こんにちは!

脱勉強!

イギリス仕込みの遊ぶ英会話で

人の心を掴む「コミュニケーション」が身につく

Output English

アウトプット・イングリッシュマスターの中島陽香です。

 

 

私、実は学校で演劇も教えているのですが、

演劇講師同士のおしゃべりで、

 

「教育においては『階段』が非常に大事だよね」

 

ということが話題になりました!

 

ふむふむ。

 

これは、英語コンプレックスを解く非常にいいヒントかも♪

 

って階段ってなんやねん!

と思っているあなた!

 

わかります。その気持ち。笑

 

 

 

文法も知っている。

   ボキャブラリーもある。

        でもしゃべれない!

 

 

 

 

 

留学をして実際に英語を使うようになって感じたことは、

「中学・高校の英語は使える!」

ってことでした。

 

文法もイディオムもしっかりやるし、

ボキャブラリーも十分。

 

高校の頃、不真面目で、全然勉強していなかった私は、

「ああ、もっと真面目に勉強しておけばよかったー」

と思うくらいで・・・。

 

でも、実際には英語が「しゃべれない」と思う人が多い。

 

じゃあ、なぜしゃべれないのか!?

それは実際にしゃべる機会が少ないから!

 

ではなく、ボキャブラリーや文法といったものを、

「本番に近い形で練習する」機会が少ないから。

 

 

 

台本もらって、

即本番!ってありえなくない?

 

 

 

 

お芝居が作られる時って、まず、

 

役者さんやスタッフさんに台本が配られ、

役者さんがそれを覚えて、

稽古を重ね、

照明合わせなどのリハーサルを重ね、

ゲネプロと呼ばれる照明・音響・衣装つきの本番通りのリハーサルをやってから、

本番を迎えるわけです。

 

これでも、超ざっくり。

(ざっくり過ぎて演劇人からツッコミ入りそうでこわい!)

まあ、綿密に時間をかけて1つの作品が作られるわけです。

 

英語はどうだろうか・・・

 

文法やボキャブラリーを覚えて、(台本をもらって)

練習をして、(稽古を重ねて)

さあ、しゃべってみよう!!!

 

あれ、なんかすっとばしてる?

 

もっといろんな「階段」があってもいいのかもしれない。

もっと「実践に近い練習」があってもいいのかもしれない。

ゲネプロみたいな。

 

でも、それをすっとばして、しゃべってみて、

 

「できない!!!!

なんでだ!????」

 

と、悩む。

悩むとコンプレックスになる。

 

 

英語にとっての「リハーサル」や「ゲネプロ」ってなに?

 

 

 

与えられた文章を声に出して読む事なのか?

決められた会話をお互いしゃべってみることなのか?

 

でも、「本番」 いわゆる外国の方と英語で会話するときって、

 

距離感もさまざま。

英語のスピードもさまざま。

語句の強さもさまざま。

声の高低もさまざま。

 

 

気が付けば、

「おいおい、近いよ、近いよ~!」

なんて距離でしゃべりかけられて、

「あれ?今、なんて言ってたっけ?」

 

とか、

 

「ん?声、小さくない?」

「声が低くてくぐもりすぎててよくわからん!」

 

なんてもことも・・・・。

 

そんなときにただただ「読む」を繰り返していていいのだろうか。

 

英語にとっての「リハーサル」ってそういった

ありとあらゆる会話のシチュエーションを遊んでみるってことなのかもしれない。

それこそが英語にとっての忘れられた「階段」なのかも。

 

もししゃべれない!

と思ったら、あなたがどんな「階段」をふんできたか

立ち止まって考えてみると、

足りないものがみえてくるかもしれません。

 

 

 

「英語コンプレックスをもう捨てたい!!!(´Д⊂ヽ」

「楽しく英語を身につけたい!」

 

という方はぜひ遊びに来てくださいね!

 

ご興味ある方は、まずこちらの優先登録フォームにご登録ください。

↓↓

優先案内登録フォーム