【創業者、名経営者、政治家の秘話大公開】           -5ページ目
2014-03-11 22:20:10

第240回_船井幸雄の成功哲学

テーマ:ブログ
今年のはじめ 、船井総研(東証1部)の創業者、船井幸雄が亡くなった(2014年1月19日死去)。船井は経営コンサルタントという職業柄、数千人の経営者と膝を突き合わせて本音で語りあってきている。日本で最も経営者を知っている一人だったといえるだろう。


そんな船井が上げる経営者の成功の条件は「プラス思考」「素直」「勉強熱心」の3つである。このうちの「プラス思考」について船井の専属ライターをしている人からこんな話を聞いたことがある。


お子様を亡くされた親御さんに対して船井は「これもプラス思考で考えなさい」と言い切ったという。船井だから言えることで、普通の人にはなかなか言えることではない。


起こった現実を変えることは出来ないが、それを後ろ向きに考えるか、前向きに考えるかはその人次第でいかようにもなるということなのだろう。


先日、牟田學(日本経営合理化協会理事長)の著書「社長業 実務と戦略」の中にそのことを痛切に感じさせられるエピソードがあったので、大まかな内容を記してみたい。


『日本は終戦後、旧ソ連により60万人にのぼる人がシベリアに抑留され、厳寒環境下で満足な食事や休養も与えられず、苛烈な労働を強要された。そのうち6万人以上が死亡したとされる。この地獄の強制労働を生き延びた人に志水陽洸(しみず・ようこう)さんという人がいる。


一日、わずか一杯のコウリャン粥をすすりながら、凍てつく土をツルハシ一本で掘る作業が続いた。一人死に、また一人死んで、一冬が過ぎると、部下が半分に減った。


そんな時に、同じく痩せているが、眼を輝かせ、とても死にそうにはみえない一人の若い兵隊が他の部隊にいた。早くから不思議に思っていた志水さんは「君は、どうしていつも元気なんだ」と尋ねた。すると若い兵隊は「私には、心に歌がある」と答えたという。


胸をつかれた志水さんは、すぐに自分の部下を集め、「毎日、歌を歌いながら作業するように」と厳命した。


歌い始めて数ヶ月すると、志水さんの隊は群を抜いて作業が進んだ。歌声は、口をついて耳に伝わり、心に響いて元気を養う。極限生活にも、小さな明りが灯った。半年もすると、全員があの若い兵隊のように目の輝きを取り戻した。それから数年後に、志水さんの率いる部隊は歌を歌いはじめてからは一人の落伍者もなく、日本へ無事に帰還することができた』という。


今、厳しい環境にいたとしても、シベリアで抑留されていた人達よりも過酷な状況にいる人はまずいないであろう。前向きに考えることで、シベリアの地獄の強制労働から抜け出し無事、帰国できた人もいるのだから、われわれもやって出来ないことはないであろう。


最後にスペインの詩人、ブルデンチウスの言葉を紹介して終わりたい。


「楽しい顔で食べれば、皿一つでも宴会だ」


関連サイト
船井幸雄(船井総研創業者)語録 http://bit.ly/OAUw6p
名言の王国 http://meigennooukoku.net/
2014-02-02 20:49:27

第239回_小俣方晴子さんのニュースを聞いて

テーマ:ブログ
名言の王国というサイトでhttp://meigennooukoku.net/ 古今東西の名言、語録を人物別に集めていたが、最近は人物別ではなくテーマ別の名言、語録を集めることもしている。(テーマ別名言語録 http://bit.ly/1jIa9Nh

そしてちょうど『アイデア』『発明』『発見』『独創』『創造』といったキーワードの名言、語録を集めている時に、理研ユニットリーダーの小俣方晴子(おぼかた・はるこ)さんの「生物学の常識を覆す画期的な発見」というニュースが飛び込んできた。

まだ30歳の若さというのに驚いたが、テレビでの彼女のコメントを聞いていると、数々の先人達の言葉が蘇っては消えていった。こんなことは初めての体験である。

「やめてやると思った日も、泣き明かした夜も数知れない」
「夜寝る前『明日失敗したらこの実験を辞めようかな』『今日一日だけは頑張ろうかな』と思っていたら、5年たってしまった」

何度も挫折しかけたが、諦めずに頑張り通したことが今回の世界を驚かす結果に結びついたといえようが、このことは発明王のエジソンの言葉そのままである。

「一番いけないのは、諦めること。成功するためには、とにかくもう一度チャレンジしてみればいい」
エジソン(エジソン語録http://bit.ly/xyxSNq

また「決定的なピンチになった時に必ず助けてくれる人が現れてくれた」ということも言っていたが、電話の発明で知られるグラハム・ベルにこんな言葉がある。

「偉大な発見や改革には常に多くの人の知性による協力が不可欠である」

研究開発も一人では何も出来ない。多くの人の協力があって初めて成り立つものなのであろう。

そして『アイデア』『発明』『発見』『独創』『創造』といったキーワードの名言をまとめていて、気がついたことがある。前回の記事で http://amba.to/1ltxFtK 完全な独自な名言は存在しないと述べたが、発明、発見にしても同じではなかろうか。

そのことを象徴する言葉を幾つか抽出して紹介してみたい。

「偉大な発見は、いきなり完全な姿で科学者の頭脳から現れるわけではない。膨大な研究の積み重ねから生まれる果実なのだ」
キュリー夫人(化学者)

このアメブロのサービスを提供しているサイバーエージェント社の藤田社長もこのように言っている。
「ビジネスの世界は、先行者たちの努力や苦労の上に築き上げられている。独創的な発想だけで新しいものを作れると考えるのは、傲慢以外の何物でもない」

「私は生涯で一度も、独創的なメロディーを作ったことがない」
モーツァルト(作曲家)

「独創力とは、思慮深い模倣以外の何ものでもない」
ヴォルテール(仏の哲学者)

「知識を増やすほど、創造できる」
ジュリア・チャイルド(料理研究家)

発明や発見は模倣から始まるといえるのではなかろうか。

但し、多くの人は学術的な研究とは無縁の世界にいるだろう。この私も、もちろんそうだ。しかしながら、多くのビジネスマンは日々の仕事でアイデアや改善、知恵を出すことが求められるだろう。

ではアイデアを出すにはどうすればいいか、ホリエモンこと堀江貴文さんがこういうことを言っている
「情報をたくさん持っていれば、アイデアなんてそれこそ山のように浮かぶわけで、なにも思いつかないというのは、手持ちの情報量が少ないからなんです」
堀江貴文(ホリエモン)

勉強、情報収集を怠っていると、いくら考えても企画案が出てこないというのは多くのビジネスマンが感じていることだろう。発明や斬新なアイデアはごく一握りの才能のある人だけのものと思うとやる気が失せるが、とことん情報収集、知識の習得に励めば斬新なアイデアを出せる可能性があると思うとファイトが湧いてくる。

今一度、自分の専門分野を掘り下げていって、世の中があっと驚くようなアイデアを出してみたい。


関連サイト
アイデアについての名言 http://bit.ly/1aOkTRS
発明についての名言 http://bit.ly/1jNuIrF
発見についての名言 http://bit.ly/1jS4FiU
独創についての名言 http://bit.ly/1jWeOLA
創造についての名言 http://bit.ly/1krhiPV
2013-12-30 22:29:46

第238回_独自の名言は存在するのか?

テーマ:ブログ
「至誠にして動かざる者は未だこれあらざるなり」
吉田松陰(幕末の教育者)
意味:至誠をもって対すれば動かすことができないものはない。

これは松陰の有名な言葉として知られるが、実は本人の考えたものではない。中国の孟子の言葉であり、松陰は孟子が好きであったことから、松下村塾でもよく孟子の講義をしていたのだ。

私は名言の王国というサイトで http://meigennooukoku.net/ 古今東西の名言、語録を集めているのだが、今日(2013年12月30日)までに2285人、13260の語録を収録している。

これだけの名言、語録を収録していて気付いたことがある。初めはなるべくその人の人生観、生き様が現れるような、その人独自の言葉を載せようと思っていたのだが、その人のオリジナルの言葉とされているものでも、たいてい、過去に何人かは同じようなことを言っているということである。

そうなると、その人独自の言葉か、他人の引用かという境目が分からなくなる。

例えば『経営の知恵 トップの戦略(PHP文庫)』という本に阪急グループの創業者、小林一三の言葉が紹介されている。

「世の中で、百歩先の見える人は変人扱いをされる。50歩先の見える人の多くは犠牲者になる。ただ、一歩先の見える人のみが成功者となるのだ。しかも、ただその一歩の違いに過ぎぬが、その手前の一歩さえ見えぬものは落伍者である」小林一三

しかし、これは小林の言葉ではない。何故なら、小林一三の自叙伝となる本に、(上の言葉は)岩下清周(北浜銀行頭取)翁が常々言っていたことで、達人の高話として絶対の敬意を払っているというふうに書かれているからだ。

このように他人の言葉を引用して言っていたものが、後世になっていつの間にかその人の言葉になって定着しているということが少なくない。

GHQ司令長官のダグラス・マッカサーが残した言葉に「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」という有名なフレーズがあるが、これも、第一次世界大戦時に、兵士たちの間で流行っていた歌の一説から引用して言ったものである。

名言や語録を調べれば調べるほど、完全な本人のオリジナルというのは存在しないのではないかと思えてくる。

明治大学教授の齋藤孝先生は「書くことは、読むことよりも高度な作業である。自分が聞いたり読んだりしたことのない言葉は、書くことができない」という。

ということは、本人は引用ではなく、自分のオリナジナルの言葉と思っていても、覚えていないだけで、過去に、その言葉を読んだか聞いたかしてインプットされていたからアウトプットが出来るという理論も成り立つといえよう。

詩人、寺山修司の『ポケットに名言を』という本の冒頭に
「ほんとうは、名台詞(せりふ)などというものは生み出すものではなくて、探し出すものなのである」
と書いてあるが、この言葉はとても腑に落ちる。

名言、語録は作ものではなく、探すもの。探し出して気に入ったものを自分の座右の銘とすればそれで良いのではなかろうか。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス