【重要記事】7.この世界の仕組み(次元上昇) | あなたの守護天使の絵 描きます♪ 多次元的ないしょ話
新型コロナウイルスに関する情報について

あなたの守護天使の絵 描きます♪ 多次元的ないしょ話

チャネリングで守護天使の絵を描くというイラストワークをやってます。たまに漫画も描いてるよ♪

 

今、地球の周波数は どんどん上昇しています。

これは 宇宙の法則であり、
地球の意志とも言えます。

 

 

 

※2017年3月25日の過去記事を再掲載してます。

 

 

前回からの続きです。

 

【重要記事】1.この世界の仕組み(前置き編)

【重要記事】2.この世界の仕組み(ディスクローズ)

【重要記事】3.この世界の仕組み(支配構造)

【重要記事】4.この世界の仕組み(プロビデンスの目)

【重要記事】5.この世界の仕組み(制度改革)

【重要記事】6.この世界の仕組み(フィンテック)

 

 

さて。 

連日お伝えしてきました「陰謀論」ですが、皆さまどのように感じられましたか?

「嘘っぱちだ!でたらめだ!バカげてる!」
「これはスゴイ情報だ!参考にしよう!」
「腑に落ちないこともあったけど、真実味のある話もあったね」

とか、まぁ色々な意見があると思います。
 

で。
今回は、最後の「まとめ」ということで、私個人の意見も書いていきます。

 

 

 

 

 

私自身は、今までの話を総合的に考えて、信じるに値する部分は、今のところ…


「4分の3」です。


4分の1は信じられない情報なのかというと、そうではなくてですね。
「正直まだわからない」「判断しかねる」ということです。

玉石混交って感じで。
ま、すぐに結論を出せばいいってわけではないですから^^

 

それから、ここ数日の間、

皆さまからたくさんのメールをいただきました。
大多数が「面白い」とか

「遠方でお茶会に参加できないのでブログ更新が嬉しい」とかでしたが、

中にはめんどくさいのも色々ありました☆(≧▽≦)



なので、念のため再度書いておきたいのですが、

最初に書いた通り、このシリーズ記事は

できるだけ私の主観が入らないよう、聞いてきた流れで記事を書き進めました。
なので…

 

 

「支配から 解放へ」
「集中から 分散へ」
「依存から 自立へ」

 

 

とか「自律分散型社会」など、

ちょい耳障りのいい言葉を聞くと

 

 

「うさん臭ぇ~~w」とか思っちゃったりね(笑)

 

 

いや、まぁこれは実際そうなってきつつあるんだけど。
言葉にすると、意外と陳腐だなぁと。

でね。
今まで私が何度もメディアリテラシーの話や、

常識をアップデートするって話を書いてきた理由は、

各自が自分の頭で考えて、自分の意見を持つことが大事だと思っているからです。


最近の記事には何度もそう書いてきましたよね。
私が「前置き」や「注意書き」を重視するのは、

そこを覚えておいてもらいたいからです。 

でも、何度書いても忘れちゃう方がいるので、再度言いますね。


私の言うことではなく、どうかご自分の感覚を信じてください。


Sさんも、Kさんも、同じことをおっしゃっていました。

それから。
Kさんというのは、実はブロックチェーン開発の会社をやってらっしゃる方なんですよ。
だから、若干の宣伝が入ってる感はあったでしょ?(笑)

でも個人的には、仮想通貨でのフィンテックには、マジで期待してます。
これを、

 

 

「あ~あ、まんまとヤツラの罠に乗せられちゃって」

 

 

と考えるのは至極当然。
でも、部分準備制度がなくなるわけじゃないし

「仮想通貨」という選択肢が増えたわけですから。
地球を壊すような制度だけに固執したい人はいないでしょ。


私は非常識な人間なので「だったらまんまと乗ってやればいい」と考えるタイプ☆


「逆」で考えます。
池上さんも言ってたように、ビットコイン保有者はお互いに「監視」できます。
監視されてるからこそ、改竄はできない。

その条件はカバルも同じ。

すでに世界中でたくさんの人が保有して使ってるけど

「監視されて困ってる」なんて人の話は聞いたことがないです。

 

銀行の利子が払えなくて困ってる人は多いだろうけど。
だから、何もビビったり構えたりする必要は無いと思ってます。



「監視」じゃなくて、情報を「共有」している、と私は考えます。



お金の価値を、国ではなく、私たち一般大衆が決めるのです。
一般人同士が横のつながりを広げれば、

金融サービスのあり方を変えていけるのです。

銀行で融資受けて利子がつく方が私ゃ怖いわ(切実w)


近年、この世界の社会体制を築いてきたのは、

残念ながらまぎれもなく「彼ら」です。


我々は敷かれたレールの上を生きてきて、

今さら気づいて、そして既存の制度を批判してるだけです。 


嫌なら代替え案を出せばいい。
出せないなら・・・今はこの枠組みの中で、出来ることをするしかない。

だったらそれに乗っかって、監視されてみればいい。
監視されて何が困るのか、まずは試してみればいい。
 

PCだってスマホだって、彼らの監視システムだけど、

それらは平気で使ってるでしょ?
今さら何を隠そうというのか。
 

ディスクローズというのは、相手だけに公開を求めるわけにはいかないでしょう。
と、
私は考えております。 今はね。



いただいたメールの中で

「確定申告でマイナンバーは書かなくてもいいんです」

というご意見がありましたが、

 

私が先月申告した時は、記入してない人のは受理できないことになっていました。
市町村で違うんですかね?(そんなバナナ~バナナ

でも、

他の皆さんは全員が記入してるのに、

もしその中で記入していない人間の申告書があったら、

むしろ目をつけられると思う(笑)


頑なに、彼らの思惑に乗ってはいけない!と言うのも 私は違和感があるんですよ。
まぁね、それぞれの考え方ですけどね^^


Kさんの会社は、

別にビットコインを売ってる所でもなんでもないので、

購入を勧めたりすることもないです。

 

 ただKさんは「お金の正体」や「貧富の差」について、

ずっと追及して答えを追い求めて来て、

最終的に行き着いた答えが、

なんと「ロスチャイルド&ロックフェラー(カバル)」だったというわけです。

そしてSさんは、ドランヴァロ氏から教えを受けたファシリテーターとして、

精神世界を追及していって色々な情報をふるいにかけていって、

行き着いたところが「ロスチャイルド&ロックフェラー(カバル)」だったというわけです。

で、

最近お二人はたまたま知り合うこととなり、話してみたらアラびっくり☆
お互いに違う方向からではあっても、カバルの情報を持っていたと。

そして私は、3年半以上ずっとスピ本も読まず、

仕事上での先入観を持たないように情報を遮断してきて、

やっと解禁…というタイミングで、この話を聞くこととなったのです。


それはまさに、「逆」「反転」といったキーワードと一致するもので、

私にとってはとても面白くて興味深い話となりました。

 

 


 

 

地球は今、13000年の古いサイクルが終わって、新しいサイクルに変わりました。
「反転」したのです。
2012年12月21日、マヤ暦の終わりは、古い時代の終焉のことです。

「女性性」の次なるサイクルが始まりました。
地球の地軸のゆらぎによって起こる「春分点歳差」の周期運動です。

地球は今、周波数を上げ、変容へと向かっています。
アセンションが始まっているのです。

事実、地球の周波数は長い間ずっと7・86HZでしたが、

米国のいくつかの大学から集めたデータでは、

シューマン共振によると9・6HZに上がっているそうです。


なぜカバルたちは混乱しているのでしょうか。
私はこの「宇宙のサイクル」が関係しているのではないかと思うのです。

カバルたちは何世代かを経て、考え方が変わってきた?
本当にそうでしょうか?
そんなに簡単に変わるものでしょうか?

私には、本当は変わりたくないから足掻いてもがいている、という感じに思えます。
それでも、カバルたちも宇宙の法則には抗えないのではないか、と。

 

 

人間の心には「恐れ」という感情がある。
だから騙されやすい。
人間には「恐れ」や「不安」などの【負の感情】があるのだと、ちゃんと自覚しないといけない。



■お金が無くなったら…という「恐れ」。(だから金融でつけこまれる)
■病気や老いに対しての「恐れ」。(医療や薬剤でカモになる)
■食べたい時に食べ物が手に入らなくなったら、という「恐れ」。(保存料盛りだくさん)
■前世のカルマや何かの因縁がついているという「恐れ」。(宗教関係)

などなど。。。


いま実際は幸せであっても、人間はなぜか不安を感じたがる。
将来は…?

老後は…?
人間は「不安」「恐れ」に対してお金を使う。

そういう不安要素を巧みに突いてくるのが「彼ら」です。
ネガティブな感情を喰いものにするのです。

 

 

 

でも大丈夫。

そんな不安は幻想です。

 

 

 

幻想にお金をつぎ込む必要はありません。

今まで何度も言ってきましたね。
好きなことをしましょう(*´▽`*)楽しいことを♪
ありきたりかもしれませんが、子供のように喜びやワクワクを感じることは、とっても大事^^

 

楽しい波動、嬉しい波動は「光そのもの」です

 

 

地球の未来は、地球自身と私たち人類で決まります!

 

 

 

 

 

さて。

一連の『やみすぎ都市伝説』。
真偽の程はさて置き、なかなか面白いエンターテインメントだったと思っていただけたら幸いです☆

洗脳で刷り込まれてきた我々にとって、自分で考えるということは、簡単そうで案外難しい。
その点で考えると、この度の記事は、

 

「自分で考えるためのお試し用」

 

と考えていただければ、そんなに悪いものではないと思います^^

まだまだ書き足りないこともありますが、またの機会がありましたら。。
 

で。
最後になりましたが、こういった話をまとめた映画があったそうでして。
私、全然知らなかったのですが、その映画は、Kさんが製作に関わってらっしゃったそうです。
なので、今回私が記事にしたことと同じような内容ですが、当然だけど、もっと具体的でスゴイ!

「嘘っぱちだ」と言う人も

「真実だ」と言う人も

様々いるそうです。
 

だけど、それでいいんだとKさんは仰ってました。
もし良かったら、ご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

 

信じるか信じないかは・・・

 

 

賛否両論たくさんのメール、ホントにありがとうございました☆
皆さまのご意見を参考にして、私もじっくり楽しみながら考えてみたいと思います!