九州のご夫婦から「今まで使っていた羽毛布団が重たくなったので」 | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』
新型コロナウイルスに関する情報について

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。

昨年末の話なのですが、縁あって九州のお客様から羽毛布団に関する相談を頂きました。


年配のご夫婦で、旦那さんが病気を患った関係から体重も体力も落ち、「今まで使っていた羽毛布団を重たく感じる様になってしまった」との事でした。


今使っている羽毛布団の品質表示を写真に撮って、メールで送ってもらって確認したところ、170×220cmという非常に特殊なサイズの羽毛布団でした。幅はセミダブル、丈も通常より10cm長い羽毛布団です。


ちなみにこのご夫婦はベッドをお使いでサイズはシングル(100cm幅)です。


通常シングルサイズのベッドなら掛布団のサイズもシングル(150cm幅)で十分です。ちなみに、相当のぽっちゃり体型ですと、セミダブルとかダブルの幅が必要かもしれませんよ。


痩せ型で、シングルサイズのベッドにセミダブル幅の掛布団を使っている…、重たく感じる原因の一つは「このサイズの違いにあるかもしれない」とお伝えしました。


掛布団の幅が必要以上に大きいと、ベッドの両サイドに垂れる部分が増えてしまって重たく感じます。

▼100cm幅のベッドに150cm幅の掛布団を使った時の垂れ具合(イメージ)


▼100cm幅のベッドに170cm幅の掛布団を使った時の垂れ具合(イメージ)



そこで軽くするために、まずはサイズを一人用の適正なシングルサイズに作り直す事にしました。

▼作り直した羽毛布団の品質表示です



余談ですが、「ベッドがセミダブルサイズの場合、掛布団のサイズはどうしたら良いか」という相談もよく頂きます。


この答えとしては「掛布団のサイズは使う人数で決める」です。セミダブルサイズのベッドはダブルという表記ですが、基本的に一人用です。よって一人用のシングルサイズが適当と考えています。ベッドのセミダブルサイズは120cm幅ですので、掛布団のシングルサイズ(150cm幅)を使っても、まぁ問題はありません。


ただし、先ほども書きましたが、相当なぽっちゃり体型の方の場合はセミダブルサイズ(170cm幅)やダブルサイズ(190cm幅)の掛布団を使った方が良いかもしれません。


◆参考までにこんな過去記事をご紹介しておきます
当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年12月28日)
『熟睡できる敷寝具のサイズ(幅)』


さて、話を元に戻します。


次に、軽くするためにご提案したのが「側生地の重さ」です。もちろん保温性を無視すれば、羽毛布団の中身の量を減らすことで軽く作り直す事は出来ますが、冬用で作り直したいとの事なので、それは出来ません。


それに実際に羽毛布団を掛けた時に感じる重さは、中身の量というより側生地の重さによるものですからね。


当店は羽毛布団の側生地の重さが分かる様に「重さ表記付き」で見本を展示してあります。実際に持ち比べてもらうとより分かりやすいですね。




今回はお預かりした羽毛布団が大きかった事が幸いして、作り直しの工程で減った羽毛を補充する必要が無く、その分の浮いたコストを側生地に回す事が出来て、側生地は作り直し用の柄ありの中で一番軽いものを選ぶ事になりました。




年末の作り直しは工場が空くので納期も一年で一番短く、昨年12月の初旬に送って頂いて、12月中旬にはお届け出来ました。年が明けてから「作り直した羽毛布団で快適に眠れている」とのご感想も頂きました。安心しました。

▼作り直した羽毛布団の現物です



尚、サイズが変わったので掛布団カバーも新しくして、当店で掛けてお送りしました。




ちなみに当店では掛布団カバーも重さを表記しております。当店で一番軽い掛布団カバーをご提案しましたが、無地になってしまって、柄が合った方が良いとのご希望から、柄のあるカバーから軽いタイプ、さらに動きやすいサテン生地のカバーをご提案しました。


皆さんは羽毛布団をお使いですか?


お使いの皆さん、羽毛布団は古くなっても捨てないでください。作り直せますのでね。


それから作り直しの際はサイズも変更できますし、量(保温力)も変更できます。使う人の体質、環境に合った羽毛布団に作り直せるのです。お子さん用や新築のお住まいの場合は昔の様な保温力のある羽毛布団は使い辛いかもしれませんよ。


羽毛布団の保温力は原則としてダウンの量で決まるので、今まで使っていた冬用の羽毛布団を春秋用や夏用にも作り直せます。なんだかんだ言っても四季がある日本では特に春秋用は便利です。


古くなって無い場合でも今のサイズや保温力、そして重さが使い辛いと感じたら、ぜひ『作り直し(リフォーム)』を検討してみて下さい。

■羽毛ふとんの作り直しに関して詳しくはこちら!
当店Webサイト(お手入れ)
『羽毛掛ふとんの作り直し(リフォーム)』




もし、作り直す必要もない場合でも無料で回収する運動「GreenDownProject」があります。この運動に協賛している会社や店舗では不要な羽毛製品を回収してます。当店もその一つです。2021年現在、羽毛布団を含む羽毛製品を廃棄処分する選択肢はありません

★使わない羽毛製品の無料回収を行っています!
【Green Down Project】


●詳しくはこちら
当Webサイト ⇒ お手入れ『不要な羽毛ふとん(羽毛製品)は無料回収します!』


羽毛布団に関する相談や睡眠や寝具に関する相談は電話やメールでも受け付けてます。お気軽にどうぞ。

【電話番号】055-977-2200(営業時間内にお願いします。)

【E-Mail】info@umena.biz(営業日48時間以内の返信を心掛けています。)

●その他の快眠アドバイス ⇒ 〔http://ameblo.jp/sleepdesigner/entry-11902557375.html

■当店Webサイト(私たちの想い)
『ウメナ寝具本店が届けたいのは寝具ではなく「良い眠り」』

■当店Webサイト(眠りにまつわるお悩み)
『あなたの眠りにまつわるお悩みはどれですか?』

■当店Webサイト(こだわり寝具)
『当店の寝具に対するこだわり』


当店のスマホアプリには『トーク』という機能があり、この機能を使うとチャット形式でコミュニケーションが取れます。是非、睡眠相談にご活用下さい。

★ウメナ寝具本店の『アプリ』がスタートしました!
【初回ダウンロード特典「500円クーポン」】


●アプリに関して詳しくはこちら
当BLOG ⇒ お知らせ(2019年9月22日)
『ウメナ寝具本店の『アプリ』がスタートしました!』


■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ お店の日常(2020年4月12日)
『寝具の適切な『お手入れ』は「新型コロナウィルス対策」の1つと言ってもイイ理由』

当BLOG ⇒ お店の日常(2020年9月05日)
羽毛ふとんのスカスカになってる襟元への部分補充「クイックリフォーム」の注意点

当BLOG ⇒ SDGs(2020年8月18日)
丸洗い?徹底乾燥?作り直し?羽毛布団のお手入れ相談はお気軽に!

当BLOG ⇒ 店内の様子(2020年7月14日)
羽毛布団の生地ってカバーするし何でも同じでしょ?ひとまず「見本を比べてみて下さい!」

当BLOG ⇒ お店の日常(2020年5月11日)
ここまで酷い羽毛布団の中身の偽装(当店は羽毛布団の作り直しを行っています)

当BLOG ⇒ 寝具のなるほど活用術(2016年5月14日)
『羽毛ふとんは仕立て直せる!』(羽毛ふとんのリフォーム)

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年6月18日)
『羽毛ふとんのリフォーム(仕立て直し)の価格差について』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年1月24日)
『安すぎる羽毛ふとんには必ず意味がある!』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年1月12日)
『羽毛ふとんをラベルだけで判断してはいけない』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2020年12月31日)
『免疫力維持と快眠のために体内時計を上手に動かそう』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2020年4月30日)
『今こそ快眠(十分な睡眠)が必要な理由』

当BLOG ⇒ お店の日常(2020年4月12日)
『コロナ疲れは「眠り」で癒しませんか?』


@sleepdesigner 杉本圭(ウメナ寝具本店店長・ふとん屋の眠りオタク・睡眠健康指導士)


★当店では下記の様な「新型コロナウィルス対策」を行っています




★店内が広い事と大型商業施設の様な来客数は無いので、ソーシャルディスタンスを取りやすいです




★出入口の手すり、お客様が試し寝をされたベッドや枕等については随時、アルコール除菌を行っています




★マニフレックスからこんな面白い商品も発売されました。感染症対策として出来る限りの事はしたいなら是非!私もBOXシーツを使っています。



◆当BLOG ⇒ お店の日常(2020年11月9日)
抗ウィルス寝具『マニフレックス「ハイキュ ヴィロブロック」シリーズ』の取り扱いスタート!

◆当BLOG ⇒ ピックアップ商品(2020年12月17日)
私が愛用している「寝具の新型コロナ対策(感染症対策)アイテム」


★静岡県東部伊豆地域にお住いのお客様には
ご自宅まで伺う「宅配&出張サービス」もあります



●当BLOG ⇒ 新型コロナウイルスへの感染リスクを減らしたい方へ(2020年3月2日)
「宅配&出張サービス」の活用を!


いつも通りの日常が一日でも早く取り戻せる様に
当店も皆さんと一緒に頑張っていきます



◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設

◆当店Instagram ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)


■ウメナ寝具本店のもう一つの顔『三島のタオル屋さん』
タオルがいっぱいコレクション


◆三島のタオル屋さんInstagram ⇒ mishima.towelshop



≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。


■ウメナ寝具本店に寄せられた『お客様の声』
お客様から頂いたお便りやアンケートを掲載してあります


★ウメナ寝具通信~2020冬号~発行しました。
メインテーマ【ふとん屋の眠りオタクは「冬、こう眠る!」】


●ウメナ寝具通信~2020冬号~を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2020年12月7日)
『「ウメナ寝具通信~2020冬号~」発行しました』

コロナ禍で増えるおうち時間を快適に過ごそう!
不要な綿ふとんを打ち直して作る事も出来る!
★当店オリジナル新商品
ふんわりコットンラグ「わたわた」


●ふんわりコットンラグ「わたわた」を詳しく知りたい方はこちら
当BLOG ⇒ 新商品(2020年7月3日)
『オールシーズン快適「ふんわりコットンラグ ~わたわた~」』