「ヒロヒト・ファイル」と「ホイットニー文書」
~当時の筆記録はウソをつかない!









国もマスコミも一緒になって洗脳し、国民の命を奪っている!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12162641756.html

<一部引用>


『 日本の民は、無知で無学です。

しかも、世界一従順な民族でもあります。

あなた方、占領軍はとても統治しやすいと考えます。』




コメントより

3 wantonさん、

その昭和天皇の発言とやらの
出典はどこですか?

どうも近年ずっと、天皇と天皇家(中には変なのもいるし
周辺には もっと変なのも多いが)をやたらめったら
コケにする、戦後の「日本のみが邪悪だ」洗脳と同種の
邪悪な在日の策謀を感じるのでね。

千早

2016-05-21 22:24:04


9 無題

昭和天皇の文言…その前後の会話の流れが知りたいですね。
戦争責任は全て私にある。だから国民には一切の罰は与えないでほしい。
昭和天皇が入室したとき、マッカーサーは机上に足を投げ出して座していた。
しかしこの言葉をきいて襟を正したという。

戦争に負けた国のトップが、いつも自分だけは…と命乞いをしてきたのを
知っていたからの不遜な態度だった。しかし昭和天皇は違っていた。
自分の命と引き換えに日本国民を助けてほしい旨の交渉に訪れた。
その姿勢に驚き心打たれたと聞いていますが…



2016-05-22 04:24:02



23 Re:無題

>虹さん
残念ですが、この話は作り話のようですよ。
秘書の証言はまったくこのような話はしていない。としています。
マッカーサーが財産を手にした話は有名です。

ふらん

2016-05-23 13:04:30



25 その言葉

いつも拝見させて頂いています。

ところで、天皇がそのようなお言葉を述べたということですが、
それが事実だと言う証拠はあるのでしょうか?
批判をしているのではありませんのでご了承下さい。
最近は、そっち批判の方々も増えてきていると見受けられ、
鵜のみにするのもどうかなとも思いますし、かといって
否定することも出来ません。

色々な情報を流されているwantonさんには感心致します。
事故に会われたようですが、気を付けて、
これからも発信していってもらいたいです。


とまと

2016-05-23 16:00:17




28 Re:Re:wantonさん、

ふらんさん、

>あなたのような人が作りたもう国

どういう意味か、わかりかねますが...
wanton氏が出典を提示できないということは
その昭和天皇発言は鵜呑みにすべきではない
ということです。

コメント25の とまとさんや、私の最初のコメントの
ちょっとあとの虹さんも疑問を呈していて
それらを承認したことは評価しますが
返事もなく、だんまりなのは感心しませんね。

千早

2016-05-23 22:52:18




管理人

私は、毎日、何十から何百という記事や資料を目にしています。
そして、私のサイトでお気に入りにしているものも膨大になっており
一々、お気に入りにしずらい環境になっています。

私が記事にした文言は、あるサイトからの引用ですが、
ここ十日間くらいの間に目にしたものです。
出典を提示しろと言われても、1000近くある資料の中から
探し出すのは何時間以上もかかってしまいます。
あいにく、私は超多忙なのであります。

しかし、ちょうど良い機会なので整理することにしました。

2013年に公開されるはずだった「ヒロヒト・ファイル」。
これは、当時の実記録として保存されています。
ところが、日本の権力トップからストップがかかっています。
だから、公開されていないのです。

余程、まずいことが書かれているのでしょう。
理由は、それ以外には考えられません。
ところが、「ヒロヒト・ファイル」の一部として
「ホイットニー文書」という形で出て来ています。
原文もあります。


昭和天皇の極秘発言 ホイットニー文書
http://www.k2o.co.jp/blog2/2013/11/post-1027.php

昭和天皇の極秘発言 ホイットニー文書

この文書は、昭和天皇ヒロヒトが占領軍司令部に対し表明した見解の要約が
全編にわたり記された、「極秘」扱いの、英文三頁以上にわたるメモランダムである。
1946年4月から6月の間に、東京駐在の国務省員によって作成され、
マッカーサーの腹心であったコートニー・ホイットニーの私物として保管された後、
1970年代前半にヴァージニア州ノーフォークのマッカーサー記念館に寄贈され、
1978年に機密解除されている。


ホイットニー文書
【以下がヒロヒトの発言記録(1946・4~6)】

二、三週間前に占領が長く続くべきであるとの希望を述べた根拠を説明したい。
日本人の心には未だ封建制の残滓が多く残っており、それを眼こそぎにするには
長い時間がかかるだろうと感じている。

日本人は全体として、自己の民主化に必要な教育に欠けており、さらに真の宗教心
にも欠けており、そのため一方の極端から他方の極端へと揺れやすい。
日本人の封建的特徴の一つは、進んで人に従おうとする性格にあり、
日本人はアメリカ人のように自分で考える訓練を受けていない。

徳川政権は、民は指導者に従うべきであり、そのため忠誠心以外はいかなる道理も
与えられてはならない、という論理のうえに築かれていた。
かくして、平均的な日本人は、
自分で考えることにおいて昔からの障害に直面している。
かなり闇雲に従うという本能によって、現在、日本人はアメリカ的な考えを
受け容れようと熱心に努力しているが、例えば労働者の状況を見れば、
彼らは自分本位に権利ばかりに注意を集中し、本分と義務について考えていない。

この理由は、ある程度、長年の日本人の思考と態度における氏族性に求められる。
日本人が藩に分割されていた時代は、完全には終っていない。
平均的日本人は、自分の親戚はその利益を追求すべき友人とみなし、
他の人間はその利益を考慮するに値しない敵と考えている。

日本人の間には宗教心が欠如している。私は神道を宗教とは考えていない。
それは儀式に過ぎず、合衆国では甚だ過大評価されてきたと考えている。
しかし、たいていの神道信者は超保守的で、彼らと、神道と超国家主義を
同一視していた復員兵とその他の者は、しっかりと結びつく傾向を持っているので、
依然として危険な面がある。
政府は、信教の自由に関する命令を厳守する立場にあり、
現在彼らを取り締まる手段を持っていないために、こうした状況は危険だ。
神道を奉じる分子とその同調者は反米的なので警戒を要すると考えている。

以上のようなことから、私は今は日本人のもつ美点を述べている場合ではなく、
むしろその欠点を考える時だと感じている。



原文

A Secret Message from the Showa Emperor
Whitney's papers

The document poses some unusual problems for scholars.
Typed in English, classified "Top Secret," and covering
a little more than three double-spaced pages, it is devoted
entirely to summarizing the emperor's opinions as conveyed
through an intermediary. Until the early 1970s,
it was in the personal possession of MacArthur's former aide
and personal confidant, General Courtney Whitney,
although it is not mentioned in either Whitney's or MacArthur's
memoirs. Whitney's papers were turned over to the MacArthur
Memorial in Norfolk, Virginia, and declassified in 1978.


<引用終わり>
------------------------------------------


管理人

探せば、もっと出て来るでしょうが、
私があるサイトから引用した文言は、概要を噛み砕いて
簡素化して表現したものでしょう。
以上のホイットニー文書の実記録から見ても、
何等、おかしくはありません。
天皇がマッカーサーに、何を伝えたかったかの真意を
端的に簡素化したものに過ぎないと思います。

ところで、ホイットニー文書が出回っているという事実は、
削除されていないという事で・・・
「ヒロヒト・ファイル」の中には、ホイットニー文書などよりも
はるかにヤバイ内容が記されているのではないかといった疑問は
頭の正常の人間なら持つはずです。
だから、絶対に公開しないように手を回したのでしょう。
恐らく、相当のお金が流れたものと考えられます。

知りたいですね、是非。
歴史が塗り変わるでしょう、きっと。
戦後、大噓のインチキプロパガンダがものすごくたくさん流されました。
それを目にしたネトウヨ諸君は狂喜した。
腐るほど出て来るよ。
バカはどうしようもない。
莫大なお金と権力を持っている人間は、メディアや学者・知識人さえも
自由に操れるといったよい見本です。
そして、都合の悪い事は、即座に削除する。

ところで、このホイットニー文書の中でもウソがあります。
皆さんは、気付かれましたか?


以下 ↓

日本人の間には宗教心が欠如している。私は神道を宗教とは考えていない。
それは儀式に過ぎず、合衆国では甚だ過大評価されてきたと考えている。
しかし、たいていの神道信者は超保守的で、彼らと、神道と超国家主義を
同一視していた復員兵とその他の者は、しっかりと結びつく傾向を持っているので、
依然として危険な面がある。
政府は、信教の自由に関する命令を厳守する立場にあり、
現在彼らを取り締まる手段を持っていないために、こうした状況は危険だ。
神道を奉じる分子とその同調者は反米的なので警戒を要すると考えている。

― 引用終わり ―


何という変節ぶりでしょう。
神道と超国家主義を最大限推進して来たのは、
天皇と軍部と政権そのものではないか!

この事実は ↑ 多くの日本人なら誰でも知っています。
それをマッカーサーに、当の本人が危険だと忠告するとは・・・
言葉を失います。


今回、色々と難癖つけてきた中心人物は
http://insidejobjp.blogspot.jp/

皆さん、覚えておきましょう。



そして・・・

原爆投下後、外国からの被爆者の治療を一切拒否し
何もせず、観察するだけで放置し晒し者にしたのは、
天皇を中心とした皇室が仕切る日赤だ。
まさに、人体実験そのものが繰り広げられた!
今も同じことが、福島でやられています。


「ヒロシマ原爆投下前の極秘周到作戦
■ 原発マフィアと日本赤十字」

http://ameblo.jp/64152966/entry-10928137342.html


以下は、ある保守の有名ブログの人からのコメント。

■原発マフィア

どんな重大事故が起ころうとも継続中でも、彼らには関係ないようです。
先月下旬、原発を推進しなきゃダメでしょう、電気がないと話にならないでしょう、
とニヤニヤ笑うブヨブヨ太った黒いスーツ姿の関連団体が、NHKの特集番組で
インタビューに答え、番組ではさも正論のように取り上げていました。

原発マフィアたちのことは、鬼塚英昭さんの本、
黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア に詳しいです。

この本、衝撃的なことが書いてあります。

広島の原爆投下をあらかじめ天皇は知っていて、
軍を通じて老若男女さまざまな年齢の人間をなるべく多く被曝させるために
広島市に集めさせたとあります。

ジュノー?というひとりの医師が惨状に胸を痛め、日赤(皇室がトップ)を通じて、
広島長崎に薬を送ろうとしたら、薬はいりませんと拒否され、被爆者は放置された。

原発マフィアの調査は被曝者を観察するだけで治療をしないのは以前から知ってましたが、
なんと、彼らは被爆者が死ぬとやってきて死体から血を抜き、それで薬をつくった。

10万人の血液から作った薬で、スリーマイル島の事故のときにその薬を使ったそうです。

このように、原発マフィアにとっては、事故が起きればその事故によって、
新たに医療や医薬品で潤うからまったく困らない。

福島の原子力健康アドバイザーになった山下俊一教授が、教鞭をとる大学で、
福島ではいくらでもサンプルが取り放題、絶好の研究のチャンスだと、
学生に言ったそうです。


チェルノブイリでやってきたのは、どうも治療じゃなかったようです。

一部の人は(一部でなく?多くの人は?)、長年の研究者が言ってるんだから
100ミリシーベルト、いや150ミリシーベルトまでは浴びても大丈夫だ、
危険などと言ってこの山下教授の解任を求めているグリンピースは頭がおかしい!
と主張しています。

私はグリンピースの活動をすべて支持する者ではありませんが、
放射能の件については、政府が隠していることを出してくれてるので、
その点は評価します。

おかしな巨大地震が起こってから、調べてみると、
これまで信じてきたことの多くが、反証があることにビックリです。


てろとろ 2011-06-17 11:01:19





メルマガからのお知らせ

メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

は、17日から18日にかけて配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/






AD
万能酵母液・重曹・味噌・納豆・ビタミンC・
えごまオイル・きのこ~が必須重要アイテム!





万能酵母液

玄米菌は、DNAの遺伝子情報の初期化「本来あるべき姿」に戻して、
つまり、DNAの補修剤としての働きを持っているそうです。
併せて納豆菌を摂取することで修復された情報を元に細胞を
組み立てる働きが期待できるそうです。

更に、納豆菌は、悪玉菌の天敵です。
身体に様々な悪さをすることで知られているカビ菌ですが、
カビ菌の最大の天敵は、この納豆菌なのです。
隠された秘密として・・・
カビ菌が、ガンの大きな一因になっていることは
皆さんもご存知のことと思います。
ガン死亡者の8割が、全身がカビに覆われているといった
データもあります。


重曹

重曹の炭酸水素イオンが、血液と体液を弱アルカリ方向に
導き、ガン・白血病になりにくくなる効果が期待が出来ます。


味噌

放射線防護の効果
胃がん予防、肝臓ガンの発生を抑える作用


納豆

納豆菌が、腸内のかび菌などの悪玉菌を食べてくれる。


ビタミンC

身体の酸化や老化を防ぐ。
放射線防護の効果


えごまオイル

リッキーガット症候群を防止する効能。
血栓が出来にくくなる。


きのこ

ダイオキシンを分解する。
抗がん剤の毒素を分解する。


-------------------------------------------


ダイオキシンとキノコ 出典
http://www.local.co.jp/news-drift/news3.html

ブナシメジ収穫後の使用済み培地にダイオキシン分解能力実証

ブナシメジを収穫した後の使用済み培地=廃培地にダイオキシン分解能力
があることが、広島県立大微生物工学研究室の試験研究段階で実証された。

これは広島県立大の微生物工学研究室がブナシメジを収穫した後の
使用済み培地を焼却灰にまぜてダイオキシン濃度を調べ、効果を確認した
というもので、今後、極めて注目される実験になっている。

実験した森永力教授らによると、焼却灰200グラムにブナシメジ8号菌
の使用済み培地20グラムをまぜたサンプルを10種類用意して
ダイオキシン濃度の変化を見ると、その結果、5カ月後の分解率は
56~66%に達し、毒性も四分の一程度に減っていたという。
しかし、菌は6カ月目に入ると弱りだしたという。


キノコのダイオキシン分解能力は80年代後半から知られるようになり、
90年代初めから大学などの研究機関で実験が繰り返されてきた。
ところが多くは培養した菌を使う手法で、巨大な培養施設が必要となり
コスト高が課題になっていた。
しかし今回は、収穫した後に残る下部の菌床の培地、つまりもともと
たい肥などにしか使い道のなかった培地に着眼し、ブナシメジを収穫した
後の使用済み培地そのものに分解能力があることを明らかにしたもので、
近く農地での実証実験に着手するという。


不要になったシイタケの菌床を加圧・加熱で汚染土壌の無害化実証

人体に悪影響を及ぼす有機塩素系農薬のDDT
(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)に汚染された土壌に、
不要になったシイタケの菌床を粉砕して交ぜ、加圧・加熱することで
土壌を無害化、固形化することに、高知大教育学部の蒲生啓司助教授
(分離化学)が成功した。
同じ有機塩素系化合物で、猛毒のダイオキシン類やPCB(ポリ塩化ビフェニール)
などにも応用できれば、汚染土壌の処理方法の一つとして注目される。

シイタケの菌糸には、難分解性の有機塩素系化合物を分解する働きがある
ことが最近の研究で明らかになっている。
ところが、分解できる濃度に限界があり、しかも相当な日数を要するなどの
欠点があったため、「水熱ホットプレス法」と呼ばれる水分を含む物質を
加熱・加圧して化学反応させる手法で、菌糸による分解を加速させることを試みた。

その結果、1平方センチ当たり780キロの圧力をかけ、温度を60度にすると、
わずか20時間で分解率が85%程度に達した。
時間をかけるとさらに分解が進み、無害化した。

菌糸は収穫後の菌床にも一定残っているため、実際に県内で栽培に
用いられたものを収穫後に利用した。砂状に粉砕して土壌に交ぜ、
DDT代謝物のDDE(ジクロロジフェニルジクロロエチレン)を
1グラム中、0・0025ミリグラムになるよう含ませた。
この試料を使用し、水熱ホットプレス法で圧力や温度をかけると、
DDTが分解し無害化した。もう一つの代謝物のDDD
(ジクロロジフェニルジクロロエタン)も同様の結果になった。

水熱ホットプレス法では物質が固形化するため土壌の場合も、
体積が5分の1~10分の1程度まで縮小する。菌床の代わりに、
炭酸カルシウムやシリカゲルなどの無機材料を用いても同様の効果が得られるという。
蒲生助教授は「この手法なら、汚染された土壌を短時間で無害化、縮小化できる。
DDEだけでなく、ダイオキシン類やPCBなどの有害物質にも応用できるはずだ。
今後、なぜ水熱ホットプレス法で分解が加速されるのかを解明していきたい」
と話している。

カワラタケなどの菌糸からでる酵素で毒ガスを分解、無害化実証

菌糸のパワーが次々と表面化するなか、九州大学農学部の割石博之助教授らの
研究グループは実験で、化学兵器として使用された毒ガスのイペリットを
キノコの酵素で分解して無害化するのに成功した。

実験ではカワラタケを用い、かさが開く前の菌糸状の段階で培養液にした。
この培養液に毒ガス兵器と同じ濃度のイペリットを入れると、
菌糸から分泌される酵素の作用でイペリットの成分である硫黄と有機塩素が分離され、
約30分後には無毒になり、さらに5時間後には、分解が進んで
水や二酸化炭素などの物質に変った。

イペリットは別名をマスタードガスともいい、第一次世界大戦でドイツ軍が使用。
旧日本軍も中国で使用し、そのまま放置されている。
化学兵器として世界で最も大量に製造され、その処分が国際的な問題になっている
ことから、またひとつキノコの酵素が持つ分解能力が注目されそうだ。


<引用終わり>
-------------------------------------------


抗ガン剤と称した化学兵器剤の本当の正体は
凄まじい第一級の猛烈発ガン物質!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11335571339.html

抗ガン剤と称した化学兵器剤は

WHOに指定された第一級の猛烈発ガン物質として指定されています。

抗ガン剤の本当の正体は凄まじい第一級の猛烈発ガン物質です。

抗ガン剤の主原料は、殺人化学兵器のマスタードガスです。


既に、抗がん剤を使用した人は、キノコの酵素でマスタードガスを
毒消しする効果が期待出来ます。

また、ダイオキシン分解能力があるなら、体内の様々な毒素を
分解してくれることを期待出来ます。


“きのこ”って本当にすごい。
秘められたパワーを再認識させられました。

中でも、“たもぎ茸”は、きのこの王様。
私が、多くの人に推奨して来たのは間違いではありませんでした。

ついでに、“瀬戸のたもぎ”も宣伝しておこうっと。(笑)



お申し込みは ↓ 以下よりお願い致します。


http://www.setotamo.com/index.php


関連記事

ビタミンEの7000倍~ビタミンCの2800倍の抗酸化物質
「エルゴチオネイン」を豊富に含む
スーパー健康キノコ~たもぎ茸

http://ameblo.jp/64152966/entry-11950412374.html


【エルゴチオネインの健康効果】

・活性酸素を除去する効果

・美肌効果

・過酸化脂質の生成抑制作用

・DNA損傷抑制作用






出典より

エルゴチオネインは、化学合成されている製品の市販価格は

1mg千円(1g約100万円)と非常に高価なことから、

人体の細胞にとって活性化という有効な働きがあることが認められ

ながら、これまで商品として研究が進まなかったのは、

研究対象としてあまりに高額なためであったと思われる。

エルゴチオネインはシイタケやヒラタケなどの栽培キノコや

各種野生キノコに含まれている。

なかでもタモギタケには多く含まれているそうだ。


----------------------------------



管理人

エルゴチオネインは、
健康増進に比べるもののないほど
役立つ、とびきりの抗酸化物質。

研究者によっては、このエルゴチオネインの抗酸化力によって
回復が期待できる疾病として、

放射線障害、大気汚染による呼吸器疾患、発がんと転移、

抗癌剤による副作用、化学物質中毒や金属障害、糖尿病と

それによる合併症、動脈硬化、皮膚疾患など、

実に多岐にわたる症例をあげられる方々もおられます。


エルゴチオネインは、未承認のビタミンと云われています。

ビタミンA、B、C、D、E、といったものは、大変重要な酵素ですが、
寿命がとても短く、熱にも弱いとされています。
その点、ビタミン=エルゴチオネインは、寿命が大変長く、
しかも、120度の熱でも壊れない優れものときています。
まさに、ビタミンの王様といっても良い最優秀酵素です。

つまり、生たもぎや乾燥たもぎに止まらず、粉末や錠剤にしても
ほとんど効能が損なわれないことを意味しています。
しかも、他のビタミンやミネラルも豊富で、野菜不足を補うものと
しても、最適であると考えられます。

たもぎ茸のエルゴチオネインやβ-グルカンを調べれば調べるほど、
放射能汚染地域に最も活用すべきものではないかと気づきました。

強烈な酸化を促進する放射能に対しては、強力な抗酸化力を持つ
たもぎ茸を推奨することは、自然の摂理にも叶っています。

ただ、産地がどこでもいいという訳ではありませんし、
産地偽装という大きな問題もあります。
また、厳しい放射能検査を厳正にやっている会社で
なければ信用にも関わります。

そういった意味においても、当ブログとしては、
確かな信用のおける「たもぎ茸のブランド商品」しか扱わない、
広島のれもんカンパニーさんを皆様に御紹介しております。







メルマガからのお知らせ

メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

は、17日から18日にかけて配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料








AD

関東の中で東京の汚染が最も危険な本当の理由!





【重要保存】・放射能の浄化に関する文献
http://ameblo.jp/64152966/entry-10922780423.html


一部引用

すなわち、原爆を製造したアメリカの物理学者達は

全員が被爆地は70年~150年間は不毛の地と化し、
植物は一切生息できないと予測していましたが、
広島・長崎ではわずか半年後には雑草が、
翌年には野菜・米・果物が稔ったのです。


この結果が、広島・長崎の土壌中の耐放射性細菌によって、
放射能・放射性物質の分解消失が起きたものであることは、
多くの学者が確認しています。


(東京大学名誉教授 高橋良二著『ミクロ世界の物理学』)


<引用終わり>



勘の良い人は、もうお気づきの事と思います。
原爆投下された当時の広島・長崎は都会といっても、
現在と違ってまだまだ緑や自然の土壌で溢れていたのです。
これが、今現在の東京と決定的に違うところです。

大自然の中には、無数の微生物たちで溢れていました。
これが、広島・長崎が予想されたよりも奇跡的な復興を
成し遂げられた本当の理由です。


振り返って、今現在の東京はどうでしょうか?
道はほとんどアスファルトで覆われ、高層ビルが乱立しています。
つまり、放射能を浄化してくれるはずの微生物が皆無に等しいのです。
他の関東圏と較べても、まるで環境が違うのは、私などよりも
寧ろ、東京に住んでおられる方々のほうがより実感として判る
のではないでしょうか。

この極めて重要な問題点を誰も指摘しないのは、
非常に残念な事です。
この事実は、微生物による放射能浄化という点において、
決定的な意味を持つ事になります。


早い話、放射能汚染度が改善されていく可能性に極めて乏しい
という事を意味し、311当時からの汚染状況と較べても、
あまり変化が無いという事になってしまうのです。
無論、風などにより広く拡散され、多少汚染具合が薄まった
という一面はあるかもしれません。


最近では、都民の方々が一生懸命にガイガーカウンターを
手に放射線数値を各地で記録して公表されておられますが、
肝心の恐ろしい核種につきましては、検出が困難な事もあり、
大きな話題になっていません。

私が一番恐れるのは、プルトニュウムやストロンチウムなど
といったやばい核種が風などによって東京都内をグルグル舞
っている事です。
これによる内部被爆を考えますと、放射線数値などは、
あまり意味を成さないような気さえしてしまいます。



この記事を参照 ↓


2012年1月7日

アメリカ国家核安全保障局による
日本国内の大気中ダスト分析データ
http://ameblo.jp/64152966/entry-11128865914.html


ストロンチウムを甘く見てはいけない
転載元)私設原子力情報室 2011/12/3

福島第1からばらまかれた放射性ストロンチウムは、

どこにどう拡散し、蓄積しているのか…
化学的な性質がカルシウムと似ているため、
そのほとんどが

骨に蓄積し、白血病を引き起こす原因とされています。

3.11直後から、ストロンチウムの危険性を多くの研究者や専門家

が指摘しているにも関わらず、文科省や厚労省からは、

あまり細かいデータが公表されていません。

ところが、アメリカの政府機関が、福島県内や茨城県、東京都内などで、

大変な数字を検出し、データを公開していたことが判明しました。
NNSA

(National Nuclear Security Administration:アメリカ国家核安全保障局)

による大気中のダストを分析したデータです。

7000件ものサンプリングデータがあり、アメリカ政府および米軍が、

福島第1から飛来する放射性物質に対して、きわめて神経質に

なっていた ことが伺えます。

【NNSAによる大気中ダスト分析】

上記のページからCSVファイルがダウンロードできます。
ストロンチウム・ヨウ素・テルル・ネプツニウムなどが検出されていますが、

このデータを検討してみて、正直言って驚愕しました。
まず、この記事では、ストロンチウムから見ていくことにします。

NNSAのデータは、マイクロキュリー/ミリリットルという単位で

記されているので、

これを<1マイクロキュリー/ミリリットル=3.7×(10の10乗)ベクレル

/立方メートル>という換算式で計算したのが、下の値です。











いずれも、3月下旬から4月上旬の値で、


港区赤坂でストロンチウム90が 6万9千ベクレル /立方メートル、
ストロンチウム89が 61万ベクレル /立方メートル。


米軍横田基地内で、ストロンチウム90が 9千ベクレル /立方メートル、
ストロンチウム89が 2万6千ベクレル /立方メートルです。

この数値が、いかに高く、きわめて危険な数値であることを
裏付けるために、法令で定められている「空気中濃度限界」を
見てみましょう。

【ATOMICAによる空気中濃度限界の解説】

「放射線業務従事者が常時立ち入る場所」で、

ストロンチウム90の濃度限界は
5ベクレル/立方メートルとされています。


この数字を知った瞬間に、赤坂や横田基地で検出された数値が、
恐ろしく高いものだということはお分かりいただけると思います。


さ らに、この濃度限界は、週40時間しかその場所に滞在しない
前提で計算されています。
実生活では週168時間滞在することになるので、


実質的な濃度限界 は、1.19ベクレル/立方メートル になります。


赤坂で検出された6万9千ベクレル/立方メートルは、
濃度限界の実に 5万8千倍
正直言って、もの凄い値 です。

日本政府には、アメリカから伝えられていたでしょう。
しかし、隠し通してきました。
膨大な、それも英語の資料なので、
これまで、誰も大きく取り上げることがありませんでした。
私は、当ブログに来訪されている方からの情報で知り、
数日をかけて、細かく解析を進めた次第です。

3.11直後に飛散した高濃度の放射性ストロンチウム。
これを私たちが吸い込まなかったと考える方が
不自然です。そして、東京でこの値。
原発至近の地域では、いったい、どんなことが起きていたのか…
考えるだけで恐ろしくなります。

ストロンチウム90は、一旦体内に入ってしまうと、
検出がきわめて難しい物質です。
ベータ線しか出さないので、
ホールボディーカウンターには反応が出ません。

体内実効半減期は18年と長いため、
尿にもごくわずかしか出てこないので、
尿検査でも、なかなか見つからないでしょう。






結局、白血病で死んだ後に、骨を調べてみて、


やっとストロンチウム90が原因だったと分かる。

そういう恐ろしい物質なのです。





残念ながら、NNSAのデータは、
5月9日の分までしか公表されていません。
測定をやめたとは考えにくいので、何らかの理由があって、
公表を止めているのでしょう。
まずは、全データの公開をアメリカ政府に求めるべきだと考えます。

そして、日本政府や自治体も、もっともっと丹念にストロンチウムの
モニタリングを行うべきです。
「セシウムが少ないところでは、ストロンチウムも少ない」などと
いう単純な話でないことは明白です。

<引用終わり>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



2012年9月25日
食事の被ばく「問題なし」 と、福島県が驚きの発表

<一部引用>


【放射能】

福島第一原発から飛散した主な放射性同位体(核種)全31種

・放出量・具体的な人体への影響など

http://savechild.net/archives/3891.html










実効線量係数は、核種ごとにとありますように

セシウムだけを取り上げて計算しても駄目です。http://blogs.yahoo.co.jp/obiwankei21/7281875.html


超必見です ↑


クリックしたら拡大して御覧になれますが、大体31種の核種が


飛散していますので、その核種ごとに計算する必要があります。

その上、この31種の核種の実効線量を合算したものが、
本当の内部被曝の総量となります。

尤も、その中に、プルトニュウム・ストロンチウムやその他の
極めて危険な核種が含まれていますと、
実効線量の計算そのものが、意味が無いくらいの
危険水域に入って来ます。
プルトニュウムは4000万分の1グラムで、
肺ガンを引き起こすといわれています。

そういう意味においては、福島県の発表したものは、
ほとんど意味が無いばかりか、
世界の物笑いの種になることは間違いありません。

━─━─━─━─━─

東京都民も被ばく者だった


東京都民は約半年間3600ベクレルの内部被曝をしました、

ストロンチウムもありました。
吸入摂取による実効線量は、24μSv と算定された。


これに水や食物をプラスする。

そして地面や空間からの外部被曝を足す。


━─━─━─━─━─


/m3の単位となっていますが、
以上のもの全てを合算すると、

とても3600ベクレルでは収まりませんね。


特に食べ物が問題になります。

毎日、摂取している訳ですから。

濃縮され、確実に累積して加算され続けます。

一体、どのくらいの数字になるのだろう。


10000ベクレルをゆうに超えるのではあるまいか!?



簡単に出来るベクレルとシーベルトの変換

http://panflute.p.u-tokyo.ac.jp/~kyo/dose/ グッド!




管理人


最後に・・・

2012年の記事を少しまとめました。

セシウム134の半減期が短い為、ガイガ-カウンタ-で

計測出来る数値は、確かに減少傾向にあります。

しかし、今でも福島からブル-ムが飛来して来ています。

それに、検出されにくく、半減期のとても長い

プルトニュウム・ストロンチウムは今も潜伏しています。

放射能の症状が爆発的に出始める2016年以降、

自分に何が出来るのかと・・・考えています。

それが、まさに、今の自分に最も問われていることでは

ないかとも思うのです。


正直、2011年の3月15日と16日に、無防備で外出して

いた人はきついと思います。

学習院では、その両日とも自宅待機にしていて、

外出禁止令が出ていたというのに・・・

何故、国は、東北のみならず、東京を始めとした関東の

市民を護らなかったのか、憤りを堪えられません。

いずれ、その責任が問われる日が、きっと来ることでしょう。











メルマガからのお知らせ

メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

は、17日から18日にかけて配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料









AD
国もマスコミも一緒になって洗脳し、国民の命を奪っている!







手術、抗がん剤、放射線治療は否定、代替療法でがんが消える!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12158302292.html

以上の記事の続報です。

ご本人様の了解を得て掲載許可を取ってあります。


私への緊急メッセージ その一.
2016/05/08 10:52

ワントン様

こんにちは。
1月末から、メールマガジンを購読させていただいている〇〇と申します。
その際、白血病の妹のことで、お気遣いいただき、ありがとうございました。

妹はその頃すでに、抗がん剤治療を始めており、
その後、臍帯血移植をしたのですが、各臓器の機能が落ち、
ますます容態が悪化しているようです。

妹は都内の〇〇病院に入院しており、私は地方に住んでいるのですが、
今週会いに行くことにしました。

そこでお願いなのですが、5月5日のワントンさまのブログに、
代替医療のできる病院のことが書かれてありましたが、
どうかその病院の名前を教えていただけないでしょうか。
もう今となっては、遅いかもしれませんが。

お忙しいところ申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

〇〇 〇〇〇

-------------------



私への緊急メッセージ その二.


件名:万能酵母液の件 2016/05/21 09:59


ワントン様

こんにちは。先日は妹の件で、代替医療の病院を教えていただき、
どうもありがとうございました。

その後、妹に会いに行き、帰ってきましたが、
ワントンさんは命にかかわりかねない災難にあわれたとのこと、
その後いかがでいらっしゃいますか。

さて、妹の様子ですが、抗がん剤、臍帯血移植の副作用なのか、
多臓器不全のようになり、黄疸で全身まっ黄色、手足はやせ細り、
ベッドから一歩も動けず、話すこともままならない様子に、
こちらも言葉を失いました。

そんなわけで、妹はその病院からすぐには他の病院に移ることもできず、
妹の夫には代替医療をすすめたのですが、
今のところ西洋医学を信じきっている様子で、
ワントンさんのおっしゃるように、洗脳を解くことは大変難しく、
無力感にさいなまれました。

でも、ワントンさんのブログの様に、真実を探求し、
一歩ずつでも核心に近づいていくブログを日々読み続け、
何とか希望を見出しています。

そこでまた、重ね重ねお願いで恐縮ですが、メルマガにありました
純正な万能酵母液の作り方を教えていただけないでしょうか。
もし、妹が何か食べられるくらい回復したら、作ってあげたいのです。


FAX番号は、電話と同じく ×××-×××-×××× です。


ワントンさんもどうぞお大事になさってくださいませ。
それでは、どうかよろしくお願いいたします。


--------------------------------------------------



管理人からの返信 2016/05/21 17:06

件名:〇〇様、万能酵母液の作り方レシピを送信しました。

〇〇 〇〇〇 様

先程、万能酵母液の作り方レシピを送信しました。
妹様の件、ご心労のほど・・・お察し申し上げます。
大部分の皆さんが、妹様と同じ道を歩まれていると思うと
心がとても痛みます。
少しでも、そのようなお気の毒な方々を救えないものかと
思案しているところで御座います。
その為にも、記事にしようと心に決めました。
つきましては、以前と同様に、〇〇様からのメールを匿名扱いで
概略のみを引用させていただけないでしょうか。
どうか宜しくお願い申し上げます。

妹様の快方を心よりお祈り申し上げています。


光軍の戦士より

-------------------


〇〇様からの返信

件名:万能酵母液ーお礼 2016/05/21 17:17

ワントン様

早速、万能酵母液の作り方を送っていただき、
本当にありがとうございました。

この貴重な情報は、ワントンさんの正義感や行動力によって得られた
ものなので、大切にそして慎重に使わせていただきます。

ここまで書いていたところへ、
ワントンさんからのメールの記事の件が届きました。
どうぞ、使ってくださいませ。
たぶん妹も、そう望むと思います。


とりあえず、お礼まで。


〇〇〇〇〇


--------------------------------------------------



管理人

〇〇 〇〇〇 様からの大変貴重なメールを快く使わせて
いただき、心よりお礼申し上げます。

妹様は、都内のガン病棟におられる訳ですが、
抗がん剤に汚染食材と・・・
大変厳しい状況です。

何とかならないものかと思案していますが・・・
ご本人と旦那様の『気づき』と了解が得られない以上、
我々には、どうすることも出来ません。

『気づき』には、様々な情報が必要です。
情報が、如何に重要なものかを思い知らされます。
まさに、情報が“命”を救うことにつながる訳であります。

しかし、大多数の国民はネットの情報に重きを置いていません。
そのように洗脳されているからです。

以前、ある御婦人に、調べれば直ぐに分かる情報を提供したところ、

『 それって、ネットの情報?・・・

私は、ネットの情報をあまり信用していないの。』

思わず、絶句・・・。
決して真実を語らず、ウソ情報ばかりを垂れ流している
テレビや新聞を妄信しているのです。

自分の頭で考えたり、調べたりしないのです。
自分にとって必要な情報は、テレビ、新聞、雑誌を見て、
「フン フン・・・」、で終わりな訳です。
つまり、与えられるものだと思っています。

物事の本質を考えたり、何かを感じる感性の無さ・・・
これは、とても偶然の産物とは思えない。
学校教育の時から、そして、社会人になってからも、
ずっと、そのような人間になるように、学校教育やメディアを
使って、半世紀以上に渡って洗脳され続けて来た証でしょう。

いや、・・・戦前からか。
戦後の占領軍のトップだったマッカーサーに、
昭和天皇ヒロヒトは、以下のように語っています。


『 日本の民は、無知で無学です。

しかも、世界一従順な民族でもあります。

あなた方、占領軍はとても統治しやすいと考えます。』



~ 引用終わり ~


戦前・戦後・・・???
いや、今も何も変わっていない。
ずっと、そのように仕込まれて来たのでしょう。

必要な情報は、お上から与えられるもの。
大切な情報をネットで仕入れたり、
まして、お金を払ってまでその情報を得る習性は
今日まで、ほとんど無かったのです。

最近になって、少しづつ変化の兆しが出て来ました。
そう、311以降からです。
さすがに、何かがおかしい事に気づいたのでしょう。

何かに気づいた人と、何も変わらない人・・・
これは、運命を大きく分けるに違いありません。

放射能は、今も福島から放出され続けています。
その事に、国は何も触れませんし、マスコミもです。
2011年の3月14日から15日にかけて、
国家的危機の放射能汚染が周辺に流れました。
奥羽山脈の太平洋側も全面的に汚染されてしまった。

特に、3月15日の首都圏は危機的状況でした。
3月15日に、何も知らず、外で過ごしていた人は本当にヤバイ。
にも関わらず、国は国民を護る為の情報を一切流さなかった。
最も恐ろしい放射能核種が大量に流れたというのに・・・

キーワードは

放射能核種と毒性化学物質の体外排出。

免疫力の大幅なアップ。

一刻も早い体質の劇的改善。

◎ 真実を知る事。



真実を知る事によってしか、
あなたとご家族の命は護ることは叶いません。
知って~気づいて~行動に移すことです。

漠然としていますが、詳細については、
日頃のブログやメルマガでお伝えしているはずです。

今年からの今後の5年間で・・・
劇的に明暗が分かれる事になるでしょう。
明暗がくっきり出てしまった後からでは、もう手遅れです。


今が一番大切な時なんです!




重要関連記事

アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12145377387.html



今日の推薦記事

【信じなくていい話】
1944年ブレトンウッズ会議に日本から出席していた人物とは・・・・・

http://ameblo.jp/umaikome/entry-11376323700.html




メルマガからのお知らせ

メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

は、17日から18日にかけて配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料








ガンがどんどん小さくなったり消滅したりする
のは一体何故?なのか考えた事ありますか。





管理人

記事の題名は、とっても素朴な疑問な訳ですが、
この現象をほとんどの人が疑問に思ったり解明しようと
しないのは、本当に不思議です。
まさに、生命の根幹に触れるテーマであるにも関わらずです。
皆さん、生きることにあまり関心が無いのでしょうか?
これは、ある意味、大変な驚きです。


ガン細胞が39.3度以上で死滅するのなら
サウナや酵素風呂に入ろう!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html

<一部引用>

世界ではじめて発表されたガンの自然治癒例によれば、

ガンに罹患(りかん)後、自然治癒した人全員が、

丹毒(急性の皮膚細菌感染症40℃以上の発熱がある)や

肺炎にかかって発熱した人だった。

<引用終わり>

上の記事は、私の過去記事なんですが、
ガン細胞が死滅するというよりも、
元の細胞に戻ったんじゃじゃないでしょうか?
STAP細胞の初期化が直ぐに頭に浮かびます。

細胞そのものは、自ら、エネルギーを作り出さないそうです。
たまたま病気になって発熱した訳ですが・・・
細胞が、その発熱した熱エネルギーを使って
STAP細胞で云うところの細胞の初期化に成功したのではないでしょうか。
どう考えても、私にはそうとしか思えないのです。

全て偶然だ、神の奇跡の成せる業だと言って見たところで
始まらないでしょう。
思考停止もいいところです。

つまり、以上のように考えるのが最も自然なのです。
しかし、熱病に罹らないとガンは小さくなったり消滅しないのか
といった新たな疑問も生まれて来ます。

そうではありません。
あったんですね・・・
エネルギーを生み出している存在が。
微生物です。


メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』
~より引用

細胞が、劇的変化を起こせるには、このエネルギーと細胞が持っていない
特殊な酵素が必要になって来ます。

驚くなかれ、有用な微生物は、日常的に、この二つを行って
細胞を助けているのです。
とにかく、微生物のパワーはとてつもなくすごいです。
まさに、人知れず“奇跡”を普通に行っているのです。

この微生物の人体に占める割合は、なんと何キロもの重さになります。
単に、身体にバリアを張り巡らして悪玉菌から護ってくれているだけでは
無いのです。
細胞と微生物が一緒になって、初めて生命としての輝きを放つのです。

ガンになった人が、食生活や生活習慣を変えることによって
ガンが小さくなった、消滅したというのは、この微生物群の奇跡の力に
よるところがかなり大きいのではないでしょうか。

STAP現象の最大の秘密は、このSTAP細胞培養液にあったと
私は確信しています。
この培養液無くして、STAP現象は起こり得なかった。
無論、細胞の初期化も起こるはずも無かったと思っています。
微生物のいないところに、奇跡は起こらないのです。
これが、STAP細胞の最大の秘密であると思います。

<引用終わり>


人の身体は、善玉菌と悪玉菌のパワーバランスから成り立っています。
悪玉菌が、圧倒的優位にありますと、ガン細胞の初期化現象は
非常に起こりにくくなるであろう事は誰にも理解出来るはずです。

何故、身体がそのような事になってしまったのかという問題はありますが、
取り敢えず、早急に身体の中に援軍を送ってやる必要がありそうです。

私が、★メルマガ第11号の中で、最も伝えたかったのは
そういった事です。

玄米菌は、DNAの遺伝子情報の初期化「本来あるべき姿」に戻して、
つまり、DNAの補修剤としての働きを持っているそうです。
併せて納豆菌を摂取することで修復された情報を元に細胞を
組み立てる働きが期待できるそうです。

更に、納豆菌は、悪玉菌の天敵です。
身体に様々な悪さをすることで知られているカビ菌ですが、
カビ菌の最大の天敵は、この納豆菌なのです。
隠された秘密として・・・
カビ菌が、ガンの大きな一因になっていることは
皆さんもご存知のことと思います。
ガン死亡者の8割が、全身がカビに覆われているといった
データもあります。

しかし、何故なんでしょう?
こういった命に関わる大変重要な情報は、我々・国民に
一切流れて来ませんね。
真相は、そのほとんどが隠されているとしか思えません。
その逆に、ウソ情報ばかりが氾濫しています。
挙句の果てに、世界最大の発ガン物質である抗がん剤ばかりを
患者に勧めているのは、巨悪犯罪になりませんか?


ところで・・・
万能酵母液の作り方を簡単に記事にしているブログがあるので
皆さんに、ご紹介しておきます。

玄米菌のパワーがすごいって
http://soratoumito.ti-da.net/e7926847.html


一部のサイトに、乳酸菌は、胃液の酸によって全て死滅すると
書かれていますが、それは間違いです。
ほとんど死滅するのは、動物性乳酸菌です。
植物性乳酸菌は、その大部分が生き残って腸管に到達します。
混乱しますので、皆さん、間違わないようにして下さい。


それからもう一つ。
今までの話は、玄米乳酸菌のお話です。
以下の記事は、光合成細菌の話になります。
ごっちゃにならないように整理しておきます。


放射能を既に肺いっぱいに吸い込んだ人は
一体どうすれば良いのでしょう?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11729782302.html

残念ながら、今の医学や科学では、肺にたくさんの放射能核種を
吸い込んでしまった人を救う方法は皆無です。
今、考えられる方法は、唯一、これしか存在しません。
いずれ、必ず、肺ガンを発症するのであれば、
この方法を試すしか他に道は無いと私は確信しています。
人体実験だと云う人は、やらなければいいだけの話です。
今大丈夫でも、10年後、20年後には、東日本の被汚染地域に
おられる方々には、必ず、その危機が訪れます。

<引用終わり>

つまり、玄米乳酸菌と光合成細菌とでは、
その作り方は、まるで違って来ますから、
この事は、是非、知っておいて下さい。

太古の昔、放射線が降り注ぐ原始の地球上において、
その放射線を食料にしていたのが、微生物の祖先。
光合成細菌の遺伝子には、その原始の記憶がしっかりと
記憶されています。
体内の放射能核種に気づくと、その核種に向って泳いでいきます。
そして、その核種を抱え込んで覆ってしまうのです。
核種から出ている放射線をどんどん吸い取り、
その放射線エネルギーをどんどん無害の体細胞へと変換していく訳です。
やがて、放射能核種は徐々に劣化していく事になります。


高効率スクリューで泳ぐ光合成細菌





メルマガからのお知らせ

メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

は、17日から18日にかけて配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料









東京五輪が放射能騒ぎで中止に追い込まれる前に、
買収疑惑で中止にするのはシナリオ通り?








管理人

東京五輪が中止になる事は、初めから分かりきっていたこと。
日本近隣諸国のみならず、アメリカやヨーロッパ諸国が、
日本からの輸出食材の多くを輸入禁止にしています。
そんな国に、大事なオリンピック選手を派遣する訳がないし、
東京オリンピックが開催される訳がありません。

これは、議論する余地も無いほどの当たり前の話です。
海外からのかなり厳しい目や非難中傷は、日本国民には
ほとんど伝わって来ていません。
我々が想像しているいる以上に、世界の現実は大変厳しいのです。

一番問題なのは、東京五輪中止云々の話ではありません。
東京五輪が開催されると信じて疑わない国民のあまりの無知と
あまりにも鈍い感性の無さ・・・。
まさに、これこそが、喜劇であり、そして、悲劇なのです。

今、ニュースになっている国際陸連会長の息子だけではないでしょう。
選考委員の一部にも裏金が流れているはずです。
実際に動いたのは、代理人でしょうが、東京五輪を誘致に走らせる
最大の圧力団体は、建設・土木業界に他なりません。
日本最大の圧力団体と云ってもいい。
そして・・・恐ろしい圧力団体でもあります。


日本の公共事業の「闇」にメスを入れる人間は、
このグループに命を狙われる事になる。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11925550749.html


報道ステーションの故・岩路ディレクターは、この連中の
利権の闇の一端を暴露したから、逆燐に触れ、そして、
見せしめの為に殺された。
東京オリンピックで、建設などで美味しい汁を吸えるのは、
カルト宗教関連かヤクザ関連の企業ばかりだ。
彼らにとって、東京五輪が中止になろうがなるまいが何の関係も無い。
建設・土木で、美味しい汁を吸えればそれでOKなのだ。

推進政治家は、この圧力団体の太鼓持ちに過ぎない。
そして、同じ様に甘い汁を目的にしている。
どいつもこいつもカルト印のついた奴ばかりで、
国民から血税を騙し取っているだけだ。


日本を支配するカルトの一部の連中にとって、
一番最悪のシナリオは・・・
各国のオリンピック選手やメディアが、東京やその周辺の
放射能汚染に騒ぎ出すこと。
大気汚染や食事まで気にしながらのオリンピックに対して
拒否反応は相当なものであると考えられます。
東京オリンピックが、近づくごとに、世界の世論が、NOで
ヒートアップして来ることは、先ず、間違いないでしょう。

そうなる事は、予め、十分に予想出来たこと。
どこかで幕引きをする計画は、当初からあったとしても
何等おかしいことではない。
つまり、今回の買収騒ぎの一件もシナリオ通りかもしれません。
私は、恐らく、そうだと確信しています。

放射能汚染を起点として、東京オリンピックが潰れると
早い話、東京が崩壊する可能性が大であるというよりも
間違いなく崩壊していくでしょう。
カルトの連中にも、色んな連中やグループがいて、
それを喜ぶ連中もいれば、困る連中もいる訳です。
取り敢えず、喜ぶ連中よりも困る連中のほうが圧倒的優位に
いる・・・、というのが現状分析です。

東京は、日本経済の原動力ですから、東京崩壊は、
日本崩壊へとつながります。
そうなると、日本からお金が出なくなります。
一番困るのは、米国軍需産業でしょう。
だから、そこまではしないと考えられる訳です。
但し、お金も出なくなった時には、簡単に潰される可能性が
高いということだけは知っておくべきです。






「東京五輪中止、ロンドン開催」の可能性が本格浮上。
もはや 「誰も望まない五輪」への変貌と、森喜朗会長の「戯言」

http://biz-journal.jp/gj/2016/05/post_422.html

2020年の東京五輪が、本格的に「中止」となる可能性が浮上した。

2020年夏のオリンピックの東京への招致に関連して、
日本側が国際陸上競技連盟に協賛金を振り込んだ可能性があると
フランスの検察当局が明らかにし、本格的に捜査を始めた件。
仮に不正が見つかれば、開催地が「ロンドン」に変更される可能性が
あると、海外mailOnlineが報じた。

東京五輪招致委員会は、シンガポールのブラック・タイディングス社に
2回にわたって2億超にもなる金額を送金。
受け取ったのは国際陸上競技連盟会長ラミーヌ・ディアク氏の息子、
パパ・ディアク氏とのこと。
JOCはこの金銭のやり取りを「コンサル料」や「成功要因分析」として
いるが、受け取りの張本人であるパパ・ディアク氏と現在連絡が取れず
隠れているという状況を考えれば、説得力には乏しいだろう。
この「裏金問題」には、五輪開催の際にそのマーケティング部分を
掌握する大手広告代理店の電通が絡んでいるという情報もあるが、
ペーパーカンパニーを経由して送金していたという事実からも
疑いの目を向けざるを得ず、堂々とコンサル費を支払わなかった事実も
説明がつかないだろう。
まだ不正が確定したわけではないが、極めて厳しい状況といえる。
最終的にはIOCが決定を下すので一概にはいえないが、情勢は最悪である。

ネット掲示板や経済アプリなど、様々な媒体で様々な人が意見を出して
いるが、もはや東京五輪への期待や希望など皆無に等しい。
「中止なら残念だが、仕方がない」
「多額の税金が無駄になるけど言い訳のしようがない」
「いっそここで中止にすれば余計な費用負担がなくていい」
「これ以上恥をさらす前に」などなど、もはや開催に関して
ネガティブな回答だらけの状況。







メルマガからのお知らせ

メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

は、17日から18日にかけて配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料










海外で日本の売った原発が事故を起こした場合、
その費用はすべて日本国民の税金から支払う約束
になっている








海外で日本の売った原発が事故を起こした場合、
その費用はすべて日本国民の税金から支払う約束になっている

http://matome.naver.jp/odai/2138866162867156301

<一部引用>


★売り込んだ原発の放射性廃棄物は
日本が全部引き受けることになっている

★海外で日本の売った原発が事故を起こした場合、
その費用はすべて日本国民の税金から支払う約束になっている

★福島の原発事故後初めて原発輸出に合意したトルコは、
日本と同じ世界有数の地震多発国だ。
同じ災害の不安を抱える国に原発輸出を進めることには
問題が少なくない。



日本の場合:製造物責任法から除外される

★原子炉の運転等により生じた原子力損害については、
(中略)製造物責任法の規定は、適用しない


日本の法律は、最初から
原発の製造物責任を回避できるように作られていた。


米議会で宣誓する部品欠陥による事故でリコールがおこなわれた
トヨタ自動車の社長。多くの国では、製造メーカーが製造物の全責任
を負うことが法制化(PL法)されている。

だが、そんな例外があるのは日本だけだ。
原発を輸出するなら輸出者がリスク負担することになる。



結局どうなるの!?

トルコに原発を売る場合、トルコ人が購入する原発の価格に
リスク分や廃棄物の最終処分費用は含まれない。
トルコ人が原発で発電するとき電力料金にも
それらの費用は上乗せされない。

もし事故が起きれば、その費用は日本が負担する。

そして事故が起きずとも、40年の寿命の間に、
日本人が最終処分の方法を考えなければならない。

<引用終わり>


管理人

特定秘密保護法どころの話ではない。
これが、今年度の一番酷い話ではないだろうか!
原発輸出で利益を受ける企業は、ほんの数社です。
安倍総理を始め、日本の政治家は原発関連企業の
片棒を担いでいます。
何等かの利益供与があったとしか思えません。

しかし、これで何か事故のようなものがあった場合、
その全てを日本が負担するという・・・絶句。
恐らく、最低でも数十兆円規模になるであろうと考えられます。
その費用は、全て日本国民が負担させられます。
これでは、日本は終わりです。
これほど酷い話が他にあるでしょうか!
本当にメチャクチャな話ではありませんか!

なんで、こんな勝手な事が出来るのでしょうか?
日本国民に、その是非を問うべき内容です。
それ抜きで、こんなムチャクチャな契約内容を押し進めるとは・・・
しかも、秘密裡にやろうとしています。

これは、もはや・・・
国家反逆罪 に相当します。

まさに、国民が訴訟すべき案件 です。

それだけではありません!
以下の記事をご覧ください。


上杉隆
もみじ
「311放射能汚染で1カ国20兆円以上の賠償が
日本に求められることが確定的になった」

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65759964.html

上杉隆
「1カ国20兆円以上の国際賠償が日本に求められることが確定的」
冒頭意見、文字おこし(前半)(鳩山由紀夫前首相主催勉強会)

実態は、簡単に申し上げますと、4年後に生体濃縮などがある程度
明らかになったときに日本に対して、 国連海洋法並びに
ロンドン条約違反等で、国際賠償をうつ、この会議というふうに
言われています。

実際中国が先週もうすでに海洋汚染が海産物汚染だということで、
日本のマスコミの記事に小さく載りました。
それから、朝鮮半島での中国以外の動きもあります。
つまり日本は海水を汚染したんではなくて
自分 たちの食べ物である海産物を汚染したと。

これに基づいて、1カ国20兆から
それ以上の国の国際賠償が日本に求められると。
いうことがほぼ確定的になったというニュースは世界で出しています。

<引用終わり>



1カ国20兆円以上の賠償

一体、何十か国の国が賠償を求めてくるのか?
200兆か、500兆か、800兆円か・・・
もう、これだけでも終わっている感じがします。
その上、他国の原発事故の補償までさせられるのか!

もう、いい加減、かんべんしてよ。

これでもまだ、日本国民が怒らないのであれば、
本当に、日本民族は終わりになっちゃうね。

日本の主要政治家は、〇〇系だと噂されてますが、
やはり、日本民族を根絶やしにしようと企んでいると
噂されているのは、本当かもしれません。

この際、海外に移住したほうが良いかも・・・








【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料









★メルマガからのお知らせ

テーマ:
メルマガからのお知らせ




★メルマガ第11号は、明日17日から18日にかけて配信します。
管理人の交通事故の為、遅くなり大変申し訳ありません。
尚、ブログ読者の方には、書き出しの部分のみ公開します。



メルマガ第11号 万能酵母液の作り方

簡単なまとめ

スタップ現象 → スタップ細胞はあった
(小保方氏、丹羽教授の再現実験により証明)⇦ そもそも小保方氏の担当はここまで。

スタップ細胞塊 → キメラマウス作成はできなかった
(若山教授の再現実験拒否により) ⇦ そもそもここからは若山教授担当。
作成技術を小保方氏に教えていない。若山教授にしか作れない。

よって、キメラマウス作成をもってスタップ細胞をあるとする前提での再現実験を、
若山教授なしで実施した理研側は実に不可解。
若山教授の再現実験拒否の理由は何だっただろう。
キメラマウスが作成できなかった=スタップ細胞はなかった
=小保方氏の不正認定&論文取り下げとは支離滅裂ではないか。


STAP細胞論文の実質的な中心人物は、
理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB=神戸市)の
笹井芳樹副センター長でした。
しかし、この一番重要な要である笹井さんは暗殺されてしまいました。
そして、若山教授の信じられないような造反劇もありました。
もしかするとですが、脅迫や買収によって変節したのでしょうか?
でなければ、以前、世間に発表していた事と現在の言説の大きな
食い違いの説明がつきません。

そもそも、この理研という組織自体がかなりヤバイ組織です。
戦前は、原爆を開発していたような組織です。
まさに、イルミナティの傀儡そのものではありませんか。
世界の人口削減を最大のアジェンダにしている彼等が、
このSTAP細胞を極めて不都合なものとして、闇に葬ろうと
したのは、ある意味、当然とも云えましょう。

小保方さんも笹井さんも、そのような事は知る由もありません。
笹井さんは、恐らく、買収に応じなかったのでしょう。
しかし、〇〇教授は・・・?
つまり・・・そういう事です。

小保方さんは、STAP細胞のヒ―ロ―であり象徴的な人物です。
いきなり、彼女を暗殺するのはあまりにも目立ち過ぎる。
そこで、マスコミを使って徹底的にインチキ呼ばわりさせた上に、
更に、彼女をピエロ化することで、STAP細胞そのものを
胡散臭いものとしてレッテルを貼り、日本や世界を洗脳工作する為に、
逆の意味で象徴的な役割を宛がわれたのです。

皆さん、是非、覚えておいて下さい。
これは、イルミナティの常套手段なのです。
阪神淡路大震災は、強くなり過ぎた日本経済を弱体化させる為に
人工地震によって起こされたものであると、世界に告発した
ジョー・バリエス氏は、例によって暗殺されてしまいましたが、
彼のホームページは、ドメインをそのままに、アダルトサイトに
変えられてしまったのです。
無論、彼の信用を地に落す為です。


ここ最近、私の記事の件で、周りの読者の方から、
私の身を案じる投書が後を絶ちません。
ジョー・バリエス氏の二の舞になるのではないかと
皆さんが心配してくれているのです。
本当に有難いことです。
ただ、私の性格からいって、真相をとことん究明する姿勢と
いいますか、性(サガ)は変えることが出来ないのです。

私には、バックに何の色もありません。
宗教色ゼロ。
政治色ゼロ。
経済的しがらみゼロ。

心に感じたことをそのまま文字にしているだけです。
もう、そういった生き方しか出来なくなったのです。
それによって、もし何かあったとしても本望です。
覚悟は出来ています。
まして、何かあった時の為に、すごく重要なことは
何としても、是非、今の内に書き残しておきたい。
私は、その事に人生の大きな意味を見出しているのです。

私のブログが、主無き漂流船のようになったとしても
ずっと、半世紀以上に渡って残り続けて欲しいと
切に願っています。
そこには、きっと後世の人の為になる大切なことが書かれているはず。
少なくとも、私は、そう信じています。


話を本題に戻します。
私は今回、メルマガを執筆するにあたり、
非常に多くの記事や文献を調べましたが、
ついぞ、STAP細胞に関する本質的な議論を
目にすることは出来ませんでした。

つまり、表で目にする事の出来る一連の事件の出来事は
あくまでも氷山の一角で、現象面に過ぎないものです。
水面下に隠された本当に重大な本質に誰も触れていない。

幾つかありますが ↓ その中の一つがこれ。
https://www.facebook.com/toshinori.kanehira.1/posts/1034012659997490?pnref=story


~ 以上 ここまで ~



関連記事

人口削減委員会に潰されたSTAP細胞とは!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12130348036.html

<一部引用>

削除されまくっていると噂の元記事の転載

(転載開始)

実は、STAP細胞は簡単に御家庭で作れるのです。

もともと熊本大学で研究され、理研に委ねられたそうで、
素になった培養液は「玄米乳酸菌」。
小保方さんは、偶然的に(言われるままに)
その培養液でのSTAP細胞分裂に成功する。

そんなもの作られては、医薬品業界の一大事!
あわてて封印されましたが、現在某アメリカ薬品会社が特許出願した
との事で、全てが利権がらみ。

そこで今、ひそかなブームと成っている「玄米乳酸菌」、
要するに酵素体の菌で、これを飲むことで自然に体内のSTAP細胞を
活性化し若がえり、細胞の再生化が活発になります。


(玄米乳酸菌のレシピ)
材料…無農薬玄米 1合
天然水 1.5 L.
天然粗塩 15 g
黒砂糖 45 g

(作り方)
1.水 0.5 L に玄米 1合を入れ、1日ひなたに置く。
2. 1.に塩 15 gと残りの水 1 Lを入れ、1日ひなたに置く。
3. 2.に黒糖45 gを入れ、3~5日間ひなたに置く。

さあ~これだけで、不老長寿ドリンクの出来上がり。
僕は、THE STAPと呼んでいますが、あんまり長生きしても
後輩のみなさんに申し訳ない時代で、この乳酸菌、50ccと豆乳200ccを
合わせて、1~2日常温で置くと、STAP豆乳ヨーグルトの出来上がり。

金さん銀さんも夢じゃない!
100まで生きて100万円もらいましょう
…いろんなレシピがあるようですので検索してください。

酵素は、フリーエネルギーです。
特に稲魂パワーは、No.1!

昔、研究していた真菰ドリンクもStap細胞なんだと解明。

時には良い事、お伝えしたいと思い書きました。
「今日は、楽しい…ひな祭り」㊗️

も一度「STAP細胞は、作れます!」拡散お願いします。

(転載ここまで)
---------------------------------------

これだけ ↑ では駄目なんです。




【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料










広島・長崎原爆実験の前に、
不審な大地震が2回起こっている!?
~東南海地震・三河地震








オバマ大統領は、
広島原爆は米国がやった訳ではないので
謝罪しないだろうと噂になっています。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12159461316.html

今回の記事は、上の記事の続編です。



2011年8月10日深夜NHK名古屋放送局の制作した
『封印された大震災~愛知・半田』という
終戦記念日特集NHKスペシャル番組が全国ネットで放映されました。

放映の日 10日午後0時半ごろ、東京都大田区上池台3、NHK嘱託職員、
五十嵐忠夫さん(75)方2階建て住宅で、男女が死亡しているのを
警視庁田園調布署員が見つけた。

『封印された大震災~愛知・半田』の番組を制作したのが
NHK嘱託職員、五十嵐忠夫さんでした。
まるで、放映日に合わせたかのように死亡記事が出ました。
典型的な“見せしめの為の暗殺”としか考えられません。


すべては気づき さんより

元NHK五十嵐さんが命をかけ伝えたかった人工地震の真実?
http://sekaitabi.com/igarashi2.html

仮説に過ぎませんが、人工地震の証拠となる番組を放送したことで、
報復として暗殺された可能性を非常に疑っています。

報道関係者の変死には、
必ずと言っていいほどそこに何かが隠されていることが多いです。
911について検証をしようとしたNHKの長谷川さんも、
不可解な死を遂げてしまいました。

(以下は、五十嵐さんが制作したという番組の中の証言)












「地震の次は何をお見舞いしましょうか」


以下、動画でご覧いただけます。

東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ




・・・・・ 引用終わり ・・・・・






1945年1月9日 読売東京朝刊
この記事の前後に、巨大地震が2回おこっている。



災害教訓の継承に関する専門調査会報告書 平成19年3月
1944 東南海地震・1945 三河地震

http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/rep/1944-tounankaiJISHIN/


1944年12月7日 東南海地震
1945年1月13日 三河地震

1945年8月6日 広島市への原子爆弾投下
1945年8月9日 長崎市への原子爆弾投下



管理人

広島・長崎が原爆実験であったとしたら、
東南海地震・三河地震も人工地震であった可能性を
誰しも疑うに違いありません。
しかも、動画にあるように、最重要軍需施設が
ピンポイントで狙い撃ちされています。

先ず、震源地は戦時中でもあり、幾らでも捏造出来ます。
冒頭に掲載した東南海地震の波形図ですが、
疑いようの無い典型的な人工地震波形です。

人工であるなら、一体誰がやったのでしょう。
恐らく、イルミナティの上のほうから終戦指令
出ていたものと私は考えています。
だから、東海地方に集中していた軍用機製造工場付近が
真っ先に、狙われたのではないでしょうか。

1945年1月9日の 読売東京朝刊を見て下さい。
これが、まずもって絶対におかしい記事です。

人工地震で対日攻勢
敵アメリカ・笑止な皮算用


・・・とあります。
日本で大地震が起こっている最中に、
普通、こんな記事を出すバカはいません。
敵国の戦果を褒め称えているようなものです。
つまり、今起こっている地震は、アメリカがやっていると
宣伝しているのと同じことです。

普通、こんなことをしないでしょ。
少し考えれば、誰にも分かる道理です。
にも関わらず、このような記事が出た真意を探ると
やはり、実際に人工地震を起こしている正体を覆い隠す狙いが
あったとしか考えられません。
皆さんも、そうだとは思われませんか?

広島・長崎で原爆実験をやらかす連中がいるのであれば、
人工地震を仕掛ける組織があったとしてもおかしくはありません。
日本には、色んなヤバイ組織が幾つもありましたから。
731部隊とか・・・731は、天皇の軍隊を意味します。

陸軍中野学校もかなり怪しいと睨んでいます。
スパイ養成学校でしたが、同じ日本人にさえも絶対に
身分を明かしてはいけない鉄の規律があったとされています。
その鉄則の為に、実際に、日本国内で命を落した工作員も
いたと史実に書かれています。
つまり、身分どころか、任務についても、憲兵・特高に拷問を
受けても絶対に口を割らない組織集団であった訳です。
私は、そのような場面を映画で見たことがあります。
日本国内でですよ。
怪しいでしょ・・・

このような人工地震や原爆実験を秘密裏にやれる人間は
当時、日本国内ではたった一人しかいません。
日本国内で、神にも等しく称えられていた人物です。
そもそも、敵国である米国が、戦時中に、日本国内で、
人工地震を仕掛けられると考えるのは無理があり、馬鹿げています。

米国のB29爆撃機からばら撒かれた
「地震の次は何をお見舞いしましょうか」というビラは、
日米首脳が、常時、通じていた証拠といえるでしょう。
なにせ、御前会議で話された会話の内容は、数日後には、
米国・英国に筒抜けだったそうですから。


納得 ↓

ニ・ニ六事件の決起将校は処刑されていない~
「広島に原爆を投下したのはエノラ・ゲイではない」

http://ameblo.jp/64152966/entry-11413312212.html

ニ・ニ六事件の真相を告白したT氏からは、

「広島に原爆を投下したのはエノラ・ゲイ号ではない」

など、他にも驚くような証言を聞かされています。


○ 原爆が投下されるのも知っていた

○ 終戦に反対していた第二総軍の全員は、八時ごろに
広島の投下地点付近の基地に集められたのです




悪魔(ユダヤ)からの最後通告 ~ 混迷日本にとどめを刺せ
http://ameblo.jp/64152966/entry-11370188919.html

「日本が太平洋戦争に敗北することがあらかじめ予定されていた」

という事実を証明する出来事がある。

上野の東京国立博物館理事長の奥村英雄氏は、
日本がアメリカと戦争を始める前に、

つまり、真珠湾攻撃をするはるか前 に、

日本政府のある筋から、
東京はやがて空襲されるので、
あらかじめ博物館内の貴重な展示品を全国各地に疎開させておくよう
指示され、奈良や東北地方に移動させたことを証言している。



二・二六事件の真相~昭和11年のクーデター
http://ameblo.jp/64152966/entry-11467513564.html

昭和天皇が、1938年12月ですから大戦が一年前、
これは木戸幸一の日記に出てきます。
木戸幸一にこういうことを言っています

「もう世界大戦は始まる。

そして最後に勝つのはソ連とアメリカで、

他の国は全部潰される。日本も同じように潰される。

だけど日本人は臥薪嘗胆して質実剛健を維持すれば、

10年後には復活する」
と。

これは見事に予言的中しているわけですよ。
その一年後に第二次世界大戦が始まります。
真珠湾攻撃をちょうど一年後にやります。
10年後というのはちょうど講和条約の時です。
だから考えようによっては、昭和天皇だけが日本のストーリイを
全部知っていたんじゃないか、ということになりませんか?
僕はそう思います。

― 中略 ―

『その裏に見え隠れするのは、

「木戸よ、このようにして日本を導かなければ、

天皇一族の運命が風前の灯となるのだよ。お前も協力してくれ」


との天皇の哀訴である。


『天皇が脅されてなんかいなかったと思っている人が多いであろう。
私はルーズヴェルト大統領も、チャーチル首相も、スターリンも、
闇の支配者たる国際金融資本家たちのグループに脅され続けていた、
と書く。天皇においておや、である。

まことに日本は国際決済銀行(BIS)により、利益追求システム
の中に組み込まれ、ついに必然的に戦争状態の中に入っていく。
戦争は巨大なマネー・ゲームである。
ヒトラーもスターリンも、それを知り尽くしていた。
ルーズヴェルトとチャーチルはマネー・ゲームをさせられていたのである。

天皇が仕掛けた南進策は、巨大なマネー・ゲームの創造であった。
この面を考察しないから、私たちの日本史は欺瞞だらけのエセ日本史と
なっている。』




1955年9月21日 朝日新聞12版 夕刊3面より



1955年9月23日 東京/朝刊 3頁 1段 記事 ◆書誌詳細
人工地震の話 原爆で地球を診断_原爆による人工地震





もみじ
メルマガよりのお知らせ

管理人である私が、交通事故に見舞われた為に
後遺症でメルマガ配信が少し遅れています。

また、新しいメルマガサイトに移行する作業が大変繁雑で
少々手間取っています。

大変申し訳ありません。

ここ数日中に、メルマガ第11号を配信させていただきます。


メルマガ第11号

『万能酵母液の作り方』


【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料




オバマ大統領は、
広島原爆は米国がやった訳ではないので
謝罪しないだろうと噂になっています。







地上での火炎がはっきりと見られる

これ爆発地点ほぼ地上じゃないのか。

原爆爆発の高度が全然違う。

我々が知っている「史実」と。


出典
https://twitter.com/honest_kuroki/status/696224623373918208




出典
https://twitter.com/honest_kuroki/status/695971331364429824

まずいきなり炸裂2分後~これは広島市段原中町電気商
松重三男氏撮影でUN発表の写真.....地上の火炎が見える。
ところが広島新聞ではあたかも空中炸裂したかのように火炎が修正されている

出典
https://twitter.com/honest_kuroki/status/696230488109789184

地上の火炎を修正した広島新聞のプロパガンダ記事
http://www.hiroshima-shinbun.com/citizen/cit1945080607.html



達人さんの記事より
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1192.html


アインシュタインがルーズベルトに当てた手紙

はっきりと 航空機に搭載は無理 と書かれている

出典
https://twitter.com/honest_kuroki/status/694065258894209024






※当時、原爆を起爆可能な技術は日本だけが開発出来た。

あの当時、空中起爆できる技術など世界中何処にもなかった。

当時では、最先端のサイクロトロンから中性子を加速させて打ち出して
ウランにぶつけて爆発させてるから
空中から落としてなんて出来る代物じゃ無かったって事。

出典
https://twitter.com/honest_kuroki/status/695875185044369408




壁に焼きついた花が爆心地付近で発見されてますから
上空爆発ではありえない事。
上空からなら地面に焼きつくんですよね。
原爆というより開放型原子炉という感じ。
真実が露見し始めています。



原爆は日本製でしたー1940年7月6日、ネイチャ―が、
理研が行った核爆発の実験結果の解析の一部を、掲載していた

出典
https://twitter.com/honest_kuroki/status/684915635093032960





新たな事実は、1940年のネイチャ―に掲載された日本の核実験が、
いつ、どこで、行われたのかということです。

1939年、大阪府枚方市、
大日本帝国陸軍の禁野火薬庫の大爆発の写真に、きのこ雲の脚?
https://twitter.com/honest_kuroki/status/719231897180606464

大阪帝国大学は、すでに禁野火薬庫爆発(1939年)より前の1937年、
高速中性子を照射できるサイクロトロンを完成していました?
https://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/jp/about/history.html

そもそもガンバレル型のリトルボーイに使用したと米国が広報している
「80%の濃縮ウラン235」は、理論上、存在できません。
理由は簡単。
宇宙から降注ぐ高速中性子を100%遮断できる物がないからです。
一粒の中性子でもその濃縮度のウラン235に当たれば即爆発的連鎖反応
https://twitter.com/honest_kuroki/status/719567381874409473


世界初の核実験は1939年3月1日大阪府枚方市






天皇裕仁の隠された本当の冠位は、当時、現役の英国陸軍元帥であった。
出典
https://twitter.com/honest_kuroki/status/702748906619146240
http://digital.nls.uk/british-military-lists/pageturner.cfm?id=88820098

日本の天皇はマルタ騎士団のメンバーでありガーター騎士団

昭和天皇が戦犯として問われなかった理由の一つとして面白い記述がある。

『日本と300人委員会とについて興味深い関係が明らかになっている。
デンマーク国王フレデリック9世(ノルウエー国王ハーコンの支援を受けた)と
イギリスのジョージ6世,オランダのウイルヘルミナ女王,
ルクセンブルグのシャルロッテ大公妃が
「昭和天皇を戦争犯罪人として逮捕あるいは裁判にかけないように要請した」
というものだ。
しかし,おそらくは戦争犯罪人として処刑されたであろう昭和天皇を救ったのは
ガーター騎士団の力だった。』と。
(ジョン・コールマン著「300人委員会」453ページより)。

原子爆弾製造特許所有者は天皇裕仁である。

起爆装置の肝は富山藩の花火技術(硝石乳酸菌培養技術)の応用
※理研の○和発酵が実施

日本の意向を受けてキッシンジャーが日本の核兵器技術を世界中に販売
※原爆開発国の日本の技術でなければ原爆は起爆せず、
起爆装置は100%日本製


重要関連記事

広島原爆は地上起爆だった?
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1184.html

続・広島原爆は地上起爆だった?
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1185.html

原爆は核テロだった
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1192.html

もみじ
http://megalodon.jp/2016-0509-2239-37/waeple.com/bs/board.php?bo_table=B10&wr_id=164&c_id=166&w=c&device=mobile





出典
https://twitter.com/honest_kuroki/status/696381078613807104

萬代橋に焼き残された白い影を見ると、閃光は垂直に昇っていったようです。
光源が低い時の白く長い石柱の影は、光源の上昇に従って焼き消される。
横棒の白い影の巾が証拠。
日本の科学者が原爆報告書に描いた図もそうだし




出典
https://twitter.com/honest_kuroki/status/696989776738582528

壁に焼きついた花が爆心地付近で発見されてますから上空爆発ではありえない事。
上空からなら地面に焼きつくんですよね。
原爆というより開放型原子炉という感じ。


---------------------------------------------


管理人

この件に関しては、知ってはいましたが記事にはしませんでした。
長年・・・私は、長崎に投下された原爆写真に
ずっと素朴な疑問を感じていました。
どう見ても、地上爆発にしか見えなかったからです。
今、その謎と疑問が氷解しました。
長崎の原爆投下写真は、世界に公開されているものです。





広島と長崎で、原爆実験をやった人間は
絶対に許す事は出来ない。
徹底的に追及し、裁かれるべきである。

原爆製造の中核が、理研だったとは・・・
小保方さんのスタップ細胞で話題になったところ。
理研という組織は、まさに、イルミナティの代理組織そのもの。
これで、スタップ細胞の騒動は全て説明がつく。

国家対国家という枠組みでしか物事を見ることの出来ない人には、
今、世界で起こっている出来事の真相を到底理解出来ない。
国家というのは、イルミナティにとって道具でしか無いのだから。
それは、イルミナティの高位の代理人にとっても同じ事。

国が破壊されようが、国民が何百万人死のうが・・・
彼らには、何の痛痒もない。
彼らにとって、ゴイム=家畜なのだから。
家畜が、死のうが悲惨な目に遭おうが何の関係も無いこと。
それよりも、彼等の教義を実践することのほうが、
はるかに上位に位置づけられている。
その教義とやらは悪魔信仰であることが分かっています。
人口削減もその一環に過ぎない。

今の日本政府は、明らかに国民を大量被爆させようとしています。
大量被爆実験と云ってもいい。
そこから得られる研究結果、並びに、成果を渇望している。
実験なんですよ。
広島・長崎における、イルミナティによる地上原爆実験の
続きが、大量被爆政策による被爆実験な訳です。
全てつながっています。
そこから、一体何を得ようとしているのか!?

それは、明治維新と呼ばれるイルミナティによるクーデター、
日本国家の乗っ取りから始まった。
日本支配をまかされた総責任者のドンが天皇という訳です。

日本もアメリカも英国もフランスもドイツもイスラエルも
そして、ソ連も・・・
すべて、国際金融資本=イルミナティのラインでつながっていた。

戦争は、彼らのアジェンダを推進する一つのイベントに過ぎない。
戦争しているから、敵対国であり、敵であると勘違いしないこと。
世界の真相は・・・
国家だの愛国心だの・・・といったものは、
全て、我々が抱いて来た幻想に過ぎないものであることを
我々は知るべき時が来たのだ。

原爆製造の中核が、理研だったことは分かった。
では、最高責任者は一体誰なのか!?




昭和天皇
「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」






東京大空襲~空襲を受けなかった場所

戦争の時に、敵対国への空爆で真っ先に狙われるのは
通常、参謀本部であり、当事国の首領である天皇の皇居。
それらが綺麗に残っている事実。
関係の無い国民だけが焼き払われた。

そして、後に、東京大空襲を指揮した将軍、カーチス・ルメイに
天皇は大勲章を授けている。
この一連の歴史的事実の意味する事は・・・
つまり、爆撃しなかった事に対する感謝の意を表す為の
勲章の授与だったことは明らかである。

天皇は仮の姿。
本当の姿は、当時、現役の英国陸軍元帥だった。
これは、英国の官報で100%確認出来る紛れもない事実。
つまり、米国~英国~天皇は・・・
背後で完全につながっていたという証拠である。
イルミナティ・フリーメイソンの高位の同じ仲間であった。
だから、爆撃を受けることも東京裁判でA級戦犯として
訴追されることを免れたのも当然といえる。

つまり、天皇は始めから負ける筋書きの戦争を
シナリオ通りに進めたという結論に到る。
しかも、その一連の過程において、天皇は海外から
大量の兵器・武器・弾薬を仕入れ、全て日本軍部に買わせて、
莫大な富を築いたという疑惑まであります。
でなければ、スイスに莫大なお金や金銀財宝、証券類を秘密裏に
移した事の説明がつきません。






【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還
★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】
★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】
★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」
★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』
★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』
★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』
★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』
★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足
★メルマガ第6号『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料