くじらぐもびより -4ページ目

目から鱗

乙女椿 かわいいな

 

お昼はとんこつラーメン 白菜の芯があまーい

 

先日、やーさんがお稽古で生けたお花。 ユーカリ、菊、カーネーション、鉄砲ユリのさや。 くじらの庭や近所のあちこちににょきにょき残されてドライフラワー化しているさや。 これも花材になるか、と目から鱗。 お庭のを付け足してみた。

この丸くて大きなカーネーションがポンポンみたいでかわいい。まるでエールを送っているみたい

 

夕ご飯  寒いから汁もの率が高くなっている今日この頃。

夜、寝る前に外を見ると少し白くなってきた。 わー、明日の朝どうなるかな

ソウルフード

 

おむすびたくさん握ったから来る?とご近所さんに誘っていただいた。

鹿児島県阿久根のさつまあげと赤かぶとたくあん漬け、くじらは花豆とかぼちゃの煮物と鮭のあら汁。 

ご近所さんってありがたい。

少しずつこんな風に日常が楽しめたらうれしいなと思う。

 
あー 最後のクルミッコ
 
 
 

手作り広場*おせち料理

 さて、一年の締めくくりの手作り広場。
感謝の気持ちをこめながらいつもよりもさらに丁寧な気持ちで作っていきましょう。
*鮭の太巻き / なます / 昆布巻 / 太ごぼうのひき肉詰め / 二色卵 / 青菜のおひたし / お雑煮
 
前日までにしておいたこと  出汁を取る(今回は昆布、いりこ、干ししいたけ)。 昆布巻用の昆布を柔らかく煮ておく。 鮭をおろして、塩につけ、置いておき、塩を洗い、酢で締めておく。 太ごぼうを柔らかく煮ておく。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太いごぼうの芯をくりぬいてひき肉あんを詰めているところ
 
昆布巻
 
くじらぐもの鳥骨鶏のたまご。 ゆでたまごに
 
黄身は温かいうちに砂糖、塩を入れなめらかにすりつぶす
 
白身は粗みじん切り
 
 
鮭の太巻き
 
*鮭の太巻き
 酢締めにした鮭は薄くそぎ切りに。酢飯を作る。巻きすの上に海苔を置き、ごはんを薄くのばし、鮭の薄切りを敷きつめ、なますを少し載せ、巻く
 
*紅白なます
 大根、ニンジンを千切りに。 塩をして置き、水分がしっかり出たら手でぎゅっとしぼる。酢(ゆず酢)、砂糖、塩、ゆずの皮の千切りで和える
今日はゆずをくり抜いてゆず釜に入れた
 
*太ごぼうのひき肉詰め
 ごぼうを柔らかくゆで、芯を小さなナイフで取る。 ひき肉、塩、酒、ニンジン、くり抜いたごぼう、しょうが、片栗粉で餡を作り、中に詰める
 出汁、醤油、みりんで炊く
 
*昆布巻
 昆布の上に今回は人参、ごぼう、干ししいたけ、高野豆腐を煮たものを芯にしてくるくる巻く。 水でさっと戻したかんぴょうで巻き、鍋に出汁、醤油、みりん、酒を入れ落し蓋をし、コトコト煮る
 
*二色卵
 固ゆでたまごを作る。 黄身と白身に分ける。 黄身、砂糖、塩を入れゴムベラで練る。 白身は粗みじん切りにして塩少々。 巻きすの上にクッキングペーパーを敷き、練った黄身を広げ、真ん中に白身を3分の1くらい載せ、くるくる巻いて輪ゴムでとめ、巻きすごと蒸す。15分くらい。 冷めたら切る
 
*青菜のおひたし
 今回はターサイ。色よくゆで、切り、出汁醤油と柚子で和える
 
*お雑煮
 里芋、大根、ごぼう、ニンジン、ねぎ、かぶを切り、ごぼうの肉詰めで余った餡を団子にして今回は加えた。 出汁、仕上げに醤油とみりんで味を調える。
焼いた餅を加える
 
今回はこれに さっちゃんの金時豆の寒天ゼリーと北海道出身知里ちゃんの母作 飯寿司とくじらぐもが育てたかぼちゃと浅川さんの花豆の甘煮/赤かぶ漬け、お茶はくじらぐものお茶の葉で作った白茶風のお茶
 
 
 
ごちそうさま。 
 
栃木の足利銘菓 古印最中 
 
 
 
 
 
 
 
お散歩したらキジのつがいに出会えた
 
 
 
 
 
 今年も皆様のおかげで一年無事に終えることができました。
来年も手作り広場を通して、たくさんの生きていく知恵や楽しさに出会えますように。
 

2021 クリスマスケーキ

 

 

 

2021年のクリスマスケーキ

 

 ココアとフルーツのリースケーキ(写真ではわかりづらいけれどドーナツ型です)

18㎝  2300円          /  21㎝   2600円

 

 

 

 

一直線

 

ちょこん。 薪ストーブの横は暖かいよね

 
歯医者帰りの道を歩く。
前を見ると一直線の道。くじらぐものすぐ近くの道。田んぼがパッチワークみたいに広がっていて、山が墨絵のように重なっている散歩道。
 
雲が元気いっぱい
 
 
後ろを振り返ると八ヶ岳
 
右側を見ると南アルプス
 
水仙が終わりかけたので菊の花と雪柳に衣替え
 
 
昨日のお花。ユーカリ、カーネーション、菊
 
なでなで。たまーに本当にたまーにこんな至福の時間が訪れる。魔法みたいな時間
 
 
BENIYAのクルミッ子 クリスマスバージョン。 かわいいな
 
 
コーヒーにも紅茶にも合いそう
 
明日の手作り広場のおせち料理の準備をあれこれ。 まずはテーブルをセッティング。 鮭をさばいたり、出汁を取ったり、昆布を煮たり、野菜の下処理。
一年間無事に終わることに感謝の気持ちをこめながら準備をしよう。
 

稜線

 

ラカイアファームさんのほうれん草。 さっとゆでて広島のわかめと豆の花さんの豆腐と和えよう

 
今日は夕暮れ散歩と真っ暗になった散歩2回楽しめた日。
 
この時間の山の美しさは毎日見ても飽きない
 
富士山がちょこっと
 
 
 
半月
 
 
S先輩のお花
 
今日のお花はおばあちゃん先生の元茶室のお庭からの椿とロウバイ。 かわいい色の椿だな。 この花器も先生の旦那様が存命の頃のなつかしいエピソードつきのもの。 日々、大切に重ねていくことを毎回教えていただいている。
 
 夜家に帰って夜空を見た。 ふたご座流星群で流れ星を5つ見られた。
久しぶりに流星群の日に星が見えた気がする。

受け継ぐ

10日の出来事。
 
今日はくじらぐもに納品してくれているコサージュの金丸ゆかりさんと女の子用のワンピースを作っているnanohanautaさんのコラボ展の打ち合わせ。
春に二人の展示が楽しめるので楽しみにしていてください。
 

かぼちゃのスコーンとクリスマスブレンドの紅茶。 クリスマスティーはくじらぐものオリジナルブレンド。やっぱりおいしい。 また作りたい。

 
紅茶のmayuちゃんのお家で代々受け継がれているレシピのお赤飯をいただいた。 とても手がかかるらしいのだけれどこうして受け継がれるものって素敵だなーと思う。 カレイの煮つけや干し柿入りの白和えや。 お祝い御膳みたい
 
 
ここから11日のお話。
珈琲焙煎室そらさんがお誕生日ケーキをプレゼントしてくれた。長野の丸安田中家さんのもの
 
みんなで少しずついただこう
 
わー 駄菓子も焼き芋さんより。 子どもの頃に行っていた駄菓子屋さんなつかしいな。
 

白チーム

 

今日はぽかぽか。日向ぼっこでみんなまったり。 チャイ君、こはるちゃんの脇でここちゃんは砂浴び中

 
りりーとひなたちゃんはご飯を探している
 
中ではうたくんが
 
夜は昨日多めに焼いていたお好み焼きと余りもので。 両親が広島で育てたキャベツかいくつか届いているからちょこちょこお好み焼き食べたいな
 
切り干し大根 第一弾。 せっせと作ろう
 

おはこ

 

こはるちゃん。一番みんなの動きを見ている

 
ご近所さんのところへ薪拾いに。 一気に山々が雪化粧
 
 
お昼
 
夜はお好み焼き。 やったー。
 
やーさんお好み焼きおいしいよ
 

ぽっかぽか

 

朝ごはん。 もりもり

 
シュッ。 まったりかわいくくつろいでたうたくん。 カメラに気付いたとたん、ダッシュ
 
周りの音や動きに敏感
 
 
夜は大工さん家で薪ストーブを囲んだごはん会。 心も体もぽっかぽか