くじらぐもびより

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

6月10日(月)~20日(木)までお休みします

*6月のくじらぐも   黒:open  赤:お休み

*6月10日(月)~20日(木)はお休みをいただきます。

*6月22日(土)は臨時休業→おらんとうの森のイベントに参加しています。

よかったらこちらへご参加ください。

 

 

手作り広場 天候などにより変更あります。当日の朝ブログかインスタをごらんください。

*7月3日(水) 二番醤油絞り 10時半から 昼食付 800円

 

おらんとうの森のイベント

 

月22日(土) 遊具作りと竹筒ごはんとバーベキュー

 

10時から  大人1000円 子ども無料

 

くじらぐも金継ぎ部 

*6月25日(火) 13時~ 1000円  要申し込み

 

明野手話サークル   6月3日・17日(月) 19時半から  100円

 

 

*先日の伊藤千尋さんの講演会の様子です。前半部分が録れなかったのですが後半部分の話が分かります。是非ご覧になってください。

 

 

 

 

 

 くじらぐもインスタ   yamanashi_cafe_kujiragumo

 

お店を改装していただいた森澤建物研究舎

さんのインスタ    kazamigusa.11

 

『cafe くじらぐも』
 

営業時間 11:30~18:00 (L.O.17:00)

定休日  火・水・木曜日 (不定休あり)

 案内図 ↓クリックして下さい 

 

案内図

 

北杜自主上映会 サイレント・フォールアウト

画像は公式Facebookから

 
 
北杜市在住のNPO法人世界ヒバクシャ展共催のドキュメンタリー映画 アメリカ・ネバダの核実験による放射能汚染を実証しようとした女性たち。
果たしてどんな風に実証するのか、これからの未来を考えるきっかけにもなりそうです。
 

 

 

もちきびも芽が出てきた

 

伊豆大島の牛乳せんべい 

 

不思議なきのこ発見

 

田んぼにつがいの鴨を発見。 癒される

 

お赤飯

くじらぐもはピンク色のアジサイがないのであこがれる。 土を中性からアルカリ性にしないとピンク色にならないんだろうな。

 

 

 

クレマチスの花の後も面白い

 

 

 

とらちゃん3連発。 とらちゃんに会えるとうれしい

 

先日お店が17周年を迎えたのでお赤飯を蒸すことに。 蒸し器で作ったお赤飯。 小豆は浅川さん。 今回は山梨流で小豆をほんの少し甘くしてみた。 色は小豆の色。 しみじみおいしい。

 

 

 

恵み

左上からワイルドベリー 赤フサスグリ ジュンベリー ドクダミ焼酎漬け。

ブルーベリーも少しずつ色づいてきた。  

しっかり自然の恵みを生かすことのできる生活を目指していきたい。

 

 

カシワバアジサイ

 

 

ウチワサボテンの花 バラみたいに見える

 

ハルジオンの花畑

 

栗の花 あちこちから栗の花の匂いが漂っている

 

草や木の葉が大好きなこはるちゃん

 

クリンソウに会いに

今日はころぼっくる会議主催のクリンソウの群落を見に行く会に参加させていただいた。
明野の方に同乗させていただくことになっていたので張り切ってお家に伺ったら約束時間を一時間間違え、早く伺ってしまった。
新聞でも見ながらどうぞと言っていただいたので一時間のんびり過ごさせていただいた。
 
 
集合場所の野辺山駅に近づくにつれ、ハルゼミの声が。 山歩き中もハルゼミの声に包まれながら、歩く道は鹿が通る獣道を上っていくので、鹿のフンをたくさん目にした。 動物たちも歩きやすいルートがあってそこがちゃんと道になっているのが面白い。
 
 
 
鹿が食べた跡
 
ヤマクワガタ
 
沢沿いに歩いていく。 赤い花がクリンソウ
 
ミツバツチグリ
 
クリンソウ 
 
コバイケイソウ? 有毒植物。 若葉の頃、ギボウシの若芽と間違える事故をよく聞くので注意。
 
 
マタタビ
 
 
木がたくさん倒れていた
 
緑が美しい
 
クリンソウのナビゲーターのOさん
 
ニリンソウ?
 
大群落 葉は群生しているけれど花が少ない。 つぼみもあるし、毒があるのだけれど鹿が花穂だけ食べている。
 
 
 
 
 
残り物をぱぱっと詰めてきたお弁当。 地味だけれどおこわごはん、ひじきとフキ煮、大根葉きんぴら、かぶの塩昆布和え、浅川さん家のたまご。
 
 
 
ちえさんの後ろ姿がとても絵になっていた
 
 
 
 
ハクビシンにも会ってしまった。左上、見えるかな
 
枯草に隠れてしまった
 
 
深呼吸
 
 道中、イケマというツル性の植物があちこちにあり、有毒なのだけれど、アサギマダラという蝶が幼虫の時に食べるという話を聞いていたら、なんとアサギマダラがひらひらと飛んできてくれたのだ。
あっという間に去っていったので写真を撮る暇はなかったけれど、姿を見せてくれてとてもうれしかった。
アサギマダラは長距離移動することができるみたい。
 
オトシブミが卵を包んだ葉っぱも落ちていたり、自然の中を歩くといろいろな発見があって楽しい。
 
 また来年も参加できたらうれしい。 
前回行った時の様子 

 

くじらぐもおかげさまで17周年を迎えました

 今日は6月5日 くじらぐものお誕生日。

2007年6月5日に小さな種を蒔いて、今は鳥の巣や影を作れるくらいの木に育ってきてくれていたらうれしいな。

 

2007年6月5日 /2008年6月5日2009年6月5日2010年6月5日2011年6月5日2012年6月5日2013年6月5日2014年6月5日

2015年6月5日①  2016年6月5日2017年6月5日2018年6月5日2019年6月5日2020年6月5日2021年6月5日2022年6月5日2023年6月5日

 

そして2024年。

今日は朝から竹藪と格闘。  剪定したり、草刈りをあちこちやったり。

 

お昼ご飯

 

 

 

 

こはるちゃんともたくさん遊んだり、庭仕事のおかげでこはるのすきなものをあれこれあげたからおなかがパンパンになっている・・・

さつまいもの苗も植えた。

 

 夕方、少し遅くなってしまったけれどおらんとうの森へ。 梅をもぎに。

おらんとうの森の梅で梅干を作ってみんなで焚火で炊いたご飯でおむすびにして食べたくて、採りに行った。

 

 

おらんとうの森には梅の木が4本あって、2本は不作。2本は鈴なりになってくれていた。

 

 

先日みんなで植えたさつまいもの苗もたくましく根付いてくれていた

 

石窯

 

左側は燻製やピザを炭火で作っていた初代の道具

 

 

 

 

先日のイベントで満開だったキウイの花はもう終わっていた。

 

日々、自分の足元にあるものを大切にして精一杯過ごしていけたらうれしい。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

 

移植

  浄化槽の浸透桝がうまく機能していなくて、もう一度違う水道屋さんに近々やり直していただくことになった。
その関係で少しずつ花壇の植物を移植している。
今度は、安心して使えるようになるとうれしい。
 
 少しずつ竹藪の開墾も進めていて、今日はアンズとおかのりを移植した。
そばと大豆も植えたい。
 
石垣ガラスのライト
 
夕方雷がなって少し雨が。 この辺りは大したことがなかったけれど、上の方はバケツをひっくり返したような強い雨が降ったのだそう。
 

いただきものの水沢うどん。 先日、群馬へ小さな旅をした時に食べられなかったけれどこんな風に出会うことができた。

目からうろこ

ハーブティー用

 

 夕方、常連さんGさんだけになった時間帯があって、烏骨鶏を放牧がてら一緒にドクダミを摘まない?と誘って一緒に作業。

私はついつい、草取りをしたり、ワラビも採ったり、こはるのごはんも取ったり。

ドクダミは野草茶にも入れているのだけれど、虫よけスプレーにもなるらしいのでやってみよう。

烏骨鶏たちも少しずつ慣れてきてくれているみたいでうれしい。

 

ドクダミチンキ。 虫よけスプレー用

 

夜はお茶のお稽古。

掛け軸は緑水青山。 今の季節にぴったり。

 

茶花はアジサイ

 

お稽古の後の二次会。 お菓子に落花生道楽というお菓子があった。 道を楽しむ。 いい言葉だな。 

あまりいい意味で使われない時もある言葉だけれど、もともとは仏教用語なのだそう。 道楽(どうぎょう)と読むのだそう。 仏道を求めるという意味なのだそう。  どんなことも工夫して楽しんでいけたら。

照らす

 Tさん家のはねだしさくらんぼでコンポートを。 スイーツにあれこれ使おう。

お庭のワイルドベリー、いちご、ジュンベリー、フサスグリも少しずつ色づいてきた。

 

ブラックベリー

 

17周年記念にいただいたソーラーランプ。 井戸のところか東屋かどこに置こう。 感謝。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>