長坂憲道(作曲家、アコーディオン奏者)
アコーディオン 長坂憲道 最新情報
ベローズ・ブート・キャンプ 2018
721日(土) 19:00開場 19:30開演 ¥1,500 (1 Drink付)
出演:安藤誠也(歌とアコーディオン)、大島実乃(歌とアコーディオン)加賀谷仁秀(ボタンアコーディオン)小松蘭(鍵盤ハーモニカ)長坂憲道(司会と少し演奏する予定)、http://accordion.jp/bbc/


★大阪・千里中央・少路・柴原・蛍池(豊中市桜の町3丁目)の音楽教室「きじばとの家」全コース秋から始める新規受講生募集中!http://accordion.jp/keitai/dojo.htm 長坂憲道と一緒にアコーディオンやコンサーティナ、作曲、アレンジ、パーカッション、カホン、ギターやピアノの弾き語りを楽しく学ぼう♪

★小松蘭のジュニア・コース、リトミック、クラシック・コース、音大・芸大受験向け強化コース、そして「和声法・対位法」は希少講座として近ごろの人気。各コース体験レッスン、レッスン相談を随時受け付けています。http://accordion.jp/keitai/dojo.htm

★音楽教室きじばとの家 豊中市桜の町3-9-23 TEL&FAX:06-6849-6366(ホライゾンミュージック/音楽教室きじばとの家) メール:kijibato@accordion.jp


長坂憲道がYouTubeにてアコーディオン演奏の新動画を毎日投稿中!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年05月22日(火)

けんかをやめて (河合奈保子/竹内まりや)

テーマ:アコーディオン

おはようございます。

火曜日、きのうに引き続き今日も爽やかな朝。

明日は雨の一日になるのかな?

僕が勤めている高校では試験の時期。

火曜、水曜恒例の通常授業が無いので、今週に限り少しだけゆっくり過ごせる朝。

試験が終わると夏休みまで休み無し。

昨日は午前のレッスン(きじばとの家)と夕方のレッスン(西宮のスタジオ・エル)の間に少しだけ時間が合ったので、久しぶりに新規動画を演奏~撮影していました。

今日も西城秀樹さんにちなんで。

当時、HIDEKI(西城秀樹)の弟・妹募集オーディションってのがあったんですよね。

多分そこからデビューしたのかな?

デビュー当時は西城秀樹の妹というようなキャッチフレーズだったはず。

竹内まりやさんによる作詞・作曲、そして河合奈保子さんが歌って大ヒットした「けんかをやめて」をアコーディオン・ソロでお聴きください。



1982年(昭和57年)ということなので僕は中学1年生。

この頃によく耳にしていた歌は永遠に忘れることが無いんでしょうね。

河合奈保子さんが歌番組に出演して歌っている動画を改めて沢山拝見しました。

今、改めて30~40年前のアイドルの歌を聴くと、見た目が綺麗・かわいいだけじゃなく、歌が本当に上手ですね。

「レコードに歌を吹き込む」「人前で歌を歌う」という姿勢・意識が現代とは大きく違うということがハッキリと分かります。

21世紀のアイドル達も、デジタル修正技術や「口パク」を当たり前とせず、今一度しっかりと歌いこんでみませんか?



僕らが高齢者となって、デイサービスや老人ホームでお世話になる時には、音楽療法士さんにこの時代の曲をたくさん弾いて&歌って聴かせてほしいな。

曲にまつわる思い出話をしながら、時には一緒に歌ったりして過ごせるのかな?

特に僕はアコーディオンで弾いて聴かせてほしいので、その時のためのお手本となるべく演奏を残せるだけ残していこうと思います。

自分達の世代のための音楽療法年金積立。

僕がお爺ちゃんになる頃には、この日本でも音楽療法がもっと理解されて一般化するよう、願いを込めて。



このブログで紹介しているようなアコーディオンの演奏動画を見て、いいなあと思っていただけましたら、是非とも長坂憲道のアコーディオン演奏動画チャンネル←クリックすると簡単に登録できますので、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてください。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
2018年05月21日(月)

教育現場でアコーディオンを活用しよう!

テーマ:子そだて

おはようございます。

月曜日、爽やかな朝ですね。

昨日は息子がお世話になっている保育園での同級生家族で、万博公園に遊びに行ってきました。



ほんとみんな元気でかわいい!

万博公園の中でも、この周辺は子ども連れの家族が集まる一角。

ここに居ると少子化なんて嘘のように思えますが。。。

普段は外で大きな声を出すと近所の方々に迷惑がかかるからということで、保育園や幼稚園でも園庭ではあまり大騒ぎをし過ぎないよう躾けている影響もあるのか、外で大声を出して騒ぐ習慣が無い子どもが多いような気がします。

あんなに沢山の子どもたちが元気に遊んでるのに、昔の万博公園と比べると、随分と静かだなあとも感じました。

でも、元気に走り回る子ども達のイキイキとした表情は昔と変わらないと思いますよ。

そんな子ども達と一緒に楽しく遊ばせてもらいました。

今日は子ども達にも大人気の「人生のメリーゴーランド」(スタジオ・ジブリ映画:ハウルの動く城より)をアコーディオンの独奏でお聴きください。



アコーディオンは保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校での音楽にもおススメ!

天気のいい日には音楽室から外に出て、園庭・校庭で歌うなんてこともできますからね。

僕自身も長年の間、高等学校の音楽の授業でアコーディオンを実践活用しています。

歌の伴奏の際には生徒たちと正対して歌唱指導ができますし、器楽実習で鍵盤楽器の指導の際には、常に僕が手本として演奏する際にも、鍵盤の運指が生徒たちからの視認性が非常に高いです。

大阪・豊中・柴原(モノレール・阪急バス)の音楽教室きじばとの家では、現役の保育士、幼小中高教諭がアコーディオンやカホン、ギター、DTM、作曲や合奏の編曲・・・教育現場での実践力を高めるための様々な講座を受講中。

僕も僕自身が通う小学校の音楽の先生に憧れてミュージシャン、そして音楽科教師を目指すようになりました。

そして大学の教職課程で教員免許を取得し、大学の授業で演奏技術を学んだり音楽の知識をたくさん得ました。

音楽教育を守る会のような団体・教室に育ててもらった記憶は一切ありません。

僕自身が学校の音楽の授業で育った音楽人そのものです。

僕らの身近にいる音楽教師仲間でも、そんなことを言われても仕方のないような音楽の先生は一人も居ませんよ。

おうちに楽器が無い家庭の子達でも、学校の音楽室にある楽器は全児童・生徒の財産、誰でも自由に触ることが出来ます。

また、学校は営利目的の商売ではありませんから、教師たちもどんな児童・生徒にも無償で分け隔てなく音楽を教えています。

学校の音楽の授業では音楽人は育たないなんていう酷い言われ方を全力で否定します。

自分達のスキルを上げて、学校音楽の質を高めることこそが最大の武器になります。

保育士、幼小中高教諭の皆さん、これからも力を合わせて一緒に頑張りましょうね。



このブログで紹介しているようなアコーディオンの演奏動画を見て、いいなあと思っていただけましたら、是非とも長坂憲道のアコーディオン演奏動画チャンネル←クリックすると簡単に登録できますので、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてください。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
2018年05月20日(日)

鍵盤ハーモニカのオリジナル曲

テーマ:音楽著作権

おはようございます。

肌寒い日曜日の朝。

今日は家族で万博公園に出かけます。

子どもがお世話になってる保育園の同級生家族たちと一緒にピクニックです。

こういう時に、気軽に持って行ける楽器は?と考えると、軽くて小さいものが良いですよね。

今日の動画は僕・長坂憲道のオリジナル曲「軽自動車と鍵盤ハーモニカ」です。



この曲は僕の1st. Album "太陽とアコーディオン"に収録した曲。

この曲を収録したアルバム・リリースから16年、全国のテレビ・ラジオ番組でも多く使われるようになり、そして遂にNHK全国放送のあの番組でも!

DLmarketにてこの曲の楽譜を販売してます。コンビニのマルチ・コピー機でも印刷できます。https://www.dlmarket.jp/products/detail/334038

 

今から振り返ると、アコーディオン奏者としての長坂憲道は、スタートラインに立つ前、今まさに"On your marks"との号令を聞いている段階だったのかもしれません。

こうして鍵盤ハーモニカを使った曲を書いてみたり、コンサーティナの曲も収録したし、あげくはドラムがメインだなんていう曲を収録してみたりと・・・まだまだ自分がどのように進んでいくべきなのか?悩んでいた真っ最中なのでしょう。

最初から今まで一貫してるのは、ただアコーディオンを弾いてみました、というアルバムにならないことは最重視し続けています。

曲作り、アレンジ、レコーディングの技法まで、僕でしかできないチャレンジを形にして残しておこうというこだわりは、次回作(いつになるか分かりませんが)以降も必ず続けていることでしょう。

この「軽自動車と鍵盤ハーモニカ」は、NHKの「ブラタモリ」他、全国のテレビ・ラジオ番組でも本当に多く使っていただいてます。

どこの放送局の何という番組で使われているのか?というのはJASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)から、年に4回とても詳しく記載された利用報告書がデジタル・テキストにて、利用料・印税の明細は紙媒体で送られてきますので、僕ら信託契約のある著作者も自作曲の利用状況を知ることが出来るのです。

巷のデマで未だに頻繁に耳にする「JASRACはお金を集めるだけ集めてちゃんと分配していない」なんて話は真っ赤な嘘です。

もしそれが本当であるなら、誰よりも僕ら著作者が怒るべき場面。

いや、感情的に怒るよりも先に、冷静に「正しく分配してくれ」と請求するのが筋です。

そんな話しを誰に聞いたの?と尋ねても、みんなまた聞きのまた聞きの・・・出所が分かってる人なんて誰一人いない。

簡単にそんな話しを信じてSNSでポロっと言ってしまうと、みるみるうちに無知で無責任なアンチJASRAC衆が集まってきて、あっという間に大拡散されてしまいますので、自分では二度と訂正できない大きな恥となって残りますよ。

JASRACはお金を集めるだけ集めて、まるでヤ〇〇なんて話しを本当によく目にします。

先日もアメブロにて音楽教室の先生であろう人のブログでも、露骨にヤ〇〇と書いてありました。

これって、僕ら全著作者に対してヤ〇〇と言ってるのと同等だって、気づきませんか?

JASRAC=著作者:作詞・作曲・編曲家、音楽出版社、レコード会社、音楽事務所・・・です。

音楽教室は教育だって言い張ってるんでしょ?

そんな音楽教室で「先生と呼ばれる人」が、著作者達をヤ〇〇呼ばわれするなんて、どの口で「教育だ」と言えるのか、不思議でなりません。

僕ら著作者はとても嫌な思いをして傷ついています。

ちゃんと著作者に分配されていないなんてデマを信じる人があまりにも多いから、音楽教室での著作権料支払いに対しても無関係な人たちから反対の声が止まなくなるんですよね。

僕ら著作者からすると、本当に迷惑な話しです。

音楽教室から著作権料を頂くことに反対する全ての人たちへ、僕ら著作者は報酬を得る必要ないと思う根拠を教えてください。

JASRACがちゃんと分配していないという事実は無いので、それは根拠にはできませんよ。

ちなみに、このブログで紹介をしたDLmarketで販売する¥185のPDF楽譜からも、販売される度にJASRACを通じてきちんと印税が分配されています。

このYouTube動画も再生数をカウントし、JASRACを通じてきちんと印税が分配されています。

ちゃんと曲名も一つ一つ記されてるんですよ。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
2018年05月19日(土)

ギャランドゥ 西城秀樹

テーマ:アコーディオン

コンニチハ。

雨上がりの土曜日。

昨日今日と、ひたすらアコーディオンでこの曲を練習していました。

西城秀樹さんの「ギャランドゥ」をアコーディオン独奏で聴いてください。

 

 

1983年(昭和58年)の曲ですから、僕は中学2年生か。

ほんとにかっこいい曲(もんたよしのり作曲)。

大谷和夫さんによるアレンジがこれまた非常に素晴らしいのよね。

そして歌っていた西城秀樹さんが何よりエキサイティングでかっこよかった。


Young Man (Y.M.C.A.) のアコーディオン独奏動画はこちらに




YouTubeのチャンネル登録者数、この1~2か月は三歩進んで二歩下がる状態を繰り返しています。昨日は934人まで来たぞ!と喜んでいたのですが、先ほど見ると932人に。

チャンネル登録がまだだぞとおっしゃる皆さん、これを機に是非チャンネル登録へのご協力をお願いいたします♪

また、「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてくださいね。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
2018年05月18日(金)

西城秀樹さん (Young Man)

テーマ:アコーディオン

おはようございます。

西城秀樹さん、カッコよかったなあ。

歌、うまかったなあ。

"新御三家"といわれる三人の中で一番好きでした。

他にも好きな曲は沢山あるけど、楽譜が無くても思い出してすぐに弾けそうなのがコレでした。

天国のヒデキに届け!

洋楽を日本語カバーしたものですが、日本では西城秀樹さんの歌で大ヒットした「Young Man」(Y.M.C.A.)をアコーディオン独奏で聴いてください。

 

 

1979年(昭和54年)の曲とのこと。

僕は小学校4年生でした。

ギャランドゥのアコーディオン演奏動画はこちらに

このブログで紹介しているようなアコーディオンの演奏動画を見て、いいなあと思っていただけましたら、是非とも長坂憲道のアコーディオン演奏動画チャンネル←クリックすると簡単に登録できますので、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてください。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
2018年05月17日(木)

シーズン・イン・ザ・サン

テーマ:アコーディオン

おはようございます。

きょう木曜日は午前中にカホンのレッスンを一件済ませ、ただいま昼休み。

しばらくの間は新動画の投稿は休もうと思ってましたが、レッスン前にアコーディオンを練習してたら撮りたくなってきたので撮りました。

これは動画撮影の禁断症状か?!?

僕が高校生の頃に大ヒットした曲、TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」(Season in the sun)をアコーディオンの演奏でお聴きください。



1986年(昭和61年)の曲とのこと。

この頃はカセットテープの時代。

夏の間、ずっとTUBEを聴いてたような気がします。

それと、僕が普段使っているベースやギターを作ってくれたりメンテナンスをしてくれていた長野・茅野に工房を構えていたギター職人であり同級生でもある安達努くん(故人)もTUBEが好きだったんだなあ。

天国の安達!聴いてくれてるか?

安達のベース、これからもずっと大事に弾き続けるよ。レコーディングでもライブでも、ずっとずっと安達と一緒に。



このブログで紹介しているようなアコーディオンの演奏動画を見て、いいなあと思っていただけましたら、是非とも長坂憲道のアコーディオン演奏動画チャンネル←クリックすると簡単に登録できますので、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてください。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
2018年05月16日(水)

アコーディオンケースの弱点!?

テーマ:アコーディオン

おはようございます。

すいすい水曜日。

今日も1時間目から高校の授業です。


今日は、ここんとこきじばとの家のアコーディオン仲間で話題の!?アコーディオンソフトケースについて。

あまりいい話題ではないのですが、激しいネガティブトークになり過ぎないように話そうと思います。

 

日本国内でアコーディオンを弾いてる人で、おそらく最も多くの人たちに使っているであろうソフトケース。

近い将来、改善してもらえることを期待し、そして応援したいとも思いますので、メーカー名は出すのは止めておきましょう。

値段もリーズナブルで使い勝手もよく、比較的丈夫ですので、きじばとの家の仲間の皆さんにも日ごろからおススメしています。

ですが、ちょっとした弱点を持っているということ、これと同じものを使ってる人の半分ぐらいの人はご存知かな?

まずは壊れちゃったパーツの写真を。



リュックタイプで背中に背負えるようになっているアコーディオン用ソフトケースですが、肩掛けベルトの鉄砲ナスカン(以下、単にナスカンと呼ぶことにする)の可動部分が、このように壊れやすいのです。

リュックサックやランドセルをヨイショと背負おうとする瞬間、まずは片方だけの肩掛けベルトから背負いにかかりますよね。

それが、軽くて7kg前後~重いモノなら15kg前後のアコーディオンをケースに入れて背負う際は、その重量が片方だけの肩掛けベルトに大きな負荷を掛けてしまうことになります。

多くの人が、毎回同じ肩側から背負うでしょうから、毎度毎度片方だけのナスカン可動部分をイジメ続けてしまうことになります。

すると、当然ながら金属疲労を起こしますので、このナスカンの首が少しずつ緩み、やがて取れてしまうんですよ。



うちの教室だけでも、こうなってしまった人が一週間の間に僕も含めて3名。

一緒にBellows Boot Campにも携わり、仲のいいメンバー同士ですので、お互いに情報交換をしながら対策を始めることにしました。

まず1人目がやってみた対策は、身近にあったカラビナで・・・



ちょっとの間、担いでいただだけで、カラビナが削れてしまったそうです。

背負い続けてると断裂しそうで危ないと。

金属パーツどうしの余計な摩擦を回避しようと思うなら、パーツをできるだけ減らしてシンプルな接続にする必要があります。

ですので、この際、ナスカンの首が動くとか、取り外し可能だとかの利便性は捨てることにしました。

このままでは皆さんがレッスンに通うことも出来なくなってしまうので、僕も急いでホームセンターへ!

僕自身のソフトケースも、うちにある最も重量級のキャバニョロとFR-8Xを入れている同メーカーのケースでも、全く同じナスカンの破損傾向が見られましたので、自分の持ち物で実験台に。

ホームセンターで金具という金具を片っ端から探し、これがイイだろう!と辿り着いたのがコレ。



チェーンと同じ様な形状の楕円形な金具、ネジでしっかりと締めあげることができる金具。

まずは一つ目の超重量級(キャバニョロ)用のケースで実験です。



この布地に通すのに少しだけ苦労しましたが、さほど時間がかかったわけではありません。

早速、これでバッチリじゃないでしょうか!?

もうひと回り大きな金具もありましたが、大きいと余分に動いてしまい危ないと思いますので、このサイズが一番良いと思います。

ホームセンターコーナンでひとつ180円ほどの金具でした。

もう1人のBoot Campメンバーにも情報提供、そして早速全く同じ金具で対策!



完璧ですね!リラックマちゃんもごきげん!



僕のもう一つの重量級(FR-8X)用ケースも対策、完璧です!

ということでメーカーさん、この部分のナスカンはクルクル回らなくても良いと思いますので、とにかく頑丈なものへとできるだけ早期に変えてください!

高価な楽器を落として壊す、もしくはアコーディオンが自分や他人の足の上にでも落ちて大けがをしても大変ですからね。

これと同じケースをお使いの皆さん、今すぐに型ベルトのジョイント部分の金具(ナスカン)の首部分(クルクル回る部分)の隙間、ゆるみをチェックしてくださいね。

グラグラが大きいようなら、必ず近いうちに脱落して大変なことになりますので、早めの対策を!

うちでは、このメーカーのケースを合計6~7個使ってますが、全部やってるとキリがないので、まずは超重量級の2つだけ対策をしました。



さて、今日の動画はV-Accordion FR-2を使った演奏動画です。

このアコーディオンは非常に軽量ですし、ローランドオリジナルケースなので持ち運びにも全く不安はありません。

僕のオリジナル曲「Pluse of Bellows」をお聴きください。



長坂憲道、若い!

そりゃそうだ、今から8年前の動画なんだもん。

この曲は、V-Accordion FR-2が発売と同時に作った曲。

本体にドラム/パーカッションループを作れるようにと、本体にドラム/パーカッション音源+パフォーマンス用パッドとルーパー機能を搭載してくれたので、Rolandへの感謝の気持ちを込めて作った曲。

Rolandのイベントでもよく演奏しました。

僕の5th.Album "Venturo Accordion"(CFAR-1014)(ダーク・パープルのジャケット)に収録しました。

このブログで紹介しているようなアコーディオンの演奏動画を見て、いいなあと思っていただけましたら、是非とも長坂憲道のアコーディオン演奏動画チャンネル←クリックすると簡単に登録できますので、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてください。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
2018年05月15日(火)

高校での音楽科教員として

テーマ:音楽著作権

おはようございます。

火曜日は1時間目から高校で音楽の授業の日。

高校の登校時間と僕の出勤時間がバッティングすると大変なので、僕はいつも30分以上早めの出勤を心がけています。

出勤簿の捺印、その他の情報を得るために一旦は1階の職員室に。

その後、4階の音楽室へと小登山(笑)

一日に何回登山と下山を繰り返してるのかな?でもね、いい運動になりますから、これはありがたい機会だと受け止めています。

これは、みんなで歌ったり楽器を弾いたりするごく一般的な音楽の授業です。

それと、3~4時間目の空き時間(完全無給拘束時間)経て5~6時間目にDTMの授業。

正確には"DTM表現"というタイトルの授業。

音楽室でやる一般的な音楽の授業ではなく、コンピューター教室で楽器は一切使わずパソコンと向き合って音楽を表現しようという授業。

この授業を僕が担当するようになって10年あまり。

授業の取り組みの中では「オリジナル作品の創作」もしますので、音楽著作権についても正しく公平に教えています。

時には過去に実際に有った著作権侵害の事件を取り上げながら、どんな人が何をやってしまって逮捕されたのか?そして量刑はどうなったのか?なんて生々しい話もします。



学校の音楽教員として、音楽著作権のことを正確に理解している先生は非常に少ないのが現状でしょう。

これも仕方ないのです。

大学の教職課程でも、音楽著作権について教えてないんですから。

でも、これからは、それではいけないと思いますよ。

音楽科の教員養成のための教職課程を実施する音大、芸大、短大・・・の皆さん、音楽ビジネス、音楽著作権を正しく教えることにしませんか?



音楽教室と著作権料の問題では、大手音楽教室運営会社を主軸とする「音楽教育を守る会」は、学校の音楽の先生を蔑むような、とんでもないことを公言しています。

そして音楽教育を守る会は、学校の音楽の授業では音楽人は育たない、なんてことを豪語しました。

僕は高校の音楽科教員として、そして音楽を作る作曲家として傷つき、とても悲しい気持ちになっています。

騒ぎとなっている音楽教室と著作権料の問題ですが、 実は「長年正しく払わずに踏み倒し続けたまま、一方では知らん顔で平然とお金儲けを続けていたこと」が異常であり、かつ明らかな不法行為であることが問題なのです。

今まで払わずに済んでいたものが急に請求された!と問題視したり大騒ぎするのは勘違いも甚だしい。

プロとして他人様からお金を頂戴しているなら、その音楽作品の著作権料は商売に欠かせない材料費ですから、それを支払っていないなんて状況こそが非常識の極みなのです。

例えば畑から野菜をタダでくすねてきて、スーパーマーケットで値段をつけて売っているのと全く同じ状況。

あるいは、家賃、電気代、ガス代、水道代・・・踏み倒して商売を続けているお店と何が違うのか。


自分たちの正当性を強調するために、音楽著作者達の権利を軽視・踏みにじり傷つけています。

また幼小中高校の音楽の授業、そして音楽科教員をバカにしています。

他者を傷つけたり蔑んだりの姿勢で、どの口がそれを「教育」と呼ぶのか不思議でなりません。

音楽教育を守る会側の音楽教室運営者や先生方も、今一度冷静になって他の商売と置き換えて、是非とも大人として、社会人としての一般常識を認識し直してください。

いつまでもそんな恥ずかしい非常識を正当化し続けようとしてると、そんな音楽教室には全く生徒が集まらなくなりますよ。

ものすごく非常識で恥ずかしいことを言ってるのですからね。

僕は自分の子どもを、そんな音楽教室、先生には絶対に預けられません。



さて、長くなりましたが、もうすぐ梅雨なのかな?ここんとこ雨が多いですよね。

僕らの生活圏ではモノレールが身近な交通機関なのですが、高いとろを走るモノレールの車内から、通勤通学の人たちがさす傘の列を上から見下ろすと、まさに傘の花が咲いているといった感じで、なかなか綺麗です。

そんな場面をイメージして作った僕のオリジナル曲「傘の花」を聴いてくださいね。


何が気に入らないのか分かりませんが、7つの高評価に対して、3つの悪評価。

でも、この楽曲は全国のテレビやラジオで、たくさん使っていただいてます!

何故そんなことが分かるのか?

それはJASRACが年に4回、著作者達の楽曲が、いつどんな場面で使われて、それに対する報酬がいくらになるのか?事細かに報告を送ってきてくれるからです。

放送局名、番組名、いつの時期に放送されてるのか、放送回が複数回にまたがるのなら、その都度きちんと記載されます。

傘の花は2nd.Album 温暖湿潤アコーディオン (CFAR-1007)に収録。


このブログで紹介しているようなアコーディオンの演奏動画を見て、いいなあと思っていただけましたら、是非とも長坂憲道のアコーディオン演奏動画チャンネル←クリックすると簡単に登録できますので、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてください。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

 

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
2018年05月14日(月)

取るべきではないところからは取らない

テーマ:音楽著作権

おはようございます。

雨上がりの月曜日、今週は暑くなるとのことですが、もうこの時間から半袖でもいいかな?と思えるような日差し。

月曜日は朝からきじばとの家でのレッスンが続きます。

音楽教室きじばとの家はオンリーワン講座が多いため、常に遠方からの受講者さんも居らっしゃいますが、今日も三重県の伊賀市(奈良、滋賀、京都が近い)の人と、その後の時間には同じく三重県の鈴鹿市(どちらかというと名古屋の方が近いぐらい)の人のレッスンが続きます。

とてもありがたいことです。

このブログ+YouTubeで2月1日から続けていたデイリー新動画投稿は束の間の休息をいただきますが、過去の動画を紹介しつつ、ブログはできるだけ毎日書き進めていきたいと思ってます。



今朝は、このブログでも中心的な話題のひとつ、音楽著作権に関する情報を書きたいと思います。

著作権に関する話題、とりわけJASRACにまつわる話題では「また聞きのさらにまた聞きの・・・」もはや出所なんて全く分からない話を、「知り合いの話し」とか「友人が言ってたとか」SNSで無神経に発信してしまったものが巷にあふれかえっているのが現状です。

その誰から聞いたの?その問題を提起していた作詞・作曲者の名前は?と聞き返しても、むにゃむにゃむにゃ・・・話題の出所について回答してくれるケースはゼロです。

一方、実際の著作者本人、またはレコード会社、音楽出版社、芸能事務所等々、権利の当事者サイドからの発信なんて、ほぼ皆無なのが現状。

この1年程で公平かつ正しい情報が随分と増えたなあという印象もあるけど、比率的にはデマ情報99.99%に対して事実の発信は0.01%程度のバランスでしょう。

まだまだ当事者による事実の発信は少なすぎますからね。

民衆、特に日本の国民性を考えると、それが例え出所の分からないデマであっても「みんなが言ってること」が根拠となり、それが簡単に正論となってしまう。

JASRAC=悪であるということが、まるで常識のように思い込んでる人があまりにも多いこと。

JASRACにまつわる話で耳にする機会が多いのは「取りやすいところから取れるだけ取る」といういわれよう。

これも実は違うんです。

対象楽曲がJASRACの管理楽曲か否かをきちんと調べて、利用料をいただく必要の無いケースを、何より先に調べるのが一番の仕事なのです。

「取れるところから取る」のではなく「利用料を頂くべき場面じゃないところからは、絶対に頂かない姿勢が基本」と解釈していただく方が正しいのです。

この点を予めきちんと調べて丁寧に仕事しないと、インターネットが普及した現在、SNSなどを介し一瞬で大炎上してしまいますからね。

それに間違った徴収が有ると、謝罪や返金手続きなどで、余計な手間暇がかかってしまいますから、大人の仕事として集金対象か否かの正確性を追求するのは至極まっとうな仕事のやり方なのです。

集金するだけ集金して著作者に分配していないなんて話も、デマの極み。

もう、ほんと、誰か当事者から話を聞いたわけでもないのに、そんな話を信じ込んでしまってる人が多いこと多いこと。

JASRACによって集金された楽曲利用料は、全額が著作者に渡るのです。

 

この事実はJASRACと信託契約のある著作者なら正しく理解しているはず。理解できていないのなら今一度勉強し直しましょうね。

僕自身が利用者、著作者両方の立場として確認した例を紹介しましょう。

例えば昨年に音楽教室きじばとの家と僕・長坂憲道が主催したアコーディオン音楽イベントの"Bellows Boot Camp 2017"では、僕は司会者のみで演奏はしませんでしたが、僕の楽曲をカバー演奏してくれた出演者をはじめ、奏者の自作曲から様々なカバー曲を5組の出演者たちが演奏をしました。

僕は主催者としてJASRACに利用許諾申請と、曲目リストを送ります。

すると、JASRACが著作権を管理している楽曲のみに金額が計上され、JASRACメンバー外の作品の場合には"NM(Not Menber)"との記号が入り金額は¥0となります。

また、著作者の死亡から50年以上が経過した楽曲には"PD(Public Domain)"との記号が入り、当然ながら金額は¥0となります。

未だに消えない巷のデマで頻繁に目にしますが、著作権の保護期間が切れた雅楽やクラシックの類に請求があったなんて話も、JASRACメンバーではない著作者の作品に対して請求をしたなんていう話は、ぜんぶ嘘です。

間違って請求してしまうと、後で面倒なことになるので、その辺の事前調査は繊細に仕事しているというのが現実でしょう。

そんなことは普通に考えればわかりますよね?自分が集金の仕事をする立場に置き換えると簡単でしょう。

JASRACのスタッフも、アナタと同じ人間ですから、同じことを考えて仕事をしているのです。

一方、僕のオリジナル曲をカバーしてくれた報酬は、ライブイベントでの音楽著作物の利用料金として支払った総額の中から、曲数、時間、演奏回数などを考慮して公平な計算で割り出され、その全額が僕に分配されます。

その計算は極めて妥当性が高く且つ透明性の高いものなので、余計にピンハネされていないという事実も簡単に確認できます。

何といっても自分自身で支払った額を知ってるのですからね。

また、僕以外のJASRACメンバーが作った作品・著作者に対しても、これと同じように分配されているであろうということが簡単に想像もできます。

ちなみに、前回は僕以外にも出演者にJASRACメンバーの作曲家・演奏家である小松蘭も居ましたが、彼女の作品に対しても公平に分配されている事実も確認済みです。

もう一度言いますが、利用者さんが支払ってくれた利用料金は、全額が著作者に渡るのが基本中の基本です。

そして著作者は頂いた利用料金の中から、支分権(ライブで演奏したとかテレビで流れたとかカラオケで歌われたとか・・・)いろんな場面に応じて手数料が決められていますので、それを「著作者がJASRACに支払っている」だけです。

JASRACが集めたお金を黙って懐に入れるとか、ピンハネをしている事実は一切確認できません。

一般社団法人というスタイルは株式会社と違い非営利組織ですから、富を懐に蓄えてはいけないのです。

もし、そんな不透明なことが有るのなら、誰よりも許せないのは、僕ら著作者自身ですからね。


 

当事者は僕ら著作者ですから。

それに、ハッキリ言って巷のデマを信じて騒いでるおバカさん達には無関係な話しでもあるんですよ。

それと、僕らが嘘をついてまでJASRACを庇う必要はありません。

もし不透明、そして不正の疑いがあるのなら、アナタ方が怒る以前に僕らが怒るべき場面なのです。

当事者は僕ら著作者ですし、実際に損をするのも僕ら著作者なので、そこんとこは無関係な皆さんにああだこうだ言われなくても、自ら勉強していますし納得が行かないことが有ればすぐにJASRACに相談してますから。

分からないことが有って質問すると、JASRACはスグに丁寧に教えてくれるってのが事実なんですよ。

丁寧に仕事をしていて、著作物の管理やお金の流れについても疑う余地がないということは、実は当事者である僕ら著作者が一番よく知ってるのです。

まったく関係ない人たちが無責任に勝手なことを言い過ぎているだけです。

僕ら著作者とJASRACの間での日々のやり取りには特に問題も無いので、僕ら当事者が意見を発する機会が非常に少ないのも当然なんですよ。

皆さんも、例えばコンビニで買い物をして、きちんと正確にお釣りを頂いた!なんて、いちいちSNSで話題にしないでしょ?



さて、今日の動画は僕・長坂憲道のオリジナル曲「ぼくの太陽きみの太陽」です。



8年前に廃校となてしまった大阪府立少路高等学校の音楽室で放課後に演奏~撮影したものです。

ちなみに、この曲の再生回数は24,000回ほどですが、YouTube→JASRACを通じてきちんと僕の手元に音楽著作物の利用料金(動画等での公衆送信利用)が渡っています。

JASRACがお金を取るだけ取って著作者に払っていないなんていう事実は、僕がJASRACの信託者・正会員となって15年ほどの間に一度も経験・確認したことはありません。

最近ではSNSを介して多くのJASRACメンバー著作者達とも交流できるようになりましたが、身近でもそんな問題は一度も聞いたことが有りません。

そういえば、この楽曲に対しても以前に・・・

 

Norimichi Nagasaka 様

あなたの動画「ぼくの太陽きみの太陽」に、
〇〇〇さんが所有またはライセンスを所持している
コンテンツが含まれている可能性があります。

というとんでもない著作権確認が送られてきたことが有ります。
↑この件は、少し前のブログにて。

権利者でも何でもない第三者が手あたり次第に、そして平気で権利の主張を送り付けてきます。

2月1日から毎日動画を投稿し続けているということもあり、特に今はこの問題に関心を持って勉強中。



また、このブログで紹介しているようなアコーディオンの演奏動画を見て、いいなあと思っていただけましたら、是非とも長坂憲道のアコーディオン演奏動画チャンネル←クリックすると簡単に登録できますので、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてください。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
2018年05月13日(日)

忍たま乱太郎

テーマ:音楽教室きじばとの家

おはようございます。

日曜日、今日は雨が降るの?

今日、ここで正直に申し上げます。

動画のストックがなくなりました!

今日は子どもとプラレールで遊ぶ予定だし、月曜は朝から晩までレッスンでいっぱいいっぱいだし、火~水は1時間目から高校の授業、木曜は朝にレッスンが有って午後は勤務先の高校で健康診断を受けて、金曜日はいつもの超ロングランレッスンスケジュール、土曜日も朝からレッスンが有って午後は一件ライブを見に行きたいなと。

ということで暫くのあいだ毎日投稿動画のお休みをいただく予定。

2月1日から5月13日まで本当によく頑張りました。

火曜か水曜の空き時間に高校の音楽室で演奏動画を撮れたら、また音楽室シリーズも追加できるかもしれないのですが、あまり期待し過ぎない範囲でに待っててね。

さて、今日はNHKの忍たま乱太郎のテーマ曲としてもお馴染み「勇気100%」をVアコーディオン(電子アコーディオン)の演奏でお聴きください。



1993年(平成5年)の曲とのこと。

僕が大学を出た年、すなわち社会人1年生の年だ。

1年生になったら~♪は昨日紹介した曲。

キジバト楽団ではこの曲を僕がピアノを弾きながら歌い、蘭ちゃんがカホンを叩くというアンサンブル・パフォーマンスをお見せしています。

このようなJ-POP、アニメソングをいろんな楽器で一緒に弾いてみませんか?

大阪・豊中市の音楽教室きじばとの家ではアコーディオン、コンサーティナ、ピアノ、ギター、ウクレレ、カホン、和声法・対位法、ソルフェージュ、音大芸大受験対策、リトミックなどなどを開講中、そして新年度の新規受講者の教室見学、レッスン相談を受け付けています。

ご予約はいつでもOKですので、まずは kijibato@accordion.jp または 06-6849-6366 まで教室見学、レッスン相談の時間帯をご予約下さいね。

音楽教室きじばとの家では忙しい社会人の皆さんの音楽・楽器生活を全力サポート中!例えば異なる曜日・時間帯でのランダムなレッスンスケジュールにも対応可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

定番講座から、きじばとの家だけのオンリーワン講座も春から私達と一緒に始めましょう!3歳児からシニアまで大歓迎です。




音楽教室きじばとの家で使っているテキストは代表の長坂憲道による監修、ローランド発行の「Vアコーディオンパフォーマンス」です。

Vアコーディオンだけじゃなく、アコースティックアコーディオンのレッスンでも普通に使えるように1年がかりで作ったテキストです。



また、このブログで紹介しているようなアコーディオンの演奏動画を見て、いいなあと思っていただけましたら、是非とも長坂憲道のアコーディオン演奏動画チャンネル←クリックすると簡単に登録できますので、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてください。

友だち追加

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。