くじらぐもびより

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

くじらぐもびより

 

*7月のくじらぐも  黒:open  赤:お休み

 

 

 

手作り広場 天候などにより変更あります。当日の朝ブログかインスタをごらんください。

 

*8月21日(水) 藍の生葉染め 1500円 (要予約)

持ち物  染めたいもの(新しいものは一度洗って乾かしておく)、ゴム手袋(手首が長いものがおすすめ 薬品を扱うので)、お昼ごはん、飲み物、帽子

 

おらんとうの森のイベント

 

7月27日(土) 星空観察と森のカレーライスと花火の時間

17時から  大人500円 子ども無料  

 

 

 

くじらぐも金継ぎ部 

*7月23日(火) 13時~ 1000円  要申し込み

 

明野手話サークル   7月15日はお休み

 

 

*先日の伊藤千尋さんの講演会の様子です。前半部分が録れなかったのですが後半部分の話が分かります。是非ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 くじらぐもインスタ   yamanashi_cafe_kujiragumo

 

お店を改装していただいた森澤建物研究舎

さんのインスタ    kazamigusa.11

 

『cafe くじらぐも』
 

営業時間 11:30~18:00 (L.O.17:00)

定休日  火・水・木曜日 (不定休あり)

 案内図 ↓クリックして下さい 

 

案内図

 

戦雲いくさふむ 北杜市上映会&三上監督舞台トーク

 

 

 
 
 くじらぐもでも前売り券販売しています
 
北杜市以外も上映予定です。
北杜市の上映には三上監督のトークがついてます。
 
 私が国防について考えるきっかけになった三上智恵監督の映画や本たち。
実際に今何が起こっているのか、ニュースや新聞を読んでいるだけでは見えてこないものがたくさんあると思っている。
特に沖縄南西諸島を最前線に全国の空港・港湾の軍事拠点化が進められている現実をまずはたくさんの人が知って、これからどんな日本を目指していくのか考えていけたら。

お手玉「

くるみくんのお墓のそばに植えた白のキキョウ。 お手玉みたいなつぼみがポンと咲いてくれる。

 

オシロイバナ マーブル模様の花になった

 

 午前中は草刈り。 今日こそはミニトマトに棒を立てないとと思っていたら大工さんがたまたま来て、手伝ってくれた。

 

二番醤油の後のしぼりかすできゅうりを漬けたものがおいしい。 もっと全て再利用できたらいいのだけれど常温だと日持ちがしないのが残念。 今の時期だけのお楽しみ

 

Yちゃん差し入れ。大泉町のいちごの森といういちご農家直営のスイーツ店でいちご尽くしが楽しめるのだそう。 いちごジュース飲みたいな

相性

 
くじらぐもからすぐ近くにopenした整体屋 ひなた家さん。 明野もいろいろなお店屋さんができてきた。
 
ひなたちゃんのバラ。 やぎのひなたちゃんが亡くなった時にK夫妻が手向けてくれたバラ。 やぎ小屋の脇で健気に咲いてくれている
 
夏バテ防止に梅干食べよう
 
 
さて、夕暮れ散歩。 今日は太陽がぎらぎらではなかったけれど、風がなくて蒸し暑かった。
ヒメヒオウギズイセン
 
シモクレン
 
Sさんの畑のひまわりが満開に
 
 
 
 
ムクゲ。 毎年たくさんの花を咲かせていて花期も長く楽しませてもらっている
 
ガウラ。 この花を見るといつもたくさんのちょうちょが飛んでいるみたいだなと思う
 
グラジオラス
 
貯水池の金魚
 
 
くじらぐものギボウシと雄造さんの絵。 今年はたくさん咲いてくれた
 
 
 

 

花ズッキーニの天ぷら Tさん差し入れのすいか

 

お茶のお稽古。 掛け軸とお花の相性がばっちり

 

ヒメオウギズイセン。 いつも茶花を持ってきてくださる昼間のお稽古仲間Tさん。 お庭にたくさんの植物を植えられているのだなと感動している。 私もがんばろう。

 

 

七夕様

やーさんもだいぶ回復。 無事お店を再開できました。
ご心配おかけしました。
 
Yちゃんからの差し入れ 乃風さんの葉折りとうめつづみ。 ごちそうさま
 
大好きなヤブカンゾウの花の季節がやってきた
 
見えるかな、オレンジ色の花
 
 
この時期だけのお楽しみ
 
 
 
鳥が羽を広げているみたいな雲
 
ネムノキ
 
 昔、オジギソウという植物があって、葉を触ると葉っぱが閉じるのだ。 似ている葉を見るとついつい触ってしまうのだけれど、オジギソウになかなか出会えない、植えている方いますか?
 
草の中にさつまいもが。 明野金時かな?
 
 
 
七夕  みんなの協力のおかげで一気ににぎやかになった。
みんなの願い届きますように。
 

のどか

くじらぐも畑 かぼちゃがすくすく
 
大きくなーれ
 
うこっけいたちものびのび
 
砂浴びをしている烏骨鶏ちゃんたちの姿に癒される
 
こはるちゃんもだいぶ一人に慣れてきたかな。 柿の葉っぱや実が大好きなのでよかったらあげてみてね

 
 
 
 
 
 

 

水出し茶

うたっちの新しい技? 交差

 

 

 

さっちゃんの抹茶寒天と水出しほうじ茶。

 

 この時期は水出しがおすすめ。 紅茶、日本茶、コーヒー。 まろやかでおいしいし、茶葉と水を冷蔵庫に一晩いれておくだけでおいしくなるのでありがたい。

 

2番醤油しぼり 2024 

 今回は三日間かけて(7月2~4日)、醤油をしぼった。 醤油しぼりは早くしぼろうとすると醤油袋からもろみが出てしまったり、力も必要なのだけれど、時間をかけたら、自然にぽたぽたと落ちてくれるのでそんなに大変ではない。

所々醤油のもろみを袋に入れて醤油しぼり機にセッティングしたり、作業はあるのだけれどしぼっている間は手があくのだ。

 

 今回初めて、私がみんなと醤油しぼりをする日に体調を崩して、みんなで作業ができなかったのでやーさんがのんびりしぼることになった。

ケガの功名?でこのやり方がいいなと思ったので来年からは三日間かけるやり方をしていこうと思う。

 

2番醤油搾りをするため、穴山の石水を汲みに来た。 おいしい水が汲めるのは幸せなことだな。

 

全国的にPFASなど水道水が問題になりつつあるけれど、便利だけを追求した生活がどんどん自分たちの首を絞めているように思う。 もっと水や空気、畑や田んぼ、海、地球。 当たり前にあるものが当たり前じゃないということを意識して暮らしていけたら。

 

石水の奥にはマリーゴールドが整然と並んでいた

 

帰り道、やぎがいる場所の前を通って前回見当たらなかったからもういないのかな、と今回も通り過ぎようとしたら視界に白いものが。

 

 

 

 

炎天下の中、とっても元気に草を食べていた。

 

 

 

 まずは第一弾を仕込んで、烏骨鶏を放牧したり、草刈りもあちこちがんばった。

今思えばこのうだるような暑さの中、刈り払い機のオイルを入れ、2回転がんばったのがあだになったかなと思う・・・

 

 

 

 

三日目は私も手伝えた。 元気に動けるってありがたいことだな。

 

この暑さの中、黙々とがんばっていたやーさん。 ちょっとだけこんな予感がしたのだけれど、私の体調復活と同時に今度はやーさんがダウンしてしまった。

しみじみ、体力はどんどん落ちていくんだな、その中で工夫してやっていくやり方を考えなくてはと改めて感じた醤油しぼりだった。

 

さて次回の手作り広場は藍の生葉染め。 またまた暑いと思うけれど、みんなで元気に会いましょう。 

 

7月3日(水)の醤油搾りは中止いたします




詳細はお問い合わせください。

東洋医学


いただきものの紫色のトウモロコシ。初めて食べた。野菜もいろいろ出ているな。
魚は広島のゲンチョウ(舌平目)。しみじみおいしい

広島 尾道で薬剤師をしている裕美枝ちゃん。
手作りの本を何冊かくじらぐも図書館に置いている。この度いよいよ もっと知りたい女性のための東洋医学 血けつのはなし が出版された。   
取り寄せて読んでみよう。 楽しみ


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>