浜太郎 ブログ
感謝の心が笑顔を素敵にします。素敵な笑顔がまわりを幸せにします。

まわりの幸せが私の幸せ。そんなお店を目指しています。

  • 20May
    • 野鳥撮影in八ヶ岳

      あまり野鳥撮影には行かないのですが、撮影仲間に誘われてGWに八ヶ岳に行ってきました。今回のターゲットは鮮やかな瑠璃色が特徴の「オオルリ」黒いネクタイのような模様が特徴の「シジュウカラ」ムシクイ類は姿が酷似しています。たぶん「エゾムシクイ」こちらもターゲットだった黄色い眉毛のような模様がある「キビタキ」こちらが本命の「オオルリ」オスは全身鮮やかな瑠璃色が特徴シジュウカラに似ているけど羽に二本の白い模様があるので「ヒガラ」かな?ペンションの窓の外にもいろんな野鳥が現れてくれました。キツツキ類の「アカゲラ」巣箱の種を食べに来た「カワラヒワ」番外編「二ホンリス」も今回は野鳥の種類がよくわからないので帰って図鑑とにらめっこでした。種類や生態を知ったらもっと楽しいのだろうな。新緑のなか、五感を使って自然を感じた癒しの時間でした。

      7
      テーマ:
  • 18Apr
    • 【パリ展示会(後編)】

      せっかくパリに来たので「GYOZA BAR」さんに寄ってきました。こちらはミシュラン2つ星の日本人シェフがプロデュースするお店。とてもオシャレなお店で、流行に敏感なパリッ子たちで賑わう超人気店です。弊社の小型餃子マシーンを5年ほど前に購入いただき、順調に製造していました。メンテナンスとトラブルシューティングを行い大変喜んでいただきました。フランス人は開放的な雰囲気が好きなのか、天気が良い日はカフェやレストランのテラス席で食事を楽しんでいる姿をよく見かけます。いちいちオシャレに見えます(笑)そんなか、日本のお店も負けていません。福岡の一風堂さんはパリ市内に3店舗あり、どこも連日多くのお客様で賑わっています。こちらも弊社の小型餃子機械で餃子を作っています。他にも日本のラーメン店の看板をよく見かけます。どこの店にも餃子がメニューにあり、日本と同じように気軽に餃子が食べられます。スーパーマーケットはフランス系の他に、中国系、韓国系があり、日系の大手スーパーは進出しておらず(たぶん)、個人のコンビニ程度のスーパーが数店舗あるだけ。とくに中国系のスーパーが勢力を伸ばしてきているそうです。冷食コーナーには餃子も普通に陳列されていますが、中国メーカーと韓国メーカーが殆どで、日本の「味の素」餃子もあったけどその量はわずか。ここでも華僑のビジネスセンスとパワーには感心させられます。頑張れニッポン!東亜工業㈱https://www.toa-industry.co.jp/浜太郎餃子(アンテナショップ)http://www.hamatarou.jp/

      1
      テーマ:
  • 15Apr
    • 【パリ展示会(前編)】

      4月4日・5日とパリで行われた展示会(ジャパン フード ショー)に参加してきました。私達の他にも日本の食材問屋さん、お酒、調味料メーカー、AJINOMOTOさんなども参戦。驚いたのが餃子の試食をしているところが6社もあり、その人気の高さが伺えます。弊社ブースでは餃子マシーンを持ち込み、具材は現地調達して、実演と試食を行いました。餃子が焼ける何処からともなく人が集まって、あっという間に無くなってしまうのは何処の国でもおなじですね(笑)フランス人にも餃子は人気で、日本食として受け入れられていることを実感しました。浜太郎http://www.hamatarou.jp/東亜工業(株)https://www.toa-industry.co.jp/

      2
      テーマ:
  • 28Dec
    • 「GYOZAフルコース」が静岡新聞で紹介されました。

      今朝の静岡新聞で浜太郎が考案した「GYOZAフルコース」を掲載して頂きました。感謝です!浜松餃子のさらなる知名度アップにつながると良いな~浜太郎の「GYOZAフルコース」は期間限定で2種類のコースからお選びいただけます。詳しくは↓↓↓http://www.hamatarou.jp/fcourse/

      4
      テーマ:
  • 05Dec
    • 【プロの為のラーメン塾】

      11/27~29の3日間、浜太郎餃子センターで第2回『プロのためのラーメン塾』を開催しました。全国からプロのラーメン店主やこれから開業予定者まで集まり、ラーメンの基礎から最近のトレンドラーメンまで学びました。今回も満員御礼!ありがとうございました。講師は国内海外100店舗以上のラーメン繁盛店を造ってきたラーメン業態開発のプロをはじめ、スープ、タレ、麺、トッピング、サブメニュー、デザイン、人材育成など各分野の専門家や、複数のラーメン業態の繁盛店を持つカリスマオーナーまで。多角的にサポートさせていただきました。浜太郎からは2名参加して、3日間みっちり学んでもらいました!最終日には各自プロのサポートを受けながら渾身の一杯を作りみんなで試食。(*`▽´*)ウヒョヒョ『鶏塩ラーメン』鶏チャーシューと低温調理チャーシューがスープとよく合います!見た目にも綺麗ですね。『サラダラーメン』これも女性客を意識してヘルシーで見た目にも鮮やかですね!『富士山ラーメン』富士山をイメージして雪を生クリームで表現したとか。とても斬新で味噌スープとも意外にマッチしてびっくり!インスタ映えも考えたそう(笑)『濃厚味噌ラーメン』背脂を使いガツンとくる濃厚な味に仕上げたそう。若者の胃袋を鷲つかみにしそう!(笑)タイトルを聞き忘れました(汗)ベースは味噌ラーメンですがトッピングが凄い豪華ですね!右側は焦しチーズで熱々のスープに溶け込んで濃厚!インパクトはNO.1!『名古屋ニュータンタンメン』神奈川のニュータンタンメンを意識して地元名古屋の人に合うように改良したそうです。韓国唐辛子を使い見た目ほど辛くはなくて病みつきになりそう(笑)どれも個性的で美味しかった~直ぐにでもお店で出せるレベルでした!年内のラーメン塾は今回で最後です。来年は2月から開催します。ご興味がある方はホームページからご連絡ください。If you are interested, please contact us from our homepagラーメン塾のお問い合わせはこちらからhttps://www.toa-industry.co.jp/

      1
      テーマ:
  • 04Oct
    • 【久しぶりの富士山撮影】

      週末に山中湖へ夜行撮影に行ってきました。天気予報で調べたら久しぶりの好条件!いてもたってもいられず車にカメラと三脚を積んでGO!深夜に到着した時は月明かりが強烈でしたが、逆に雲海とススキが照らされて良い感じでした。1時間ほどで月が沈み、徐々に天の川が姿を現してくれました。その後しばらく車で仮眠して日の出を待ちます。でも気温は8℃、寒くて眠れません(笑)日の出間近には雲が現れ富士山を覆い隠してしまいました。祈る気持ちで待っていると、雲がバラけ赤富士と雲海が現れました!この日は撮影友達のK藤さんとニアミスだったようで、僕の来る前に同じ場所から撮影していたようです!!徹夜の撮影を一通り終え岐路に。ここからは睡魔との闘いでした(笑)浜太郎餃子http://www.hamatarou.jp/

      4
      テーマ:
  • 27Sep
    • 【コミュニケーションの仕組みを作る】

      組織には常にいろんな問題があります。その中でも人の問題は特に大きく、永遠の課題かもしれません。これは規模に関係なく、どんな業界・業種でも同じではないでしょうか。特にサービス業ではお客様と直接接する機会が多いので、お客様目線での取り組みが必要とされます。ですから会社の方針をパート・アルバイトまで浸透させる必要があります。そのためにはどうするべきか、常に考えて悩んでいます。恥ずかしながら弊社でもまだ完全ではありません。先日も残念ながらお客様から対応の悪さでご指摘を受けました。話を聞くと店側の対応に問題がありました。猛省です。例えば、25人の従業員がいるとします。一人の人間が25人を教育・管理することは不可能に近いです。一人の人間が管理できるのは5人まで、と何かで読んだこともあります。ですから管理の仕組みを作ることが大事なのです。この場合の仕組みとはコミュニケーション(報・連・相)です。良い事も、悪い事も、上から下へ、下から上へ、横へと伝達するためのルールを仕組みにする。さらには風土にしたいです。よく言う風通しのいい会社というやつです。マニュアルも大事です。とうぜん弊社にもあります。しかし万能ではありません。それを補うのがコミュニケーションであり、お客様目線での柔軟な対応です。ひとりの管理者が5人までしか管理できないのであれば、先ずは信頼できる5人の部下を育てることです。更にその5人は5人の部下を育てます。そうすることで25人の人を教育と管理ができます。管理者は常にいろんな事を考え悩むものです。時には心の余裕もなくなり、それがお客さんに悪い対応となって表れてしまう事があります。ですから信頼できる部下を育て、少しずつ責任を分担していきます。そうすることで負担も軽減され心に余裕も生まれます。その心の余裕がきっとお客様の為になるのではないかと思います。浜太郎餃子http://www.hamatarou.jp/

      3
      テーマ:
  • 05Apr
    • 【お客様からのクレーム】

      先日、メールでお客様からクレームがありました。そこに書かれていたことは店員の態度が不愉快だったのことでした。『仕事はテキパキとやっている感じでしたが、笑顔が全くない。お客の顔もまともに見ない。他の店員に対しての言葉遣いも悪く、それを見た子供が怖いと・・・。また商品の提供も無駄に遅い』などとも書かれており、改善を求めるとのことでした。<対応として>お客様のクレームには真摯に受け止め、丁重にお答えしなくてはなりません。一方の意見だけでは真実は分かりませんが、少なからずその様に感じたことは間違いないでしょう。お客様への返信の最後にも『・・・今後はより一層より良いサービスの提供に努めてまいります。ご指摘ありがとうございました。』と返信した。<本当の対応>ではどのような改善をするか。現場にどのように指示するか。新たに特別な事をしません。頃合いを見ていつかこんなクレームがあった事実は伝えます。なぜなら、日頃からお客様目線での商品とサービス提供は皆で共有して心がけてきたことです。そしてクレームの対象者のことは誰よりも知っていて信頼しているからです。<ではなぜ>お店が新規オープンしたばかりで不慣れであること。人手不足であること。営業時間を短縮して営業しても食事や休憩がままならない日もあること。お客様の来店が週末の忙しい時間帯であったこと。これらが重なり本人も知らずうちにお客様が感じた雰囲気が表に出てしまったのでしょう。スタッフも人間なのです。<お店とお客様との関係は>昨今、サービス業をはじめ、どの業界も厳しい世の中です。よってサービスの強化が求められる時代ともいえます。どこの企業でも過剰ともいえるサービス合戦を行っています。よって、お客様もそれが当たり前と思い、中には横柄な態度をする方もいらっしゃいます。先日も弊社のホールで働いている中国人アルバイトに大声で『いつまで待たせるのだ!』怒鳴っているお客様がいました。本人だけでは飽き足らず、店長を呼びつけ『こんな片言の日本語しか話せない奴に接客させるな!』とのことでした。たしかに完璧な日本語とは言えないですが、必要十二分の会話レベルにある子です。本人もかなりショックだったことでしょう。もちろんその後のケアはしましたが・・・。本来、商売とは需要と供給のバランスです。どっちが上でどっちが下などないのです。それを勘違いして、自分の思い通り行かない事に横暴ともいえるクレームをする人は本当にお客様と言えるのでしょうか?私はそのようなお客様にはご辞退願いたいです。一人の勘違いしたお客様より一生懸命頑張っているスタッフの方が大事だからです。<今後の改善と対策>話がそれましたが、今回の件であえて何か改善と対策をするとしたら、求人対策の強化と職務に見合った待遇の保証です。そして頑張ってくれているスタッフに感謝の気持ちを伝えることです。スタッフが仕事にやりがいを感じること、そして楽しく仕事が出来ることが大事なのです。そうすれば自然と笑顔がこぼれ、お客様にもきっと伝わります。社員教育や啓発活動も確かに大事ですが、でもそれだけを押しつけてもダメです。本人にその気が無ければ、費用、時間、ストレス、など、むしろマイナスになってしまいます。もしくは経営者の自己満足です。先ずはしっかりした待遇保証があって、目標とビジョンの共有、そして感謝の気持ちが大事なのではないのでしょうか。<店舗情報>浜太郎餃子センター(細江店)〒431-1304 浜松市北区細江町中川981-2TEL 053-401-0141ホームページ http://www.hamatarou.jp/営業時間 11:00~17:00(お持ち帰りは18:00まで)定休日 毎週水曜日、第2・第4火曜日

      20
      2
      テーマ:
  • 09Mar
    • 【浜太郎餃子センター OPEN!】

      かねてより準備を進めて参りました「浜太郎餃子センター」が本日3月9日(木)にグランドオープンいたします。たくさんの関係者の皆様に支えられてこの日を迎えることが出来ました。改めて感謝申し上げます。そして毎日遅くまで準備をして進めてくれた新店スタッフのみんな。既存店に残って少ない人数で頑張ってくれているスタッフのみんな。みんな本当にありがとう!オープン直後は至らぬ点が多々あるかと思いますが、地元の皆様に愛されるそんな店を目指してこれからも頑張ります!末永くどうぞ宜しくお願い致します!<店舗情報>浜太郎餃子センター(細江店)〒431-1304 浜松市北区細江町中川981-2TEL 053-401-0141ホームページ http://www.hamatarou.jp/営業時間 11:00~17:00(お持ち帰りは18:00まで)定休日 毎週水曜日、第2・第4火曜日

      3
      テーマ:
  • 22Feb
    • 【「くさデカ」の取材でトータルテンボスさんご来店!】

      くさデカの取材で、昨日トータルテンボスのお二人が浜太郎半田山店にお見えになりました!赤餃子と白餃子、両方召し上がっていただき、それぞれの美味しさを楽しんでいただきました。以前に浜太郎にお越しいただいたタレントさんを当てるクイズで盛り上がりました(^^)。楽しいお二人のトークで現場は笑いであふれていました!取材のため開店時間が少し遅れてしまい、外でお待ちいただいていたお客様にはご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。今回取材のくさデカは、3月18日(土)に放送されます!ぜひご覧ください! \(^o^)/テレしず「くさデカ」毎週土曜日18:30~19:00放送(再放送/毎週木曜日深夜24:25)http://www.sut-tv.com/show/kusadeka/「浜太郎餃子センター」オープニングスタッフ募集!!詳しくはホームページをご覧ください。↓↓↓http://www.hamatarou.jp/archives/shop_info/hosoe/

      1
      テーマ:
  • 10Feb
    • 【浜太郎餃子センター近況報告2/10】

      3月上旬に『浜太郎餃子センター(細江町)』がOPENします。浜太郎餃子の製造している様子を見ながら、出来たての餃子の飲食とお持ち帰りが出来ます。ゆくゆくは「手作り餃子教室」やいろんなイベントも!今日は店舗の引渡し!着工から3ヶ月、ようやく今日の日を迎えることが出来ました。工事中はいろいろトラブルがありましたが、工事業者さんと関係者の皆さんのお陰で何とか予定通り完成しました。感謝!感謝!です<(_ _)>解放感のあるオープンキッチン。お客様の目線にちょっと緊張しそうw大きなカラスのお陰で店内もかなり明るくなりました。キッチンからの眺め。餃子製造の様子も見えます。小さなお子様の笑顔でのぞく様子が目に浮かびます。「工場」と「売店」の様子はまた後日。オープニングスタッフも募集中です。詳しくはホームページをご覧ください。↓↓↓http://www.hamatarou.jp/archives/shop_info/hosoe/

      1
      テーマ:
  • 03Feb
    • 【浜太郎餃子センター 近況報告2/3】

      3月上旬に浜太郎餃子センター(細江町)がOPENします。浜太郎餃子の製造している様子を見ながら、出来たての餃子の飲食とお持ち帰りが出来ます。ゆくゆくは「手作り餃子教室」やいろんなイベントも考えています。今日はようやく看板が付きました!看板の文字はこだわって、豊橋に嫁いだ娘に書いてもらったんですよ~wようやく全体像が見えてきました♪オープニングスタッフも募集中です。詳しくはホームページをご覧ください。↓↓↓http://www.hamatarou.jp/archives/shop_info/hosoe/

      2
      テーマ:
  • 02Feb
    • 【今年も浜松餃子が1位になりました!】

      今年も浜松餃子が1位になりました\(^o^)/1月31日に総務省の家計調査の発表があり、今年も浜松市が一世帯当たりの餃子消費額全国1位になりました!2位の宇都宮市と僅差ではありましたが3年連続のV3です。実は調査対象は、スーパーなどの冷凍餃子を除いた分と、お持ち帰り専門店などが対象で浜太郎は対象外なのですが・・・。31日の発表日に中日新聞さん取材に訪れてくれましたありがとうございます!これからも浜松餃子を盛り上げるように頑張ります。

      テーマ:
  • 30Jan
    • 【浜太郎のコンセプトと違うけど、いい~んです!】

      デザイナーのTさんご来店!Tさんは人気アイドルグループの衣装デザインなどを手掛けるデザイナーさんです。浜松出身ということもあり意気投合して、浜太郎とコラボ企画を始めることになりました。昨日は初めての試食会。今回の最大のテーマは「色」。味に関しては満足いただけたようですが、餃子の皮の色に関してはかなりの拘りが!一回目、色が強すぎてNG!開発担当 鉄人キリちゃんが直ぐに再調整したら「いい感じ~~!」と喜んでくれました。浜太郎のコンセプトやカラーとはかなり掛け外れますが(笑)でもいい~んです!結果はどうあれ、新しいものにチャレンジすることが大事なんです!そして、スタッフのみんながワクワクすることが大事なんですよね~

      テーマ:
  • 26Jan
    • 【今年も順調にキャベツが育っています】

      先日、契約キャベツ農家さんにお邪魔しました。毎日寒い日が続くので生育が心配でしたが順調に育っていました!浜太郎餃子に使うキャベツには農薬の代わりに黒酢の原液を使って、体に優しいキャベツを作ってくれます。採れたてをパクリ。瑞々しくてとってもあま〜い♪こちらの農家さんは農家カフェもやっています。拘り野菜の美味しさを知ってもらいたいとの思いから。とても研究熱心で、野菜作りの拘や、いろんなお話しで盛り上がりました。収穫後の翌日には浜太郎の餃子になります。浜太郎餃子のおいしさの秘密でした。

      テーマ:
  • 05Jan
    • 【中日新聞1月1日1面に、グループ会社が紹介されました!】

      新年明けましておめでとうございます。2017年一発目のブログです。なんと、1月1日の中日新聞1面に弊社グループ会社が紹介されました!これは春から縁起がいい~!弊社グループ会社では餃子製造機を製造販売しており、国内シェア60%を持っています。近年には東南アジアをはじめ、北米やヨーロッパ、オセアニア、中東など、世界30カ国以上に輸出しております。単に餃子製造機の輸出だけではなく、日本の餃子文化も一緒に世界に広めていきたいです!そのためには「浜太郎」に役目も大きく、美味しい餃子作りは勿論、餃子の可能性をどんどん発信していきたいと思います。安い餃子は世の中にたくさんあります。浜太郎では、『食の安心安全』をテーマに、良質食材を使って、こだわりの製法で、『価格ではなく価値』で地元のお客様に満足していただける商品とサービスを今年も提供していき地と思います!今年は酉年。全国海外に羽ばたけるよう今年も社員一丸で頑張ります!東亜工業㈱ホームページhttp://www.toa-industry.co.jp/東亜ソリューション(餃子ビジネス問題解決)http://www.toa-industry.jp/

      2
      1
      テーマ:
  • 24Dec
    • 【忘年会2016】

      今年もこの季節がやってきました!思い起こせば忙しい一年でした。今日は無礼講♪社長も役職も社員もアルバイトも関係ありません!もちろん仕事の話は無し!(笑)ふだん他店の仲間とコミュニケーションの機会は少ないのですが、この日はとても楽しい時間でした。司会はムードメーカーのノンズーが盛り上げてくれましたw今年いっぱいで独立予定のザワチンも最後に一気飲みw来年から寂しくなりますが、夢に向かって頑張ってもらいたいです!今年も一年お疲れ様でした!来年も頑張ろうね。

      2
      テーマ:
  • 03Nov
    • 【慰安旅行に行ってきました】

      10月18日・19日とお休みをいただいて北陸へ慰安旅行に行ってきました。1日目は、福井の「竹人形の里」~「永平寺」~「恐竜博物館」へ。「竹人形の里」「永平寺」「恐竜博物館」お宿は、加賀山中温泉の「厨八十八」へ、モダンで落ち着いた雰囲気の温泉旅館でした。美味しい料理と温泉でゆったりのんびり~♪2日目は、金沢「近江町市場」~「兼六園」~飛騨「白川郷」へ。近江町市場では新鮮な日本海の幸、岩ガキとボタンエビ、マイウ~でした!「兼六園」紅葉もちらほらと始まってました。「白川郷」雪国のイメージがありますが、秋の白川郷も良いもんですね~EXILEの「Choo Choo TRAIN」ダンス、ほぼ2人見えてません(笑)あっという間の2日間だったけど、2日とも天候にも恵まれ楽しい旅行でした。浜太郎ホームページhttp://www.hamatarou.jp/

      3
      テーマ:
  • 21Sep
    • 【秋の新メニュースタート!】

      秋の新メニューのお知らせです。今年も秋の食材を使った浜太郎らしいユニークな餃子が出来ました!今年は元イタリアン出身のモリちゃんと、新人だけど中華一筋40年の鉄人キリさんが腕を振ってくれました。どれも個性的で浜太郎でしか食べられない自信作です!※スタート9/22(木)~※浜太郎 半田山店 限定※季節・数量限定※本日水曜日は定休日です。浜太郎ホームページhttp://www.hamatarou.jp/

      テーマ:
  • 02Sep
    • 【新事業計画が日経新聞と静岡新聞に!!】

      今朝の静岡新聞と日経新聞の両紙面で、弊社の新事業の記事を掲載していただきました!別々に取材を受けて、同じ日に開催されるなんて!!こんなことあるのですね。<9/2静岡新聞 朝刊>朝から関係各所から「新聞みたよ~」の電話がひっきりなし。なかには営業目的のお電話も(汗改めて新聞の影響力はすごいなと思いました。いずれにしても大変ありがたいことです!感謝!感謝!<9/2日経新聞>これで知名度があがり、新設店舗兼道場と事業全体が好循環に入っていくといいなぁと思います。浜太郎 ホームページhttp://www.hamatarou.jp/東亜工業㈱ ホームページhttp://www.toa-industry.co.jp/

      テーマ: