くじらぐもびより

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

3月1日(金)~4日(月)営業しています

*3月のくじらぐも   黒:open 赤:お休み

3月16日(土)はくじらぐもは臨時休業させていただいて、おらんとうの森でパレットでDIY&北海道のホタテと鮭を楽しむ会をやります。
 
手作り広場 天候などにより変更あります。当日の朝ブログかインスタをごらんください。

*3月6日(水) 醤油仕込みのための作業(殻付きの小麦を炒る、炒った小麦を石うすで挽く) 13時~

*3月19日(火) 醤油麹仕込み 10時半から 昼食つき 800円
    21日(木) →醤油仕込み 13時~
持ち物 エプロン、三角巾、あれば長靴 
 
おらんとうの森のイベント

*3月16日(土)10時~ パレットでDIYと北海道のホタテと鮭を楽しむ会

大人1000円 子ども無料  持ち物:軍手、トンカチ、のこぎりなど、皿、コップ、はし、飲み物
 
くじらぐも金継ぎ部 
*4月2日(火) 13時~ 1000円
 

明野手話サークル   3月4日(月)/18日(月)19時半から  100円

 

 くじらぐもインスタ   yamanashi_cafe_kujiragumo
 
さんのインスタ    kazamigusa.11
 

『cafe くじらぐも』
 

営業時間 11:30~18:00 (L.O.17:00)

定休日  火・水・木曜日 (不定休あり)

 案内図 ↓クリックして下さい 

 

案内図

225

2024/03/01

 
朝起きて、雪が大したことがなくてほっとしている。 強風が吹き荒れている。
このくらいきつね色に焼くのが好き。
 
うとうと
 
しっかり開いた
 
広島の牡蠣を殻ごと炭火で焼いて、レモン汁をきゅっと
 
炭火で焼くとなんでもおいしくなるの不思議。 囲炉裏も誇らしげ
 
ホタテを牡蠣の殻で焼く案、ナイス。
 

 

 

 

黒米の入った米麹の甘酒仕込み中。 ランチのご飯が余ったものを使っておいしいものができるのがありがたい。

そのまま飲むもよし、牛乳や豆乳でオレにするのもおいしい。 料理やスイーツにも大活躍。

今年はたくさん米麹を仕込んだのであれこれ料理にも展開していこう。
発酵って楽しい。
 
あれれ、また雪が積もり始めた。 今回は夕方には雨になってくれてほっとしている。
 
のんびりくじらぐも。 おかげで金柑仕事もできた
 

つぼみだった椿が開きはじめた

 

春を探そう

 
雪で折れた梅の枝を持ってきてくださった。 春が来た
 
クリスマスローズも咲く寸前
 
こちらにひっそり増えた子。 白のクリスマスローズは植えたけれどなくなってしまった。残念
 
 
猫柳も出てきた
 
水仙も日に日に伸びてきた
 
 
 
くっついてくる鶏ちゃん
 
 
のびーっ
 

コーヒーのお供

 
絞りの椿
 
山茶花
 
クリスマスローズ
 
クリスマスローズ
 
椿
 
春の陽さんのオートミールクッキーと珈琲焙煎室そらさんのバレンタインブレンド。 コースターは先日の織りの仲間展で買ったさおり織り
 
ほのぼのショット
 
こちらはフランス パトリックロジェのオランジェット。 甘すぎずおいしかった・・・
 

紅白の梅。 華やか

 

沖縄平和ツアー報告会

 先日行った石垣と沖縄の辺野古。

女性4人で見てきたこと、感じたことを写真を交えながらの報告会。

私は平和関連で沖縄に行ったのは2回目だけど百聞は一見に如かず。

行けば、行くほど、知れば知るほど、見えて来るものが違うと思う。

積み重ねていけたら。

 

沖縄から帰る最終日、亀次郎さんの不屈館に立ち寄った時に阿波根昌鴻(あはごんしょうこう)さんの新聞記事があって、そこに平和とは人間の生命を喜ぶことという言葉に出会えた。

とても素敵な言葉だと思う。 今度行った時は、反戦平和資料館ヌチドゥタカラの家に行ってみたい。 やちむんの窯元も訪ねてみたい。

 

 続いて専修大学名誉教授の白藤博行さんが憲法番外地の沖縄の今、辺野古訴訟の今というテーマで話をしてくださった。

本土の私たちは沖縄で起きていることをなかなか自分事としてとらえられないけれど確実に地方自治にも影響しているという身をつまされるような話。

遠くの話でなく、自分たちの足元にもつながっている、ということを実感。

 

そしてにらいかない北杜の中島和也さんが詳しい辺野古の工事についての話があった。

 

 抑止力の名の下に、本当に防衛を増大していってもいいの? 

自分の国の事が日米地位協定で物を言うことすらできない今の状況はどうなの?

憲法があっても基本的人権が大切にされていないことがたくさんあると思うのだけれど、なんでそんなに変えたいの?

一つひとつおかしいことはおかしいといえる世の中であってほしいと思う。

 

 

 

2024 味噌仕込み

 写真は忍野のKちゃんより。 いつもありがとう!
 
くじらぐも 甲州味噌
 大豆20㎏ 米麹10㎏ 麦麹10㎏ 塩20㎏
 

大豆 やわらかくなーれ。 吹きこぼさないよう火加減に気を付けている

 
ミンサー  毎年大活躍している。
 
お店のお座敷は室になったり、作業場になったり
 
おいしくなーれ。 願いをこめて。
 
塩も大事
 
 
しっかり混ぜたら味噌玉を作って空気が入らないように
 
お家の一番涼しい冷暗所で発酵させよう。 昨今の暑さに注意
 
 
 
できあがったらお味噌汁しっかり楽しんでね
 
 
 
 
 
 
 
煮た大豆。 何にもつけなくても甘くておいしい
 
 
来月の醤油麹用の小麦も合間に挽こう
 
今日の経験 きっと大きくなってもどこかに生きるね
 
さっちゃん差し入れ 干し柿とクリームチーズ
 
手に傷がある人は塩でしみるから手袋必須。 つぶした大豆と米麹と麦麹と塩と大豆のゆで汁(あめ)を入れてしっかり混ぜ合わせよう
 
 
 
お昼ご飯 大家族みたいだね
 
精進おこわ(もち米、切り干し大根、切り干し人参、干しシイタケ、枝豆、栗、ごぼう) 紅大根のゆず塩合え ゆで大豆  O芝さん母沢庵 大根とごぼうの煮物 小松菜と厚揚げのペペロンチーノ 味噌汁 さっちゃんの干し柿クリームチーズ  Kちゃん差し入れロールケーキ 京番茶
 
 
自家製の味噌汁は出汁がなくてもおいしい。 ある野菜をポンポンと入れてお味噌を入れるだけでおいしいよ
 
みんなで作ったお味噌 それぞれの環境でおいしく育ってね
 
 さて来月は3月6日(水)13時から 醤油麹用の殻付きの小麦を炒ったり、石うすを挽く作業
3月19日(火)10時半から 醤油麹仕込み  昼食つき 800円
   31日(木) 13時から 醤油麹仕上げ→醤油仕込み
ぜひ、都合のつく方はいらしてくださいね。
 
 少し小雨が降ったものの比較的暖かく、味噌も仕込めてほっ。
おやつの時間から明日の沖縄の旅の報告会の下準備。
あがり症なのでどきどきするけれど、いろいろな方との分かち合いを楽しもう。
 

味噌の下準備

久しぶりのグランドスラム

 

いつの間にかくじらぐもの小梅も一気に咲き始めた

 

今日は外作業はあまりの暑さに上着なし、麦わら帽子、汗をかくくらい。 5月中旬くらいの天気らしい・・・ こはるちゃんもハァハァして少しばて気味。 この気温差は動物も植物もびっくりするよね。

 

 

 

 

 

今日はやぎ小屋を掃除したり、柵の中の竹の根っこ掘りをがんばったから、ずっとこはるちゃんがいつもよりべったりくっついてきてくれた。

今まで9頭のやぎとくじらぐもはご縁がつながっているのだけれど、その中でこはるは一番人見知りで、警戒心が強い子なのだ。

でも今日はいつも以上にくっついてきたり、触っても嫌がらなくて、こはるが来てからの光景が走馬灯のように私の頭の中を駆け巡って、感慨に更けていた。ゆっくりと絆ができているんだな、と。

暗くなってこはるがメエメェ鳴き始めた。 発情の印。 そこでいつも以上の甘えぶりは発情も入っていたからかな、と少しだけがっかり。

一昨年ひなたちゃん、リリーちゃん、チャイ君が数か月ごとに老衰で旅立って、切磋琢磨しあって過ごしていたのに4頭から1頭になったこはる。

ゆっくりとだけれど1頭の環境に慣れてきて人間もお友達って思ってくれてるみたい。

 

鶏ちゃん砂浴び中。 一筋の光が美しい

 

砂浴びをしているところを見るととても幸せな気持ちに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浸水しておいた大豆を10キロ分かまどで少し火入れを。 明日の朝、少しでもゆとりが出るように。

 

麦麹も2つに分けて回収。

 

 ミンサーを作業しやすいよう、設置したり、いろいろこまごま準備。

 

夜は金柑のシロップ煮の脱気作業。 明日の味噌仕込みもうまくいきますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスローズ

クリスマスローズとうさぎ。 I母のお庭から
 
味噌用の大豆 浸水をはじめた。 10キロを二つ(外の大きなかまどの鍋に入るぎりぎりの量)。 一つ割れたみたいで水がこぼれてきたので小さめの容器に二つに分けて移し替える。
プラスチックは洗ったり、軽いし、便利だけど、劣化もしていく。
 
冷たい風だけれどみんな元気。 薪ストーブ用の薪も自転車操業だけどなんとか日々準備できている
 
 
 今日は雪が降って以来久しぶりに竹藪の根っこ掘り。 少しずつ進めよう。
鶏ちゃんが土を掘るから結構くっついてくる。 でもつるはしは重くて尖っているから近づくと怖いのだけれど、躊躇せずくっついてくる。
 
 
やーさんはKちゃんにいただいた赤ワインを楽しんでいる
 

 

 

土壁と椿

 
ほぼほぼ雪は溶けてくれた。 ほっ
 
三和土の間  土壁と椿。 よく似合う
 
広島のレモン。 レモン色の方は実家の畑で育ったもの。 スイーツにあれこれ変身中
 
ふきのとうと紫芽キャベツと干したこのペペロンチーノ。 めんは浅川さんの乾麺の太麺。 おすすめ。
 
 
さあ一休みしたら片付けがんばろう
 
 
 
 
 
輝くうたくん
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>