美しさと真心が字からにじみ出る様になる成城書道教室

世田谷区成城にて書道教室を主宰しています。
自分のペースで、真心のこもった美しい文字を引き出すお手伝いをしています。


テーマ:
こんばんは!

美しさと真心が字からにじみ出る様になる成城書道教室の徳田です。


♦初!沖縄旅行備忘録

初の沖縄・・・

は私だけで、主人はなんと4回目。

ゴールデンウィークにエメラルドグリーンの海と、マンゴーフルーツを思い浮かべながら辿り着いた沖縄です!


初日は首里城周辺を散策。

散策の前に腹ごしらえとして「るるぶ」に載っていた

首里そばへ。


行ったら並んでる・・・

沖縄でも行列ってあるのねと思いつつ、せいぜい20分でしょうとならぶ事ホントに20分・・・

首里そばきたーー!



んー!

うまい!

てか思ってたのと全然違う!

麺類と言えば、すするとズルズル喉ごし爽やかなのを想像してたのですが、

沖縄そばは喉ごしなし!すするのも一苦労です!(私だけでしょうか?)

伝統的な沖縄そばを堪能して、早速首里城内へ。




と、ここまでたどり着く前に、とあるご老人と出会いました。

「首里城こっちだよ。案内してやるよ~」

と、70代かと思われるおじいさまに先導され首里城内へ。

ただ、このおじいさまが見せてくれたのは首里城の観光地ではなく・・・

戦時中の防空壕

なんと首里城の地下は防空壕になっていたんですね~

入り口は三カ所あり、特に案内などないので分からなければ素通りしてしまいます。

この弁財天堂の池の色は、当時真っ赤に染まっていたそうです。

この他、現在の普天間基地の問題などについても持論を展開してくれ、また戦時中の体験を聞かせてくれたおじいさま。

なんと御年81歳でした!!

元気に私達と歩幅も同じくスタスタ歩く姿になにか後光のようなものを感じながら、おじいさまとはお別れしました。


実は最初、ひめゆりの塔や平和記念公園へ行く予定だったのですが、あまりにも日程がキツキツになるので断念したんですね。

それからのおじいさまとの出会いだったので、なんだか不思議なものを感じてしまいました。



そして一旦は那覇市内のホテルへ戻り休憩してから、夜は

国際通り

を闊歩します!



本日もお読み頂き、ありがとうございました。
美しさと真心が字からにじみ出る様になる成城書道教室の徳田春苑でした。


2015年5月・6月限定です!無料体験レッスンキャンペーン

5・6月限定!体験レッスン無料キャンペーン

♦5月・6月中に、当教室をご覧頂き体験レッスンのご連絡を頂いた方

体験レッスン料:2,000円を無料とさせて頂きます。


成城書道教室または狛江書道教室にて行います。
◎無料体験レッスンは45分となっております。
◎道具一式こちらで準備しておりますので、手ぶらでお越し下さい。
◎墨汚れが心配な方へは、エプロンをご用意しております。

体験お申込はコチラ


お一人お一人の時間を大切に、じっくりできるよう少人数制の書道教室となっております。お気軽にご相談ください。

【毎月第1・3土曜日レッスン】
成城徳田春苑書道教室
♢レッスン時間10:00~13:00
アクセス(成城学園前駅徒歩2分)
お問合せはこちら


【毎月第1・3火曜日と第2・4水曜日夜間レッスン】
狛江徳田春苑書道教室
♢レッスン時間18:00~21:30
アクセス(狛江駅徒歩1分)
お問合せはこちら


【毎月第1~4木曜日レッスン】
♢野沢龍雲寺春苑こども書道教室
♢レッスン時間15:00~18:00
♢アクセス
(野沢龍雲寺バス停より徒歩1分)
お問合せはこちら<mothers bridge club主宰>


【その他コースご案内】
作品制作コース
プライベートレッスン(自宅)コース

 

成城、砧、狛江、仙川、新百合ケ丘、八幡山、野沢、上馬、下馬、駒沢大学、横浜などからお越しいただいています。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは


錦織選手、アギーレジャパン・・・残念です


成城徳田春苑書道教室の徳田です


いいかげん、パリ個展滞在記も最終話にしなければいけません


最終日、17時のホテルロビー集合までまたもや自由時間です。

この日は、前半モナリザしか見れなかったルーブルへリベンジです
みなから「とにかく朝早く行かないと、すんごく並ぶ事になるよ」と言われながらも・・・
結局ルーブルへ向かったのは10時。




そういえば今日は平日なんだよな~と思いつつ、とっても良い気分で橋を渡りルーブルへ。

するともはや・・・



ものすごい人・・・・

一番混む時間帯に来てしまったようです

ですが、何はともあれ入場し、1人見学なのでガイドが必要です。
今はこんな便利なものが出てきてるんですねーーー




ニンテンドー3DSが案内してくれるーーー

これがもう便利便利

膨大なコレクションの中から、自分の見たい作品を探すとそこまで案内してくれます。そんでもって自分が今どの位置に居るのかもわかります。


でも・・・

これを使っても、迷っちゃうんですよね。たどり着けないんですよね


そんなこんなで見て回った私のコレクションです。



なんでしたっけーーー??
なんとかするプシュケだったような・・・



とにかくこういった彫像が非常に多かった。
(というかそういうブースにいました)




有名どころ、ミロのヴィーナスです。
ここになかなかたどり着けずで、諦めるところをしました。



そしてこちらがマグダラのマリア。
イエスキリストの奥様とされている人です。
ことの詳細はコチラをご覧下さい。

写真は彫像ブースのみですが、宗教画ブースがとにかく多くて・・・
嫌いではありませんが、背景の知識がないもんですからね・・・
オルセー美術館の方が好きかな~と思ったりもしたり・・・
そしてエジプト関係もあったんですよね~それは意外というか、あるなんて知りませんでした。

フランス語のルーブル本もゲットし、2時間たっぷり堪能できたので美術館をあとに。



それにしても・・・・
本当にすごい観光地です。世界中の観光客がいるんだもの。すごいですよねそりゃ。もう規模が違いすぎて圧倒されっぱなしでした。

小腹がすいたので、チュイルリー公園へ向かう途中に有名パン屋「PAUL」の売店があったので寄りました。

そーいえば本場のクロワッサンを食べてないとゆー事に気付き、ここで初のパリ・クロワッサンを。

お店がチェーン店だからでしょうか。。。
さほど感動する程の味ではなかったかもでもでも、美味しかったです

そして、チュイルリー公園を突っ切ってグラン・パレとプチ・パレ、オランジュリー美術館へ行きます。


とっても平和なチュイルリー公園

ここで日光浴しながら過ごすのがパリジェンヌのたしなみなようで。

ずんずん歩いて行き、コンコルド広場もさっと突き抜けたどり着いた場所はグラン・パレ。



パリコレの会場となったりする場所です
何かしらやってないかなーと思ったんですけど、近づく勇気がなかったので写真で終わりです



そしてこちらがプチ・パレ。
中には喫茶店とか入ってるらしいです。
こちらは比較的入りやすそうだったのに・・・
入りませんでした・・・

この日パリはド快晴。あちぃのなんのって

ここからセーヌ川沿いをまたルーブル方面へ向かっていく途中にあるオランジュリー美術館へ。

あれ、写真が無い・・・にしても、オランジュリーで有名なのはモネの「睡蓮」ですね
この睡蓮のおもしろい見方を義理姉から帰国後に教わりまして
モネは晩年白内障による手術のせいで色覚障害になり、実際私達が見ている色とは違う感覚で色を見ていたそうです。
いやー、素晴らしかったです



滞在中、4つの美術館を見て回り、お土産に四苦八苦しながらパリジェンヌになりきってディナーと散歩を楽しみました。

美術館、本当に素晴らしかったです。本物はじかに見るべきだなーとつくづく感じました。たしかに写真と比べたら同じなんですけど、じかに伝わってくる、身体で感じる事がいかに大事かを気付かせてもらいました。

こういう芸術を目の当たりにして暮らしているわけですから、パリは世界一オシャレな街として君臨し続けているんですよね~


しかし滞在中、地元人による不快な目には一切会いませんでした。日本人なので甘く見られて何かしらトラベルがあるらしいとは聞いていたのですが、何もなくてホント良かった
観光都市ですから、観光客慣れしてるな~と感じる部分はありましたが。

あと、1人で歩いていたらフランス語で道はどっち?的な感じの事を聞かれたので、わかりませーんと返したのですが・・・

私はてっきり「パリジェンヌに見られた」と内心喜んでいたのですが、どうやらパリ人は同じパリ人に道を聞かないそうで。
「パリに住んでるくせに道も知らないの?」ってな具合に思われるのが嫌なので、完全アウェーだと丸わかりなアジア人に聞くそう。

なんだよ・・・どうりで変だと思っ

ちなみにパリ市内は山手線の内側程の面積だそう。住んでたら覚えられそうだ



とにもかくにも長いようで短かったパリ8日間滞在は幕を閉じました

次でパリ旅の総括をしたいと思いますっ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは

成城徳田春苑書道教室の徳田です


とうとう9月に入ってしまいました・・・

まだ7月の旅行記の備忘録は終わりっておりません


ということで、やっと最終章です


最終二日はオプショナルツアーへは申し込まなかったので、まったくのフリーです。
この二日はお土産探しに奔走しようと心に決めておりました。
あと、初日に30分だけしか入場できなかったルーブルへももう一度行きたい行く
と心に決めておりました


10時頃にはホテルを出て、周辺のサンジェルマン・デプレ界隈をてくてく。

みなさんも良くご存知の「まっぷる」という旅本ありますよね。そこに便利な「マップルリンク」というアプリがありまして。

知り合いに教えて頂いてこのアプリのパリ版をダウンロードしたのですが・・・


これが非常に便利ですっっっっ

自分の現在地が分かるのですが、どこを向いているのか分かりますし、周辺にまっぷるに載っているお店が表示され、そこへ行きたいと登録するとそこまで案内してくれるなんともありがたいアプリなんです

ホテルから個展会場まで、一度行ったのに再度行こうとしたら道に迷ってしまいました。
(通り名「~ストリート」や「~アベニュー」など、細かく表示していない地図だったので)
記憶力は悪い方ではありませんが、やはり慣れない土地だと、一度通ったところでも、「・・・はて・・・??」と思う状態が発生してしまうのは私だけでしょうか・・・


書店にもずんずん入り、薬局にも値段とにらめっこしながら購入したお土産達。


この他に絵本、雑誌などまだあります

道すがら、美味しそうなパン屋さんへ立寄り、ランチを購入。


フランスパンに生ハム&チーズ
そしてカールスバーグです


一休みしてから、次の目的地へ


パリと言えば、というかヨーロッパと言えばサッカーです。
ちょうどこの時期はサッカーワールドカップの会期まっただ中。
残念ながらフランス代表はこの日まで勝ち残る事が出来なかったので、パリ市内はさほどサッカー色が強くなかったわけですが


事前に調べたところへ。
こちらは日本人のご夫婦が経営している、サンジェルマン界隈にあるお店。



日本語表記です!一発でわかります。

ところが、私のサッカー知識はとっても浅いので・・・
中に入ったところで何がなにやら
関西なまりのマダムが色々聞いてくれましたが、予算よりだいぶお高い金額っっ
「本物のサッカーグッズの値段はこんなものよ」
と言ったぐあいで対応され、もう少し安価なものを求めて別のお店へ行く事に。


別のお店がコチラ、シャンゼリゼ大通り沿いにどーんと



欧州で有名なクラブチーム「パリ・サンジェルマン」です。

ワールドカップに出場している選手も多く在籍しているクラブチーム・・・とだけしか分からない程度で中へ。

日本のサッカーグッズよりも品数が少ないな~~という印象。(かといって日本でサッカーグッズを買った事はないのですが)
数より質という感じです。中はお客さんでいっぱい

選手の小さな人形もあったけど・・・
誰が誰だかわからない・・・

クラブチームマークの品物を数点購入しました



サンジェルマンからシャンゼリゼ大通りまで歩いたためか、少しのどが乾いたので売店でコーラを買って休憩を。

こちらはシャンゼリゼ大通りの動画です。
スマホからの動画アップロード・・・幅がせまくて見にくいです

そこから地下鉄へのって「マレ地区」へ。



初地下鉄です
切符の買い方はNHKの「テレビでフランス語」で予習済みです!
問題なく買い、方向も間違えずのれました

マレ地区のヴォージュ広場へ向かいます


カルチャー度が高い、という事でやってきたマレ地区。
パリ革命前の建物が残る歴史保存地区だそうで、アートな人々が好んで住む地区だそう。治安も良いそうです。


ここが市民の憩いの広場「ヴォージュ広場」です。

小腹がすいたので、買っていたスナックをほおばりながら一休み。
すると広場の外の通りから歌声が・・・


学生さんでしょうか?
素敵な歌声ですね
私もちゃんと、ユーロをハットの中に放り投げてきました

もっともっと歩いてみたかったマレ地区。
日本でいったら下北沢みたいな感じでしょうか?いや吉祥寺かな・・・?
どことなく街の雰囲気がサンジェルマンとは違うような気がしました


この後はホテルで戻り、先生のご友人がいらっしゃるという事でディナーをご一緒させて頂きました。

人生初生ガキです



うん、美味しかった

この日はこれでおしまいです。
外は明るいのですが・・・夜の9時か10時頃だったと思います。


この日、お土産を買ってみて改めて痛感したのですが、高い・・・
ユーロ高いよ~~と嘆きながら値段とにらめっこしながら品定めをしてました。
でも1人で好きなところにふらっと立ち寄ったりと、またまたパリ散歩を満喫できた一日でした


で・・・

結局最終章はその2に続きます


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは

成城徳田春苑書道教室の徳田です。

パリ個展滞在記も残りわずかとなりました。


7月14日は「キャトルズ・ジュリエ」といって、パリの革命記念日です。
日本名では「パリ祭」だそうで、この日は祝日。お祭りが開かれます。


この祝日はパリ市内ではどこのお店もお休みですよ~と聞いていたので、前日にモノプリ(パリ市内のスーパーマーケット)でワイン・チーズ・生ハム・パン・フルーツを仕入れていました。

ですが当日・・・


見てみればお店は普通に開いているではありませんか


ショッピングはたいしてできませんが、カフェやレストランは開いておりました


そんな祝日。
私達はホテルのロビーにあるテレビでパリ祭の中継を見て参加することにしました。



ヨーロッパの首相達が勢ぞろい(だったはず)
オプショナルツアーへ参加した時にガイドの方がキャトルズ・ジュリエの詳細を話してくれました。
が・・・もはや記憶の彼方・・・

ですが大変有名なお話なので、マリー・アントワネットなんかを見てればお分かりになる方もいらっしゃると思います。

間違いがあるといけないので、キャトルズ・ジュリエの詳細はコチラをご覧下さい


軍隊の行進なんかもあり、わやわやとみなで話をしながら見てるとちょうどお昼に。

前日仕入れた食材を持って、天気も良いので近くの公園でピクニックをする事になりました




ホテルから歩いて数分のところにある・・・名前を忘れてしましまたが公園に着きました。雲がかっていましたが、この後晴れます




公園にはのんびりする人達でにぎわっていました。
このテーブル、チェス盤なんですよ~

隣で友人同士?であろう紳士2人がチェスをしていました。コマは持参のようです

青空のもと、ビールにワイン、チーズ、そして生ハムと

同行者の方達と、とっても楽しいランチを頂く事ができました



まったりランチ後は、モンパルナス地区へ向かう事に。

歩いて20~30分だったでしょうか。
てくてく歩いて見えてきたのが・・・


こちら、画像は拝借しました。

パリに似つかわしくない近代的なビルが登場
日本で言う丸ビルみたいなところですかね。モンパルナスは新幹線の発着地でもあります。
せっかくなので、モンパルナスタワーへ上る事に。



頂上からパリ市内を見渡せます。
エッフェル塔です。

観光中、結局行けなかった・・・


東京タワーやスカイツリーなんかの話もあり、どこの国でもやっぱり大きい電波塔やビルは必須なんですね~


そして、ホテルへ帰った後は各々ディナーへお呼ばれだったり、
慣れない外国の食事に胃を休める方もいたりで好きな様に過ごすことに

ホテルのロビーでしかWi-Fiが通じないので、私はロビーでメールしたりFacebook見たりのんびりしていましたら、
同行の方からちょっとソルボンヌ大学あたりまで散歩に行かないかとお誘いを受けましたので、喜んで同行する事に






夕焼けに映えるソルボンヌ大学。
超超頭の良い学校だそうで。

それにしても、こんな歴史を感じさせる建物で勉強するなんて・・・
私は大学生活を体験しておりませんので、こういう学校に毎日通うのか~いいな~と羨望のまなざしで眺めておりました


パリ市内をブラブラ散歩


前半はツアーが主でしたので、こうしてパリッ子に混ざって散歩すると、その国の空気が直に感じ取れますよね。
カフェがとにかく多くて、テラスが道路沿いに面していて排気ガスがかかってこようがお構いなし。
隣の人と肩が触れ合いそうな程近いテラス席ですが、なんたってテラスでカフェするのがオシャレなんですから。パリッ子は気にしませんそんなの


道路も狭いので、歩道の信号機はほぼ無視。車が来なかったらさっさと渡っちゃいます。
あと歩きタバコ・ポイ捨ては許容範囲なようです。
道にはタバコの吸い殻が散乱・・・してはいますが、街自体が古く、石畳という事もあり、さほど気になりませんでした。やっぱり雰囲気ですかねー。


ゆっくりとパリの空気を堪能できたパリ散歩でした



明日からはお土産をめぐってパリを歩き回りますー




ホテルのすぐそばにある人気のレストランです
とにかくテラス席。テラス席で食事してなんぼです!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは!

もうお盆ですね~

成城徳田春苑書道教室の徳田です

忘れないうちにパリ滞在記の続きなぞ。。。



4日目はオプショナルツアーが満載です。

午前中はヴェルサイユ宮殿へ

ところが、あいにくの雨、雨、雨・・・・
雨をしのぐ場所なんてありません。
中に入るまで、みなでずぶ濡れになりながら待つ事に。




待つ事30~40分位でしょうか?
やっとの事で中に入りました。



中は大混雑

世界中の観光客でごった返してました。




もう超超超有名な観光地ですからね。
みな必死でアテンダントさんへ着いて行き、解説を聞いて廻ります。




最後にぱちり。
ちょっと寂しいですね。。。


とにかくここは、パリに行ったら必ず行きましょう。
マストですマスト




そして夜はディナーショー。
フレンチカンカンが見れるという「リド」へ

フレンチカンカンとは、「ムーランルージュ」が超有名ですね。
映画にもなりました。とっても素敵な映画です。
私達はそのフレンチカンカンをイメージしていたのですが、この「リド」はもっとミュージカルチックでした。
ですが日本人には馴染みの無いショーなので
、楽しめると思います
踊り子さんたちは豪華な衣装を身に着けてトップレスですからね。
みなの感想もやはりトップレスが主でしたが(笑)



ミュージカルショーの前のシャンソンタイム。
これぞ、外国のディナーショーって感じです

シャンソンを聴きながら・・・



まずは前菜。えーっと・・・名前なんだっけ・・・?



こちらはメインの鯛
ソースはやっっぱり甘いDEATH


デザートを撮り忘れたので、こちらを。
リドシャンパン



ショーを見終わったあとは、翌日の「パリ祭」仕様になっている凱旋門の前をバスで通りました。


パリの観光名所はまだまだあります。
ここで旅は折り返し地点を迎えます。
翌日からまた
本格的な観光の始まりです~


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。