こんなスピの人は嫌だ!(5) | あなたの守護天使の絵 描きます♪ 多次元的ないしょ話

あなたの守護天使の絵 描きます♪ 多次元的ないしょ話

チャネリングで守護天使の絵を描くというイラストワークをやってます。たまに漫画も描いてるよ♪

 

 

この世界には「法則」があります。

「不干渉の法則」や
「自由意志の法則」や
「自己責任の法則」や



そして「カルマの法則」も。。。

 

 

※制作中につき、2018年2月2日の過去記事を再掲載してます。

 

 

前回からの続き。

こんなスピの人は嫌だ!(1)

こんなスピの人は嫌だ!(2)

こんなスピの人は嫌だ!(3)

こんなスピの人は嫌だ!(4)

 

 

では、
わかりやすいように受講生Aさんのメールを、

またまた部分的に再び掲載してみます。

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

それと同じ感覚ではないとは思いますけど、

いろいろなスピブログを見ていると、

日替わりで、いろんな神様とか大天使とかアセンデッドマスターとかと会話して、いろんなメッセージを書いている人がいますよね。 



または、日常でお知り合いとかと

いっしょに過ごしているときに 、

 

その人の守護霊がこういうのがわかったとか、

そのひとの前世が見えて、その人のカルマがわかったとか・・・

 

 

あとは、

神仏とかとの縁をつなぐとか、

エネルギー伝授とか、

○○のアチューメントとか・・・ 



表現も自由だし、感じることはそれぞれだからいいんですけど、 

そういう人たちのブログとかを、たまに見ると、 



「この人は、本当にこの存在とチャネリングして書いているんだろうか?」
「勝手に他人の前世を見たり守護霊を視て、批判したりして、いいんだろうか?」 
「人間に、本当にそういうこと(神仏などの力を他人に移すとか)ができるんだろうか?」 

 

 

と思って、その後に、

 

「もしこれらがこの人たちの妄想だったとしたら、この人たち、死んだ後とかに、本当の見えない世界から、罰を受けたりするんだろうか?」

とか、 



「本当の○○神様がいるとしたら、わたしはそんなこと(たとえばアチューメントとかエネルギー伝授とか)はしていないって、罰が当たったりするだろうか?」とか、 

これまた、「視えない世界への怖さ」

みたいなものがあるんですよね。 
しかも自分とは関係ない人にまで・・・。 



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

ってなわけで、今回はですね^^

 


まず、私を含めて我々みんなが

気をつけた方がいいな、と思うこと。

 

 

 

あんまり他人の方に

目を向けなさんな♡( ´ ▽ ` )ノ
 

 

 

自分とは何の関係もない見ず知らずのスピの人が何か言ってても、

いちいち気にしたり、真相を追求しようとしなくていいですよ^^

 

 

他人のやってることに監視の目を光らせるのはやめませう手

 

 

…ってことを一応、前提にしておいて、と。

 

 

>日替わりで、いろんな神様とか大天使とか

アセンデッドマスターとかと会話して、

いろんなメッセージを書いている人がいますよね。

 

 

ここでも書きましたが。

 

 

 

 

実はこの疑問、他の視点からも大事なことなんです。

 

 

ここの部分はエビデンス?を用いて

詳しく説明したいところですが…

 

 

ブログで書けることには限度があるので

チャネリング講座や闇茶会などで、

ガッツリお話しできます!(笑)

 

 

で。 

アチューメントやエネルギー伝授は、

きちんと行われているものがたくさんありますキラキラ

 


実は、密教系のものや、

某古代文明の流派のは、

伝授めっちゃ多いですよーウインク

 

 

ただ残念なことに、

詐欺まがいの人達がいるのも事実です汗

 

 

 

でもそこは深く追わず、

色んな人がいるからねぇ~と達観しときましょう^^

 


そんな人たちの悪意にフォーカスしすぎて、裁くような気持ちになっちゃったら本末転倒なのでね(・ω・)ノ

 

 

では、
密教系やら某組織からの伝授を、

もしも自分勝手な判断で悪用・乱用したら…?



その場合、その団体の

見えない存在から大目玉を喰らいます。
これは当然です。

 


「伝授して得た力」ってのは、

自分の力で体得したものじゃないわけですから。

 

 

ただ、ホントの伝授じゃなくて、

勝手にご神仏の名前を使ってるだけっていうのも、結構ある気がします。
もちろんホントの場合もあるかもですが。



「〇〇の神さまからのエネルギーです」
「〇〇観音のアチューメントです」
 

 

でもね、そういうのにイチイチ目くじら立てないで

「ああ、神さまの名前にあやかりたいんだろうな」と、遠巻きに見ていればよろしいかと^^

 


三次元だったら、特許権・商標権の侵害っぽいですけど(笑)

見えない世界にはありませんからね、そういうの。

 

では、
もしその辺のスピの人が、

神の名前を語って悪用したら…?

 

はい。

 

 

その場合も、ほぼ罰は当たりません。

 

 

意外ですか?(・∀・)

 

 

宇宙とか?神さまとか?

そういうめっちゃ大いなる存在?が、

悪いことをした人間にバチを当てるんだ!…みたいな発想は、はっきり言って超古いです。

 


一見罰が当たったかのように見える現象も、実は守護さんが気づかせようとしてる場合が多いんですよね。 

 

要するに…

 

 

 

(バチ)なんて当たらないんです。
 

 

 

「~~すると罰が当たるぞ!」
「~~しない人間なんて、

そのうち罰が当たるんだ!」

 

 

 

我々はずっとこうやって「罰(バチ)の呪文」をかけられてきたんですよねぇ(;´▽`A  

 


これって「悪口の正当化」なんですけどね(笑)
 

 

脅しですからゲロー

 

 

 

では、

勝手にご神仏の名というご威光を使って、

やりたい放題悪いことしてる人間でも、

 

正当な伝授じゃないから叱る存在もいなくて、何のお咎めも無しなのでしょうか?



はい。
三次元的に見れば、お咎めなしです。

 

 


ムカつきますか?(笑)

 

 

 

ムカつくよね!!!!( ̄□ ̄)
いやわかるよ、ホント。



でも、自分の胸に手を当てて、

よ~く考えてみたらね。

 


「罰が当たる」って言葉ってさ、

 

 

何の根拠もなく、ただムカついた人に当たり散らしたいだけじゃない?

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、ムカついた相手を傷つけたいだけじゃない?

むしろ、

 


「罰が当たればいいのに!」

 

 

って思ってない?

(私、以前は思ってたw)



「出来事」と「感情」は分けて考えないと、論点がズレちゃうからね~あせる

 

 

もし悪用した人間が、自分が悪いのをわかってて続けていたら、

普通は守護さんから何らかのサインがきますし、ちょくちょく邪魔が入ります。
 

 

でも、力の強い人だったら押し通すこともできますね。
その結果、どうなるか。

 

 

意図的にやってるなら「カルマ」になります。

 

 

 

あ~また出ました(>'A`)>クァルマ~~ッ☆


何度もいうけど、カルマって聞いただけで

無駄に怖がらんといてね^^



でも、ぶっちゃけ、

罰が当たってハイ終わり~の方が、

まだ可愛いもんなんじゃないかなぁ…滝汗

 


こういう人は何度生まれ変わっても、

わかるまでずっとカルマが重く続くからね汗

 

 

 

つまり、自分で罰を当ててる状態なんです。
 

 

 

神さまとかが当てるんじゃなくて、

罰って自分で当ててるんですよ。

 

 

それを、聞き分けのないアホな人間を言うこときかせるために、「

そんなことしてると、(省略)罰が当たるんだぞ!」って、昔の人は言うようになったんじゃないかな。


大事な経緯が省かれた説明になって、

時代を経て、罰の呪文になったのではないかな。

 


そしてそれが、初期設定のプログラミングになってしまった、と。

 

 

だから他人の罰のことまで、

いちいち気にしなくていいのだ。

 


いつの日か、罪に心を痛めるようになるまで、その人の課題が増えるだけだから。



では。
それとは違って、もし本気で

「自分は〇〇神さまのアチューメントができるんだ!」と固く信じていて、

 

それを人様に施すことが清き道だと、

心から思っている場合はどうなのか?


その場合、カルマは無いです。

基本的に。


釈然としない人もいるでしょうが(笑)


そんなもんなんです( ̄∇ ̄)



むしろ、本当は何の力もなかったはずでも、

心の底から愛と感謝と喜びでアチューメントしてたら、少しづつパワーが入る場合だって無きにしもあらず… です。



信じ切ってる人の場合ですけどね。
奇跡が起こる可能性もあります。

 

 

「じゃあ私も神さまの名前を勝手に使って、ラクにスピ仕事して金稼ぐ~♪」と思った人上差し

 

 

無理だよ、もう知っちゃったから(笑)
わかってて意図的にやったらヤバいでしょ。

 

 

罪悪感はラスボスなんだよニヒヒ



それに、お客さん側が「素晴らしい神さまのエネルギーに何度でもおすがりしたい」って深刻に依存しちゃったら、お互いにカルマの関係になります。
まぁでも、だからダメとか悪いとかって結論ではないです。

 

 

人間は間違うことも多々あります。

失敗から学ぶことも多いですしね。

 

 

それに、カルマは怖がるものではない。
カルマの仕組みを理解すること。

 


それは、罰でも忌むべきものでもなく、

本来の魂を思い出すために有効なシステムである。



そこに気がつくと、

カルマを超えて、解放が起こる。

 


原因の「因子」を変え、

因縁を解消していく。




そうなると、カルマのチェーンは不要になるのです。

 

 

長くなったので、次回に続く~(´ω`*)ゞ

かもしれない??

 

 

 

 

 

ランキングに参加しました!

よかったら、ポチっとお願いします。


人気ブログランキング

 

 

こちらもよろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村