くじらぐもびより
*くじらぐもは店内・駐車場・米蔵など敷地内全面禁煙です

*ホームページやぎ座http://cafe-kujiragumo.com
 
火・水・木曜日が定休日です。

 
 
メールアドレス  cafekujiragumo☆nifty.com
               →☆を@に変えてください

 


くじらぐもの駐車スペース
 
お店の前と一軒下の瓦屋根の米蔵が駐車スペースです
お店の斜め前にある神社の敷地(コンクリート舗装)や道路には車をとめないでください。

ご協力をお願いいたします。

 




--------------------------------


『cafe くじらぐも』

営業時間 11:00~18:00 (L.O.17:30)


定休日  火・水・木曜日 (不定休あり)


 案内図 ↓クリックして下さい 公共交通機関の方はコチラ  


 (路線バスの最新情報は 各バス会社のHPでご確認ください)


案内図

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

くじらぐもびより

*1月のくじらぐも    赤:お休み   黒:open

 

:*2月のくじらぐも   赤:お休み  黒:open

 

くじらぐもの展示のお知らせ

 

染め花とこどものリネンワンピース展 2月25日~5月9日 予定

 

手作り広場   天候などにより変更あります。当日の朝、ブログかインスタをご覧ください
 
*1月18日(火)10時半から  米麹作り   昼食つき 800円
*  20日(木) 13時から  米麹仕上げ   無料
*2月1日(火) 10時半から   麦麹作り  昼食つき 800円
    3日(木)  13時から   麦麹仕上げ  無料
*2月16日(水) 10時半から  味噌仕込み  
   昼食代 800円+ 持ち帰りたい味噌代
 
*3月15日(火) 10時半から 醤油麹仕込み  昼食つき 800円
    17日(木)  13時から  醤油仕込み     無料
 
 
おらんとうの森のイベント
 
*2月23日(祝) 花炭づくりとお餅つき
10時から14時くらい
 
 
 
 
 
*明野手話サークル  
毎月第1・3月曜日 19時半~  100円
 

米糀仕込み

 朝から強風で米麹の仕込み作業の日には少し過酷な日だったけれど、何とか今年も無事仕込むことができた。
 
 今日は小さな子たち3人も一緒。 わいわいにぎやか。 蒸した米も食べてみたね。
 

 
 
お昼は玄米おむすび。じゃこやかつぶし、ごま、ひじき入り。 お味噌汁は烏骨鶏の卵入り。
 
おなじみさっちゃん寒天ゼリーは、ドラミちゃんの両親が育てた黒豆入り。おいしいし、美しい
 
おやつの時間の頃、Kさんが日本三大銘菓 新潟の越乃雪。もち米と和三盆で昔ながらのレシピで作られているのだそう
 
 コーヒーと。 おらんとうの森の棟梁も立ち寄ってくれたのでちょこっとお茶の時間。
 
 夕方、須玉町津金の古民家民宿なかやさんで満月の映画会へ。
武州藍(埼玉の羽生の藍の職人さんの様子を撮ったもの)がテーマ。
Oさんは前回は竹かごのもので今回は藍染めで、こまめに声をかけてくださってありがたい。
職人さんの工程を見るのは初めてだったのでとても興味深かった。
同じようにはできなくても、自分たちも何か学んだり取り入れることができるものがあるように感じている。
灰汁やふすま、呉汁など化学的なものを使わない伝統的な手法。
工程が分かれば、また出来上がったものを見る目も変わってくるのも面白い。
 
 
帰り道、久しぶりの夕焼け。 帰って室の温度を見てみよう。
 

月と一緒に

 

本日のランチプレート。 

 
夕ご飯 タラの粕漬。 はーおいしすぎる・・・
 
夜散歩 帰り道、ほぼ満月を独り占め。 くるみくんが元気に跳びまわっているのが見えるな。
 

癒し人

 
朝,焼き芋屋さんにたこ焼きをもらった。朝たこ焼き。 なかなかないパターン
 
 今日はお店は15時からにさせていただいた。
Mさんの葬儀に参列させていただいた。
Mさんは一昨年、お米を手伝わせてもらった方。
お店をはじめて2年目の頃、Fさんの紹介で何度かお家に遊びに行かせていただいていた。 
田んぼや野菜をされていて、生きた素材をそのままお料理して食べることのできる場所。
私にとってMさんは人生の先輩で、びっくりするくらいパワフルで大地に根をどしっと張っている方だった。
 
無農薬のお米や野菜、味噌や漬物なども手作りで、昔のかまどでご飯を炊いたり、たくさんの植物もお庭に植えてあって、森のイスキア(佐藤初女さんの)
みたいに来る人みんなを癒せるようなそんな場所を作っている方。
 
途中、しばらく行き来することがなくなってしまったけれど、3年前に棟梁がしめ縄飾りにマコモを使いたい、というところからまたまた再会。
 
しめ縄飾りや藍染め、マコモ枕のワークショップなどいろいろ一緒に企画して
イベントをさせてもらったり、1年間田んぼを手伝わせてもらったり。
 
途中から闘病してることも知って、心配しつつも前向きにパワフルに向き合っていく姿もたくさん見せていただいた。
 
大切なことをたくさん感じさせてもらって、受け取らせていただいた。
あの場所に立ち寄ってもMさんがいないのはすごく寂しいけれど、一緒に過ごさせてもらったことを大切に、自分もくじらぐもを調和した場所になるよう目指してがんばっていけたら。
 
ご縁って不思議だと思う。
難しいことだけれど、目の前のことを一生懸命やっていきたい。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
ke to ha のひろみちゃんが作ってくれたかきもち
 
こちらは自家製ハーブティー。 レモングラス、レモンバーベナ、マロウ、ヤグルマギク、マリーゴールド、ミント、ローズマリー、甘夏の皮
 
浅川さんにいただいていた香川県のnogiの米粉クッキー。 香ばしくて素朴。
米粉のケーキもおいしいけれど、クッキーも作ってみよう
 

1月16日(日)都合により15時ごろopenとさせていただきます

 ぎりぎりの連絡になって申し訳ありません。

本日(1月16日)は15時頃openいたします。

ご協力お願いいたします

 

野草茶

 
くじらぐも畑で育てたエビスグサの種。野草茶にブレンドするのだ。収穫しておいたもののさやを外して中身を取り出すのだけれど、今回はYちゃんが一緒に手伝ってくれた。 しかも取り出すコツを見つけ出し伝授してくれた。
こういう細かい作業はおしゃべりしながらやるとはかどる。
 
夏の間に干しておいた干しもろこしも野草茶用。土鍋で薪ストーブで煎る。今回の野草茶は、桑、びわ、マコモ、杜仲、笹、もろこし、エビスグサ。
 
うたくん いろいろな香りがするでしょ
 
夜ごはん 麻婆春雨が食べたくなったから。くじらチームは辛いのはあまり得意でないので辛さは控えめバージョン。
 

2022年スタートしました

今年もくじらぐも時間、楽しんでくださいね。
よろしくお願いいたします

 

お昼ごはん  あじとブロッコリーとトマトのソテー

 

ここちゃんたまご。順調に1日おきのハイペースで産んでくれている

 

広島 三原銘菓 だるま最中。 紅い方には八朔あんが。2月の第2日曜日を含む前3日間神明祭りがあってだるま市とも呼ばれているそう。いつか行ってみたい

 

りんご酵母パン 焼きあがった

 

夜は鯖のカレーソテー。 昨日買い物に行ったら魚が安くなっていて今日は魚デーになってしまった

 

 なんとか今年も営業スタート。 今年も楽しくマイペースにやっていけたら。

よろしくお願いいたします。

 

 

オーダーメイド

 
齋藤雄造さんの遺作展 亡くなられてからは初。 またいつの日か雄造さんの絵を見ていただけるように企画したい。
 
お店の中のあれこれ、あったらいいな、というものは母におねだりしてつくってもらっている。 これで座っても温かい。
ティーポットカバーや座布団、アクリルたわしや椅子カバー。
いつも家に帰ると、テレビを見るときは必ず手を動かしている母。
私と父がぼーっとこたつで寝ころびながらテレビを見ているとよく、何もせんでおれるねーと言われる。
いやいや、母さんの方が疲れんの?と思う私。
編み物は母にとって癒しの時間なんだそう。
ありがたや。
 
 
 

ゆかりのあるもの

 

Kちゃんごちそうさま。 かわゆいパッケージ

 

Yちゃんより くじらだ。 高知のお土産でくじらの小刀も他の方からいただいたことがある。 高知や和歌山、くじら探しに訪ねてみたい

 

こちらは思わず生協のカタログにあったので買ってしまった。 

 

お餅つき

今年初焼き芋屋さんの焼き芋。 あまーい。

 

二晩浸しておいたもち米 1.5升ずつを2回つくことに。

一回目は白もち。二回目は黒米も入れたおもちに。 紅白のイメージで

 

 

 

湯気が玉手箱みたい

 

 

 

本日の主役 20歳おめでとう!

 

 

 

 

 

きな粉、大根おろしのからみもち、兵庫の味付け海苔、ketohaのひろみちゃんが炊いてくれたあんこ、お雑煮。 好きなトッピングで召し上がれ。

 

珈琲焙煎室そらさんがコーヒーとケーキを

 

 久しぶりのお餅つき。 楽しかったし、おいしくて幸せだった。

何よりもみんなで協力してつくのも盛り上がる。

田舎育ちだけどほとんど餅つきをしたことがない私。

おもちを食べるのは大好きだけどね。 子どもの頃はお正月に両親がついたおもちを太ることも気にせずめちゃめちゃたくさん食べていたな。

最低でも毎年一回はつきたいものだな。

あんころもちやよもぎもちもついて、食べたい。

大変とかめんどくさいと思っていたらなくしてしまう大切なことがたくさんあるのかもしれない。

 

 2月23日(祝)もおらんとうの森で花炭を焼いたり、お餅つきやるのでよかったら参加してみてください。

棟梁の餅つき姿を見るだけでもご利益があるかも。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>