私は文章を書くのは好きなのですが

口が達者な方ではありません滝汗





何か人に嫌なことを言われてゲロー

反論したくても

すぐには

上手く反論できずにえーん

考えてしまって滝汗

でもそうじゃないのーっ!おーっ!って

後から悶々としたりするのですが滝汗

誰かにそれを上手く口で説明するのも下手なので

ネチネチと頭を整理してからニヒヒ

ブログに書いてます(笑)デレデレ



しかし延々と

そんなことを続けているうちに

不登校関連については

私の中で

自分の考えや知識が整理されてきて
(かれこれ3年ほどかかりましたが滝汗)

「違うな」と思った時に

人に反論や知っていることや考えを話すことが

多少できるようになりましたウインク



それは多分

自分たち以外にもたくさんの

この問題に悩んでいる人達がいて

子供の怠けとか親の甘やかしとか

そんなことを責められて解決することではないと

確信したこともあるし

何より

もともと子供の不登校や引きこもりなどで

心を痛めているお父さんお母さんや

学校に行きたくない、行けないと

悩んでいる子供たちが

無用に怠けとか甘やかしなどのあらぬ疑いで

責められて更に追い詰められて

より状況を悪化させることから

なんとか守ってあげたいし

少しでも力になりたい

そう心から思ったからですチュー





かつて私の旦那

娘の不登校については

非常に悪い意味で問題視していて

娘に直接責めずとも

急かし、焦らせ、

そして私にその不安をぶつけてきましたゲロー




多分彼は

娘可愛さで

危なかっかしい娘の未来のため

今すべき娘の苦労を

親が肩代わりしてしまえ

と思っていたのかもしれないし

親として責任を果たしていないと思われることを

恐れていたのかもしれない。



私は私で

聞きかじった知識で旦那に反論してみても

やっぱり自分も不安になって

矛盾した行動に出てしまったりと

未熟でした。。。ショボーン



ぶっちゃけ娘のためなら

離婚しても良いと思ったことも

あります滝汗



そういう意見の相違で夫婦が揉めたことは

少なからず娘の早い回復に

悪影響だったと

言わざるを得ませんえーん



でもね、

これは仕方ない。



必要な過程だったからキョロキョロ




だって家族ですから。



私も旦那もいくらその理想と違う状況に

うんざりしても苦しんで

ぶつかり合っても

娘から逃げたいとか家族から逃げたいとか

そう考えたことはなかったなって

思うんです。

それだけですごいことだと

自分たちを褒めたいっ!爆笑





何度も話してお互い勉強して

また不安になって安心させあって

喧嘩してでも信じあって

娘の不登校の前より

ずっと強い絆ができましたニコニコ



離婚なんてしなくて良かった。

彼はすごいと思う。

こんな大人になって

どんな苦行にも価値観のぶっこわしにも耐えゲロー

私と娘の最強の味方でいてくれる

頼もしい人ですウインク





言うべきでないことを言って落ち込んでも

逃げ出さずに向き合っている自分を

褒めていいウインク

子供を大切に思ってそばにいたいと

思えているのなら

次の瞬間から

またやり直せるし

焦らず自分のことも癒しながら

ゆっくり進んでいけば大丈夫ウインク




そして、

家族以外の誰かに嫌なことや

責めることを言われた時

私は人によって

きちんと不登校や起立性の説明をすることもあれば

そこまで言わなくても

「そんな簡単に解決できるのであれば

このような社会的問題にはなりませんよねニコニコ

くらいの言い返しは

するようにしています口笛


この時のポイント

さも知識のない相手に

優しく教えてあげている

かのような

をすることですニヤニヤ


当事者でない人も

少しでも偏見を捨て興味を持って

不登校や引きこもりの問題を

知ろうとしてくれたら

知識としての理解は可能です。



ただなんとなく

親が甘いんじゃん

くらいの知識で

偉そーに言うな

っつうことです口笛



負けずに行こうチュー



冬休みから娘は毎晩お友達と

夜遅くま電話してて

ほとんどそれが毎日で滝汗

当然朝起きれない滝汗




娘は通信制高校だからまだよくても

お友達は全日制の子だから

そっちのほうが心配になっちゃう滝汗


コロナで

ただでさえ少ない通信制高校のスクーリング以外

娘は最近全然外出していなくて

身体を動かさないから眠れなくなって

お腹も空かないし、

と悪循環ですよね。



でも娘には言わないおがちゃんですてへぺろ


余計なひとことを言うのは

子供の脳に悪いからウインク





放置していたら娘は

自分から腹筋やストレッチをしはじめたキョロキョロ

しかし急にやりすぎて筋肉痛になっていました笑い泣き



でもそれでも

最近朝方まで眠れてないっぽいから

やっぱり身体のこと心配はするよねキョロキョロ




まだ明るくもならない明け方

娘の部屋の電気がついていたので

ノックして入ってみると

ゴムとかコインを持って何かしているキョロキョロ



手品の練習してた爆笑

って。




ウケる笑





それも今後を生き抜くための

彼女なりの武器の準備でしょうかニヤニヤ






体調がまた悪くならいといいな。



ご飯をたくさん食べて欲しいな。



娘の体調が元気が一番えーん



精神的には落ち着いているので

多分大丈夫だと思いますがウインク




あとは私がその心配を

ポジティブに行動に移すのが大切!と思い

フードプロセッサーとホットサンドメーカーを新調ニヤリ



美味しいホットサンドの朝ごはんや

娘の大好きなフルーツ果汁のゼリーや

クリーミーなスープなんかの

美味しいご飯で

胃袋からひっぱっちゃうぞチュー





土日は予定があるようだし、

バイトももうすぐ時短で研修があるので

リズム取り戻せるといいねウインク









娘にはどうも協調性が無いようです^^;


言われてみれば小さい頃から

お!こいつ協調性があるな!と

感じたことはなかった気がします滝汗




保育園でドッチボール大会に

みんなが勝利のために燃える中、

その頃木の皮にハマっていた娘は

外野にある木の皮や植物に夢中でしたし滝汗


小学生の頃から

休み時間も友達といることも好きだけど

読みたい本があるときは

誘われても平気で教室で本を読む滝汗



中学の時は

合唱コンクールの朝練に来ない子がいると

もめる女子を他人事みたいに眺めていました。

自分も朝練行かないのに滝汗

なぜか責められもせず(笑)




これだけ書くと

娘はすごくひどい性格にみえますが滝汗

冷たい性格ではなく

人を差別しない

素直でひねくれていない

他人を批判しない悪口を言わない

淡々としていても優しいし面白いので

いつも友達はいるし

そうしてできた友達は

だいたい娘のそんなところも含めて

理解してくれるせいなのか

メンタルが強いというか

同調しないうえに掴みどころがなく

いじめられもいじめもせず

過ごしてきたのでした。



計画性、協調性、リーダーシップ、

コツコツ型の勉強やバランスのとれた良い子を

求められた中学

型にハマれず

娘は疲弊してカックリと

学校に行けなくなりましたえーん





みんなで意見を出し合ってキラキラ

多数決して努力も惜しまずキラキラ

リーダーの助言でキラキラ

正しい答えを導いてキラキラ

でもみんなの気持ちも考えてキラキラ

そんな協調性のある子キラキラ

大人がみるととても良い子だと感じて

感動してしまうけれど笑い泣き



どう考えても滝汗



娘はそんなタイプじゃなーい!!滝汗




だから不登校になったのでしょうかゲロー



ううん、

そんな単純な話ではない滝汗




けれど娘のようなタイプの子は
 
その子に合った育て方をしなくては

ならないなと思う。



そんなこと誰も教えてくれないしさぁ滝汗



なんか、少し

面白い子だなとは思ってたけど滝汗



特に、空気を読むことが必要な

中学生の女の子特有の関係性の中では

きっと娘は特にハテナが一杯で

生きづらさを感じたのでしょう。





多分娘は今後も

感覚だけで協調性を身につけていくのは

無いだろうと思う。



でも、

ゆっくりと

こんなときはこうした方が良いとか

覚えていくことはできるから

私は娘が

勇気を失わないように

元気や自信をなくさないように

いつも信じて励ましてあげたいウインク




決して

「あなたは協調性なくて

人から嫌われるよムキーッ」とか

「もう少しこうしなさいムキーッ」とか

説教や批判するのではなくて

「大丈夫。あなたは優しくて賢い。

大切な宝物!人類の宝だっ!!(笑)

地球の秘宝だっ!滝汗

きっと素晴らしい未来が待ってる!」

そう言い続けてあげたいウインク





学校や世間から

「みんなと同じことをやらない。」とか

「迷惑をかけないのが最低限のマナーだ。」とか

「勉強の前に学校に出席しろ。」とか

そんな批判を受けても

もう私はブレないし

申し訳ないとも思わない口笛




迷惑なんてかけていない

みんなと同じじゃなくてもいいし

学校に行けなくてもいいし

娘はとても素晴らしいものを持っている

怠け者でもなければ全然ずるくもないチュー



苦しんでいたあの子を誰よりも

そばで見てきた。




不登校のお子さんを持ちで

苦しんでるお父さんお母さん、

自分を責めたり

子供を責めたり

世の中を恨んだり

学校を燃やしたり(笑)

現実から逃げたり

子供に背を向けたり

占いに走ったり滝汗

しなくていいんです。




必要なことは

その子のそのままを受け入れてあげること。



手をつないで

苦しさをわかってあげようとすること。



そしてそのまま安心して伸びていけるよう

そっと見守ること。




親にできることは少ない。



でもそれでいいんだと思う。



温かく守ってあげているだけで

いいんだと思う照れ