くじらぐもびより

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

5月25日(土)は臨時休業いたします→おらんとうの森のイベントがあります

 

*5月のくじらぐも   黒:open  赤:お休み

5月25日(土)は臨時休業いたします→おらんとうの森のイベントがあります

 

手作り広場 天候などにより変更あります。当日の朝ブログかインスタをごらんください。

*7月3日(水) 二番醤油絞り 10時半から 昼食付 800円

 

おらんとうの森のイベント

 

5月25日(土) 石窯でピザを焼こう&さつまいもの苗を植えよう

10時から  大人1000円 子ども無料

 

くじらぐも金継ぎ部 

*5月28日(火) 13時~ 1000円  要申し込み

 

明野手話サークル   5月20日(月) 19時半から  100円

 

 

*先日の伊藤千尋さんの講演会の様子です。前半部分が録れなかったのですが後半部分の話が分かります。是非ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 くじらぐもインスタ   yamanashi_cafe_kujiragumo

 

お店を改装していただいた森澤建物研究舎

さんのインスタ    kazamigusa.11

 

『cafe くじらぐも』
 

営業時間 11:30~18:00 (L.O.17:00)

定休日  火・水・木曜日 (不定休あり)

 案内図 ↓クリックして下さい 

 

案内図

 

2024 一番醤油しぼり ①

忍野のくぼちゃんの写真です。 いつもありがとう!
 

ぽたぽた 醤油がたまっていく

 

Yべーさん手作りの醤油しぼり機。 少しずつ改良を重ねている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

井戸が大活躍
 

 

 

 

 

 

 

 

青森土産のせんべい汁と羽釜ごはん+今日のしぼりたて醤油で和えた赤エンドウ豆と絹さや。 ひじき煮、ふき煮、おから煮、かぶ炒め
 

 

さっちゃん寒天ゼリーは赤すぐり
 

食いしん坊

 
一年かけて集めた酒瓶
 
しぼりたて醤油を瓶詰に
 
 
 
瓶詰めしたら蒸す
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しぼった後のもろみはまた塩と水を合わせて次回7月3日(水)10時半から二番醤油搾りへと続きます
 
新緑と 湯気と しぼりたての醤油の香りと みんなの笑顔。
まるで映画のワンシーンに出てきそうな一日。
 

2024 一番醤油しぼり 前日編

 
Iさんが手作りで作ってくれた兜。 素敵だな
 
ジャーマンアイリス
 
シラン
 
近くで見ると細部も美しい
 
アマリリス

ツユムラサキ
 
古民家ってなんですぐ巣を作られちゃうんだろう
 
洗濯物と布団を干したら穴山の石水へ水汲みに
 


醤油の水はいつもここにお世話になっている
 
 
帰ってきたらくじラーメン。 塊肉を煮込んだスープと野菜たっぷり入れて
 
醤油袋煮沸中
 
醤油を入れて60度くらいに火入れ。 
 
 
一年に2回の醤油搾り。 あーだこーだとしぼる準備。 醤油は時間をかけてしぼった方が楽なので今日第一弾を。
 
ぽたぽたと。 貴重なので丁寧に。 今年もおいしい醤油ができている
 
ここまでセッティングしたら作業をしながら時々、回して圧をかけるだけ。
その合間に山椒の葉を摘んだり、野草茶用の野草を摘んだり、草刈りをしたり。
烏骨鶏も初放牧。
 
 
 
少しずつ慣れていこうね
 
こはるひめ またにぎやかになるね
 
石垣にこんな大きなミミズ発見。 ぎゃーっ
 
 

浅川さんは鶏を4羽飼っている。 卵をちょこちょこおすそ分けしてくださる。

感謝。 大きくて立派な卵。

鶏飼いになるとこれだけの卵の裏側にある大変さが分かるから余計ありがたさが身に染みる

 

さて、明日は醤油搾り本番。 みんなでにぎやかに楽しみましょう。

 

ギフト

 
わらび 子どもの頃、母と妹と山へわらびやつくし採りに行くの大好きだったな。
食べるのは苦手だったけれど。 今も宝探し気分で採るのはわくわくする。
 
昔 わじあじあで買ったカッパ。 今朝は雨。 烏骨鶏ややぎのえさやりなどあれこれ外仕事もあるので雨の日は活躍中。
 
ペンギンみたいでかわいいのだ
 
外からきれいな小鳥の声が。 しかしうたっちは警戒モードで足ダン中。
足ダンとは何か訴えたい時に両後ろ足を叩きつけて音を鳴らして、周りに危険を教えてくれたりするもの。
先代のくるみくんは数えるほどしか足ダンをしなかったのだけれどうたっちは毎日何かしらダンダン鳴らしている。

金柑のクランブルタルト焼きあがった
 
九谷焼の豆皿と落雁
 
眠そうなうたくん
 
夕暮れ散歩は最初は傘を差して。途中止んでくれた
 
こんな雨上がりだけど少し夕焼け色に
 
南アルプスもこんなに雲が
 
せっかくだから空を見るためちょっぴり遠回り
 
周りは田んぼの準備
 
雨に濡れた道路もほんのり夕焼け色
 
田んぼに水が入って空の色が映り込んで幻想的
 
 
 
初かっこうも鳴き始めた。 あー、なんて美しいんだろう、と感動しながらくるりと向きを変えて家に帰ろうとしたその時・・・
 
わー。 まさかのダブルサプライズ
 
 
日々いろいろなギフトに出会えている
 

 

 

一緒に歌おう

大根葉の炒め煮。 鍋いっぱいに入れても火が通るとぎゅっと小さくなるのが楽しい

 

こんなに小さくなった。 食べたものが力になると信じながら作っている

 

今日のお花。 ニリンソウ(白い花)  ジシバリ(黄色い花) セリバヒエンソウ(紫色の花)  セリバヒエンソウはかわいい花だけれど有毒。 お庭の雑草や身近な場所にも結構、有毒植物はいろいろある。  知っておくと役立つ。

 

こちらはくじらぐも オリジナル手ぬぐい。 バオバブ堂のまいこちゃんが一枚いちまい手刷りで作ってくれている。

くじらぐもの歌の歌詞がプリントされている。

くじらぐもの歌は石塚明由子さんの歌詞を作るワークショップで作った時のもの。 こんな歌です

 

くじらぐも    曲 石塚明由子 / 作詞 くじらぐも / 歌 石塚明由子

 

 今日もまた 一日はじまる

 メェ メェ メェ メメェ おなかすいてる

 食べること 命をつなぐこと

 朝 昼も おやつも 夜ご飯も

 いろんな 命を まるまるごと 

 体も 心も 元気になる

 やぎ うさぎ 虫 鳥 人も 草も

 みなみな 一緒に ここにいます

 みなみな 一緒に 手をつなごう

 

 

 

 

 

 

まめまめしく

じゃーん。 広島から両親が育てた野菜たち。 豆尽くし。
 
先代の烏骨鶏の最後のたまご。 烏骨鶏の卵プリンを焼こう。 先日、イタチ襲撃事件の後、みんなが残してくれた卵を使う度、胸がちくちくと痛んでへこみながらお菓子を焼いていた。 でももったいないから取っておいて、卵が傷んでしまったら悲しいし、感謝しながら一緒の幸せ時間を思いながら作っていた。
飼っていなかったらこんな思いは一生知らずにいたと思うと、それだけ絆を作ってきた証だったんだ、と自分に言い聞かせながら過ごしている。
 
 
 
韮崎の本町通り沿いに今年の3月に開店した石田西洋菓子店。Kさんが差し入れしてくださった。
 
箱を開けるとちょこっとケーキがダイブしていた・・・ みんなで仲良く半分こ
 
私はいちごのタルトにした
 
はー 幸せ。
 
恒例の夕暮れ散歩
 
久しぶりにとらちゃんにも会えた
 
 
 
 
豆ごはん すきだな
 
広島の両親が育てたもの。 グリーンピースと赤エンドウ豆の2色の豆ごはん
 

十八番

 
夕日

あやめかな?
 
 
麦畑 ぐんぐん伸びている
 
鶏レバーの梅酒煮 やーさんの十八番料理
 
 
 

 

初めまして

 くじらぐもをはじめて6月5日で丸17年。
動物を飼う経験のないまま大人になった私たちはこのお家に来て、数々の動物たちとご縁がつながった。
やぎ、うさぎ、ミニブタ、鶏、烏骨鶏。
どの子もそれぞれかわいくていろいろ大切なことを気づかせてもらっている。
誕生と死。 朝目が覚めて、日々過ごせること。地球は人間だけのものでなく、みんな生かし、生かされていること。
 
鶏、烏骨鶏はキツネやテン、ハクビシンなどいろいろな動物たちとの戦いである。 自然豊かな環境ということは野生動物たちも生きやすいということなんだな。
ある日の朝、イタチに入られてしまった。
調べてみたら500円玉大の大きさがあると入れるのだそう。
そして鶏と烏骨鶏は天国に逝ってしまった。
相棒のいない生活の味気無さ、自分たちの無力さにへこむ。
鶏、烏骨鶏は卵を産んでくれるし、雑食ということもあり、くじらぐもの目指す循環の暮らしの楽しさを教えてもらっている存在。
毎日、ランチの仕込みをしながら、鶏たちのごはんも切り刻んだり、羽釜の底のご飯粒やぬかなどなんでも命をつないでくれるものになった。
土の中にいる虫やミミズも尊い存在に変わった。
いなくなって寂しくて、またご縁がつながるようがんばろうと思っていた矢先におらんとうの森のラインで烏骨鶏とのご縁がつながった。
 
 
 
今日からよろしくね。 少しずつお互い慣れて仲良くなっていこうね。
 
こはるちゃん、白い子たちをよろしく
 
どきどきするけれど、精一杯やっていこう。
 
 

 

 

うたくん

 
甘えんぼモードのうたっち
 
お昼ご飯
 
夕ご飯  
 
 
必ずお風呂から上がると待っているうたくん。 ゆったり遊んでもらえると分かっているのだ。
 

花びらのじゅうたん

さて、連休も無事終わり、イベントも終え、気持ちがほっとしている。
 
お昼ご飯 エンドウ豆とたけのこご飯
 
木曜日に甲州市へ烏骨鶏をもらいに行くので急ピッチで鶏小屋の補強作戦をがんばっている
 
Kさん家のお庭はいろいろな植物があって、毎回発見がある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
生協を取りに行ったらオオデマリの花が満開
 
花びらのじゅうたん
 
 
 
 
 
 

 

 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>