くじらぐもびより

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

くじらぐもびより

*2月のくじらぐも  赤:お休み   黒:営業日

 

 

手作り広場   天候などにより変更あります。当日の朝、ブログかインスタをご覧ください
  
*1月31日(火)麦麹仕込み  10時半から  800円(昼食つき)
  2月2日(木) 麦麹仕上げ  13時から  
 
*2月15日(水) 味噌仕込み 10時半から 800円(昼食代)+味噌代
 味噌を持ち帰る容器
 
*3月14日(火) 醤油麹仕込み  10時半から  800円(昼食つき)
  3月16日(木) 醤油仕込み  13時から
 
くじらぐも金継ぎ部
*1月24日(火)  13時から   1000円
 
おらんとうの森のイベント
 井戸掘りと焚き火で赤飯と豚汁を作ろう!
【開催日時】2月23日(祝)10:00 集合
【場所】おらんとうの森https://goo.gl/maps/L1azdDDFiGZaVgof9
【参加費】
【持ち物】
作業ができる服装(長袖、長ズボン)、防寒着、帽子、お皿、お椀、コップ、箸、飲み物など
 
【参加申込】
福嶋棟梁 090-3335-8994
まで以下をご連絡ください。
1.お名前
2.連絡先
3.参加人数 おとな○名こども○名
 
※おらんとうの森には水道がありません。手洗い、水分補給用の水をお持ちください。
 
 
 
 
*明野手話サークル 
毎月第1・3月曜日 19時半~  100円  1月~3月はお休み
 
 

『cafe くじらぐも』
 

営業時間 11:30~18:00 (L.O.17:00)

 

定休日  火・水・木曜日 (不定休あり)

 

 案内図 ↓クリックして下さい 

 

案内図

 

節分

まかないはぱぱっと作った恵方巻もどき。 くじら沢庵、卵焼き、紅大根、菜の花、生ハムをくるっと巻いて。 高野豆腐と干しシイタケを煮ていたのも思い出して2本目はこちらも入れてぱくり。

 

お店が終わって、ふと携帯を見るとK母から着信が。

巻き寿司を作ってくれていた。 ありがとう・・・

 

 

 豆まきもしっかりここちゃんがぱくっと食べてくれた。

 

今日は比較的暖かかった。

明日は立春。 

空き瓶で育てているヒヤシンスも一つ咲きそう。

春はすぐそこに来ているんだな。

 

こはるちゃんがまたまた発情期が来ていてないている。

早く旦那さんを見つけてあげたい。

どこかいいオスやぎさんいませんか?

麦麹 仕上げ

今回は昨日、午前中と夜2回手入れをしてほぐした。 温度が安定していたのでホットカーペットを切って寝た。 翌朝、麦麹自身がちゃんと35度くらいを保ってくれていた。

 

きれいにひと箱ずつ丁寧にほぐしたら、東屋に広げて乾燥させる。

 

ちょこちょここんな風に醤油用の小麦も煎っている

 

煎る前の小麦

 

煎った後の小麦

 

 先々週仕込んだ米麹と今回仕上がった麦麹を使って、2月15日(水)10時半から甲州味噌を仕込みます。

興味のある方は申し込みしてくださいね。

あけの お宝マップ 完成!

 
朝ごはん 窯八さんの陶芸ワークショップでやーさんが作ったビールグラス。
このいびつさ、不安定感がかわいくて気に入っている
 
2日目朝の麦麹。 もう菌が付き始めていてほかほか湯気が立っている
 
 
 
 今日は待ちに待った明野のお宝マップができあがって実行委員打ち上げの日。 微力ながら関わらせていただいて、たくさんの方の協力やアイディアを出し合ってできあがったので感慨深い。
明野、自分が住んでいる足元にたくさん魅力や歴史が詰まっていてまだまだ知らないことがたくさんあって、これからこの地図片手に発見していきたい。
そしてたくさんの人に魅力を伝えていけたら。
 
お昼ご飯はホタル食堂さん。
みんなでこれは何?って言いながら食べるの楽しかった。
 
 
なんとドゥミールさんのケーキまで。 
 

 くじらぐもにもお宝マップあるのでぜひ、皆さんこの地図を手に楽しんでください。

 

 

 

 

 夕ご飯はもつ鍋や生ハム、静岡のやぎチーズや沖縄の豚レバーや豆腐の燻製、Kさんのえびとマッシュルームのアヒージョ、ketohaさんのラペソー(ミャンマーの発酵させた食べるお茶を静岡 梅ヶ島のお茶で作ったもの)が入ったおむすび などなど 持ち寄りご飯会。

食いしん坊が周りにたくさんいて楽しいな

 

麦麹仕込みの日 Ⅱ

 
初々しいKちゃんペア 
 
りんごとあんずちゃん
 
りんごちゃんすくすく
 
 
何かを狙う猫ちゃん。 くじらっ子は狙わないでね。
 
 
やーさんをストーカーする(ご飯をくれる人)こはるちゃん
 
 麦麹を仕込み終わって、体は疲れているけれど、生協を受取がてらお散歩へ。
パン やまにさんもまだ開いていたのでパンも買えた。 わーい。
 
八ヶ岳
 
南アルプス
 
かわいい足跡
 
ここから見る山が好き
 
 
 
ニラの種がはじけた後がかわいい
 
 
花はないけれど自然のドライフラワーの世界もなかなかかわいい
 
こはるちゃんとうたくんにお土産
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 

麦麹仕込み

 写真は忍野のKちゃんより。 いつもありがとう!
 
今日はお味噌に使う麦麹を仕込む日。
 
大豆はさっちゃんの知り合いの方の無農薬大豆。
大麦は滋賀産、日野春自然大学校から分けてもらっている。
大麦を作る人が減っていて、値段も高くなっている。
米麹と麦麹を両方使う甲州味噌をくじらぐもは仕込んでいるのだけれど、手に入る世の中であってほしい。
 
大麦を蒸している待ち時間に醤油麹用の小麦を石臼で挽こう。
小麦は殻付きで北杜市の浅川さんが無農薬で育てたもの。
石臼は弘樹君のお父さんのお寺からいただいたもの。
こうして引き継いで使えることがうれしい。
 
 
大麦蒸しあがった。 人肌に冷まそう
 
 
第2弾大麦。 2日前に浸水させておいた。 蒸す前に水をしっかり切って、もちっといい香りがするまで蒸す
 
 
 
 
 
人肌に冷ましたら麦麹菌をよく混ぜ込む
 
今回は5キロずつ浸水させて、2回蒸して、木箱は3箱ずつ、計6箱分仕込んだ
 
大麦は温度が上がりやすいので最初から平らにならして入れて、布で包む
 
 
 
Yべーさん手作りの蒸し器 大活躍
 
さっちゃんとうたくん。 いつもくじらぐもの動植物やいろいろなものに細やかな愛を注いでくれている
 
来年は麦麹菌買わなくちゃ
 
お昼ご飯 くじらーメン。 スープは生ハムを作った骨をコトコト煮込んで、くじら醤油と塩少々。 麺は浅川さんの乾麺の細麺。 沖縄そばみたい。
トッピングは大寒たまごとワサビ菜、ネギ、紅大根、わかめ。白菜とゆず煮、K母のおから煮、ハヤトウリと沢庵炒め、さっちゃんの花豆寒天ゼリー、有機ほうじ茶
 
 
Kちゃん差し入れのさつまいもチップス
 
 
 
 
 
本日も無事、麦麹仕込むことができた。 おいしくなーれ。
 

疲れた時の処方箋

 午後から突風が吹いてきて、薪ストーブから石油ストーブにバトンタッチ。

くじらぐもはかやぶき屋根に穴を開けたくなくて窓から煙突を出しているので、横引きが長いので八ヶ岳おろしに弱いのだ。 だから強風の日は使えない日が多いのだ。

 

 

 

こうやってね、羽を休めてね

 

 

すきなものを食べたり

 

私たちとのんびり触れ合ってね

 

夜はお茶のお稽古。 外はキリっと空気が冷え込んでいるけれどお菓子は鶯餅。 一足先に春を楽しもう。

炭火で沸かす茶釜からの湯もいつもよりダイナミックに動いていた。 それだけ寒いってことなのかな

 

 

 

うたくんとここちゃん

Aちゃんを見送ろうと駐車場に来たら夕焼け空が
 
薪ストーブの前はみんな大好き
 
ここちゃんが寝るまでの時間、うたくんは譲ってあげてる。 強気なここちゃんに合わせてあげるうたくん
 
この姿を見て数日前、ここちゃんが死んだと思ってやーさんがパニックを起こしたのだ。
 

 

 

つららが生まれる瞬間

 
雨だれの歌が作れそう
 
つららちゃんができていく瞬間
 
静岡 農薬不使用の紅茶や日本茶、 神奈川 珈琲焙煎室そらさんのコーヒー豆もあります
 
ぱぱっとまかないお昼ご飯
 
夜は烏骨鶏の大寒たまご入りキムチ鍋。 心も体もほっかほか
 

 

 

沖縄 辺野古と 山梨 明野

 
辺野古やアラスカでおなじみのかずぼーが うみかじ というフリーペーパーを届けてくれた。 沖縄の辺野古の新基地建設 座り込み抗議行動に参加しているうみさんを中心に辺野古で出会った人たちで作っている。
まずは表紙の人とジュゴンに心惹かれた。
第一号。 ハチドリの一滴のように辺野古と受け取った人、それぞれの場所がつながるきっかけになったら。
 
去年の9月にかずぼーが主催の沖縄の戦争遺跡巡りに参加してきた。
須玉・明野9条の会報に私たちそれぞれの感想を載せていただいたのでぜひこちらも読んでみてほしい。
 
こんなに寒い中でもお庭の椿はたくさんつぼみをつけてくれている
 
薄化粧
 
 
こはるちゃん
 
鶏ちゃん 外が大好きだけどさすがに雪は苦手みたい
 
烏骨鶏たちも初めて見る雪
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
タテノファームの無農薬の切干大根 今年もやってきた。 甘くておいしい保存食、しかも細めなのでさっと煮るだけで食べられるのだ
 
 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>