くじらぐもびより

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

くじらぐもびより

*12月のくじらぐも   赤:お休み  黒:営業日

 

*12月17日(土)臨時休業します→おらんとうの森のしめ縄飾り作りと燻製料理へ行きます

年内営業は19日までとなります。 

年始営業は1月20日(金)からとなります。

 

展示のお知らせ

 

*わかなとじゅんちゃんの二人展   10月29日(土)〜12月9日(金) 

 フクロウの声が聞こえる ~船越わかな~

            &十三支が笑ってる ~ 宮瀧順子~

 
手作り広場   天候などにより変更あります。当日の朝、ブログかインスタをご覧ください
 
*12月21日(水) 10時から おせち料理  1200円  要予約
 紅白でんぶのちらし寿司/吸い物/市松のし鶏/鮭の大根巻/松前漬け/昆布巻
 
くじらぐも金継ぎ部
*12月22日(火) 13時から  1000円   *12月24日(木) 13時から
*1月24日(火)  13時から
 
おらんとうの森のイベント
 
しめ縄づくりと燻製づくり
お正月用のしめ縄づくりと持ち寄りの材料で燻製作りを計画しています。
お昼に温かいお味噌汁とおかず、お茶を用意したいと思います。おにぎり、マイカップ、お椀、お箸をお持ちください🥢

【開催日時】  12月17日(土)10:00 集合
【場所】 おらんとうの森 https://goo.gl/maps/L1azdDDFiGZaVgof9
【参加費】 おとな500円 こども0円
【持ち物】 作業ができる服装(長袖、長ズボン)、防寒着、帽子、軍手、ハサミ(紙の飾りを切ります)、おにぎり、燻製にしたい食べ物、燻製器(あれば)、飲み物など
【参加申込】福嶋棟梁 090-3335-8994まで以下をご連絡ください。
1.お名前 2.連絡先 3.参加人数 おとな○名こども○名
※おらんとうの森には水道がありません。手洗い、水分補給用の水をお持ちください。
 
 
 
 
*明野手話サークル 
毎月第1・3月曜日 19時半~  100円 
 
 

『cafe くじらぐも』
 

営業時間 11:30~18:00 (L.O.17:00)

 

定休日  火・水・木曜日 (不定休あり)

 

 案内図 ↓クリックして下さい 

 

案内図

 

ぽっかぽか

 今日は薪ストーブ用の廃材をいただいてきた。 朝は寒かったけれど、お日様を浴びるとぽかぽかに。

 

くじらぐもにとって薪ストーブは太陽みたいに居心地よく過ごせるものだからこうしていろいろな方に声をかけていただけるのはありがたい

 

 

じゅんちゃんとわかなちゃんの二人展も明日が最終日。

 

 午後から風が強くなって薪ストーブが使えず、極寒の室内だったけれど、夜、風が静まったのでまたぽかぽかに。

ついている日とつけられない日の幸せ度があまりに激しいので、なんとか工夫して風が吹いても使えるようになったらいいな。

 

 

 

2022*くじらぐもクリスマスケーキ

ココアとフルーツのケーキ

(写真は四角型だけれど、丸型になる予定)

 

15㎝ 2800円   / 18㎝ 3200円  /  20㎝  3500円 

(箱が必要な方は  +100円 いただきます)

 

2日前までに要予約

 

ココアのスポンジケーキの間に紅玉リンゴのジャム、上に生クリームとフルーツのデコレーションケーキ

 

 

 

 

 

ちゃっかり

ハブ茶のエビスグサのさや。この鞘の中に小さな種がたくさんあってそれを野草茶に入れているのだ。 地元ではおばあちゃんたちが豆茶と呼んで飲んでいたそう。 こぼれ種でも出てくるくらい強くて、この独特の香りがとても好き。

くじらぐもの野草茶はいろいろな野草をブレンドして、煎っているのでとても飲みやすいと思う。

毎回、合わせる野草は微妙に違うのだけれど、今お出ししている野草茶は笹、桑、柿、びわ、よもぎ、ドクダミ、マコモ、スギナ、杜仲、エビスグサバージョン。

 

ハーブティーはレモングラスベースで(好きだから)でレモンバーベナ、ミント、オレガノ、ローズマリー、マロウ、ヤグルマギク、マリーゴールド、かんきつの皮。

 

 藍の種取りをしたり、畑と竹藪の草刈りをしたり、ミントを摘んだり。

 

 

根っこ付きのは少し小さなプランターに植えよう。

 

 

 

 

 

こはるちゃんみんな一緒にいるからね

 

 

 

 

ここちゃんをはじめ、烏骨鶏たちも少し放牧時間が短くなってしまった。

 

 

下に置くと鶏たちに食べられちゃうのだ。 

 

 さっちゃんと次回の手作り広場、おせち料理の打ち合わせ。

ざっくりとだけれどメニューが決まった。

*紅白でんぶのちらし寿司  *昆布巻  *市松のし鶏  *鮭の大根巻

*松前漬け  *吸い物  *さっちゃん寒天ゼリー  *シュトーレン

 

今年最後の手作り広場。

忘年会も一年がんばった自分や周りにも感謝の気持ちをこめて、みんなでお料理していただきましょう。

*12月21日(水) 10時から  1200円  要申し込み

 

 

18時くらいに寝るここちゃん。 うたくんの水をちゃっかり飲んで寝る準備。 うたくん、優しい

 

 

 

夕ご飯  生ハムをいただいていたので柿とかぶとをサンド。 わさび菜とも合うな

 

まったりうたくん。 動きがない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご縁

 南アルプス市のTさんの手作り小屋。
とても居心地よくここで喫茶店をやったら通いたくなるような素敵な隠れ家みたいな場所。
Tさんが一本一本植えた紅葉やカシ、桜、椿、ハクウンボク、リュウノヒゲ、立体的に配置された石などが40年たって雑木林になっている。
落葉しているけれど鳥たちの楽園になっていた。
 
 さくらんぼがきっかけで仲良くなって、Tさん手作りのトムソーヤの小屋みたいにわくわくする場所でコーヒーをごちそうになりながら、いろいろな物語を聞いているうちに、おらんとうの森の棟梁と会わせたい、と思ったのだ。
そして話をしたらすでに二人とも知り合いだったのだ。
雑木林が大きくなりすぎたので整理も兼ねて伸びすぎたところの伐採を棟梁が請け負うことになった。
下見という名目でくじらチームも集合がかかり、4人で会えた。
 
 Tさんはすべてのことに全力で楽しむ好奇心の塊のような方。
Tさんの作業小屋はいろいろなものが整然と整理されていてそこもすごいな、と来る度に感動してしまう。
積み重ねてきた時間や手や体を動かしながら生み出したものに囲まれた生活。 
お二人と話をしていて、先のことを心配しすぎず、まずは今を楽しむということを改めて感じさせていただいた。
 
一枚の絵画のような窓からの景色
 
うさぎちゃん
 
 ほうれん草やりんご、古いラジオをいただいた。
ラジオはもう使えないのだけれど飾ろう。 見た目もかわいいよ。
りんごは干しりんごにしよう。
ほうれん草は常夜鍋もいいな。
 
帰ってきてほんの少し庭仕事。 日が短いからあっという間。
 
こはるちゃん 
 
ん?
 
レディなのに・・・ 口が。 ずくし柿を食べているからなのだ
 
ごぼうと牛肉煮がメイン
 

酒まんじゅう

タテノファームからやってきた三浦大根。 立派だな。

葉っぱをうた君が狙っている

 

 

 今日のお茶のお稽古のお菓子は大野屋さんの酒まんじゅうだった。 ほのかに香る酒かす幸せだったな。

冬の間、手作り広場で酒まんじゅうも作りたいな。

はかどる

万年青の実。 また年始に生けられたらいいな

 

ぎゃー。 おでこに傷ありオムライスに

 

お店で出しているハーブティーや野草茶はお庭のあれこれを摘んで干して茶箱に入れて保存している。

瓶の在庫がなくなりかけたら、素材を小さく切って、いい塩梅にブレンドして作っている。 毎回、微妙に変わっても、素材の力が合わさるおかげなのかおいしくなるのが面白い。

小さく切ってくれたレモンバーベナの葉はYちゃんが細かくしてくれた。 さすがだ・・・  一人でやると面倒くさくてもお話しながら手を動かすとはかどるんだよね。

小さな世界

くじらぐもは味噌や醤油を自家製にしている。 醤油は日本酒やみりんなどの空き瓶を洗ってリサイクルして詰めているのだけれど、今回の瓶のふたがかわいかった・・・ 

 

冷やご飯がたっぷりあったのでウスターソースチャーハンに。

 

 

 

おきあがりこぼし

紅大根 なんだか起き上がり小法師みたい・・・  目をつけてあげたい

 

箸置きをプレゼントしていただいた。 小さな一輪差しとしても使えそう

 

りんちゃん、どうしているかな

 生まれて初めて野うさぎりんちゃんと出会ったおかげで知った鳥獣センターの存在。
甲府市和田峠の辺りに武田の杜のところにある。
 
穂坂のぶどう畑を通って
 
昇仙峡の脇を抜けて
 
和田峠から見る甲府の街。夜景もきれいだろうな
 
 鳥獣センターに着いて、お別れの余韻に浸る間もなくあっという間にセンターのゲージに移されたりんちゃん。
寂しいけれどりんちゃんにとって最善と信じたい。
 
 
 
 
 
 
水道が落ち葉が出る水道みたい
 
ドウダンツツジも真っ赤
 
こんな遊具くじらにもほしい・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
竹の鳥のえさ台? いいな
 
 
 
明野にもオオタカがいるって言ってたな。 いろいろなはく製があって、それを見て以前、夜中に烏骨鶏の小屋に入った動物はテンだったことも判明。
 
 捕食したり、捕食されたり。 
一面から見るとかわいそうでも一面から見ると命を繋ぐためだったりする。
こういうつながりを感じると自分たち人間も生かし、生かされていると強く感じる。
 
 りんちゃんに出会えなかったら鳥獣センターの存在も知らなかったかも。
 
 
韮崎の瓢亭というお蕎麦屋さんにて
 
レーダーみたいによく動く耳。
忍者りんちゃんと呼んでたくらい部屋の隅をすばやく走っていた。
高低差もへっちゃら。
野草大好き。
りんちゃんのおでこの辺りにある白い点。
鳥獣センターの職員さんが星がまだあるね、と教えてくれた。
若いうさぎの印なんだそう。
そしてよくここまで大きくなったね、と言ってくださった。
瀕死のりんちゃんをバトンで半年弱見守っていたファミリーのがんばりやりんちゃん自身の生命力や運の強さ、いろいろあってここまで大きくなってきてるんだなとじーんときた。
 
うたくんは追いつけなくても一生懸命大好きなりんちゃんを追いかけて、昼間ゲージに入っている間はナイトのようにりんちゃんの前を守っていたね。
おっとりしてあまり走ったことのないうたくんは、一生懸命りんちゃんの後を追いかけてたよ。
ちょっとうざくなったらさっと囲炉裏や窓のサンに上って、段差が上がれないうたくんをけん制してたね。
ちょっと偏食だったうたくんは、りんちゃんの影響を受けて、野草も大好きになったし、よく食べる子になったよ。
 
 
 りんちゃんとの生活はすべてが初めてのことだらけで、私たちの心にすごく新鮮なびっくりをたくさん経験させてくれたから、いなくなった穴は大きいけれど、一緒の時を過ごしている仲間として、お互いに生きることを大切にできたらいいね。
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>