二子玉川書道教室

二子玉川書道教室

世田谷区成城と二子玉川にて書道教室を主宰しています。
自分のペースで、真心のこもった美しい文字を引き出すお手伝いをしています。

ご訪問頂き、ありがとうございます。

お問合せは info@seijo-shodo.com まで

お気軽にご相談ください

こんにちは✨

二子玉川書道教室の徳多です。

 

 

書道用具って、知ってるようで知らないものが多いのも特徴かと思います。

その中でも謎の多い(!?)墨を取り上げて、詳しく見ていきたいと思いますー♪

 

 

今回はまず、「墨」です。

 

 

墨には現在2種類あり、

 

・固形墨

・液体墨

 

になります。

 

大きな違いは「硯で磨る」かどうかですが、その他にも重要な違いがあります。

 

 

 

<固形墨>

煤(すす)と膠(にかわ)で作られます。

硯の鋒鋩(ほうぼう)・・・硯の表面にある目に見えない大きさの凸凹のこと。

この鋒鋩の粗密により作り出される墨の粒子が、細かいものから粗いものまで様々できます。

 

 

濃く磨る・・・重厚感が出ます

 

淡く磨る・・・立体感が出ます

 

 

持っている硯が、どの程度まで細かく磨れるかによって、出来る墨の塩梅も違ってくるという事です。

 

墨の「重厚感」や「立体感」ですが、墨でそんなもの分かるの?と思うかもしれませんね。かくいう私もそうでした^^;

 

 

墨の粒子が細かいものと大きいもの(粗いもの)が一緒になると、複雑さが出て、濃さにより見え方が変わってくるという事ですね。

見え方が変わる、ということは表現の仕方が変わる、という事なので、プロの方は好んで固形墨を使われます。

 

 

 

 

<液体墨>

煤と、膠の代わりに合成糊で作られます。

硯で磨る必要がありません。

工場製造時に、墨の粒子を均一にしているので、固形墨の時の重厚感や立体感が出なくなりますが、伸びが良く使いやすいのが特徴です。

粒子に複雑さがないので、平面的に見えるのですね。

(もちろん磨らないので時間にも余裕が)

 

*基本的に合成糊が使用されていますが、高級墨液となると「膠」で作られている場合があります。購入時に成分表を確認してみてくださいね。

*墨運堂の製品だと「天衣無縫」は膠使用となっています。

*膠使用の液体墨は多量の塩(ニガリ)が含まれているため、表具時に文字が散るそうです。表具屋さんに一言伝えておくのを忘れずに。

 

 

 

 

墨が立体的に見えたり、平面的に見えるってどういう事?って感じですよね〜

 

だってそもそも平面なのに!笑

 

 

 

紙に書かれた文字が立体的に見えるってどゆ事?と感じると思いますが、

 

これは普段練習している文字(半紙に5〜6字)で、特に「かすれ」や「にじみ」を出さない場合は分かりませんが、いざ作品書きをしてみると、この「立体感」というのがどういう事なのかわかってきます。

 

それは「かすれ」や「にじみ」によって「層」ができるからだと思います。

 

 

 

image

 

 

また、墨は乾いたり時間が経過すると変化していくものでもあります。(劣化とは違います)

 

なので書いた直後の見栄えと、乾燥して数日経ったものとは作品の印象がだいぶ変わってきます。

 

また光の加減などでも見え方が変わるものでもあります。

 

 

 

 

こういったものは「墨」単体でコントロールできるものではなく、「硯」の鋒鋩の粗さ、「紙」の状態や相性にもより様々に変化し、とても簡単に意図できるものではありません。

 

 

なのでプロの先生方は墨も紙も様々なものを試し書きし、どうすれば自分の思う作品が出来上がるのか試行錯誤されているのですね。

 

 

 

 

じゃあ、作品書きをする場合は必ず固形墨なの?と感じるかもしれませんが、大丈夫!

 

今は様々な作品書き用の液体墨が販売されています。

 

その中でも、特に何が違うのか?を次回は液体墨で見ていきましょう♪

 

 

 

 

 

♢関連記事

墨って何からできてるの?(固形墨の場合)

 

 

 




♦︎二子玉川書道教室


 

 



 
 
 
こんにちは✨
二子玉川書道教室の徳多です。



お正月も明け、一気にエンジンかけてこー!というところで緊急事態宣言ですね〜


昨年からいつ出るいつ出る〜と準備してはいましたが、

なんだか中途半端な内容で、
昼間の仕事に支障はないものの、
イベントなんかは自粛要請ですよね。

せっかく年明け用意したワークショップは、延期せざるを得なくなりました。


こども書道教室も、以前からお問い合わせがあったのでようやく募集できるなと思っていましたが、

ちょっと出鼻をくじかれた感じです。



ただね、こんな事態でも全ては起こるべくして起こっている。


家族みんなが元気でいる事にただただ感謝なんですよね。



年明けの成城レッスン。





今年は去年よりは活動が出来るかなーと思っていますが、

ちょっと気持ちばかり焦って、現実がまだ追いつかない感じ。



なので、ここはやっぱりコレの力をお借りして…







久々ボルドー♪


渋いっっ
重いっっ



黒糖くるみと相性が抜群でございました(^^)





現実逃避ではなく、現実満喫で♪


今年はアルコール量減らしていい加減にダイエットしなきゃなのですが、どうだろう?笑


インスタにあげたところ、生徒さんから「みんなで行きたいですね〜」と。



たしかにそうよねー!
教室のみんなで会食したのいつだ?2年位してないんじゃ?もうメンバーが変わってるしね!笑


落ち着いたら、夜の会を開催したいものです!!





今年一年は昨年同様、暖かくなるとだんだん感染者数も落ち着き、また寒くなる頃から増えるのだろうと思います。


なので、やっぱり2021年も油断禁物ですね。

また家から出れなくなる日が来るかもしれない。

昨年のステイホームは辛かったですが、またあるのだとしたら、それに備えるだけ。



今回の状況と似たような状況だったのが、スペイン風邪流行の時だったそうで、ほとんど同じような状況でコロナも推移してるそうですね。(ウィルスの変異とか)


100年前と同じ状況でも、人間が出来る事は
・マスク
・手洗い
だけなんだと思うと、医療の進歩というよりは人間の進化が進んでないんだなって感じですよね。

未知のウィルスを前に、人は数百年経とうがなす術なしで迎え打つしかないんですね。。。



スペイン風邪の収束には約4年ほどかかったとの事なので、今回も数年はこの環境下で生活しなければいけない事を覚悟するしかないですね。



それを踏まえて、今年の抱負。



「本当に大事な事しかやらない」
「今までの習慣をサラッと手放す」
「直感に従ってなんでもやってみる」



この3本柱で1年過ごしていこうかと。




息子と遊んだ公園にてすみっこぐらしを撮る。





大事な事しかやらない…のは、もう昨年から無理やりそうされたので抵抗ないのですが、


今までの習慣をサラッと手放す…は、勇気いるかな。


今まで当たり前だと思ってきた事を、ことごとく手放していく。


なんだか、それを今年は後押しされてるような気がしています。




無事に生きて、また年末振り返った時にどーなってるか。




今年は色々な意味で「サバイバル」を試す機会となりそうです。







こんにちは!二子玉川書道教室の徳多です。

 

昨年末と今年初めの三日間開催しました、

書き初めワークショップ

ですが、無事に開催することができました♪

 

ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

今回参加してくださったのは、書き初め課題の出る小学校3年生以上。

 

4年生、5年生、そして中学2年生で、ほとんどの子が書道を習うのは初めて。

(学校の授業のみということです)

 

 

最初に先生がお手本を名前まで書き、あとは各々のペースで時間内に書ききってもらいました。

 

今回すごく感じたことは、

・効果的な練習方法をしっかり説明する

 

でした。

 

 

 

ワークショップは2時間ですが、書いているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

その中で多かったのが、「最初の一字に固執してしまう」でした。

 

 

最初の一字って、それがうまく決まると嬉しいですよね。その気持ち、すごく分かります。

 

でも、それを気にしてると、全然前に進まないんですよ!!!

 

 

 

最初の一字が気に入らないからって、何度も一字目ばかり練習するとします。

 

そして、ある程度感覚をつかめて4〜5文字なり全部を書きます。

 

すると、一字目は決まっても他の文字が気に入らなくなってきます。

 

それを気にしていると、一字目が上手くいかなくなりはじめ、また一字目ばかり練習する。

 

そして気がつくと一字目しか練習していなくて、他の文字や全体の書き方を練習できないまま、時間だけが過ぎていってしまい、最後は電池切れで全部書き切れなくなってしまいます。

 

 

 

 

説明する中で、「そっか、全部書いてその中から選べばいいんだ」と解釈できる子もいますが、

 

そうでないと気に入らない文字ばかりの練習に時間を費やしてしまい、

全体を書く体力がなくなってしまうんですよね。

 

 

今回参加してくれた子達を見て、もう一度、理解できるような説明をしようと心掛けたいと思いました。

 

 

 

♢書道の練習で大事なこと

 

書道は

 

「最後まで書ききる」

 

という行為が重要になってきます。

 

途中で何かが気に入らなかろうが、文字が小さくなろうが、ずれようが、とにかく、全部を書ききる!!!!!

 

一字を完璧に書ける・・・なんて事はあり得ず、、、

 

一字が良くても、他の文字がどこかおかしくなる。

 

そう、「全て、完璧に書ける」なんて、ありえないんです・・・!!!

 

だから「何度も練習する」というのは、「一字を何度も練習する」のではなく、

 

「全部書ききったのを何度も練習する」という意味なんだと思います。

 

 

 

 

♢子どもの字で大事な部分とは?

 

数文字ある場合は、一字が完璧よりも全体の雰囲気が大事になります。

 

児童の場合だと、「伸びやかさ」や「堂々さ」、「力強さ」かと思います。

 

お手本を見て正確に書くこともとてもとても重要ですが、慎重になり過ぎて、線がほそく貧弱に見えてしまうともったいないんです。

 

全体の自分の文字の改善ポイントを抑えながら、全部を何枚も書く。

 

そうすれば、そのうちの何枚かは良く書けてるものが出来る・・・ハズ、なんです。

 

 

 

1つ1つの線をしっかりと書く。

 

当たり前のようですけど、最終的にはこれに尽きるのではないでしょうか。

 

 

 

あとは「2度書きはいかんよ」ですね!!

 

書道は一筆の線で成る芸術です。

 

それが絵画と一線を画す部分。

 

こちらの記事でもお伝えしていますが、

 

 

 

 

「一回書いたら、修正できない」

ことの、メンタルを鍛える部分でもあります。

 

 

ここら辺も、ワークショップやレッスンの前には説明していきますね!

 

 

 

 

 

それにしても、

 

緊急事態宣言と被って、開催できないんじゃないかなぁと心配していたのですが、ギリギリ滑り込みセーフでした。^^;

 

 

 

1月なかばから、子ども書道教室の体験会を開催したいと思いますので、ご興味のある方はご連絡ください♪

 

*今週中にブログでご案内します

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

年始の書き初めは気持ちの良いものです。

 

私も、ゆったりと今年1年の抱負を書こうと思います。

(え!これから?)

 

 

 

 

 

こんにちは!

二子玉川書道教室の徳多です。

 

 

波乱の幕開けとなりました、2021年。

 

また激動の年が始まるのですねー^^;

 

昨年は心身ともに疲れてしまいましたが、今年は心機一転!新しい時代のライフスタイルを模索し、実践し、ついでにハッピーになる!という心意気でやっていこうと思っております♪

 

 

早速、年末年始に行った子供向けの書き初めワークショップも無事に開催することができました。

 

明日からは大人の書道教室もレッスン初めとなります。

 

世間はずーっとざわついておりますが、

 

書道をする時間の時だけは、ざわつきから離れ、ひとり静かに一点集中。

 

この時間が、これからの時代どれほど大事になってくるだろうか・・・

 

 

 

今年は「本当に大事なことだけを大事にやる」。

 

これをモットーに、相変わらずの少人数制で、私の行動範囲もそれほど広めず(笑)

 

地味に!?粛々と活動していけたらと思います。

 

 

 

もろもろ企画をしておりますので、随時アメブロでご案内して参ります。

 

 

それでは、ちょっと遅くなりましたが、本年も変わらずご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い致します!^^

 

 

 

 


〜〜〜2021年1月8日追記〜〜〜


緊急事態宣言発令により、開催を延期とさせて頂きます。開催時期についてはお問い合わせ下さいませ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





こんにちは✨

書道教室の徳多です。

 

年始のワークショップをご案内いたします。

書道教室の生徒さん対象ですが、初めての方も歓迎です♪

 

 

 

年始の大人書道ワークショップ

 

 

第一回;一字書ワークショップ!

♢日時 1月16日(土曜)10:00〜12:00

♢場所 成城書道教室

♢参加費 4,500円(生徒さんは4,000円)

♢内容・・・

式紙サイズに一字書を書いて頂きます。

書きたい今年の文字を一字選び、書体や構図を考え習作し、式紙2〜3枚に清書して頂きます。

(淡墨も使用します)

 

 

image

 

 

 

 

 

第二回;大筆で一字書ワークショップ!

♢日時 1月30日(土曜)10:00〜12:00

♢場所 二子玉川書道教室

♢参加費 4,500円(生徒さんは4,000円)

♢内容・・・

半切1/2サイズ(縦68㌢、横35㌢)に、書きたい今年の一字を選び、大筆で一筆書きをして頂きます。

最初は普通サイズで書体や構図を考え習作し、数枚に清書して頂きます。

(立って書きますので、動きやすい格好でお越し下さい)

 

image

 

 

 

 

定員:各日3〜4名

 

 

 

お申し込みやお問い合わせは

こちらから

 

 

 


 

*初めて参加される方は用具代込みとなっております。

(ご持参されても同料金です)

 

*半紙、墨液込みです。

 

 

*施設が使用出来なくなった場合は中止となりますので、ご了承下さい。




 

お申し込みや不明な点のお問い合わせは

こちらから

 

 

 

 

 

両日、換気など感染防止対策は行ってまいります。

参加の方も、マスクと消毒にご協力ください。

 

 

*緊急事態宣言が出た場合は開催場所に連絡し、開催可能か判断した上でご連絡させて頂きます。

*当日体調不良の場合は速やかにご連絡下さい。

*参加費は当日お支払い下さい。


image
 
 
 
今年の漢字といえば「密」でしたね!
 
来年はどんな年になるのやら・・・
 
 
様々な期待も込めつつ・・・✨
 
 
ご参加、お待ちしております♪
 
 
 
 
 
 
 

お手本動画を配信中です♪

♦︎二子玉川書道教室