返してはなりません。

――共謀罪が成立すると、どうなると思いますか。

法律ができると、それを実行する機関がつくられる。
治安維持法でも、法律に触れるか触れないかを判断するのが捜査当局になり、
彼らは市民監視を強めました。
共謀罪が成立すれば、かつての特高に当たる組織がつくられ、法律違反かどうかを
(恣意的に)判断することになるでしょう。
また、共謀罪の規定には「実行に着手する前に自首した者は、その刑を軽減し、
又は減免する」とあります。
治安維持法にも同様の規定があり、国民同士が監視、密告するようになりました。
社会全体が物言えぬ萎縮した雰囲気になったのです。
多くの国民は共謀罪の本質をよく知らないでしょうが、
何としてもこの悪法を廃案に追い込まなければなりません。
これは治安維持法の犠牲者であった私の心からの願いです。


<引用終わり>
--------------------------------------



世界一安全な東京都をアピールをしておきながら、
たった数週間の体育祭を開催するのに、国民を監視し、
密告制度で相互監視までさせ、相談しただけでアウトという。
権力が思想、信条の領域にまで足を踏み入れるとんでもない法律が
必要な理由とは何なんでしょうか?
==> 安倍、理由について答えず。
https://twitter.com/fj_333/status/862847938279559168






GW前に掲載した「 共謀罪 」法案の対象犯罪の277リスト です。
◎拡大画像 重要 ダブルクリックしてね
https://pbs.twimg.com/media/C-t524MU0AE3c1L.jpg:large


管理人

我々、ブロガーにとって一大関心事は、■ 著作権法 です。
これをガンガン適用されたら何も書けなくなります。
特に、転載はほとんどアウトになる可能性があります。

『共謀罪』と『秘密保護法』が、積極的に活用されるようになったら、
ほぼ、あらゆるものが【該当案件】になってしまう。
警察は、これを機にどんどん摘発し立件してくるだろう。
これで、警察の権限は大いに拡大し、警察予算も大幅に膨らみ、
警察官も増員されるに違いない。
警察や検察が大喜びするのは、まず間違いない。

正しい事、当たり前のことを言ったりやろうとすると、
手当たり次第、引っくくれといった流れになるのではあるまいか。
そして、誰もいなくなる・・・



皆さんに、以下の動画を是非とも見て欲しい!
そして、思い出してください。
平和であることの本当の意味を。

NNNドキュメント
「9条を抱きしめて~元米海兵隊員が語る戦争と平和~」






お知らせ

5月10日に最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第43号

私の使命は人の手助けになること
〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!


届いていない人は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/