綿ふとんの「中わた」にも色々な状態があります | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。


テーマ:
綿ふとんの打ち直しですが、ふとんの中わたにも色々な状態があります。


当然ですが、お持ち込み頂いたその場、もしくは出張で伺ったその場で綴じている部分をほどいて状態を確認します。




例えば上のこちらの写真。左側の赤い生地のふとんは表面にボツボツと毛玉の様なモノが発生しています。これは綿わたに化繊わたが混じっているからです。ただ、これぐらいの混率でしたら打ち直しは充分に可能です。化繊わたの混率が高い、もしくは化繊わた100%だと打ち直しは出来ません。


手づくりの場合でも掛ふとんで時々化繊わたを多く使用したふとんがあります。掛ふとんの打ち直しの際は注意しましょう。


右側の青い生地のふとんは非常に綺麗で良い状態のわたです。恐らく綿100%です。当然ですが打ち直しは可能です。




それから上の写真のこちら。右側の様に変色している状態もあり、打ち直しは出来ますがスグにヘタってしまうので、当店では基本的に買い替えを勧めています。


もっともここまで変色している綿ふとんは珍しいですけどね。


綿ふとんは汗吸いの非常に良いふとんです。熱帯夜に快適に眠りたいなら、まず第一に汗を気持ち良くかける事が大切です。接触冷感寝具で体の表面を冷やすのではなく、吸湿性の良い寝具で汗を吸わせる事が優先です。


今なら綿ふとんの打ち直しに使える「ハッピークーポン」を店頭でもらえますよ。






この機会に是非!

●綿ふとんの打ち直しについてはこちら
当店Webサイト ⇒ お手入れページ
『敷ふとんは3年に一度、掛ふとんは5年に一度、打ち直し』

■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ お店の日常(2018年6月16日)
『綿わた敷ふとんは打ち直すとこんなフワッフワッに!』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2014年11月25日)
『高反発素材が合わない人たち』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2014年10月28日)
『敷ふとんは硬い方がイイという誤解』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2018年5月21日)
『夏の寝具は触ってヒンヤリではなく“使ってサラサラ”』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年7月5日)
『熱帯夜は電気の力で寝室の温度と湿度も整えましょう』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年4月25日)
『寝相の悪さはふとんの中のムレが原因かも…』


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』
ホームページ画像

◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

★ウメナ寝具通信~2018年夏号~発行★








●ウメナ寝具通信を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2018年6月7日)
『「ウメナ寝具通信~2018夏号~」発行しました』

sleepdesigner(ウメナ寝具店長)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス