きてくださってありがとうございます!

------------------------------------

【4月7日、新刊を発売しました】

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

syunkonカフェごはん めんどくさくない献立 (e-MOOK)
価格:734円(税込、送料無料) (2018/3/2時点)

 

------------------------------------

お菓子やパンのレシピと製菓材料の通販サイトcotta(コッタ)さんにて、ハロウィン特集が開催されています。(⇒2018ハロウィン特集

 

その中で、かぼちゃのバターサンドを紹介しています。

ほんのりかぼちゃが香る黄色いザクザククッキーに、とろっと溶けるチョコバターを挟み、上にハロウィンっぽいイラストや文字を書いてみました。

 

HALLOWEEN」とか。(めっちゃハロウィンっぽ!)

 

甘さ控えめで一口サイズなんでいくらでも食べられます。

 

色々入ってそうに見せかけて材料は5つ。

 

小麦粉、砂糖、バター、かぼちゃ、ホワイトチョコ 以上。あと好みでチョコペン。

 

一見絵心が必要そうですが、雰囲気でそう見えるだけやねんこれ。コウモリも近くでみたら全然コウモリっぽくなくて適当にビヨビヨって絞り出してるけど、クモの巣が一緒に描かれてると脳内で勝手にコウモリと判断してそれっぽく見える。

 

このクモの巣がめっちゃ簡単。

まずバッテンを書いて、間に2本またバッテンを描く。(突然お皿実家か)

 

端っこをつなぐ。(その際、ちょっとだけ中にたるんでる感じで書くとより雰囲気出ます)

 

あとは内側に1~2周同じように線を描くだけ。1個しかないと「なにこれ」って感じですが、ハロウィンっぽい物を周りに置くと「あーはいはいクモの巣ね!ハロウィンね!」ってなります。

 

クッキーは最初、普通のアイスボックスクッキーの手順にしたんですが(バターと砂糖をクリーム状になるまで泡だて器で混ぜてから粉をさっくり混ぜ、棒状にして冷凍庫にいれ、切って焼く)、うまく丸く切れず手で全部修正する羽目に。

 

さらにかぼちゃの水分が入ることでちょっとやわらかい部分ができてしまったんで

 

今度は薄めに伸ばして四角く切り、いつものオーブン温度より低めに設定して長めに焼いたらうまいことできました。

 

それでももうちょっとザクザクした感じが欲しいなと、最後にいつものサブレの手順で作ったら、やっぱりこっちのほうが美味しくできたんで、このやり方で書いてます。

3つとも材料まったく同じなのに、混ぜる手順と焼き方で食感や味が変わるから

 

お菓子ってほんと厄介ですよね。(いやそこ「面白いですよね」や)

 

時間はかかりますが、あれやったらクッキーだけでもいいですし、チョコペンで子どもと描くのが楽しいかもしれないんで、良かったら作ってみてください。

 

全行程写真付きの詳しいレシピはcottaさんのサイトに載ってます!

絶品!!かぼちゃのバターサンド

 

ガラケーだと観られないんで、こっちにもレシピ書いておきますね。

下準備:小麦粉はふるっておく。この時点で「えー」ってなる気持ちはおさえて。

 

材料(約18組分。クッキー36~40枚)※一気に焼けないんで、半量で作っても

<クッキー生地>

●無塩バターまたはマーガリン・・・・80gぐらい。冷やして1cm角ぐらいに適当に切る。

●砂糖・・・・50gぐらい

●かぼちゃ・・・・正味(皮と種をとって)70gぐらい。1/6個準備して、加熱後計量します。

●薄力粉・・・140gぐらい

<かぼちゃ風味のチョコバター>

●無塩バター・・・・80gぐらい。室温に戻してやわらかくしておく。

●ホワイトチョコ・・・60gぐらい

●かぼちゃ・・・・正味20gぐらい(上の残りを使用)

 

<作り方>

①かぼちゃは種とワタをとって3cm角に切り、耐熱容器にいれる。水をひたひたまで注ぎ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で4~5分加熱する。

 

②お湯をよーく切り(水分が多いと生地がサクサクにならないので)、皮をはずして計量し(ここで70gと中に挟む30gを計量。残りは口の中へ)フォークでなめらかになるまでつぶし、冷ます。

 

③ボウルにふるった小麦粉と砂糖を入れて混ぜ、バターを角切りにして散らし、②を加え、両手の指をこすりあわせてバターの塊をつぶしながら混ぜる。ひとまとめにしてラップに包み、冷凍庫で30分くらい冷やして扱いやすくする。

 

★ムラがあってもOKなのでバターが溶けないよう素早く。ムラがサクサクの秘訣です。(バターの冷えた塊が焼いて溶けて層になるため)

★手がめっちゃベチャベチャになってると思いますが、あってます。

 

④オーブンを160度に予熱しておく。③を2枚のラップで挟んで麺棒で4ミリ厚さに伸ばし、5×3cm(好きな大きさでいいです)の長方形に切り分ける。


★薄いほうがサクサクにしあがります。途中で生地がだれてきたら、冷凍庫で冷やしたほうがスパッと切れます。
★一度に焼けないんで、半量に分けて第一弾を伸ばして切り分け、また残りは冷凍庫にいれておいて、焼いてる間にまた伸ばして切り分ける、というのが楽です。

 

⑤オーブン用シートを敷いた天板に乗せ、160度のオーブンで13~16分くらい焼く。網などで冷ます。
★周囲が薄く色づいて、裏返して茶色くなっていたら焼き上がりです。(茶色の範囲広いわ)

 

⑥チョコバターを作る。ボウルにやわらかくしたバターを入れて練っておく。耐熱ボウルに刻んだホワイトチョコをいれ、ラップをかけずに電子レンジで約50秒加熱し、ゆっくり混ぜながら溶かす。
★混ぜると溶けていくので、加熱しすぎ注意!

 

⑦溶けたバターをチョコのボウルに少しずつ加え、その都度よく混ぜる。つぶしたかぼちゃも加えて混ぜ、冷蔵庫で5分ほど冷ます。
★とろとろだと挟みにくいので、少し固まりかけるぐらいまで冷ましてください。

 

⑧2枚のクッキーに⑦をはさむ。冷蔵庫で30分ほど冷やし、好みでチョコペンで模様を描き、完成!
★はさむというか、こんもり乗せて、その上にもう1枚をぽんっと置く感じです。

★チョコとバターなんで、温かいところに置いておくとドロドロになります。要冷蔵。

 

長くなりましたが、要は

 

①かぼちゃをチンしてつぶす。

②小麦粉と砂糖とバターとかぼちゃを混ぜる。

③伸ばして切って焼く。

④溶かしたチョコとバターとかぼちゃを混ぜる。

⑤挟む。

 

以上です。

 

 

最後に

 

 

実際の最近のおやつ

 

トミーズのあん入り食パン(まだあったんかい)。

 

冷凍してて、ちっさく切ったらその時点でボロボロなったわ。

 

 

他にもたくさんハロウィンのレシピがありますので、是非みてみてください。

-----------------------------

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。

 

増刷、入荷しました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

syunkonカフェごはんレンジで絶品レシピ (e-mook) [ 山本ゆり ]
価格:540円(税込、送料無料) (2018/10/1時点)

 

-----------------------------

お手数ですが、最後に下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです。

 

レシピブログのランキングに参加しています。

------------------------------------

いい加減なブログですが、気軽にコメントして頂けたら嬉しいです。

コメントは承認制ですが、無人の野菜売り場のような、個人個人の秩序で、ずっといい雰囲気を保って頂いてるので、読んで嫌な気持ちになるものじゃなければ完全公開です。

他の方のコメントに対する御返事など、自由にして頂ければ嬉しいです。

 

質問はコメント欄内でほとんど答えますので、気長にゆるりとお待ち頂けたらありがたいです。