サンドアート集団SILT船本恵太のアメブロ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

女装は楽しいなあ^^

ご依頼のサンドアートレクチャー動画の撮影と、

 

ここ数日取り掛かっていた絵コンテが完成♪   

 

今日はお布団でちゃんと寝れるぞ〜^ ^   

 

さっそく女装して楽しんでます♪

 

 

 

通販で購入した 靴下も 届いた〜(o^^o)

 

【曹洞宗と臨済宗】日本三大禅宗のうちの二つ宗派とのご縁について

日本三大禅宗の一つ

曹洞宗

その大本山である

永平寺

 

その永平寺も

私達SILTは

サンドアートで描かせていただきました。

 

 

永平寺のある町

永平寺町のPRのためのTVCMです。

 

第36回福井広告賞において、テレビ部門の最優秀賞を受賞いたしました。

 

自治体CMで、初の受賞という快挙だったそうです。

 

1年限りの放送の予定だったのが、ご好評をいただき、数年に渡って放送されたそうです。

 

 

メイキング映像も、ネットで配信されています。

 

ホームページでも詳しくメイキングが掲載されました。

https://www.town.eiheiji.lg.jp/900/903/p002762.html

 

 

 

 

 

1年に一度開催される、

 

永平寺町の文化祭

 

私達SILTのライブが開催され

 

町長さまがお気に召してくださり

 

CM制作のご縁へと繋がりました。

 

 

さらに、その数年後にも

 

文化祭でライブを行わせていただきました。

 

同じゲストがライブを行うのは初のことだそうです。

 

それほど気に入っていただけて

 

本当に嬉しかったです。

 

 

永平寺で、座禅体験もさせていただきました。

本当にとても貴重な体験で、

また座禅をしたいなとずっと思っています。

 

 

 

このように

私達SILTは、

 

曹洞宗と臨済宗

 

日本三大禅宗のうちの二つ宗派との

ご縁がございます。

 

どちらも大本山とあって、

本当に光栄で、

心より深く感謝しております。

 

 

 

そして、

私達SILTは、

これから先の未来に、

二つの有名な寺院での

ライブパフォーマンスが

決まっております。

 

この時代に必要とされることを

噛みしめ

心をこめて

サンドアートで癒しを。

臨済宗と妙心寺と退蔵院と観世音菩薩について

臨済宗は日本三大禅宗の一つです。

 

臨済宗には15の宗派があり、

 

妙心寺派は

 

日本にある臨済宗寺院約6,000か寺のうち

 

約3,500か寺を占める

 

最大宗派です。

 

 

 

 

 

臨済宗妙心寺派の大本山が

 

妙心寺です。

 

 

 

 

平安京範囲内で北西の12町を占め自然も多いため、

 

京都市民からは西の御所と呼ばれ親しまれています。

 

 

 

 

妙心寺の塔頭(たっちゅう)は40数箇院に及びます。

 

龍安寺も、敷地外にありながらも、妙心寺の塔頭で、「飛び塔頭」と呼ばれています。

 

今回、私達SILTがサンドアートのパフォーマンスをさせていただいたのは、

 

妙心寺の塔頭の一つである「退蔵院」です。

 

1404年創建。

 

応仁の乱で妙心寺とともに焼失。

 

1597年に中興。

 

方丈(本堂)は重要文化財であり、通常は非公開となっております。

 

そこに私達SILTは入らせていただきまして、

 

その約500年の歴史を持つ重要文化財の建築物の本堂内にて、

 

サンドアートのライブパフォーマンスをさせていただきました。

 

ご本尊は観世音菩薩様で、きちんとご参拝をさせていただきました。

 

観世音菩薩は、本来男性であったと考えられており、観音経では「婦女身得度者、即現婦女身而為説法」と、女性に対しては女性に変身して説法することもあるため、次第に性別は無いものとして捉えられるようになった。また後代に至ると観音を女性と見る傾向が多くなった。

 

なんとも、ご縁をますます感じてしまいます。

 

日本最大の禅寺でのサンドアートライブ映像配信開始!

オンライン開催となった

 

「第84回日本循環器学会学術集会オープニングセレモニー」に

 

サンドアート集団SILTが出演いたしました。

 

音楽は京都大学交響楽団です。

 

撮影場所は京都の妙心寺退蔵院です。

 

その映像がYouTubeで配信開始となりました。

ぜひご覧ください。

https://youtu.be/YAxzolsdm6E

 

 

 

妙心寺は、

 

日本最大の禅寺で、

 

臨済宗妙心寺派の大本山です。

 

その妙心寺で

 

サンドアートの

 

ライブパフォーマンスを

 

させていただけて、

 

本当に光栄でした。

 

このご縁に

 

深く感謝申し上げます。

 

 

撮影の日の

 

妙心寺退蔵院は

 

蓮の花が満開で

 

 

水連も満開で

 

まるで極楽浄土のようでした。

 

 

 

ノーベル賞受賞者のiPS細胞の山中伸弥氏と、

 

8割おじさんとして話題の西浦博氏の特別対談

 

「新型コロナウイルスの流行における意思決定 ~ 未曾有の状況下でどう考え、どう判断すべきか ~」

 

や、

 

妙心寺退蔵院の副住職である松山大耕氏による講話

 

「新型コロナ時代の心の健康」

 

などもございますので、ぜひご覧くださいませ。

 

 

 

 

そうそうたる方々と共に、

 

オープニングセレモニーを飾らせていただき

 

恐縮するばかりです。

 

関係者の皆様にも、心より深く感謝申し上げます。

 

 

 

 

SILTからの出演者は、

 

船本恵太とyukimiの二名です。

 

「LIFE」という作品をパフォーマンスし、

 

最後に今回の学会のロゴをサンドアートで描かせていただきました。

【女装】新しいお洋服♪

新しいお洋服が

届いたニャー(^ω^)


女装はヤッパリ
楽しー(^○^)


外出を出来るだけしてないので
良いストレス発散!


お家でカラオケも
良くやってます〜^ ^


仕事も増えてきていて
ありがたいですー^ ^

「アートにエールを! 」SILTと竜馬四重奏さんのコラボ作品が公開されました。

 

【お知らせ】 

 

東京都による、

芸術文化活動支援事業

「アートにエールを! 東京プロジェクト」

 

SILTと

竜馬四重奏さんの

コラボ作品が

公開されました。

 

手を繋いだり、

抱きあったり、

キスをしたり、

そんな当たり前のことが、

どれだけ尊いことか。。。   

 

今の時代をテーマに。 

 

↓こちらからご覧いただけます。

http://cheerforart.jp/detail/1973

 

 

 

サンドアートを描いたのは、あんじぃあんじゅです。  

 

絵コンテと編集は船本恵太です。   

 

竜馬四重奏さんは、

 

それぞれのご自宅で収録されました。   

 

完全リモートの映像作品です。

 

 

 

アーティストに

手厚い助成を行なってくださっている

東京都に、

心より深く感謝いたします。   

4000人定員のところ、

18000人もの応募が殺到し、

柔軟に対応しそれを全て受け入れてくださり、   

さらに再応募まで!   

お仕事が増えて大変だとお察しいたします。

ご苦労様です!

 

 

 

 

東山花灯路2016   

伊藤若冲生誕三百周年記念   

国宝知恩院三門前にて   

竜馬四重奏さんと生コラボでの   

ライブ記録映像です   

https://youtu.be/JfiJhfEGLVs

 

 

 

竜馬四重奏さんの

「YAMATO」のMVにも

参加させていただきました。   

https://youtu.be/IHPy2cyAij4

 

 

 

竜馬四重奏さんとは   


渋谷のマウントレーニアホールでの

ライブでのコラボ   


某大手企業様の100周年記念式典でのコラボ   


と大変お世話になっており   

ご縁が深く   

いつも感謝の限りです。

京都の とある寺院にて

京都の

とある寺院にて

 

会場下見と打合せで行った日は雨でしたが、

 

お庭に出たとたんに晴れまして、

 

今年初の蝉の鳴声を聞くことができました。

 

 

蓮の葉の上の   

 

「雫」   

 

生命の輝きを感じ   

 

心に染み入りました。

 

 

まるで   

 

世界が   

 

雫の中に  

 

 閉じ込められてしまったみたい   

 

一枚の   

 

蓮の葉の上で。

 

 

祇園祭りだというのに 

 

観光客は全然いないし   

 

新幹線もガラガラでした。

 

 

ちょうど蓮の花が満開の日に来れるとは   

 

なんという幸運。。。   

 

御本尊は   

 

観世音菩薩様。   

 

このご縁に深く感謝いたします。

 

 

 

世界はこんなにも   

 

色鮮やかで   

 

生命力に溢れている。

 

 

こんなに見事な日本庭園   

 

滅多に見れるものじゃない。。。   

 

本当に感動いたしました。   

 

この蓮の花  

 

 生涯忘れないでしょう。

 

 

そして翌日

 

本番

 

天候に恵まれました^^

 

感謝の限りです。

 

 

睡蓮の花が咲き   

 

 

蓮の花もいくつも咲いている   

 

青いトンボと   

 

赤いトンボが飛び   

 

蝉が鳴いている。  

 

 ここは   

 

極楽浄土か。。。   

 

観世音菩薩様が見守る   

 

六百年前に作れた御堂にて   

 

この由緒ある寺院で   

 

五ヶ月ぶりのライブパフォーマンス。 

 

 

お庭の木漏れ日が   

 

まるで   

 

星空のように   

 

綺麗だったんだ

 

 

なんで   

 

岩一つをとっても   

 

こんなに美しいの。。。

 

 

寺院に入ってすぐ   

 

白百合が飾られていたんだ

「TOKYO2022」近未来SF短編小説を作りました。

近未来SF短編小説を作りました。

 

 

 

2022年

2度目の東京アラート以降、
 
都庁は赤く染まり続け

恐怖の象徴となっていた。

 



「歌舞伎町にてオーバーシュート発生。スーパースプレッダーを発見。クラスターがこれ以上広がる前に、直ちに強襲し、これを排除せよ。」

「了解。」



もはや、治療などという感染リスクを追う余裕など、この国にはなかった。

とくに免疫のない無症状感染者がスプレッダーと化した場合、即座に社会から強制排除することが法律化されている。



エピセンター化した東京において、
 
その中心たる歌舞伎町はもはや
 
無政府状態の魔窟となり果てていた。


逃亡するスプレッダーを追い、排除することが、私の仕事だ。

国から独立した東京都の切り札、スプレッダー対策係。通称「トレーサー」。

元自衛官で、免疫を獲得していることが採用条件だった。



「スーパースプレッダーは、ホストクラブ武蔵に勤務するホスト、名前は甲斐一、22才。感染タイプは東京型。現在、新大久保方面に向けて逃走中。職員による抜き打ちPCR検査で陽性反応確認後、逃走。スマホの位置情報を掴んでいるので、そちらに送る。」

「了解。」



今ではPCR検査の技術発達により、その場ですぐに検査結果もわかるようになっている。
 
二度目の事実上のロックダウンと、三峡ダム決壊による世界恐慌によって、失業者は1000万人を超え、日本各地でスラム化が進んでいる。その最もたるのが歌舞伎町だ。国側の警官でさえ、手がつけられない状態だ。

抗体は短期間しかもたず、変異を繰り返し進化するこの厄介なウィルスSARS-CoV-2に、有効なワクチンは未だにできあがっていない。ADE(抗体依存性感染増強)の問題を克服することは困難な状況だ。

そうした中、私のような生まれつきの免疫獲得者が、優位な社会へと変容してしまった。

国は「埼玉型」を封じ込めるため、完全ロックダウンを試みようとしたが、埼玉は自治権を掲げ東京に続き独立。国は分断されつつある。

県外移動には身分証明書が必要な時代だ。


各国の航空会社は倒産し、海外への行き来は完全になくなってしまった。

 

国によって、物資の輸送だけが行われている。

この国の、年間の自殺者数は5万人を超えてしまったが、しかし、それでもまだ、ましなほうだろう。

米国、ブラジル、インド、イランはほとんど壊滅状態・・・

とはいえ、中国も三峡ダムの決壊による被害は甚大で、皮肉にも世界の均衡はまだ保たれていた・・・





バイクに設置したスマホに、スーパースプレッダーの位置情報が転送されてきているので、これを追いかける。写真も送られてきているので、まず見間違えることはないだろう。接敵したら、即座に射殺。

そこまでが私の仕事。事後処理は他部署がやってくれる。

免疫があるかないか、もはや生まれ持ったDNAで、人は選別される時代となってしまった。

今思えば、去年よく、東京オリンピックを成功させることができたものだ。



射殺といっても、通常の拳銃を所持しているわけではなく、サイトカインストーム(多臓器不全)を起こす薬物を注射する射出装置を使用する。薬物を注射された対象は、その場で即座にぶっ倒れて、あの世行きだ。

 

私は、サイトカインストームガンに、「東京型」用の薬物を装填した。

 




「対象を発見。これより排除する。」

パンッ!

「排除完了。事後処理を求む。」

「了解。都庁へ戻り報告を。」

「了解。」



私がやらなくとも、ニュースで手配されれば、自粛警察を名乗る一般市民ら自警団によって、始末されていただろうが・・・

人々は恐怖に支配され、お互いを不審に思い、憎み合っている。

このまま、世界は崩壊していくのだろうか・・・


もし、2019年の夏、第二波が発生し、専門家によって東京のエピセンター化が警告されたあの時に、国や都が、判断を誤っていなければ・・・


私はそんなことを考えながら、赤く染まる都庁へとバイクを走らせた。

ART歌舞伎 その2

ART歌舞伎   

 

麗しき典子さんの   

 

師匠がご出演され   

 

琵琶の演奏を!

 

 

 

 

でんでん太鼓のインサートカットで   

 

泣いちゃう。。。   

 

素晴らしい演出。

 

 

 

 

第一部「四神降臨」で   

 

青龍役のダンサーと琴の演奏   

 

朱雀役のダンサーと翠様の笛の演奏   

 

白虎役のダンサーと三味線の演奏   

 

玄武役のダンサーと太鼓の演奏   

 

というダンサーと一つの楽器演奏   

 

の構成が素敵!   

 

朱雀と笛のイメージがピッタリ!   

 

個人的には白虎が好き。

 

 

 

 

国宝級という演奏家の皆様の演奏が本当に素晴らしくて   

 

ずっと聴いていたい。。。  

 

 雨から始まり   

 

晴れ渡って月が出るという   

 

天候までが素晴らしい演出になっている。   

 

天候までも味方に。

 

 

 

 

ART歌舞伎が素晴らしすぎて何度も観ちゃう。   

 

会場は、靖国神社の能舞台なんだ。

 

 

 

 

公式サイト

https://artkabuki.com/

はじめての撮影方法

 

4Kビデオカメラはメイキングのタイムラプス映像用。  

 

 一眼レフデジタルカメラは、PCに接続して、ドラゴンフレームでのトレース用。

 

 

フルHDのビデオカメラもメイキング映像用で、こちらはサンドアーティストを映すためのもの。   

 

あとで編集してミックス。

 

 

トレースの場合、   

 

いつもはA3サイズのトレース台を使用していますが、   

 

今回はかなり大きいサイズのため、   

 

サブモニターを用意。  

 

 (内容は明かせないので、モニター内は、ぼかしてあります。)

 

 

 

 

 

1枚の砂絵を描くのに、   

 

8時間くらいかかるのではないかと   

 

想定しています。   

 

果たしてどうなるか。   

 

SILTの   

 

あんじぃあんじゅが描いています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>