きてくださってありがとうございます!

 

タイトルに「中学生か」と突っ込まれそうですが、今回の話はそれこそ他愛無いザ・ただの話で、料理もゼロなんで、完全にお暇な時に読んで頂けたらと思います。

 

(あ、何かあったとかでは全くもってないです。たまにコメントで友達について聞かれて、「また書きますー!」って言ってたもので、数年前から何回か書こうとしてたもんです)

------------------------------------

4月7日新刊を発売しました。

 

 

------------------------------------

 

本物の友達ってなんやろうと考えることがたまにあって。(三十路過ぎてからそんなこと考えてる人あんまり見たことない)

 

 

本物の友達は、うわべだけの、楽しいだけの関係ではなく

 

悪いことはちゃんと「悪いぞ」と教えてあげたり

 

駄目なところもきちんと言いあえる


時に厳しく、お互いを高めあえる関係

 

 

とよく言いますが

 

 

そういえば私の周りには、ほぼそんな友達がおらんと気づきました。


 

完全なぬるま湯。38度ぐらい。


 

たとえば会社の愚痴、上司の愚痴、家庭の愚痴、悩みなんかを誰かが話したら

 

みんな全面的にその友達の味方をするし、私もしてもらえるんです。

 

たとえその子に原因があっても、たぶんそれは本人が一番よくわかってるし

 

他で怒られたり理不尽な思いを散々してきた結果としてここで吐き出してるわけやから

 

自分だけは味方をしよう、って、みんなが思ってる気がする。

 

絶対的に認めてもらえる、受け入れてもらえる場所。グチグチ言える場所。

 

 

そこにいて人として成長するかと言われたら、たぶん、せーへんと思うけど

 

でも

 

それでええんじゃないかなと。(by駄目人間)

 

 

誰が正しいかなんてわからんし

 

そもそも勝手な己のものさしの正義感で、他人が他人を正す権利なんてない気がするんですよね。

 

ただそれが成り立つのは、そもそもその子が明らかに間違ってるわけではなかったり、ある程度秩序を保って愚痴ってたり、お互い様が成り立つからやとも思うけど。(ちょっと人殺してこようかな、とか、薬に手を出そうかな、とか言われたら、話聞いた上でおそらくはまず止めるやろし)

 

 

この件に関しては昔から思っていて。

 

中学時代、いじめられてる子に対して「こういうところが駄目なんだよ」ってちゃんと教えてあげるのが本当の優しさ

 

みたいなことを言う人がいたけど

 

いやいや

 

それはその人のものさしであって

 

いじめてる側が悪いのに、なぜそっちに合わせにゃいかんのかと。

 

場所を変えれば、世界を変えれば、年齢が変われば・・・正しい事なんてなんぼでも変わるし、そのまま生きていける場所だってなんぼでもある。

 


世の中の倫理的にとか、法律的に、正しいこと間違ってることは確かにあるけど(それですら、単純にそれだけで計られへんと思うし、他人を責めるほど自分はできた人間ではない)

 

仕事のやり方、子育ての仕方、結婚観、人生観、趣味嗜好・・・・・

 

赤の他人に「ちょっとひとことよろしいかしら」をする権利って、そう無い気がするんです。

 

私はそう思っただけ、とか、1つの意見として・・・とか前置きされたとしても、結果それで侵害されたり傷つけられてる限りは、何もプラスになってないし

 

「自分と違う意見を否定してる限りは成長しないよ」っていうのも、もちろん正しいけど、モヤッとする時がある。

 

わかるやん。本当に自分のことを思って言ってくれてる思いやりから来る発言か、そうでないか。受け入れられる状態か、そうでないか。

 

(ぬるま湯駄目人間としてさらに言うなれば、そもそも成長って何?と思ったりもする)


本当に言いたいことがあれば言うし、ぶつかって、それで関係が壊れるわけはないと思うけど、そこまで言いたくなることが別に無い。


 

あとこれはまた別の話やけど、人をいじって、いじられた側が怒ったら「いじってるだけやん(笑)そんな本気にならんでも~」「空気読めよ」とか言う上下関係のあるイジリ(ではなくもはやイジメ)も嫌やなあと思う。

 

この件に関して、いつものメンバーがLINEで

 

---------------

 

ちよ:いつも思うねんけど、毒舌と性格悪いは違うよな。「私、毒舌でごめんな」って言いながら人の悪いところの話しかせん人、ただただ性格悪いだけやから。だからなんか言われたら「いじりすぎちゃう?」じゃなくて「性格悪いんちゃう?」が正しいねんで。

 

さや:なんか前置きしたからって発言を許すか許さんかはこっちが決めること。

 

さや:毒舌と性格悪いのをはき違えてるのもしんどいし、サバサバと性格悪いのをはき違えてるのもしんどいわ。

 

さきちゃん:ほんまそれオブザイヤーやわ。

 

-------------

 

っていうやりとりが数か月前にあったけど、ほんまそれオブザイヤーやわ。

 

私が丸顔でガチャピン似っていうのとかは1ミリも嫌な気持ちせーへんから、そういうのはイジりやと思うねんけど。誰が歯ぁガタガタのデコっぱちや。(そこまで言うてない)

 

 

女バスにしろ、いつものメンバーにしろ、「太った?」とかさえも言わんし、親しき仲にも礼儀ありというか、どれだけ仲良くても相手がちょっとでも嫌な思いをするようなことは言わんし、もちろん影でも言わないそもそも会話の中で誰かの悪口をほぼ聞いたことがない

 

なんでも話せる人もいれば、そうでない人もいて、「あ、ここは聞いたらあかんかったかな」と思ったらそれ以上聞かない。「友達でしょ~」みたいな押し付けは絶対しない。(でも話してくれたら全力で受け止めたい)

 

その人の全部は別に知らないけど、心から対等の立場で、みんなそれぞれ相手の考えと生き方を尊重している、適当な関係。決して本音を話せないわけじゃないけど、言う必要ないことは言わない。なんなら私の場合は普通に嫌われたくないからっていうのもある。

 

人によっては「それは本物の友達ではない!」と言われるかもしれんけど

 

そう言われたら別にそれでもいいぐらいの。ただ好きで、楽で、信頼できる間柄の人間

 

ふと1人になりたければ何年でも離れられて、また戻ってきたら「久しぶりー」と言い合える

 

私の中での友達は、そのあたりにあるんでないかと、最近思います。

 

(それがネットの世界の人です、というならそれもほんまにそうなんやろうし、友達自体いなくても別にいいやろうし)



最後、そんないつものメンバーの、ぬるま湯LINEで終わってたんですけど

 

夜のテンションが去って読み返したらあまりに長かったので、会話集にして、また次の記事に書きます!

 

------------------------------------

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。

お手数ですが、最後に下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです。

 

レシピブログのランキングに参加しています。

------------------------------------

 

-------------------------------------------------------------

いい加減なブログですが、気軽にコメントして頂けたら嬉しいです。

コメントは承認制ですが、無人の野菜売り場のような、個人個人の秩序で、ずっといい雰囲気を保って頂いてるので、読んで嫌な気持ちになるものじゃなければ完全公開です。

他の方のコメントに対する御返事など、自由にして頂ければ嬉しいです。

 

質問はコメント欄内でほとんど答えますので、気長にゆるりとお待ち頂けたらありがたいです。

AD