【必勝法】ホームシックになりやすい?アラサー社会人の効果的な留学中のホームシック対策3選 | アラサー女一人、マレーシア留学

アラサー女一人、マレーシア留学

元英語嫌いでマレーシア留学することになったアラサー女子のお気楽なブログ。
2023年9月に渡航予定です。マレーシア留学の準備と院生旦那との結婚生活と観劇のことを綴ります。

仕事と電波の都合で休日を中心にいいねさせていただいてます。

ホームシックになりやすい?アラサー社会人の効果的な留学中のホームシック対策3選

こんにちは!
マレーシアに留学予定のゆうなです

今年(2023年)の9月からマレーシアに留学することになったアラサー女子です。大学院修士課程を卒業したため人より就職が遅く、社会人生活もうすぐ3年目の26歳です。元々英語が嫌いだったけど、学生時代の国際交流の経験から一念発起して社会人留学を決意しました!

 

準備とか現地の生活とかを記録して、将来同じように留学する同世代のアラサー女子の方の参考になったらいいなあという気持ちでブログを書いてます。

 

 

 

ホームシックになりやすい?

留学してからホームシックになることをちょっと心配している。ホームシックとはご存じのように、自分の家から離れて暮らすようになった時などに、故郷とか家とかを懐かしく思って寂しくなってしまったり、時には新天地での生活に支障をきたしてしまったりすることを言う。

 

少しくらい寂しくなることもあるだろうが、留学生活は一年と決まっているので、その間の時間を気持ちが悲しくなって仕方が無いという状況に使うのはもったいないと思う。

 

この心意気があれば大丈夫なようにも思われる。ただ、私は高校生でニュージーランドに行った時にたった二週間だったのに、ある日急に日本が恋しくなってしまって寂しい気持ちになってしまった経験がある。

 

結局そこまで重傷ではなく、翌日になったらケロッと忘れていたわけだけれど、ニュージーランドのホームステイも、友達との会話も楽しいのに、ホームシック的な感情の方が買ってしまって戸惑った。

 

 

語学学校がホームシックを心配している

また、先日語学学校のパンフレットを読み返していたら、ものすご~くホームシックを心配している様子がうかがえた。

マレーシア生活についてのページにも、マレーシアで提供できる住居の種類についてのページにも、「ホームシックになっても普通のことだから、ちゃんと相談してね」的な記載がある。

 

そこで、今のうちからマレーシア留学中にホームシックにならないように(なりすぎないように)行動規範を考えているところである。

 

 

1. 積極的に楽しい予定を入れる

日本にいる間でも土日に何も用事が無い日があると、「私は何もやっていない!」と言って、感情が不安定になることがある。普通の状態だったら気にしないが、PMSの症状が出るような時期は特にそうだ。

 

要は用事があれば、私は何もしていないとか、生活に無意味さとかを感じないだろう。

 

大金持ちでは無いにしろ、社会人留学でお金にはそこまで困らないようにしてから行く予定だから、手頃なアクティビティなどを利用して、家に閉じこもらないようにしたい。どんなものなのかわからないが、マレーシアの有料トイレに荷物を預かってくれるような超高級トイレがあるというのをブログ記事で読んだりしたので、トイレ巡りだって1つのアトラクションだ。

きっとその活動の中で学んだ語学も使うだろうから一石二鳥になるだろう。

 

 

2. ちゃんと寝る

そもそも院生時代からの乱暴な生活リズムを、社会人になってからも時々やってしまうせいで、謎の体調不良に襲われる程度の睡眠不足になってしまうような生活を送ってきた。なお、寝不足の日の感情のコンディションは良くない。

 

院生時代の生活も思い出しながら、勉強もしっかりしていきたいところだけれど、身体と精神面の健康のためにはちゃんと睡眠時間を確保して休むことも大事だと思う。

 

また、きちんと寝たい時間に眠れるように、日中は勉強で頭を使ったり、しっかり身体を動かしたりしておきたい。

 

3. 日本にいる人とのZoom回数を減らす

私がニュージーランドで経験したホームシックは、ちょうど同じ高校に個人の長期留学で来ていた人と、東京スカイツリーがオープンしているという話をしたのがきっかけだと思っている。

同じ東京から来ていた人で、その人が不在の間の東京の大ニュースと言えばそれだった。

 

たぶん、漠然と私は日本から来たという立場ではあったけれど、具体的な日本の出来事を思い出してしまったのが、よろしくなかったのだと思っている。

 

日本を思い出しすぎると良くないという点では、あんまり日本にいる人(特に旦那)と毎日のようにZoomするのは避けたいと思っている。便利な世の中なのはいいけれど、日本語で話せるという楽さがあってそちらに感情が逃げて行ってしまいそうだ。

 

1年は海外の環境に身を晒してくるつもりなので、旦那にもこの気持ちは伝えて、Zoomなどで話すとしても頻度は少なめでいく。

ただ、旦那に言ったら「院生にそんなに毎日話すような時間ないから大丈夫」とのこと。

 

 

ホームシックになったらなったでいい

語学学校のパンフレットにもあったように、別の環境に来てしかも家族と別々に暮らすわけだから、ホームシックになるのは普通のことで、なってしまったらそれから誰かに相談するっていうので良いと思っている。

 

ただ、今回書いたように、楽しい予定を入れて積極的に活動したり、よく寝て精神的な健康を手に入れたり、日本を思い出しすぎるような生活習慣を避けるなど、わざわざホームシックになりそうな生活リズムや生活習慣(旦那と毎日Zoomするとか)を作る必要も無い。

 

ホームシックとも上手く付き合いながら、楽しい留学生活となるようにしたい!

 

 

 

マレーシア留学ランキング
マレーシア留学ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村