【創業者、名経営者、政治家の秘話大公開】           -3ページ目
2015-03-18 22:29:59

第246回_日本の商人道

テーマ:財閥
「人生はまさにブーメランだ。人に与えたものは手元に返ってくる」
カーネギー(鉄鋼王)



1590年、銅精錬の修行をした蘇我理右衛門(そが・りえもん)という男が、京都寺町五条に「泉屋」として独立した。若干19歳の頃である

当時の日本の銅精錬の技術は未熟で、粗銅に含まれる銀を抜き出すことが出来なかった。そのため輸出をすると、外国商人は大喜びである。日本から銅を買うと銀も含まれているのだから、喜ぶのは当然であった

そこで理右衛門は南蛮人(ヨーロッパ人)に銅と銀の吹き分けが出来る原理を聞いて回り、ついに銅と銀を分ける新技術を習得した。この技術は「南蛮吹き」と呼ばれた

この技術により泉屋は大いに栄え、銅業界での確固たる地位を築く

しかし、この男の凄いところは、この銅と銀とを分ける「南蛮吹き」の技術を同業者に惜しみなく教えたことである

長男の友以(とももち)も父・理右衛門の意志を継ぎ、大坂に進出。父・理右衛門と協力して同業者に「南蛮吹き」の技術を公開した

本来、企業秘密とすべき「南蛮吹き」を同業に公開したら、「泉屋」は商売が成り立たなくなるのではないかと思われるかもしれないが、そうはならなかった

公開することで泉屋は「南蛮吹きの宗家」として尊敬され、同時に大坂は日本の銅精錬業の中心となった

この蘇我理右衛門という人物が、世界最古の財閥、住友財閥の業祖と呼ばれる男で、家祖と呼ばれる義弟の住友政友とともに、住友財閥の創業者とされる

400年以上続く、住友財閥のルーツはここにたどり着く

さらに、住友家4代目の住友友芳(住友中興の祖)は、愛媛県の別子銅山を発見する。この別子銅山が江戸時代、住友家のドル箱となった。1973年に閉山するまでの約300年間、日本屈指の銅山として君臨した

私は、日本の商人道の核となる精神は「共存共栄」にあるのではないかと思う。自分のところだけ儲かればいいとは考えない。

現・アサヒビールの初代社長の山本為三郎は生粋の大阪町人であった。大阪人を知りたければ山本の家にいけば一番正統な大阪が残っていると言われるぐらいであった

そんな山本は生前
「大阪の道修町の街は端から端まで薬屋が並んでいるが食うか食われるかの激しい競争ではなく共存共栄の精神で徹してきたのだと思う。これが本当の大阪商人である」と語っていたという

また大阪商人の商人訓で「近所に同業ができたら誼みを厚くして相励め」というのがある。同業は競争者ではないという精神である。

近江商人の三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」も共存共栄の精神から来ているのではなかろうか

商売を大きく繁盛させたいと思うならば、まずすることは「自分だけ儲かればいい」「自分だけ生き残ればいい」という考えを捨てることであろう


関連サイト
山本為三郎語録 http://bit.ly/zsrz80
人物別名言集 http://meigennooukoku.net/
テーマ別名言集 http://meigennokuni.blog.fc2.com/
2015-01-05 21:45:29

第245回_NHK大河ドラマ「花燃ゆ」

テーマ:ブログ
2015年度の大河ドラマ「花燃ゆ」が1月4日にスタートしました。そこで登場人物や、幕末の志士達の家系図や語録をまとめてみました。気になる人物を調べる時にご覧いただければと思います



■主人公:杉文(松陰の妹)http://goo.gl/4JC6cV 


■花燃ゆ(登場人物一覧)http://goo.gl/P9khjm


■幕末の志士(家系図一覧)http://goo.gl/obRRoF


■幕末の志士語録集http://bit.ly/zRORdP


■松下村塾の主な出身者http://goo.gl/m0BuVL


■明倫館の主な出身者http://goo.gl/pNYVlK


■作品内容
物語の主役は吉田松陰の末妹で、後に久坂玄瑞の妻となる杉文(後の楫取美和子)。主演を務めるのは、大河ドラマ初出演となる井上真央

兄である松陰と久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤俊輔、桂小五郎、品川弥二郎など松下村塾の弟子たちの人間模様を織り交ぜながら、幕末から明治維新へ向けた激動の時代を描いていく物語

後藤健二(ジャーナリスト)http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-1257.html
2014-09-04 21:43:46

第244回_飛鳥山の渋沢邸

テーマ:ブログ
本日、東京の王子の方面に用事があり、そのついでに飛鳥山の渋沢資料館に行ってきた。前々からどうしても見たかったものが二つあったからである。渋沢資料館は元々渋沢栄一(日本の資本主義の父と言われた実業家)の邸宅だったところで、30年以上ここに住み、国内外の要人の多くがここを訪れた


どうしても見たかったものの一つが庭園にある茶室「無心庵(むしんあん)」である。この茶室は今から100年程前に、渋沢が維新後まだ逆族扱いされていた旧主徳川慶喜公を大政奉還の名君として新政府に認めてもらうべく、伊藤博文公、大隈重信侯に慶喜公を引き合わせた場所である。


渋沢にとって旧主がいつまでも逆族扱いされるのが許せなかったのだろう。この茶席がきっかけとなり、明治35年(1902年)に慶喜公は公爵に叙せられた。渋沢の義理堅さが滲み出る話である。


ところが、資料館でもらった地図を頼りに無心庵(むしんあん)に行ったのだが、建物は焼失。戦争で焼かれて跡地があるだけであった。残念!

気を取り直して、もう一つ見たかった、晩香蘆(ばんこうろ)という西洋式木造茶席(重要文化財)を、庭園を歩き探した。この建物はあった。晩香蘆は清水建設の4代目当主の清水満之助が、渋沢の長年の清水建設への支援に対する お礼の気持ちから、渋沢喜寿の祝いを兼ねて寄贈したものである。


以前、清水建設の歴史を調べたことがあるのだが、清水は公共事業に頼らず、民間企業のビルを多く手掛けることで発展してきた。渋沢が「官庁工事をやるより、会社や、工場、一般家屋をやるのが良い」と忠告したことが、民間建築を柱とする方向性を決めたようだ。そして渋沢の支援があったからこそ、清水建設は信用を得ることができ、次々と受注することが出来た


それにしても渋沢資料館の受付でもらった案内書を良く見てみると、庭園には他に6、7ヶ所、建物がたっていたのだが、晩香蘆(ばんこうろ)以外は、東京大空襲で全て焼失となっていた。何故、晩香蘆だけは焼けずに残ったのだろう? 帰りに図書館で調べてみた。「祖父・渋沢栄一に学んだこと」という著書にその理由が書いてあった。


近所の人たちが「渋沢さんに日ごろからよくしていただいているから恩返しだ」とみんながバケツリレーをして水をかけて消したというのだ。


渋沢栄一は庶民にも好かれる、本当に立派な人物だったのだと改めて思った



関連サイト
渋沢栄一の家系図 http://bit.ly/1rhRo7h
渋沢栄一語録 http://bit.ly/xl7q0f
人物別名言集 http://bit.ly/1j4tg4M

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス