鮨すが弥@赤羽橋 握り方は美しいのに・・・ | 東京ホルモンズの中身のある話

東京ホルモンズの中身のある話

ホルモン食ってないけどホルモンズ。ホントは魚が大好きです。


テーマ:

東京ホルモンズの中身のある話-horumons.01

 

我々東京ホルモンズは この人みたいに敵を作らないタイプが長く生き残ると思ってるB食家集団である



 

鮨すが弥@赤羽橋 握り方は美しいのに・・・の話

 



2018年12月


鮨あらいにいらした菅谷さんが

自分の店をオープンしました

 

 

開店の数日前

天本の前でキャンセル待ち

(小ジャイアンとフェラーリ観賞)

をしてた帰り

 

おおーココかーと

その店を発見したので覗いてみたら

中で開店準備をされていました

 

じゃーオープンしたら来ますねーと

出来たばかりの名刺第一号を貰い

数日後に鼻くそほじりながら連絡してみると


 

そんなに急に大人気??

 

舐めてました

 

スケジュールと空席日がまったく合わず

結局のところ初訪問は

オープンからちょうど三カ月目のこの日になってしまいました

 

 

開店当初はアレコレ大変だろうから

落ち着いたころで丁度良いんじゃね?

 

なんつて

自分をなだめていましたが

SNSで菅谷さんの握りを見かけるたびに

奥歯をギシギシいわせてました

 

 

隣席との程よい距離感

カウンターの奥行き

とても居心地のよい空間です

 

 

奥さんできるヒト

 

と前情報で聞いていた

ホール担当の菅谷夫人

 

なるほど

客のお世話をしながら

大将から頼まれた雑用や

厨房での簡単な調理?も

そつなく熟しています

こりゃーイイ人材だわ

 

そして

なにより一番驚いたのが

活き活きと仕事をする菅谷さん

 

正直クチが達者な方ではありません

銀座の親方的な

「毎度ォォォォーーー!」

コールもありません

どちらかというと寡黙なタイプ

 

一瞬

伝説の鮨職人 美家古鮨四代目

最後の弟子のあの方を思い出しました

 

銀座にいた頃の

ビクビクした(何に?)感じはありません

とても堂々と仕事をしています

なんなら少し楽しそうにも見えます

 

 

お弟子さん無し

今は大将ひとりでやっているので

色々大変だろうなーと思ってましたら

結構手際よくやってらっしゃるんすよね

アタフタ感ゼロ

 

ごめんなさい

正直言って意外(笑)でした

 

 

おおう!

山わさび!

 

お鮨屋さんで初めてこれ食べたのって

久遠さんだよなーと思ってたら

むむむむ村瀬さんだったのね

 

これ式が出てくるってことはアレでしょ

イイイカにスッスッスーと包丁入れいて

出てくるんでしょー

 

 

へ?

 

 

鰆だと??

 

驚いた

イカもイイけど

鰆も合うねー

美味いわーー

 

 

小さめのジャガイモくらいあるんですけど(笑)

 

 

この日は

18:00

18:30

19:00と

スタート時間がバラバラだったようで

間を持たすのにこのサイズなのかな?

なんて思いましたけど

いつも

この時間が永遠に続けばいい

と思っていた

痛風上等あん肝マニアなもんで

十分にジャパンと一緒に楽しませてもらいました

 

 

さて握りです

 

 

一貫目は縞鯵

 

菅谷さんの握りは

一度アッチで経験しているので

なんの心配もなく参りましたが

 

 

うん

問題なし

 

 

シャリの大きさは

銀座に寄せてくんのかなーと思ってたけど

そーでもないね

アッチも一時期よりは小さめだしね

 

 

鮪は伊豆下田

やはり仕入れはやま幸

 

てかさ

 

 

イイ表情してるんだよなー

 

それでね

握りの所作がイイのよ

カッコイイってより美しいく見えるのよね

返すたびに指先が躍る感じ?

ちょっと見惚れるよ

 

でも視線を指先から上げると

顔は菅谷さんだけど(笑)

 

 

小鰭

イイ仕事してます

スマホのメモに二重丸が付いてました

 

 

コレは珍しいね

 

 

平貝の握り

間に小さい海苔を挟んでます

包丁の感じが真面目な性格表してるよね

 

 

鮪は

赤身漬け

血合いぎしときて

これは背中

 

さすがあらい出身

この時季でも鮪は光るものがあります

 

 

春子

 

 

山盛り小柱

 

 

もちろん茹でたての車えび

甘かったなー ウマイ!

 

 

煮蛤

この辺の仕事はさすがの一言

 

 

馬糞とムラサキの抱き合わせで

 

 

盛るよねー(笑)

 

シャリの温かさと

雲丹の冷たさが口の中で交わって

味はモチロンだけど

温度変化も楽しめる式

 

 

ポリポリ奥歯で食べまして

〆は何だろなー

穴子かなーって

 

 

槍烏賊?

 

何ソレ新しい(笑)

てかコレ超イイじゃん

 

 

お椀でひと通り

 

でもってもうひとつなんか

ってなりまして

鮪を巻いて貰うことにしました

 

 

やっぱ盛るよねー(笑)!

 

てか

 

 

イソギンチャクじゃんか!

 

いやー美味かった

なによりこの空気感がイイね

鮨に集中できる感じがイイ

 

予約はもう五月ごろまで埋まってるみたいです

気になるヒトは是非どーぞ

 

最後に

菅谷さんの美しい仕事ブリご覧ください

 

 

字はアレだね(笑)

 

ご本人の直筆です

面倒なことに

自信作のようです(笑)


 

 

 

東京ホルモンズの中身のある話-東京ホルモンズ

 

あれ?太巻き専門店じゃなかったね!(笑) 美味しかったです また来ます!

 

 

ランキング、今日もポチッとお願いします!


 

人気ブログランキングへ

 人気ブログランキング

 
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

 にほんブログ村

 

 ブロぐるめ

 


 

--------------------------------------------

店名 鮨すが弥

場所 赤羽橋

--------------------------------------------

 

鮨 すが弥寿司 / 赤羽橋駅麻布十番駅芝公園駅
夜総合点★★★★ 4.0

東京ホルモンズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ