東大SPHを目指す貴方へ

東京大学 公共健康医学専攻 (SPH: 公衆衛生大学院)の入試対策法について記録しました。
東大でMPH(公衆衛生修士号)取得を目指されている方のご参考になれば幸いです。
ご質問も歓迎いたします。


テーマ:
先に言っておきますが、私は今まで「今回の試験ではこれが出題されるだろう」という予想をして的中したことは殆どありません。期末試験、入学試験、国家試験、何もかもです。


あるとすれば、私が2016年度の東大SPHを受験した際、


前年度までは、幾度となくスクリーニングの感度/特異度・陽性/陰性的中率・オッズを求めさせる問題が出題されたことはあったけど、陽性/陰性尤度比について問う問題が一度もなかったことに着目し、入試本番前日に、念のため尤度比の計算方法を教科書で調べておさらいしたところ、


自由回答セクションの第3問目で本当に「尤度比を求めよ」と言う問題が出て、試験中に思わず叫んだことがありました(もちろん心の中でw)。


過去問をお持ちの方、調べてみてください。

本当に、2015年度以前の入試で「尤度比」を計算させる問題は皆無で、2016年度で初出題されていますから!


まぁ、そんな「武勇伝」になるとも思えない微妙な話は置いておいて、私の「試験のヤマ」も決して陽性的中率0%ではないでしょうw


それを踏まえた上で、今年の東大SPHの入試の予想出題ポイントをここに列挙します。


①ハインリッヒの法則
1つの重大な事故(医療事故など)の背景には29の小事故と300のニアミス(いわゆる「ヒヤリハット」)がある、という統計。


参考:https://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201408_post_4668.html


②メラビアンの法則
コミュニケーションの際、相手に伝わる情報への影響は、以下のような内訳になる。

・言語 (Verbal) 言葉そのものによる情報・・・ 7%
・聴覚 (Vocal) 口調や速さや声の大きさ・・・ 38%
・視覚 (Visual) 表情や身なりや仕草など・・・55%


参考:http://conlabo.jp/mehrabian-law-320


③高齢化社会、高齢社会、超高齢社会の違い
その国における65歳以上の人口の割合が

・高齢化社会 (ageing society)では7%以上
・高齢社会 (aged society)では14%以上
・超高齢社会 (super aged society)では21%以上

日本では、1970年に高齢化社会、1995年に高齢社会、2007年に超高齢社会になっている。


参考:https://www.minnanokaigo.com/enquete/E97318640/


これらはいずれも、東大SPHが設立された2007年度以降、一度も出題されたことのないが、いつ出題されてもおかしくない(気がする)事柄です。


何度も繰り返しますが、私の試験の予想は、ほとんど当てになりません。


「覚えておくに越したことはないだろう」程度にお考えくだされば幸いです。

一つも的中しなくても、どうか決して私を責めないでください・・・(涙


一応、これと同じ記事を8月初旬に再度掲載いたします。




前回記事の物理の問題の解答】

まずは、下の図をみてください(クリックすると拡大します)。



赤い点が天体、その周囲の黒の線が天体の周りを公転している衛星の軌道で、公転軌道が円であるパターンAと、楕円であるパターンB~Dを考えます。そしてAの半径ないしB~Dの長径は、いずれもRになっていることにもご留意ください。

そして、パターンB→C→Dに進むに従い、楕円は直線に近づき、天体は楕円軌道の近点に限りなく近づいていくため、完全な直線(パターンD)になると、近点に天体が位置します

そして、超重要なことは、ケプラーの第三法則により、パターンA~Dの公転周期Tは全て同じであることです。

公転周期Tは、パターンAより計算できます。地球の質量をM、万有引力定数をGとすると、パターンAでの衛星に働く向心力 mv^2/R = 万有引力 GMm/R^2 から、これをvについて解き、軌道の円周2πRをvで割ってやれば、



となりますね。

つまり、パターンDにおける軌道の端から端を1往復する時間もまた公転周期Tとなります。

すると、パターンDの端から端までの距離2Rを地球から月までの距離だと考えれば、月が地球に落ちるのに要する時間tは周期の半分T/2であると言えます。

月・地球間の距離2RをLに置き換えると、



になるため、あとは、初期条件で与えられている数字を代入してやると(この計算は電卓使っていいと思います)、

t=419300秒

と分かります。これはつまり、月が地球に落ちるのに

4日20時間28分20秒

かかるということになります。
結構、時間がかかるんですね~。


如何でしょうか?本当に積分せずに解けるでしょ?


おしまい。












このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつも当ブログをご閲覧いただき、本当にありがとうございます。


東大SPHの受験およびMPH取得を考えている人たちへむけて、このブログを開設して半年になるのですが、だいぶ記事が溜まってきましたね。


初めてこのブログを発見された方は、どこに何の情報があるのかサッパリかもしれません。


そんなわけで、既にお気づきの方は多いと思われますが、ブログの右画面に「これまでの主な記事」の目次を掲載しました。これで、受験情報の検索が楽になるかと思われます。

問題なのは、PCでしか見られないこと。

スマホでの閲覧者さんにも見やすくしたいのですが、アメブロの設定上、それができそうにないのです・・・。どうにかして代替案を考えねば・・・。



ところで、、、


開設時よりも確実にアクセス数は伸び、プライベートメッセージもよく頂くようになりました(ありがとうございますっ!)。

アメブロ会員限定機能ではありますが、色々な人から「いいね」がついたり、読者登録してくださっている方もおられます(重ね重ね、ありがとうございますっ!)。

更には、アメブロ会員の閲覧者さんの何割かは、現役の大学(学部)受験生であることにも驚いています(なんとなく東大志望と医学部志望が多い気がします)。



大学院受験の情報サイトなのに、学部受験生が見てくれているんですよ!



これはひょっとして、将来的に公衆衛生の道に進むことを今から考えている意識の高い受験生が多いってこと???



欧米と違って、日本では公衆衛生学はいまだ「マイナーな学問」として扱われているのが現状なので、これは嬉しいnewsかもしれないです。


この記事を見てくれている学部受験生の皆さんには、これから国立二次・私大の本番が待っています。


見事合格した暁には、4年後(医歯薬獣なら6年後)是非とも公衆衛生学を学びに来てください!


皆様にサクラサクことをお祈りしています。


あと、近いうちに、私自身が今やっている研究に絡めた公衆衛生の時事ネタもこのブログで取り扱って行こうと思っています(しばらくは先になりそうですが)。


少しでも皆さんの公衆衛生学や疫学への関心が深まってくれれば幸いであります。


こうご期待(小声)




【そんな受験生の皆さんにちょっとした物理の問題】

もしも月が突然公転をやめたら(公転速度がゼロになったら)地球に落ちてくるまでにどれぐらい時間がかかるか?ただし、月も地球も自体の半径を無視した質点として考え、

月と地球の距離=38.44万 km
地球の質量=5.972×10^24 kg
万有引力定数=6.674×10^(-11) m^3・kg^(-1)・s^(-2)

とする。

エネルギー保存則から積分計算をしてもよいのですが、計算が滅茶苦茶メンドいです。
ところが、実は一切積分計算をせずに、数行程度で計算できてしまうのです。

理系学部を受験をされる方、試験勉強の息抜き程度に考えてみてください。

ふふふ♪









このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私が東大SPHの受験勉強をしている時にまとめた医療倫理学用語のノートをPDF化してアップいたします。今年以降に受験される方、参考資料としてお役立てください。

所詮「個人で」まとめたものですので、あくまで参考程度にみておいてください。これによって生じたいかなる損害や不都合などについても、責任は負いかねます。

また、医療倫理学は、概念そのものが難解ですので、このノートを見ただけでは、いまいちピンとこないかもしれないです。ネットや入門医療倫理Iなどで基本概念を理解した上で「備忘録的に」使うのがベストと思われます・・・。


東大SPH入試 医療倫理学用語一覧


【バックナンバー】
これまでに当ブログで公開した全てのノートへのリンクです。繰り返しますが、私が個人でまとめたノートですので(以下省略

東大SPH入試 医療コミュニケーション学用語一覧
東大SPH入試 覚えておくべき事柄・数字一覧
東大SPH入試 行動学用語一覧
東大SPH入試 医療倫理関連事件一覧
東大SPH入試 統計学公式一覧








このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログのタイトルに画像を入れてみました。
私がSPHに入学した初日に撮った写真です。


さて、このブログを開設してからというもの、多くの方が閲覧してくださり、色々な方からプライベートメッセージも頂いており、光栄に思います。

つきましては、いつもご閲覧くださり、大変ありがとうございます。

これまで多くの方からプライベートメッセージを頂いた中、


今年のSPHの入試に合格したのですが、入学までの数か月の間に何かすべき勉強はありますか?



と言ったご質問が複数の方からありました。


正直なところ、



何もしなくて良いです。




なぜならば、東大SPHの入試対策こそが「SPHの授業の予習」になるからです(以前の記事参照)。

SPHの授業を受けると、それがよく分かります。


「それでもやっぱり、何かやれることをやりたい!」と仰るのであれば、


①英語の論文・教科書の抄読に慣れること
②統計学の知識を衰えさせないようにすること



かと思います。



まず①について、SPHの授業では、英語論文を読んでディスカッションをしたり、レポートを書いたりすることが多いです。その時に、ある程度の速さと正確さで英語を読む力が必要になります。

なので、英語の(特に社会医学系の)論文を少しずつ読んで慣らしておくに越したことはないです。

ただ、それを言うのであれば、SPH入試対策の一環として受験前からでも英語論文慣れしておくのが(英語に自信のない方は特に)本来的にはベストなのだと思います。




次に②について、SPHで卒業研究をされる方(されない方でも将来的に研究を視野に入れている方)は、統計学の手法を学ぶことは避けては通れない道になります。

東大SPHでは(他大のSPHでも同じだと思いますが)生物統計学の授業が必修なので、否が応でも統計学を学ぶことにはなるのですが、ただでさえ概念をつかむのが難しい統計学の授業についていくためには、SPH入試で問われる程度の内容はきちんと把握していないといけません

入試から入学まで半年も間が空きますので、その間に、せっかく入試勉強で身につけた統計学の知識が抜けてしまっては勿体ないですので、試験勉強中に用いた本の復習程度で構いませんので、無理のない程度に少しずつ読むのが良いと思われます。



ちなみに、私は入試の翌日から入学の前日まで、勉強という勉強は一切していませんでした。



はい。教科書のチラ見すらしていません!(`・ω・´)キリッ!


もともと社会人をやっていて3月末日まで仕事があったのと、入試が終わった余韻に浸っていたかったからです(要は、めんどくさかっただけなのですがw)。

ただし、SPH入学後は、頭のスイッチを切り替え、全ての授業を超真面目に受け、レポートや発表などの課題は一瞬たりとも手を抜かない心づもりでいました。


なもので「4月からSPH生になるためのイメージトレーニング」として、休日に娘をつれて東大構内を散歩し(家が近所なのです)、SPHの建物(医学教育研究棟13階)に足を運んで教室の前まで行ったことは何度かありました。



まとめますと、


SPH入学前にすべき勉強はない。
強いて言うなら、英語論文の抄読と入試統計学の簡単な復習。



ってことですね。

どうせSPHに入学したら、いっぱい勉強させられますので、これから始まる華やかな学生生活を楽しみに待っていれば良いと思います。









このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はセンター試験1日目でしたね。受験生の皆さん、お疲れ様でした。明日もありますので、(そして無駄に傷つくだけですので)本日分の自己採点は一切せず、ゆっくりお休みください。


さて、2017年度分の東大SPH入試過去問の解答・解説(案)が完成しましたので、一般公開いたします。


選択枝セクションの統計学の20問が、この年は異様に易しかったですね。おそらく、統計学に関してだけ言えば、満点が続出したものと思われます。

一方、自由回答セクションの医学統計学(大問2)では、Mantel-Haenszel検定の知識を問うなど、エグい内容になっていました。



いつもの如く、解答・解説(案)の使用にあたって、以下の2点について十分にご留意の上、ご参照ください。受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

①全て私自身が「これが正解だと思う」解答案であって、正式な解答ではありません。逆を言うと「間違えた解答」もあるかもしれませんので、参考程度に留めておいてください。これによって生じたいかなる損害についても責任は負いかねます。また、修正案があれば、メッセージくださるとなお嬉しいです。

②問題文そのものの著作権は東大の公共健康医学専攻にあります。よって、過去問の問題に関しては、正規ルートで購入してください(こちら)。尚、販売終了した古い年度の過去問につきましては、(一般公開はできませんが)私にメッセージをくだされば、対処いたします。


2017年度(2016年8月実施)入試問題解答・解説(案)



【バックナンバー】
これまでに作成した他の年度のも一緒にリンクしておきます。

2010年度(2009年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2011年度(2010年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2012年度(2011年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2013年度(2012年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2014年度(2013年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2015年度(2014年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2016年度(2015年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2018年度(2017年8月実施)入試問題解答・解説(案)





【2007年度~2009年度の過去問】
これで、2010年度~2018年度まで全ての解答・解説が出揃いました。

今後はSPH設立年度である2007年度から2009年度までの3年分の解答・解説を順次作成してアップしていくつもりです。


が、


残念ながら、東大で現在販売されている過去問は2010年度以降のみです(参照)。


よって、今後これら3年分の解答・解説を上げても、SPH受験生の多くの方々にとってはあまり役に立たないかもしれません・・・。

ですので、もしも2007年度~2009年度の過去問が見たいと仰る方がいらっしゃいましたら、メッセージをください。

著作権の問題で一般公開はできませんが、何らかの方法であくまで個人的にお見せするよう、善処いたします。








このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東大SPH受験をお考えの方で、特に女性の方は、既にご結婚されている(更には子育てもしている)方って多いのではないでしょうか。そして、子育て中がゆえに「SPHを受けるか悩んでいる」人も多いと思います。

はたまた、これから東大SPHに入学される方で「子育てとの両立ができるか心配」なんて不安を感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。


私が第10期生として入学した時、まず驚いたことは、同級生の4人のうち3人は社会人経験者で、そのうち約半数が既婚者だったことです。ちなみに女子率はクラス全体の3分の2で、女子に占める既婚者の割合もまた約半数でした。第10期生32名のうち、子持ちの学生は、私が知っているだけでも最低6名はいました(私自身も入れれば7名か・・・)。


中には、妊娠中に受験して入学前にご出産された方や、はたまた在学中にご出産された方もいらっしゃいます。


もっと言うと、別の同級生(1年コース女子)で、育ち盛りの子供が2人いて旦那さんは単身赴任(つまり、事実上、女手一人で子育てをしている状態)にも関わらず、そしてただでさえ授業のコマ数が多い1年コース生なのに卒業研究を仕上げ(本来、1年コースは卒論免除なのにです)、卒論発表では最優秀賞を受賞する、なんてスーパーSPH生もいました。


かくいう私自身も、学生行事などで帰宅が遅くなる日以外は基本的に毎日、1時間近くかけて子供の送り迎えをしていましたが、次席(学年2番の成績)で卒業できています(ただし、1年コースの卒論免除にはシッカリ甘えさせていただきましたw)。

ちなみに、首席で卒業した人も一児の父でした。



まぁ、要するに何が言いたいかと言いますと、


子育てとSPHでの勉強は両立できる!


ってことです。

「子育てが大変だから」とお悩みの貴方!気になさることはありません。家庭も大事にしつつ、思う存分、自分のキャリアアップのために邁進していってください!







このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
去年末の「クリスマスプレゼント」に引き続き、私が東大SPHの受験勉強をしている時にまとめた医療コミュニケーション学のノートもPDF化してアップいたします。今年以降に受験される方、参考資料としてお役立てください。

所詮「個人で」まとめたものですので、あくまで参考程度にみておいてください。これによって生じたいかなる損害や不都合などについても、責任は負いかねます。アシカラズ・・・。


東大SPH入試 医療コミュニケーション学用語一覧


【バックナンバー】
これまでに当ブログで公開したノートへのリンクです。繰り返しますが、私が個人でまとめたノートですので(以下省略

東大SPH入試 覚えておくべき事柄・数字一覧
東大SPH入試 行動学用語一覧
東大SPH入試 医療倫理関連事件一覧
東大SPH入試 統計学公式一覧








このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2018年度分の東大SPH入試過去問の自作の解答・解説(案)を一般公開いたします。


それでですね、


作成終了した時点で気づいたのですが、東大の公式ページいわく、現在販売されている過去問は2017年度までで、2018年度のはまだ販売開始されていないようですね(滝汗

2018年度の問題は、4月以降に発売されると思われます。
ですので、今しばらくは解答案のみでお楽しみ(?)ください。


スミマセン・・・。


解答・解説(案)の使用にあたって、以下の2点について十分にご留意の上、ご参照ください。受験生の皆さんのお役に立てれば幸いです。

①全て私自身が「これが正解だと思う」解答案であって、正式な解答ではありません。逆を言うと「間違えた解答」もあるかもしれませんので、参考程度に留めておいてください。これによって生じたいかなる損害についても責任は負いかねます。また、修正案があれば、メッセージくださるとなお嬉しいです。

②問題文そのものの著作権は東大の公共健康医学専攻にあります。よって、過去問の問題に関しては、正規ルートで購入してください(こちら)。尚、販売終了した古い年度の過去問につきましては、(一般公開はできませんが)私にメッセージをくだされば、対処いたします。


2018年度(2017年8月実施)入試問題解答・解説(案)



【バックナンバー】
これまでに作成した他の年度のも一緒にリンクしておきます。

2010年度(2009年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2011年度(2010年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2012年度(2011年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2013年度(2012年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2014年度(2013年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2015年度(2014年8月実施)入試問題解答・解説(案)
2016年度(2015年8月実施)入試問題解答・解説(案)



【そして】
以前の記事で「2017年度の過去問が手元にない」と記しましたが、この度、入手することに成功いたしました!



近いうちに、解答・解説を作成してアップ致しますので、しばしお待ちください。
それが終わったら、2007~2009年度のに取り掛かります。






このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

2018年8月のSPH入試を受けることをお考えの方、もういよいよ今年ですよ!
初詣では是非とも合格祈願をしてください。結構効くんですよ、あれ。

さて、今日の記事では、初詣にまつわる私の思い出話をしようと思います。



。。

。。。


以前の記事にも記した通り、私は東大一本に絞って「背水の陣」で勉強していましたので「合格可能性を上げる」ための手段は選びませんでした。

過去問で分からない問題があれば、迷惑と思われようが構わず職場の色々なコメディカルの人たちに質問しまくってましたし、入試の情報を得るために東大SPH第5期生の同窓会に特別参加させて頂いたこともありましたし、YouTubeYahoo!知恵袋をも活用しました。

そして、2015年元旦。8か月後に東大SPH入試を控えてました。0.001%でも合格可能性を上げるため、初詣は

学問の神様の祀られている湯島天神(奇しくも東大のご近所!)

ですることにしました。

元旦を迎えた0時半、凍えるように寒い中、当時0歳だった娘を抱えて湯島天神に向かったのですが、真冬の夜中にも関わらず中高生の受験親子の行列が300m近く続いており、娘を抱きかかえて寒い中で何時間も待つのは無理だったので、断念しました。

1月2日は仕事だったので、翌3日の昼に改めて湯島天神に向かいましたが、まだ100mぐらいの行列ができており、この日も娘を抱えていたので、再び諦めました。そして、三が日が明けて本格的に仕事が始まってしまうと、多忙でとてもだけど初詣には行けません。

1週間後の土日は学会で熊本出張だったので、結局2週間もの間、湯島天神での初詣が達成できぬまま過ぎてしまいました。そして、その学会の時のことなのですが、学会終了後に同僚のグループ5人で阿蘇山の観光をすることになりました。その時にメンバーの1人が言い出したのです。

せっかくだから阿蘇の神社で初詣をしよう!

と。

しかし、私は東大SPHに受かるためなら一切の妥協はしないスタンスでいましたので、

阿蘇で初詣をしてしまうと、湯島天神での合格祈願が「初詣」ではなくなってしまう

のが、どうしてもイヤでした。
しかし、4人の同僚たちは「阿蘇山での初詣」と言う、東京ではまず味わえないであろう珍しい体験にテンションMAXでした。

困った。どうしよう。

悩んだ挙句出した答えは、どんだけKY(空気が読めない)と思われてもいいので


自分は受験を控えているので何が何でも湯島天神での初詣にこだわっている。そして、その初詣をまだ済ませていないので、皆と一緒にお参りに行くことはできない。大変申し訳ない。

と、訳を伝え、1人で神社の外で留守番をすることにしたのです。

ただ、お参りもしなければお賽銭も入れないのに神社の敷地内に入ることは神様への冒涜になるだろうと思い、そこは自分なりに気を遣って、

絶対に鳥居はくぐらず、ギリギリ手前の場所で4人が帰って来るのを待っていたほどでした。

東大SPH合格のために、そこまでこだわっていたのです。

そんなこんなで、湯島天神で初詣をきっちり済ませることができたのは、1月18日でした。その日もまだ10mぐらいの行列ができていたのを記憶しています。。。

きっちり絵馬も書きましたし、買ったお守りは仕事用PHSに付けて肌身離さず持っていましたし、おみくじで「8月には風邪を引く可能性があるので注意せよ」と言われた時は一瞬「なんてこった!」と凹みかけたものの「健康対策が打てるチャンスだ」とポジティブにとらえ、体調管理を念入りにしていました。

それでも、おみくじの予言通り、8月早々に本当に上気道炎になったものだから、驚きでした。でも、8月17日の入試当日には、鼻水だけは完全に止めることはできなかったものの、熱も倦怠感もなく「ほぼ」ベストコンディションで受験を迎え、無事合格することができました。

もちろん、合格が決まった後のお礼参りとお守りのお焚き上げも欠かしてはいませんよ!!

今となっては良い思い出です。

東大SPHを目指す皆さんは、ここまでする必要はないと思いますが、大事なことは「何が何でも受かってやる!」と言う気持ちを持つことなのだとお伝えしておきます。一瞬の油断が命取りになるかもしれない試験です。全力で頑張ってください!








受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

また、「いいね」ボタンやコメントなども大歓迎です!


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。